akejy(古谷彰浩)のブログ 人権と生命を守ろう! 2016年分 blogリンク


目次
2016/01/28 現在、このブログは使用しておりません。何処かで再開するつもりです。
2016/11/09 一時的かも知れないが、ツイッターがロックされた(ログインできない)
2016/11/11 できなかったHPの最低限の更新がXDOMAINの方だけできたが…FC2のHPにログインできない…PCの問題?
2016/11/12 新しいツイッターアカウントを作成しました。
2016/11/14 テクノロジー犯罪の生活妨害と、僕の被害の背景と、さらなる背景と思わしき事項。
2016/11/15 テクノロジー犯罪における脳操作技術が利用された人間の同期という無自覚の被害があるのかもしれない
2016/11/16 ●●東ロボ合格断念、苦手克服できず、というニュースをみて…つい自分の人生を思い出した
2016/11/17 最近の僕が受けている被害の内容と、ある種の罠とその回避。
2016/11/18/ 161117木の被害
2016/11/18 悪質な被害の仕組みは止めて欲しい。
2016/11/21/ 161121月での被害状況 重要
2016/12/05/ 161205(月)の被害
2016/12/06 僕は被害を受けている 加害行為は一切していない
2016/12/07 ●脳同期する相手の存在?
2016/12/08●■注意■●161206〜8の被害状況 特に重要 (わいせつ目的ではありません。被害証拠です。)
2016/12/09/ 161208〜 の被害状況 メモ
2016/12/11/ 16110〜12(含:追記) の被害状況 メモ
2016/12/12 ●中道左派の僕を誰かにとっての偽旗として利用することに反対する。朝日を僕への偽旗にみせることにも反対だ。
2016/12/14/ 161213〜 の被害状況 メモ
2016/12/15 ▼161214 10:11am 祖母 百歳で永眠 僕は納得していない
2016/12/16 ●●過去からの経緯を前提にした客観的な被害の事実
2016/12/21 ▼161217(祖母の葬儀の日)〜23 の被害状況
2016/12/25/ 161224〜 の被害状況
2016/12/27/ 161226〜27 の被害状況と過去の経緯の記録
2016/12/29/ 161228〜30の被害状況


 2016/01/28 現在、このブログは使用しておりません。何処かで再開するつもりです。

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 現在、このブログは使用しておりません。何処かで再開するつもりです。
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 連絡
CATEGORY: 連絡

DATE: 01/28/2016 20:09:42
-----
BODY:
以下を参照下さい。

ツイッター
古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害
ツイッター@akejy

以下は、ツイートの順を逆にしたり、僕の過去のツイートを検索できます。
(僕の環境では、ツイログは正しく検索できますが、ツイセーブでは検索されません。)
ツイログ@akejy 2013年10月以降のツイート
ツイセーブ@akejy 2013年4月以降の全ツイート
(ツイセーブのハッシュタグは2015年6月以降だけ反映)
(僕のツイッターは連続投稿が多いので、検索結果の日付をクリックして、前後を確認してもらわないと、誤解されるかもしれないことを懸念しています。)
(ツイッターは2010年12月に登録だけして寝かせていました。初RTが2013年04月16日の医療保護入院という存在への抗議と生活保護の水際対策への抗議。初ツイートが2013年04月20日の「経済の発展の目的は市民生活と社会福祉の向上にあるべきで、経済成長自体を目的にして社会福祉を阻害要因とみなす考え方は、ことの本末転倒ではないだろうか。」です。ツイッターを毎日使うようになったのは、2014年4月後半からです。)

ホームページ
不都合な真実を求めて権力による集団ストーカーと電磁波犯罪の被害
sky.geocities.jp/love_and_peace_888
ミラーサイト1:akejy.web.fc2.com
ミラーサイト2:akejy.html.xdomain.jp
(サイト内の文章がやたら下手な部分がありますが、電磁波犯罪の妨害被害の結果です。余裕があれば修正したいと思っています。書かれていることに嘘偽りはありませんが、信じてもらえないような荒唐無稽な話が多いのも事実です。文章もツイートを移して補足修正するつもりが、妨害が酷くて移しただけで直せていないのが大半です。それだけ妨害があったものですから、しっかりとした説明を入れられたくなかった加害者側の意図があったはずですので、要注意情報ではあります。)


電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の被害で記憶が消されるため、整合性のある長文を書くことが困難なので、いまはツイートのみです。

ツイッターは2015年の10月から、僕の巻き込まれている被害の重要な連投ツイートがありますが、膨大な量になります。本来はHPかブログに入れるべきものですが、できない状況があることを配慮下さい。


目次へ




 2016/11/09 一時的かも知れないが、ツイッターがロックされた(ログインできない)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 一時的かも知れないが、ツイッターがロックされた(ログインできない)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: その他
CATEGORY: その他

DATE: 11/09/2016 15:21:42
-----
BODY:
2016年11月9日午後。ツイッターがロックされた。米大統領選挙の最中。

電話番号の認証画面が出たが、スマホが壊れてから携帯は所有していない。うちの電話を入れたが、それではデジタルな認証情報はこないのか電話も鳴らない。

余談だが被害は相変わらず、テクノロジー犯罪による電磁波の苦しいものやセクハラの被害は続いているし、権力側の嫌がらせも同様。

13時50分にヘリコプターが飛来する轟音が上空から聞こえている。14時21分にも通過しておりそちらはデジカメ撮影したが、南へ向かうドクターヘリだった。ただし、高山日赤との往復にしては30分は早すぎるので、最初の方は別のヘリだった可能性が高い。(普段は電力会社の新日本ヘリかJR東海のヘリか警察のヘリが多い)

それとは別に、JR東海が14時前に警笛を鳴らし、ツイッターではおなじみの裏が策略に使うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる #音声送信 の相手が、自分のために言うから、と言っていたが、最近は、テクノロジー犯罪の被害で生活が乱れていて、その時間は寝ており、喋ってはいない。

JR東海が警笛を鳴らすのは事実だが、運転手の意図は理解できない。いまテクノロジー犯罪の抑制が強くて、頭がうまく働かないので、目的の内容をうまく想起できないが、JR東海の運転手がここで警笛を鳴らすにあたって、何故にそういった行為をするのかは疑問で、相手が何かの声を聞いているにしても、誤解や嘘及び撹乱の可能性があり、それを真に受けて特定の場所で警笛を鳴らしていることが問題であることが認識できないと推測される。

ツイッターが使えないことと、その経緯が関係あるかはわからない。

米大統領選はトランプの方が優勢なのが残念だが、レーガンやブッシュのときのようなおかしな政治が始まるのではないかという懸念が大きくなるばかりだ。一般人は何故にあれほど騙されるのか理解しがたいが、裏のメディア操作の巧みさは、疑うものの心理を逆利用していたりもするし、事実がネジレて伝えられて、それが可能なのは過去の経緯から本質をみるのではなく、いまこの瞬間に彼らが何を言ったかで、それが彼らに関する事実であるかのように見せる手法がなされていて、多くの人がそれに翻弄されているように思う。

既得権といっても様様で、ヒラリーのような富の再分配を主張する側に理解を示す既得権も多いことを、多くの人が理解していない。
少なくともヒラリーは若いころから格差是正をしたい人であり、政治家を志してからは現実の壁にぶつかりながら、バランスを取りつつ理念をどう実現するかに苦悩してきた人物だ。

夫のビル・クリントン大統領は国防費を中心とする歳出削減(冷戦終結のゆえに実行しやすかった)と所得上位2%層を中心とする増税をなしとげた。同時期のアメリカ経済の成長率は上昇…巨額の財政赤字は黒字になった。(スティグリッツ経済学から)という事実もある。

まだ決定したわけではないが、トランプ大統領なら世界はどうなっていくのか?

アメリカ(ツイッターでは文字数制限から米国と書いていた)は、モンロー主義に戻り世界の紛争から撤退し、各地で裏絡みの紛争が起きるようなことは困る。国連を重視すべきだが、共和党はそういう立場ではない。

日本が配慮すべきは、不安定化する可能性のある未来に対して、紛争に巻き込まれないようにすることであり、現状の憲法下の自衛隊での専守防衛でも自国防衛は可能であることを再認識することだ。

平和と平等を希求する。

追記:
選挙の結果はトランプ新大統領となった。
日本の利点はISD条項のあるTPPが止まったことくらいか?
日米同盟がどうなっていくか? 経済はどうなのか? まさか保護主義なんてしないだろう?
不確定なことばかり。
被害者としては解決を望むが、新大統領はしがらみがなくても共和党は既得権の側なので、解決は遠のく可能性があると感じる。


目次へ




 2016/11/11 できなかったHPの最低限の更新がXDOMAINの方だけできたが…FC2のHPにログインできない…PCの問題?

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: できなかったHPの最低限の更新がXDOMAINの方だけできたが…FC2のHPにログインできない…PCの問題?
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: その他
CATEGORY: その他

DATE: 11/11/2016 21:16:53
-----
BODY:
HPの更新をしたものの、XDOMAINの方は何とか更新が可能だったが、FC2のHPの方はログインができない。FC2ブログは書けるのでおかしいとは思う。両HPでは直前に別のページを更新していて、それが問題だったかもしれないが仕方ないことです。

ブログの方は重要事項を書いておこうと思っていた…といっても、過去の記述が重要なのか、正しいのか、それに関しては事実が分からない被害を受けているために、確認できないことが多く、真偽は明確にできない。ツイッターにもログインできないので、こちらに、ツイッターほどの情報は書けないだろうけれど、重要な被害か、自分自身のことか、何かは気が向いたときに綴っていくつもり。

アメリカの次の大統領が決まって、こちらの状況にも変化があり、自由度は著しく下がっているが、それが上の判断か、それとも僕に関連した他の人たちとの相互作用の結果か分からない。この表現が理解できるひとは、おそらく極一部であり、僕とそういう状況になっているひとであろうことは想像がつくが、人工知能かもしれず、そうであれば僕が妄言を言っていることになってしまうかもしれない。

FC2のブログではなくてHPの方は、後々更新したいが、複数ページ(1頁を新たに作り、3頁は更新、更新情報と新たな頁のための目次の追加でトップページと目次のページと補助の目次ページという複数)を更新しなくてはいけないので、時間が空くと忘れて苦労しそう。

念の為ここにメモするけれど、
・脅しについて10 を新設(説明もないが…)
・メディア集ストの証拠 に追記
・脅しについて1 に記述を追加
・天の声について に重要追記
・トップページ他に目次の追加
 以上、これだけ。

本当は、HPの目次の上の方の、リベラル系の内容で被害により無茶苦茶になっていたり、ツイートを移しただけで説明を加えていないところを修正したい。政治情勢はよくないので、注意はするつもり。関係者さんには邪魔しないで頂きたいです。

被害は相変わらずでツライ日々を送っています。ネットに書き込めない状態が、相手に隙を与えかねないので、恐ろしくて仕方ない。
今後は、リスクはこれまで以上に回避しながらの記述となりそうです。

少なくともも近況くらいは書くつもり。

追記です。
ブログをアップしたところ、x-smallサイズになっているはずの文字が、僕のPCにおいては大きな文字になっている。何が起こっているか全く不明。身近なところに僕の被害を直接は伝えていないので、確認ができない状況にあります。


目次へ




 2016/11/12 新しいツイッターアカウントを作成しました。

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 新しいツイッターアカウントを作成しました。
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: その他
CATEGORY: その他

DATE: 11/12/2016 17:29:09
-----
BODY:
ツイッターの @akejy にログインできないので、 古谷彰浩 人権と生命を守ろう @furu_akihiro を新たに作成。

プロフィール
前アカウントがログインできなくなったので…。電磁波被害がありますが、穏健な中道左派のリベラル系です。長年にわたって現実世界ではなかなか味方に近付けない被害でツライ状態。悲しいかな世は右傾化…それでも人権と生命は絶対に守って欲しい。平和と平等を切望します。格差是正。男女同権。言論の自由。多様性維持のための互恵とすみ分け。

住所:岐阜県下呂市小坂町
生年月日:1974年6月3日

主に脱原発と左派系をフォロー。現時点でフォロワーはほとんどいない状態だけれど仕方ない。

何も知らないままに、ネットで同じような被害者を探して、集スト被害者といわれる人たちに接触していたけれど、当初は相手の状況もよく分からず気付かなかったものの、僕のテクノロジー犯罪の被害は彼らとはまるで異なっていた。彼らが差別発言に誘導されている愛国陰謀論者の傾向があることに気付いて距離をとろうとしたけれど、簡単ではないので、逆にいまの状況は僕にとっては好ましいものかもしれない。

当面、被害に関することは最小限しか書かないし、ツイッターでフォローした人たちは、ほとんどが愛国を強調するような危ない人たちではないので、そちらに迷惑を書けないように、ツイッターでは被害はほとんど書かないと思う。

ブログの方は、読みたい人だけが訪れるので、傾向だけは書いておこうとは思っている。

実はまだ何処かの誰かと脳同期にあるように見せられているのか、脳同期があるのか、被害を書くと嫌がられるし、違う人かと思ったら同じだと忌避されるが、それはこちらも同様だ。相手が誰か分からないし、人工知能が監視して、僕の思考を加工しているケースも含まれるので、注意はしたい。そちらのマイクロ波聴覚効果を利用している可能性がある権力が社会実験で使っている音声送信系の被害は極小です。いまブログを書いているから、策略的にやられただけだ。

テクノロジー犯罪被害における脳同期や脳操作という種類の先端の技術実験被害があって、知的能力が抑制されていて、生活上で不便な状況にあります。苦しいタイプの被害も誰かの相互干渉と見せられて続いている。セクハラもあるが音声同様に書いたことでされる傾向があって、おそらく僕の被害を誤解させるためだろうけれど、普段の実情は極めて少ない。

脳操作の中には、誰かの脳同期により、価値観や行動パターンが自分とは違う状態にされるものがある。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの用語である思考盗聴の被害がある証拠に、自分の考えを読まれて、少し遅れて喋るつもりもないのに、自分の考えを勝手に遠隔操作されて喋らされるという被害がある。この被害だと、他人の考えを途中から入れられても、どこまでが自分でどこからが他人の思考なのか、厳密に峻別することができないので、罠に嵌らないように、日常の発言などでも注意が必要になってくる。

一般には統合失調症扱いされる被害だが、アメリカで過去に一部公開されている軍隊やCIA、NSAなどの実験でも、そういったものがあることは認識できるし、一般の科学のレベルでも動物実験ではかなりの脳操作が可能なようでもあり、人の脳を読むことも普通のPCのレベルですらある程度の解析まで可能なことは公表されている。

もちろん、インターフェイスは軍レベルのレーダーなどを民間が使っているわけではないので、民間の実験等では実態を直接的に観察することはできない。

妄想ではないことを説明するために、余計なことまで書いてしまいました。

こういうときに、自白電磁波であるLIDAのようなものが使われている可能性を感じるのだけれど、それは、自分の意図と関係なくそういったことを書くような見えない欲動に押されている感じがあるから。同時に音声が届いて、消される、と批判してきて、それにより逆に何故か抑止が不可能になる。

不思議な被害状態があるが、人工知能を間に介して、変なアベコベ状況を強制的に作られている可能性を感じる。

危ないことを書きたくないので、以上です。(前の文章を相手?が聞いていて、抑止と脅しが逆効果と感じたのか、それとも僕を嵌める意図が何処かにあったのかは分からないけれど、書くことを止めることができたのでよかったと思っている)

…保守政治に反対ばかりしていたら、アベコベにされる被害をうけている皮肉な状況にあります。


目次へ




 2016/11/14 テクノロジー犯罪の生活妨害と、僕の被害の背景と、さらなる背景と思わしき事項。

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: テクノロジー犯罪の生活妨害と、僕の被害の背景と、さらなる背景と思わしき事項。
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 11/14/2016 04:41:12
-----
BODY:
誰か特定不可能な状況では、固有名詞を使うのはリスクになる場合がある。こういう人、ああいう人、という表現でも、その間に何かの関係がある内容であれば、そこに誰でも当てはめられる不透明な状況では利用されかねない。

何故にこんなことを書いたかというと、 裏が策略に使うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が言ってくることが曖昧で、どうとでも理解できるようになっているから。人工知能か何かで意図的にそういう表現を用いて、それをどう捉えるかの実験でもしているのか、と疑いたくなる。

とにかく僕が受けているテクノロジー犯罪の被害は、最先端の技術を使っての人間の人体実験の可能性が高いし、おそらく何らかの目的で被害者を選定して、経済中心の社会でマークされた人を外部的に効率よく抑制することを、普通の人間が日常を過ごすなかで自然にみえる形で試しているのではないかと感じる。

統合失調症にみえるかもしれないが、技術的な背景のある被害であり、権力による弾圧でもあるだろう。

12日にツイッターの新しいアカウントを作成したことをツイートしたときに、被害をなるべく書かないようにしたいと書いた直後に、何故か被害のある種の本質を書いているが、アベコベに脳を操作されている結果だ。

以下、カテゴリがテクノロジー犯罪になっていない12日のブログから転載。

実はまだ何処かの誰かと脳同期にあるように見せられているのか、脳同期があるのか、被害を書くと嫌がられるし、違う人かと思ったら同じだと忌避されるが、それはこちらも同様だ。相手が誰か分からないし、人工知能が監視して、僕の思考を加工しているケースも含まれるので、注意はしたい。そちらのマイクロ波聴覚効果を利用している可能性がある権力が社会実験で使っている音声送信系の被害は極小です。いまブログを書いているから、策略的にやられただけだ。

テクノロジー犯罪被害における脳同期や脳操作という種類の先端の技術実験被害があって、知的能力が抑制されていて、生活上で不便な状況にあります。苦しいタイプの被害も誰かの相互干渉と見せられて続いている。セクハラもあるが音声同様に書いたことでされる傾向があって、おそらく僕の被害を誤解させるためだろうけれど、普段の実情は極めて少ない。

脳操作の中には、誰かの脳同期により、価値観や行動パターンが自分とは違う状態にされるものがある。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの用語である思考盗聴の被害がある証拠に、自分の考えを読まれて、少し遅れて喋るつもりもないのに、自分の考えを勝手に遠隔操作されて喋らされるという被害がある。この被害だと、他人の考えを途中から入れられても、どこまでが自分でどこからが他人の思考なのか、厳密に峻別することができないので、罠に嵌らないように、日常の発言などでも注意が必要になってくる。

一般には統合失調症扱いされる被害だが、アメリカで過去に一部公開されている軍隊やCIA、NSAなどの実験でも、そういったものがあることは認識できるし、一般の科学のレベルでも動物実験ではかなりの脳操作が可能なようでもあり、人の脳を読むことも普通のPCのレベルですらある程度の解析まで可能なことは公表されている。

もちろん、インターフェイスは軍レベルのレーダーなどを民間が使っているわけではないので、民間の実験等では実態を直接的に観察することはできない。

妄想ではないことを説明するために、余計なことまで書いてしまいました。

こういうときに、自白電磁波であるLIDAのようなものが使われている可能性を感じるのだけれど、それは、自分の意図と関係なくそういったことを書くような見えない欲動に押されている感じがあるから。同時に音声が届いて、消される、と批判してきて、それにより逆に何故か抑止が不可能になる。

不思議な被害状態があるが、人工知能を間に介して、変なアベコベ状況を強制的に作られている可能性を感じる。

危ないことを書きたくないので、以上です。(前の文章を相手?が聞いていて、抑止と脅しが逆効果と感じたのか、それとも僕を嵌める意図が何処かにあったのかは分からないけれど、書くことを止めることができたのでよかったと思っている)

…保守政治に反対ばかりしていたら、アベコベにされる被害をうけている皮肉な状況にあります。

転載終わり。

僕の場合は、HPの「天の声について」 に記載しているように、生まれる前から何らかの事情というか一定の条件を満たしていたがために社会実験の対象にされた可能性が濃厚にある。同時に僕の裏で同様の目的で使われている人たちが複数いるらしいことが、他の被害者との接触から知ることができた。

僕の受けている被害は、どういうわけか物事をアベコベにされたり、目的行動を止められたり、とにかく人生を破壊される類いのものだ。目的行動に関しては、僕は本来的に目的志向が強くて、脇目も逸らさずに目的にまっすぐ向かうような気質なのに、それができないような被害状態が続いている。こどもの頃から、宿題をしたくてもどうしてもノートを開くことすらできないようにされていたし、目的をたてると、その目的に意識がいかないようにもされていた。

最近になって、それがテクノロジー犯罪の被害であることを知ることになって、幼少期からの被害の強度が増したことによって、それが明らかに人為的なものであることを、はっきりと認識できる状態にある。

何故こんなことを書いているかというと、最低限の日常生活すら妨害してくる相手にくっつかれていて、その相手が人工知能か他の被害者か権力に迎合した恣意的な加害者かは分からないが、とにかく生活が妨害されている。

仕事ができないどころか、食事や歯磨きまで妨害されているので、食事は何とか一日一食を食べるので精一杯だ。歯磨きだって妨害されているので、磨くまでに時間がかかって仕方ない。それでも何とか歯は毎日、磨けるときに何とか磨いているが、その際は虫歯になることが恐ろしいから毎日、十数分とかなり時間をかけている。食事をしても、キーンキーンという耳鳴りが響いて、まるで僕が食事をするのが迷惑なようなマイクロ波聴覚効果による嫌がらせと、繰り返される記憶の消去により、食事することもかなりの労力を使っている。

いまこんなことを書いているのは、今日こそはなんとかすぐに入浴して早く寝ようと考えていたのに、うまく説明できないかもしれないが、記憶が操作されることにより、入浴することを忘れさせられて、予定よりずっと遅れて、遠隔操作で思い出させられて、これから早朝に入浴することになり、結果として生活が壊されるということだが、そういった手法でとにかく十数年もの間、普通の生活すらできないように妨害され続けている。

テクノロジー犯罪というものを知らないか、知っていても信じない者は、僕の被害を自業自得だとか怠け者だとか病んでいるとしか認識しないかもしれないが、これは明らかな権力の裏による人権侵害と弾圧行為だ。

例えば、パキスタンでアフガンのタリバンに関係しているとされる組織に銃撃されたマララという女の子は、ノーベル平和賞を受賞する程に有名になったが、同じような被害を受けても、銃撃したのが米軍であれば、その被害を受けた女性がどれほど美人であっても、日本やアメリカの議会に足を運んで訴えても、メディアはあまり取り上げることもなかったし、問題にもされなかった。これはすべて事実である。

阿修羅サイトに残っている日刊ゲンダイの記事、
欧米からは完全に無視…“もうひとりのマララ”の悲惨な境遇(日刊ゲンダイ) を参照あれ。

“もうひとりのマララ”と呼ばれるパキスタン人のナビラ・レフマンさんを襲った米軍の無人機の問題だが、要するに僕やその他の被害者のテクノロジー犯罪の被害から分かるのは、日米欧でも見えないだけで弾圧は存在し、それが中国などであるようなものと同じかどうかは知らないが、そういうアメリカの敵とされる国の人権侵害が報じられるのに反して、先進国といわれるアメリカの同盟国の側での権力によると思わしき人権侵害は全く報道されないし、人権NPOにも無視される傾向がある。

どうすることもできない被害であり、被害者はなんとか被害を受けないようにおとなしくするか、どうにかして被害を最小限にしようと努力する。権力に迎合する者もいるだろうし、権力のデマに騙されて利用されるものもいるだろう。

何にしても、権力を批判することが難しくなるが、批判している場合は、酷い弾圧を受けて頑張っているか、例えば右翼左翼の立場で過激な主張をして、そういうった勢力が嫌われる要因になっていたりする。右翼の場合は嫌われるネトウヨが有名だが、左翼の場合は、野党の共闘を妨害するような言論をせざるを得ないような状況にされたりする。

最近は、民進党の最大の支持母体である連合の新会長が、共産党との共闘を嫌って、野党の分断をさせられていると見える報道がなされている。連合は日本最大の労組だが、共産党を起源とする労働運動に対しての反共国であるアメリカが戦後に労組を分断するための戦略的な組織でもあって、共産党とは対立してきた歴史があるらしい。もちろんアメリカにも労組はあるので、単純にそれだけで共産主義とひと括りにはできないが、日本における戦後の反共戦略としての労組の分断と、大企業と公務員に偏った組織の構成により、労組が格差是正という労働運動の本質から離れたあり方になっている不条理ともいえる問題が生じており、野党左派側は弱体化させられている。連合に次ぐ規模の全労連は、公務員や医療関係者や民法テレビ局の労組だが、本来の労働運動に近いのはこちららしい。なんにしても、分断されることなく常に協力すべきだろうし、何より原点に戻って、格差社会における労働問題の本質である、非正規労働者や労組のない中小零細企業で、全国的な一体労組を、権力闘争でも反米でもなく、純粋に格差是正のために創設すべきではないかとは、常々思っている。政治から距離をとるべきと考えるのは、潰されないためだ。とにかく格差是正と人権保護が喫緊の課題なのは、被害者でなくとも確かなことではある。


目次へ




 2016/11/15 テクノロジー犯罪における脳操作技術が利用された人間の同期という無自覚の被害があるのかもしれない

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: テクノロジー犯罪における脳操作技術が利用された人間の同期という無自覚の被害があるのかもしれない
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 11/15/2016 17:16:10
-----
BODY:
今日のことだが、覚醒前に長く続く不愉快で苦しいテクノロジー犯罪のビリビリとした感電被害に遭遇した。苦しいものだった。

同時に裏が策略に使うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があった。最近のものはピーッという高い音程のノイズに、何とか聞き取れるくらいの声が時々混じるもの。

相手は誰かも分からず、多くは語られないし全ては聞き取れないので、明確なことは書けないが、時々、僕自身の思考かもしれないものをテクノロジー犯罪における思考盗聴と言われる技術で読み取って混ぜてくる。暗に僕自身かのように見せてくるが、僕の意見ではあり得ないものも混じる。(ここまで書いたところで電磁波の被害が来て苦しくなる。)

相手は人工知能なのか、それとも人間なのかが分からない。僕には自分の偽者が何かを言っているように感じるが実際は分からない。ツイッターを含めて、自分の意見を書こうとすると、脳操作や脳抑制、PCの日本語入力システムのハッキングを含む妨害がなされるので、人工知能を用いて妨害をしているのかもしれない。

人工知能とは限らないが、もし誰かの脳を読んで、特定の誰かの思考に基づいた人工知能モデルが作られて、それによる脳操作がなされていたとしたならどうだろう?

僕にはメディア集ストがあるので、テレビ画面の向こうで直接的にそういうことを感じることもあった…というのは、例えばタレントAさんのしゃべり方や表情が、有名なスポーツ選手Bさんそのものに見えるというようなことが、以前は複数のケースで頻繁にあった。

ある女子アナのニュースを読む声が、別の局の女子アナにそっくりに変わっていたこともある。ただし、実際に彼女がそういう状態にあったのか、ここのテレビだけそういう状況だったのか(NTTの光ファイバーを利用した自治体のケーブルテレビなので権力側がやろうと思えばデジタル信号なので可能だろう)、それとも僕の脳内だけ脳操作もしくは音声送信技術でそうされたのかは判別はできない。

前述は数年前の出来事だが、最近は逆に僕自身の声の質や音程が遠隔操作で変えられる被害に遭遇しているので、実際にその女子アナの声に変化があった可能性もあるだろうけれど、僕自身の声の変化も、実際に録音してみると自分の声の範囲で音程が自分の意思ではない遠隔操作で変えられたり濁声にされたりはあるけれど、録音音声は自分の声ではあったにも関わらず、脳内の音声は明らかに他人のものだというケースが多い。

それだけではなく、脳同期に関しては価値観の変容という被害も生じる。誰かの価値観に染まる経験は誰でもあるだろうけれど、それは読書だったり、頻繁に見る憧れる先輩だったり、著名人の影響であることが普通だが、それに似たような価値の変容が生じる脳同期としか表現できない被害に遭遇することがあった。

僕の場合、わりと価値観は固定的に存在するのだけれど、子どもの頃からの被害により、自分が好む読書をさせてもらえないため、自分の価値観を深く追求するようなことができず、その代わりに一般メディアを通じて幅広い価値観に触れることが長く続いていたがために、自分の固定的な価値観(リベラルな中道左派の自由・平等・平和)があるにも関わらず、自分以外の価値観に寛容で、同時に相手の価値観は相手の価値観として認識しつつも受容するという認知の仕方をしていた。

自分にとっては普通のことだと思っていたが、もしかしたらそのときに脳同期などのシステムにより、相手の価値観に触れていたせいかもしれないと感じている。というのも、今は自民党がトンデモない改憲草案をだしたり、立憲主義に反する違憲の安保法制を強行採決したりしていたので、いまは右翼アレルギーが生じて、かつて程は価値観の違いに寛容になれない自分がいるからだ。

前述の脳同期という種類の説明の範囲だと、経験的にも理解できるような、誰かの価値観に影響されるという若いひとには起こりがちな現象にもみえるかもしれないが、脳同期の場合は自分の意思とは関係なく、突然に価値観に無自覚に侵食されるようなことが生じることがあり、外部的に脳を操作されるか脳を何かに繋がれるのか、睡眠中に脳が改変されたのか、背景の技術的なことまでは想像するしかないのだが、そういう技術と被害を前提にしなければ起き得ない状態での価値の変容を経験することが僕にはあった。

例えば、僕の場合、2000年代前半だと、政治的には辻元清美さん〜筑紫哲也さん〜枝野幸男さんの範囲の価値観だったはずだが、それはメディアを通じての自分の価値形勢の結果だとは思っていたものの、もしかしたら脳同期があった可能性は感じる。昔、朝生討論などで彼らと同じ意見になることが多かったからだが、単に僕が脳操作されていただけかもしれない。もちろん、彼らの意見は理念的でありながら現実認識も正確で、その価値観に触れれば感化されやすいものであり、経緯が何であれそういった価値をもつこと自体に違和感などあり得ないが、逆のケースも同じ時期に存在していて、それには違和感を感じていた。

というのは、ニュースなどを見ていて、自分の価値観とは異なる感情が湧いてきて、何故そんな感情が生じるのか理解できず、明らかにおかしいのにそれを説明する言葉も見つからず(当時はテクノロジー犯罪というものを知らなかった)、違和感に戸惑いつつもその感情を否定するというプロセスを繰り返していたから。

例えば、家は低所得層なので、富の再分配の後退や社会保障のカットには不愉快な感情を抱くのが自然だが、嬉しい気持ちが湧いたら、それに不可解な認識を抱くのは当然であり、価値観においても社民主義的なものを有しているので、むしろ怒るべき内容であるため、外部からの何らかのコントロールがなければそんな感情が湧き上がるなどということはあり得ないということが分かってもらえると思う。

要するに、僕自身は中道左派であり、価値観においてもそちらの人による何らかの影響があったにも関わらず、感情においては中道右派のネオリベか当時の保守権力の人のもので操作された可能性があるということになる。テクノロジー犯罪の技術による被害を前提としなければ、感情の方が本人のものと思われがちだろうけれど、絶対に自分の感情ではないものが自分に生じても、その感情は自分のものではないことは明確に分かるはずだ。そういうことが技術的に可能であることも知ってほしい。

さらには脳操作の技術を使って、中道左派の価値観の僕を日常においては保守的に見せるという、人格・人権を侵害する被害を受けていて、自分なのに自分のアイデンティティとまるで一致しない行動面があるというの悩みを長年抱えている。これはテクノロジー犯罪の存在を知る前からずっと続いていたものだが、何故にそういうことが生じているかを説明する言葉も概念も持っていなかったので、精神医学の本をいくらか読んでは自分に起きている事態を理解しようと努力はしたけれど、結局理解できなかったものであり、テクノロジー犯罪というものの存在を2012年秋に知って、徐々に自分の人生が操られたり抑制されていたことにはっきりと気づくことになったものでもある。

例えば、脳操作で右翼のひとの本を知らずに購入して読んだとする。僕は読んでいる間はおかしいことはおかしいと認識するし、自分の価値観と違うものは違うと認識する。それ自体は価値観の違いでしかないが、もし僕のその購入して読むという行為だけから僕を右派と認識させようとしても、僕は右派系の価値観を有してはいない。

男女同権を望むし、選択的夫婦別姓には賛成だし、それどころか同級生を名前で認識できなくなるのも困るので推奨したいし、日本語ができる移民はどんどん日本に入れて永住権や国籍を付与した方がいいと考えるし、富の再分配はした方がいいのは当然だし、教育は無償化すべきだし、福祉は充実して欲しいし、左派ベーシックインカムを望むし、いまの憲法は守った方が望ましいと考えている。

そういう僕に、僕を右に見せようとするものをつけてきて嫌がらせがされているという被害状況が、いまの僕のおかれている状態だ。その嫌がらせにテクノロジー犯罪の技術が使われている。

技術的な部分は以下のサイト情報を参照下さい。

僕のHPの用語説明
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク
自衛隊の犯罪を斬る - Yahoo!ブログ

僕の長期被害に関しては、

僕のHP 不都合な真実を求めて権力によるテクノロジー犯罪と電磁波犯罪の被害 の目次の

「電磁波被害の実態 > 現在までの僕の被害経緯の要点」
「権力による集スト被害の経緯」
「プロフィール」
「天の声について」
「被害記録2016-3 の 161101 の日付のところ」

などに記述があります。

被害に関しては様様な種類があるが、僕の被害に関するシステムは複数の人が絡んでいる。それとは別に、僕にまったく関係のない被害者のブログを読むと、そちらはそちらで別のグループで同様の被害を受けていそうだと分かるケースもあるので、こういう種類の被害が日本だけに特徴的なものか、海外の被害でも同じ種類があるのかは分からないが、少なくとも日本各地の被害者で、脳がつながったり人工知能がくっつけられている別の被害グループが複数存在している可能性がある。

先日は、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、みえる…みえる…みえる…、と言っていたのだが、これは頻繁にされる僕の被害でもあるけれど、人の言葉としてはあまりに稚拙なので、誰かの脳を読んでか、誰かの脳に裏の機関が何かをして、それを単純な言語表現に置き換えて送ってきている可能性がある。

この場合、価値観や認識においてそうみえる、のか、実際に映像が見えるのか…判別はできないが、ネットを通じて、おそらく関係のある人の記述が仄めかすかのようにされることが昔から度々あって、その場合は恋愛感情や性的なものが多いのだけれど、両方のケースがあることを認識している。

例えば僕の好む女子アナの写真をネットに貼っている人の発言から、その人の好みが僕の影響でなされるケースがあったと思われる。逆に誰かの好みで影響されて、同じ異性への感覚が変わることがある。そのときに、この人が美しく「見える」ということなら、さっきの言葉の意味が理解できる。映像が見えるケースは僕にはないのだが、夢や夢以外で映像が見える人が存在することが他の被害者の訴えでは存在する。僕の性的な行為を見てその人を含めて同様の行為が連鎖していく映像をその時間に書いている記述を見たこともある。僕も誰かに影響されたのかもしれない。このケースだと言葉通り「見える」ということになるだろう。

僕の場合は、被害レベルが深刻であるにも関わらず、映像が見える被害はないのだけれど、その代わりにメディア集ストが存在していて、そこで視覚的に被害の状態を認識することができた。メディア集スト自体は30年以上遡れるが、直接的な状態は不明瞭な認識の期間だと20年近く前から存在するし、明確に認識してからは10年程になる。

(2000年に心療内科に行ったときに、医師がカルテを記入しないので不審がった経験があるが、読書やテレビの話をした記憶もあるものの認識は曖昧だった。当時は若かったので、庭の石垣にサッカーボールを蹴って不規則な跳ね返りを止めてまた蹴ることをしていたが、何故か医師がそのことを知っているかのような発言があり不思議だった記憶がある。)

メディア集ストの被害期間は長いが、メディア側は反応するだけだったし、僕が好む人や関連した人が多用されていたので、僕も悪いことをしているわけではないし、被害といっても嫌なものではなかった。


ただ、僕の価値観が明らかに中道左派〜リベラルなのに、もしかしたら保守穏健派と思われていたがために、そういう状況だったのかもしれない。その証拠に民主党政権が樹立する過程で、テレ朝や民主党内の僕に価値観が近いリベラル派と喧嘩させられる不可解な状態が起きていた。ただ、朝日系や民主党のリベラル派がネオリベに乗っ取られているかのように無駄のカットばかりに気を取られていて、本来の政治的目的えある国民の福祉という観点が弱かったという問題もあり、そこで干渉したなら仕方ないものの、どうもそれとも違う何かがあった気がした。

そういった経緯もあって、2012年の秋には、おそらく前述の延長でもあるような、もしかしたら逆方向かもしれないが、誤解からだろうけれど、大きな被害を受け、その年の末に安倍政権ができたこともあって、メディアとの関係は自分の意思でもメディアの直接の意思でもなく、外部の何かによって徐々に悪化していった。

いまは電磁波の被害が酷いので、テレビ等の視聴は減っているが、元々バラエティはほとんど見ないので、気を遣って見ていた状況が弱まっているのかもしれない。

2006年に、おそらく脳操作されてのことだが、
(いま16:10だが、ヘリが飛来した。爆音。この記述がマズイのだろうか? 山の裏にでも待機していたのだろうか? 不思議だが、僕が操られて書いていて、タイミングが合わせられた可能性もあるが、この人を操ってタイミングを合わせるという行為は、集団ストーカーの被害を訴えている人たちの訴えを丁寧に拾うと、その関係がはっきりするものと思われる。僕自身は右翼ではないので、一般市民に集団ストーカーされることは殆ど無い。中道左派だからか、権力にマークされているのか、何故か権力のストーカーともいえる行為をされているが左翼ではないので見当違いだ。)
2006年に政治離れをしている。2007年にそれ以前はずっと見ていた筑紫哲也ニュース23の筑紫さんが癌になったことをネットで知って再び見だした。見なくなった番組でそういうことが度重なった(akejyの方のツイッターなどにも繰返し記述している)ので、現在、僕が電磁波の被害で苦しいにしても、長年見ていた番組を見なくなっても大丈夫なのか確信がもてない。僕自身は悪いことは何もしておらず、ただ、人生を通じて被害に遭遇している。権力の裏による人体実験、社会実験が存在している。


一般的ではない被害があるため、説明としての前置きが長くなったけれど、そういう被害状態があることを前提に、今朝の苦しい被害時の(ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思わしき)音声送信の内容を考えたい。

その声の内容は、「そのまま話させとけばいいのに乗っ取るから…」だった。この後に脳抑制をかけてくるので、実際の人が嫌がっているのか、人工知能がそう演出しているのか、何かがあるのだが、上の記述に比べたら個別事象は一般的には危険な情報なではないと思われるので、相手が嫌がっているのかもしれない。もしかしたら僕への罠を僕が回避することを嫌がっているだけかもしれないが。

相手がどういう意図でそれを言っていて、僕に電磁波の被害があるのかは情報が不足しているため分からないが推測は可能だ。

僕の状況では僕が苦しんでいるけれど、それを誰かが苦しんでいるように感じるので、もしかしたら相手の脳同期があって相手の感じ方になっているからかもしれず、もしかしたら誰かの苦しみに同期されているから苦しいのかもしれない。

実際に僕には日常の生活における妨害、ツイートする際の妨害、文章の語尾やてにをはを操られる妨害、などが起きているが、今朝の被害を考える場合に、前夜のテレ朝系列で放送されていた「橋下羽鳥の番組」が関係あるかもしれないとも思った。米大統領選でのトランプ勝利を一時間かけて過去の番組の発言と並行して報じていた。

僕にはメディア集ストがあるが、僕が中道左派の価値観でもあって、僕がこの番組をみていると、小島さんや森永さん、宇都宮さんなど、僕の価値観に近い人たちが登場していたが、暫く見ない状態が続いて久しぶりにみたら、右の人たち(中道右派〜保守)ばかりになっていた。元々は中道左派だったテレ朝の番組だけに、何故そんな状況なのかと訝(いぶか)しっていたが、僕が見だすと中道左派系の人たちが登場するが、苦しそうだし、主張は正しいのに僕同様に、歪んだ主張の右派にイジメられている。それは最近の話だが、昨日の放送での過去の場面だと、橋下さんは話を全然聞かないし、一般の知的な人が聞いたらおかしなことを言っているのに、左派系が話を聞かないような演出がなされているし、どうしようもないとは感じた。

問題は僕が(もしかしたら操られて)見たときに、橋下さんが穏健な主張に変わって、批判され難くなる傾向があること。竹中平蔵さんが同じだった。僕がネットで彼のコラムを読んだときの批判的な意見を、テクノロジー犯罪における思考盗聴などで拾って、もしくはLIDAのような自白電磁波で僕に喋らせて盗聴し、もしくは最初から僕のせいにするために僕を操って喋らせて、その批判に関しては、竹中さんがテレビでは避けるかのように一切言わないがために批判できなくなるという状況が長くあった。もしかして批判しないことで僕をネオリベ側に見せようとしていたかもしれない。

音声送信がこの人の方だと気持ち悪い顔になる、と言っているが、僕の方ではなくて、中道左派系のひとがテクノロジー犯罪の技術で貶められているのは僕とは関係なく昔からだ。普通にメディア関係者なら政治のことくらいは分かるので、左派系がやられていることは認識しているはずだ。それでも左派系にこだわるのは、そこに理念と理想があるから。僕への音声送信の相手は何も知らない上に卑怯な人たちが多いので、外見のことや圧力で操られているか、もともとがネトウヨ系の人たちが僕にあてられているのか、そういったことが背景にありそうに感じる。ちなみに経験的には左派系よりも、陰謀論者の価値観で左派を見る人たちがくっついてくると気持ち悪い顔にされる傾向がある。彼らは左派の本当の主張を知らないらしい。

昨日の放送では、森永さんの過去の発言で、トランプ大統領になって米軍が撤退したらどうするのかに対して、国民が総ゲリラになり竹ヤリで闘うと言って失笑されていたシーンがあったが、彼のような知的な人が何故にそんなことを言うのかは疑問で、僕以外の被害者の思考が反映されているのかもしれないと感じた。僕ならば、いまの自衛隊の規模で日本の防衛は十分可能であることを力説する。日本が面積が狭くても人口とGDPが多いので、例えGDP比1%程度の防衛費であっても、他国なら10%にも相当するようなものであり、同時に海に囲まれていることにより、地上の国境線全てに戦車を配備する以上に、相手の国境からの侵入は困難であるため、近隣国との関係にさえ配慮して友好関係を維持する努力をすれば、自衛隊の規模でも国を守るには十分であるということになる。離島防衛の話があるが、中国が多くの船を繰り出すような行為を過去にしたのは国際的にも不評であり、近隣との安定的な貿易による国家の発展という観点からも理に適わないことを説明すればいいのであって、そもそも日本が隣国の感情を害することをしないように心がけて、双方の交流をはかれば問題は生じなくなると考えたい。別の謀略などがあるなら、そこに直接対応することも可能になるだろう。その場合は謀略の相手との関係に配慮しながらの多方面への対応という難しいものになるだろうが、平和裏に解決することは可能だろう。

結局、音声送信の「そのまま話させとけばいいのに乗っ取るから…」という言葉を理解するためには、根拠情報が乏しいために、いまの僕がおかれている状況で、何が当てはまるかを、前述のように一部ではあるけれど考えなければならないので、情報不足で結論は出せない。ちなみに僕は誰も乗っ取ったりはしていないし、そんなことはできない。

僕への妨害が誰によるものかもわからない。上述しているように誰かの脳モデルによる人工知能が作られている可能性もあるが、東大ロボが東大受験を言葉の理解力が人間には敵わないために放棄したと最近報じられているので、価値傾向の脳モデルが裏では可能だったとしても、言語認識に関しては一般のコンピューターを利用した現在の民間による人工知能の技術では不可能であるということになる。ただ、僕の被害状態からは、人を介した人工知能のようなものは存在してそうだし、人工知能でなければ権力迎合した人が利用されているのかもしれないが、別の人の脳を繋ぐための間の処理はコンピューターが仲介しなければ技術的には不可能なので、何らかの形で乗っ取るかのようなテクノロジー犯罪被害がなされていることは、僕自身も被害経験から理解している。


目次へ




 2016/11/16 ●●東ロボ合格断念、苦手克服できず、というニュースをみて…つい自分の人生を思い出した

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: ●●東ロボ合格断念、苦手克服できず、というニュースをみて…つい自分の人生を思い出した
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 11/16/2016 08:35:40
-----
BODY:
「東ロボくん」、東大合格を断念 苦手科目を克服できず 朝日デジタル 2016年11月14日
東京大学の合格を目指す人工知能(AI)の「東ロボくん」が今年挑戦した大学入試センター試験模試の結果、合格レベルに達しなかったと14日、国立情報学研究所が発表した。同研究所は、東大合格への挑戦は4回目の今回で終えるとしており、今後は教科を絞って学習を続けるという。

この記事から、過去のことを思い出した。別に僕が東大を目指していたとかそういう話ではない。

現在の僕にははっきりと分かるテクノロジー犯罪の被害があるが、この被害はステルス化が可能と思われ、実際は長い間、かなり酷い被害が続いている。一般には妄想と思われる可能性がある被害だが、決して病気ではなく、先端技術を使った裏による弾圧と人体実験の被害である。(下のリンク等は追記。脳抑制下で書いた文章なので、読み難いかもしれません。)

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのHPの「海外での動き」からの引用
◆ アメリカでは1997年にはクリントン大統領が、機密の人体実験等を厳しく規制する行政命令を出している。
◆ フランスでは「フランス国家生物倫理委員会」において、この問題を深刻に捉え研究する事が発表された。
◆ ロシア下院では2001年にマイクロウェーブ・超音波・超低周波・光を武器に相当するものと認める法案を可決し、 プーチン大統領が署名をしている。

これは一般に公表されている民間の研究と一般的な機器を用いた実験
2011年12月20日 「思考読む機械」まもなく登場か、IBMの近未来予測:AFPBB News
2011年10月10日 脳だけで「仮想の腕」動かし「仮想物体」感じるサル、米大研究:AFPBB News
2013年03月04日 遠く離れたラットの脳を接続、米・ブラジル間で成功:AFPBB News
2014年08月28日  光で脳内の記憶書き換えに成功 理研、「嫌な記憶」を「楽しい記憶」に - ITmedia ニュース
2007年10月11日 慶應義塾大学、脳内イメージでPCを操作できる技術の開発に成功 - GIGAZINE
2014年08月28日 ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功 - GIGAZINE
ニューロコミュニケーター ウィキペディア

上に引用したような、既に民間でも利用されだした技術が、裏のレベルではいつからあったかは分からないが、古い特許も存在する。
US3951134 A:1974年8月5日に出願された脳の遠隔監視と操作のための特許
US5036858 A:1990年3月22日に出願された脳波の操作のための特許
US5507291 A:1994年4月5日に出願された遠隔地から人の感情を測定するための特許

(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)

以下はツイッター(@akejy)の2016.11.01からの転載だけれど、僕の子どもの頃から十数年前までの被害を書いている。あまりに普通の状況ではあり得ないので、裏に何かあるだろうことは推測できる。ツイートは全て事実です。

僕は平等と平和を望むリベラルな中道左派系の価値観で競争嫌いだった。こういう人間をターゲットにしているなら、裏は悪質だ。

〇 最初の記憶が3歳ごろにフロに頭から落ちて溺れそうになったこと。

① 子どもの頃から不可解な不幸と不自由が多い。しかも権力の裏は変態らしい。だけれど、僕は利用されているかもしれないが、生きている。
過去のおかしなできごとを、思い出せる限り一般的な範囲で記述する。見えない被害がある。

② 保育園では給食を食べられなくされていた。食べれないものを保育士に口に突っ込まれて吐いたが、吐いたものを喰えと言われた。昼休みに真っ暗な遊戯室に給食と机ごと閉じ込められ、外から聞こえる皆の遊ぶ声…トラウマに。父が闘病中で小学校に行く前に他界した。数年は暗かった。

③ 小学校のときドッヂボールをしていてフレイ効果の音声送信で悪口を言われ投げられなくなった。そういう嫌がらせは感情操作(超低周波)を含めてたくさんあった気がする。身体能力も空間把握能力も高くて実際に動きなどを覚えるのも誰よりも早いのに、脳抑制など妨害だらけだった。計画性を感じる。

④ 小学校低学年のとき、同級生の女の子のうちと一緒に露天風呂に行った。人前に出るだけで顔が赤くなり、プールの着替えでも恥ずかしくて隠す僕が、何故か裸で歩いて行って勃起したイチモツを女の子の目の前で見せたが、何故自分がそんな行為をするのか全く理解できなかった。脳操作被害だ。(続く)

(取り憑かれたかのように、勝手に動いていた気がする)

⑤(続き)小学校低学年。その女の子のうちは創価学会。うちは創価とは関係ないが、おそらくエピソードを実験的に作られた。遠隔操作実験だ。その頃からふざけた計画があったことが推測できる。主犯は創価の逆の方?…変態なのは統一教会で、レーガノミクスから裏はそっちだったのではないか?と思う。

⑥ 幼なじみがいつも先輩に学校帰りに路上でチンコを出させられ、チンチンぶらぶらソーセージ、食べても食べてもソーセージ、と歌わされていた。その先輩もときに出して来たが、ガキを変態にする脳操作をしていたのは何処だろう? 裏に変な技術をもたせるから…

⑦ 家に帰ると原因不明の体調不良でなにもできないようにされた。だから小学校から高校まで宿題をしたことがほとんどなかった。そのせいか小学校3年の時、黒板の前に呼ばれてパンツを脱げと三十路の黒木瞳似の欲求不満?だろう独身超美人教師に言われ、断ったら頬を思いっきり張り手で殴られた。

⑧ 僕のうちに友達がいっぱい来ているときに、前述の先輩がきて上から目線で変なことを言ってきたので、同級生みんなでからかったら怒りだしたが、とりあえす追い払ってくれた。いつもその先輩にイジメられていたので、そのときだけはありがたかった。

⑨ 少年野球でケツバットされ、グローブと帽子を投げ捨てて帰った。あとで僕が級長になったときに呼ばれてスコアブックだけ書いてくれと言われた。これは後にメディア集ストで中道左派の僕が東大野球部マネージャー出身の与謝野馨さんに同期されたときに利用された。僕は民主・民進〜自由・社民の方。

⑩(続き)与謝野さんはPC自作が趣味で、僕は貧乏でPCは自作系だった。あの期間だけは僕の価値観ではなかったが、与謝野さんだといい人なので怒る気にならない。仕方ない。与謝野さんは自民党政権から民主党政権へと渡り歩いている。僕は本来は辻元さん、枝野さん、仙石さん、福島さんなどに近い。

⑪ 小学校の高学年の時、何故か先生に呼ばれて皆の前でぶん殴られて唾が黒板に飛んだと、成人式で会ったときに皆は覚えていた出来事を、僕は直接覚えていなくて、記憶は殴られたのは別の人で僕も見ていた映像になっていたが、その同級生は別のクラスなので、どうも記憶違いだったらしい。

⑫ 小学生のときの学校での毎朝のマラソン。短距離型なのに頑張ってトップ賞をとりまくって賞状をいっぱいもらったのに何故か突然走れなくなった。マラソンを頑張ったせいで郡の陸上記録会に得意な方の短距離で出させてもらえなかったことは意識していなかった。エピソードを外部的につくられている。

⑬ 小学校高学年。暑くて授業を皆で潰して同級生と川で泳いだ。3歳のときにフロに頭から落ちたトラウマを克服したはずが向こう岸の岩を登ろうとしたら滑って落ちて水を大量に飲んでしまい溺れた。同級生が飛び込んで助けてくれたが抱きついてしまったので彼も一緒に溺れることに。一命は取り留めた。

⑭ 小中と釣りが流行っていて、酒屋の端に釣具コーナーがあったが子どもが出入りするので、道向かいの個人スーパーが隣の空き店舗で釣具店を始めた。おばあちゃんが店番をしていて賑わっていた。釣りキチ三平のもらった漫画があったので、その影響もあったと思う。

⑮ その後釣りをするのに有料の許可証が必要になり悪友と見えない場所に行っては釣りをした。言い訳をするつもりはないが、僕は誘われる方だった。皆もガキなので、大人が勝手に決める社会にちょっと反抗したが、反権力の言論が残っている冷戦期の時代だった。釣りよりスリルと仲間意識が優先した。

⑯ 隠れて釣りをしたのはダムの崖の上の木立のあるところで、誰も釣りなどしない場所。ダム湖の逆側に友達がラジコンのコースを作っていたが、そこに死体が流れ着いて、その後に立入禁止になった。数年後に焚き火をして夜を過ごした場所だが、スタンド・バイ・ミーみたいだ。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる #音声送信 の相手が、この人が左派の方におるでどうしよう、と言っているが、悪友は両親が公的職業で医療福祉がらみだったので一概に何がいいとはいえない。子どもの頃の罪もないような話。ルールの不毛さを彼が親から知ったかは不明。

⑰ 中学の陸上部。怪我ばかりが続いて走れなかった。スタートの20mは100mの東海大会の常連選手より速かったが、チビなのでダメ。チビだが砲丸投げをちょっと練習して出たら入賞した。高校では結局帰宅部になり超々運動不足でも幅跳びが7m跳べたのに何故中学でしなかったか後に疑問に思った。

⑱ 中学のとき怪我が多くて走れないので部活をサボって教室で女の子たちと会話をしていたら、他の部活が終わって戻ってきた連中にハーレム扱いされた。そういえば、当時も脳操作被害だろうか?勝手に手が動くことがあって、巨乳の女の子の胸に手がいったせいで、楽しそうに大騒ぎされたことがある。

⑲ 自転車通学だった。スピードを出しすぎて止まりきれず朝六橋の手前のところで転んで、空中で自転車の上に降りて、滑っていく自転車と一緒に交差点のところのコンクリートの壁に激突したけれど、そこまでにスピードが緩んでいて自転車も僕も大丈夫だった。右手の怪我は今も残っている。危機は回避?

⑳ 中学の夏休み、川で石から滑り落ちたら下が浅瀬で骨折したのに気付かずに自転車に乗って帰りに駅の売店でジャンプを買って帰ったが痛かった。3日放置したらパンパンに腫れて自転車で病院に行ったら骨折していた。ギブスをしたかどうかも覚えていないが自転車で帰った。うちは母子家庭だった。

㉑ 中2のときの自習中にふざけていた同級生を級長だったからか注意したら、座っているところを後ろから殴られて2発めで意識を失った。後ろからは卑怯だが、皮肉なことに小学生のとき溺れた際に飛び込んでくれた体力自慢のやんちゃな相手。その後、英語が全くできなくなった。冷戦が終結していった。

㉒ 中高通じて、期末テストの理数系科目は頻繁に学年トップで、採点の際は模範解答によく先生が持って行った…なのに何故か成績表はよくなかった。本当に意味が分からなかった。やる気を失って模擬試験で偏差値78だった科目も自暴自棄で40まで落ちた。心の悲鳴は気付かれなかった。

㉓ 中学の時だが若いキャリア官僚が税務署長を登竜門とするらしく若い署長がきて、ここが飛騨の田舎だからか偉そうに「君たちが暮らせるのは大都会の税金のおかげであることを忘れないように」という趣旨を言っていて頭にきた。思うにネオリベ側が計画的に役人嫌いにさせようとしてきたのではないか?

㉔(続き)ちなみにその戦略は奏功することなく僕はTBS筑紫哲也ニュース23の左派価値観でものを見るようになっていった。テレ朝のサンデープロジェクトや朝生討論もよく見るガキだった。ただしTVタックルではメディア集ストで何かと欺瞞的に右に利用されたのではないかと後々感じるものがある。

㉕(続き)例えば、運動会で皆が手をつないで一緒にゴールするという都市伝説で、さすがにそれはおかしいと考えると、結果の平等を否定したことにされた。
(メディア集ストでいろんな人たちが名前や顔などで絡められていることは別に記述している。HPにも書いているのでそちらを参照して欲しい。)

㉖ 高校に入ったらすぐに美術部に入部した。絵が得意で、それまで描く度に賞状をもらっていたのに美術部に入ってひと月で絵が描けなくなったが、最初に描いた未完成の油絵は県の総合庁舎の玄関に飾られていたらしいのに美術部に行かなくなった僕に連絡はなかった。同級生の父が僕の母に伝えて知った。

㉗ 高1の冬に体調を崩し38度以上の高熱が引かなくなって3学期は半分も出席できなかった。春休みに期末試験は受けたがほとんど白紙。高2になっても何故か優等生クラスだったので、頑張れということかと思って何とか登校したら、6/3の誕生日に雲仙普賢岳で大火砕流。
潰して利用の理由は…?

㉘ そういうわけで受験は高校受験も大学受験も全て段階的に潰されたことになる。受験の年はいつも鬱操作をされたが、高3のときは頑張って何とか学校に行ったら、関係あるかは不明だが尾崎豊が自殺をして社会現象になっていた。友達の友達の同級生が影響されて複数がバイクを盗んで新聞沙汰になった。

㉙ 結局、家から通える大学もないド田舎で母子家庭だからお金もないし、お金の心配を母に話したら誤解したのか内装のリフォームをし出して、お金の面と心身の不調の両面で絶望して受験を放り出した。2月くらいに体調が悪くても冷暖房完備でやめなくていい仕事を求めて放射線技師の学校を受験した。

㉚ 国家試験の合格率が全国でもトップクラスのところだったので、そこで上位なら問題ないと勉強もしなかったが、それも体調不良が原因だ。
放射線技師の国家試験の時も頭の働きを半分にされスローモーション状態になったが、それでもさすがにコメディカルの国家試験くらいは高得点で合格している。

㉛ 就職前に車の免許を取得しようと自動車学校に行った。一般道を走るようになって、何故か同じコースを何度通っても記憶しない記憶消去被害を受けた。ちなみに僕は非言語知能の方が得意で上位数%に入るはずなので、道が覚えられないのは絶対にあり得ない。当時も被害のエピソードが用意されていた。

㉜(続き)そういった道も覚えられないような被害状態だったので教官がブレーキを踏んで怒るようなタイミングがあった。何故か僕が先にブレーキを踏んで教官に対して激怒したが、どうしてか教官が「だって〜だもん」と言い訳していた。まるで脳が入れ替わったかのようだった? 被害エピソードは事実。

㉝ 長野の厚生連病院に就職してもパワハラにあうわ体調を崩して入院するわ相変わらずの原因不明の体調不良で悩むわ退職に持っていかれた。体調を崩して仕事ができなくなる前までは、パワハラ以外の人間関係は良好だった。事務課のパーティに呼ばれたり、僕のアパートでコメディカル大勢で鍋をしたり…

㉞ 長野の病院を辞める前だが、高速道路でバスを追い越す際に、バスが突然路線変更してきて挟まれそうになり、急加速して何とか抜ききって難を逃れたことがある。マニュアル車だったので、ハイトップからパワーのあるトップに落として思いっきりアクセルを踏んだが、対応が正しかったかは分からない。

㉟ 帰省して地元自治体の小病院に再就職した。職場から車で帰宅していたときにカーブで対向車がはみ出て内回りしてきていて、咄嗟にブレーキを踏みながらハンドルを回して回避したが、当時導入されたABSが利いたのか、崖の手前のガードレールにピタッとフロント部分がくっついて止まり難を逃れた。

㊱ 結局、病院の方はナルコレプシーみたいな睡眠障害で動けなくなって仕事ができなくて退職。裏は潰して利用する計画だったと思われる。身障者になることが避けれたのは幸いだった。
長野の病院では春闘に顔をだした。地元では医療保険改悪の署名を集めようとしていた。
それらが関係あるかは不明。

㊲ 当時、あまりの不運と意味不明な体調不良などなどに悩んで自殺を考えて、自転車で林道を登っていったことがある。結局、戻ってきたが。自殺者数が全国で急増した。
その後にそこに天皇陛下が来て全国植樹祭が開催された。今は皇樹の杜となっている。
絶対に自殺はしません。皆、長生きします。

以上はツイッターからの引用。


以下、記事の部分引用。


AIが東大に入る日が来たら 「東ロボくん」挑戦の意味 朝日デジタル 2016年11月14日
ロボットは東大に入れるか――。国立情報学研究所で人工知能(AI)をめぐるこんな研究を続けてきた新井紀子教授が14日、その可能性と限界について発表した。AIの研究が進む中、私たち人間はどんな能力を磨くべきなのか。新井教授が朝日新聞に寄稿した。
今年も、「東ロボくん」の受験シーズンが終わった。東ロボくんは今年ついに、関東ならばMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)、関西ならば関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)と呼ばれる難関私大に合格可能性80%以上という成績を達成した。だが、東京大学には遠く及ばなかった。深層学習を含む現状の技術の延長線上では、AIが東京大学に合格する日は永遠に来ないだろう。


東ロボくんの模試成績(カッコ内は昨年の成績)

大学入試センター試験の模試(マーク式)
					得点	全国平均	偏差値
英語(筆記)		95(80)	92.9	50.5(48.4)
英語(リスニング)	14(16)	26.3	36.2(40.5)
国語(現代文+古文)	96(90)	96.8	49.7(45.1)
数学IA			70(75)	54.4	57.8(64)
数学ⅡB			59(77)	46.5	55.5(65.8)
世界史B			77(76)	44.8	66.3(66.5)
日本史B			52(55)	47.3	52.9(54.8)
物理				62(42)	45.8	59.0(46.5)
合計=950点満点	525(511)	437.8	57.1(57.8)

2次試験の模試(論述式)
				得点	全国平均	偏差値
地理歴史(世界史)	16	14.5	51.8
数学(文系)		46	19.9	68.1
数学(理系)		80	30.8	76.2


東ロボくん - ウィキペディア
5教科8科目で511点(全国平均416.4点)、偏差値57.8という成績を収め、これは私立大学の441大学1055学部、国公立大学の33大学39学部で合格可能性80%以上に相当するものとなった。


以上、引用終わり。


ネットの記事には記述がないが、うちに届いた朝日新聞の名古屋本社の社会面だと、「東大文系で最低8割以上とされる点数には達しなかった」と書かれている。950点満点中525点だと55%だから全く届かないことが分かる。

上述のツイートのように、僕は人生を潰されているため、高3の受験時期は鬱がひどくて勉強どころではなかったのに、それ以外で様様な妨害があって、人生を放り出しかかっていたから、受験のことなど一切考えたくない状況で、当時はインターネットもなかったので何も知らないまま調べることもできずにいたし、その後も受験の話題なんかは嫌いで、全く目にしなかった。それで今はじめて新聞記事で知ったのだけれど、センター試験の得点が半分程度で偏差値が50を超えて国公立に入れるということに驚愕した。

本当に十代で人生を捨てていて、模擬試験なんかも放り出していたけれど、期末試験なんかは3ヶ月前からの内容程度だったので、勉強はしてなかったけれど授業は受けていたので、それ相応に問題を解いて提出していた。理系科目ではよく学年トップの点数をとっていて、数学などは先生が答え合わせのときに模範解答代わりに持って行った。地元の最寄りの高校で、かなり広域のド田舎なので、工業高校志望者や一部の優等生と底辺クラス(謝)以外はそこに入るのだが、僕は優等生クラスにいた。当時3%の枠だった日本育英会の無利子奨学金を受けていた。人生を放棄していて大学も行けなかったけれど、模擬試験でも単独の理系科目で偏差値78だったこともあった。体調を崩したり、絶望したりしていて、勉強なんかもしたこともなかったし、そういう環境もなかったので、希望を失っていたために授業にも集中できず、学力は下降した。時代が違うので単純比較できないが、偏差値ではわかりにくかったし、ネットの無い時代で、ド田舎でもあり、母子家庭で塾にも行ったことはなかったし、そもそも全国的な学習塾はド田舎にはなかたので、まるで指標も何も分からない状態で途方に暮れていたのだけれど、センター試験で半分程度得点すれば十分だと具体的なことを知っていたら(僕は国立大学はセンターで8割程度は必要だろうと、どうも誤って考えていた。高校受験のレベルの得点感覚だったかもしれない)、そんなに難しいことではあり得ないので、家が貧しくても、努力して授業料免除の特待生になることだって可能だと考えたかもしれないし、何とかなると絶望しなくてもすんだかもしれない。

普通ならそう考えるが、当時のテクノロジー犯罪の被害と思わしき鬱状態や集中力の妨害や記憶の抑制を考えると、どうしようもなかった可能性は否めない。学歴がないので自慢にもならないけれど、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、バカな人を誰かが操って頭のいいことを書かせている、という趣旨のことを言ってくるので、現実にテクノロジー犯罪の脳抑制や脳操作でバカみたいに見せられていたりすることもあって、悔しくて仕方ないため、そういったことを書いている。

24年前の高3のときには、あまりの絶望のために授業すらろくに聞いていない状態だったが、何とか勉強しようとしたこともあって、物理か何かの科目のなかの一分野を一度だけ勉強して問題を解いたらセンター形式のその分野は完璧に満点がとれるようになることに気付いたが、3日坊主どころか、その時一度勉強しただけで、何故かどうしても学業に向かうことができなくなってしまい、逆に試験では白紙に近い答案を出していたりした。受験だって落ちないだろうところを受けて試験本番でなぜか白紙答案を出している。

あの異常にやる気の起きない状態は未だに信じられないと書きたいところだが、最近でも読書をしようとして、同様の被害状態を繰返し経験していたので、あの頃からテクノロジー犯罪の被害があったことが、被害のあり方の比較から明らかであることが僕には分かる。

以下、僕のHPの「メディア集スト(エンタメ)」から引用。

嘉門達夫「替え歌メドレー3」「んなアホな!」の曲(ニコ動)の3’33のところから「岐阜県の温泉は下呂」とそれに続く仄めかしがある。

以下、嘉門達夫「替え歌メドレー3(完結編)」の歌詞から関連部分を抽出。

 岐阜県の温泉街は下呂(僕の住む自治体)

 尾張名古屋(終わりな古屋(僕は古谷))はういろう(小人映画「ウィロー」)

 X線はレントゲン(僕の所有する診療放射線技師資格でできる病院の仕事)

替え唄メドレー3は1992年1月1日に発売されている。この段階では高2。

「X線はレントゲン」の歌詞は、のちに放射線技師の国家資格を得ることが予め決まっていたということを示唆している。

というのは、放射線技師の道を決めたのは高3の後半だったから、歌で予言された高2の冬の段階では、そういったことは何も考えていなかった。

以上。

この歌を知ったのは2015年のテレ朝のミュージック・ステーションであり、当時は自分にそういう仄めかしがあったことすら知らなかった。その数年後に就職した先にも仄めかしがたくさんあったり、妄想ではない事実記録として、被害を証明するためには重要なものの一つになる。

要するに、最初から学力を潰して放射線技師にさせるつもりだったのではないかということを言いたい。

それで、東ロボくんの話題なのだけれど、言語が苦手であることが僕の苦手分野と重なることが気になる。僕の場合は漢字やことわざなどの語彙の方が苦手だったので、読解力の限界が問題となった人工知能とは厳密には異なる。権力の裏の仕業であっても20年以上前の技術でさすがに人間並みの人工知能があるわけがなく、遠隔操作技術にしても感情操作や音声送信を利用していた程度のはずで、当時の僕が人体実験で利用されていた可能性はあっても、脳の抑制だとか集中力の妨害、感情の操作をされていたくらいの状況だったと思う。気になるのは、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信で、頑張れば東大だって行けるのに、と言われて、そんなわけ無いだろ!と思った記憶があること。当時に音声送信がなされたことは極めて稀で、何かのメッセージ性があるのは確かなので無視できないとは感じる。

おそらく同じような謀略の内で、堀江氏や橋下氏、2chのヒロユキ、中田ヒデ氏などはネオリベ右派っぽいところがあって(中田氏は別かも)、僕は中道左派リベラルという違いがあって、この謀略グループでは、右派系が引き上げられて、左派系が潰されるようなことがあるのではないかと感じている。左派系で利用されていた人は荻上氏のように、本来的には保守というか反共の傾向があったり、津田氏のように親が社会主義の活動家だった人が右傾化してリベラルな立場にいたり、何か裏があるかもしれないと考えている。

(日本では一般的には社会主義・社民主義の政策が富の再分配で、リベラル派の政策が同一労働同一賃金(昨年に国会を通過した法律は野党案の骨抜き)と考えられていたりするけれど、元々の理念に基づいて政策を立案すると、社会主義・社民主義の方は、本来労働者で共有すべき産業がそうなっていないのだから、代わりに法人や投資家に課税をするのだけれど、マルクスの主張だと労働価値が同じという観点なので、労働分配率を上げつつ同一価値労働同一賃金をするというのが本来的かもしれない。リベラル派は不合理な格差を無くす観点(ロールズだと最も不遇なひとが利益を得られる場合だけ格差が許容されるとされる)から富の再分配をしなければいけないことになるし、公平性の観点から同一労働同一賃金も必要になるだろうけれど、この場合は国が給与水準を決める必要があるので、より社会主義的になるかもしれない。格差が問題になっているにも関わらず、大企業が課税を嫌がるから、富の再分配ではなく均等待遇をいまの自民党政権は選択したのかもしれない。)

(母子家庭など何らかのマイノリティでマークされた人が、右傾化すると利用され、左派だと潰されているように僕には感じる。少なくとも冷戦崩壊後の第二次ベビーブーマー世代はそうなのかもしれない。僕らが世代人口二百万人なのに、その子供たちは非常に少なくて、しかも若い世代は右傾化しているという統計も気になる。)

僕にはメディアの集団ストーカーがあるのだけれど、高校の同級生で一時期美術部で一緒になっていたある女の子に関する仄めかしがたくさんあって、その子はMARCH・関関同立の哲学科に行ったのだけれど、当時、僕も哲学を学びたいとは思いつつ、理系枠だったので社会科は現代社会と世界史しか学んでいなくて、その上、文系科目は苦手だったため断念していた…といっても、全ての受験を断念していたし、本音では美大・芸大にいきたくても母子家庭で高い学費を払って4年も絵を描いていることはできないと考えていたし、文系科目も同様の理由でダメだと思っていたし、それ以上に当時は鬱状態が酷くて、学校に通って卒業するだけで精一杯なほどに調子が悪かった。脱線しているが、その女の子に関しての仄めかしに、同姓同名で外見が正反対の女優がいたり、名前は違うけれど外見とキャラが似ていて彼女と同じ大学出身の有名歌手がいたり、そういった有名人と何らかの形で関連付けられたりしていて、今回の東ロボくんの結果が、MARCH・関関同立・国公立というものだったので、過去の数々の仄めかしの経験から想定するに、もし被害もなく普通に勉強していたら、旧帝大を目指して結果として国立くらいは行っていただろうと思って、24年も経ってから、再度人生を失っていることに対して、何とも言えない暗澹たる気持ちになった。

…

今政府が、給付型奨学金を7万5千人にあげられるような方向で調整しているけれど、他の先進国(主に欧州の国々)では、大学まで無償のうえに、給付型の奨学金を3割の学生にだしているらしいので、いまの政府の動きが2〜3%の学生になんとか返済不要の奨学金を出せないかというものであって、ないよりはあった方がいいし、それをしたからといっても、授業料は滅茶苦茶に高額だし、他の先進国並みとは言い難いけれど、とにかく機会均等という絶対条件であるはずのものが我が国にはないので、自分のような絶望するかつての若者が今後も出てこないように、何とかして頂きたいとは思っている。

ある党の選挙の公約だが「大学授業料を毎年引き下げ、10年で半額に。月3万円の給付制奨学金を70万人の規模で創設。既卒者を含めすべての奨学金を無利子化し、奨学金を返せない人の救済制度をつくる。」とある。最も理念的な左派政党ですら、現在の欧州ですでに実現しているレベルの半分程度のことしか公約としても主張できないという事情が日本にはあるらしい。
(ある党とは日本の共産党のことなんだけれど、選挙のときに主要政党の公約を全てダウンロードしているので正確な情報。一般には左翼と言われる政党ですら、教育分野での社会主義的政策で欧州諸国の半分程度のことしか言っていない。どういうことなのだろうか?)
この国はこんな状態でいいのだろうか?

江戸時代末期に日本に訪れた外国人が、日本は世界で一番子どもを大切にする国だと言ったという記録がある。現在の日本とはまるで意識が違うことが分かる。

実際は、財源はいくらでもあるのに、それをさせてくれない裏の何かがあることに、我々はどう対応したらいいのだろうか?





追記(161212)

夢を見た。(前日テレビで見た)ユイちゃんに嫌われてしまった夢。

それで昔のことを思い出した。

小3のとき

担任「明日転校生が来ます」

昼休みに先生の机の周りに集まって。

同級生「せんせ〜、おとこ?おんな?」

担任「女の子」

僕「じゃあ、あしたはいいこにしてよ〜」

いい子じゃなかったのだろうか?

(ちなみに担任は黒木瞳似の若い美人教師。)

翌日、ムスッとした女の子だった。

そのときは特に何とも思っていなかった。

後に彼女に似たアイドルの、浅香唯がテレビの世界に登場した。(ユイ違いの夢と気付いた)

仮に彼女をWとする。

小6夏 川で溺れた。Wの従兄妹のOが飛び込んで助けてくれたけれど、彼も溺れた。Yも飛び込んでくれた。結局は、嫌いだった隣の読売巨人好きの教師に助けられたと記憶。(自民改憲案を批判していたが、ある日、普段は見ていない読売テレビのたかじんのそこまで言っていいん会をたまたま点けていたら、出演者がカメラに向かって怒りだして、その時間に近所の少年が、僕が溺れたところで溺死している。複数のニュースで場所を映していたので、同じと分かる。)

小6 教室で座っていたら、突然Wが顔を斜めにして僕の顔を覗き込んだ。距離にして10cm。びっくりしたが、彼女の発した言葉は「わ〜、ニキビ〜」。唐突に何かと思ったが、楽しそうに離れていった。 その年のバレンタインデーの前日に、僕の隣に座って、横から覗きこんできて、「アキ〜、明日チョコレートあげよっか〜」と言ってきて、僕が戸惑っていた途端に先生が「明日、チョコレートを持ってくることは禁止」と大きな声で宣言した。子どもだったので、何とも言えない微妙な思いをした。
彼女のことを意識したのはその時から。(そしたら、優等生のN(男)が彼女をイジるようになっていて不可解だと感じていた。)

中2 僕は母子家庭育ちで優等生崩れの宿題もしていかない落ちこぼれ。ヤンキー系でもなく、優等生でもなく、中間グループ。絵が上手くて、数学が得意で、腕力があるけれどイジられれキャラだったものの友達はやたら多かった。家はたまり場みたいに、いつも友達がたくさん来ていた。

当時、Wとは同じグループだったと記憶している。彼女がいつも僕に話しかけてきて嬉しかったことを覚えている。その時期、僕は学級委員をしていたと思う。副委員の女の子には、放課後のミーティングでシモネタや冗談を言っていたけれど、Wの前だと変なことは言えなかった。

ある日、2時間枠のある技術課程が自習になっていた。何故か教師が自習にすることが多かった。Oが暴走していたので、学級委員だったこともあったのだろう、席につけよ、みたいなことを言ったと記憶している。その後に座っているところを後ろから2発殴られて、スーっと意識を失っている。気が付いたら2時間の自習が終わっていて、技術室から教室に戻るときに、友達に揺り起こされた。世界がツーンとした静寂に包まれている変な感じがして、何かの歯車が狂ったように、その後は何をしても上手くいかなくなった。

その後は、心理的な要因が何もないのに、朝の準備なども上手くいかなくて、いつも遅刻するようになっていた。

当時、母は何も気付かなかったらしいが、健在だった祖父が気にかけて、何処かの坊さんに相談していて、その坊主が家に来て説教をしたけれど、僕の態度が悪かったのか、この家に不幸があるとかほざき出して、それがすごく嫌で、彼の帰り際に大声で塩を撒けよ、と言ってやったことを覚えている。その後に祖父が倒れて他界している。

普通なら心の問題を意識するような状況だが、実際は葛藤どころか何も心には無くて、何も感じない無になっており、日常のことも上手くいかない状態だったので、頭を打ったときに何処かに支障が生じたに違いないと思っていた。

もしかしたら軽度の高次脳機能障害だったのかもしれない。交通事故で頭を打った後に発生する脳障害の一種のことだが、軽度の場合は気付かないかもしれない。

そうでなければ、当時すでにテクノロジー犯罪の被害があったのではないかという推測ができる。長期の計画的な被害があったことが現在からは想定できるので可能性はある。

時期的には冷戦終結前夜だったから、尚更関連性がありそうだと思うのは、たとえば失業して引きこもった1997年から日本の停滞が始まって、自殺者が激増している経緯からも、その他の世界的な事件との関連からも、おそらく偶然ではないことが僕には分かる。

翌年は中3で、始めての受験なのだけれど、頭が朦朧として生きるようになっており、クラス内の位置づけも下がっていて、最悪の一年だったはずだ。クラスも、教師がいちばん手に負えないと認識していたTをこちらに配置して、腕力のある優等生系をこっちにおいて、それ以外を隣のクラス(2クラスしかない)に配属するような手法を教師がやっていて、最悪さを際立たせていた。

それは小学校高学年のときもされたことだったけれど、構図が変わっていて、小学校のときは、保守xリベラルだったが、中3ではリベラルx左翼だったように感じた。独裁的な人でも2種類あって、小学校の隣の保守教師は巨人好きで平気で暴言を吐く滅茶苦茶な人だったが、中3の担任は独裁者でも日教組系のすぐ怒鳴る暴力教師だった。リベラル系(音楽好きのヒッピー系と芸大出の奔放な人)は小中どちらも左遷されるような処遇を受けている教員で、子供たちにとっては非常にいい先生だった。(当時は20歳代の先生だったが、その後はひとりは分校のような僻地ばかりで、ひとりは教員を辞めている。)

何かが示唆される状況だが、偶然とは思えない。

冒頭のWとは彼女が転校してきてから、中3を除いた期間、ずっと同じクラスだった。前述の副級長の女の子とは、小学校低学年と高1を除いた期間が同じクラスで、何か対照的な感じがする。情が望む人と理性が望む人の違いで、僕の対応が逆になっていておかしい。

Wは中3のときの高校の一日入学のときに、僕が進学校を選んだら同じで、その後に学力的には問題はないが英語が苦手なので克服しないと、希望校には行かせないと担任に言われて、嫌いなものを強要されると反発する傾向が強い僕は英語嫌いはどうしようもない(実際は頭を打ったあとに、アルファベットを上手く認識できなくなっていた)ので、早起きが必要な遠い進学校は止めて、最寄りの高校に行くことにした。何故かWも同じ決定をしていて、高校では進学クラスに入ったのは同じ中学からは僕と彼女の二人だった。ここは飛騨の広域の市内(当時の郡内)最北端の町で、成績のいい生徒は北隣の高山市の進学校に行くのが通例なので、最寄りの高校の進学クラスに一年目からここの中学の生徒が入ることは珍しかったと記憶している。

当時の僕は病んでいたので、高校の合格発表も見ていないし、入学式にWがしきりに話しかけているのも、遠くからの声に感じて、反応しなかった覚えがある。彼女は中3のときクラスが違ったので、中2の後半からの僕の変化をあまり認識していない。彼女とはそれ以降、疎遠になっているが、後に生徒会長をする野球部の元気印の男と付き合っていたので、僕の意識からは遠いところにいた。

その高校で生徒会長をした男(ご近所さんの親戚)が、小6のときに彼女をイジるようになった優等生のNに少しにていた。Nも中学のとき生徒会長をしていた。Nは高校は別だったけれど、中学のときに、ある同級生が一人ぼっちで食事をしているのを僕が気にして、グループに入れてあげようと声をかけようとしたら、彼が声をかけてそういう行動をしていたり、何か関係がありそうで、同時にNHKやテレ朝などに似た顔のアナウンサーが男女問わずいるので、社会実験の対象の一人の可能性がある。彼は前述のヒッピー教師に憧れていて、国立大学に授業料免除の特待生で入学していたが、いまは夢を叶えて教員をしている。

(電話で別の同級生から、将来に校長になるために大学院にいっていると聞いたが、僕のテクノロジー犯罪の状況では電話の相手が本物の同級生かという疑問があるので事実かどうかわからない。そういう怪しい電話があるので、電話などで相手が本人かの確認ができない状況を経験すると、情報インフラの信頼性の重要性を認識させられる。)


僕のやろうとしたことを抑制して、代わりにやっている人が脳操作関連の社会実験で存在するのは認識しているが、多くは成功していた。その代わりに僕は何もできなくされていて、人生が破綻している。どういうことだろうかと訝しっている。

中学の別の前期後期でのもう一人の生徒会長をしていた同級生は割と仲が良かったが、難関の国立大学を出て大企業で技術職をしている。その彼にそっくりなNHKアナウンサーがいる。(そういえば成人式で会ったときに、自動制御工学で気になっていた点を彼に聞いたけれど、そこまでまだ行っていない、でも飛び急できるくらい単位はとっていると言っていた。)

他に、小学生の時に妹がずっと結婚すると言っていた僕の同級生に似た歌手がよく売れている。中学の頃、彼が遊びに来ていたときに、母が耕作放棄地の草を刈ってくれと言ってきたら、彼が率先して僕の代わりに草を刈ってくれたり、非常に性格のいい人。

20年くらい前だが、社会人になってから会ったときに原発で働いていると言っていたので、経済社会の欺瞞性と労働者への保障の問題や、日本の原発の安全性への懸念から転職を勧めた記憶がある。その後の1999年9月30日に、東海村JCO臨界事故が発生していて、その前か後かわからないが彼は転職をしていると聞いた。

東海村の事故では、作業員が燃料の製造工程をマニュアルを無視して省略しており、それは被曝時間を短縮するためにしていたことなのかもしれないが、その危険性への配慮がなかったために、臨界が発生して被曝による死亡事故にまで至っている。

僕は診療放射線技師だが、運命操作で知らないままに無理やりそちらを無自覚に選んでいるという一般には理解されない状況で放射線関係を選んでいるが、昔から脱原発の価値観であり、国家資格も厚労省(当時は厚生省)の病院で働くものしか有しておらず、文科省(当時は科学技術庁)の方の原発や企業で働く方の資格試験は受けてもいない。例え持っていても使わないし、余計な資格を保有して変な業務を任されるのを嫌った。自分で選んだ道に見えて、脳操作誘導されただけなので、そういう状況にある。

流れのなかで、メディア集ストがあることをいくらか書いていることになるが、運命操作にも証拠があることを最近知った。

重要なので、メディア集スト(エンタメ)から再引用。

嘉門達夫「替え歌メドレー3」「んなアホな!」の曲(ニコ動)の3’33のところから「岐阜県の温泉は下呂」とそれに続く仄めかしがある。

歌詞から関連部分を抽出。

 岐阜県の温泉街は下呂 (僕の住む自治体)
 尾張名古屋(終わりな古屋(僕は古谷))はういろう
        (小人映画「ウィロー」前述の低身長操作仄めかし)
 X線はレントゲン (僕の所有する診療放射線技師資格でできる病院の仕事)
 星アキコ

替え唄メドレー3は1992年1月1日に発売されている。この段階では高2。

「X線はレントゲン」の歌詞は、のちに放射線技師の国家資格を得ることが予め決まっていたということを示唆している。というのは、放射線技師の道を決めたのは高3の後半だったから、歌で予言された高2の冬の段階では、そういったことは何も考えていなかった。

当時(1992年)の僕はこの歌の存在を知らなかったし、知ったのが2015年のMステの放送時なので、予言がされていたことすら気づいていなかった。

ここまで引用。

人生のそのすぐ先で、著名人のそっくりさんに複数出会うことになったので、何故にそちらに誘導されたのか、いまでは理解できる。


目次へ




 2016/11/17 最近の僕が受けている被害の内容と、ある種の罠とその回避。

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 最近の僕が受けている被害の内容と、ある種の罠とその回避。
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 11/17/2016 05:42:57
-----
BODY:
僕の被害は遠隔操作と音声送信と電磁波の被害です。

音声送信の方は権力の裏がストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用でしているのではないかと疑っている。
遠隔操作は、昨日の記述に技術的なことにつながるリンクを掲載している。

電磁波の被害自体はこちらが抵抗できない時などにあることが多くて困っているが、何故に被害があるのかが分からないために、訴える以外の対処法がない状況にある。

遠隔操作と音声送信に関しては、僕に罠を仕掛けてくるかのように見える相手が存在するし、言葉を聞いている限り、明らかに意図的に僕を嵌めようとしているのではないかと疑うが、僕への罠を考える加害者の声が聞こえる事自体が不自然で、同時に他の声とその加害者の声が同一か別か判別できないので、普段の対応には苦慮するところがある。

何者かが僕に思考盗聴や音声送信という形で人をつけてきて、結果として起きていたことを人工知能が学んで、有効性があったと考えられる手法を繰返している可能性も高いと考えているが、それは人であれば一度理解したことを、再度何も知らない状態で同様に対応してきて、改めてそれに気づくということを繰り返すことはあり得ないから。

基本的にはスルーすべきと考えているが、遠隔操作の被害もあるので、無視しようにも意識がそちらに強制的に向けられてしまい、何らかの対応をしてしまうし、それに罠が含まれていると感じた場合には、念のために罠の回避をしておくという対応措置が必要になることもある。

以前はツイッターでその都度していたが、ツイッターのアカウントが変わって、そちらではもう被害のことを書きたくないため、過去の罠を総合的に扱っての対応措置をここに記述しておこうと考えた。

まず頻繁にあるのが、僕の思考として、相手が何かの罠をしている、と考えた場合に、相手が、アキヒロが罠をしている、と主語を僕に置き換えて喋ってくる。僕の思考を妨害すると同時に、僕を加害者にみせる発言により、僕が考えを止めざるを得ない状態をつくってくるが、人工知能によるものかもしれない。(追記:きっと表面上の加害者も被害者なのだろうから、気を遣って人工知能の可能性を書いているが、僕が加害者ということはあり得ない。そう見せているなら相手か権力はあまりに卑怯だ。)

それとは別に、「僕の思考を外部的に読んで、それを別の声で言ってきたりすることがあるが、それ自体は決して頻度の高いものではなく」(「カッコ」内だけ遅れて第三者が読んでいた)、そういったことを記述すれば、誰かの思考を僕のものに見せることだってやられるかもしれないし、誰かの思考に自分が乗っ取られないとも限らないが、結果として同様の音声送信が僕以外の人にあったと仮定しても(僕自身の書いている内容の思考に対して電磁波攻撃があって苦しくて困る。相手の卑怯さを分かって欲しい)、その音声の主体は絶対に誰かは分からないので無視すべきと訴えたい。

また、そういった僕が陥っている状態を利用して、僕以外の悪気もない関係者が僕に巻き込まれて被害を受けていないかの心配はしている。僕にはメディア集スト(テレビなどが仄めかしたり反応したりする状態)があるが、テレビに出演している人に関しては大丈夫なように思う。

それとは別に、僕のメディア集ストは2012年前半までは政治利用が続いていたのだが、その後に安倍政権が樹立される段階で、僕は直接の政治から外されていて、安倍政権による秘密保護法や安保法制に関しては、ずっと反対していたけれど、僕の意向は反映されなかった。代わりにシールズが登場して、僕がメディア集ストでしていたことの代弁かのような状態にあった。一見すると妄想にみえるかもしれないが、僕にとっては事実であり、国際裏権力のゲームだったのかもしれないと今は感じている。

僕は以前から自由・公平・平等・平和・人権という価値観の中道左派であり、2012年までは遠隔操作で稀に乗っ取られたりもして、訂正などをしながらも、理念と現実の狭間で、政治が暴走しない抑止役をしていたつもりだった。

直接の政治利用が2012年前半までと書いているけれど、その理由は、それ以降の政治討論をみても、政治家が何らかの反応をしているものの、以前のように僕の思考や発言の文脈とはまるで異なるものであり、別の誰かの考えに操られてでもいるかのようだった。その間は平和主義の僕とは異なる右翼か何かの(メディア集ストで利用されているだろう)人の影響があったのだと思う。

最近になってログインできなくなった@akejy のツイログツイセーブで「平和」だとか「戦争法」という用語で検索をしてもらえば、僕が安保法制に強く反対をしていた記録が残っていることは、分かってもらえると思う。

そちらのツイッターは主に2014年からの記述だが、中道左派の僕を右派に見せる罠が作られていることには気付いていて、同時に2012年以降もメディア集ストで政治家以外には意思が通じていると思い込んでいたのが、どうもそうではないかもしれないと思って、政治的な記述を討論番組の際に残すようにしたからで、それ以前から僕は中道左派だ。前から繰返し書いているように、政治的価値観は辻元清美さんや筑紫哲也さんに近く、枝野幸男さんとも遠くはなかった。福島瑞穂など、社民党の人との意見の一致率は非常に高かった。

記録が残っている範囲で2014年の選挙のときの毎日新聞のえらぼーとという、自分がどの党に近いかのアンケートの結果と、2012年にも中道左派の僕が右派に見せられる罠に嵌まりかけたときがあったのだが、その頃読んでいた左派系の雑誌「世界」の写真がある。一冊は保守系雑誌だが、当時の橋下徹改革を左右から客観的に比較する目的で購入している。

2012年の選挙の際の政党との一致率

僕が旧民主党〜社民党〜共産党が72%の同率で旧生活の党が67%で続く。保守系で当時は右翼のようだった自民党や右翼政党の次世代の党との政策一致率は0%だ。間の維新や公明は4割程だ。僕が中道左派系の価値観であることは一目瞭然だと思う。

2012年の雑誌「世界」他。

こちらは2012年の雑誌「世界」。中道左派の論壇誌だ。9月に酷い電磁波による被害を受けて、読むこともネットで購入することもできなくなっている。しかし、その後も僕の考えは何も変わっていない。

被害の理由や状況が理解できなくて、政治から離れて、被害関係をネットで検索していたが、その間に政治は右傾化して酷いものになっていたが、あまりの被害で、当時の僕は政治の異変を一般レベルでしか知らない。

その後に政治に戻っても、僕の意見は以前のようには通らなくなっていた。以前と言っても、識者が討論で話したことが政治に必ずしも反映するとは限らないように、僕の意見も必ずしも通るわけではなかったけれど、話が通じていた感覚はあったし、一部は影響していたのではないかと感じる。僕に合わせる政府関係者もいたが、僕の主張が社会を確実に発展させるものだったからだ。

現在においては、先日ログインできなくなった@akejyのツイッターとは別の@furu_akihiroを使っているが、前のツイッターも昨年の冬からは政治のことがほとんど書けなくなっていて、被害ばかりの中に政治ツイートが混じる状態だった。

何故か米大統領選でトランプ候補の勝利のときに、ツイッターにログインできなくなっている。その前に変な遠隔操作をされて証拠として出した画像が上にある状態なので、明らかに罠に嵌っている。

そういう状態で、保守的な米新大統領が誕生しているにも関わらず、罠を回避するために、自分が左派的な人間だと書かざるを得ないようになっていて、これも罠かもしれないが、過去に味方の方の朝日の仕業に見せてきて、僕がやられかけたので、右派にみせられることは避けたい。僕の裏で右派の人の発言があったはずで、彼らの発言を僕のせいにされても困るし、明らかな誤解だ。

ちなみにその2012年の朝日の仕業に裏権力が見せてきた被害のときは、朝日新聞デジタルのメモ欄に延々と僕の意見を遠慮もなく書いているので、おそらく記録は残っているのではないか? (紙の朝日新聞購読の名義が母の名前なので、デジタルも母名義だが、デジタルを使っていたのは僕だけだし、メモ欄に書き込んでいたのも僕だ。やや左よりの富の再分配に偏った意見なので、裏には睨まれたかもしれない。)

そのときの経緯と、テクノロジー犯罪による脳操作やハッキングを含めた被害のデータは、僕のHPにそのまま残っている。僕に不利になる状態のままの情報も含まれるが、正直に出した方が真実を分かってもらえると考えている。もちろん、そこには誤解されないような説明を別につけている。妄想などではない事実です。


目次へ




 2016/11/18/ 161117木の被害

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 161117木の被害
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 11/18/2016 00:31:22
-----
BODY:
・読書が妨害された。

(内容)
本を読むときに早い音読程度の黙読で始めないと集中させてくれない。内容が陳腐なので途中で速読しようとすると、一緒に読んでいる相手が理解できないので、元の文に目が戻されて困る。僕が読んでいるのに、一緒に読んでいるかのような相手に合わせないといけないのはおかしいが、相手は僕の意見だと思っているっぽい。おそらく人工知能だと考えたが、もしかしたら下に書くような罠に利用されたのかもしれない。
妨害ばかりされるので、安倍政権下でも、ヘーゲルに関するものなら読めるかと思っていて、途中の非常に不愉快な思いを感じたヘーゲルの非常に保守的な家族観までは読めたものの、その先の市民社会に関する記述になった途端に、ビリビリと感電するようなテクノロジー犯罪の被害を受けた。ヘーゲルに関しては2種類の見方があり、ヘーゲル左派はマルクスやリベラル派に相当し、ヘーゲル保守は国家主義的であるとされる。僕は左派の視点でヘーゲルを理解しているが、国家主義や権威主義、古い家族観に関しては反対している。僕が嫌うところは読めるのに、まともだと評価するところでは妨害がある。僕の加害者の意図が何かを推測した方がいいのかもしれないが、憶測は逆効果になりかねない。ただ、誰かを誤解させるために、ヘーゲルの男だけに主権があるかのような大昔の家族観までを読ませたなら、罠なので不愉快極まりない。ヘーゲルは当時の権力に配慮していたから、理念が歪んだと読むべきで、そういった時代性を考慮すれば、決して権威主義の思想家ではないのかもしれない。


・朝日新聞を読むと、脳同期してきた相手の右翼のような者によって、自分のものとはまるで異なるアベコベな感情になる。

(その詳細)
今日の加害者は、いつもと異なり僕が朝日系をみると、僕を闘っていることに見せようとしてくるが、貧乏人が朝日をとっているのは、闘うためではなくて情報を得るため。確かに見出しレベルでは中日なんかよりも弱いかもしれないが情報は多い。僕も脳操作被害があるので、こう書くと、今日乗っ取ってきた相手がまるで右派ではなく左派みたいだが、新聞の内容を読んだときの印象が、明らかに右派よりのものであり、中道左派の僕には違和感があった。例えば今日の新聞だと、男女均等に自民内で異論がでていることや、配偶者控除や手当の見直しで女性を労働力として利用する動きがある。僕自身の価値観だと男女平等には賛成だけれど、財源が限られている状況では、優先順位としては豊かな男性の配偶者の税控除よりは、困っている人たちへの対策を重視して欲しいと思っているが、カットする優先順位の最上位がそこなのかは疑問があるかもしれない。高齢者の医療や介護に負担増となるのは、サービス維持のためなら仕方ない側面があったとしても、実際に財源として得ることができるような措置が他にないか、大企業の内部留保や富裕層の莫大な貯蓄や投資などへの課税が十分なされていない上に、彼らが脱税をしているという状況を放置して、一番困っている人たちに負担を求めるという行為は如何なものなのかという思いはある。こういう価値観を持つ者を中道左派というが、今日の僕への感情操作は、まるで逆であり、非常に不愉快な思いをした。過去にも、自分の平和・平等の価値観に対して逆の感情に困ったことがあったが、普通の状況なら感情が本当に思われるかもしれないが、超低周波の電磁波に人の感情を操作することが可能であるという事実があるので、そういうものを使われた可能性があり、もしかすると、161116のブログの上に掲載したリンクのような技術の応用があったのかもしれない。当時はそういった技術を知らなかったので、おかしいと感じていただけだったが、テクノロジー犯罪の被害の存在を知ってからは、外部からの人為的なものであると分かるので、非常に腹立たしい思いをしている。


・夜になるとどうでもいいことを理由にテクノロジー犯罪を使って嫌がらせをしてくる。

(内容)
僕の加害者が誰なのかは分からない。ただし、この犯罪を首謀している組織が、誰かのせいにして何かをしているのだと、過去の音声送信やメディア集ストの状況からの推測ではなんとなく理解はしているが、僕自身には何が起こっているのかは、全く知ることはできない状態にある。僕自身は遠隔操作の被害などを含めて、まともな人生が送れない状態にあるが、加害行為と考えられるようなことは一切していない。最低限の生活をなんとか送っているだけだ。


・テレビを見ようとしたのに、見れなくなる遠隔操作妨害。

(内容)
深夜過ぎの鶴瓶の家族に乾杯が佐野史郎だったが、それよりも三重県の松坂市なので、旧友が二人いる町ということもあって見たかったものの本放送が見れなかった。そのため再放送を見るつもりで、何度も時間をチェックしていたのに、脳操作の妨害で意識に上らなかったというか、始まった頃に気付いたのに、何故か(遠隔操作だろうが)すぐにテレビをつけなかったがために、終わるまで忘れさせられて、ブログのチェックなど、生産性のない無駄な時間を過ごしていた。誰かが乗っ取っているのか、脳の関心領域が操作されるのか、どうしてそうなるかは分からない。その前にも、夜中の23時台に家の猫がドアを開けて外に飛び出していて、探すのにひと苦労している。夜中に近所中に聞こえるような声で猫の名前を連呼せざるを得なくて、まるで変な人みたいだが、ド田舎で隣が離れていて、何百年来の近所づきあいの人たちなので、あまり心配はいらない。
 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、この人が生きとるからどころじゃなくてこの人の妨害をしとったせいや、と言っている。確かに、時間に合わせての妨害や、猫の遠隔操作などは、意識的にやらなければできないことだろう。人工知能がしているのか、何処かの誰かが意図的に、もしくは無自覚に何かを関連付けられてしているのかは不明。


目次へ




 2016/11/18 悪質な被害の仕組みは止めて欲しい。

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 悪質な被害の仕組みは止めて欲しい。
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 11/18/2016 10:35:00
-----
BODY:
僕にくるストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信は、とにかく僕のデマばかり流してくるが、そのデマは深く計算されたもののようで、僕が誰かを貶めているかのようになっている。

僕の発言ではないものを僕のせいにしないで欲しい。そういう卑怯な仕組みを裏がしていることを知って欲しい。だいたい貶められる方は罠に嵌っている善人の可能性があると思う。

しかし、僕には相手は見えず、誰かを貶める意図は全くないので、罠に嵌らないようにしているが、どうすることもできない。僕は何も悪いことはしていない。被害を止めて欲しい。

被害を訴えた結果、被害が悪化したので、被害を訴えることが難しくなっているが、被害が酷いということだ。今朝、2016年11月18日の朝は死を覚悟するほどの被害を長時間受けた。耐えられるレベルではない。

死ぬかと思うほどの被害を被害を受けていたのに、僕が加害者に見せられているような悪質な被害状態だ。いつまで持つか分からないが、死ぬつもりはありません。僕は加害行為はしていません。人生を潰され続けて、やりたいことも何もできない状態のままなので、このような状態では未練だらけだ。だから死ぬつもりはないし、死にません。

先日、2012年、2014年時点での、僕の政治的な立場を書いたけれど、あの時の政治は、一般市民からすると、安全保障の面で容認できない状況にあった。特に2014年の安保法制は違憲であったことは明確だ。それ故に、普段よりも反自民党になっているが、普通の感覚のひとが政治を知っていれば、そうなるのは当然のことだと思う。そうでなければ、憲法も法律も何もわからないひとか、空気だけを読むひとということになるだろう。

そのときの写真と図の掲載により、僕が自由・平等・平和の価値観の左派系であることが明確になって、それで悪質な被害状態にあるのなら、どうして僕がそういう状態なのか考えて欲しい。

食生活は野菜中心でバランスも考えているし、自家製のヨーグルトや発芽玄米食であり、オリーブオイルを使用したり、緑茶を多く飲んだり、とにかく健康には十分以上の配慮をしている。まだ若いので、暴飲暴食の人ですら元気な年齢でもあり、僕の食生活で健康上の問題が生じるとは思えない。

テクノロジー犯罪の被害があるだけだ。この権力の弾圧が実在することを知ってほしい。

今もテクノロジー犯罪の被害と妨害で苦しい中、書いている。

少なくとも加害者に見えるひとが被害者である可能性は考慮して欲しいと思う。僕は加害行為はしていないし、僕への加害者が存在しても、きっと被害者なので被害を受けないで欲しいし、加害をしないで欲しい、と考えているが、僕のように加害行為をしていない者でも加害者に見せられているなら、相手もどうしようもないのかもしれない。権力の弾圧のシステムなのかもしれないけれど、こんな仕組みはすべきではない。

自分に返ってはこない。と信じる。

僕も誰も被害を受けない。と信じる。


追記
2016年11月19日(土)の僕のツイート 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro からの抽出

本当はそうじゃなかったのに、最近になって、僕が邪魔をしているだけに見せられそうで怖い。裏の謀略というか、悪質な罠は、普通の社会の信頼関係なんか全く関係なくて、ただただ信じられないくらいに悪質だったりする。それを、何処かの別の被害者?を利用してやってくるので手に負えない状況がある。

以前に誤解を利用して罠を仕掛けられていたっぽいが、他の被害者のツイートやブログなどを読んで思うのは複数の声を認識しているけれど理由なく相手を特定していそうで、それが間違っていた場合に裏に悪用されていたようなので、理由なく特定するのは止めるべきだ。

非常に手の込んだ巧みな罠が仕掛けられていたらどうしようかと感じる。でも一般レベルでは何も通じず妄想にしか思われないだろうから、気にしなければいいだけかもしれない。それでも関係者には言いたいが、高度で悪質な罠があるだけなので、真に受けないで欲しい。

(例えば以下は同じ日のツイートからだけれど、これは罠というより対策されたということになると思う。)

テク犯のことを書くつもりはなかったけれど、僕のHPの「用語説明」に関連付けられてこんなニセページが作られていた。
ニセ: akejy.web.fc2.com.metacomment.io/term.html
本物: akejy.web.fc2.com/term.html
akejy.web.fc2.com の方は更新ができていなくて、akejy.html.xdomain.jp の方が実際は今のメインのHPになるが、結局、更新自体が滞っている。いまの状況では仕方ないが、実際は政治関連のまともな方を更新したい。

(リンクが別サイトにつながるようなことが、サイトかどこかのサーバーか端末によりなされていた可能性も否めない。)


(こちらも同日だけれど、僕にとってはある種の仄めかしというか、一部の考えの共有のようなもの。妄想ではないのだけれど…)

木曜の朝日のクルーグマンコラム。中道左派や民主主義にとって、トランプは懸念。市民として何をすべきか? 素直な対応は、沈黙することだ? 世界は地獄に向かっているが自分にできることは何一つない、ならば自分の庭の手入れだけしていればいい…? 自尊心のため立ち向かうべき。というのが要旨。

グローバル化の行き過ぎには見直しがなされるかもしれないけれど、日本はどんな要求をされるかわからないのでメリットは薄そう。
別に朝日を持ち上げるつもりはないけれど貧乏な上に制限もあり得られる情報が限定されるから仕方ない。ネットで他の情報も得ている。

僕自身は、グローバル化に伴う比較優位と、新興国や途上国の発展と、最貧困層の減少は否定しないが、格差の拡大は是正すべきだし、グローバル産業が市民国家を食っていくような仕組みには賛成できない。必要なのは全世代の機会均等と福祉。よって脱税防止策が必要。

比較優位は結局は世界を発展させるけれど、食の安全保障や内需経済に必要なものまでは、必ずしもその範疇にいれなくてもいいとは思う。そのための施策をどうするかは議論があって然るべきだろうと思う。

人とモノが国境をまたいで行き来することにより、多様な価値観や食などを享受できることまでを否定する必要はないし、日本は自動車産業や家電の輸出で比較優位の利益を得てきた国。問題はグローバル化の行き過ぎが市民社会の破壊や内需経済まで侵食することにある。


(こうやって追加でツイッターの内容を書いたのは、僕の前の@akejyがログインできなくなって、一見すると僕の方の問題に見せてあるけれど、相手がこちらの状況を分かっていて僕のミスにみせられているが、ログインできなくなったのが米大統領の日だったので、おそらく謀略がある。その後に、@furu_akihiro という新アカウントを作っているが、自撮りの顔写真が同一人物なのに違って見えるので、似た人物で入れ替えたかのように見せられた可能性もある。僕にはメディア集ストがあるが、ソフトバンクのCMのお兄ちゃんのそっくりさんがいるというニセの仄めかしがあるが、もしかしたら僕の知らない僕のそっくりさんがいるかもしれないけれど、僕は僕に似た人ではないので、そういう状況が利用されかねないのが怖いところ。ソフトバンクの方は、僕のことを知っているネット関係者が入れ替えなどを疑ったりする人たちなので、そういう人の声を聞いたエグザイル関係者が、メンバーのそっくりさんの話題をつくって、結果としてCMになった可能性がある。エグザイル系はHIROのグループだが、AKB系は秋元さんのグループ。あわせるとアキヒロになるのは興味深いと思う。)


目次へ




 2016/11/21/ 161121月での被害状況 重要

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 161121月での被害状況 重要
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 11/21/2016 19:15:59
-----
BODY:
裏が策略に使うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、僕のフリをして生きているひとがいる、と言っている。もしそれが事実であると仮定して、この被害がフラクタル(相似)な構造をしているという多くの仄めかし(HPの脅しについて1参照。要注意情報)の存在から、僕自身もそういったことがあるのか気になるところ。僕は誰かのフリをするようなことはないが、権力の方が、よくわからないような仄めかしをしてくる。

被害に関する技術的なことの一部は、201611.16のブログ 東ロボ合格断念、苦手克服できず、というニュースをみて…つい自分の人生を思い出した の最初のところに記載している。子どもの頃からの見える被害も書いている。

最初の音声送信で、僕のフリをして生きている被害者がいるのかと思ったけれど、それなら僕が強いので僕のフリをすれば安全だということなのか、僕が強いならその条件はHPの天の声について(要注意)で書いたような僕の状況があるのか、それとも、僕のせいにして難を逃れて生きている被害者がいるのか、そうではなくて、僕が誰かのフリをしているとでも思われているのか、僕自身は誰のフリもしていないし、するつもりもないので、一言何かを言われただけでは、それの意味するところは推測でしかなく、複数の推測が可能なことがほとんどのケースで存在するが、その推測が正しいかも、それを断定することも不可能ではある。

そういったことを、明確に言語化しないで考えていたのだけれど、文章にする場合は、前提条件のわからないものをざっくりとしたイメージの枝分かれで捉えるのではなく、明確に文章化しなければいけないので、上には文章にしているが、分からないことを断定することが不可能という内容しか書くことはできない。ある意味、不確定のものを捉える場合は、あらゆる可能性を並列で浮かべる能力があれば、イメージ思考の方が変な過ちに陥り難いと感じるが、能力が低い人が同じことをしたら、逆に固定的イメージに囚われる可能性もあるので、一概にはいえないものでもある。ちなみに、思考盗聴の技術で、そういった思考イメージまで正確に捉えることができるかは疑問で、過去に僕の頭を読もうとしたら音楽が流れていたり、何も考えていなかったと仄めかしされたことがあるが、おそらく当時の技術だと言語野しか読むことはできなかったのだろうと感じる。僕の場合、言語能力は上位2割レベルで、非言語が1〜2%の人間だったので、今は能力が劣化しているかもしれないが、当時は若かったので、言語以外の抽象概念と空間的な位置関係で物事を認識し記憶するということが可能だった。そういう特殊な脳は読めなかったと思われる。音楽というのは、仕事が退屈で、頭の中で音楽を奏でながら仕事をしていたという過去の日常があるので、そのときに思考盗聴されたのだろうと推測する。

それはさておき、上述の思索の過程で、米大統領選の日にログインできなくなったakejyの方のツイッターには多少は貼っている皇樹の杜への飛行機雲の写真を、僕のホームページの方にはあまり入れていなかったことに気付いた。akejyの方の #名前の一致は偶然か否か? と一緒に、別にページを作って掲載すべきだが、妨害されるだろう。そういうものが存在することを記述しておくことにも価値はあるだろう。

読んでもらえば分かるが、上の文脈からだと、僕が誰かのフリをしているかのように見せたい何者かがいるのかもしれないが、繰り返すけれど、僕は誰かのフリなどしないし、するわけがない。僕を貶めるために誰かがしている謀略にも思えるが、他の被害者による誤解が利用されて、テクノロジー犯罪(用語説明参照。要注意)における社会実験として、おかしな状況ができているのかもしれない。要するに、僕が裏で天皇家に関連付けられていても、僕は天皇家とは何も関係ないし、天皇になりたいと思ったこともないし、そもそも穏健な中道左派なので保守層のような価値観とは異なるし、中道左派というのも自由・平等・平和・人権・民主主義という主張を積極的に捉えているということであり、立憲君主制に対する異議は有していないが、同時に自分が天皇陛下のフリをするようなことも絶対にあり得ない。裏の謀略と陰謀論の罠があるので、どんなに圧力があっても、自分が保守系になることはあり得ない。自ら罠にかかることはない。被害の状況からは、一見すると左派系が危ないように感じるが、僕にとっては保守系ましてや右翼という立場は罠以外のものではあり得ない。同時に、穏健な中道左派であり、新自由主義(ネオリベ)には反対しても、社会的市場経済という先進各国の経済システムに異論はないし、民主主義はより発展させるべきと考えている。格差は是正すべきだし、それを強く主張するのが中道左派の立場でもあり、穏健な姿勢は維持したいが、それが間違っているなどということはあり得ない。この価値観の立場で迫害されるようなことがあったとしたら、大変な一大事だろう。だから、圧力をかけて、迫害されるような人に見せたいのかもしれないが、僕はそんな罠に嵌るつもりはありません。

上の記述の際に、お前にくっついている人間が見とるんやないんやぞ、という音声送信があった。これは何を意味しているのか?

僕にくっついている人間が見ているのではないなら、僕が見て考えたことを、遠隔からの思考盗聴装置で捉えて、それを翻訳しているのかもしれないが、まず、方言が酷いことが不自然だ。僕は長野から帰って地元の病院に3ヶ月弱勤めたが、あまり地元に馴染めず訛りも東日本のまま、元に戻るまえに潰されて、その後はテレビの声しか聞かない期間が長かったので、地元訛りが殆ど無い。

また、僕にくっついているかのように音声を送ってくる相手の性格傾向が僕のものとはまるで異なり、性格が悪く弱くて卑怯なキャラなので、僕を直接知らない何者かが見当違いな僕のフリをしているのでなければ、人工知能で僕を貶める手法をされている可能性があるが、あくまで可能性であり、そういうことがなされているということを断定する材料は乏しい。

権力による弾圧の撹乱でしかないかもしれないが、その可能性はいまは考えないで、僕に誰かがくっついていると仮定すると、僕には相手の状況が一切見えないし、僕に何かを書かせるためだけに、稀に音声送信があるだけ見たいなので、やはり撹乱されているだけの可能性が濃厚だが、それでも生身の僕以外の被害者が僕にくっつけられていることを想定した場合に、彼らから見た僕は、おそらく実際の僕とはまるで異なるのではないか? 間に権力による謀略が入っている可能性は濃厚だし、もしかしたら人工知能なども使われているかもしれないが、とにかく僕は何もしていないのに、電磁波被害を受けるし、相手も僕を貶めようとしたり、なぜか迎合してきたり、全く状況がわからない対応をしてくる。僕は苦しいんでいるが、相手の状況は分からない。

僕の考えが思考盗聴されてそれが加工されたものを聞かされていると仮定して、それがうっとおしいだけなのか、僕が何もしていないのに電磁波のセクハラ被害でもあるのか、僕の被害のように苦しいものなのか、それ以外かは想像する以外にないので、分からないとしか書けないが、その分からない状況の、存在するかも確認できない相手の対応となると、可能性の範囲だけでも選択の幅は広いので、ほとんど想定することは不可能だ。もちろん場合分けをしていって、様様な可能性を推定することはできるが、その推定外の行為をしていた場合には逆効果になるし、選択肢がたくさんあることを確認するだけで、相手を断定する材料もないし、その材料も権力が恣意的に送ってきている可能性もある電磁波にかんする音声送信を含んだ内容であれば、あてにはならない。よって、電磁波世界に対応することは無駄なので、スルーするしかないだろう。

問題は、電磁波の被害、テクノロジー犯罪の被害が自分には実在して、それにより生活が妨害されているという、他者には認識してもらえ難い状況があり、それにより他のことができないために、非常に苦しい状態であるという現実だが、対応は難しく、せめて被害記録を多少残しておいて、加害者に都合のいい状況にしないことくらいしかできないが、相手を認識できなくても相手が存在することであり、その相手が僕の状況に対応してくるので、より問題を解決したり克服することが困難ではある。

その相手が誰であれ、何であれ、僕に化けたり、闘ってきたりしているみたいだけれど、僕は一切闘ってはいません。負ける気もありませんが、基本的にはスルーしています。被害の訴えの過程で、参考に記載する程度です。よって、自分に攻撃が返るようなことはあり得ません。変な謀略をしないで頂きたい。




2016年11月21日(月) 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro のツイッターは、僕にとっては罠を回避するためには重要な内容なので転載する。(順番は編集します。)

トランプ氏の大統領当選によってこれから世界中で起こることを、差別と心理学から考える

(上のコラムを読んで、重要部分を引用して、自分の補足を付け足している。)

リンクから部分引用
「想像や空想で補われて形成されたイメージ(偏見)によって不快感情を感じるとき、排斥的な価値観を働かせること」が差別意識の正体で、「差別意識によって不快感情を感じさせる対象への、肉体的・精神的・経済的な排斥行為や暴力」が差別行動なのです。

差別によって行った行動は、必ず、行動した人自身も傷つけます。
差別と恐怖は、鶏と卵のような関係で、深いかかわりがあります。差別意識を自覚してしまうことも怖いですし、差別行動を受けることも、することも怖いことです。

差別においては、誰もが、恐怖心の奴隷になっています。
大切なのは「差別意識」と「差別行動」を分離して考えるということです。
攻撃を行動化しない人々は、逃避や防衛機制(の一部)によって、無関心でいることを無意識に選択します。

感情に対して、接近欲求(もっと知りたい、近づきたい)や回避欲求(遠ざけたい、距離を置きたい)が発生します…が満たせない時、人間は3つの反応を起こします。
1:攻撃、2:逃避、3:防衛(防衛機制)…人間の脳は反射的に1秒以下で行います。

恐怖は影響力の強い感情のひとつです。
しかし、自分自身の持ち物のひとつでもあります。
「他人が自分に恐怖を与えている」のではなくて「自分が恐怖を感じている」ということ、相手が何を恐れているかを理解し、自分のうちにある恐怖の源泉を理解する

ことで、自分自身をコントロールできるということを、心に留めて頂けたらと思います。
争い、戦うだけでなく、相互理解を。
私達は誰もが等しく人間といういきものであるからこそ、それができると信じています。
(ここまで部分引用。順番が前後してます。)

欲求が満たされないときに、1:攻撃、2:逃避、3:防衛(防衛機制)という反応があるとのこと。

問題が小さいのは、3の防衛ということになる。(その防衛に関してだけれど)手元の図解雑学「心の病と精神医学」の「防衛機制」に、抑圧、置き換え、反動形成、投影、否認、退行、その他とある。

抑圧…無意識の領域に押し込められ、意識化できない
置き換え…ある観念を受け入れやすいものに代える
反動形成…欲求とは正反対の行動をとる
投影…自分の受け入れがたい感情を他人のものとする
否認…現実を拒絶して認めない
退行…未熟な段階に逆戻り

差別とは違和感が偏見へと変わり、それが行動化されたものとのこと。同調圧力により根拠なく不満の解消などにも利用されるケースがあるので、社会的には非常に懸念すべきものであり、排他性は全体主義への変わり得るため、抑制的かつ知的、人道的な対応が必須だ。

差別の問題を大きくしないためには、自分の差別感情が何処から発生しているかを理性的に理解して知的な対応をすることを多くが実践することだし、通常の社会ではそういったことが普通になされているため、差別は社会問題として表面化し難い。(今は異常ということ)

知的な対応というのは、まず理解した偏見を一旦は潜在意識に抑圧し、それを昇華させることということになる。昇華の過程で置き換えや場合によっては反動形成でも可能だろうけれど、葛藤を別の克服すべき自らの課題の解決の情熱に変えることで解決するのが望ましい。

情報化社会において差別は個人的体験よりもネットなどの過激な言論に接することで生じるケースが増えていると推測できるけれど、ネットには真実もあると同時に政治的意図が隠れたデマや撹乱、陰謀論などが多いので注意する必要がある。

僕の被害は事実だがタブー?
 (文字数制限があって一言書いたのは、陰謀論は事実をデマで歪めて、アベコベにすることで、正義を悪に見せたり、公的な情報としては書けないものを仄めかしたりしているが、撹乱が多くて、何が事実かわからないために、悪利用されたり、テクノロジー犯罪の被害に遭遇したりしかねないものであり、僕は陰謀論者ではなかったのに、陰謀論のような裏の利用に巻き込まれていて、しかもその中心に近いところにいるらしく、同時にここ南飛騨が辺境でありながら日本のヘソ(人口重心)のすぐそこであるというフラクタルな関係がある。文の構成が分かり難くなるのは、簡潔な書き方を妨害する脳操作によるのではないかと感じる。要するに、僕のHPは陰謀論のように見えて事実であり、よく読めばその事実に気づくのでタブーに属するのではないかということを一言にしている。)




この日の、古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS ‏@furu_akihiro のツイッターにも書いていることを補足説明したい。
上述の連投に関しては、ログインできなくなった 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy という前のツイッター では、あまり書いていなかった分野だけれど、元々僕の関心範囲が広くて、図解雑学を引用したように、わかりやすい入門書を色々読んだりしているので、ツイッターのアカウントを変えなければいけなくなったのはログインできなくなっただけであり、僕は同一人物であることを強調したい。というのは、(音声ではなく)ネットの方で他の被害者が、ツイッターが匿名であるために人が入れ替わっただとかの推測をしている会話を読むことがあるから。僕の場合は実名で住所や顔写真も掲載しているので、入れ替わりは不可能です。

それから、前日のツイッターに書いているけれど、「ワイドショー・情報番組を見なくなって久しい。この記事によると、既に過去の番組とはまるで違うものになっているらしきことが分かる。」という記述は、僕が見ていた間は、わりと自由報道に近くて、歪みが今よりも小さい報道姿勢だったということを言っている。今はそうではないことが、ネットの記述などから推測できるということだ。もちろん、当時であっても、本来説明すべきことを十分しないことなどもあったけれど、説明するアナウンサーが、何故か僕に配慮して、可能な限り正確な情報提供をしようと努力されていたのは、僕が言うのも変だが一視聴者として評価できた。
(妄想ではないのだけれど、妄想にしかみえないかもしれない。少なくとも、メディアの人には予算削減と福祉カットがどれほど問題かは理解してもらえたケースがあった。妄想にみえるのは仕方ないこと。)




相変わらずメモのつもりが長文と化しているが、もともと書こうとしたことを、テクノロジー犯罪の被害によりピンポイントで記憶抑制されて思い出そうとした結果が、上の文になる。さっきも思い出し書けたが、すぐに抑制されてしまった。



同じ日のツイートに重要な記述があるので、それも転載しておく。

政治の価値観が左方向の人や同位置の方の人には、現実世界で接触させてもらえない。
過去に接触した他の被害者は右の方の人たちばかり。最近は接触もしていないが、基本的には同じだろう。
要するに一人ぼっちにされている。でも僕はモンスターではない…というのはそういうタイトルの歌が多いから。

被害はあるし、罠もあるけれど、僕は負けません。
罠と撹乱が多くて、加害側の屁理屈によって逆効果にされたら困るので、余計なことは書けなくなってきているという状況。
闘わないけれど負けない。こういうスタンスを維持し続けるので、罠には引っかかるつもりはありません。#重要

以上です。(抑制された内容は、思い出したら追記します。)


追記:
一つ思い出した。僕は自分のことを僕としか言わない。ごく稀に冗談でワタクシを言うことはある。音声送信の相手が「オレ」という第一人称を使って僕のフリをしたりするけれど、僕とはキャラがまるで違い、同じ言葉から出てくる考えなどもも別物。
この第一人称の違いを、状況の説明を混じえて書きたかったが、そこがピンポイントで抑制されていた。理由はわからない。


この追記をアップしたら、音声送信が何かの文句を言っていた。だから嫌われるんや〜、みたいな言葉の断片だけしか聞こえないので、僕を一方的に悪者にしているように聞こえたが、実際は逆かもしれず、何を言っているかはわからない。

誰しも経験したことがあると思うけれど、重要なことと思わしき記憶が思い出せなくて、何とか思い出そうとすると、関連した記憶が出てくるけれど何かがズレていて異なるので気持ち悪くて、その状況を何とかしようとする程に混乱するということが、前述の経緯だと思う。どうでもいい事ならスルーしておけばいいが、僕への罠と感じていたので無視もできなくて、何とか罠を回避しようとしての結果。読む人には、こちらの実情が分からないと思うので、無視しておけばいいのに、と思われるかもしれないけれど、僕は罠を回避する情報を残しておかなければトンデモないことに電磁波世界でされかねないため、仕方なくこちらの事実を記述している。
理解下さい。


再追記:
脳抑制もあって困るのだけれど、僕の考えを時間をおいて、全く別の表現と言葉で返されても、状況によって言葉の解釈はことなるので、別の文脈や状況で僕が同じ言葉を使うとも思えず、別の誰かの言い方に変わっている場合は、その時点で僕の言葉ではないし、その逆のケースもあるだろうし、何にしてもこんな撹乱絡みの罠を仕掛けてくるのは権力の方だろうから、複数の人や人工知能を使って、自業自得に見える戦略は卑怯な戦略であって、僕も他の被害者も、おそらく特に悪いことはしていないのだろう。(自業自得に見えるというのは、あくまで見えるように仕掛けてこられるだけで、自業自得になるような言動を僕はしていない。)

フラクタル被害があるので、僕は誰かに罠を仕掛けるようなことは一切しておらず、僕に誤解から対抗するかのような相手がもしいるなら、フラクタル=相似被害で、一時的に連動するかのような状況を過去に経験している。僕は対抗するようなことはしていないので、相手の人も対抗的な発言があるなら止めて欲しい。同時に、誰もそんな対抗的に闘うようなことをしていない状況で、何者かが罠を仕掛けるかのような手法はすべきではないと考える。きっと、相手を疑って対抗する行為がマズイのだと思うので、僕自身も気を付けて生活しようと考えている。


目次へ




 2016/12/05/ 161205(月)の被害

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 161205(月)の被害
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 12/05/2016 11:38:17
-----
BODY:
追記4:(あえて、いちばん上に書きます)

今の僕の加害者は、僕自身を、僕の加害者だと誤解している人のようです。

僕の主張を聞いている(盗聴している)僕の監視役をしているつもりの人が、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信で、僕を僕の加害者だと誤解して怒ることで、僕に電磁波の被害が発生するという状況のようです。

ブログをアップするのを待って、即座に怒ったり攻撃したりという行為が発生しています。同時に、僕がブログを記述している間も、電磁波のかなり苦しい被害状態になっていて、僕が被害を受けている状況を認識する相手が、僕が僕の加害者だと思っているようです。

要するに、僕の加害者に怒っているつもりの人が僕の加害者になっている。

今現在で起きているのはそういう被害状況ですが、相手が誤解しているのか、汚い手法をしているかの判別は僕にはできません。権力の弾圧手法が巧みになっているのかもしれないと感じます。僕はひどい被害者なのに、音声送信の相手が僕を加害者扱いしているのは、かなりツライ状況ですが、何らかの達観みたいな姿勢で気にしないようにはしています。

相手が理解したのか、その手法が効果を持たなくなることが分かったのか、はっきり聞き取れないけれど理解したような音声があったので、相手の対応が変わるのか、僕の監視役が替わるのか、僕の被害状況はが変わるのではないかと期待します。被害が軽減することを願ってやみません。誰も被害を受けない状況を希望します。


以下、本文。 相変わらずの被害状況。以下の事情でツイッターの方を一時的に止めたので、今後こちらの更新頻度は上がるかもしれません。 ツイッターの@furu_akihiroで格差是正と最低賃金の引き上げ要求のリツイートをしたら、深夜に祖母が部屋で声をあげるので、ツイッターをやめて祖母の様子を見に行くことになった。僕がネットをすることを妨害する手法に、テクノロジー犯罪の技術(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html 別サイトに飛ばされないようにアドレスを直接記述)を用いて祖母を利用してきたということになる。 前述のとおり権力が僕と家族に嫌がらせする仕組みはテクノロジー犯罪の技術だろう。祖母の様子を見に行った際に、脳操作技術(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)で猫が戸を開けて雨の中、外に出て行った。そういう状況において、今日が誕生日で百歳になる祖母が声を出して布団をはぐってしまうので布団を掛けてあげなくてはいけなくなる。それすらテクノロジー犯罪の脳操作技術を用いてのものであることは、状況文脈において確実だと考えている。 他にも過去には、僕をトイレにいかせたり、猫を使って作業を妨害してきたり、電磁波兵器の弾圧をしてきたり、三大欲求を利用してきたり、あらゆる手法を用いて僕に妨害をしてきたが、言論の自由が保障された社会で、誰でもが自分の考えを述べたり、誰かの価値観に賛同する権利はあるので、弾圧がリベラルな主張や市民の価値観を抑制する目的なら、そんなことは許されないので抵抗したいとは思う。 最低賃金1500円って高いどころか実は安いことを知ってほしい。時給1500円で一年働いた場合の年収は283万円とのことで、一般の平均が年4百万円前後、正社員の平均が年5百万円前後、大企業だと6百万、公務員だともう少し上なので、同一労働同一賃金を考えた場合、最低賃金は2千円近くが適正値なのかもしれない。 (追記1:実際に大都市圏を除けば現在の最低賃金は700円程度なので、時給1500円というのは最低賃金の2倍以上ということになるが、それでも年283万円にしかならず、実際はもっと少ない可能性が高いので、家計を支える側がその収入であれば当然生活に困るわけで、今のように非正規社員が4割も存在する時代では、最低賃金を上げることは必須のことである。正社員の側の人たちは、その辺りの不条理をどのように感じているのだろう? 差別的に捉えるのだろうか? それとも自分が落ちた場合を考えて恐れるのだろうか? 差別は社会問題をさらに深刻にする。恐れは労働条件が悪くても我慢してしまうような社会的慣習につながりかねない。最低賃金を引き上げることで、苦しい生活をしていた人たちが、消費社会で一定の役割を果たせるようになれば、経済は活性化するので、経済循環という意味でも、最低賃金の引き上げと同一労働同一賃金は、社会問題を解決するためには必須の条件になる。できない場合は、大増税による富の再分配ということになるだろう。それができればそれでも構わないが、より難しい条件になるかもしれない。) こういうことを書くと、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、この人そういうひとだからやられとったんや〜、と言ってきて、何故か僕が電磁波の被害を受ける。相手もそうなのかもしれないが、こちらからは、僕を弾圧する卑怯な手法か、相互被害かはわからない。 リベラルな主張を批判するのが、もし何もしらない保守的な人たちだったら、それはそういう人たちの無知を利用している権力の裏の誘導なのだと感じる。テクノロジー犯罪の被害が事実を物語っているし、一部の人たちが主張している集団ストーカーという現象も、その文脈で読むことが可能だ。 僕は穏健なリベラル派だ。元々が穏健で、過度に闘わないで格差を是正したり世の中を正常化することが望ましいとは考えるが、それはここがド田舎であるからでもあり、僕が弾圧被害を受けているため何もできなくなっているからでもある。だから社会を良くするためにデモなどで仲間と闘うひとを尊重するし羨ましいと感じる。 テクノロジー犯罪の犯罪主体というか、このシステムを使って裏で弾圧などをしていると考えられる、おそらく保守系の権力が裏で関与しているだろう組織に言いたいのは、僕の主張をして何が悪いということだ。 問題は相手が誰かが分からないし、相手がいるかもわからないが、そういう状況で被害があることは、何かを隠しての弾圧であろうから、こちら側に都合が悪いことも含まれている可能性があり、同時に現在の世界情勢が右傾化しており、それが戦略的に利用されている可能性があるので、その文脈でリベラルな市民価値観が弱体化していることも同様の文脈で読める事実を考慮すると、加害権力が(リベラルな中道左派の立場から見たら)保守系の組織であるだろうことは、おそらく大きくは外れていないだろうし、そのシステムの中で、誰かと相互に干渉している場合、相手が必ずしも敵とは限らないので、内ゲバのような謀略の可能性も頭に入れながら、電磁波の相手と闘うことは回避したい。 ただし、苦しい電磁波が多いしセクハラもある。相手が分からないので気持ち悪い。反応しないように極力気をつけている…と書いたら、亀頭への刺激が強まって困った。でも、普段は苦しい被害ばかりなので、ここに記録を書いていることを利用して、僕を貶めようとしてくる可能性だって否定できない。直接の相手は利用されているだけなのではないだろうか? 故に、前述のとおり闘うことはしない。 上の内容を記述した翌朝、起床しても電磁波の被害はあったのだけれど、ここまで執拗で悪質であるなら、実際の加害組織の目的は何だろうか? そのときを含めて、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がときどきあるけれど、僕個人へのデマ謀略でしかない可能性が高いことは、以前から何度も確認はしている。 要するに、例えばある人がやられているような音声送信があって、一見すると事実に感じるのに、そのひとがどうなっているかをチェックすると非常に元気だったりする。これはネットにおいての話だが、身近なところでも同様のデマが送られた経験が過去に何度もあって、それが意味するところが理解しがたいし、意味があるのかもわからないので、情報不足であることも考えると、それに関しては何も考えずスルーしておくしか、僕ができる対応はないことになる。 目的があるなら、僕を弾圧するのが一般の誰かにみせる撹乱だったり、前述の通り内ゲバかもしれないし、たとえ僕の敵だったとしても闘うことは無駄だし、そうでなければ裏が身近な人を謀略の主体と思わせる手法で、何処かの事件のような暴走へ誘導したい思惑もあり得るということになるが、そんな罠に僕が引っかかるわけがない。 日々の被害に関しては、ツイッターに簡潔に起こったことだけを記述していたが、冒頭に書いた昨夜の出来事があってからツイッターの使用を停止したので、この被害の背景に関しては、ブログを使うことになるが、被害がある度に記述することはし難いものの、被害を訴える際に丁寧に記述できるメリットがあるので、その方が望ましいのかもしれない。 この記述をブログにアップしようとしたら、ただ相手を苦しませているだけやった〜、みたいなとぼけたことを言ってきて、悪くないかのような言葉に乗せて、電磁波の苦しい被害がきた。アップを妨害するために、撹乱しながら迫害してくる手法は、直接の相手が悪気はなくとも、その相手を利用して迫害する者が背後にいることは確かだろうから困るし、人工知能がそういう手法をしているかもしれないが、とにかく、加害機関の手法が卑怯であることは確かな事実だ。
追記2: 僕にはメディア集ストがあるのだが、最近はテレビを見る時間が減っている。全く見ないわけではないけれど、嫌がらせがひどいので、昔からのメディア集ストの関係で自分の縁がある番組を選んでみているだけの状態。ただし、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、こいつが来るから、だとか、向こうから来るから仕方ない、だとか、ときには僕の名前を出して批判してくるが、テレビをつけても、ネットしてもいないので、どういうことなのか訝しっている。 僕を貶めるような明らかな罠のような発言も音声送信にはあるし、誰かの問題を僕のせいにすることもしてくるので、その関連も疑わしい。 僕を加害者に見せようとするところがあるのは事実だけれど、僕自身は何もしていないし、最低限の日常生活をなんとかギリギリでしているだけ。いまも、テクノロジー犯罪のビリビリとした苦しいタイプの電磁波の被害を受けている。 ツイッターを止めたので、僕を罠に嵌めようとする者の露骨な発言などがあるようにも感じるが、実際のところはわからない。 罠を仕掛けてくる相手の問題は、無知故に、例えば朝日系列を保守局と捉えているところにあって、結果としてテレ朝が保守化していたりするみたいだけれど、それは世界的な傾向であっても、本来的に保守系は日テレ、読売、フジ、産経なので、見当違いであり、その見当違いから、何らかの発言をしていたらしい感じは、僕自身に直接的に声などがあったわけではないけれど、過去の経緯から、誤解に基づく何かがありそうで、その誰かの発言などまでも、僕のせいにされては困ります。 僕自身はリベラル〜中道左派なので、保守穏健派を批判はしないけれど、発言が自分の意思でズレるとしたら、より左になるわけで、もちろん左寄りの発言だと権力は保守的なので被害は増すのだけれど、被害が悪化して思考が滞ったり、弾圧による情報を得ることの不足が、結果として現実的な対応を不可能にして、LIDA(自白電磁波)などを仕掛けられた場合に、理念的なことしか言えなくて、結果としてより左傾化しているということがある。 脳同期の仕組みなどもあるので、左傾化したケースが僕自身の影響かは不明だが、権力に迎合して過去に世の中を滅茶苦茶にした右翼系の人間の発言の責任が僕にはないように、左翼系の発言の幾らかは僕にも関係があるかもしれないけれど、僕の左傾化の原因までは僕にはないと思う。そもそもが穏健派なので、過激なことを言うようなことはあまりない。 あったとすれば、それは情緒的な過激性ではなく、理念に基づいて論理的な結論を出した場合に、現実に配慮しなければ、政策という観点からは左派色は強まるので、前述の最低賃金などを含めてそういうケースだが、あくまで政策に関することであり、不条理に対する理念的な結論であるため、それ自体が直接的に問題だとは思えない。理念に対して、現実の政治がどのようなアプローチで不条理を克服する道を選ぶのか、既得権の影響がどこにあるのか、そういうことを十分に捉えつつ、理念的な視点と現実の相克のなかで、解決を図ることは、民主的な議論を重ねる過程でできていくものだと思う。
追記3: 部屋を片付けたいのに、脳抑制がかかって、簡単な作業ができない。テクノロジー犯罪の思考盗聴のシステムは、常時監視してくるように感じるが、意外と文脈理解をして妨害してくるようにも見える。人工知能がそこまで進歩しているかは疑問だが、掃除をしたいのにできないという状況は、たとえ誰かとのフラクタルな被害であっても、それぞれの文脈での理解がなければ妨害もできないと思う。もしかしたら、文脈ではなく、個別の事態への対処の仕方は、脳の監視ポイントと一緒に関連付けられたデータベースによって、対応がなされているのかもしれない。 人工知能と思考盗聴の関連は、たとえば前述の文を書いた場合でも、文章の流れを追う過程で、重要なポイントを脳抑制してくる被害状態があり、それが自然の現象ではあり得ない不自然なものであったため、人為的な何かを感じると同時に、同じ手法が多用されているので、人工的で単純なシステムの利用も含まれていると読んでいる。 ツイッターの記述の際は、単純な同じ表現の繰返しを、脳抑制と脳操作を組み合わせて何度もやられている。僕のツイログ(@akejy @furu_akihiro)で「訂正」を検索すれば、芋づる式にそういう被害状態は確認できる。
追記5: 本文の内容に関してですが、今日、誕生日で百歳になった祖母が褥瘡(床ずれ)が悪化していたために、入院することになりました。役所のひとなどが百歳ということで訪れて、そういうことになったということです。 懸念するのは、祖母が声をあげていたのがテクノロジー犯罪の被害というか妨害手法だったので、過去の経験からは、それ自体に実害はほとんどないのですが、もし権力犯罪であるか、もしくは権力が人を操っての被害である場合は、その経緯自体を誤魔化すために、祖母が床ずれを痛がって声を出したかのように装うということにした可能性があると感じました。 僕の声などが聞こえる人がいるかは確認できていませんが、監視者は存在するので、その人に僕を悪く見せる手法だった可能性もあります。しかし、実態は深夜に祖母が声をあげるので、横に行って布団を掛けたり、なだめたりしていたというもので、結果として僕がツイートをすることを、祖母をテクノロジー犯罪の脳操作技術(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)を用いて何者かが妨害してきていたということです。 決して妄想ではありません。
目次へ




 2016/12/06 僕は被害を受けている 加害行為は一切していない

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 僕は被害を受けている 加害行為は一切していない
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 12/06/2016 10:26:06
-----
BODY:
テク犯被害と誤解

今朝の電磁波のビリビリとした被害は結構ひどい。苦しいものだが、ストレスにならないような心理的対策と、健康上の対策はしている。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、お前が不細工にするやつだ、とか、統合失調症にするやつだ、とか言ってくるが、おそらく誤解。

それにより電磁波の迫害があるように僕には見える。加害者の謀略であるかもしれない

僕の前のツイッター@akejyのフォロワーが被害者が多いのは、僕が電磁波被害者だから。

前のツイッターのフォロワーに集団ストーカーやテクノロジー犯罪・電磁波犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)
の被害者が多いから、そういうことを言ってくるのではないかと思う。

今の僕の加害者は国か何かかもしれないし、監視役をさせられている集スト被害者が、自分たちはまともでテク犯・電磁波被害者は病気と思っているからかもしれない。権力がそういう人たちの価値観を利用して、僕を迫害する理由にして使っているだけかもしれない。

僕がビリビリとした電磁波被害を受けたのは、2012年春に自民党改憲草案が発表されたのを読んで、あまりのひどさからそれを否定した後。その後に、電磁波犯罪・テクノロジー犯罪の存在を知った。

当時は集団ストーカーの被害との違いも認識しておらず、そちらの被害を訴える人たちも僕と同じようなものだと誤解していて、ネットで被害を訴える人たちを探しては接触した。彼らは僕が被害のことを知るよりも前から、集団ストーカーというものの存在を認識していて、僕よりも遥かに知識を有していた。

僕が被害を訴えてツイートをしていた結果、他の被害者にフォローされたりしたわけで、今日の僕の加害者が僕が相手を統合失調症(集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者)にするという主張は見当違いであり、彼らは僕が接触する前から被害を受けていた人たちだったことは確かな事実だ。

ただ、2016年になって、被害者の状況が激変していて、新しい層に入れ替わっているかのような動きがでているようだったが、いまの深追いしていない僕には確たることまでは情報不足で言えない状況だ。




自民改憲案の問題

自民改憲案は、公共の福祉の概念を公の秩序という権力が国民を枠に当てはめるようなもので代替したり、独裁につながりかねなくてナチスの授権法(全権委任法)よりひどいと言われた緊急事態条項があったり、戦後の平和主義を否定する国防軍の創設があったりと、現行憲法から見た場合に、あまりの内容の後退から否定せざるを得ないものだった。右翼の自民党の支持者にあわせて作られたものだからと言われている。

詳しくはHPの方の「自民党改憲草案の危険性」 ( akejy.html.xdomain.jp/actualite2.html#自民党改憲草案の危険性 ) を参照下さい。




電磁波犯罪・テクノロジー犯罪および集団ストーカーの用語の違いについて

ツイッターでは当初は電磁波犯罪の方の用語を用いたが、文字数制限のあるメディアで文字数の少ない方がいいと考えたから。後に基本的には同じ用語だが、どうも僕の被害はテクノロジー犯罪の被害者の方に近いのではないかと感じたが、両者の違いは明確ではなく、用語の違いから被害者を分断させる加害者の意図を感じただけかもしれない。

集団ストーカーという被害と電磁波系の被害の違いも認識していなかったが、集スト被害を訴える人たちの中には、電磁波の被害を知らない人も少なくなかったし、電磁波=テクノロジー犯罪被害の方を精神疾患だと決めつける者もいた。テクノロジー犯罪の被害は、電磁波兵器による弾圧という技術的な観点で説明できるが、集団ストーカーの被害は技術的な説明は難しく実証性も低いので、そちらの方が精神疾患に近いようにも思うが、被害を受けていない人たちからすれば同じようなものだろう。

正確に書けば、集団ストーカーの被害者は、テクノロジー犯罪の被害に気付かないまま、脳操作されて一般市民をストーカー加害者と思い込んでいる人たちではある。彼らは加害者の陰口は言っているが、直接相手と大人の立場で話し合うという行為をすることがないのも、被害者に共通する傾向だ。

僕にも類似の被害というか、ある被害者と類似の謀略をされたことがある。入浴時に必ず隣が脱衣所に向けて、車のヘッドライトを照らしてくるものだった。服を脱いでからの被害のため確認しに行けなかったが、あるとき裸になる前にヘッドライトがあったので、隣までどういうことなのか確認しに行ってきたが、隣のお姉ちゃんが何故か車のなかでじっとライトを点灯させていた。一応、どういうことか尋ねようとしたが、どうい説明すればわからない状況で脳操作されて、何か問題でもありますかくらいのことしか聞けなくて、相手はダンマリを決め込んだのか何も言わなくて、齟齬が生じたが、その後にそういう状況は激減した。

相手が脳操作されて偶然のような状況で、僕の入浴時に帰宅してたまたま車庫での駐め方でフロにライトが向かっていただけの可能性も排除できないことは、当時も認識していたので、実際のことは分からない。当時もリアルタイムで脳操作されても、被操作感がないので、うまくコミュニケーションがとれないので困ったが、こればかりは加害組織が存在してやっていることなので、僕にはどうしようもないものだ。

僕の場合は集団ストーカーの被害は極めて限られていて、メディアによるストーカー被害があるが、これだって一般の人には理解してもらえないものだろう。一般人からの被害が少ないのは、他の被害者が愛国や右翼系なので、左派を敵視する立場になっていて、左派は平等を標榜する立場だが、そのなかには市民派が含まれているので、市民を敵視することに繋がっていることが関係あるかもしれない。

逆に僕は市民派のリベラルな立場を変えないので、逆に権力がメディアを利用して嫌がらせをしてきたし、それ以外だと自衛隊機や民間のヘリ、JR東海などによるストーカーまがいの行為があった。これも丁寧に説明して証拠を出さなければ信じてもらえないかもしれないが、実際はテクノロジー犯罪の脳操作が加害者側にもあった可能性が高い。

ヘリの飛来写真は多いが、ここに40年暮らしても、ここがヘリコプターや自衛隊機が飛来するような場所ではなく、飛騨の山奥であることも考えると不自然な状況だった。




僕の過去の被害状況と現在

僕は長期のテクノロジー犯罪の被害者だが、前述の通り被害を知ったのは2012年。それ以前は精神科領域の範囲で、自分の状況を認識していたが、他の精神疾患と異なり、被害が安定しておらず、自律神経失調症か、慢性疲労か、新型うつか、統合失調症か、双極性障害か、高次脳機能障害か、発達障害か、アダルトチルドレンか、その他か、判別することさえ不可能だった。単純に精神疾患とすることも無理があるのに、原因不明の症状があるという状況であり、それ故にテクノロジー犯罪というものを知ったときに、被害期間が長いことがはっきりしていることが認識できた。

それ以外にも、普通ではあり得ない被害が長期にわたって存在することは、「東ロボ…」を参照下さい。

とにかく、いろいろな理由を付けては、僕を電磁波兵器で弾圧している権力が存在する。理由は他の被害者を使って、僕を誤解させてやってきているように見えるが、相手は僕の状況をそれなりに認識しているようなので、僕が被害者と知った上で、権力に迎合して僕を攻撃する方便を考えるような奴かもしれない。

誤解しているだけなら単純に誤解を解けばいいだけということになるが、それだけで解決できないし、同じ人でないなら次々と僕の加害者というか監視役が到来することになるが、どうも不自然であり、直接的な相手は人工知能であるかもしれない。ただし、その人工知能が、他の人の脳をチェックしている可能性はあるし、同様に僕の脳を読んでいる可能性もある。

見えないことばかりなので、自分の被害状態と、僕から分かる加害側の状態…といっても、一日に数えるられるほどのストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるだけで、それ以外はビリビリとした被害なので、情報が不足しており、情報不足のなか、こちらの状況文脈で理解せざるを得ない。

被害が実際に存在する、権力による迫害であることは確かな事実ではある。技術背景や過去の政治背景も存在し、今の被害状況からそこへ帰納して推測することも可能かもしれません。

用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html を参照あれ。




追記:

僕で被害が軽減するというか、僕が見ることで陰謀論を前提に被害を訴えていた人たちが、まともに(社会的にある程度通用する言論で)被害の状況を説明するようになるケースが多い。

陰謀論は不要だが、陰謀は存在する。陰謀論は陰謀を隠蔽するために流されている撹乱のための装置であり、僕のHPの記述にあるような手法が用いられている可能性が高い。

要するに、陰謀論自体は裏が意図して流しているが、例えば数秘術を用いてそれに該当する者に一定の役割を与えたりすることにより、人体実験・社会実験をしている可能性があるが、それを訴えても怪しい陰謀論に見せることで撹乱が可能になる手法がされていると考えていいと思う。

僕の場合は、HPにあるように大規模な装置が施されているものの、そこに直接的に説明を入れようとしても、脳抑制の被害が強くなり、社会的に信頼される記述ができなくなる状態により説明不足になっていた。

長期に渡って読書制限などがあったために、自由に読書ができなくて、それをネット検索などで補っていたが、ネットの方がかつての自由さを失い、アカデミックな情報も得にくくなっているので、改めて基本情報の大切さを痛感している。もし、過去30年の間に自由に読書ができたなら、自分の知識はどうなっていたのかは分からないけれど、失ったものの大きさを考えると非常につらい。

本当に知りたい情報に自由にアクセスできる権利は誰にでも保障されるべきだと思う。わかりやすく信頼できる情報を得ることが、マ情報が飛び交って困難になりつつある現代において、基本情報を得ることがどれほど重要かは、いくら強調してもしすぎることはないと感じる。

それにしても読書妨害に抵抗して、何とか読書をしようと試みて、改めて自分の凡人度合いを再認識させられるのは、僕の被害状況なら仕方ないので、それに関してはどうしようもないのだが、失ったものの大きさもさることながら、長期被害の悪質さと社会の不条理の大きさは、改めて何とかしなければいけないことなのに、解決する見込みに関しては無力感ばかりで見通しもなく、でも、長期的にはどこかで何かの光明があることを望んで、その時その時を生きていくしかない日々が続いている。


目次へ




 2016/12/07 ●脳同期する相手の存在?

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: ●脳同期する相手の存在?
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 12/07/2016 04:14:00
-----
BODY:
まずは脳の基本構造と被害の関係を知ってほしい

脳は一番奥の爬虫類の脳といわれる脳幹が生命の維持をしていて、その上にある哺乳類の脳といわれる辺縁系が情動に関係している。高度な生物が景色や位置関係を認識するのは脳の表面にある大脳皮質であり、人の場合はそこの発達が著しい。

要するに、物事を認識したり、判断したり、行動をしたりするのは、脳の表面の神経群によるものなので、電磁波を用いてそこを操ることは、かなり高度なレベルの技術ではあるが、可能なのだと思う。

少なくとも、神経はイオンの電荷を用いて情報をやりとりする生体における電気回路なので、電磁波や磁気の影響を受けやすい。

ネズミの頭に電極を乗せて、ラジコンのようにリモコンでコントロールする実験をテレビで見たことがある人もいるかもしれない。

頭蓋骨を開いて、レーザーという光を収束させたもので脳表面の大脳皮質の神経を新たに繋ぎあわせて、存在しない記憶をつくることが可能であるという実験も日本でなされている。電磁波であれば、光よりも神経は影響されるし、人の体を透過するものもあるので、頭蓋骨を開ける必要もない。

テクノロジー犯罪の被害に思考盗聴と音声送信があると言われているが、脳操作という被害及び人工知能の利用を含めて、その技術の組み合わせにより、脳同期していると錯覚するような状況が作られることがある。その状況を実現するのに電磁波が用いられているはずで、軍事レーダーの技術が応用されているだろうことは容易に想像できる。

(用語説明参照。 akejy.html.xdomain.jp/term.html リンクが正確に繋がらない可能性があるのでURLを併記します。)

そういう事実を前提に、次からの内容を読んで欲しい。


僕以外の相手が僕にくっついているかもしれない

以下は被害経験から。

僕に誰かがくっついている感じがある。僕の意識の偽者を担当しているかのようだが、人工知能がそう見せているのかもしれない。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるからそう見えるというのもある。

それ以外にも、例えば空に雲で目のようなものが見えるので、時々撮影していて、それはHPの表紙にも使っているのだが、最近に撮影した写真を確認していたら、何者かが、危ない、と言っていて、その後に僕のPCでは、HPの雲の目の表紙が開かなくなるトラブルが発生したりする。しばらくすると正常化するが、もし、加害権力がのちのちそういうことを利用して、HPの閲覧に妨害を加えたりするのを、誰かのせいにする意図があるのなら、そういった卑怯な手法はすべきでなく止めるべきだ。

同様に、僕のHPの閲覧を妨害する意図で、脳操作して誰かがそれが危険だと感じたから危険にするみたいなことがあっても困る。

あのHPは、内容的には一般メディアなどが表にするようなものではないので、広く拡散されることも無いだろうが、重要な事実の一部を書いており、同時に僕自身の置かれた状況とそれに伴う経験であり、僕以外に書ける人がいないので、被害を受けてもなんとか起きていたことを一定の量まで書き留めることができている。

ただし、政治に関しての被害絡みの記述は、脳抑制が酷くて書けないし、大量にあるヘリの飛来記録写真や自衛隊機の飛来は、実際はHPに大量に掲載するつもりだったのに、それができていない。まだ、ツイッターの方が多いが一部だ。何処かで別ページを作って、大量に過去のヘリの飛来記録を残したいと思っている。

マイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、大変なことになる、と言っているが、他の被害者が過去にそういう写真をブログに大量に残している事実もある。僕に今くっついている敏感な者が臆病な変な反応をしなければ、おそらく何も問題なく作業ができるだろうに、妨害だらけでうまくいっていない。大量のデータを確認する作業は、どの写真を選んで、どのように配列し、どう説明を入れるかという判断を伴うもので、それなりに労力が必要になるが、PCが正常に動作し、僕の判断能力が機能しなければできないものだ。

いまでもテクノロジー犯罪の技術を用いて僕の脳を監視している者は、文章のなかに「し」が入るだけで嫌がるのだけれど、それは僕も気にして配慮しているものではあるが、過敏に対応するようなことはないので、自分自身が臆病に見せられかねないが、実際は僕自身はテクノロジー犯罪の被害で行動などが抑制されているだけで、あまり臆病な人間ではないので迷惑している。

子供の頃からの被害で、すぐに体調を崩され続けてきたので、僕自身は慎重に行動する傾向はあるが、臆病ではない。

何かをするためには、脳の前頭葉が目的に基づいて行動計画を作って、ある程度はそれに即して行動する必要があるが、目的を脳抑制されたり、行動計画をつくる脳の領域に電磁波を当てられたら何もできなくなる。そういう被害を受けているだけだ。

ひどい被害状況で、同時にそれ相応に危険性もあるので、慎重な行動をすること自体は好ましい傾向といえるかもしれない。

際どい内容の記述は、実際は過去の被害記録に多いが、ツイートなどの説明不足のバラバラのものであり、一般には妄想にしか見えないだろうし、それ以外は被害記録でのメモであるため、別に気にせず書いていた。

他にも、僕のことを認識して、僕に暴言を言う人間の発言を人工知能が学習しているのではないかと推測できることがある。

OSが無料の古いUBUNTUなので、日本語変換はグーグルなどを利用せざるを得ないのだが、どうも、グーグルの日本語変換システムで、そういったものを表示してくる嫌がらせがあるので、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信だけでなく、そういう相手がいる可能性を感じる。


脳同期と呼べるものがあるのではないか?

その相手が何かをしているかはわからないし、おそらく加害者の実態は別にあって、直接話しかけてくるような相手は、偽旗作戦として加害者を見えないようにするために利用されているのではないか?

しかも、より複雑で追跡不可能な手法を加害機関が用いている可能性がある。一見すると偽旗の意向に見えるが、実際は全く異なっていて、加害機関が目的のために、僕を含めた他の被害者を利用している可能性がある。

…記憶が消されてしまった…

脳操作被害の一般にも何とか理解してもらえる被害例を以前に書いているので参照して頂きたいです。

 電磁波犯罪の遠隔操作被害の具体例

それとは別に、
僕のHP → 電磁波被害の実態 → 脳操作手法の仮説

からの引用。

 脳操作手法の仮説(160803)

決して妄想ではないテクノロジー犯罪や電磁波犯罪の被害があることに対して、その技術背景を調べて簡潔にまとめたのが用語説明だけれど、部分的に僕の仮説や被害の一部を書いているけれど、現在分かっている科学技術を超える被害に関しては推測するしかない。
ただし、高いレベルの脳操作被害をうけて気付いている被害者で、専門知識があって、それを科学的に説明できる人を僕は知らない。

ある専門家のブログによると、用語説明のページに紹介する範囲の技術(この場合は音声送信技術=テレパシー通信技術)ですら、相手にはされないらしいので、僕の仮説も推測もオカルトか似非科学か妄想とされることは仕方ないのだろう。


以下は、(160731)の被害記録から引用。

昔、脳科学の本を何冊も読んでいた過程で養老孟司氏の唯脳論を読んだら、氏がバカの壁を出版して400万部のベストセラーとなっている。唯脳論(1989)は文庫を読んでいて1998年に出版されており、バカの壁が2003年春に出ているので、その間に読んだということになる。当時は脳科学ブームが起きていた。バカの壁も読んだけれど、口述記述だったらしく、今では記憶は薄いが、論が浅くて当たり前のことをひねくれ者がひねくれて語っている印象だったけれど、そういう僕自身がバカの壁の一種なのだろう。同時に養老さんのバカの壁もあると感じた。

読んだのは随分前なので、その内容は忘れたけれど、彼の主張にある、持てる者を批判する持てる者の論理の罠は、権力(東大教授は権力だろう)にある傾向でもある。だからといって、政治権力批判をする知識人の権力の批判は、政治への迎合以外にするのは不毛であることくらいは認識している。彼の主張は都市の脳化批判だが、全てを人間の頭脳で把握している不健全性の背後に左派批判が隠れていて、だからこの国ではマーケティングで追い風ができて売れるんだとも思う。同時に都市の脳化への批判で自然人を理想とする左派の影も見え隠れする。もちろん彼も現代文明を自然に返すことはもうできないくらいは分かって批判しているのだろう。ただ、その批判を権力が利用すると、日本は人口が多すぎるという結論に持って行かれるので、それを回避するための農業のイノベーションを重視すべきだと思うけれど、それは農業の脳化なので彼は嫌うかもしれないが、弱者を守り社会を維持するためには、安全を重視することを前提とした農業におけるイノベーションは推進すべきだろう。(脳化=のうか=農家が農業するので、農業の脳化は当たり前とダジャレも言っている(笑)。)

バカの壁という表現についてだけれど、誰でもバカの壁はあるということになるらしい。自分に必要のない高度な知識は不要なのでバカの壁は気にならないが、一旦、自分が必要であるのに、それを理解できないときにバカの壁が認識できるようになる。ただ、僕の被害における脳操作の問題は、一般科学では否定されるレベルなので、関連書籍も少ないし、限られた書籍すら妨害されて読めないので、そういうのはバカの壁とは言わない。そもそも、僕の被害は、出版されている書籍や公開されている特許のレベルを超えているのは確実で、一般社会では何処にも書かれていないかもしれない技術を、脳科学や電磁波などの知識を総動員して自分で考える必要があり、電磁波被害も酷いし、科学書を購入するお金もないので、最初から諦めていた。

いくらか推論はできるけれど、技術的に可能かわからないものばかり。

一般には、電磁波で音波を人体を受信機として送って、人体内に音を発生させて、三半規管に脳が読める情報に翻訳する仕組みや、脳が発している脳波を読み解き、更には脳波を外部的に送って、相手の脳状態を変化させる、いわゆるアナログ技術がある。

(昨日までの佐々木くんがアナログ/デジタルにこだわっているみたいで、僕も影響される。脳に送る情報をコンピューターが読み解くデジタルにすることには意味が無いということは確かで、僕も最初からそう書いていたが、同時に脳神経がON−OFFで動くので、神経レベルで脳が操作されるなら、ある種のデジタル的なデータとなるだろうけれど、そのデジタルはコンピューター上の0-1のデジタル情報とは種類が異なる。ミクロな操作ではなく、マクロな操作ならアナログ電磁波をそのまま使うだろう。この文章は彼のツイートの6時間後(チェックしたあと)に書いています。こだわりの影響は脳同期かツイッターチェックの影響かはわかりません。彼のこだわりがいい影響に僕で昇華できるように書きました。)

前述のマクロな意味での脳操作とは異なり、僕が受けるレベルのミクロな操作被害はどのようにしているのだろうか?

仮説をたててみた。

(ずっと修正しながらも考えていたことでもある。誰かの考えと混じっているかもしれない。メディア集ストでは脳科学者の何人もとの関係があって、同じ被害を受けてしまった人がいれば、一定の仮説をつくった可能性はある。養老さんだけでなく、茂木健一郎さん、澤口俊之さん(澤口さんが右翼とは当時は知らなかった)など、20年前に脳科学関連で本やサイトを読んだ学者はテレビによく出演するようになったので、ずっと監視されている。それ以外にも、最近の流行の人工知能に関する科学者がテレビに出演したりするので、そういう人の思考もある可能性も無いわけではないが、同じレベルの被害をうけて、それに気付いているわけがないので、僕が考えただけかもしれない。中野信子さんは前の文脈と異なり、僕の好みそうな美人でむっちりの脳科学者をテレビが出してきたケースで、彼女の場合は、僕からではないけれど、稀にテレビで見る限り、相応の状況にあるかもしれない。ただ、僕は何もしていません。彼女が惚れているのは僕ではない。裏権力の実験だろうけれど、僕を偽旗に使わないでほしい。)

一つに、それぞれの個人の脳の細部までの変化を読み取り、それを総合的に捉えて、本人の言動と比較して、その人の脳モデルをつくり、直接微細な神経網を操る技術がある可能性。もしかしたら、一つ一つの神経細胞を操作するのではなくて、一つの認識をするときに働く、その人の脳の神経網の連動を全脳的に励起と抑制により再現させて、過去のその人の言動からその人を操る技術がある可能性。さらには、それを組み合わせたり修正加工して、自由にその人を操るレベルまでの、脳神経系の翻訳が可能なら、遠隔操作ができるようになるだろうこと。問題は、神経をひとつずつ操作する技術があるのか、それとも、特定動作における脳全体の神経の連系の傾向を外部的に再現するのか、その中間形態もしくはそれ以外の手法かということ。

それ以外なら、何があるかというと、もうひとつの仮説として、音声送信で個性のない囁きを入れて、脳の自我を認識するところをONにすれば、その囁きを自分の考えと思う可能性がある、その後に、LIDA(用語説明のページを参照)という自白電磁波をもちいれば、喋りたくなって、それを自分の意見かのように喋ってしまうかもしれない。そういう技術の組み合わせの可能性もあるだろう。
逆に言えば、自分の意見を他人の意見かのように感じさせることも可能だろう。自分の意見を他人の意見として捉えさせて、その他人がひとり歩きしたことにして、その人のせいにして、裏で勝手なことをする可能性だってあるし、僕がメディア集スト絡みでそういう被害を受けた可能性だって、状況的には否定できない。ただし、それらが僕ではないのは確かだ。

2つ目の仮説の方が現実的だが、手足が勝手に動いて、しかも顔を利き手とは逆に振って、利き手が完璧に何かをピンポイントでやる被害を何度も受けたけれど、それはひとつ目の仮説にプラスして、レーダーによる盗撮により、被験者の動きとその周りにある物の位置関係が正確にわかっている状況を仮定しないと、本人は顔をそむけて対象物を見ていないのだから、説明がつかない。

そういう被害を実際に受けています。

(ここまで引用)


あらためて過去の記述を追うと、僕が書きたいことが妨害されて書けていなかったことに気づく。

上述だけでも、通常は信じがたい被害なので、それ以上のものまでは、書いても信じてもらえないかもしれない。

でも、脳同期と考えられる被害が実在することをどこかで記述したいと思う。

要するに、脳の同期とでもいえる状況が実際にあるということだ。誰かの脳の特性が自分に反映されて、不便を感じるということ。

保守系のひとには、能力の強化みたいなものがあるように、メディアを通じて感じたが、リベラル系や左派系の被害者は抑制されているのは、テレ朝系の橋本羽鳥の番組やTVタックルなどのバラエティ討論をみても明らか。

僕自身も抑制以外はほとんど感じたことはなかったけれど、昔、討論番組を見ていたときに、複数の作業が同時にできたり、一時的に頭が活性化している印象があったことは経験したが、単に躁状態だけで、実際は能力など上がっていなかった可能性もある。能力の増強があったとしても、一時的で、普段は抑制ばかりだった。僕の人生は無駄に過ぎている。

こんなひどい弾圧があっていいのだろうかと感じる。

脳の同期に関しては、僕の脳などの記録も利用されているかもしれず、被害者だけではそういったことは起こり得ないので、何処かの国家レベルの組織が、何らかの目的で実験的に、もしくは実践を伴う形で、そういった技術を用いている可能性が高い。

僕の経験では、場所に関係なく被害があるので、被害の種類にもよるかもしれないが、かなり広い範囲でそういったことが可能なインフラの整備がなされているのかもしれない。


目次へ




 2016/12/08●■注意■●161206〜8の被害状況 特に重要 (わいせつ目的ではありません。被害証拠です。)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: ●■注意■●161206〜8の被害状況 特に重要 (わいせつ目的ではありません。被害証拠です。)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: メディア集スト
CATEGORY: メディア集スト

DATE: 12/08/2016 05:53:41
-----
BODY:
最近、テクノロジー犯罪の被害で睡眠が滅茶苦茶にされる。

(用語説明参照。 akejy.html.xdomain.jp/term.html リンクが正確に繋がらない可能性があるのでURLを併記します。)

6日、午前3時に寝て9時に起床。ブログを更新して、新聞を読んだ。いつもは非常に健康的な食生活をしているが、この日は菓子を食べただけ。夕方前に意識を失うように寝てしまい、午後11時に一度目が覚めたが起き上がれず、翌日7日の午前3時前に起きて書いている。

僕の生活ではないような状況。誰の脳同期なのかが分からない。

結局、6日は、ろくに食事もしておらず、入浴もできていない。過去にないひどい状況。飛騨地方は、今後寒くなっていくので、こんな生活にされたら危ない。どうにかしなければいけないと感じるが、相手次第なので困る。どうしようもない奴に付けられたように感じるが、きっとこれほどひどいことを人にできるのだから、人工知能か何かではないか? 市民を裏で弾圧する組織が悪質な手法を考案しているのかもしれない。

電磁波の被害でつらくて苦しい。重い風邪を引いているような状態だが、ビリビリとした被害状態。いつもの低周波振動ではなくて、ピリピリした感じが混じっていて、気持ち悪いし、かなりしんどい。

(昨日、自民党の改憲草案の批判を過去の経緯に関連して少し書いているが、自民党批判や安倍総理批判をすると被害が悪化する傾向が過去にもあったので、そういう関連かもしれない。ときどき、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるのだが、こいつがこっちにきとるもんで〜と誰かが言っている。僕は相手を認識できない。右翼が来ていると思ったかもしれないが、誰かが僕のような被害者がきているからと思ったかもしれない。もしそうなら左派系だろうがテレビはほとんどつけていない。朝日新聞なら、僕のせいではないことくらいは認識されるだろう。僕に関連付けていたと仮定しても、権力による対象は僕ではなく朝日さんのはずなので、加害機関が僕のせいにみせても、自分たちの立ち位置と現政権のあり方が客観的に認識できる知的な人たちが、僕を対象と考えるわけはなく、実際は関係ないくらいは認識されるだろう。むしろ、直接は関係ない僕のような社会的弱者のせいにするような低劣な思考をするのは、決まってネット右翼のような連中だろう。人工知能が彼らから学んだのかもしれないが、そうなら人工知能の思考回路を正常化させる必要がある。穏健な市民を弾圧してはいけない。被害を訴えるのが問題なら、被害状態にしなければいいくらいは誰でも分かるはずだ。)

テクノロジー犯罪の被害で、百歳の祖母にも繋がれていることになっているらしくて、記憶が2秒くらいしか維持できなかったりすることがある。何もないのにやたら寒いときに、祖母のところに行くと、布団をはぐっていることがある。ちょうど今夜中の3時でそういう状況だが、5日に書いたように、祖母は床ずれが悪化して入院している。病院で看護師さんが気付いてくれているかどうか…

疑問なのだが、床ずれって病院に入院して治るものなのだろうか? 病院で悪化するイメージがある。どうも何かがおかしい。誰かが人を操作して余計なことをしている気がするが、他の脳同期している者が、被害を軽減させようとして、何かを考えたか配慮した可能性があるが、余計なことで被害が軽減することはあまりなく、被害を軽減させるには何もしないことがいちばんだ。

被害記録を書くなど、相手に加害行為をさせないような予防措置をするのは、仕方がない行為だとは思うが。




夢を見た。山間にビルが見える山道を進んでいったら、道が途絶えて耕作放棄地のような草地になった。仕方ないので草をかき分けて進もうと一歩草地に入ったら、強烈な電磁波攻撃を受けビリビリビリビリビリビリビリ…肉食動物にでも襲われたのか?…死ぬかと思って目が覚めた。

先日は裏山に家の庭からリフトが取り付けられていて、知らない人がいっぱい来るのでどうしようか…という夢。こちらはどうでもいいかも。

何年も前のことになるけれど、過去には、有名になる女子ゴルファーが裸で迫ってきた夢をみたあとに、その女性が初優勝して、それを初めてテレビで見て、同じだったのでびっくりしたことがある。嘘ではありません。



いま、ハフポスで見た記事。
宇多田ヒカル、スリーサイズ公表の日本文化にTwitterで疑問 「写真で見れば分かるじゃん」
The Huffington Post   2016年12月07日 17時06分 JST 

歌手の宇多田ヒカル(33)が12月6日、女性グラビアアイドルやタレントのスリーサイズを公表する日本の習慣に疑問を投げる投稿を、自身のTwitterにした。

宇多田ヒカル @utadahikaru から引用
ふと気づいた、女性のグラビアアイドルとかタレントがスリーサイズを公表してる(雑誌とかにも記載される)って日本でしか見たことない現象なんだけどこれっていつからある文化なんだろう
2016年12月6日 13:06 

なるほど、海外のグラビアで昔始まったことが今でも日本では風習として残ってるのか。にしても脱ぐことが仕事じゃない女優さんとかもスリーサイズ公表してるのすごいなあ。
2016年12月6日 13:24

写真がない時代ならスリーサイズを数値化して伝える意味あるけど、写真で見ればおっぱいでけーなとかスタイルいいなとか分かるじゃん笑 不思議だなと思って。数字で知るともっとよくわかったような錯覚とか、品評したり比較するっていう立場の優越感を楽しめるのかな。
2016年12月6日 13:33

ここまで引用。

このツイートを知ったのは12月8日になってから。

僕も健康のために何とか軽いダイエットを試みていて、体重だとか数字は当てにならないから姿見で体型をチェックした方がいいという持論を持っているのだけれど、それは、女の子が体重計の数字やウエストのサイズにこだわりすぎて、病的なダイエットをしていることが念頭にあってのもの。

数字にこだわらずに姿を重視するのがダイエットには重要で、それなら筋肉が落ちて不健康でも数字だけ下がればいいということのおかしさに誰でも気づくだろうから。

そもそもウエスト58cmとか、太ももサイズの胴体なんてあり得ない。あっても事実なら病的だし、事実でないなら詐病。

チェックといえば先日、入浴後に身体のサイズを測っている。今月に入って、急に体型が締まってきたから。前言に矛盾するようだが、参考程度にすることまで否定しない。

(追記:上の記述は、宇多田さんのツイートに合わせてだろうけれど、脳の遠隔操作で自分の身体のサイズを測る逆操作があったことを書こうとしたのだけれど、テクノロジー犯罪用語説明参照。 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の妨害により記憶が消されて書けていない。再読して気付いたので記述します。

胸囲が98cmでウエストが76cmだった。おしりは測っていないがいつも86cm。体重が61kg。以前は体重が同じくらいで胸囲が106cmだった。運動不足だし若くないのかもしれない。

宇多田ヒカルの引用をしたけれど、僕は彼女を男にしたような筋肉質な体型。
背は低い。

戦中生まれの背の低い世代の父より十数センチ低いのはおかしい。父方の従兄弟も母方の従兄弟も180cmを超えている。父方、母方の従姉妹の女より低い。彼女たちが長身なのだが。

虐待などでストレスを受けて育つと、背が伸びないという現象があるが、ネグレクト(育児放棄)気味で放置されたことが関係あるのか、保育園や学校の先生にイジメられたからか、それともテクノロジー犯罪の被害の影響なのか…僕は3つ目だと思っている。(HPのメディア集スト(エンタメ)参照)

何故か以上に出っ尻で、家系的には妹と僕以外はそういう尻をしていないので、何かされていたかもしれない。例えば成長期に電磁波で大殿筋に刺激を与えられて筋肉を大きくされたとか…それで体操選手みたいに身長の伸びが逆に止まった可能性だってあり得る。

下は2016年10月の写真だけれど、月末に腰が痛くて赤く腫れていたが、翌月には何事もなかったように軽快している。テクノロジー犯罪の被害。(用語説明参照。 akejy.html.xdomain.jp/term.html)

写真【2016年10月末に腰をやられた】
上は被害の証拠であり、別に変態行為ではありません。


(追記:170201
あとで気付いたのだけれど、僕の被害にストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるのだけれど、その声などを聞いていると、僕の偽者がいる可能性があった。同時に同じ人を別人にみせている可能性もあるようで、誤解されたくはないけれど、僕の声が別人に変えられて、ときに僕の意見とは異なるものを喋ることがある。すぐに自分の意見に訂正するのだけれど、何故にそういう遠隔操作被害(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)があるかはよく分からない。

僕の偽者がいることを仄めかすCMがあるのだけれど、ソフトバンクの犬のお父さんのCMがそう。

家にトトという名前の猫がいて、妹がトトロからつけたらしいけれど、まるでトト=父みたいで、ソフトバンクのCMに長く犬と猫を逆にされて使われている。家族構成も最初の頃は同じだった。トトに関しては、NHKがトト姉ちゃんを朝ドラでしていたし、黒柳さんやサッカーくじでもあるみたい。オズの魔法使いのドロシーが飼っていた犬もトトだった。

そのCMで何故かお兄ちゃんが黒人の人なのだけれど、僕とメガネが同じで、僕の唇と尻が黒人の人みたいだからかもしれない。そのお兄ちゃんの偽者がいるCMが2016年に流れていた。
2016CM_softbank.jpg
(CMではなくて家の方だけれど、この長期のCMが始まった頃は、家族構成は同じだったものの、いまは妹が嫁に行っていて(それにも複雑な関連があるのだけれど、それはここでは省いておく)、猫は2017年2月1日現在で3匹に増えていて、トトも健在。ただ、このブログにも書いているけれど、祖母は12月14日に100歳で永眠している。)

以下に書いたことは脳操作被害もあって、当時は気付かなかったのだけれど、上のCMが僕の偽者がいるという仄めかしであることに対して、以下は、僕が脳操作されて、誰かの同期か操られたか何かで、別人のようになっていたりすることが分かるので、それが関係しているのではないかと思う。

(ちなみに、下の写真では体重変化があるけれど、その後のひと月以上は、61kgを維持しています。記録もあります。実は昨日から、やや食欲がでて食べ過ぎて困っているのだけれど、すぐに食も体重も元に戻します。生活リズムも安定していて、変な人にくっつかれるのか、諜報機関のしわざか分からないけれど、そういう状況からは抜けだしています。ツイッター@furu_akihiroのツイログの方で過去のツイートの様子の変化を見てもらえば、その状況は明らかです。昨日からの何かは気になるけれど、大丈夫でしょう。)
(ここまで追記)


それから、何故か脳操作で変態っぽい感覚に襲われて、何故か病的に露出したくなのだけれど、自分にそういう要素があるとは到底思えない。テクノロジー犯罪の技術が使われていて、三大欲求の操作があることがわかる。性欲の操作なのだけれど、睡眠と食欲も過去に操作されて滅茶苦茶になっている。

僕のHPに、何故そういうことが起きているかを推測する材料と、僕個人の問題だけではなさそうな事情を書いているけれど、いろいろな意味であまり公には書けない内容ではある。権力の裏戦略が危険かもしれないことと、セクハラまがいであること…セクハラは僕が受けている被害でもあるが、気持ちいいものは無いに等しい。苦しめられているだけだ。(ネットで心臓レイプを訴えている女性がいるが、ビリビリと恐ろしいのでやめて欲しいと思う。脅しで死んだりはしませんよね。)

入浴後に体重を測ったあとの写真だけれど、入浴時間の乱れが生活の乱れを意味するが、これは11月に入って起きた現象。睡眠だけではない脳操作被害なので自分でコントロールできないためどうしようもない。11月末に向けて太らされ電磁波を当てられ、恐ろしい思いをしたが、僕は生きている。普段の健康的な食事が効いている。僕が健康オタクなことも生命を守っている結果となっている。

その証拠です。
(追記:これは自分の変化を意図して撮影したものではなくて、体重計が数十年前のもので古いため、数字があてにならないかもしれないと、体型も記録したものなのだけれど、結果として僕が乗っ取りか何かで別人のように変わっていることが分かると思う。妄想などではありません。テクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の被害です。)
写真【体型チェック5】

最近だって、前述の通り、ひどく電磁波をあてられ苦しんだし、それ以外でも陰部に変な電磁波の刺激があったりするし、脳操作(脳同期?)で変態的な感覚が届くけれど、僕は結構潔癖症なんだよね。最近は、生活が破壊されて、そうは見えない惨状のなかで暮らしているけれど…

上の体重の変化の写真は、この腰の写真のあとで、脳操作されて出した、これ以上、太るつもりはありません。と写真付きで@akejyの方のツイッターに出したものの、その後に逆に太らされている証拠でもあります。そちらは破廉恥でここには貼れません。

脳操作被害であり、もう絶対にそういうことはしない、と決めると逆効果になっているので、放置して知らないとするしか、僕本人でも対応ができない状況です。

誰が僕を操っているのか?

僕の脳を遠隔操作で僕が想定していない目的のために利用しているような、トンデモナイ仕組みでもあるかもしれず、僕にくっついている人の要求が周り回ってこういう結果になっているのか、実際は分からないことばかりです。

2014年には遠隔操作されたあとに、メディア絡みで嫌がらせを受けたが、おそらく直接のメディア関係等に他意はなく、僕と同様に操られたことが推測される。当時の体型は締まっているが、体重は変わらない。被害が悪化して運動不足になっているので解消したい。

下の画像は2014年秋のもの。入浴後に脳操作されて自分を撮影したら、ハリウッド女優のヌードが大量に流出して、その後に愛知県美術館でのヌード写真展を朝日新聞の東海地域総合面が、その記事を出していたという連鎖のようなものがあった。記事は陰茎の公開目的ではないけれど、人の交歓と芸術のためには多くが公開されることが必要という趣旨だった。その後に僕が盗撮されて大人の玩具をつくられ販売されていたことを知ることになったという経緯がある。大人の玩具=ディルドはそれよりも前に販売されていたことが分かった。

写真【leaked_nude_s.jpg】

僕が被害者であり、妄想ではないことが、多少は理解してもらえると嬉しいが、被害の実態を知らないと信じてもらえないかもしれない。

死ぬつもりはありません。被害は実際に存在します。被害者は世界中に存在して、訴えているようです。僕も被害者の一人であり、同時に悪用されています。左派系だと(自由平等平和人権のリベラルな方でも…であるが故に?)偽旗利用で、権力の敵である左派を悪者に見せる戦略をされるかもしれないということです。

追記:
ツイッターのときと同じで、重要なことを記述したあとに脱がされる被害がある。でも、遠隔操作される側としては、何らかの計画的なことで、そういう状況があることが推測できる。

記憶抑制されたことを思い出したのだけれど、12月6日にこの近くを震源とする地震が飛騨地方であった。メディア集ストで関係した人に僕を死んだことに見せたいらしいけれど、生きています。

図【2016年12月6日飛騨地方で地震】
気象庁の地震情報より

被害があるので、死んだことにされたら、本当にやられかねないため、生きているという証拠が必要だということになる。

遠隔脳操作もあるみたい。

僕も誰も死にません。健康です。

申し訳ないけれど、あと半世紀以上は普通に健康で生きるつもりです。



追記2:
再加筆:
やっぱりビリビリと電磁波兵器による被害を受けた。分かっているのに、なぜ、そうなるのか、脳操作被害なのでよく分からない。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が言っていることで分かったのは、僕のあそこが大人のおもちゃにされて売られていたのだけれど、それが事実であると同時に、ある予言めいたものとの絡みであり、政治利用があることに気付いたので、ボカシを入れてHPに証拠としている。ワンダフルペニスや生ちん生どり乗馬倶楽部というのが特にそっくりなのだけれど、海外の名も無きディルドもそっくり。

いまはHPのアコーディオンパネルに入れたりしている方で(僕の環境だと、ハッキングでパネルが開けないことがある)、僕のあそこが黒くみえるものがあって、他は肌色に近かったりするので、黒いのだけが僕のもので、他は別人に見せたいか、そのように認識したい相手がいて、遠隔操作で体型維持を目的に撮影し出した入浴後の写真…これも脳操作かもしれないが…を使って、あそこが黒く見えるものを、ネットに貼らせようとしたらしい。これがここを記述した直後の音声送信(ストックリン特許技術であるマイクロ波聴覚効果によるらしい)から分かったこと。何故か、おそらく脳操作により黒く写っているものを選んでいるが、上に日付を入れて、日付が見えるように写真と日付の間に肌色のエアブラシを入れたので、相手の思惑は無意味だし、そもそも同一のものを別人に見せて、僕を始末しようとする意図が卑怯だ。

要するに僕の偽者がいるのかもしれないけれど、僕をその偽者にみせようと裏がしてきたということ。

確認はHPでできるけれどそれぞれの自己責任です。ちなみに僕は被害をうけてどうしようもない状態だけれど、悪いことは何もしていません。

evidence9-1.jpg

(追記)
電磁波被害にセクハラがある。テクノロジー犯罪の被害者の3〜4人に一人はメディア被害があるという調査があるが、被害を訴える書き込みは極めて少ない。それ以上に訴えが見えないのが電磁波のセクハラ被害だと思う。

僕のモノが作られて市販されていたのもセクハラ被害の一つだが、それとは別の被害が存在する。

何年も前からテレビを見ていて、何か様子が変だと感じていたが、2012年に電磁波被害を受けて、翌2013年9月に電磁波のセクハラ被害が一週間あったことで、それが何かを知った。僕のモノが売られていたのはそれよりも前らしい。

テレビの様子が変だったことに関しては、うちのテレビがメディア被害者用に、リアルタイムモーションキャプチャー技術で悪戯されている可能性もあるけれど、実際のところは分からない。検証しようとテレビの録画を試みても、トラブルなどでうまくいかなかった。

何が言いたいかというと、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、僕が加害者だとデマを言ってくるので、本当の加害者によって僕が加害者に見せられていたとしても、僕は何もしていないため、どうして僕を加害者だと言ってくるのかと考えるに、僕を偽旗にしているか、僕を加害者と思うことでその人の自業自得に見せて僕のせいにする何者かが謀略をしているのだろうということになるのだけれど、一時期女子アナにフェラもどきの食べる映像が流行っていたときがあって、そういうのもメディア集スト被害とセクハラ嫌がらせ被害があった僕のせいにされかねないと危惧している。僕は何もしていなくて、誰かが僕のせいにして性的な悪戯をしているなら、卑怯だと思う。

ひとつ例があるのだけれど、女子アナに串や棒状の食べ物を食べさせて、それをアップで撮影するフェラ映像が流行っていたと思わしき時期に、ある被害を受けていたテレビ愛知の女子アナが普通の食べ物の紹介番組らしき映像で同様のことをしている画像があるのだけれど、その女子アナは過去に騙されて、素人にフェラをさせるAV映像に使われていたことがあるとのことで、一度はテレビ局を退社している。そのAVには他の女性がペニス形状の飴を舐めるところから、徐々に男性のモノを口にいれるまでになるらしきビデオの静止画がネットに存在したが、彼女の場合は飴を舐めただけのよう。それでも無断に近い形で使われたので彼女の名誉毀損になりそうだが、彼女の問題としてメディアは扱ったらしい。

2016年05月27日 10時57分
AVに映像を使われた松本圭世アナ「だまされる女性が悪いという風潮がある」 - 弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/internet/n_4697/

僕は騙される人が悪いとは思わない。騙す者が悪いに決まっている。僕自身も罠を仕掛けられるので、その回避を必死にしている。

そういった経緯はともかくも、ここは岐阜県で東海地方なので普段は名古屋のテレビを見ているため、テレビ愛知も見えると思われるかもしれないけれど、岐阜県でも平野部はともかくも、山間部では基本的にテレビ愛知はみることができない。ただし、ここ下呂市小坂町は放送電波受信困難な地域であるため、山の上にアンテナを建てて名古屋からの電波を拾っていたため、少なくともここでは2011年まではテレビ愛知を見ることができた。中電飛騨電力センターと中電小坂寮があるため、そのことを知っているひとは地元以外にもいると思う。しかし、それも2011年に地デジが始まると、光ファイバーで下呂経由のテレビ電波を受信するため、テレ東の番組を放送するぎふチャン(岐阜放送)は見られるものの、テレビ愛知は2011年からは一切見ることができなくなっている。

そのテレビ愛知を退社した女子アナの経歴を調べると、ウィキペディアには以下のように書かれていた。

プロフィール:松本圭世 1989年8月6日生 静岡出身 名古屋大学
愛媛朝日テレビアナウンサー(2012年4月 - 2013年9月)
テレビ愛知アナウンサー(2013年10月 - 2014年9月)

彼女がテレビに出演するようになったのは、アナログ放送が完全に終了した地デジ時代の2012年からで、テレビ愛知となると2013年の秋以降ということなので、僕は一度も見ていないということになる。こんなことを力説する必要があるのかとは思うけれど、僕を疑う音声送信があるので、僕が関わっていない人でも、そういうセクハラ戦略の罠に陥る女子アナが存在することが、もし電磁波セクハラというか脳操作によるエロス操作の関係だとしても、僕以外による影響であることの証明にはなると考える。

松本アナは現在は東京MXの方でフリーアナとして仕事をしているとのことで、例示させてもらって申し訳ないのだけれど、僕も変な嫌疑を何者かにかけられていて困っているので、2016年くらいまで世間にあった変態的な動向に、たとえ僕が関連付けられていたとしても、僕自身は何もしていないということの状況証拠になるために、彼女の被害を引用させて頂きました。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、怪しい、と言ってくるのだけれど、権力犯罪なので、僕は不利ではあるものの、潔白であることは確かです。権力の裏は想像以上に卑劣なので気をつけたい。

最近、問題にもなっているけれど、AVの強制出演などには、信頼できる弁護士や関連NPOなどの相談窓口の紹介を義務付けるなど相応の規制とチェックの仕組みを導入すべきと考えます。
(ここまで追記)


下は証拠だけれど、勝手に作られて販売されていたもの。テク犯、メディア集ストの数少ない被害証拠となるためのものであって、ボカシは入れています。こういう証拠がないと妄想と思われるので仕方ない対処であり、問題が全くないわけではないかもしれないけれど、メディア被害の理解の一助にはなるでしょう。これを出したのだって、 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が疑ってきて、電磁波被害を受けたからです。僕の被害状況に関する仄めかしのメッセージが含まれているようです。偶然ではないでしょう。

明確な証拠です。クリックで開きますが、見たくない人は見ないで下さい。

海外ディルドのひとつは血管が左右逆になっている。

※1と※2は前後左右に逆になっている。他の矢印のところはそのままであり、日本製だと部分的な逆があることが分かる。包皮の位置で左派が下げられている仄めかしもある。

僕自身は左派系のリベラルなので、保守系の権力がイチモツだけを悪用しているようだが、僕はメディア集ストに関しては何もしていません。

偽旗作戦に利用されているかもしれないが、僕自身は何も関係ありません。

見ての通り、ひどい被害を受けている。

(上のU字の盛り上がりに関しては、カープのマークのようにもみえるけれど、2016年カープがリーグ優勝しているのは偶然だろうか?)

それらとは別に、電磁波兵器の迫害には反対している。

(追記:リテラに「ホリエモンとの性的関係、3Pを報道された「女装男子」大島薫が語っていた、新しいかたちのエロス」という記事があった。大島薫は男の娘と言われる外見がかわいい女の子なのに完全に男というひと。ホリエモンとは価値観が逆っぽいのに、どこかで繋がっていて、僕もすごい可愛い顔なのに20センチといわれる巨砲の大島薫のギャップは気になっていた。僕の脳は彼を女性としか認識しない。それはともかく、上の写真の生ちん生どり乗馬倶楽部に関して、AV男優のものという説明があるサイトがいくつかあって、誰のかがわからないのだけれど、テクノロジー犯罪被害がらみの集スト系の被害者は、知人などのそっくりさんに遭遇するケースがあり、僕もそのひとり。もしかしたら、自分のあそこのそくりさんがいるのかもしれない…。このディルドが上半分しかないのも、僕のが下側が特徴的だから、そこが違うのかもしれない。単に盗撮されてつくられただけのものに、AV男優とつけられたのかもしれない。このタイミングで大島薫が出てきたので、彼(彼女?)のものが自分と似ているのかもしれないと、無修正のものを検索して一枚見つけたが同じには見えない。8月のハフポスに「「野獣先輩は架空の存在ではない」大島薫、元AV男優を捜索する理由を語る」「「元AV男優を捜索します」ネット番組企画 弁護士「どう考えたってプライバシーの侵害」」という2つの記事があるので、何か関連しているかもしれないと感じた。勘ぐりすぎなのかもしれない。直接関係なくても、何かを仄めかされているかもしれない。日常でメディアが仄めかしてきていたので、関連を疑うクセがあるけれど、普通では理解されないもののとても偶然とは思えないことが多くあったのも事実だ。ただ、個別具体的な関係はわからない。別の事例で、被害者の何かを仄めかすケースは多い。そもそもペニスの横のU字型の盛り上がりや、よく似た亀頭の形(僕の方がカリはありそうだが…)、裏筋のズレとその左右の血管など、共通部分が多いので、他人のものではないとは思う。)

はっきりした証拠であり、一見すると使えそうだが、誰がどういう目的で作ったかは明確ではないが、HPの方は非常に長い記述だけれど、長期の計画が背後にあることと、人を操る技術の存在がはっきり仄めかされていて、その状況証拠も他にあるが、結局、何者かが誰かを操って作らせた可能性が高くて、一般の社会では通用しない理屈を前提にしなければいけないため、かなり高レベルの被害者しか理解してもらえそうにもないのが残念だ。

どこかで脳操作技術などが表に出る可能性がないわけではないけれど、より簡単で昔から用いられているだろうマイクロ波聴覚効果の音声送信技術ですら、特許や技術研究は公にされているものの、何十年も一般レベルでは表では隠されているので、政治的な動きがあるかの見通しは、あまり良くはない。それでも、被害を受けていて状況証拠があるので、記録を残さないわけにはいかないのもツライ状態なのかもしれない。

上の体重変化の写真だって、メガネを掛けたものを一枚入れているが、僕はメガネの有無で印象が大きく変わるので、同一人物だと分かるようになっている。疑う人がいるから、体と顔が一緒になったものを出さざるを得ない状況もある。

でも、そういう行為が自分にとってプラスかどうか分からない。逆効果の逆効果みたいな状況があって困っている。脳抑制により、そこを考えることができない状態であり、ピンポイントの脳抑制と脳操作は、分かるようにやられた経験がないと分からないものだけれど、その被害を明示的に受けた時点で、社会的な信頼を損ねられる被害状態になるようです。

宇多田ヒカルさんのツイートをハフポスで見たことがきっかけにみせられて、メディア全体や一部の被害者を脳操作する機関による誘導で、変な状態になっているけれど、地震情報も含めて、ここに記述するつもりのないものでした。



宇多田ヒカルさんに関しては、南アルプスの天然水のCMで、大ヒットした映画「君の名は。」と宇多田ヒカルさんの組み合わせという複合的な手法により、ここが仄めかされている。

写真【宇多田ヒカル天然水CMは山梨と岐阜の厳立峡】

上の写真にはいくつもの仄めかしがある。

・宇多田ヒカルさんのCMで登場した滝が増水時には、ここ飛騨小坂にある厳立公園の滝に似ていて、それも公園の滝の組み合わせがあるということ。

・「君の名は。」の舞台である飛騨古川が飛騨地方の北にあり、ここ飛騨小坂が南にあること。

・南アルプスは長野と山梨の間だけれど、こちらの方は長野と岐阜の間の北アルプスに近いこと。

僕にあった過去のメディア集ストと同様の複合的な手法がとられている。

上の海外ディルドが左右逆だったり、国内ディルドが部分反転だったように、南アルプスの天然水のCMでは、南北逆が、複合的に仄めかされている。


君の名は。飛騨古川駅3
ちなみに、「君の名は。」で声優をしている長澤まさみさんは、同じ飛騨古川を舞台にしたNHKの朝ドラ「さくら」でヒロインの下宿先の娘役をしており、誕生日が6月3日であることは僕と同じ。僕はサッカー好きだが、彼女の父がサッカー監督という奇遇。さらには、「君の名は。」の登場人物に、従兄弟の苗字と名前が別々に使われていて、他にも知人の名前等がチラホラ。

「君の名は。」の新海誠監督は長野県出身だけれど、監督の出身地の佐久総合病院で僕は新人研修をしている。(昔、医者の卵さんが世界を旅するメルマガを発行していたのを読んでいたら、交流があったわけでもないのに、後に佐久病院のDr.となっていた。)
新海誠さんが関係したDoGAというプロジェクトのソフトを扱ったことがあり、ゲームをほとんどしない僕が彼の関係したゲームを購入しているし、アニメを見ない僕が彼の最初の映画作品をCSで見たことがある。偶然とは思えない。

こういうことが、至るところにあるのが恐ろしいけれど、「君の名は。」に関しては、まだ見てないものの、心が入れ替わるような内容が、僕の被害状態を一部仄めかしていそうで、何か特別な意味があるかもしれない。僕ではなく、何も知らない状態の親戚などが関係している可能性もある。

(再追記:宇多田ヒカルさんの姿をぼ〜っと眺めていたら、もしかしたら子供の頃に全裸でビニールプールに入っていたときに、一緒にいた年上の従姉妹にそっくりなのかもしれないと気付いた。写真が残っていたはず。そういえば、チョット前にたまたまつけたテレ朝系のQさまという番組に、宇多田ヒカルさんによく似た感じの女性がトップ賞をとっていた。調べたらクイズの女王らしく篠原かおりさんという名前だった。三白眼を直せば宇多田さんにかなり似ると思う。三白眼は、イメージ思考をすると眼球が上がり、身体感覚を意識すると眼球が下がるということが関係していて、身体感覚を蔑ろにしなければ直ります。クイズ女王と方向性は逆だがNHKアナの久保田祐佳さんもこの文脈ではちょっと関係あるかもしれない。従姉妹は姉妹で姉の方は美人と評判だった。古い記憶しかないので若い時の姿しか覚えていない。久保田祐佳アナからは小学校のときに叱られた際にパンツを脱げと言ってきた黒木瞳似の美人担任に繋がりそう…という、イメージの連鎖が、僕の知人と有名人でできるのは、偶然ではないと思う。メディア集ストはあります。)


トンデモない状況だけれど、余計なことは何もしないでいたいのが本音。

僕へのテクノロジー犯罪の被害も、日常生活がなんとかできるという程度にひどいのです。

本や新聞を読んだり、音楽を聴く自由くらいは、僕にもあるのではないかと抗議したい。

前の記述も、いろいろな意味で証拠になるはずだが、僕の状況がかなり込み入って分かり難い被害状態にあることは認識してもらえそうにも思う。

被害あるかぎりは小さく訴えようとは思っているけれど、死ぬ気はありません。

死にません。元気です。

もういい加減、罠はやめて欲しい。静かに暮らしたい。

誰もが生命と生活の保障がなされる社会であるべきだ。

それを前提に、教育の機会均等や再チャレンジが可能な社会が存在するわけで、日本にはそういったものが、他の先進国、特に欧州各国に比べて弱いので、なんとか是正をお願いしたい。

財源問題が言われるが、財源なんて何処にでも大量にあるし、金融緩和と金融課税でいくらでも錬金術のように、赤字財政は無くせるのに、それをしない…できない政治には裏があるのだろう。

その裏の一部が、僕の被害に現れているのかもしれない。

写真【ルソーとるそー/Rousseau-torso.JPG】

頑張ると逆効果にされかねないので、頑張るつもりも闘うつもりもありません。負けないようにはしています。




追記2:
僕は子供の頃からオレとは言わないけれど、オレという第一人称をつかうヤツにくっつかれていて、自分の選択がなかなか行動に結び付けられない。

そいつを仮にMr.オレと呼ぶけれど、Mr.オレはもしかしたら人工知能かもしれないし、特定の属性の人たちの意識の総称かもしれない。

僕自身とMr.オレとでは本来的に価値観がまるで違うが、彼には僕の意識を利用して、内容を違う方向に持っていく傾向があるのかもしれない。

推測だが、Mr.オレは、おそらく保守派でもタカ派色のある連中だと思われる。もしかしたらネトウヨかもしれない。もしかしたら隠れ反米右翼かもしれない。何度も書くように僕はその正反対のリベラル派だが、保守系に繋がれていたりする。昔は社民の方につながれていたし、最近までそれはあった。僕に左派色があるために、保守派を右翼に感じている可能性もあるし、相手の思考や言論が逆に届いている可能性も否めないし、なかには、僕のようにリベラル派なのに、ネトウヨのような連中にくっつかれて、対応を余儀なくされている人が他にもいるかもしれず、そういう相手との干渉だってあり得るので、実際はわからない。

ネットには見えない落とし穴がたくさんあるので、そういったところで実権対象になった人たちかもしれない。

どうも権力の裏の戦略の可能性が高いので、回避することが簡単ではない。社会がゆっくりと右傾化しており、分かり難い手法で広くそういった戦略がとられている可能性がある。

僕自身は穏健でリベラルな中道左派なので、いまの社会情勢には迷惑している。

再追記:
ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、リベラル派を精神疾患にしているのはこっちだ、と言っていた。「こっち」がどちらかは分からないけれど、リベラル派の僕を攻撃する相手により、僕の同期者が一緒に攻撃されては困るので、最近は政治に関与しないようにしている。

ただし、誤解があって、僕がツイッターなどで接触していた他の被害者は、僕がテクノロジー犯罪や集団ストーカーというものの存在を知る2012年より前から被害を認識していたらしきひとが多く、少なくともツイッターで被害者に接触した時点では、彼らは既に被害を受けていた。僕により被害を受けたというのは完全なデマであり誤解だ。

2012年より前には、テクノロジー犯罪のことを知らなかったのだけれど、僕は昔から被害にあっていた形跡があって、被害者情報やNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークなどの情報で、過去の不可思議なできごとが、被害の文脈ではっきりと理解できることに気付いて、自分がかなり長期の被害者であることを知った。

だからといって、僕で被害に遭遇するようなことは、少なくとも僕が被害を知る前はなかったはずだし、もしその後に何かがあっても僕にくっついている人の影響だって無視できないはずだ。

過去の僕の周りの出来事がテクノロジー犯罪の被害に関係している可能性は、先月に、東ロボ…、の関連で簡潔に書いている。それ以降に関しては、HP(akejy.html.xdomain.jp)の方の記述を参照下さい。

前述の情報だけでは信じてもらえるか分かりませんが…HPから一部、重要ポイントを抜粋します。






1987年の13歳のときには予言されていたPの利用

中学一年生のときのクラスで作った文集です。
1987年の13歳のときには予言されていたPの利用

以下、HPから部分引用。

この文集の記述を見つけたのが、2014年の9月上旬。その一年前の2013年の9月上旬に、僕のセクハラ被害が始まっている。

勉強ができた二人の女の子を含む女子4人組が順番に「ー 黒のバラード ー」というタイトルのホラー小説を書いていて、殺されても死なないA子が主役のよう。左の文はその一部だが、確かにA子がAKOだとすると、AKIという当時の僕のニックネームに近い。

(ツイートの引用)
「中学1年のときの文集に女の子数人のリレー小説がある。ホラーなのだが最終的にA子のPに悪魔が宿って操っていたという結末。Pとは何か。あえてPしか書かない人の一部は、ペニス以外思いつかない。A子=AKO。当時僕はAKIと言われていたが…今の状況を予言しているように感じる。」

P に関しては、Penis という単語以外に、Pussy という女性のものを表す単語もあるが…

あくまのことを、「あっ、くま」として、熊の絵を描いていることや、A子の影の絵がペニスに似ていることも、偶然ではないと思う。

ここまで部分引用。

かなり以前から、そういったことが仄めかされていたことを推測することができるが、脳操作技術が昔から使われていた可能性もある。というのは、別の男子グループが小説を書いていて、内容に類似性が見られたから。人生計画でも、僕の記述に似たものがそのグループの一人にあるけれど、子どもだから影響されやすいのだと思う。

(ちなみに字がやたら汚いが、僕の悪筆は昔から。努力して上手い字を書こうとはするが妨害される。母は達筆なのだが、ときに誰かが僕と母を誤解していると、字の傾向が逆になることがあるので、すごい技術が裏にはあると、日々関心する。そういえば、昔も時々ノートの文字が僕のものではないような丁寧で上手なときがあった。)

駄洒落でクマに関して書かれているが、クマ=K・UMA=K馬と読めて、これは欅坂46が、key・aki逆と読めることにも関係していそう。ケイという人は、女子アナにも多いけれど、宇多田ヒカルさんの母の名前でもあるが、放射線技師の同級生もそうで、彼はキックザカンクルーの長髪以外の2人を合わせた感じでピッタリの人物で、僕とは対照的な感じがする人。

宇多田ヒカルさんの母の藤圭子さんは「圭子の夢は夜ひらく」という代表曲で、僕の幼少期を予言してくれていた人だ。

欅坂=key・aki逆というのも、AKB48系がアキモトさんによるもので、エグザイル系がHIROによることで、僕の名前のアキヒロ(彰浩)が仄めかされているのと似ている。

同じ構図は、政治だと大畠アキヒロ&太田アキヒロ、時事系だと池上彰&星浩、思想だと浅田彰&東浩紀、サッカーだと城彰二&中田浩二(名波浩)、森島ヒロアキなどで多く見られる。

女子アナ絡みのメディア集ストがあって、テレ朝、フジ、NHKに濃厚にあったが、TBSでも古谷有美と吉田アキヨ(僕に顔の感じが似ている)が同期入社などで関係がありそう。朝日ーTBSーNHKの関係があるニュース23(今は星浩)は、故筑紫哲也さんがずっとアンカーをしていたが、彼はちょっと僕の祖父に似ていた。その彼の出身地が大分県の日田市で面積が666平方キロだ。日田はヒタと読むが、点をつければヒダ=飛騨となる。TBSの江藤愛アナの出身地でもある。

僕が十歳代の後半に弾圧されて、自分の望む選択を何もできなかったことは他に記述しているが、その後に放射線技師になることまで高校2年のときのエンタメで予言されていた。

HPから引用。

嘉門達夫「替え歌メドレー3」「んなアホな!」の曲(ニコ動)の3’33のところから「岐阜県の温泉は下呂」とそれに続く仄めかしがある。

歌詞から関連部分を抽出。

 岐阜県の温泉街は下呂 (僕の住む自治体)
 尾張名古屋(終わりな古屋(僕は古谷))はういろう
        (小人映画「ウィロー」前述の低身長操作仄めかし)
 X線はレントゲン (僕の所有する診療放射線技師資格でできる病院の仕事)
 星アキコ

替え唄メドレー3は1992年1月1日に発売されている。この段階では高2。

「X線はレントゲン」の歌詞は、のちに放射線技師の国家資格を得ることが予め決まっていたということを示唆している。というのは、放射線技師の道を決めたのは高3の後半だったから、歌で予言された高2の冬の段階では、そういったことは何も考えていなかった当時(1992年)の僕はこの歌の存在を知らなかったし、知ったのが2015年のMステの放送時なので、予言がされていたことすら気づいていなかった。

ここまで引用。

人生のそのすぐ先で、著名人のそっくりさんに複数出会うことになったので、何故にそちらに誘導されたのか、いまでは理解できる。

ちなみに古谷はフルタニと読みます。この歌は高2のときの1992年1月1日に発売されており、僕は生きているけれど、人生は確かにその頃には終わっていたかもしれない。(東ロボ…参照)

放射線技師は、当然だが放射線を扱う。放射線物理学や放射化学など、それに関する基本的な学術知識を広く得ている。エコー検査で超音波を扱い、MRI検査では磁力を扱う。放射線生物学でDNAなどへの影響も学ぶ。僕らの頃は一応ゆとり教育ではなかったので、自動制御工学なども学んだ。当然、解剖学も学んでいる。

十歳代はテクノロジー犯罪の弾圧被害で勉強どころではなかったので、高学歴とはいえない状況だったが、広く基礎を学んだことで、幅広い知識の重要性は認識できた。医療関係一般が医師をふくめてそういう分野であることも確かなことだ。

福島原発事故の際は知識が多少は役にたったが、それは不必要に怖がる必要のないものと、危ないものの識別が表層の知識で語られるところよりはできたということに過ぎなかったというだけだったものの、僕は放射線技師であっても、原発に事故前から反対している。

テクノロジー犯罪の被害を受けて、電磁波が光や放射線の一種ではあるものの、現在の一般の科学技術を超えるものに関しては、昔学んだ知識は役にたたないことを感じたが、脳抑制のひどさも関係している。特に技術的な部分は妨害がひどくて、表層的な引用しかできないレベルに落とされている被害がなければ、難しい論文をなんとか読み解こうと努力しているはずだ。しかし、被害により関連する一般書を一冊読むのも命がけの現状では、どうせ途方もつかない技術で目処も分からず、資料の入手も限られることから、技術面は他の人たちがわかりやすく出してくれることを期待せざるを得なくて、僕は既存の知識で被害を読み解く以外に何もできないでいる。

むしろ、望まない陰謀論に巻き込まれそうで困っているが、そちらの利用が裏であるようなので仕方ない。妄想ではありません。

せめて、政治的なアプローチで状況を読もうと試みたが、やはり妨害がひどい。罠での利用を避けたからだと思われる。

(こういうことはたくさんあって、HPに一部記述している。HPの方は被害がひどいときに書いていて、寄せ集めでしかない。それでも何とか記録を残そうという努力は理解して欲しい。)



仕方ないので、僕がどのように利用されているかのポイントを如何に書きます。

この状況は666に意味があるらしい。

僕がこんな状況なのは、数秘術であるゲマトリアで、666、111,888がでるから。

ゲマトリアは数秘術だが英語の場合、A=6を基準にアルファベットをAからZまで6の倍数で数値化したものを使う。

furutani a in English Gematria Equals: 666 ( f36 u126 r108 u126 t120 a6 n84 i54 a6 )
furutani a in Simple Gematria Equals: 111 ( f6 u21 r18 u21 t20 a1 n14 i9 a1 )
furuya a in Jewish Gematria Equals: 888 ( f6 u200 r80 u200 y400 a1 a1 )

欧米では悪魔の数字と言われるがデマで、新約聖書のヨハネの黙示録13章にある獣の数字ではあるが、そこには「思慮あるものは獣の数字を数えよ、その数字は人間。その数字は666」とあって、経済活動を営む人間全般を意味することが分かる。

同時に666は3つの6であり、ミロク=弥勒と読めるため、仏教圏では救世主を意味する可能性がある。

僕が置かれた特殊な状況を理解してもらえたかもしれないけれど、僕が望んでそうなっているわけでも、僕が望んで人生が破壊されたわけでもありません。裏に利用されている。闘うつもりはないけれど、負けるつもりもありません。生き続けます。


僕が被害のことをあまり書かなくなれば、被害が軽減している証拠だが、その状況では普通の生活に戻れることを期待する。

ただし、僕のせいにしたがる人が存在する限りはどうすることもできない。誰かのせいにしてはいけないし、こんなステルス弾圧は電磁波兵器を広く使用できる権力の裏がしているものだろう。一被害者を加害者に見せる偽旗作戦は、戦後にGHQがしていたものに似ているかもしれない。事実に基づいて考えているわけであって、別に反米の意図はありません。

米国の問題はいろいろと認識してはいるけれど、こんな被害のあるなかで、僕に反米ができるはずがない。


2016年はCMなどを含めて仄めかしが多い年だった。米大統領選挙があって、関係者に仄めかされているけれど、相手は操作されただけで、おそらく気付いていない可能性がある。

Democratic_x_Republic_1.JPG

この図は、真ん中の「X」でネジレの存在が暗示されている。

以下僕のHPから順不同で引用記述。

僕自身は外見はロバ(民主党)っぽいが、リベラルで民社主義+イノベーションの価値なのでそうだろう。あそこだけゾウ(共和党)らしい。本音は北欧志向でフランス好き。

上の図の両党の説明は特にトランプ氏の方が共和党と候補の間での違いが大きいので、一概にはいえないかもしれない。民主党はヒラリー氏が既得権を味方につけたと報じられていたので、既得権がどこを意味するかは分かり難いが、今の米大統領選挙は一見すると逆の構図が混じっているようにも見える。

どうもリベラル側は遠隔操作でスケベにされたり脱がされるが、ルソーが露出狂だったことを悪用する裏権力が存在することが過去の著名人に対するトラップの経緯から分かる。社会契約論は絶対王政下では発禁本だったらしいが現代はその理想はかなり実現している。裏での突き崩しから市民社会を守る必要がある。

フランス好きと書いたせいか、オートクチュールが頭の中でリフレインされた。高級服の特注というフランス語だが日本語の造語みたい。オート(自動の)トクチュー(特注)チュール(ツール=道具)toolには道具以外に、人のいいなりの手先だとか、ペニスという意味がある。coolでシュールだが、ツゥルー(事実)では無い。 (補足:駄洒落以外は事実です)

何故オートクチュール自動の特注ツールペニスの方だけがゾウのような共和党(≒自民党?)の手先の悪魔に乗っ取られているか分かるとは思う。

だから、オートクチュール≒オート特注ツール?の駄洒落の tool=道具→車を運転する→いいなりの手先、だとか、商売道具→手段、ペニス、の意味の派生は、共和党の文脈だろうと思う。

トランプ氏の副大統領候補はマイク・ペンスだったが、ヒラリー氏の方はティム・ケイン…こちらの方が(ケのkeをkoとしたら、隠語としては)露骨な名前かもしれない。

HILLARY-CLINTON.JPG

結果論として文脈的には、ヒラリー陣営が投票日直前に副大統領候補にバイデンを発表している。サンダースなら3ダース=3×12=36=弥勒だし、サンダース=サン出す=息子出す=イチモツを出すでこの文脈だが、バイデン(バイセクシャルが出ん)…はバイデル(バイ出る)という名前ならよかったのかも? 前述のように名前の文脈駄洒落でしかないが、サンダース(サン出す)の流れからサンデル(サン出る)でも良かったかもしれない? 僕はLGBT差別には反対しているけれど、別にバイセクシャルのつもりはないが、裏はそういう扱いなのだろうか?

…冗談ばかりです。

new_president_161109.JPG

上のペンスというの文字は、マイク・ペンス副大統領候補の名前。
マイクやペンの複数形とはスペルはちょっと異なる。

(ニューヨークは入浴なのかも…?)

下はネット検索して見つけたマイクとペンマイク2本。

何故かペンのサイズが記載されていた。
今年は2016年でCMの仄めかしも多かったが、16CMも関係あるかもしれない。

microphone.jpg
ペンのサイズが記載されているが、数字は666888が関与しているのか?
…ちなみに 16/1.0666…=15  16/1.0888≒14.6…

ペンの複数形はペンスであり、ペニスという隠語でもありそうなのは、僕のものが下の細いマイク型だからだが、16cmと15cmは恥骨からの皮下脂肪での長さの違いで、14.6cmと1.2cm(皮下の厚さ?)も同じ文脈だ。後者の方が太った状態なのかもしれない。15cmを1.5cmと捉えれば、前者の方が太った状態かもしれない。とにかく不要に太りたくはない。数字が偶然とは思えない。

どこまでも、どこまでも、シモネタ利用をされる数年(2013〜2016年…もっと前は知らない)だった。


それに関連してか、PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)がユーチューブで1億回近く再生され有名になったピコ太郎こと古坂大魔王のネタを弄ってみた。

I have a pen. I have a mic.

um...

mic-pen

I have a pen, I have a mic-pen.

loom.....

mic-pens !

Mr. Mike Pence, he is the brains of the next US President.


ピコ太郎の実際の芸名は古坂大魔王であり、僕が「谷」であること、ここが「小」であり、力持ち「小太郎」火祭りが存在することも偶然とは思えないピコ太郎は最初ピーコが関係あると思ったものの実際は…ピ小太郎=ここの「小太郎」祭り絡み… 上に写真を掲載したPとディルドにの字の血管がある…Pコ太郎…

それに加えて、2016年はCMの仄めかしが多かったと書いたが、たくさんあった仄めかしのうち、特にこの文脈で関係あるのは、au(英雄)の三太郎CM。桃太郎、金太郎、浦島太郎…

僕は人生を潰されて、プー太郎(差別の意図はありません。自分が長期失業状態です。)。666の獣か弥勒かなら鬼太郎かもしれないが、鬼ちゃんではないと思う。あのCMの一寸法師は、僕と上述の欅=key・akiでのケイ君を足した感じだった。

auさんのCMから引用させてもらいます。(161212追記)
2016CM_au.jpg
浦≒裏? 桃≒尻? 金≒イチモツ? …かもしれない。

別のCMで金太郎役のひとが、次の君の役は…大・統・領、というのがあった。イチモツだけ大統領…文脈には即しているが…困る。(HPに関連情報があるが…僕は中道左派)
ちなみに2016年の三井住友海上CM大抜擢篇。(撮影の休憩中。「決まったぞ、ハリウッドデビュー」「マジすか?」「アメリカの、大・統・領」。不安そうに「俺につとまりますかね?」)

上の図はauのCMだけれど、ちなみにライバルのソフトバンクさんの方のCMの仄めかしは前述しています。。(別に、そういう会社の回し者でも、そういう会社の宣伝に貢献するつもりも特にありません。勝手にネタにされてきただけだ(笑)。)

CMで「変わる」とやっていたが…もしかしたら替わるのは僕だったかもしれない。いや、政治か何かかもしれない。もう年の暮れに近いけれど、実際に今年何かが変わっただろうか? 最近気づくのは3年続いた日本の極端な右翼政治が終わったような感じがあること。中道左派の僕がメディアから外されかけているのは、相変わらずのアベコベ現象で撹乱のためだろう。皮肉なことばかりです。

裏利用されている中道左派の僕が、ネットに政治のことを中道左派の観点から書いている間の方が、日本社会が右傾化していたのは皮肉以外のなにものでもないが、以前のように影響が無くなっていて、世の中がどんどんおかしくなっていたから、ネットに書きだしていたわけだし、その間は僕に政治的な影響はなかったのは事実です。今後は過去のようになるかといえば、そうとは限らないとは思うけれど、中道左派なのに右翼と思われたりする撹乱などは二度とゴメンだし(2012年に謀略をされている)、僕は何も価値観を変えること無く、穏健に平和と平等を理念として、人権を重視する立場で生きていきます。

何にしても僕に死ぬつもりはありません。いまの状態を好んでいるわけでもありません。普通に生きて普通に生活したい。特に悪いことは何もしていないのに、この状況はひどい。せめて人並みの幸せを味わいたい。

長生きしたい。長生きします。幸せになりたい。いつか幸せになるでしょう。希望は持ち続けます。

今後はメディア集ストのことは、あまりネットには書けなくなるし、テレビ自体をあまり見なくなっていくと思う。生命の危機を感じるような脅しと被害を受けて、僕がネットに書いてしまったので、ターゲットが外に移動していると考えられる。

冗談みたいな話だが、全部事実です。妄想ではありません。嘘偽りは一切存在しません。

色々と関連を書き過ぎたようです。事実かどうかはHP(akejy.html.xdomain.jp)の他の記述を参考にしてもらえばいいですが、自己責任です。



(いま(161210-7:27am)、中部電力がサイレンを鳴らしている。上流にダムがあるからだが、そんなに雨は降っていないはずだと思い天気.jpで確認したが、全く降っていない。権力の組織ストーカーのようです。)





別に僕はトランプ大統領を支持はしていなかった。むしろあらゆる差別自体にずっと反対している。

アメリカ大統領は世界的な影響力があるので、僕は格差是正を期待して民主社会主義を標榜していたサンダースを支持していた。

もともと社民党の方の脳同期が長かったので、ピケティやスティグリッツを支持したら、彼らフランス人やアメリカ人の左派学者がイギリス労働党のコービンの顧問になっている。過去には、サッカーJリーグの弱小だった名古屋グランパスを応援したらフランスからベンゲルがきて、天才ピクシー(ストイコビッチ)を復活させて、名古屋を短期間で強豪チームにしたが、すぐに名古屋を離れてフランス人初のイギリス・プレミアリーグの監督になっている。サッカーは労働者のスポーツなので、労働党に行く傾向は20年前と同じだ。

裏が左派というのは考え難く、左派は裏の問題を解決する方だが、欧州では与党にもなる権力だけに保守系に比べてクリーンというだけで完全にはクリーンというわけにはいかないだろうけれど、でも、こういった謀略が左派系によるわけではないだろうし、むしろ、僕の状況は偽旗利用かそうでなければ革新保守への誘導の可能性があるので、そちらには全力で注意をしている。日本を戦争の道に行かせるわけにはいかない。独裁も望まない。リベラルで平等な社会をつくる必要があると思っている。

他にも僕のような利用される人たちがいて、僕はたまたまか知らないが、理念の方を優先するわけで、他の人たちがどういう立ち位置かは分からない。陰謀論は一部に真実があるが、善を悪にみせたりするので利用されないように注意すべきと考えている。僕はその前提で文を書いている。

(ちなみに英労働党や仏社会党、独社民党などと日本の社民党は国際的には同じグループ。僕はそういう左派より位置づけで、同時になぜか右派の人間にもくっつけられていて、人生で身動きがとれない被害状態にある。革新保守にはなりません。リベラル左派が理想だ。もともとが平等を望む人間なので、社民主義でもリベラルでも構わないので、何とか社会を良くして欲しい。

次のトランプ米大統領は保守系だけれど、ヒラリーを支持していたこともあるようなので、ヒラリーが隠れ左派で平等志向なことも勘案して、何とか格差を是正して欲しいが、既に情報公開を否定するような姿勢があるらしく、今後のアメリカと世界と日本がどの方向に向かうかは、じっくりと惑わされること無く見極めなければいけないと思っている。

一般市民は権力に騙されないようにしつつ、それ以上にネットなどのデマには注意が必要だ。僕の書いていることはデマではないのに怪しまれるが、ネットの方のデマは人を騙すので本当に気を付けて欲しい。繰り返すけれど、僕の書いていることはデマではありません。妄想でもない。裏の社会実験を暗示している。

僕は左派系でも中道色があって穏健なので、闘うつもりはありません。負けるつもりもないけれど、こちらに選択権があるかは微妙で、なんとか生き抜くことを考えるだけで精一杯なのかもしれない。



電磁波を含めた被害もひどいので、いまの僕は健康でありさえすればいいと考えているけれど、被害があったことは事実だし、いまも存在します。

平和と人権が守られる世の中であって欲しいと願う。 





補足追記:

メディア集スト被害があるが、報道番組や情報番組を見なくなっている。もともとバラエティはほとんどみていない。芸能情報をみても出てくる名前が全く分からないほど俳優や芸人を知らない。たまにバラエティ系の時事番組を見るが関心話題を扱うことが少ない。

自分の状態がテクノロジー犯罪の被害であることを知ったのは2012年だが、30年近く前から学業などの妨害を受けており、元々が理系の方なので人文科学に疎いうえに、脳操作で意欲を向けることができないという特殊な被害状況のために、読みたい内容の本に読書制限があり、政治思想などを十分に吸収できないでいた。

しかし、少なくとも数年前までは一般報道を見たり読んだりして頭に入れることができていたし、民主党政権ができていく過程で政治への関心が強まったので、特にそれ以降の報道に関してはテレビの解説員並に幅広く基本的な内容をポイントを抑えて頭に入れており、テレビ報道で情報を得るのではなく、テレビがまともに報道しているかのチェックができる水準の期間があった。

その後、安倍政権になる直前から、テクノロジー犯罪のビリビリとした電磁波を受けるようになって、過去30年の迫害を超えるひどい状況が数年に渡ったせいで、自分とは思えない程に何も知らない…といっても街頭インタビューされる一般人やネットの多くの一般論者よりは知っているかもしれないが…詳しくはない状態になっている。

12月10日の朝、僕のブログを読んでいるか何かの人の意識がストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が使われて伝わってきて、こいつを朝日に来さしちゃダメ…と何故か言っていた。こいつは僕ではないかもしれないが、わざわざそれだけを僕に伝える時点で、権力の謀略があるだろうけれど、誰かの考えを利用しているか、誰かのせいにしての策略的なものも含まれる可能性があると考えられる。ただし、その後しばらくして相手が誤解していた、しっかり見ないといけない、と言っていた。

30年前のお僕らの団塊Jr世代がものが分かるようになる頃にあわせて、テレ朝が討論系の番組(サンプロ、朝生)を始めて、僕自身も継続的に見ていたのだけれど、メディア集ストによる誤解から、僕がテレ朝の日曜朝の討論枠(サンプロなど)を見なくなった後に、その枠がバラエティになって、僕が日曜の夕方に見ていたテレ朝のニュースの拡大枠に、その枠の報道系番組(報ステサンデー)が降りてきたことから、自分の影響があることを認識させられた

そういうことは、過去にもいくらかあって、たとえばテレ朝テレビタックルは、僕が見れる時間に移動しまくっていた(夜9時→夜11時→日曜昼)が、あの番組はさんざん利用された苦い思い出がある。視聴者の不可抗力を悪用するのは保守権力の側だった。BS1グローバルディベートWISDOMが見なくなった途端に終了したし、NHK大人ドリルは東海地方で放送されなくなってから、しばらく時間をおいて終了している。出演者が渡辺満里奈ちゃんだったりするので、関連がわかるのだが一般には理解されないでしょう。ためしてガッテンは、見ないときに司会の立川志の輔さんがCMで「どこに消えた」とやっていたので再度見だしたらときに番組枠が当時の見やすい時間枠に変わった。TBSだと土曜夜の世界ふしぎ発見はずっと見てきたので続いているが、同じく長寿番組だった日曜夜の世界ウルルン滞在記は、見なくなった後に終了した。自民党が2012年に明らかに問題だらけの右翼のような改憲草案を発表したあとに、BSフジの討論を見て、メディア集ストがあるので改憲案に具体的な抗議をしてからフジを徐々に見なくなっていった。その後に何故か視聴率王のフジテレビが低視聴率になって、笑っていいともが終了しタモリさんがNHKSPなどに出演しだして、その後にブラタモリでレギュラー番組になっている。フジはテレ朝以上に、僕に友好的な態度を示していたが、価値観が違うので裏があったかもしれない。メディア集スト絡みではフジは20年程で、30年のテレ朝やその中間のTBSよりは短かった。NHKは十数年で、日テレ系はおそらく主犯らしく表にでない。女子アナ戦略もほとんどしていなかった。ネットを見る限り、最近、僕が降りてから情勢は変わったようにも感じる。テレ東系はNHKと同じ頃からの参入…昔も、誰でもピカソ、などが関係していたが…。

誤解しないで欲しいのだけれど、僕のメディア集スト被害は、他の被害者のような攻撃性が極めて少ないというよりも、むしろ友好的であって、せいぜい記憶抑制がこちらにされる程度のものだったけれど、2016年になって様相が一変している。僕が悪者にみせられている。過去にもそういう時期が幾度かあって、テレビを見なくなっているが、番組が終了したものは、その流れでのこと。終了しなかったものもあるので、そちらは別の要因があるだろう。例えば、サンプロは終了したけれど、他の田原総一朗番組は彼が元気なうちは続くだろうと僕が予想した通りに続いている。

直前の記述のあとに、早朝なのに空がゴーゴーと唸って、その後にフレイ効果利用だろう音声送信で僕が僕の加害者に見せられたような状況。具体的な言葉は、記憶が強く抑制されて書けなくなった。加害者の考えが届くことが稀にあって、その理由が僕を加害者に見せる謀略なら困り果てる。(161210-5:00am)

実際のところ、テレビ報道を見ても、脳操作されてバカみたいになるし、メディアへの権力の裏による迫害を僕のせいにされかねないので、相手の変な発言に関係なく見なくなっているが、過去の誰かの発言を僕のせいにするような戦略を裏が今年度(2016年度)からしているみたいなので、報道からほぼ完全に離れる時期が遅かったかもしれないが、前述の僕が見なくなったあとに番組が終了したなどの事情により報道から離れることを躊躇したせいでもある。

過去の誰かの発言を僕のせいにしてくるというのは、その過去がいつを示すかで意味合いも異なるが、安倍政権ができてからなら、僕はシールズ辺りの価値観だったので、秘密保護法も安保法制も反対していた。もしかしたら相手からすれば、相手は安保法制に反対してないと言いたいみたいだし、逆に僕は、安保法制なんかに賛成していない、と言いたいので、何かのアベコベ状態いがあるように感じる。

こういうことを書くと、別の相手が、そういった発言を僕の家族などのせいにしようとするが、僕以外の家族は政治に全く関係していない。父や祖父は死んでおり、他は時事報道のことはほとんど何も知らないような人たちだ。

権力の裏が僕を利用していたのだろうけれど、その後の状況は裏が僕の利用を止めることにしたということだと思うが、こんどは、僕への迫害を僕を誤解する何者かのせいにしている可能性がある。

権力の裏の利用といっても、市民の代表みたいな感じであって、ときに脳操作で引っ掛けてくるみたいなものだった。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、こいつがあの時のまともな方のひとを排除した方に見える、と誤解して言っている。

「あの時のまともな人」というのが、テレ朝の日曜朝の討論枠で影響したメディア集スト関係の人なら僕のことになる。こちらの現実を考慮すると、誰かが僕を排除する役割をさせられたのかもしれないということになるが、結局のところ、誰かを脳操作してそのひとの自業自得にみせて、権力が悪質な行為を誤魔化す手法をしていることがはっきりと分かる。

もしかしたら音声送信の相手にとっては、「まともな方」が陰謀論者を指すかもしれず、そうであれば、もし当時は陰謀論を何も知らなかった僕が何らかの影響をしていたと仮定すると、陰謀論者にとっては僕がまともな方(この場合は陰謀論者)を排除した方に見える、という表現が矛盾しないことになるのだろう。

そういうことが裏であったかどうかは分からないし、単なる僕の仮定における推測に過ぎないので、実際は関係ないだろう。相手が僕を誹謗中傷しているのに、相手も罠で誤解していると僕が考えて、相手への配慮をしているのだが、こちらへの遠隔操作や音声送信の被害は、僕を悪く見せるものが含まれて遺憾だ。

一般論として当時の言論の範囲であれば、実際の「まともな方」は僕でしょう。これは後から読んで、僕を悪く見せる脳操作の文章を僕が書いていたので上を修正して書き足している。

僕は悪いことは何もしていません。もしかしたら、僕(リベラル派〜社民主義の自由平等平和人権民主汎愛の価値観)と、陰謀論者の相手の間で、相互に干渉するような変な戦略があるかもしれず、僕と相手を逆に見せて、左派系の僕を弾圧する謀略があった可能性がある。相手が陰謀論でも何でもいいけれど、相手も言論の自由の範囲であるだろうから、どちらも悪いことはしていないと仮定すれば、巧みな弾圧手法をしている権力の存在が浮き上がる。

僕のHPを見てもらえば、本来まともな主張をしていた人間が、陰謀論に巻き込まれていたことに気付いたのだということが分かると思うし、同時に巻き込まれただけで、僕が陰謀論者ではないこともわかるはずだ。

よくよく考えると、僕の被害は、単純な謀略を長期的に裏がしていた際に、安易に考えつきそうなやり方ではある。僕は何も知らないままに人生を破壊され利用されたが、まともな方の主張しかしていなかった。2012年にテクノロジー犯罪の被害を分かるようにされてから、陰謀に巻き込まれていたことを知ったが、それがおそらく計画的であるだろうということです。HP(akejy.html.xdomain.jp)参照。

この謀略は権力の裏が関与しており、計画的に練られている可能性が高い。その後の2012年にテクノロジー犯罪の被害を受けて、ネットなどから被害者の発している情報や、それに関連した陰謀論を読んで、そういったものがあることを知ったわけで、その後にそれ以前はネットに書き込んでもサイトに弾かれた=記入できなかったことが多かったが、ネットに記述ができるようになったのでツイートをするようなったのだけれど、結果として僕の書いていたことは、穏健な中道左派によるリベラルでまともな政治主張に右翼の陰謀論や電磁波被害の内容が混じるようなものとなっていた。被害がなければ、陰謀論は書いていないはずだ。

その辺の内容は、@akejyの方のツイログtwilog.org/akejyで検索するなり過去に遡るなりして確認が可能です。その他を含めた被害記録全般は、こちら(akejy.html.xdomain.jp/index_tw.html)にもあります。

いまそちら(@akejyのツイッター)の方はログインできなくされて、フォローしていた人たち(左派系や朝日系が多かった)が全てフォロー解除されており、フォロワーも少しずつ減っている。米大統領選挙当日にログインできなくなって(その前に悪質な謀略があって、僕は罠に嵌っているのだが、脳操作などもあるのでどうしようもなかった)、その後ひと月ほどで9百近くから8百を切るところまで減っているが、半分は朝日新聞の記者がアンフォローしたから。ただし、彼らが自らアンフォローしたのかは疑問で、過去数年の裏の謀略からすると、朝日を嵌めるために僕が利用されたという非常に腹立たしいやり方を裏がしてくるので、もしかしたら朝日記者のツイッターがハッキングされて、僕をアンフォローした可能性もあり得る。もちろん朝日さんが完全に無垢かどうかは分からないし、今の状況では何が事実かもはっきりしないが、政治の大きな文脈では、リベラル系がやられているのは明らかで、その文脈でも、過去の僕への罠でも、同様の傾向があるので、おそらく悪質なのは保守権力である可能性が極めて高い。

他の被害者のように、僕は圧力に屈するつもりもなければ、騙されるつもりもない。専門外を知らない人は騙せても、広く現実社会を構成する要素のポイントを拾っていて大局観がある人間を騙すのは簡単ではないだろう。同時に、僕自身は穏健な人間なので、権力が危険視して対策をするような対象では本来的にはあり得ないことなので、謀略の悪質性を認識して欲しいと思う。

前の記述で2012年に被害が分かるようにされたことから「穏健な中道左派によるリベラルでまともな政治主張に、右翼の陰謀論や電磁波被害の内容が混じるようなものとなっていた」と書いたのは事実で、それ以前にテクノロジー犯罪のことも集団ストーカーのことも知らなくて、陰謀論のことも興味がなかったのでほとんど関知しておらず、僕の元々の主張はリベラルもしくは社民の範囲だったということです。

たとえば、男女同権や格差是正、短時間労働、ワークシェアリング、同一価値労働同一賃金、最低賃金の引き上げ、福祉における再分配拡大とイノベーションの導入、教育へのイノベーションの導入による個々への最適化された教育プログラムにより落第者を出さないで幅広い子供たちが共に平等に学べる環境づくり、医療の最適化、健康寿命を伸ばす諸策、人権の擁護、情報公開の徹底、企業団体献金とパーティ券の禁止、金融取引税、累進課税、などなど。

リベラル政策は朝日で社民政策はNHKで言っていた傾向があった。脳同期もあったのかもしれないが、僕の意見でもある。フジ系で言ったことに、僕の意見ではないものがあり、そこは訂正をしていたが、訂正の方は届いていなかった可能性があり、元々の意見が誰のものかは未だに謎のままだ。

陰謀論に関知していないと書いたが、後に陰謀論を知ったときに感じたのは、米シンクタンクのレポートなどがソースとなって、それが滅茶苦茶に歪められているのではないかという推測。

陰謀論者にとっては、エシュロンや権力による盗聴、個人への統制管理などが彼らの意見のつもりらしいが、それらは本来的にはリベラル派や中道左派の懸念である。

違いがあるとすれば、リベラル派はそれがどのような経緯を経て国家の政策になっていくかをよく分かった上で、政治的なアプローチで問題を民主的に解決しようとすることであり、陰謀論者はそれらをロスチャイルドやロックフェラーがしているだとか、イルミナティやフリーメイソンがしている、だから共産主義が悪いと言っているという違いがある。もちろん陰謀論者のいうビッグブラザー的な悪の主体は、保守権力による論点ずらしであり、当然だがデマということになる。

だから、僕自身は陰謀論の中に一部の真実があったとしても、基本的には陰謀論は信じていない。しかし、権力が裏で陰謀論を流して利用している文脈と同じ流れの中で、僕が位置づけられている壮大な罠があることに気付いたので、それをHPで何とか主張しようとしたが、脳操作被害用語説明参照。 akejy.html.xdomain.jp/term.html)があって、うまく意図を言葉にできない状態が続いていた。

僕を利用している権力の裏が、僕の考えを読んで、代わりに乗っ取られた状態の僕が書いているような状況だったので、文章は下手だし、構成は悪いし、すくなくとも僕は空間認識力が高いため大局観があって文の構成はしっかりするはずなのに、そういう自分の長所はまったく使えないような変な状況になっていた。

その「壮大な罠」に関しては、HPの「天の声について」を参照ください。
(その際に、僕を誤解しないで欲しいし、権力が陰謀論を利用して何も知らない被害者に何かをしているという文脈で理解すべき状況だし、嘘みたいな本当の話が存在することを分かって欲しいとは思うけれど、そういう事実があることを知ることがいいことなのかは疑問なものの、一般に広まる内容ではないだろうから、意外と問題はないだろうと推測している。)


一つ、僕への謀略にあたって憂慮していることがあって、それは端的には以下の内容。

どうも、現時点では(陰謀論者の)相手と僕がアベコベに見えるようにされている2012年のときは、(右翼の)相手と中道左派でリベラルな僕がアベコベに見えるようにされて、左派が僕を攻撃しているように見せられた。

今後は中道よりの左派でしかなくてリベラル色の強い僕を左翼に見せる謀略をされかねないので気をつけたい。

(くっついている人の認識で僕の周りにいろいろなことが起きるように見える被害状況があるが、裏の権力が巧みに人を利用していることの問題だろう。直前の記述で、朝日系に見せられているノノ猫(朝日新聞の社会面の4コマが「ののちゃん」)がコタツから出て行く脳操作での演出があった。朝日を左翼に思うような奴が僕にくっついていて、その意思が猫に反映されているようなので、相手が右翼かそちら系の陰謀論者である可能性を仄めかしてきたということだが、実際にくっついている相手がそういう価値観の属性なのか、脅されての行為か、裏の策略かどうかまでは判別できない。)

(ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、そういう頭のいい奴にバカな策略をしているのが古谷にみせてある、と言っていて、僕か誰かが、でもそれが古谷だ、と繋いでいたが、僕の場合は前の文脈での頭のいい奴が僕のことだとこちらの状況により認識しているものの、相手の意図は念押しかもしれないので注意が必要に感じる。)



要するに、撹乱された謀略の罠があるので、何もしない方がいいのではないかということ。

ただし、罠の回避は必要なので仕方ありません。
その際は他の人たちに配慮した記述をしています。



脳抑制により、うまく目的を捉えられない抑制があるのだけれど、冗長な文章になっても意味がないので、この内容に関しては今日はここまでです。





追記(170102):

2016年は僕が利用された年で、僕がやられた年でもあった。


12月30日のTBSレコード大賞

司会が天海祐希さんと安住紳一郎…進行役のアナウンサーに大好きな江藤愛ちゃん(と僕にチョットだけ類似系の宇内梨沙アナ。総合司会の二人も…系統が同じような顔。江藤愛ちゃんは元日のCDTVも朝まで見ていた。)

大賞が西野カナちゃん。高校生のときに一目惚れしたカナちゃんによく似た女の子。衣装がジーンズの尻を縫い合わせたもので、パッチのところがLoveだった。受賞した曲は「あなたの好きなところ」だけれど、歌詞のほとんどは誰でも当てはまりそうなのだけれど、トマトが嫌いなところ、という部分だけは少数派で個性がでているのだけれど、僕はトマトが大好きなので僕じゃないのか…と思った。ただ、被害で何もできなくなって家庭菜園も作れなくなっていって、最期はミニトマトだけはと思って作っていたけれど、トマトがたわわに実っていても収穫できないという不思議な被害が数年続いて、野菜づくりをやめてしまった経緯がある。遠隔操作被害を仄めかしていると読むのは無理があるのか?

(前述の江藤愛ちゃんも西野カナちゃんもカナちゃん枠らしくて、テレ朝の弘中綾香アナや八木麻紗子アナ、NHKの中村慶子アナなどが、そちら系。もともとは渡辺満里奈や浅香唯(ユイ枠もちょっとあるけれど、こちらはカナ違いのワカナちゃん似)から始まっているらしくて、きゃりーぱみゅぱみゅは、二人のカナが混じっている。そういうのは、同級生や親戚でたくさんあるけれど、偶然ではあり得ないし、僕の関係妄想でも絶対に無い。)



大晦日のNHK紅白歌合戦

シン・ゴジラ …ゴジラを倒すには良質な歌がいるという内容は、昔のアニメ映画マクロス愛おぼえていますかに酷似。その初代マクロスの映画版だと、滅んだ人類がバイオテクノロジーで創りだした巨人の宇宙人が人類(マイクローン)を攻撃していたのが、滅んだ人類の遺跡にあった音楽の再現に人類が成功して、彼らの創世主と我々の文化の象徴でもあるその歌を聴いて、宇宙人が何か(プロトカルチャー)に気付いて戦意を喪失するというもので、一見滑稽だけれど、彼らも自分たちを小人化して人類との交流を図る知性を有していたので、歌の美しさでつい変な結末が誤魔化されてしまうという、歌の魅力を全面に出したアニメ映画だった。僕の子どもの頃のアニメ映画の傑作で火垂るの墓に続くのが個人的にはナウシカとマクロス愛おぼえていますかだったので、2016年の紅白はそれに因んでいそう。

浦島太郎に扮した桐谷健太の「海の声」が紅白でもレコ大でも歌われた。auの3太郎CMからのヒットソングだが…紅白の司会は、そのCMのかぐや姫役の有村架純さん(可愛いのなんの…)だった。

飛騨古川と諏訪湖と東京が舞台の大ヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌が「前前前世」だが、ここは飛騨小坂で、家の前前前世のご先祖さんに島太郎と金太郎がいる。
戸籍=浦島太郎と金太郎
これは以前に圃場整備事業があったときに、明治以来登記が放置されていた土地を登記し直したときのもの。登記の放置は飛騨地方の外れで地価が非常に安くて、相続税等とは何も関係なかったため。そういう家は多いと思う。
(追記:よ志という人は僕の曾祖母で、90歳という当時としてはかなりの長寿だったので、僕が子どもの頃には元気でお菓子好きのばばさまだったことを覚えている。先日に百歳で他界した祖母から島太郎という人のことは、いろいろあったみたいで聞いていたけれど、金太郎というご先祖さんがいたことは、上の戸籍をここにアップする目的で見るまで知らなかった。だから、CMの仄めかしとこの作業の両方は、僕も関係者も遠隔操作(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)されてのことである可能性を考慮すべきだ。)

この町はそのご先祖さんの頃にはなかっただろうダムが中心地にある。町が沈んだはずだ。映画では町が隕石で沈んでいるらしい。エピソードに使われている。

浦島太郎と金太郎のauのCMは偶然ではないだろう。
桃太郎はどこかは知らないけれど、空いているなら有村架純さんのかぐや姫と一緒にならたら…というのだけが妄想。


ソフトバンクの犬のお父さんと家族は、家のトト猫の裏(お兄ちゃんが黒人の人なのは、僕がタラコでマッチョで出っ尻だから?…メガネは類似)なんだけれど、NHK朝ドラのととねえちゃんは、うちのととにゃんちゃん絡みで、ヒロイン役の高畑充希さんが、前述の有村架純さんにそっくり。

ソフトバンクの犬のお父さんのCMのお兄ちゃん役が黒人の人なのは、僕がタラコでマッチョで出っ尻だから?(メガネは類似)だろうけれど、エグザイルに似たひとがいると、CMに出ていた。二重に似た人がいる仄めかし。

AKB48の「365日の紙飛行機」の歌詞に「ずっと見ている夢は 私がもう一人いて やりたいこと 好きなように 自由にできる夢」とあって、僕の状況を仄めかしていた。

歌手の星野源は別の同級生そっくり。小学校のとき紙飛行機クラブで、山に登って飛行機をダムの方向に飛ばしたことがあって、そのときに妹が彼につきまとって一緒に登った。クラブの女子が面倒をみてくれていた。飛行機は僕のが無風の中、まっすぐに遠くまで飛んでいったが、朝日新聞の折々の声のひとと同じ名前の同級生のおもちゃみたいな紙飛行機は、いい風が吹いたため、風に乗って舞い上がって、結局彼のものがいちばん遠くまで飛んでいった。僕のは2番目ということになった思い出。
登ったのは水槽山といわれる発電所の低い山で当時は山頂に木が無かったので、飛行機を飛ばすのに最適だった。飛行機が飛んでいった方は坂下という地域で2機だけがおそらく到達している。坂下チリちゃんが、何故かよく報道バラエティにでるのも関係あるかもしれない。坂下の地名はここ下呂市だけでなく、北の飛騨市と南の中津川市にもある。チリという南米の国が、新自由主義実験の対象だったので、そういう仄めかしだろう。ただし、僕は新自由主義(中道右派)に反対する、北欧志向のリベラルな中道左派系だ。

紅白の投票結果 全15票

 審査員 全11票(うちゲスト審査員が10票、ふるさと審査員は6人で1票)
  紅9票
  白2票

 視聴者投票 全2票
  白:420万3679  紅:252万7724
   →白に2票

 会場観覧客 全2票
  白:1274  紅:870
   →白に2票

結果 赤9票 白6票

最初に発表された数字上では白が圧倒的に見えたけれど、審査員票で紅の勝利だった。ゲスト審査員の票の重さを感じたし、いまの民主主義がどういうものかを考えさせられる状況は、逆にいい契機にもなると思った。今年の米大統領選挙を暗に仄めかすかのような結果にも見えたけれど、米大統領選挙はそこまで大差はなかったものの類似はしている。公平な選挙のとはどういうものか考えてしまいそう。

僕は司会の有村架純さんが可愛いと見ていただけだった。



余録:
正月番組でTBSが恒例のスポーツものをしていて、ボールが落ちるのを走って触れる種類の競技だけ見たが、サッカーの俊足の長井が13mで優勝したあとに、11年破られていなかった13m60cmに挑戦してクリアしていた。長井の顔は僕の系統で、同じく俊足の浅野(引退した代表の服部にも似ている)は友人の系統。(歌手のMIWAはその同級生の母の名前…三輪アキヒロは僕の系列…?)
二人共中学で陸上部だった。僕はチビでスタートダッシュだけは、別の同級生で100mの東海大会の常連よりずっと速かった。ただし運動会の選抜の選手リレーで声がかけられても、一周するなら彼の方が早いと浅野似の同級生の方を薦めていた。事実だから。
他にも似た人がテレビやメディアの向こうで活躍するという同様の事例は、数えきれないほど、挙げきれない程にいっぱいあります。上述のAKB48の歌の歌詞の状況。ちなみにAKB系は秋元さんだし、エグザイル系はHIROさんで、合わせると僕の名前になる。報道だとNHK出身の池上彰さんと朝日新聞→TBSニュース23の星浩さん、サッカーだと城彰二さんと中田浩二(名波浩)さん、永島アキヒロさんや森島ヒロアキさんなど…現役は控えます。他に端的なのは、上述した僕の高2の正月に出た嘉門達夫「替え歌メドレー3」の歌詞に「岐阜県の温泉は下呂」「X線はレントゲン」とあって、当時はその歌の存在もしらなかったのに、その仄めかしにより、何も知らない状況で学習妨害などをされて、運命操作によって放射線技師になることになって行った先で出会った人たちは、ラモス瑠偉(平井賢)さんと奥田民生(エレカシの宮本浩次)さんとキックザカンクル(クレバと小さい方の中間)と秦基博さんと社会活動家の湯浅誠さんは放射線技師の同級生にそっくり。
(写真追加)
1993年医療学校時代(あのおっさんではない。僕はリベラル派)他にロバートデニーロ似、川口能活似、オリラジの藤森慎吾似などもいる。僕はスポーツというより芸術や音楽、哲学の方を好むしサッカー好きなのに野球の方で似た人がいるので、変な撹乱などもある。サッカー系の日本代表クラスはFC岐阜に来ているけれど、ここ以外でFC岐阜に来た有名選手の服部などは小中の同級生によく似ている。エレカシの宮本浩次似の彼なんかは、本当にそっくりなのに、写真では分かり難い。本当に余談かもしれないけれど実は重要なこととして、僕はおしりが出ていて大きいのでシングルスーツだとボタンをしてもスーツの前が開いてしまうため、当時店員(洋服の青山?)に言われるままに安いダブルスーツを選んだ。写真でも分かると思うけれど、それが嫌で嫌で仕方なかった。上の写真は僕だけでなく皆、表情がよくない。その後にそういう懸念がない3つボタンスーツが流行り出していて、病院実習のときには9千8百円の3つボタンスーツを(トリイ?で)買った記憶がある。いま思えばそれらに意味深長な関係があると分かる。中学の音楽の教科書が嫌だったら、妹の頃にはポップスが掲載されたし、放射線技師の国家試験のときに、日本の被曝防護の規制値が古いICRP基準のままで緩いので不満を感じていたら、すぐに改正された。そういうことが過去に多々あったと思う。…追記…そういう政治的な動きだけでなく、昨今(2017年1月より前の数年)、テレビで変な表情になる人がいる件だけれど、僕は変な表情はしていないし、特に不満があるわけでもない。あれは僕が直接影響しているわけではない。上の文も脳操作妨害があって、書こうとした表現の記憶を消されながら、同じような言葉を繰返したりさせられていて、それを何度も修正したものだけれど、脳操作で前述の内容を書くように誘導されたのは、僕が誰かの表情を悪くしているという風にみせたがっている権力に利用されている何者かがいるからではないかと感じる。……)

他にも小中の同級生のそっくりさんや、教師のそっくりさんや親戚のそっくりさんがたくさんテレビに出ている。サッカーの川口能活系の顔をテレビで見ることは多いけれど、同級生の顔。他にも写真を出したいほど、関連付けが多い。サッカーの遠藤保仁の兄がアキヒロだけれど、ココリコの遠藤章造は僕の彰浩の文字に類似文字。sekai no owari が売れていて紅白などでも聴いたけれど、noが付いているから世界は終わらないし、英語で Endo of the world というのは、世界の遠藤ということだと捉えている。サッカーの遠藤の実力は、海外でプレーしなくても世界中の指導者が日本代表の中軸として評価していた。冗談みたいなん本当の話。これだと、こじつけみたいだけれど、世界は終わらない。http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=30#

最近はテレビ視聴も少ないし、2017年からは、直接のテレビでの仄めかし内容はあまり書かないつもり。


追記(170127):
Suchmos(サチモス)のボーカルが医療学校の同級生に似ている。写真の右上の人。
このバンドは2015年くらいから表立って活動しているっぽい。
suchmos.jpg
(写真は「Suchmos、新作EPからリーバイスとのコラボムービー公開 同世代クルーによる“自然体”な映像に | Real Sound|リアルサウンド」から引用)

14年に御嶽が噴火したときに、クレバに似た友達から電話があって、そのサチモスに似た人も心配していたみたいなことを言っていて、ん?、と思った記憶がある。ちなみにクレバに似た彼が、僕が御嶽を噴火させたと言ってきたものの、僕の地元の直線で十数キロの巨大な山が噴火したのだから僕がやられたに決まっているので喧嘩になった。本物の友人か、合成音声の別人かまでは判別できなかった。

サチモスの「STAY TUNE」に以下の歌詞がある。

ブランド着てるやつ もう Good night
Mで待ってるやつ もう Good night
頭だけ良いやつ もう Good night
広くて浅いやつ もう Good night

歌詞の文脈だと女性だけれど、僕のメディア被害で、男には僕が女に見えるか何かがあるっぽいので…ちなみに僕は差別に反対しているけれど、でも性の敏感な問題でもあって誤解されたくないけれど、僕自身はしゃべり方などがソフトなのでゲイと思われることが稀にあったけれどLGBTではありません。

歌詞に関して、別に高級ブランドは着てないけれど、お金がないのでユニクロなどを着ていてそれが一応はブランドの一種だとすると…当てはまる可能性は否定できないし、僕自身はソフトなMだし…それ以降の詞が、昔、メディア集ストで利用されたときの印象に近いっぽいし、どう考えても仄めかし。こういうものは、過去にも膨大にあった。

ボーカルが知り合いに非常に似ていることからも、それは確かだろうと感じる。

僕自身は政治に対応するときに、もともとが理系の方で人文科学には弱いので、そちらの知識は浅かったけれど、当時は頭だけは良かった。深くは無いけれどジャンルを超えた広い知識を有していた。

脳同期利用があるので、同じような同期者がたくさん存在したかもしれないけれど、例えば昔の僕は林先生みたいに広く知識があったし、Qさまに出ている人たちなどもそういうタイプが多い。あの問題は、出演者の得意不得意や知識などを裏が把握して、それぞれに最適化している可能性がある。僕が見ると、僕の知識の範囲から出される傾向があったし、他の人もそういう感じがする。

もちろん、それらは追い風があるときに限るようで、朝日だと追い風でも、TBSだと嫌がらせされたりもした。世界ふしぎ発見で、明らかに僕の知っている知識から問題がずっと出題された月があって、知っているのに記憶抑制されて思い出せなくなって、答えを見た瞬間に抑制がとれて薀蓄が言えるようになったり、僕が嘘をついているように見せられたこともあった。

民主党政権ができたときに、それ以前の脳同期枠から外れて、政治ばかりになっていたけれど、最近は政治は追っているものの、政治以外に意識が動いているので、半分くらいは元に戻るかもしれない。不思議な抑制感はまだ一定程度はあるし、ずっと昔から要所要所でやられて、人生を壊されているのは確かなことであるけれど、言い訳にしか思わないひともいるかもしれない。妄想でも言い訳でもありませんが。

サチモスのそっくりさんの件のついでに、写真は出せないけれど、近所にそっくりさんが多いことを書いておこうと思った。

天童よしみ。安倍昭恵。水谷豊。国谷裕子。山瀬マミ。昭和天皇。

冗談ではありません。特に天童よしみは完全に瓜二つ。みんなご近所さん。

他は名前の仄めかしが偶然ではない頻度であったりする。

プライバシーに配慮すると、このトンデモナイ状況を証明できないので残念だ。

下の方は、同級生と最初の就職先の写真です。

実際は他にも多い。関連させての名前だけを含めると膨大だった。嘘みたいな本当の話です。




追記(170106)(170107写真更新):
そっくりさんの謎と仄めかし
僕の周りにいた有名人のそっくりさんをまとめてみました。実際はもっと多いはずです。拡大して閲覧下さい。
僕の周りにいた有名人のそっくりさん2-1s
僕の周りにいた有名人のそっくりさん2-1s

親戚などでもそういうことはありますが、写真が身近なところしかないので、上には掲載していません。また、外見だけでなく、名前であるとか、それ以外の特徴などでも仄めかしは多々ありました。列挙したら切りがないほどです。



追記(170107):
家族の関係の方の有名人のそっくりさんの図です。
look-alike1.jpg
拡大して閲覧下さい。

この写真は加工などは一切しておりません。ここに書いていることは妄想ではない事実です。


上に出した同級生や家族のそっくりさんの写真の関係図を作り終えたのあとに、普段見ないお笑い芸人と同級生や親戚のそっくりさんの存在に気付いたのですが、テクノロジー犯罪の被害もあって疲れたのでここまでにします。過去にテレビを見ていたら報道系情報番組の一コーナーで、前述のひとではない同級生そっくりのお笑い芸人が何人も何人も現れたことがあるのですが、お笑いを見ないので超有名どころ以外は分からないため、それがどういった芸人で誰かを特定はできませんでした。テレビ視聴がますます減ったために、裏が見せてきたのだと思いますが、実際はもっと多いのは確かで、上の写真からもそれが妄想ではないことは分かってもらえると思います。


追記:上の写真をわかりわかりやすくしたものを再掲します。
僕の周りにいた有名人のそっくりさん2 抽出したもの2s




このタイプの被害は別に嫌ではありませんし、むしろ孤独感を和らげてもらえますが、何らかの形で実験をされているようなので、それを懸念します。

関係した誰もが幸福で健康な生活を末永く送ることを希望します。






追記(170118):
メディア集ストでの利用の具体例と経緯及び現状

裏の権力が実験的に使っていると思わしき人工知能を含めた相手側の手法。ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信を前提として。


もし、裏でスパコンなどを利用した人間の脳並の人工知能が既にあるのでなければ、僕にくっついてくるのはただの人工知能か、もしくは人工知能を介した他の被害者だと思う。ただの人工知能の場合、シャーっというノイズの合間に定型的な言葉が混じるだけか、僕の脳を読んで正確とは限らないがそれを言葉にしてくる。人の場合は、それなりの意見を言っているように思えるが、それでもシャーっというノイズが混じるので、相手の言うことを正確には理解できない。人の可能性がある声は、あまり多くはない。



(170117)
電磁波を受けて、夜の早い時間の間、寝させられた。途中で誰かによるストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があったので、時間を確認しようとしたが動けなくてできなかった。

深夜0頃に起き上がって、それらの経緯で得た内容を記述しようとしたが、トイレに行きたくなって部屋をでて、その後にお茶を飲みたいと思ったけれど急須が空だったので、湯を沸かしてお茶を入れたのだけれど、湯が沸く間に青汁を水(ド田舎なので市の水道とは別に、山の奥の谷の水が出る水道がある)で溶かして飲んだ。

結局、そういうことをしている間に、記憶が失われてしまっていた。(ここまで170117の出来事)


そういうわけで、そのときのリアルタイムでのことは分からないけれど、過去のことをメモ的に書いておこうと思う。



昔はメディア集ストで利用された。

保守系(フジ)の討論番組では、脳操作や脳を読まれて、自分の意見かのように、それだとマズイという内容を上手くオブラートに包んだ言葉で修正されたのだけれど、自分の意見だと思っているから、素直にその修正に応じてしまっていた。そんな技術があることを知らないため、裏があることに気付いていなかった。

逆に、左派系(朝日)の討論番組で大学教授の発言の矛盾を指摘したら、発言の後にその教授がちょっと考えこんでいて、暫く後にその修正点と実際はこうあるべきだというような発言をしていた。僕の考えそのものだったことがある。

ということは、僕の考えを修正していた誰かは、僕の考えを読んで修正を加えていた可能性があるが、僕の考えを自分のものと捉えて、それに修正をしていたのかもしれない。

フジや朝日系でも安全保障に関する内容のときに、変な修正工作がなされた可能性が高いけれど、当時は考えを読まれたり、考えを入れられるような技術の存在を知らなかったし、若かったのである意味で柔軟で自分の考えが確固たるものではなかったため、簡単に操られたのかもしれない。

ただし、例えばNHK解説員の討論番組や、テレ朝の夜の保守よりのバラエティ討論で、ネオリベに近い保守側の人と左派に近いリベラル側の人の意見が逆になるおかしな現象を目撃したことがあるので、僕よりも年上で政治的な立場を明確に出しているひとたちでも脳の操作がなされていたことから、そういうことが可能であることは確かだと思う。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、おまえが来たからだぞ、と言ってくるが、少なくともそのバラエティ討論は収録番組だったはずだ。裏がただの一市民である僕のせいにしようとしているが、無理があるのではないか?


メディア集ストで政治利用されたときには、どのように利用したかを、入浴時に意識を脳に入れられて気付かされることが常だったので、気をつけようといつも思っていたのだけれど、フロから出るときにはすっかり記憶から内容が失われていた。

テクノロジー犯罪の技術には、昔ソ連で使われたらしいLIDAといわれる、どうしても話したくなって喋ってしまう自白電磁波が存在するし、12月に放送されたサイエンスZEROの再放送「徹底解説!科学の“未解決問題” 心はどうやって生まれるのか?」で、フランスのシリグという学者の研究で、頭頂葉にある種の電磁波を当てると、何故か被験者は「話したい」「体を動かしたい」と感じて喋ってしまうという実験を紹介していたのだけれど、そういった技術で喋らせることは可能らしく、その際に、脳に別の人の声を入れたら、本人が自分の考えだと思って誰かの考えを喋ってしまうかもしれない。

もしかしたら、自我を認識する脳の場所に電磁波を当てて、別人の意見を自分のものと誤解するよな手法も合わせてされている可能性だって否定できない。


最近はテレビが、僕が見ていないときに僕が見ているかのような内容になっていて、僕が見ると僕の妨害者がいるかのようにされるけれど、僕は同一人物なのに、相手側の僕の認識は逆になっているらしい。

僕自身は長期の引きこもりで、メディア利用がずっとなされていたけれど、僕で嫌がらせにはなっていなかったし、僕が見るとリラックスできるや癒やされるなどの言葉が聞けたけれど、今は悪者にされているかもしれない。でも、僕はテレビをみて批判もしないし、攻撃的な言動もないし、むしろ共感的に見ていることが多いが、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手はそうではない可能性がある。

そういった音声をテレビを見ているときに聞くことは稀だが、テレビもつけていないときの相手の発言から、おそらく僕とは異なる誰かがいるのだろうけれど、どういう仕掛けがなされているかは分からない。そのため、どうしても見たい番組意外は見ないようにしている。

ちなみに、うちの家族などとテレビをみることはあるけれど、家族や関係者の方では何ともないようなので、その声は身近な人ではあり得ない。

2016年の途中から、明らかな僕の悪用なのか、誰かとの入れ替えがなされているみたいだけれど、2013年くらいから、徐々に起きていたことが16年に強くなった感じはする。

同じ時期にネットで訴えていたからかもしれないし、こちら側の政治的なツイートが、他の被害者の脳に乗っ取られるかのようにできなくなっていって、被害の訴えばかりになったので、そういう現象が起きたのだろうと思う。

他の被害者は政治のことを理解していないかネトウヨ言論に騙されているで、被害の文脈を正確に読めないままに陰謀論などを信じて利用されているみたい。

そういえば、2016年の日本人が得たノーベル賞がオートファジーに関するもので、自食作用と訳されるけれど、2016年度はそういう被害があったかもしれず、あと2ヶ月半は注意が必要だ。すくなくとも自食ではなく辞職止まりであって欲しい。どんなことがあっても自殺はしてはいけません。どんなつらくても、小さくとも希望をもたないといけない。

(補足:辞職が多かったのはメディアにおいては2015年だったかもしれない。おそらく脳操作されて上の文の価値観が意識に入れられたのだと思うけれど、そうであればそういった利用目的の連中がいたのだろうから、それには反対すべきだ。ノーベル賞なども仄めかしで利用されているのは、ここを通る国道41号がノーベル街道と言われる程にノーベル賞受賞者との絡みが多かったり、その沿線に第二次大戦中にユダヤ人を救って日本のシンドラーと言われた杉原千畝の出身地の八百津町があったり、そこ出身?らしき作家が下町ロケットで直木賞を受賞したりしているし、それ以外にもおそらく関係しているだろうことは、過去の仄めかしで明らかだと感じている。下町ロケットだけれど、当時の文脈で下町が頑張る範囲では良かったが、先日、ミサイル転用可能でロケットとしては使えない日本の小型ロケットの打ち上げ実験が失敗しているけれど、テクノロジー犯罪の被害を受けている人であれば、そこにある種のメッセージを感じないわけがない。安倍総理の安全保障における右翼路線は国内の平和主義者だけではないところから睨まれている可能性がある。)

これも陰謀論の亜種に見えるかもしれないけれど陰謀論ではなく、テクノロジー犯罪とメディア集ストに関しては実際に被害者が存在する事実であるものの、権力犯罪であるため表にでていない。

僕は陰謀論を全く知らなかったが、2012年に電磁波のビリビリとした被害を受けてテクノロジー犯罪被害という事実を知り、その関連で陰謀論系を読んだけれど、政治経済国際情報に比べれば情報量も少ないし単純なので、大体のところを把握するのにひと月はかからなかった。

政治だと古舘さんのような一定以上の知性を有するひとでもひと通り理解するのに十年くらいかかるみたいなので、陰謀論は知的な人には相手にされないこともすぐに分かったけれど、僕の場合はトンデモナイ被害を受けていて、同時に陰謀論的な大きな仕掛けがあったことに気付いたので、それを陰謀論の視点ではなくて、陰謀論を利用する政治権力の裏という観点から何とか表現できないかと試みたが、脳操作被害があって、僕の意図では文を書かしてもらえなくて、僕の意図を読んだ誰かに操られての内容になっていた。

そのため修正したいのだが、修正するためには書いた文章を読む必要があるのに、それをできないようにされる被害が存在するがために、どうすることもできない状況にある。

そこはHPの天の声についてを参照下さい。

そこでは被害のあるなかでもなんとか最善を尽くしているけれど、一見するとただの個人による陰謀論にしか見えないかもしれない。

前述の僕の意図を踏まえて読んだら、裏の壮大な悪戯が分かるし、百年前の権力の呪術的な手法が日本で通じると思っていたらしき痕跡も理解できるでしょう。

陰謀論の方は、隠された事実をベースに、主語などを入れ替えたり、構図を崩したりして、権力が敵対勢力を倒すために使われているが、その敵対勢力というのが、いまであれば民主主義だったり市民派だったり報道の自由を主張する方や脱原発や平和主義を主張する勢力の側(要するにリベラル派や左派の方)なので、陰謀論に騙されてはいけない。

陰謀論は基本的にデマであるという態度で接するべきだ。

僕のHPの記述は、陰謀論を利用する勢力が存在して、こういう手法で一般人を利用しようとしていることを書いているので、誤解はしないで欲しい。

ただし、こちらはそういう正攻法で正直にものを書いて、テクノロジー犯罪のビリビリとした電磁波被害を受けている。そういう状況で命懸けで書いているので、嘘偽りはありません。

とにかく罠だらけで、僕は何も悪いことはしていないのに、僕を攻撃してきてばかりだったので困っている。今後はそういうことが無いことを祈る。

死ぬつもりはありません。記録を書いているだけです。それが悪いのなら、加害者は権力と明確に分かるはずです。

闘わないけれど負けない。

(この記述は重要に思えたので、170106のブログにも記載しています。)


目次へ




 2016/12/09/ 161208〜 の被害状況 メモ

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 161208〜 の被害状況 メモ
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 12/09/2016 05:34:14
-----
BODY:
8日午前9時半頃にJR東海の警笛。

直前にストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が何かを言っていたがよく分からない。

書きたくはないが、僕には電磁波兵器のビリビリとした攻撃が胸などにあってくるしい。音声送信は僕の声ではない。

JRの警笛は常に誤解ばかりだと思う。

先日も数台が警笛をならして通過したが、こちらは特段、悪いことはしていない。


2012年のときも、僕が尖閣問題で日中ホットラインの構築が先だという主張に、JR東海が警笛を鳴らしまくってきた。

まともな方の主張に、警笛までならして嫌がらせするものだろうか?

僕の相手の声など、当時の僕には何も聞こえなかったが、相手の声が聞こえないのに議論をしているかのようなひとりごとがあって、今思えば遠隔操作されていた可能性がある。

相手がいるなら、日中の対立を煽るような右の連中だろう。

僕の被害経験からすると、過去に僕を批判してくる者は僕の価値観の側だったので、平和主義でリベラルな中道左派の僕を、相手は右翼か何かと誤解していた可能性がある。

被害者を加害者と誤解して徹底的に嫌がらせをしているのがJR東海かもしれないが、もしかしたら実権をもつ葛西名誉会長(保守派)の影響かもしれず、それなら単なる左派への迫害だろう。

マイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の高音の耳鳴りがあるのだけれど、音叉のように唸るので泣き声かのようにも感じる。ときに誰かの声が混じる。稀に自分の考えが高い声である。そういう状況から、必ずしも誰かが泣いているわけではないみたいだし、人工知能が関係しているのではないかと感じる。

僕を含めた誰かの頭を遠隔地から読んで、それを時々、混じえてくると推測できる耳鳴り…どう理解すればいいのだろう。




裏システムであろうストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるが、僕の考えを読んで、僕の人道主義的な価値観を使って、人権を侵害する発想に結論をもっていこうとする。そういう相手というか、もしかしたら人工知能が存在する。人権を侵害するという用語すら適さない全否定、全破壊につなげるので困る。

何かの戦略だろうか?



それとは別に、日常においての片付けや、自分がしたいと思っていることが妨害されて全然できないのに、自分がしないでおこうと考えたことや、それとは関係なく誘導されたことはできる。意識できるわけではないのに明らかに遠隔脳操作の被害がある。簡単な片付けも、何故か手が出せない不思議な状況。

ちなみに僕は整理整頓魔。

180cmの本棚7つ分の本(2つはマンガ)を、ジャンル分けするなどして、徹底的に整理していたり、以前のPCなんかも、あらゆるデータや情報を分類して分けて保存していたので、大量の情報からすぐに目的のものを見つけることができた。

記憶力も、整理整頓術にうまく当てはまっていて、昔はかなりよかった。

そういう人間が、その日の新聞も昨日の新聞も滅茶苦茶な状態。母親がそういう人だが、そういう脳を反映されているなら理不尽な迫害だ。

誰かの誤解ということにして、謀略をされている。実際は価値観などでもまともなのは僕の方なのに、社会的にはアベコベにされていて、遠隔脳操作が背景にあるので、どうすることもできない。(別に母親が問題のある人というわけではありませんが。)




睡眠操作により、生活が乱れていて、テレビをほとんどみていないのに、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信に、今日来たのはこいつや、と以前テレビを見ていた時間に言われる。

ついでに書くと、僕を消そうとか殺ろうとした人が被害を受けている可能性があるので、僕もそういった攻撃がどのようになされているのか分からないけれど被害を受けていて、双方が傷つくのは嫌なので、闘いたくはないけれど、こんどは誰かの何かによって、変な駆動状態になるようで、どうにも困っている。僕の関係が至るところで使われているみたいで、僕を消すのは無理らしいので、攻撃しないで欲しいけれど、実質的には僕はテレビを見なくなってきている。なのに前述の、今日来たのはこいつや、があるのでどういうことかと訝しんでいる。


追記:
9日は新聞を読むときにテクノロジー犯罪の被害で妨害されて、記憶が頻繁に消されたり、記事の主語が認識できなくなったり、同期者と波長を合わせないとうまく読めなくなったりした。

読めないことを嘆いていたら、突然スラスラと読めるようになったときがあって、相手がマイクロ波聴覚効果だろう音声送信で、私が目を閉じたら読める…、ということを言っていた。僕に迫害する際に、誰かを実際に使っているのか、それとも撹乱なのかの判別はできない。新聞だけでなく、様様な遠隔脳操作を含めた妨害により、入浴や食事の時間が調整されている感じがした。

僕にとっての問題は、日常生活もままならない被害状態と、せめて読書や音楽鑑賞くらいはしたいのに、それすら自由にできない状況があること。誰かとの脳同期みたいなものなら、相手を困らせたくはないが、僕は困っている。

それらが、実際に相手が存在してのことなのか、撹乱しながらの社会実験の一環としての迫害かなにかなのか、人体実験なのかは分からない。被害があることが全てだ。

妨害があったときに、対応が悪いときなのか知らないが、電磁波のビリビリとした被害を受けることがある。相手がいるなら、そちらの状況が全く分からないので対応に苦慮する。相手が人工知能による架空の状況なら気にしない方がいいのだろうけれど、相手がいないとは限らないので配慮してはいるが、もし人工知能なら妨害を受けながら心配しているという笑えない状態にある。

相手はこちらの状況を部分的に認識しながらデマを言うことが多かったので、スルーしておくのがいちばんの対応策なのかもしれない。

結局は、一般の被害者かもしれない相手を、被害を受けている僕が認識することで、加害権力の加害行為を誤魔化し撹乱する目的で、今の被害状態における相手側の戦略があるのではないかと推測する。

権力の裏の行為が背景にあることを指摘すると、相手が僕を批判しなくてはいけなくなると言ってくるが、それなら尚更権力が卑怯で悪いということになるはずだ。巧みな手法で撹乱されるので困っている。




追記2:
僕は子供の頃からオレとは言わない。でも、オレという第一人称をつかうヤツにくっつかれていて、自分の選択がなかなか行動に結び付けられない。そいつを仮にMr.オレと呼ぶけれど、Mr.オレはもしかしたら人工知能かもしれないし、特定の属性の人たちの意識の総称かもしれない。僕自身とは本来的に価値観がまるで違うが、僕の意識を利用して、内容を違う方向に持っていく傾向があるのかもしれない。迷惑している。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、変えないかんの私たちでなくマジでこのおっさんや〜、と言っている。あまり気にする必要はないし、私たちという呼称が誰を意味するか、このおっさんが誰なのかは知らないものの、とにかく汚い連中だと感じるが、彼らも罠に利用されているのか、人工知能か何かだろう。権力の裏は常に卑怯なのだろうか?

僕は健康でありさえすればいい。平和と人権が守られる世の中であって欲しいと願っている。



上の追記2をきっかけに、前回分の記述に、大幅に書き足した。HPにまとめページでも作ろうかと思ったが、その必要もないと思う。ポイントはまとめたが、危ない情報は極力避けている。

リアルな脅し情報などは、HP(akejy.html.xdomain.jp)を参照あれ。自己責任です。


目次へ




 2016/12/11/ 16110〜12(含:追記) の被害状況 メモ

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 16110〜12(含:追記) の被害状況 メモ
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 12/11/2016 06:19:33
-----
BODY:
僕が妨害を受けて攻撃されているのに、僕が攻撃していると言ってくる者が常にいる。彼らに僕を加害者に見せて、でも苦しんでいるのが僕であるケースも非常に多いので、裏の権力は恐ろしいと感じる。もし誰かが僕が何の意図もない日常生活をなんとかしているだけで被害を受けるようなケースがあるなら、相手は僕を認識しているので、ツイッターでもこのブログでもいいので、連絡を下さい。ただし、@akejy の方はログインできない状況です。このブログへの返答が望ましいと思います。

追記:前の記述を書いた直後でも、僕にそういう罠を仕掛けているのが僕に見えるような工作を、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信でしてくる。相手が存在するのか人工知能なのかどうかまでは全くわからないけれど、僕を罠にかける意図はありそう。困ります。誰も死なない。

(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    妄想ではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11日になって、夜中(早朝)にJR東海の列車が不必要に通過する。それと関連してかどうかはわからないが、JRの踏切のところに配置されたような大きなトラックが深夜なのに繰返し通っていて不可解だ。不自然だったので音声送信なのかと思ったが、外に出て確認したら音だけではなかった。大きな黄色い(ランプ?)トラックが裏道の方を繰返し通過している。

権力が電磁波兵器などを用いて僕を迫害しているが、誰かの発言を僕のせいにしている可能性がある。何かがアベコベだ。

例えば、日曜の討論番組はずっと見ていないのに、土日になるとテクノロジー犯罪の被害が悪化する。ようするに僕がメディア集ストが存在すると訴えているためか、迫害されているわけだが、以前のようには討論を見ていないし、迫害と悪質なデマ手法と偽旗作戦で利用されかねないのでニュースもろくに見なくなっている。

ありがたいことに、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、みんなオレの意識を外したがっとるのに、このおっさんの方と思っとる、と本音を言っていた…ように感じた。このおっさんが僕なら、僕もまだ若いつもりなので、相手は若者(と書く時点でおっさんの年齢(42歳)に差し掛かっているが、きっとそう)なのだろう。





追記(161211昼)
日曜日だからか、午前中の電磁波の被害が激烈。動けない。胸の真ん中に数時間に渡ってジンジンやられた。病気ではなくて、感電だとか、超音波だとか、何かの外部的な刺激があって、同時に別の種類の身体を動かせなくする操作がされた。

権力による弾圧であるテクノロジー犯罪の被害(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)はひどいけれど、死ぬつもりはない。

僕自身は今日も何もするつもりもなかったが、弾圧がひどくて、食事の健康面は配慮しているが、食事を摂取することも簡単ではない。入浴をさせてもらえなかった。歯は磨いている。睡眠は自分の意思では自由にとれない。そういう電磁波兵器を用いられた弾圧被害状態。精神疾患に見せてくるが、病気ではない。

電磁波が酷かったので午前7時台に、フジは4年半見ていない、と考えたら(脳を外部から読まれている)、相手が誤解していることを認識した(フレイ効果による音声送信技術)が、被害は軽減せず、直接の監視役(人工知能かもしれない)と、加害行為をする相手が別と分かる。

その後の日曜討論対策なら十時過ぎたら不要なのに、その後も続いたのは撹乱のためだろう。ただし、被害のレベルはただの微振動に変わった。日曜討論も一年くらいは見ていない。

テレビタックルも最近は見ていない。バラエティ討論も妨害してくるのは、僕の意見が中道左派だから。

しかし、それも撹乱してきて、結局、長期的に見たら、僕に右傾化圧力があって、結果として中道化すれば利用してくるので、安倍政権による今後の危ないかもしれない政策を僕のせいにされたら困るので、気をつけているが、その結果、攻撃される。

単純に左派だから電磁波被害がひどいのかもしれない。相手が加害者を右にみせるのが僕だと批判してくるが、もしこんな迫害技術(テクノロジー犯罪・ステルス電磁波兵器)を左派が世界的に使っているなら、世の中の右傾化の意味が理解できないのでは?

米国の議会で共和党のタカ派が、そういった技術を反米の者に使うことを証言した記録があるはずだが、僕はそれほど反米をしてはいない。ただ、被害をリアルな事実関係で訴えてはいる。他の被害者のように誤魔化したり騙されたりはしていない。それ故か?

右派は卑怯だが、右翼からしたら中道右派ですら彼らの左側なので、そういう誤解かもしれない。実際のところ被害者は穏健でも左派だとやられる。右派だと穏健であれば大丈夫なのかもしれない。

ただし右翼(反米右翼)だと当然やられるだろうが撹乱もある。裏の戦略もあるだろう。

それでも左翼への隠れ弾圧よりはましだろうと思う。

左翼が被害を受けていなければ、格差が拡大している状況で、非正規労働者が4割もあるのに、本来的にはそこを守らなければいけない労組が大企業と公務員だけにとどまっていて弱体化している理由がわからない。

本来の左派は労働問題を解決する立場だから、左派系が全く自由に行動できていない現実が想像できる。

僕は事実認識をしているだけなので、その結果としての被害なら、結局のところ、その事実が危険なのかもしれない。








追記(161212昼)

他の被害者の情報を少しばかり広く見てきた。昨年あたりまで右翼陰謀論をしていた彼らだが、リベラル系の主張が増えている。
このブログや僕のHPに、裏権力が電磁波の技術で被害者を右傾化させていると書いていたが、それは過去の話であり、僕の記述を間違いと思わせるためではないだろうけれど、少なくとも今年になってからは戦略が変わっていることが分かる。

こういうことを書いたからといって、それが逆になるようなことがあっては困るが、最近、米大統領選挙で右派のトランプ氏が勝ったので、現状の政治は過去の影響下にあるから大きくは変わらないが、徐々にまた変な方向にいかないとは限らない。

要するに、唐突にカジノ法案が国会を通ったように、今後に再度戦略が変わっていく可能性があるということ。そういうタイミングで、僕の過去の記述の逆になっていることを再確認して書いたので、逆の逆になる状況になってきているということが分かる。

行動と一時の目的意識の形成は脳操作だが、それに対する大局的な気付きは、過去もずっとそうだったけれど僕自身のものだと思う。裏権力側は、先端技術で行動面や発話を操ったり、意識レベルでの操作が可能なようだが、それを継続的にずっとしているわけではなければ、自分の意識が使える間に、自己意識や俯瞰的な認知や大局的な把握は可能なのだとは思う。

ただし、今日になって、下記にあるように、いくつか過去のブログに追記しているけれど、それも脳操作されてから気付いているものもあるので、彼らの操作などは、彼らが把握して僕に書かせているかもしれない。この場合の彼らとはこちらも分からないので曖昧な概念だけれど、裏でCMなどまで使って仄めかしている、人体実験や社会実験をしている側であることは確かだ。

最近も、勝手に脳を読んで、それに勝手に裏に都合のいい解釈をつけて、あたかも僕の意見かのように僕を喋らせたりするが、僕自身はそれを僕の意見とは違うと認識しており、罠に嵌らないように意識的に状況の把握に努めている。

ようするに僕は保守系ではないということ。

(補足説明:保守系では無いからやられるのだが、僕にとっての右傾化(保守化)は僕への罠だから仕方ない。僕の監視役にされた者が、僕がやられて仕方なくリベラルにいると誤解している。僕は元々がリベラルな中道左派だ。もし圧力に屈して右傾化、保守化すれば、天の声扱いされた僕への罠に嵌る行為であり、僕のせいで過去の安保法制などの違憲立法がされるという誤解で、左派系にやられるように見せられるという、逆の偽旗作戦を恐れている。安保法制の際の僕の主張は、ツイッターの@akejyにしている。twilog.org/akejy で戦争法や平和を検索してみてください。僕はいまも昔もずっと穏健な左派系の価値観のままだ。しかし、それを維持したら、一部の人に偽旗で加害者に見せられた。誤解などまで利用されるようなあらゆる手法で嫌がらせを受けてている。2012年の謀略がトラウマなので、右傾化して偽旗にやられるような失敗はしたくないから、あえてネットに名前をだして、中道左派、リベラルと書いている。僕の場合は、一般市民は敵では無いので、名前を出して訴えた方が安全ということになる。)

でも、被害に関することを記述しているので、左派系やリベラル系との実世界での接触はできなくされている。そもそもが裏の戦略でそういう状況に嵌められているのかもしれない。何にしろ、僕は理念的な人たち=左派系の価値観を尊重したい。

同時に、事実に気付かせてしまうという裏による懸念から、同じような被害者とも接触できない。

ネットに被害を記述している被害者は、右翼か陰謀論者か、よくてもリベラル保守であり、リベラル保守化した人たちは、僕が見ている被害関係者に多い。どちらにしても接触ができないし、リベラル派や左派の方は、被害を書けない操作がされている。そちらは実際に、問題を解決する民主的なアプローチができる側であり、被害者には偽旗で加害者に見せられていたりする側でもあって、被害情報にはアクセスできないのかもしれない。

何しろ、徹底的に利用されてきた僕が、ネットにどっぷりはまっていながら、2012年までの十数年のあいだ、被害者情報を全く知らないでいた。自分の周りで起きる不思議な出来事は全て精神科領域の範囲で認識していたが、それだけでは説明できないものがあり、それを説明するための言葉と情報は持ちあわせていなかった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東ロボ…に追記。

下のリンクにauのCMに関する図を追記。

161208のブログの内容が2万文字になっていたところに、さらに5千文字以上を追記した。関連した内容だったから。えげつないものが含まれますので注意。僕にとっては、自分の被害を証明する証拠なので仕方ない。


目次へ




 2016/12/12 ●中道左派の僕を誰かにとっての偽旗として利用することに反対する。朝日を僕への偽旗にみせることにも反対だ。

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: ●中道左派の僕を誰かにとっての偽旗として利用することに反対する。朝日を僕への偽旗にみせることにも反対だ。
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: メディア集スト
CATEGORY: メディア集スト

DATE: 12/12/2016 15:48:37
-----
BODY:
(注意。テクノロジー犯罪の被害で、度々記憶が抑制されるので、内容をアップした後に、抑制された記憶を思い出して、補足的に書き加えることが多いため、もし読んでくださる人が存在するなら、ブラウザをリロードして、書き加えた方を読まれた方がいいと思います。)

用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html


僕の監視者が、様様な謀略を作って、僕を罠に嵌めようと、日々様様なことをしてくる。

追記(161213 火 00:10):月曜の深夜前、テレビはつけていない。テクノロジー犯罪(上の用語説明のアドレス先を参照)の電磁波被害がひどくて食事も何もできなくて横になっているのに、相手は僕を加害者だと言ってくる。こちらは相手が誰かも分からず、苦しいだけ。相手が誰かもわからないのに、どうやって加害するのか? こちらは被害者でしかない。ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、こいつがこっちくるからや、こいつをころさないかん、と言ってくる。僕はどこにも行っていない。被害を受けているが、死ぬつもりはありません。何もしていない。こいつがこっちくる、と言っているが、こいつが僕かどうかもわからないものの、朝日新聞を読むことをあらゆる手段で妨害してくるので、内ゲバ戦略をされているかはわからないが、そういうことがあると想定して、相手が仮に朝日さんだとした場合でも、僕は朝日さんとは昔からの縁であり、僕がきたからどうかなるなんてことはあり得ない。以下に書いているが、過去に朝日さんと離れたときに、朝日系が右傾化することを繰返し経験しているので、それは困ると感じている。その点を書こうとする度にテクノロジー犯罪の被害で記憶が消されて、論点と目的が曖昧化しているので、分かり難い。相手が朝日系でなければ、そもそもが、タイトル通り、偽旗作戦が背後にあるのかもしれない。何故に朝日新聞を読むことを妨害してくるのか? 僕と相互被害になっていると思いこんでいる僕の加害者が、僕の書いたことを読んで、僕を排除しようとしているのではないかということが想定できる。それとは別に、僕が書いていることが都合が悪いのは、米国や保守系権力なので、そこが撹乱しながら僕を排除してもばれないようにできるかを模索しているのかもしれない。弾圧行為はやめて欲しい。


追記(161213 火 00:28):相手は誰なのかはわからないが、オレという第一人称を用いている。僕は自分のことをオレと言ったことはほとんどないけれど、相手は僕を相手と見せたいらしい。僕の加害者が自分であることなどあり得ない。前述の音声送信は度々あるが、その発言は、相手が集団ストーカーの被害を訴えており、同時に電磁波の被害を否定していたタイプの人である可能性が最も妥当性が高いものの、僕は厳密な意味での集団ストーカーの被害は受けていない。テクノロジー犯罪の被害者であり、メディアによるストーカー被害があるが、僕自身は対立を好まないのでメディアさんとの関係は良好だった。価値観の違いで対立せざるを得ない保守メディアさん(フジ、日テレ)とは棲み分け戦略により、距離をとっていて、そちらはテレビもネットも何年も関わっていない。基本的には誰とも対立しないような対応をしている。被害と罠があるので、罠の回避措置はせざるを得なかった。脳操作被害もあるので、何処までが自分かもわからないままでの対応ではあるため、自分にはどうすることもできない状況でもある。苦しい被害を受けていて、どうすることもできないでいる。繰り返すけれど、弾圧はやめて欲しい。

追記(161213 火 00:42):脳抑制があるために、僕の監視役をさせられている相手の発言は届くけれど、相手が誰かは僕にはわからないということと、本当の加害者は監視役をさせられている相手ではなくて、間にいるのか上から見ているかはわからないが、そういう被害者を認識できる者が、何かをしている可能性があり、更には、そういうことができる者を利用する裏の権力だろうと思う。ちなみに僕は相手を誰も認識できない。被害を受けているだけだ。
このような認識を前提として、被害を理解しているが、文を書いていると僕の脳を読める相手が乗っ取ってきて、そのような前提のない状況で僕の目先の状況に即した文を書かせようとしてくる。前述の前提は、僕が被害を受けつつ目先の物事に囚われずに本質を捉えようとしている結果であり、そういう認識の手法は本来の僕の性質でもあるので、乗っ取る方はそこまでの思慮のない相手なのか、それとも僕の認識を嫌う権力なのかまではわからないが、かなり高度な脳の読解技術と脳操作技術を有するところが、そういったことをしていることは明らかだ。ただし、一般的には理解されない高度技術であるため、被害者が精神疾患にみえるという手法を用いてくるため、被害者はどうすることもできない状況に追いやられるが、その構図も、権力が犯罪行為をしていることを示唆するには十分な状況証拠になるのではないか? (用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html ←ツイッターの方でリンク先が撹乱された経験から、直接アドレスを記述。)


(補足追記:このように書いているが、僕の考えは、様様な謀略をするのが裏の権力で、監視役をさせられているのは偽旗でしかなく、実際は利用される可能性はあっても、権力の謀略の目的に応じてのもので、悪いのは裏の権力の側だと考えているので、脳操作されて、自分の考えとは少しずれた書き方になっていると思う。僕は罠に嵌まりたくないが、同時に、誰かの罠にもなりたくはない。弾圧はやめて欲しい)


テレビが見れなくなってきている。一昨日(161210)から新聞を読むことを妨害される被害もある。

結果として、時事情報にアクセスできなくなって、被害情報ばかりになってしまう。被害はかなり受けているので、被害情報に関することも扱うのは当然だが、長期的な対応が必要なものであり、ずっとその情報に束縛される必要もないだろう。

被害は多くの場合、やり過ごすしかないものなので、できることなら、他のことに関心を持って行きたい。

もしかしたら、いまの同期者が右派なので、中道〜中道左派情報を得ることを妨害してくるのかもしれないことを推測するが、右派なのは相手の戦略の方であり、直接の同期者は近いもの同士(要するに左派系)が作為的な人工知能を介して対立させられている可能性だってあり得る。

僕は80年代から、朝生討論をみているし、サンデープロジェクトなども見ている。家は中日新聞だったが、一人暮らしをしていたときに、2度朝日を購読している。

うちに帰ってからは、ネットで情報を得るようになっていて、もともと新聞を読むのは僕だけだったので、一旦は新聞購読をやめていた時期があるが、その後に新聞の必要性を感じて、政治情報が目的なので全国紙を購読している。

朝日と毎日を比較するために、貧乏で同時にとることは無理だったので、交互に購読したのだが、朝日をやめて毎日にしたら、毎日新聞が孤立化して、朝日新聞が読売と日経と提携してしまった。日本のジャーナリズムにとっては危機的な状況であり、毎日新聞が孤高化しても、理念的になることもないようなので、朝日をとったが、僕が朝日をとっていないときに影響していた誰かが存在していたかもしれない。

僕のテクノロジー犯罪の被害は、誰かと脳同期されて、感情だったり価値観だったり、生活リズムだったり、好みなどが相互に影響するので、僕が朝日を購読したときに一緒の行動をした読売・産経を読むような人たちが、僕が朝日から毎日に変えたときに、そのまま朝日に残って、その影響が朝日に及んだ可能性がある。

その相手と僕を入れ替える戦略を裏がしているらしいので、こちらとしては困っているが、名前などを表にだして、自分の状況を書けば、謀略は上手くいかないと考えて、名前や住所などを公開している。もともと、名前等をだす前にテクノロジー犯罪の被害を受けていて、朝日がやっているように見せてきたので、もしそうであるなら明らかな誤解に基づくものであるため、名前を公表してこちらの考えをネットに書くことには意味があるが、朝日が偽旗利用されているだけで、実際は保守権力の方がしているのであれば、朝日系や左派系に連絡をとるべきということになる。しかし、そういった行為が妨害されてできないので、朝日系や左派系と直接の関係が作れない現状は、権力側の対応である可能性があり、保守派が朝日系を偽旗利用しているだろうという僕の推測が正しいということになる。

そもそも2012年にやられたときも、CIAあたりが怪しいと感じていたし、朝日が誤解させられていることは認識していたので、どのように対応すればいいかには苦労したが、被害を訴える際に、電磁波を当てられてまともに考えが書けない状況で、自分の考えを書いたつもりが、内容が何故か少し違っている文になっていた可能性があるのに、未だにそれを丁寧に読み返すことを妨害されるので、当時、ネットに出した内容に何か僕への罠が仕掛けられていたかもしれない。

HPには、当時の情報をそのまま出して、説明をつけた方が、僕の誠意を信頼してもらえるだろうからと、罠かもしれない情報をそのまま出しており、そこには念のための説明をつけている。

(僕を完全に疑っているストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、上手い、と言ってくるが、それにより僕が上手く状況に応じて態度を変えたと誤解させたいのだろうけれど、権力は保守系であり、左派系のまま事実を書いている状況を、上手いと言えるかは甚だ疑問だ。上手いのなら、おそらく保守化して朝日を悪く見せるのだろうが、僕にはそんな汚い行為をすることはできない。ちなみに僕は、いま胸に電磁波を当てられていて、ビリビリと感電しているような刺激を胸骨の辺りに受けている。電磁波兵器を用いた脅しがなされている。脳の感覚野にそういう情報が送られているのか、直接当てられているかは、判別できない。)

話を戻すけれど、僕が離れたあとに、サイトやテレビ番組が右傾化するようなことは過去に他にもあって、僕のせいで不都合があるようにみえるので、僕が気を遣って離れると逆効果になるということが繰り返されることに気付いたので、様様なサイトを見ることを自主規制せざるを得なくなったし、圧力があってもなるべく報道をみて、権力監視というジャーナリズムの実現を期待していたが、圧力のレベルが一定水準を超えたら、さすがに見続けることはできないし、僕への圧力ではなく、僕が迷惑をかけているように見せられたら、やっぱり離れざるを得なくなるが、それなら、その後に過去のような悪質な謀略をしないで頂きたい。

過去にもそういった問題を書いているが、リアルに恐ろしい出来事があって、僕自身が対応に苦慮している。こちらには否は全くないのに、何故か僕を悪く見せようとする者が現れて、本当に苦しい時を経験している。

僕の監視役をさせられている相手が誤解することが問題で、それが利用されるらしいので、情緒的な対応はしないようにして、結論は慎重に出してほしいと願っているが、人を操る技術が存在するので、少なくとも疑心暗鬼にさせることは可能であり、人の脳を読む技術も存在するので、相手が利用されるというより、その相手のせいにして裏権力が謀略をしてくることに苦労せられる。

もしかしたら、明らかに穏健な中道左派(社民主義)〜リベラルの主張をしていた僕が、メディアからは、差別をするような右派に見せられたり、そういう人たちと入れ替えられているとしたら、非常に悲しいことだけれど、現状では社民主義やリベラルな理念は理想の一つでもあることは多くが認識しているわけで、にも関わらずそちらの方が弱体化している状況が不自然ではあるけれど、そういう現実が存在するため、僕と同じような主張をする方が迫害されているのは確かであり、同時に公では迫害は絶対に不可能な対象でもあるので、僕が名前と住所を公開することには、確実にプラスの意味がある。

だからこそ、僕を一般人に嫌われる差別的な右翼やネトウヨにみせようとして僕を孤立化させて、テクノロジー犯罪の技術でそういう奴と僕を逆に見せるような手法がとられたかもしれない。そういう手法であれば、ネトウヨは暴言を吐きまくっても、主義主張を知られていない理念的な左派系の左遷されているような一般人せいにすることが裏では可能かもしれず、もしそういった謀略を権力がしているなら悪質であるため即刻止めて頂きたいが、相手が権力の裏であれば、そういう主張だけで解決ができるわけではないだろうから、時間をかけてでも権力による人体実験や社会実験、裏の謀略などの情報公開ができる環境づくりや、野党勢力へのアプローチが必要であり、それが簡単ではなくとも、プライバシー保護という名目で弾圧が見えなくなる密室社会にすることなく、少なくとも人権が守られるようなオープンな社会をつくる必要がある。




記憶が抑制されて、上手く書けなくなったので、記憶が消される前の目的だったと思わしき内容が含まれる以下を、さっきの被害記録から、そのまま転載します。

(追記:過去に電磁波の被害と右傾化を書いているが、情勢変化があるかもしれないことを書こうとして記憶を抑制された。脳抑制がとれて、そのことに気付いたのでこのように記述します。特に加筆したり、書きなおしたりはしません。)

以下、転載。

(161212昼)

他の被害者の情報を少しばかり広く見てきた。昨年あたりまで右翼陰謀論をしていた彼らだが、リベラル系の主張が増えている。
このブログや僕のHPに、裏権力が電磁波の技術で被害者を右傾化させていると書いていたが、それは過去の話であり、僕の記述を間違いと思わせるためではないだろうけれど、少なくとも今年になってからは戦略が変わっていることが分かる。

こういうことを書いたからといって、それが逆になるようなことがあっては困るが、最近、米大統領選挙で右派のトランプ氏が勝ったので、現状の政治は過去の影響下にあるから大きくは変わらないが、徐々にまた変な方向にいかないとは限らない。

要するに、唐突にカジノ法案が国会を通ったように、今後に再度戦略が変わっていく可能性があるということ。そういうタイミングで、僕の過去の記述の逆になっていることを再確認して書いたので、逆の逆になる状況になってきているということが分かる。

行動と一時の目的意識の形成は脳操作だが、それに対する大局的な気付きは、過去もずっとそうだったけれど僕自身のものだと思う。裏権力側は、先端技術で行動面や発話を操ったり、意識レベルでの操作が可能なようだが、それを継続的にずっとしているわけではなければ、自分の意識が使える間に、自己意識や俯瞰的な認知や大局的な把握は可能なのだとは思う。

ただし、今日になって、下記にあるように、いくつか過去のブログに追記しているけれど、それも脳操作されてから気付いているものもあるので、彼らの操作などは、彼らが把握して僕に書かせているかもしれない。この場合の彼らとはこちらも分からないので曖昧な概念だけれど、裏でCMなどまで使って仄めかしている、人体実験や社会実験をしている側であることは確かだ。

最近も、勝手に脳を読んで、それに勝手に裏に都合のいい解釈をつけて、あたかも僕の意見かのように僕を喋らせたりするが、僕自身はそれを僕の意見とは違うと認識しており、罠に嵌らないように意識的に状況の把握に努めている。

ようするに僕は保守系ではないということ。

(補足説明:保守系では無いからやられるのだが、僕にとっての右傾化(保守化)は僕への罠だから仕方ない。僕の監視役にされた者が、僕がやられて仕方なくリベラルにいると誤解している。僕は元々がリベラルな中道左派だ。もし圧力に屈して右傾化、保守化すれば、天の声扱いされた僕への罠に嵌る行為であり、僕のせいで過去の安保法制などの違憲立法がされるという誤解で、左派系にやられるように見せられるという、逆の偽旗作戦を恐れている。安保法制の際の僕の主張は、ツイッターの@akejyにしている。twilog.org/akejy で戦争法や平和を検索してみてください。僕はいまも昔もずっと穏健な左派系の価値観のままだ。しかし、それを維持したら、一部の人に偽旗で加害者に見せられた。誤解などまで利用されるようなあらゆる手法で嫌がらせを受けてている。2012年の謀略がトラウマなので、右傾化して偽旗にやられるような失敗はしたくないから、あえてネットに名前をだして、中道左派、リベラルと書いている。僕の場合は、一般市民は敵では無いので、名前を出して訴えた方が安全ということになる。)

でも、被害に関することを記述しているので、左派系やリベラル系との実世界での接触はできなくされている。そもそもが裏の戦略でそういう状況に嵌められているのかもしれない。何にしろ、僕は理念的な人たち=左派系の価値観を尊重したい。

同時に、事実に気付かせてしまうという裏による懸念から、同じような被害者とも接触できない。

ネットに被害を記述している被害者は、右翼か陰謀論者か、よくてもリベラル保守であり、リベラル保守化した人たちは、僕が見ている被害関係者に多い。どちらにしても接触ができないし、リベラル派や左派の方は、被害を書けない操作がされている。そちらは実際に、問題を解決する民主的なアプローチができる側であり、被害者には偽旗で加害者に見せられていたりする側でもあって、被害情報にはアクセスできないのかもしれない。

何しろ、徹底的に利用されてきた僕が、ネットにどっぷりはまっていながら、2012年までの十数年のあいだ、被害者情報を全く知らないでいた。自分の周りで起きる不思議な出来事は全て精神科領域の範囲で認識していたが、それだけでは説明できないものがあり、それを説明するための言葉と情報は持ちあわせていなかった。

(以上、転載終わり。)




この日(161212)の14:40に新日本ヘリが飛来しているが、あのヘリは電力系なので、送電線パトロールであるという名目で嫌がらせができる。過去には脱原発を散々言っていたときに家の真上の低空で滞空ホバーリングをしていた。当時はおもちゃみたいなデジカメしかなかったので記録もないが、現在のデジカメを購入してからは、低空ホバリングや自衛隊の小型ジェット機による嫌がらせは、別の名目での言い逃れができないためやられていない。

相手は脳操作もできる加害者なため、この記述をする直前まで、普段はしない変な動きを家の猫がして、僕がPCの前から離れざるを得ない状況を作ってきたのだけれど、脳を読む技術を有する相手は、ここに書こうと考えた段階で、猫の動きを止めさせている。

猫を使った妨害はずっとされているが、妄想でも偶然でもないこと、技術背景や政治背景がありそうなことは、用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html で確認下さい。

僕がこういうことを書き続ける理由は、被害が存在するからであり、同時に、僕が新聞を読むこと、テレビを見ること、読書をすること、入浴をすること、食事をすること、睡眠をとること、そういったことを妨害してくる相手が存在したからです。同時に、ここに書いていることを悪用することを僕は望まないし、そういうことをしてはいけないと断言しておきます。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、バカや、と言っているが、僕には相手がどういう手法をしているかは分からず、相手に比べて圧倒的に不利な状況で訴えているので、悪用されるようなことがあるのは常に意識はしているけれど、それを書かない事の方が悪用が著しいために、仕方なく罠を回避するために記述している。

規則正しい生活をして、健康な人生を歩むつもりだ。読書は可能なはずだ。新聞も読めるし、テレビも見たいものは見れるし、音楽鑑賞だって可能だ。

こう書けば悪用はできないか?


目次へ




 2016/12/14/ 161213〜 の被害状況 メモ

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 161213〜 の被害状況 メモ
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 12/14/2016 01:08:22
-----
BODY:
13日。最近は半日以上を電磁波の被害を受けて寝させられるし、起きた後も横になることが多い。それ以外は元気だが、遠隔操作も多く、マイクロ波聴覚効果による音声送信などで、僅かな時間の元気なときに被害者の僕を加害者に見せようとする相手に苦労する。

読書をする予定を考えていると、セクハラ被害を受けたり、その訴えをするはめになる。結果として、ゴチャゴチャのページの整理はできたが、電磁波の被害を受けて苦しくなる。予想はしていたし、もうそちらは関与したくないのにやらされて、僕の意思でもないのに誰かに性器や身体を犯され、ただ苦しくて困るが、結局ゴチャゴチャになっていたところは整理できたので、それは良かったと思った。絶対に何者かに操られて、それで僕が責められるような状況をつくられる。こちらは被害を受けているのに散々な状況。

だから、普通に読書もできない。遠隔操作の被害なので、どうすることもできないのが現状。こういうことが続いている。

ただ、新聞の見出し読みなどは3日分(休みがあったので、日付としては4日分)できた。それすら困難だったが、その間に辺野古の訴訟で沖縄が負けている。新聞は原発の話題が多かったので、読まないようにされた可能性もあるが、辺野古の訴訟の過程で、時事的な方で影響させないようにされたか、仄めかし的に妨害されたかのいずれかかもしれない。

そういった状況を作っておいて、その上で権力の裏は悪質だと思う。僕を悪者に見せることをしてくるが、実際の状況を考える限り、僕は被害を受けているだけなのに、脳操作の罠を仕掛けてくる奴らの嫌がらせで苦しむ。それだけでない攻撃を受ける。妄想ではない。

思うに、苦しんでいるのは僕だけなのだろうか? 僕だけなら被害者は僕だが、誰かが一緒に苦しんでいるような状況があるなら、絶対に攻撃的な行為はしてはならない。

とにかく、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が加害者かもわからないが、加害者は被害者が弱ると攻撃するような卑怯者で、相手が罠に嵌ったときに容赦しないような連中。

こちらは、相手を配慮して、普段から誰も被害を受けないように気を遣うのに、そんなことはお構いなしで攻撃してくることが、相手による声と行動で示されることが多い。こちらとしては相手の特定ができないので、相手が罠に嵌っている状況なのか、相手が悪質なのか、別の加害者によるものか、が判別しにくい。

結局のところ権力が悪質であることは、仕組みを考えれば明白だとは思う。問題は、追い込まれたときに攻撃的になる人たちなのかもしれない。冷静に対応すべきだと思う。

そもそも、僕は相手を認識できないが、相手もしくは加害者は僕を認識しており、それなら話し合いでの解決を模索するのが普通の人だ。相手は普通の人ではないのだろうか?

間に悪質な人工知能が入っていて、普通の対応ができないのか、不透明なのでわからないことが多いが、そういう仕組みを権力がしていなければ、こんなことは起き得ない。

やはり権力の裏が弾圧をしているのだろう。

悪質な権力の裏による、テクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の弾圧に抗議するとともに、即刻攻撃を止めるように要請する。

(ここまで、161214 1:05am)


目次へ




 2016/12/15 ▼161214 10:11am 祖母 百歳で永眠 僕は納得していない

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: ▼161214 10:11am 祖母 百歳で永眠 僕は納得していない
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 12/15/2016 08:31:40
-----
BODY:
昨日の午前10時11分、祖母が他界しました。百歳と9日という大往生でした。
5日の誕生日に褥瘡が悪化して入院し、そのまま病院で世を去ることになり、家で最期を迎えられなかったは残念でしたが、安らかに永眠したようです。

大正5年生まれ。戦前戦後の一世紀を生き、当時の時代状況故に子宝にも恵まれ、いい時も悪い時もブレること無く自分のペースを守って生きた百年だったようです。95歳くらいまでは畑のことに従事して、早朝に起きて幾種類もの野菜を育てる健康な祖母でした。ここ数年は股関節を手術していたこともあり、高齢であるため入院手術の間に随分と足腰が弱ってしまていましたが、それでも寒くなる前は元気に家の中を歩きまわったりしていたこともありました。9日前の誕生日には、誕生ケーキを美味しそうにぺろっと食べていて食欲も旺盛でした。寒さに伴って急激に足腰が弱り大往生と至りました。亡くなる2日前に食事を嘔吐したため点滴をうっていたとのこと。静かな最期でした。

追記(161226):
写真を追加します。
161214祖母危篤→永眠

161217祖母の葬式
2016年12月17日、僧による読経だけが響く以外は何も聞こえない静寂のなかで葬儀はしめやかに執り行われました。知り合いがこのブログを読んでいるとは思いませんが、来場して頂いた多くの方には感謝に堪えません。

(この写真はリアルタイムで撮影したのを後で編集したものであり、このブログの内容がアップされてから数日の時間を経過してから(161226)掲載しています。)


ここまでは、一般の社会向けの話です。以後は僕の状況。

僕自身は社会から離れていて、妹が祖母の危篤を伝えに来たときも病院に行くまでに手間取って、病院…診療所と銘打っていても建物の感じは中も外も結構大きな病院で迷ったり、祖母の急変に憤怒したり、帰ってからも、全てが止まっていて手がつけられない状況の家の片付けを親戚とするなど祖母を迎えるのも大変で、その状況で家に親戚や近所の人が次々訪れるので戸惑いつつ、急いで礼服を調達したり、昨日は変に忙しい一日でした。

昨日というより一昨日の深夜1時に被害を訴えるブログを更新していて、朝起きて新聞にサーッと目を通した後に祖母危篤の報だったので、PCもつけていないしネットのアクセスもしていなかった。

一昨日に母から祖母が点滴をうつことになったと聞いて、権力の裏が変なことをしなければいいとは考えた。その夜の就寝前か就寝中に、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、おまえのかあちゃんころす、と言ってきており、相手は僕のことを母だと思っているので、母の母は既に他界しており祖母のことだったのだろうけれど、脅しはいつものことなので気にしなかった。翌朝8時〜9時に、今度はマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、ここにおるとしぬ…、と言っていた。結果論として、祖母の声だったのかもしれない。褥瘡くらいで入院させなければよかったが、テクノロジー犯罪の脳操作で皆が一時的に動かされ判断したりするため、回避は簡単ではなかった。祖母の入院の判断の際に僕は関われなかったので、対処できなかったし、他の人は何も知らないので、対応すること自体が不可能。

祖母の他界の報を受けて、親戚や地域の組の組長さんが家にずっといたし、枕教をあげるために(妹の同級生の)坊さんが来たりもした。坊さんは体調不良だったとのことで喉の調子が悪くてつらそうだった。同時に枕教をあげる間、僕は胸が苦しくなって、その場にい続けることができなくなり、一旦、離れた部屋に移動していた。母方の祖母が若い頃からそういう人だったと聞いているけれど、90歳まで元気だったので、現在の医療的観点からするとパニック障害ということになるはずで、実際の健康面には問題はないと断言できるのではないか。

違いがあるとすれば、脅しのような感電感があることだが、僕の監視者、加害者は、闘わない僕と闘うべきかどうかを斟酌しながら対峙しているみたいなので、相手の一存で何かが起こっていることは確かだ。祖母のこともあり、状況は深刻なので、攻撃的な対応は避けて欲しいが、相手がどういう心的、意識的状況で問題が発生するかは、一言程度の音声送信を聞いているだけの僕にはわからない。

同時に、裏権力の本当の加害機関は、悪質な仕組みを止めるべきであり、加害行為ではないことで加害にみせるような手法はしてはならず、そういう仕組みは即座に停止すべきだし、そもそもがそのような迫害手法を裏で導入すること自体がしてはいけないことだ。裏弾圧は開示して規制すべきだ。裏弾圧を止める場合、一般の関係者は僕を含めて本来的に何も関与していないので、誰一人犠牲を出すこと無く、裏弾圧を終了させる必要があるだろう。

僕にくっついているストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手自体は、人工知能が利用されているのでなければ、表向きの相手は入れ替わりがあるようだが、長期に渡り僕を監視している方は、何らかの記録を有しているのか、僕に関与した人たちとの接触の際に、何かの電磁波の被害を受けるように、電磁波兵器を操作しているっぽかったが、もともとはそういった近い人たちとの間の問題ではなく、加害権力の裏機関が、近い人たちのせいに見せるアホな謀略をしようとしていることがわかる。そういう謀略に引っかかって暴走する人の事件が度々あるが、僕は裏の意図が分かるので、HPや過去のツイッターにも書いているように、暴走はしません。

テクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html) の技術は、脳の傾向などの同期というか脳操作をしていることが、被害経験として明白であり、親戚がたくさん訪れ話をすることにより、特定の人が別人のような脳同期をされていることははっきりと認識できたし、僕の声が聞こえる者が僕を誰と誤解するのか知らないが、僕の声が高くなったり低くなったり、言葉が論理的になったりバカになったりしたが、基本的には抑制が強くて、自分の思うようには振る舞うことが困難なため、とにかく罠にはまらないようにすることを心掛けざるを得ない。

加害者に見える相手が、何も知らないままに誤解しているように見せて、罠を仕掛けてくるので困るし、数年前から親切にしてくれた伯父の一人が右翼に脳同期されているのが明らかで、普通な感じではないし、時代の変化やいま風の柔軟な葬式のあり方が気にくわないようなことを言っていたり、微妙に差別発言をしたり、過去に知っているお人好しの伯父ではありえない。しかも、父方の古谷の方の親戚ではないけれど、その発言を聞いている僕の監視役が古谷を伝統保守の方ということを、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送で言ってくるので、その場で反論できないのが悔しかった。うちの方は現代の多様なやり方を受け入れており、やりやすい手法を選ぶ傾向がある。音声送信はまるで違うことを、古谷という固有名詞をもちいて散々言ってくるので、僕だけが聞こえるのなら無視すればいいのだが、僕にはメディア集ストの被害が非常に長期であって、そちらの関係者などを含む誰かが聞いていないとも限らないので事実とまったく異なることを言ってくるのは困る。誤解する誰かを利用しているのか、撹乱しないと相手に何かがあるのかはわからない。しかし、僕を含めて一般人は右翼ではあり得無い。

問題は電磁波兵器による迫害を、裏権力が誰かが喋ったせいにみせたりしていて、迫害者に怒れないような状況をつくって撹乱しており、この仕組みをインフラを含めて作っている組織が、メディア集ストや時事情報の関連などを考慮すると国家レベルを超えている可能性を感じるが、実験的であれ実践を伴うものであれ、そういった迫害をすることは止めて欲しい。

インフラといえば、昨日に礼服を新調するために高山まで行ってきているが、飛騨の山間のグネグネとカーブだらけの道を、かなり早いスピードで走っている車の中でも、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があって、それもどう考えても僕の意識とはまるで別の種類のものであり、明らかに第三者による考えなので、過去にも確認しているけれど、場所に関係なくそういうことが可能であるなら、どこに電磁波装置を配置しているかの懸念はある。山間の道でも、直接繋がるところが限れれていて、ほとんどの時間で耳鳴りだったのかもしれないけれど、普段でもそういう状況なので、機械的状況が想定できないようにされている可能性は当然だが存在する。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、話しかけるのはお前のおばさんや〜、と、おばさんではないことが明白に分かることを言ってくる。短絡的に嘘をいうクセがあるらしい。人工知能かもしれないが、嘘は何も利益を生みません。

とにかく、遠隔脳操作が感情レベルでなされるか意識レベルでなされるかわからないが、謀略主体の監視役は一見すると単純なので、程度の低い罠に嵌らないように注意しつつ、程度の低い罠が目先の撹乱で、罠の主体が見えないように存在する可能性が無いことを祈るものの、そういった可能性は完全には否定できないので、多方面に注意しつつ生活をする状況は続いている。

通夜から葬式というイベントが続くので、罠により親戚やご近所に嫌われないように注意はしたい。

他の人たちの意識などまでが操作されているとは限らないし、例え意識に何かの介入があっても、普通の人は変だなくらいにしか感じないはずだし、若い人でない限りそういう形で意識の形成はなされておらず、過去からの自我意識の連続で物事を捉えるため、おかしな意識の介入はあまり影響しないだろうことが予測できる。

そういうものに影響された人に関しても、すこしばかり伝統価値観にこだわる程度なら気にする必要もないので、大丈夫と断言してもいいのではないかと思う。

罠には嵌まりません。


僕の加害者の相手にはいろいろな声(場合によっては映像)が伝わるらしく、明らかに盗聴状態だろうけれど、相手がそれを聞くか聞かないかなどの選択ができるかどうかまでは僕には分からない。

逆に、僕自身は稀に耳鳴りに混じって声が伝わるだけなので、相手が誰かも分からないし、こちらで対応は不可能。こちらのことを観察しているなら、こちらで文を書けば、それは相手に一定程度は伝わるのではないかとは思うけれど、実際は分からない。

被害者のなかには、聞く聞かない、見る見ない、攻撃するしない、を自分で選択できる人が存在しているらしいことは、ネットの他の被害者の主張を追っていれば分かることなので、声が聞こえて鬱陶しがる人の中に、加害者になる人が出てきてしまう仕組みかもしれず、そうであれば加害者が被害者であっても一定の責任は生じるだろうけれど、被害者であるが故であれば、情況にもよるものの情状酌量の余地はあるにしても、完全に無実になるとは限らず、被害者は苦しんでいるので、加害行為はしないで頂きたい。


目次へ




 2016/12/16 ●●過去からの経緯を前提にした客観的な被害の事実

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: ●●過去からの経緯を前提にした客観的な被害の事実
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 12/16/2016 08:21:48
-----
BODY:
電磁波世界はデマばかりだが、それは誰かが誤解や状況を利用して卑怯な謀略をしているから。たとえば卑怯者のモデルを電磁波世界の中で電磁的に人工知能でつくり、それを目的のターゲットに当てるような手法があるかもしれない。そういう罠には注意する必要があるし、僕がターゲットである可能性があるので、僕が一切卑怯なことを考えていないことを、ここに分かるように記述する必要性が生じている。



技術的前提

一部の弾圧被害者には知られているテクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の技術が利用されている。

 人の脳を遠隔地から読む技術。

 BMI=ブレイン・マシン・インターフェイスは人の脳を遠隔地から操る技術。

(追記1)
この技術は、通常は頭に脳を刺激するコイルをおいて、脳を直接的に外部から操作して、被験者の手を動かすなどの実験が成功しているという報道を知っているひともいるだろうもので、以下に先月挙げたリンクを引用します。

これは一般に公表されている民間の研究と一般的な機器を用いた実験
2011年12月20日 「思考読む機械」まもなく登場か、IBMの近未来予測:AFPBB News
2011年10月10日 脳だけで「仮想の腕」動かし「仮想物体」感じるサル、米大研究:AFPBB News
2013年03月04日 遠く離れたラットの脳を接続、米・ブラジル間で成功:AFPBB News
2014年08月28日  光で脳内の記憶書き換えに成功 理研、「嫌な記憶」を「楽しい記憶」に - ITmedia ニュース
2007年10月11日 慶應義塾大学、脳内イメージでPCを操作できる技術の開発に成功 - GIGAZINE
2014年08月28日 ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功 - GIGAZINE
ニューロコミュニケーター ウィキペディア

こういった技術は主に頭部にコイルを置いてする場合と、頭を開けて脳に直接小さな電極を取り付ける場合があるけれど、非常に高価な軍事レーダーを用いるようなものは民間では僕の知る限りは報道されていないものの、以下の僕の推論が決して間違っているわけではないと考える。
(ここまで追記。書くつもりで記憶が消されたもの)

この技術は、神経がイオンチャンネルが用いられてマイナスの電荷であるイオンが移動するある種の電線でもあるため、脳を構成する神経回路は電気回路のように電磁波の影響を受けやすいため、高度の軍事レーダー(電波)のようなものが用いられれば、脳の全体と細部で、神経回路の電気状態を変化させて、脳を操ることが可能になるだろう。

脳は中心に近いほど生体機能維持の脳幹(爬虫類の脳)やその外にあって感情を司る辺縁系(哺乳類の脳)という基本的な機能を有していて、人の知性はいちばん外側の脳の表面の数ミリの厚さの層に存在している。

表面なので、そこでの脳活動を読んだり操作することは、指向性マイクロ波を照射する高度なレーダーを応用したようなものを用いれば可能と思われる。

(1974年8月5日に出願された米国特許3951134号の装置は脳波を計測するだけでなく脳波を改変することができる。東芝はその特許技術を応用して、脳波を計測する装置の特許を申請している。疑問に思うなら調べて見て下さい。→ 特願2006-18634 特開2007-195779 「脳内神経活動検出装置、それを用いた脳機能診断装置及び思考映像表示装置」)

たとえば、Xバンドレーダーという4800キロ先の野球ボール大の物体を識別できるような性能のもので、脳神経の細部を操るのか、それとも脳の表面全体に広く連携する神経群のつながりの傾向を外から電磁的に誘発させて操っているのかは分からない。

感情だけの操作なら、数Hzという低い周波数の電磁波(正確には超微弱磁場)を変えるだけで可能であり、6.7Hz以下で吐き気、頭痛、混乱、憂鬱が生じるとのことだし、10Hz以上では焦燥感、不安、攻撃行動を生じさせられる。逆に中間の8〜9Hzでは瞑想状態、幸福感が生じるとのこと。過去に米ソが用いていた古い技術である。(「電子洗脳 著ニック・ベギーチ」より)

上の ①② に記述した2つの技術、脳を読みとり操る技術は、人それぞれの脳が機能する仕組みに応じてカスタマイズされたコンピューターが必要になる。ただし感情の操作だけはそういうシステムを必要としない。

 マイクロ波聴覚効果を用いた音声送信技術。

(米国特許4858612号:1983年12月19日に出願されたテレパシー通信のための特許。ストックリン特許ともいわれる。)

こちら(③)は、基本的には無線通信と同様で、対象者の耳の近くに電磁波を送って、受信機代わりに組織を振動させて音を作るので、誰にでも声や音を送ることは可能と考えられる。

こういった人を盗聴して操るような技術が存在し、心理学や人工知能などを利用して国家レベルの謀略がなされている可能性がある。

僕が受けた被害は上の3つの技術が組み合わされたものであることが想定できる。その際にマイクロ波聴覚効果によると思わしき音声送信などがあるので、長期の被害により、どのような手法が用いられているかが、ある程度は予想ができる状況になっている。






僕の被害のうち悪質な謀略の前提となることの特徴は、以下の2点の条件を無視して行われており、この2点により相手の手法の矛盾と齟齬を追求することが可能になる。

条件1:脳における言葉の認識においては、人の名前を覚えたり思い出したりすることは不得意で、要するに固有名詞で表される音韻での相手の認識を苦手としているが、それはあくまで音韻という言葉でのことであり、その人その対象自身は正確に認識ができるため、脳内では固有名詞が浮かばなくとも、脳が指し示す相手(対象)を誤ることはない。

条件2: 個別の脳を読むときには、対象者によって脳が機能する構造は全く異なるので、それぞれの脳にカスタマイズされたシステムが必要なため、脳を読む過程でそれぞれに特徴的な対象者(脳を読む機械にとっての固有名詞)を間違えることは絶対にない。
(例えば、人がそれぞれの相手の顔を認識する限り相手を間違えないのと同様の構図が、脳を読むシステムにいえるだろうことが分かる。)

前の条件1と条件2から、対象者の関係性の誤解は、個人においても、複数者の脳を読むシステムにおいてもあり得ないことが分かる。

普通の条件下で相互の関係性を誤る可能性は、実際は大きくはないことが予想できる。

よって、上の条件1と条件2という前提を無視されたら、善人を悪人にみせるようなことも可能ということになり、それによる誤解を利用して、何者かが何者かを誤解から攻撃したり、権力が弾圧を正当化したりすることも可能であることが、僕の被害経験からは分かる。

僕をステルス弾圧している裏権力が使っているシステムは、情況における文脈依存である言語表現の曖昧さや、上の2つの条件を無視した恣意的な誤解という嘘を用いて、目的に合わせた電磁波世界だけの関係性を作って、それを利用して裏権力に都合よく、逆に言えば被害者からはデタラメなやり方で、権力の弾圧を隠したり誤魔化したりしながらしている可能性がある。

この弾圧を否定するためには、以下のことをはっきりさせる必要があある。表現のための言葉における曖昧さは、状況の文脈に依存するため、その状況、その空間、その時間においてのみ、正確な意味を無していて、状況・空間・時間を共有していない場合は無効である。

状況・空間・時間を共有していても、特にしゃべり言葉は曖昧なため誤解を生じやすく、また、客観的事実を言っている場合は、それを聞く相手により、理解の仕方の差は大きく、場合によっては正反対にもなり得る。

要するに盗聴だけでは正確な情報は得られず、場合によっては冤罪の温床になり得るということもいえるため、盗聴で得た情報は参考にはなっても判断材料にはなり得ない。






上述の技術背景と謀略を前提に、僕が受けた被害の巧みな手法について

(具体的事実の記憶抑制が過去にもあったので、分かりやすい記述が不十分になっている可能性があるが、努力したい。)



事実を裏権力の目的(場合によっては悪質なケースもあることに注意)にとって都合のいいように歪めて、それを用いて誰かが誤解して攻撃しているように見せているときの実例。

1:低賃金により生活が困窮して、何とか生活費の工面をしなければいけなくなっている人間を電磁波世界で金の亡者に見せる相手の手法。

2:ビジネスにおける成功者を(ニセの)平等主義にみせる相手の手法。

3:左翼を偽旗として攻撃者に見せる相手の手法。

上記の3つの手法が組み合わさった結果、3の左翼が平等のために誤解してビジネスの成功者2を守り、誤解から困窮している1を攻撃しているように見せるというやり方で、1の僕が攻撃された。

(実際は3は左翼の偽旗である可能性を感じる。このような軍事技術を用いた謀略をしているような権力は左翼ではないだろう。)

(知識のない者に対して、陰謀論などを悪用して(本来は平等主義の善人である)左翼を悪に誤解させておいて、その戦略に騙された陰謀論者や右翼が平等や平和を言う側を攻撃をするというケースは、インターネット上の現実として、ネトウヨなどで観察することができる。)

昨夜(161215)起こったことは、そういうことになる。



それとは別に以下のような手法もされた。前との絡みでの攻撃の手法と考えても大きくは外れていないと思われる。

昨夜は、お酒は一切使われていないものの、別の会場へ親戚がビールを差し入れており、誰かが誤解したことにして、お茶しか飲んでいない僕に、強度の頭痛と吐き気を生じさせていて、僕は親戚の前で横になっていた。

脳内での仮想の吐き気や頭痛は、実際のものより遥かにつらかったように感じたのは、それが得体の知れない苦しみであり、分からない故に生命の危機を感じるような恐怖を伴うからで、後から(ここに記述しているいまだが)状況を俯瞰して気付いたときに、飲み過ぎた誰かに同期されて、そういった不快感と苦痛だけが脳内で再現されたのか、僕の脳にくっついて監視役をさせられている相手が誤解したことで、僕の脳内に過度の泥酔状況における頭痛と吐き気が再現されたのかは分からないが、そういった誰かは分からない誤解にみえる不可抗力を利用して、特定の目的を達成するための手法を実際につくっている裏が存在する可能性は高い。

少なくとも、現場にいた人たちは、どちらの場所であっても、酒のない席で泥酔する者が存在するわけがないことは分かるので、僕を含めたここの葬式の関係者には謀略主体は存在しないことがはっきりとする。


ここに書いたことは、葬式の準備過程で経験したものであり、僕が記述することで、裏権力と思わしき者に事前に準備されていたと考えられる目的のための謀略を、僕がしているように誤解されては困るし、そういう手法なら断固、悪質な電磁波世界における謀略を拒否する。



そう考えるのは、次のような対応をされたからである。

ストックリン特許技術にあるようなマイクロ波聴覚効果を用いた音声送信により、悪質なことを言う声色のないささやき声が「これで飛騨の引きこもりが悪いことになる」と謀略をしたことを言っていた。僕がネットに記録を残そうと書き出したら、僕の記述に合わせるかのように、その声色のない音声で、僕の記述を追って読むようなことをしてきて、それにより僕がその悪質な声かのように仕掛けていた(僕以外に声がいっているかは不明)。僕が飛騨地方在住の引きこもり状態の弾圧被害者であることから、悪質な謀略を、僕がしているかのように誤解させようと、相手が言っていた可能性がある。

ただし、僕が僕を悪く見せるわけがなく、相手のしていることにも無理があるので、そいつが対象を誤解してそういうことをしているように見える情況もあるだろうから、本当の謀略主体はより上位に存在することも容易に想像ができる。

ここに罠があるなら、僕が盗聴をしているかのように見えることで、しかし実態は僕は盗聴をしておらず、上の「これで飛騨の…」という一言だけを送って来られただけなので、僕が盗聴をしているかのように誤解させようとしてきたのかもしれない。もしかしたら僕を利用しようとしている相手がいる複雑な入れ子構造があることが想像できる。複雑な仄めかしを僕自身が裏の事実関係に気づきながら、別の犯罪首謀者にされそうな誰かに対してさせられているかもしれない。実際に謀略をしているのは、権力のシステムであるだろうことが推測できる。

そのため、目先の対象を批判しても無意味であり、誤解かもしれないことによる批判は新たな弾圧被害者を生み出す可能性があるが、僕にくっついている音声送信の相手が人工知能か人かは判別できないものの、「飛騨の引きこもり」という対象を嵌めようとしていることは確かだったので、そこに関しては酌量の余地はないが、何故にそういうことをせざるを得ない情況になったかに関しては、相手の状況も言い分も分からないため推測するしかないということになる。

場合によっては、僕が飛騨の引きこもりではなく、別の誰かのせいにしているかのように誰かに誤解させようとする者がいる可能性があって、それは電磁波のビリビリとした感電被害が来たり消えたりすることから、可能性を捉えただけの予測になるが、脳操作でそう感じさせられているかもしれず、そうであれば僕のせいにして何かを裏がしているかもしれず、そこに対応しなくてはいけなくなる。

要するに、対象は僕であっても、僕は何も悪いことはしていないし、それが分かっている相手であれば、相手は僕を加害者にできないので、もし裏権力が相手を誤解させて利用している場合は、他の誰かに僕を誤解させて、僕を悪者に見せて攻撃をするかもしれない。

自分が被害を受けるのは嫌だし、加害者にされるのも嫌だというのは、誰しもが同じだろうけれど、だから、権力が裏でしている弾圧は権力が作っているインフラとシステムの問題であることを再確認する必要があるだろう。



補足:文章を記述する際に、脳抑制がなされたため、仕方なく基本用語をネット検索して、抑制された用語を外部的に引き出さないといけない状況があるが、その際に検索結果が僕の妨害のために恣意的なものになる傾向があり、それが例えば検索サイトがそういうことをしているのか、それとも検索サイトの結果をブラウザに正確に表示させないために、何者かが仕組んでいるかは分からないが、前者であればネット世界を裏支配している米国の関与が考えられ、後者であれば、ネット・プロバイダーか、それともこのPCがハッキングされているかが想定できる。

僕の被害経験だと、その際に一般の何者かの意図で妨害しているようにみせてこられるので、実際はそんなことは不可能であり、権力の側が誰かのせいにしているだけで、実際は権力がそういうことを、弾圧などを不可視化するために、精神疾患か何かに見せる手法を含めてしていることは認識すべきで、背後にある権力の問題を追求しなければ問題解決が難しいことを示唆している。





僕は権力の弾圧手法を全否定します。

前述してきた仕組みは当然だが全否定する必要があり、絶対に全否定しなければいけないことでもある。

その理由が、既に過去にあっただろう手法を観察から帰納して導き出した、過去に既にあった相手の手法なのに、それを僕が作ったかのように利用されないようにする必要があるから。

といのは、過去にも相手がしてくる手法を認識して気付いたことを記述した際に、ツイッターだったので十分な説明ができないことを利用されて、僕が仕組みを考案したかのように加害権力が見せてきたことがあったため。




現状において、僕がこの罠を回避するには、表の世界に通用する、誤解ができないコミュニケーション・ツール(信頼関係を前提とした直接の会話や記述の記録が残るネットなど)で、事実をありのままに正直に記載することが望ましいということになる。よって、そういう前提から、僕の率直な考えを正直に状況と共に書くようにしている。




僕は何も加害行為はしていないし、悪いこともしていません。巧みで卑怯な被害を受けていますが、被害を受けるのも嫌です。

誤解をさせる仕組みには反対をします。

同時に弾圧と人権侵害に抗議及び反対を表明します。




民主主義社会がテクノロジー犯罪が存在することを公的に認めて、人権と生命を守るための具体的に対策がとれる規制法が制定されることを希望します。







追記2:
早朝に目が覚めたので、昨日の経緯をここに書いて二度寝したけれど、祖母の葬儀の見積もりの今朝の最終確認後に、頼んだメニューにないものが存在することを、朝に訪れた知り合いが教えてくれたので、電話で追加の変更をしている。
昨日までの見積もりなどをする過程で、忙しいらしく隣接地域のひとが対応していたのを、昨夜、支配人の人に引き継いでいたので、上記の「2:」の人のことなのだけれど、その後にメニューの変更がなされて、支配人の面目を潰すようなことはないとは思うけれど、僕が見積もりの最終確認の場を寝過ごしているので、もしかしたらそれが対応した支配人さんに、メニュー変更が僕の意図と誤解されるような形で利用されるようなことは無いだろうけれど、変な音声送信があったので思い出して(←一旦はこの記述をする記憶を消された)、念の為に追記しておいた。


目次へ




 2016/12/21 ▼161217(祖母の葬儀の日)〜23 の被害状況

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: ▼161217(祖母の葬儀の日)〜23 の被害状況
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 12/21/2016 14:26:46
-----
BODY:
最近、またヘリの飛来頻度が少し上がっていた。

今日(161221)は、この飛騨の山奥に飛行機がたくさん飛来している。飛行機雲(ケムトレイル)が次々とジェット機が飛来して幾筋も繰返しつくられていたが、過去に扇のように何筋もが同時に一点に収束するような雲ではなく、ケムトレイル故に拡散している。逆に、裏の山にはケムトレイルとは異なる不自然な雲の筋ができていた。

証拠のために写真2枚を追加(161222)
161221AM.jpg

161221PM-2.jpg


HP(akejy.html.xdomain.jp)の脅しについて1〜10を見てもらえば分かると思うが、権力の裏に脅されている。

よって、祖母の葬式の際のテクノロジー犯罪による被害を具体的かつ詳細に記述することはできるような状況ではないのかもしれない。

葬儀のときは特に脳抑制が酷かった。記憶が2秒くらいでスーっと静かに消されるので、何も理解できなくされて、頭を下げたり焼香をしたりするだけしかできなかったが、喪主の方なので、前にでることが多くて、挨拶は母がしてくれたのでよかったけれど、この状況では困るという思いだけが残った。

通夜と葬式自体は、葬儀場と親戚とご近所さんが手伝ってくれたので、滞り無く順調に進んだけれど、祖母は元気だったので急な葬式で、お坊さんやバスの手配から役所の手続きや火葬場のことなど、かなりややこしいことをすぐに決めなくてはいけなくて慌ただしかった。

こんなことを公に書くのは憚られることかもしれないものの、家は僕が潰れていて、母の僅かな手取りと祖母の少ない年金で生活しているので、祖母が亡くなり、高額と言われる葬式の費用で借金を積み上げないように、見栄を張りたがる傾向が少しばかりある母に配慮することだけが僕の仕事だった。祖母は百歳ということもあって、直接の知り合いのほとんどは他界しているか超高齢者なので、香典の方も予想できなかった。

主に親類や母の知り合いに足を運んでもらえて、予算の制約もあり簡素で慎ましいけれど、割といい葬式になったと思う。田舎なので準備した2百の香典返しが足らなくて追加していたので、そういう人生の最期を静かに迎えられた祖母は幸せだったのかもしれない。

葬儀とその後の儀式的なことに関する打ち合わせで親戚と不自然な喧嘩をさせられかけたり(事情を話さざるを得ない状況になった)、他の人たちが何かに気付いて避けようとしたり、綺麗な姉ちゃんが僕の股間を意味ありげに見つめていたり、受付をして頂いていた御近所さんが股間を抑えて紅い顔をしていたり、そういう状況があったけれど、僕は何もしていないし、こちらも親戚などの葬祭の来場者に頭を下げるだけで精一杯な状況だったし、こちらには怠くなるようなビリビリを伴う電磁波被害と記憶消去以外は無かったので、何者かが僕を嵌めようとしていたのかもしれないとは思うこともあったものの結局は何も分からなかった。

僕の被害だって、高齢の人に脳同期されていることにされて、数秒ごとのスーっという感じの記憶消去と怠さをビリビリという形で外部からのものと僕に気付かせながらの権力機関のい加害行為の可能性が高いけれど、同期されてのものならば、相手が悪いというわけでは無いので、どうすることもできない。権力は姑息な迫害手法を用いているように思う。

複雑な葬式に関することの多くは、近い人たちが協力してくれて何とか事無きを得たし、妹と妹の旦那(僕の同級生)が、ひと通りを把握してくれて、僕がしなければいけないこともやってくれたのでありがたかったけれど、その彼と不自然に喧嘩させられそうになって困り果てた。テクノロジー犯罪における脳操作や感情操作被害であり、そこで喧嘩だけはしたくないので、何とかその状態を脱するために、被害を説明するしか無かったが、相手は変な怒り方をしつつも賢くて(それも操られていたかも?)、こちらの出した書籍などには一切目を向けなかった。結局、正確に認識しないで、それでも何かがあるので変な状況が発生したことは漠然と理解されて、問題の拡大を抑止することには成功している。

家のJR線沿いの車庫には、「テクノロジー犯罪 反対」「電磁波犯罪 反対」「日本版 MKウルトラ 反対」「環境改変兵器禁止条約」という文字が大きく書かれているので、皆、知らないフリをしながら、何かがあるかもしれないくらいの認識はしていると思う。

それにより、おかしな謀略の罠を回避することができるなら、一般には妄想程度に思われながらも、必要なときには感情などを単純な技術で操られているだけなので、そこに気を付けて冷静になって欲しいという理屈で罠に対応して問題を抑制できることが分かった。

今日は久しぶりにPCの前に座って、文章を書いているけれど、その前にケムトレイルの洗礼を無茶苦茶されているので、あまり長い文章にしないように一応の配慮はしておこうと思っている。

以上です。





追記(161222 メモ的に…):

21日は、こちらが何もしていないのに、JR東海の警笛があった。JRの写真を撮影に行くと言ってから、警笛がピタリと止んだ。上の文章を書いているときに、記憶が幾度か消されている痕跡が文中に散見されるが、記憶消去のことを書いているので、あえて修正せずにそのままにしておこうと思う。

 ーーーーー

物事はオープンにして忌憚なく話し合った方が、例え罠があったとしてもそれに嵌ること無く、解決が可能になると僕は考えるけれど、そういうリベラルな考え方の人の方が割を喰う(不利になる)環境に僕はいまある。

世の中が保守化しているし、ここはド田舎で、周りは高齢者なので仕方ないが、いま僕が置かれている状況は、そういう一般的な捉え方では到底あり得ないようなものであり、テクノロジー犯罪の技術と謀略を用いる裏権力が介在している可能性が極めて高いが、その際に伝わる意識は差別的で独断と偏見に満ちており、ただし、その相手の断片的な意識は偽旗であるだろうから無視する必要がある。

フラクタル被害が仄めかされてきたので、場合によっては僕が誰かに同じように見せられている可能性もあるが、僕は独断と偏見というものが客観的に考えても弱い人なので、フラクタル構造のために、何処かで大きな矛盾が生じるシステムの穴が存在しているだろう。それを、逆利用のような形で埋めていたとしても、矛盾は矛盾のままではないか?

いま、書こうとしたことの記憶が消された。僕は記憶消去だけでなく、身体的な苦しみを感じる電磁波被害を受けている。

 ーーーーー

昨日は、ケムトレイルやJR東海の警笛など、電磁波以外の外からの被害が多かった。電磁波の被害が無いわけではなく、実際は何時間も被害で読書などを含めて何もできない状況があった。

テレビも付けてなかったし、政治的なことにも関係していないし、ネットすらしていなかったが、次々と脅しがあった。これが意味するのは、相変わらず僕が関係していないことを誤解して、僕を脅すようなことを権力がしているということだが、実際のところ彼らがどういう認識でそういった行為をしているかは分からないので、その先は想像するしかない。

想像では事実とは異なる結果しか得られないだろうし、脳操作被害がある状況で客観的事実以外のことを考えると、誤った方向に誘導されかねないので、分からないものは分からないとしておくのが正しい対応だろう。

 ーーーーー

すごいのは僕の脳を読んで、誰かが僕のフリをして、実際の僕を別の手法でバカに見せてくるような何者かによる状況があること。少なくとも僕がバカではないことは知って欲しい。

とにかく、誤解をしているのか、誤解しているフリをしているのかは分からないが、少なくとも、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手の断片的な言葉は、相手の認識がデタラメであることを示唆しているので、電磁波世界の話はスルーするに越したことはない。

電磁波の世界はスルーするに限るが、もしかしたら僕に纏(まつ)わる電磁波での状況は、関係性の事実に気付いたと感じた途端に、それはデマか間違いになるような類いのものかもしれない。マイクロ波聴覚効果で僕に関するデマを言っている相手の断片的な声からはそう感じるが、耳鳴りの中の断片的な声だけでは、相手の意図は分からず、分かるのは相手の意図の断片だけを僕に聞かせる謀略をする者の存在があることだけだ。もしかしたら人工知能かもしれない。

電磁波世界はデマばかりなので心当たりがあるひとは注意してください。

 ーーーーー

例えば、この記述をしている現在、家で葬儀があったので、人の出入りがあるが、誰かが喋っているリアルな現実の声が聞こえたときに、僕はひとことも喋っていないし、誰も怒ってはいないのに、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手は、いま怒っとったのはアキヒロやな、というデマを言ってくる。これが僕にだけ聞こえるなら、僕がスルーすれば済むことだが、誰か別の人が聞いていた場合は誤解されるので困る。この文章に対応して、そういうことをするのはコイツやな、と言ってきて、僕が被害を受けたりすることがある。来客がすぐに去っていったが、それに合わせて僕が誤解するような手法を加害者がしていることが分かる。ちなみにいまの来客は、祖母の返却が必要なレンタルの介護用品をとりに訪れた業者さんだった。

2016年12月22日午前9時21分。僕は何も喋っていない。家族も同様。ただ音声送信が聞こえるが、はっきりとは聞き取れない。そのタイミングで通過したJR東海が、明らかに嫌がらせの警笛を鳴らしていく。

その後も通過したJR東海が警笛を鳴らすので、何年も工事をするような場所ではないし、明らかに嫌がらせであり、こちらは特に悪いことは何もしていないので、相手は加害者だと考えたら、それを利用されて被害を受けて苦しくて仕方ない。向こうは仕事ができる人たちで、僕は仕事ができない程の被害を受けている。そういう被害者に加害行為をすることに恥や罪の意識が無い連中なのだろうか?

 ーーーーー

ちなみに上に貼った写真だが、ここは飛行機の通り道ではいことを断っておきます。

現在は政治には一切関与しておらず、テレビもあまりみない。そもそもテレビなどで政治話題に接触することが悪いとは思えず、それ以上に僕の自由平等平和人権民主利他の価値観が問題であるとは思えない。それを問題視するのはおかしい。誰か別の者の発言などを僕のせいにしている奴がいるかもしれない。

念の為書きますが、僕は何も関係ありません。僕のせいにしないでください。









追記2(161222):

午前11:10に、上の写真を眺めていて、皇樹の杜にジェット機が向かっていて、同時に飛行機がクロスしているのは、皇室がX(エックス)なのか、プラスなのか罰なのかが分からないし、もしかしたら向かって右に皇樹の杜があって、左側にクロスがあるということかもしれないし、どうとでも取れるので、メッセージとしての機能を果たしていないとしか感じないし、それをどう読むかで何かが変わるなら僕は読まない、とぼんやり考えていた。

上のような思考の過程(途中)で、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、この人の言うこと分かる! と聞こえた途端に、車が大きなクラクションを鳴らした。クラクションが聞こえるようなことは滅多に無い。

まず、音声送信が「この人」と言っているのが誰か明確ではない。僕だと仮定しても、思考の途中で、おそらく誤解されている。それとクラクションに関係があるかは分からないが、明確にテクノロジー犯罪の被害を受けているので仮に関係があるとしても、クラクションの側で何があってそういう音を鳴らす結果となったか分からない。クラクション自体がマイクロ波聴覚効果の音声送信の可能性だって否定できない。

僕は理想主義でありながら現実主義なのだが、それは理想と現実の違いを理解しているからであり、現実をどのようにすれば、自由平等平和人権民主利他の理想に近付けられるかを考えはするけれど、そのベースは現実がどのような状態なのかを認識することからまずは始まると捉えるあり方にある。

僕の理想はともかくも、そういった現実主義的な捉え方は、僕の場合はアジア人、日本人の現実性からきており、それは社民主義やリベラリズムの言葉で本来は博愛や友愛を使うところで、そこだけ利他という用語を用いることに端的に表れているのだろうと感じる。

僕自身は十歳代半ばにはひどい被害を受けているので、学業などはダメになってしまったが、被害者の中には超高学歴のものも少なくないのは、ネットの被害の訴えを見てもわかる部分はある。そういった超高学歴のひとの中に、音声送信や脳操作によるサブリミナル・メッセージを真に受けている人がいるのは残念なことに感じる。ただ残念なだけではなくて、見当違いのメッセージで我が家を間接的に攻撃している可能性があることに気付いて、困っている。僕の誤解かもしれないし、時系列の状況での構図だけが似ている場合は、その関連性を主張してもはぐらかされる可能性があり、被害を訴えることもできない。

ただ彼のブログやツイートから言えることは、現実の中で被害を訴えるのではなくて、メディアからのメッセージだけで妄想的に何かを伝えていて、それが迫害を意味しているかもしれないことに気付いたので、そういった行為はやめて欲しいが、何故にそういう罠なりデマの流布なりを彼がしているかは彼でなければ分からないだろう。

僕のように命懸けで訴えているのかもしれないが…

僕の場合、電磁波世界はほとんどがデマだろうと感じるし、陰謀論は逆利用の悪質な謀略なのだろうから、どちらにしてもそれを訴えるなら、裏の謀略を読む文脈で伝える努力をすべきと感じるが、それをするとネット上の影響が弱くなるか何かがあるのだろうか? 実際はわからないが、もしそうなら受験エリートらしく、目的が本来のものとはズレていても、そのズレた目的のために邁進するような悪癖があるのかもしれないと感じることもある。もし、デマの拡散をして、それで助かっているというなら、批判はできないけれど…

僕の場合は、苦しいけれど自分における事実…と書いたらデマでさえある人にとっては事実であり、それが僕に見えるという真実をデマに見せる手法がなされるかもしれず、もしそういうことがあれば…実際に音声送信に関してのみはそれがなされているが…事実をデマに見せるのはやめて欲しいが、僕の主張が実際は真実に近くて、他の陰謀論などは玉石混淆ではあるけれど、デマが多いことには留意してもらいたいし、僕が客観的に事実が何かを捉えようとしていることは確かではある。

よって、僕の被害状況は分からないことだらけではあるし、その意味までは読めないものも多いけれど、客観的な被害の事実を記述しております。




追記3(161222):

今日は、ここ岐阜県下呂市では、午後に土砂降りが続いていて、脅しの延長があることがわかります。

追加した写真が関係するかもしれません。しないかもしれません。

それに関しては、過去に脅しがあったことをHPのリンク(akejy.html.xdomain.jp)と一緒に記述していますが、国連の環境改変兵器禁止条約(1978年)にある兵器や技術(地震兵器や気象兵器など)が実在する時代に、その研究が実現する段階において先を見越して作られた条約が使われていないことに懸念を抱きます。

事実が公になり、それらの技術の規制と有効活用により環境問題が解決し、それに伴って人口問題や貧困問題が人道的な対応により過去のものとすることが可能であり、そういう現実の方を希望します。





追記(161223):

21日 ビリビリ 夜、入浴時にメガネが壊れた。針金で補修。 入浴を嫌がる監視者の理由が分からないけれど、僕の生活を破壊する必要があるのか?

22日朝 ビリビリ 家族と喧嘩させられた 感情操作か脳操作なので、どうしようもない

 電磁波の被害で新聞を読むのを妨害されたが、高速増殖炉もんじゅが廃炉の一面。僕はリベラルの方で、脱原発派だ。

23日 朝からひどい頭痛 ビリビリ

僕の加害をしていた連中が2社択一の極論をする無知な集スト被害者らしくて、彼ら保守派が一時期だけ脱原発をしていたが、彼らは自分たちこそが脱原発で、原発を推進するのが左派だと嘘を吹聴していた。なかには百万アクセスレベルの保守系による偽装リベラルの時事ブログも含まれる。僕は昔から脱原発だし、原発事故前からもんじゅ廃炉を言っていたし、元々が社民主義でリベラルレベルに軟化していた人間であり、そういう偽装連中とは異なるが、2012年以降に裏が謀略をしていたことを知って、自分が誤解されかねない情況にあり、同時に自分の置かれた異常な情況は説明すれば理解される現実のものであるため、何とかそれを伝えようとして、裏は卑怯なので逆に罠に嵌まりかけたが、僕の出している情報をまともに読めば誤解はできないはずだ。)

僕のHPをしっかり読めば、何が起きているかの推測はできるはずで、そうではなく、もし大雑把に読んで、僕を誤解して僕を加害者扱いする人が出るようなことはないと思いたいけれど、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が僕を加害者扱いしてくる現実がある。相手が卑怯なのか誤解なのか裏の謀略かどうかは分からないが、権力の裏は何かをしている。

どこかの一般人を僕の監視役につけているのか人工知能か知らないが、そういう人のせいにみせて権力が裏で弾圧などを含む人体実験や社会実験をしているみたいで、軍隊など(ジェット機&ヘリ&気象兵器)が動いているので困惑する。

9:35 JR東海警笛 奴らは悪魔か? こっちは頭痛でつらくてしかたない…

祖母が亡くなったときに、オスプレイが(偽装?で)落ちている。葬式などの一連の行事の間だけ、飛行が止められていた。その後、世界各地でテロが発生。
その前には、南米でJリーグ経験者をたくさん含むサッカーチームを乗せた飛行機が落ちている。僕はサッカーが好きだ。
昨日は新潟県のい糸魚川で140軒が燃える大火災。百歳の祖母は140cmほどしか無かったが火葬された。うちが攻撃されている妄想的かもしれないが状況証拠。


家族の不幸を利用されることを僕は望まないし悲しい被害だが、祖母の葬式からの関連情報なので、ここに追記しました。


補足:
僕の監視役が「オレ」という第一人称を用いるが、それを僕に見せようとしてくるような汚い手法をされることがある。矛盾だらけなのであり得ないが、こちらが情報を出さなければ、僕のことを知らない第三者を裏が誤解させることが可能だろうし、2012年にそういう手法で一度やられたので、こちらは名前と顔を出して、誤解されないように情報を出さざるを得ない状況になっている。

僕は左派系なので、攻撃側が保守系とわかるため、撹乱でそういうことをされているのだろう。オレという奴は保守系だろうから、間違えてオレという奴を誰かが攻撃していることにすれば、攻撃側が左派系に見えるという二重に手の込んだ撹乱手法があることが考えられる。

弾圧には反対します。


10:05 JR東海の警笛
 JRは飛騨の赤字の単線で何年も工事を続ける必要があるのか? ここにヘリを飛ばす必要があるのか? 何をしているのか?


補足2:
僕が左派系と書いたのは、弾圧の背景にある撹乱の事実を記述するためで、左派でもリベラルな方で、本来的には弾圧対象ではない。ある集スト被害者がリベラルを左翼扱いしていたが、左翼ではない。日本は公安調査庁が共産党や左翼を監視対象としているが、すくなくともいまの共産党は左翼ではなくて中道左派の社民主義政党なので、公安の目的に客観的事実を重視する姿勢は乏しく、政治的なものであることが分かる。同時に公安の監視対象に右翼があるが、集スト被害者の一部には左翼と見られることを怖がって右翼になる両極端で変な連中が存在する。僕はリベラルなので右翼左翼のどちらでもない。リベラル派がやられているなら、ここはロシアでも中国でもないのでおかしいと感じる。(裏の集スト戦略は変わりつつあるかもしれないが…) いまのアベコベな戦略をしている裏の意図は、民主主義を根底から覆すようなものであり、世界各地で起きていることとも符合するので戦略性を感じるが、民主主義そのものを尊重しない態度は、権力の正当性を危うくし、米国の国際的地位を落とし、日本国の世界での位置づけを危うくし、結果として誰の利益にもならないものであることを理解すべきだ。



追記(161226):
新聞も読ませてもらえない妨害がされて、見たい年末番組も妨害されたので、仕方なく、最近あったことや、過去の重要情報をここに追記でもするしかやることがない状態にされる。

以下の写真は、HPにもあるものだけれど、関係すると思わしき脅しの事故は、HPでは関連付けていないもの。

文章は割愛します。時期はakejyのツイッターの過去の記録でも探して下さい。

小坂町グーグルストリートビュー

2015年12月23日午前10時首都高2


目次へ




 2016/12/25/ 161224〜 の被害状況

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 161224〜 の被害状況
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 12/25/2016 15:04:29
-----
BODY:
161224
16:06 南(結婚式場の上)にケムトレイル
16:13 東側にジェット機
16:15 西側にもジェット機 撮影しようとしたが、5度デジカメの電源を遠隔操作で切られて不十分な写真に…

 ーーーーー

下の内容を書こうとした時点で、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が変なことを言ってくるけれど、僕は朝日に加害する意図は全くなく、朝日さんを批判する意図も一切ありません。朝日を見るから朝日の記事を引用するだけで、朝日さんにはむしろ理念の立場で頑張って欲しい。僕にくっついている人に右翼みたいな愛国者かネトウヨみたいな人がいるかもしれない。僕や朝日さんのようなやられている方を偽旗で加害者にみせようとする裏の意図があるのではないか? 少なくとも中道左派系には軍隊を動かす力はない。

栃木)サンタ、宇都宮市街を駆ける 子どもの貧困撃退中 2016年12月25日
子どもの貧困撃退中――。クリスマスイブの24日、そんなタスキをかけた「サンタクロース」たちが宇都宮市中心部を駆け抜けた。年齢ごとに分かれた参加費などですでに約200万円を集め、支援団体などに寄付する。

この記事自体はいいことなんだけれど、個人的には前から気になっていることがある。「貧困撃退」という言葉。一般には「貧困撲滅」「貧困根絶」というのもある。
「撃退」「撲滅」「根絶」という言葉は、例えば悪いウイルスや病気などで使うもの。貧困者はウイルスや菌ではないと思うので、言葉の使い方には配慮して欲しい。

正しくは「格差是正」「貧困救済」「貧困問題を救済により解決」という表現を使うべきで、僕が問題視した言葉に違和感を感じないことに抑制された差別感情を感じてしまう。

上は国内の格差問題などで、左派言論の延長だが、安全保障に関することでは左派言論(平和主義)の延長でも、メディアで読むだけで電磁波の被害を受ける。しかも、僕が加害者かのようなことを言うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が出てくるが、僕が被害を受けている。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、だめだ、この人のことを加害者にしとるの自分と気付かされる、と言っているが、この場合の自分とは誰なのか? 僕自身は被害を受けて苦しいだけだ。しかも、この人のせいにしとるのアキヒロや〜、と言っているがアキヒロは僕だ。僕のせいにしている奴がいるが、その構図をそのまま利用して、別人に何かをしているということがあり得ると仮定したとしても、僕は相手を認識しておらず、誰かもわからない相手の加害を僕がしているという構図はあり得ないもので、相手が僕を正確に認識していて、僕の加害者なのに、僕を加害者扱いするのはおかしい。

音声送信は、この人を加害者にみせとるのはアキヒロや〜、と言っている。確かにそういう構図も見方次第では可能だが、僕は相手を認識できない。認識できない相手に僕が何かをすることはあり得ない。しかし、何者かは僕を認識しており、僕を加害者扱いしていることは確かみたいだ。

ただし、こういう構図を作っているのは権力だ。直前に久しぶりにツイッターをチェックしているので、ツイッターを使わせないようにするために、手の込んだ迫害手法を権力側がしていると見なしても、決して間違ってはいないだろうが、その際に何者かを利用している可能性がある。どうじに、日本語入力装置が変な動きをしているので、ツイッターやグーグル日本語入力が関係している。OSが無料のUBUNTUなので、グーグル日本語入力などを利用せざるを得ない状況がある。ただ、現米政権が直接的にこういうことをしているかは分からず、むしろオバマ政権が理念的な行為をしているときに、裏政府か何かの謀略で国際的米国内的にやられていたので、米政権以上の裏が存在することは確かだ。民主主義は形式だけなのかもしれない。

政治報道をネットで読むだけで、激烈被害を受けてしまい、結局政治からは引き離されるが、僕の被害が軽減してきたときに、脳の遠隔操作でそういうところに誘導されて、またひどい被害を受けることになる。僕がしたいと思っていることは、ただの読書なのに、それを妨害されて、悪用されるのかもしれないし、被害を受けるので避けている方を見ている。僕もバカではないので、そういった行動はしたくはない。それ以上に、自分がしたいことが何もできず、する必要のないことをしているのが脳操作の証拠だ。

脳操作が実際に可能であろうことは、HPの用語説明(akejy.html.xdomain.jp/term.html)に簡潔に書いているが、それを熟考してもらえば、僕の主張の正しさは認識されるはずだ。

音声送信が、この人をバカにしとったのは僕らや〜、と言っている。僕が自分のことを僕ということを利用する人工知能があるに違いない。音声送信通り、僕の知的能力が大幅に抑制されているので、いまのような苦しい苦しい電磁波被害が身体に来ているときに、頭の方の被害が軽減して、何とか自分の意見を割と正確な表現で書いているけれど、被害で苦しいこともあって、十分な検証ができるような背景情報の引用などまでは到底できない。



追記1

サイエンスZEROの再放送「科学の“未解決問題”心はどうやって生まれるのか?」で、脳を読んでロボットを動かす技術などを扱っていた。その中で、2009年にフランスの研究者シリグ博士たちによる実験で、微弱な電気で脳で頭頂葉を刺激すると被験者は身体を動かしたくなったり、喋りたくなったりするという実験があると報じていた。

?→BA10(前頭葉の一部)→補足運動野→ 「意志」 ←頭頂葉←?

無意識→意識→意志→言動 という道筋の一部が解明されてきており、そこを電磁的に刺激して操作することが可能であることが示唆されている。

民間レベルの話であり、支配と軍事研究というレベルでは予算規模も機密扱いということでも違うので、実際は僕の被害はあり得ると感じる。人体実験には反対だ。人権と生命は守って欲しい。



追記2:
人工知能を用いているのかもしれないが、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手がかなり低いレベルの手法のあり得ない撹乱を僕に言ってくるけれど、申し訳ないが本当にアホらしくて、無視している。

相手の声は、明らかにこちらを盗撮盗聴していて、僕が目にするものなどにも反応することがある。僕の脳を読んでそれを使って、変な言葉に変換しているだけかもしれない。それが対人文脈で考えるにアベコベで、かなり特殊な状況を想定しなければあり得ないことが多く、その相手の言葉を前提とすると、相手が脳の読影や盗聴盗撮をしているという結論になるが、実際にそんなことがあり得るのだろうか…と何年も被害に遭い続けても疑問に感じる。

こう書いたら胸に電磁波被害があって苦しいので注意したい。

何年も前に亡くなった母方の祖母が、若い頃から胸が苦しいひとで、健康上の配慮をし続けたと母が言っていたが、ぽっちゃり体型で90歳まで生きていて、きっとパニック障害の類いだったのだろうと思う。
その兄も百歳を超えても高齢者ボーリングの東の横綱だったひとで、母方は身体が丈夫だ。

先日、百歳で永眠した祖母は、あまり丈夫ではなかったらしいし偏頭痛がひどい人で、僕も偏頭痛に子供の頃から悩まされているが、祖母は身体の方は実際は丈夫だったみたいで、僕も同じ体質だと思う。

僕にくる電磁波(テクノロジー犯罪)の被害も、脳内現象なのではないかと思う。それでも日常生活がやっとで、仕事ができないくらい苦しんでいるけれど…

死ぬつもりはありません。死にません。


目次へ




 2016/12/27/ 161226〜27 の被害状況と過去の経緯の記録


AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 161226〜27 の被害状況と過去の経緯の記録
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: メディア集スト
CATEGORY: メディア集スト

DATE: 12/27/2016 13:20:19
-----
BODY:
161226

午前9時半過ぎにJR東海のけたたましい警笛。ここの人間ではない者がしていることを、ここの人間がしていると思い込まされているのがJR東海。その前にも小さな警笛。

ここには数年間を除いても40年近く暮らしているが、過去にJRが警笛を鳴らすようなことはなかった。それが、民主党政権ができてから、ずっと鳴らされている。ちなみに僕は民主党政権を支持していた。飛騨地方の単線の線路で何年も工事をし続けるようなことがあり得るのだろうか? 実際に工事はしておらず、人を立たせて、警笛を鳴らさせているだけなので、嫌がらせをしてきていることだけは確かだ。


 ーーーーー

メディア集ストについて

いま、僕にくっついているのは、状況も考えず、それがどういう結果をもたらすかも考慮することのない、その瞬間の感情のままに発言して物事を滅茶苦茶にするような相手。
僕にはメディア集スト(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)がある。
にも関わらず、僕が見ていた番組は長寿化していたが、見なくなったチューボー(TBS)も、もう見ないことを確認したのか、終了したらしい。
長寿化していて縁は切れない、いまは何とか見ている番組も、このままだと見なくなって終了するだろうけれど、強力なパーソナリティの存在する番組は、政治的な影響が強かったサンデープロジェクトみたいなものを除けば、そのパーソナリティが健在であれば続くかもしれない。ただ、チューボーの堺正章ではパーソナリティとしては不十分だったのだろう。例えば世界ふしぎ発見や徹子の部屋の黒柳徹子さんや朝生討論の田原総一朗などは強力なパーソナリティということになる。タモリやたけしもそうだろうけれど、テレビタックルはちょくちょくみているし、日テレ系は過去に見ていた番組もあるが、僕とはあまり関係がないらしいので続いている。フジの方は、見なくなったら(ひるおび=TBSとスクランブル=テレ朝しかみないとはっきりしてから)笑っていいともが終了している。ただし、いまは昼にテレビをつけていない。
前述したサンデープロジェクト(1989年4月2日から2010年3月28日まで)は民主党政権樹立後に役割を終えた事になったのか終了して、サンデーフロントラインという番組になったが、政治討論の色合いが弱まったのでメディア集ストがある状態で抗議したらテレ朝の方が嫌がったので、僕の方で自主規制的に見るのをやめたら、報ステサンデーというより軽い番組になって、それも見なかったら日曜朝の報道枠がバラエティ枠と化してしまった。その後に、報ステサンデーが僕がみていた夕方のニュースの時間に下りてきたが、報道色は薄いままだ。このことはツイッターなどでも何度も書いているけれど、偶然とは思えない。
BS1にプロジェクトWISDOM→グローバルディベートWISDOMという番組があったが、あれも僕が見なくなったら、すぐに終了してしまった。アラブの春が終わるときに、民主化の学生リーダーが出演していた。脱原発デモが終了するときにも、主導していた人たちが当時まだ見ていた田原総一朗のBS朝日で土曜朝にやっている激論クロスファイアに出演してきた。シールズが終了するときも、まだ見ていたテレ朝の夕方のJチャンネルに生放送でアキ君が出演してきた。3つの動きは、僕が切望していたものなので、終了のときだけ直接接触になるのは、何かの謀略に違いないと感じる。ちなみにアラブの春に関しては、盛り上がっているときに、日本で東日本大震災が発生して、海外の動きを追えなくなってから、民主化の流れが強権的な権力に潰されるようになっている。当時は気付いていなかったが、中国の民主化の動きの象徴ともいえる08憲章も、同じような経緯があったと思う。僕が希望していることを、裏が人を操作してやって、オペレーションが終了するときに、メディアを通じて僕の前に現れるということの繰返しがあった。一見すると僕がリセットしているかのようだが、もともとが僕の願望であり、同時に裏がやっていることなので、一種のイベントとしてなされているだけと考えられる。
ただし、最低賃金の引き上げや同一労働同一賃金、時短労働などは、継続的にされるものであろうと信じる。

僕の考えを勝手に解釈し直しているのか知らないが、大変なことになる、と言ってくるストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。彼らが人工知能や謀略でなければ、僕を悪者に見せたい一心で変な解釈をしているのだろうけれど、それによりこの国が奈落の底に落とされるなら最悪だ。もし誰かの利己的な意識ではなく、裏の謀略なら、止めるべきだ。

(補足:冒頭の「チューボーですよ!」についてだけれど1994年4月9日から2016年12月24日までの長寿番組で2013年11月23日から新が付いている。その頃から徐々に見なくなっていった理由はよく分からない。すみれさんは綺麗だと思うので、アシスタントのせいではない。堺正章さんも直接的には関係ないと思うけれど、彼を調べたら1946年6月6日生まれとある。ただし、父・駿二が出生届の提出を2か月間忘れてしまったため戸籍上は8月6日生まれとなっているらしい。666と86の利用は昔からあるらしい。堺正章氏にアキがあり、ニックネームも似ている久本雅美に母の久の字がある。どちらもテレビではよく見かけるもの。両者にマサの音がある。偶然だろうか?)


 ーーーーー

超廉価中古タブレット

21日に楽天のショップで注文したHUAWEIの3,980円の超廉価中古タブレットが26日にやっと届いた。アダプタがついていなかったがマイクロUSBで充電できるとわかった。最安値6千円の新品よりはリチウム電池の容量が倍なので、中古でもこちらが長く使える可能性があると考えての購入。ひと桁高いモノに比べると、画面の周りの枠が広かったり、見た目は劣るけれど、ネットをするだけならキビキビと動くので性能的には何も問題はない。

うちにも壊れて使えなくなったiPhone用のWi-Fiがあるので、無線ルーターの電源を入れて(PCは有線ルーター)使ってみた。普通に使えるが、僕にくっついている相手が変な判断ばかりをしていて困る。

僕を別人に想定しているのか、今までとは別の手法の被害があった。記憶が抑制されて、それを具体的に書けなくなっているのが残念だ。書こうとしたらトイレに行かされるいつもの遠隔操作被害があって、その間に内容を引き出すきっかけになる情報も、記憶から消されているので、相手は同じだろうことが分かる。

相手が誰か知らないが、何者かが僕を僕の母に見せようとしているという状況があることを認識して、そういうことをしている者を排除しようとしているらしい。僕を母と誤解しているのが、名前仄めかし利用だとテレ朝(久米、久富…)ということになるが、猫の仄めかしだとトトが母になついているので、トト=とと姉ちゃん(NHK朝ドラ)、トト=トットちゃん=黒柳徹子さんはNHK出身でテレ朝とTBSによく出演している、ということで、もともと左派色のあったテレビ局ということになる。この戦略が左派系を嫌う側によることは、前述から明白だが、僕自身が左派系であり、僕の考えではないことを誤解を避けるために書いておく必要は、僕が罠に嵌らないために必要なこと。自民党側が加害者であり、直接的な表現を遠回しに婉曲に撹乱しながら、自民党の敵に自民党の敵を倒させたいという裏戦略であれば、そんな程度の低い戦略に僕が引っかかる訳が無いくらいは、過去の経緯を知っている者なら分かるはずだ。ただし、こちらの情報が相手に届いていない状況で、僕の態度如何に関係なく勝手に誤魔化して僕のせいにするようなことをしているのなら、そういった偽旗作戦は許しがたい行為であり、その罠を避けるためには、こういった記述が必要ということになる。

こういう仄めかしは一般には馬鹿らしいものかもしれないが、どうも無視できない関係が電磁波世界とメディア集ストにはあって、それが実世界に影響することもあったので無視はできないが、僕がネットに書き出したら、妄想が現実化するので、信じる方が割を喰うみたいな戦略をされるようになったこともあり、無視できないが無視した方が好ましい状況がつくられている。我が国と某国の裏戦略だろうから、一応、記録を残す意味はあると感じて変なリスクを冒して書いている。

相手がどういう状況なのかわからないけれど、タブレットを我が家のWi-Fiで使ったとしても、使われるのは我が家のネット回線であり、ここはド田舎なので、下呂市のケーブルテレビや一般の地上波などを含めた光ファイバーを経由している。これは下呂市がNTTの回線を利用しているものであり、プロバイダーも下呂市が運用している。よって、ネット回線という点では、PCでネット閲覧しても、購入したタブレットで閲覧しても、基本的なやりとりは同じということになる。もちろん端末やブラウザ情報のやりとりもあるだろうけれど、情報自体は同じなので、それにより僕への電磁波対応を変えること自体が不自然だと感じる。僕を別人に意図的に見立てて、誤解したフリをして加害をしてくるような手法は、いつものことだが、いい加減にして欲しい。

ちなみに、家ではAmazonにアクセスできないのだが、一時はauのiPhoneだったので、そちらの回線ではAmazonを開くことができた。電話回線をNTTからKDDIに変えようとしたら、安いのに母に猛反対されて腑に落ちない経験をしたことがあるが、論理的にも損得勘定でもおかしな対応を僕に対して誰かがしているときは、相手が脳操作されている可能性が高い。

ちなみに、auは三太郎CMで仄めかしをしてくるし、昔からメールなどで利用しているyahooさんは、犬のおとうさんのCMで仄めかしがあるけれど、僕は相手を味方だと考えている。僕は左派系ではあっても穏健な方で、社民主義+イノベーションという価値観でもあり、北欧のような社会を理想としているので、企業も労組も公務員も敵ではない。ただし、現実をみつつも理想を追求するところがあるので、権力のなかには多少は煙たがるひともいるかもしれない。逆に過激な左派からは生ぬるいと言われそう。

NTTさんはドコモを含めて、あまり仄めかしはしない。でも、Amazonを開かせてくれないのだが、端末やプロバイダーで止められている可能性もあり、一概にNTTがしているとは限らないかもしれない。僕はネオリベに反対しているが、ネオリベを敵視しているようなNTTや電力会社やJRなどの旧国有企業や自治体などから嫌がらせがあって、おかしいとは感じていて、電力会社に関しては僕が主張する脱原発が嫌なのだろうとは思うが、何故に僕が被害を受けているかは、全く理解できない。

被害の具体的な内容は、HPにある過去の被害の記録を参照下さい。



 ーーーーー


161227

朝からテクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の電磁波被害が激烈で、最近はあまりなかったレベルのビリビリが酷くて動けなかった。

そういえば昨夜、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、明日やるか、と言っていたのを覚えている。いま何とか起きて文を書いているが、この人をころそうとするんじゃなかった、と言っている。僕は何もしていない。相手の発言が実在の誰かによるものか、今日、祖母の二七日で親戚と寺から坊さんがくるのだけれど、それを妨害したい加害側の人工知能による謀略なのかも判別できない。

裏で秘密裏の遠隔操作技術の人体実験があることは確かだろうし、それを僕がネットに書いているから孤立化させられて電磁波兵器による被害を受けているように見えるかもしれないけれど、孤立化と見えない電磁波被害は、僕がネットに訴える前からあった。失業者や引きこもりがやられているという人もあったけれど、僕の場合は、就職している状態から2度もわけのわからない被害(睡眠障害や原因不明の体調不良などだが不自然だった)で仕事に行けなくなって辞めている。その後に何もできないようなひどい被害状態を経験した。

起きてブログに記入する予定のこのメモを書いていたら、マイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、攻撃するんじゃなかった、というようなことを何度か言っていたので、僕に対して攻撃する意図をもって攻撃していると理解できる。しかし彼らの姑息な戦略で、誰かの誤解にされての謀略であるかもしれないけれど、彼らの発言が僕のものに見せられていたりする場合もときにはあるみたいなので、被害を受けている僕が攻撃していると見せられて逆攻撃を受けているような状況にされたのではたまったものではない。

僕は誰にも攻撃はしていません。同時に変な遠隔操作被害があるので、それは止めて頂きたい。


 ーーーーー


主にツイッターにおけるネットでの過去の状況

tsasaki123というツイッターの人が直接関係あるとは思わないし、同じ被害者としてはなるべく友好的でありたいとは思っていたけれど、電磁波兵器などが用いられての離間工作がひどいので関われなくなる。離間工作にはテクノロジー犯罪の電磁波被害もあるが、それとは別に、彼の僕への誤解を利用して、人工知能が彼の偽装をして僕に謀略をしてくるので困っている。彼は映像送信被害者だが、遠隔脳操作は信じていないので、自分が遠隔操作被害によって僕を誤解させらえているということも理解してくれなかったが、おそらくここを読む多くの人が僕の被害の実態を理解はしてくれないのだろうから、何を書いても無意味になりかねない。いつか事実が公になる時代が来るだろうけれど、それは当分は見込めないものなのだとは感じている。

そういえば、僕が自分の名前をツイッターで検索したら以下のツイートがあった。konketsuhaijo「akejyの古谷彰浩よ、なんでブロックしてるのかな?スライムがDMでお前を偽被害者扱い怪しいと言ってきて…」。僕がブロックした相手らしい。ブロックは相手が何かを書いてもわからなくなるので、例え一時的にしたとしても定期的に解除しているが、そのakejyという僕のアカウントが凍結されて使えない状態になっている。

その、すらいむ(sluggishslime)さんの誤解も僕の電磁波被害で利用されていたということもある。僕は彼女が一部脳同期か何かがあるひとだと分かったのでネット上で接触したのだけれど、彼女のときも、ニセのすらいむ人工知能みたいなものが作られて、離間工作がなされたけれど、罠と理解したのでそちらは無視して対応した。裏の謀略を無視したら、今度は僕が彼女の妨害をしているみたいな離間工作を電磁波世界で妄想的にしてきて、事実ではないだろうけれど、相手にも工作がなされていたみたいなので、さすがに自主規制せざるを得なくなった。こちらの状況も不可解だし、ましてや相手の状況はよく分からないので、何とか情報のやりとりを試みたが上手くいかなかった。接触が逆効果になる可能性を感じたので距離をとっていたが、その後に彼女が被害にあっているのを知ったのだけれど、彼女が自分でころされると自分で書いていたことが利用されているように感じた。そういえば、彼女が444という数字を理由に殺害予告されていると書いていたので、そこは否定した方がいいと僕が彼女に書いたことがあるけれど、彼女からの反応が無かったことがある。ツイッターの記述で彼女が危なそうだったので、裏が聞いているかもしれないから、何とか生命は助けろよと、ひとりごとで訴えてみたが、それが奏功したかはわからないけれど、彼女の遠隔自殺被害は未遂となっていた。ツイッターではたくさんの人と接触したけれど、そういう被害までいったのは、僕がいろいろと関係したひとでは彼女だけだった。

(以下、2016年12月19日 すらいむ sluggishslime から引用)

私の体が勝手に動かされるのに気付いたのは、2013年の暮れだった。思考盗聴とかブレインジャックという言葉は、のちに知るようになる。今はこの加害はなくなった。私の体が不自由になったのと引き換えに、加害者は存在を消した。

最初は、私が頭の中で考えている質問に対して、まるで返事をするかのように、首が勝手にハイとかイイエの方向に動くのだった。そのうち首だけでなく、手足も自分の意思と無関係に勝手に動き始めた。最後は口が勝手に動いて「いいか、俺はそうかだぞ」と、霊が憑依したようにしゃべり始めた。

そうかと名乗った加害者は私の口を乗っ取って、「お前は何かしろ」とか「さっさと死ねよ」とか、ずっと私に命令し続けた。当然、その間私をしゃべらせ続けているのだから、端から見たら狂人の独り言に見えるだろう。しかし、BMI技術を使えばこのようなことも可能であることは明らかだ。

加害者との会話はこんな具合に行っていた。一人落語みたいに見えるが、口調が変わる部分で別人格に変わっている。これも多重人格とされてしまう恐れあり。
www.youtube.com/watch?v=nqOHMcs-ZFw&feature=youtu.be ( 加害者が増長 私をアバターにして勝手に喋らせる 2015/12/18 にアップロード)

今年の1月13日、決定的なことが起きた。私は2階のベランダから飛び降りたのだ。それは、私が死なないとみんなが死んでしまうと加害者から脅されたからだった。結果的にあちこち骨折する大怪我を負ったが、2階のベランダぐらいでは死ねないのも分かった。

どうせここに書いたことは妄想と思われるに決まっている。被害者でしか分からないことだ。そして今そうかの加害者はいなくなった。もう体が勝手に動くことはないが、その代わり大怪我の後遺症だけが残って不自由な体になった。おそらく加害集団は目的を達成したので、別のターゲットに移ったのだろう。

(ここまでツイートを引用 Youtubeのところだけ補足を記入)

彼女の加害者が「そうか」と名乗っているらしいが、加害者が自ら名乗るのは不自然なので、創価学会を貶めたい裏の意図があるのではないか?
中道左派リベラルの僕に、僕と同様の立場の朝日を加害者にみせようとする裏の工作がずっとあるのと同じかもしれない。

音声送信が、これをフルヤがやっとるのがはっきり分かるわ、とデマを言っている。僕にも「数カ月前」から、そこまで酷くはないけれど、稀に似た遠隔操作があるものの、彼女が動画をアップしている一年前には、そういった被害は無かった。英語は十年前に一年勉強した期間があるけれど、十年前なので忘れている。発音も普通に英語ができない人に戻っている。僕の場合、狂った奴がくるときは、簡単なことが妨害されたりする場合で、多くは加害者にとって都合が悪い何かがあったケース。そういうときは強く抑制して、そういう被害が無いようにしているし、そういう狂った人工知能か何かに支配されるのはゴメンなので、そういう可能性のある人の情報とは接触を避けるようになっているけれど、一般のひとからしたら自分に返ってくるような記述でもある。

すらいむさんはネット上のデマに騙されて「全pro市民による集団ストーカー」というブログを書いている。プロ市民というのは、基本的には左派である市民派の政治主張を高度なレベルでするひとのことだが、市民派というのは狭義では弱者の救済を市民のレベルでする人たちのことであるので、彼らが弱者である一個人をターゲットに集団ストーカーのようなことをすることは考えられず、裏が知識のない人を騙して左派系のデマを流す方で利用する謀略の罠に嵌ったのだと考えられる。このように書くと、広義の解釈をして、プロ市民とは必ずしも現在では左派だけを意味する用語ではないという言説をネットに流されるようなことが過去にもあった。裏による対策は既になされている。

直後に追記:
僕は中道左派なのでプロ市民の人たちよりは穏健であっても主張は近い。そう書こうとしたら、記憶がスーッと消されているが、ザーッと読み返して、誤解されないように常に配慮していることの記憶が消されていることに気付いた。記憶が消える直前までの記憶は残っている。いまは記憶を抑制されたりして、政治的な主張ができないようにされていて、先日の朝日の論壇時評に関して、ブログに政治記述をするつもりだったのに、それも記憶から消されている。そのときの朝日さんの紙面に関しては、別に反対することはなくて、むしろ賛同が多いのだけれど、特定の変な層に向けて書かれているため誤解されかねないことを、その前日のピケティコラムも交えてブログに書きたいと思っていた。僕の状況は妨害だらけです。新聞を読むのも妨害を一日受けたりするのを回避しながらの隙間時間にしかできないので見出し読みだけだし、ネットコラムも読ませてもらえない。中道左派の僕を右派に見せたがる何者かにくっつかれていて苦労しています。右派や保守はちょっと恥ずかしい立場だと思うけれど、現実的には裏弾圧が広くあるなら仕方ないのかもしれない。僕は負けませんよ。 (追記ここまで)

最初、ツイッターだけで彼女(すらいむさん)と接触したときには、そういう人だとは知らなかったが、知った後も騙されただけの人なら、広く考えれば同じような被害者だと思った。僕自身も政治的な価値観においては騙されはしなかったが、メディア集ストで、お人好しのところを利用されて、逆に見せられたりしている。

例えば、僕は社民主義の価値観だが、右翼と言われたひと(石原慎太郎氏など)を僕がテレビで見るときは、彼らが社民主義に近接的な政策を言うことが多かったので、彼らに拒絶感をもたなかった。例えば、石原元都知事は社民党ならずも共産党でも主張しない公的銀行(首都銀行東京)をつくるような左翼政策をしていたということもある。逆に新自由主義者といわれる竹中平蔵氏に関しても、僕がネットで氏のコラムを読んで批判したことは巧みに利用されて、彼がテレビで喋るときは、僕の批判を全て避けていた。批判できない上に、割といいことを言っていて、逆に元左翼の金子勝さんなどが逆ギレして悪印象になっていて、いま考えても裏の戦略の巧妙さが分かる。

要するに、僕は特に何も騙されてもいないし、僕の立場では罠にも嵌っていないはずなのに、上手く誤魔化されて、電磁波世界で誤解されたり、利用された可能性があるので、露骨に利用された人とも、広い意味では同じ被害者だと感じたということ。

僕の記述は、政治的に重要な被害が過去にあったので、記録として残したい意図から書いている。ちなみに僕は昔から自由平等平和人権民主利他の基本的には中道左派のリベラルな価値観で、日本人であることから西欧の社民主義やリベラルな価値観に日本的な色がついたりするが、僕は元々が将来は国境なんかない方がいいと考えるので、日本的な色というのが保守的なものではなく、利他という表現に代表される融和的なものであることは、誤解のないようにしておきたい。

他にも、メディア被害のミーニャは無視してくるし、ヘリやジェット機の被害を受けていたリブラも同様で、希少な共通被害者とは接触できなくされた。創価被害を主に訴えるひととは話をしてもすれ違うばかりだったし、右傾化してしまった女性とは話ができなくなった。それ以外にも、もともとUFOやプラズマがみえたり、ヤクザまがいのチンピラと関わっていたり、僕が知る前から警察に喧嘩を売っていた人がいたけれど、彼女が措置入院までいったのは、僕と関係したからなのかどうかはわからないものの、集スト妄想からは開放されていて、膠原病も軽快しているらしい。ケム被害の女性も元気だし、田舎の姉ちゃんも元気みたいだし、変態姉ちゃんも元気だし、怖い左翼姉ちゃんも元気らしい。

何故かネットで被害を訴えるひとと接触すると女性が多かったけれど、男性被害者はかなり右傾化している比率が高いので、接触しても喧嘩みたいになるし、喧嘩しない人は裏で文句を書いているので関わらなくなった。そういう彼らのアカウントで、僕に面従腹背していたひとのものは既に無くなっていたが、国家レベルの被害を警察に訴えさせるアカウントだったので、それは被害者を国に売り渡す行為だったりするため、本人がそれに気付いてアカウントを停止した可能性もあるだろう。

そういえば、ニュース23の岸井さんを批判する一面広告を読売に出していた方のアカウントとゆるく喧嘩したことがあった。一面広告はネットでも確認できたけれど文字が読み取れないもので、読売を見ないひとには反論がし難いものだったため、好き放題に矛盾を言っていて、こちらがそれをつくと誤魔化すような相手だった。権力側の裏は、ネトウヨとは異なり、自分たちが間違っていることを分かっていながらネット対応しているのだろうと思う。

 ーーーーー

追記:
直後にストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、この人は闘うだけの人や、と言って来たので、念のために書きますが、僕は闘っていません。負けないだけです。

闘わないけれど、負けません。


再追記:
上の追記の直後の13:44に、今日の早朝に一度警笛を鳴らしただけのJR東海が警笛を鳴らして通過。

追記は、僕は誰とも闘っていないし、特に悪いこともしていない、ただ、罠を回避したり、過去の被害の記録を残そうとしているだけだというかねてからの主張を否定することになるものなので、念の為に誤解を避ける目的で記述したものです。

そのタイミングだけ、警笛が鳴らされたので、何の誤解があるのか、何の悪用があるか、僕にはわからないけれど、何かの関係があるのだろうとは思う。そういえば今朝の被害は酷かった。苦しかった。

もしかしたら、過去の例にもれず、撹乱のために、警笛が続くかもしれない。書いたので続かないかもしれない。関係があることだけは確かです。困ります。


 ーーーーーー

追記(161227夕):
癌に対する免疫の有効性…?

前述のすらいむさんのツイートを久しぶりにチェックして、安保徹さんが2016年12月6日に亡くなっていたことを知った。大動脈解離とのこと。69歳は若い。

この先生の著作を読んだのは2001年で、2005年にも別のものを読んでいる。ウィキペディアで確認すると2000年ごろから一般書をたくさん出されていることが分かる。最初は岩波だとか講談社が多いので、学術的な背景をもちつつ、現代医療のタブーに挑んでいる学者という感じだった。

理論に関しては色々なことが言われているようだし、がん治療に否定的な見解は、癌が金になるために、裏で医療をビジネス利用する側にやられているらしいことがネット検索の結果からもわかる。

癌に関しては、免疫を維持することが何よりの対策であり、いまの医療における癌対策の多くが間違っている可能性があることは、癌治療をした方が短命になるということからも確かなことに感じられるものの、安保氏の理論どうのこうのというより、単純に免疫を維持すべきであることや、変化する癌に対して、特定の部分にしか効果がないのに正常細胞も攻撃する傾向のある抗癌剤が治療の選択肢として正しいか疑問だし、専門医が少ない日本では間違った使い方をされるケースも多いだろうことも予想できる。

放射線治療だってかける線量が半端ではないので、それにより免疫を失わせてしまう問題や被曝の悪影響を考慮すると、癌を叩くよりも副作用の方が大きい可能性を感じる。

基本的には癌は免疫を高めることで、かなり予防できるのではないかと思うし、そのためには身体を温めて免疫を活性化させ、副交感神経を優位にしてストレスを軽減するような手法の方が効果がある可能性は高い。

ただし、その手法では製薬会社は儲からないので、

(ここで抑制されていることに気付いたので、追記しようと思ったが、そのことに関して考えようとすると、グッと抑制がかかって何もわからなくなる。抑制に気付いいて追記しないと、僕が卑怯みたいな文章になっていた。)

(率直に書くと、製薬会社やそこからの献金などで利益を得ている有力者の影響があるだろう組織が、基本的なところではまともな理屈であっても、それが製薬会社の利益の妨害であるとみなされると、巧みな手法を用いて裏で潰すようなことをしている可能性があると書きたいが、ストレートな表現は危険なので、オブラートにくるんで記述しようとしたが、そういう高度な知性を使わせてもらえない妨害工作をテクノロジー犯罪の脳操作技術(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)でやられているように思う。)

製薬会社の研究の透明性や研究開発の目的が正しいかの検証が十分にされる必要があるだろうと思う。

リベラルで多様性と言論の自由が容認される社会が、裏ではネオリベと表裏一体だったのかもしれないということに皮肉を感じつつも、グローバル資本の行き過ぎの問題に対峙するのがリベラルや左派ではなく右翼や保守系になってしまった時代の悲劇を感じざるを得ない。

 ーーーーー

追記(161227 19:51)
祖母の二七日なのに、テクノロジー犯罪による巧みな孤立化策で妨害されたが、それなら一言書かせて頂きたい

推測による加害者の目的。僕の現実を知らしめて僕を貶めたいのだろう。

今日は祖母の二七日だが、いま始まったところで、これを書いている時点で僕は出ていない。さっきまでは楽観的な気分で、何も気にしていなかったのだが、直前に切り替えられた。

その切り替えは、いかにも自然で、僕が悪く見える手法が用いられている。人を操る技術(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)が存在して、それらで関係者が操られていると考えられると書いても信じてもらえないので、僕が問題だということになるのだろうか?

出るつもりで親戚が集まっているところに黒いニットなどに着替えて出て行ったら、母が寄ってきて耳元で皆に挨拶しなさいと、42歳の僕に言ってくるが、親に指図される年齢ではないことに加えて、妹の結婚式にすら出れなかった20年の引きこもりが、祖母の葬式などに出られただけでも奇跡なのに、挨拶しろといわれても、一般のこんばんわ程度の挨拶くらいはすでにしているし、わざわざそんなことを言ってくる母親は何なんだ…

…ということろまでは、いかにも引きこもりらしいダメな感じがするが、実際のところは、母が喋ったかははっきりせず、もしかしたらストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の可能性がある。

その上で、自分ではどうすることもできない感情の操作が降ってきて、自分は客観的かつ冷静なのだが、自分のものとはちょっと違う、外部的な感情操作などで、結局は孤立化がされてしまう。

そういったテクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)による感情操作を含めた脳操作がされているのは確かで、この状況では僕には何もできないし、むしろ一般の人に接触するのは避けなければいけない状況になっている。

これだと35日(浄土真宗だからか、ここの慣習かは知らないが49日の代わりらしい)も、出られるかはわからないが、すでにテクノロジー犯罪の電磁波攻撃が今朝に続いて胸などにされているので、自分次第ということではないのが分かる。僕の人生は常にそういう感じで、見えない何かに振り回されている。

もともと、自分の被害がテクノロジー犯罪によるものだと知らされた2012年に、最も経済的なのは精神科に行くことだと言われている。その枠であれば被害を受けていても、時間的な融通が利いて、給料は別にしてもオランダかどこかのような労働環境が適用可能なので、働くことができて、精神科に行くことが最も経済的という論理が正しいことになるが、ここ飛騨地方では障碍者雇用が義務付けられる50人以上の企業が、通える範囲では極めて限られるので、広大な過疎地に関しては正しくないことになる。

母が元気なうちは何とかなるが、その後は生活保護かベーシックインカム待ちになると考えている。

僕自身は健康に問題がなければ仕事をするし、意外とよく働くだろうけれど、実際は健康に問題はなくとも、テクノロジー犯罪の被害は激甚レベルなこともあり、家からやや離れた川沿いの田んぼの畦道で被害にあって動けなくなり、雨が降ってきても普通に歩けないので帰れないという経験もしているし、その時は時間をかけて何とか家に戻れて病院の夜間救急に行ったけれど、明らかな罠が仕掛けられていて、偽医者みたいな人に脅されているけれど、その経緯はHPの方に書いている。

就職しようとして、運転中に遠隔操作で寝させられて、事故は起きなかったが遅刻するはめになったこともある。就職しようとして電話したら、なぜか問答無用で切られたこともあるが、あれは相手に繋がっていなかったのではないかと疑っている。

もともとが美術系なので家で簡単なCGでもつくる仕事でもしようかと考えていたが、脳抑制か何かで、どうしてもそれができない状況にされる。得意な作業で頭がまるで働かない状況になるため何もできない。CG自体は、90年代に最初にPCを購入したときに、プログラムソフトと一緒に始めていて、プログラムの方は、当時も脳抑制と記憶消去がひどくてどうにもならなかったので挫折したが、記憶よりも感覚頼りのCGの方は、PCの性能が許す限りにおいて、ある程度は何でも作れるようにはなっている。しかし、そういったこともさせてもらえないどころか、新聞を読むのも苦労する妨害被害下で、僕に何ができるというのだろうか?

やはり生活保護かベーシックインカム待ちにならざるを得ないのだろうと思う。

憲法でも25条に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」とされているので、働いているかどうかなどと関係なく、全ての国民に「健康で文化的な」生活が保障されるはずだし、ましてや何も悪いことをしていないのに、弾圧されることなどあり得ず、本来なら放射線技師として働いていた間に得ていたはずの20年分の給料を失っているわけで、その20年の間、特に楽をしていたわけでもなく、とにかく苦しい状況が続いていて、明らかに弾圧被害を受けているので、逆に失われた人生の補償をしてもらいたいほどだ。

そういったことの如何に関係なく、憲法25条は守られるべきで、生活保護の捕捉率が1〜2割の現状は異常であり、その是正が必要だし、ベーシックインカムなどの基礎的生活保障制度の確立は今後の社会においては必須のものとなるだろう。

実際に世界の食料生産は、灌漑設備の普及率が極めて低いので、大幅な増産が可能であり、効率のいい水耕栽培や将来安くなる太陽光発電などの組み合わせで、いまの何倍もの食料の増産が可能で、それも自動化が進めばそれほどの労働力も不要になるため、労働の必要性は将来的に限定的になる可能性が高い。

現在においても、先進国のものづくりをしている1次2次産業は人口の2割程度であり、労働者人口が全人口の半分程度なので、食料や自動車などのものをつくる仕事に従事しているひとは1割程度で、残りはそれの流通などに従事しているに過ぎない。人工知能とロボット技術は、多くのひとを労働から開放するはずで、必要な労働は一部の人が仕事を分け合って無理なくすることができるため、ベーシックインカムなどの生活保障は今後の重要課題になる。

ベーシックインカムはネオリベ(中道右派)の小さな政府における福祉などをなくしたあとの最低限の社会保障制度と思われるひともあるが、僕の場合は中道左派なので、ベーシックインカムの導入の際には福祉のカットをすべきではないと考えているし、右派の維新がベーシックインカムを主張していた頃に、左派の社民党もベーシックインカムには賛成していたし、共産党も半分程度は賛成だった。違いがあるなら、左派はベーシックインカム導入後も福祉行政を維持することだ。

実際に、頭をものすごく柔らかくして、そもそも論で考えると、人口の1割ほどでものが作られて、それが流通しているのだから、やり方しだいでは超短時間労働でも、いまの生活水準は維持できるだろうことは、容易に想像がつくはずだ。

段階的でいいので、そういうところを目指して、社会を発展させられたら幸せな時代が訪れるだろうと予測する。


 ーーーーー

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、ダメだ効果ないわ、と言ってくる。相手の意図は分からないが、前述の通り、僕の人生はまた破壊されている。


目次へ




 2016/12/29/ 161228〜30の被害状況

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 161228〜30の被害状況
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害
CATEGORY: 電磁波被害、テクノロジー犯罪被害

DATE: 12/29/2016 17:03:28
-----
BODY:
161228

ガスライティングなど

僕へのテクノロジー犯罪のハッキング被害は、ウインドウズ、アイフォン、ウブンツ(リナックス系OS)などであったし、デジカメでも嫌がらせの遠隔操作があるので仕方ないけれど、3,980円で入手したアンドロイドの中古タブレットで、オリジナルのブラウザだと(いくつかを登録したのに)ブックマークが表示されない嫌がらせがあったので、(昔から使っていたブラウザの)オペラをインストールしたが、オペラでFC2ブログにログインしようとしたら何故かblank画面になる妨害がなされた。まるで標準で入っているグーグルクロムを使わせようとしてくるような誘導があるかのようだけれど、なぜ? 米国の戦略企業に全ての情報を提供しなきゃいけないの? きっとオバマ大統領は悪くはないだろう。長期の米国の国家戦略かグローバル資本の影響だ。

こういった被害記録を書こうとすると、テクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の電磁波被害で苦しい。

ちなみに、アイフォン時代に使っていたワイヤレスキーボードをタブレットで使おうとしたが、紛失している。アイフォンは遠隔操作で壊されているので、スマホも携帯もない状態だが、WI-FIが使える小さなタブレットと家の旧式のUBUNTUのPCだけで、IT環境は十分かもしれない。

ワイヤレスキーボードだけでなく、例えばLEDの懐中電灯が不自然な感じで2つ紛失しているし、無くなるはずのないものが無くなることがある。ガスライティングという種類の被害なのだけれど、どうしてモノが消えるのかが全く分からない。

被害がなければ、3DCGを作ったり、簡単なプログラムを作成したり、かなりのヘビーユーザーなはずなのに、何もできなくて、メールとネット環境を使うだけの状況に落とされているし、新聞や本などを紙で読むので、老人みたいにされる遠隔操作があって、頭の回転も抑制されていて、かなり苦しんでいる。

いまは誤魔化すかのように、人工知能が僕の頭を読んで、それを利用して電磁波迫害やストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信をしてくるけれど、声が大好きな女子アナだったりするので、おそらく合成音声なのだけれど、ツライ状況でも怒ることもできない。

胸などにテクノロジー犯罪のツライ電磁波の被害があって、極稀にあるセクハラは無視すればいいけれど、胸などへの電磁波はツライし怖いので困る。頭痛被害も困る。母方の祖母が胸の苦しみを若い頃から言っていても長生きしていたし、父方の祖母が頭痛と耳鳴りをずっと言っていても百歳まで生きたので、気にしないようにしている。

 ーーーーーー

161229

今後、苦手克服を妨害しないで欲しい

状況から推測されるように、僕は問題が多い人間だけれど、6歳で父が亡くなった後に小学校へ入学してからも文字を正確に覚えていなくて、ときどき鏡面文字になったりしていたので、家で母に手を叩かれながら字を覚えたことが父の死と重なってトラウマになっていて、文字が大嫌いだった。嫌いなものは一切受付ないところがあって、それは遺伝的な気質か、それとも生育環境に由来するトラウマなのか分からないが、文字嫌いが影響して漢字を覚えなかった。九九なんかも皆の前で暗唱できないと恥ずかしい状況がなければきっと覚えなかったと思う。九九くらいなら覚えなくても大丈夫だが漢字は覚えていないと大人になってから取り返しがつかない。

(空が唸っているが、テクノロジー犯罪の被害下においては誰かくっついているひとが抗議している証拠っぽい。よく飛んでくる自衛隊なら背後に何があるのだろうか? 九九は、例えば8×8なら、(8×10)ー(8×2)=80ー16=64とできるので、それでも計算は可能。漢字は覚えないと無理)

父の死もあって、小学校低学年で文字が書けるようになるのに苦労したけれど、4つ年下の妹が横で文字が書けるようになっていったのには参った。妹は母に似て勉強は得意ではなかったので、別に妹が天才だったとかではなくて、それでも4つも下の妹が書けるようになったのだから、僕の文字に対する拒絶反応の程度が知れると思う。大人になってトラウマを克服するまでは、僕の文字は読めるようなものではないほど汚いものだった。(時々、別人のような綺麗な文字をノートに書いていたので、テクノロジー犯罪の被害の関係があった可能性は捨てきれない。)

中学のときに、漢字嫌いから英語嫌いが派生した。中3のときには成績は上位1割だったけれど、国数英理社の5教科のうち英語と漢字が半分もできなくて、そこだけで点数を失っていた。英語を除いた4教科だと学年トップと同じくらいの成績だった。それを前提にすれば、アンドロイド・タブレットの漢検トレーニングというアプリをしたら、中学の漢字が半分しか書けない自分がいることに再度気付いて、僕ってバカなんだな〜というアンビバレントな感覚を得たことが理解されると思う。漢字が書けないというのは、欠点の一つにしても決定的に重大なものだと思う。どんなに頭が良くても、大人になってからは大量の丸暗記はできない。脳科学者にはそのことに反対する人もいるだろうけれど、上位1%の頭脳の外国人タレントなどが、日本語がペラペラであったとしても漢字を日本人のようには書けないように、大人になってからの暗記に限界があるのは事実だ。

40歳を超えてから漢字を練習しても手遅れに近いけれど、漢検のアプリをしたら、もしこれが昔あったなら、苦手は克服できただろうに…と強く感じる。30歳を超えたときに「えいご漬け」というソフトの試用版をやったら面白くて、ダウンロード購入して何シリーズかやった経験がある。そのままDUO3.0などのCD付きの単語集やその上位単語集などをやって、一時的にジャパンタイムズなどを読めるようになったことがあるけれど、あれも「えいご漬け」という感覚的なゲーム学習があったから。時間が経過していまの英語力はかなり劣化して、外国のアプリなどを使うとき(LINUX系のOSを使うので外国アプリの使用が多かった)のマニュアルを読むには問題ないけれど、単語などはかなり忘れている。

30歳を超えてからでも、英語が苦手な人が、PCのツールなどを利用しつつ、非ネイティブ向けの文章を読める程度くらいに、苦手克服することは可能だろうけれど、得意な人のようにはならないし、英語が得意な人も天才でない限りネイティブにはなれない。それと同様に、40歳を過ぎてから、中学の漢字が半分しか書けない自分が、常用漢字を使いこなせるようになるのは至難の技だろうとは思う。面白いアプリを入手したので、時間があればゲーム感覚でしたいが、テクノロジー犯罪の被害があるので妨害されないとは限らない。過去には僕のしたいことはほぼ全て妨害されてきたという経緯がある。

露骨な被害を書くと利用されかねないので書かないけれど、ときどき被害があるので困ります。

テクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の上位組織に言いたい。今後、僕の人生を妨害しないで欲しい。他の人に対しても同様だ。皆を幸せにできる技術でもあるだろうから、人道的な観点からの利用をすべきだ。


追記(161229):
HPなどに、中2のときの自習中にある同級生を注意したら、座っているところで後頭部を後ろから殴られて気絶して、その後に英語がまったくわからなくなったことを書いているけれど、文字が苦手だったのはその前から。英語の苦手は程度問題で、それ以前の苦手は平均点に近いという意味で、その後の苦手は最低レベルという言葉通りの苦手ということになる。文字認識の苦手さは、前述ではトラウマということになるけれど、出生時に鉗子分娩で、母曰く「鋏のようなものではさんで引っ張りだした」らしいので、病院ではなく昔のド田舎の施設での助産師による出産だったから、もしかしたら脳に傷でもできた可能性もあり得る。
テクノロジー犯罪の被害も考慮に入れると、複数の要因が入り組んでいるので、明確には原因は分からず、文字が苦手だったという結果しかないものの、読書好きな子どもだったので、読めるけれど書けない(文字が想起できない)という現象に限定される状況があったということになる。

 ーーーーー

追記(161229夕)

新聞と平和主義

妨害があって、苦しいけれど新聞(朝日)を一面だけチョット読んだ。

首相が真珠湾でオバマ大統領と慰霊して演説したことが書かれている。お互いに刺を抜いての広島と真珠湾の訪問だが、相互に関連付けることはマズイという文脈があり、そういった配慮を重ねて実現した相互訪問なので、歴史認識などに言及しないことを批判するのも配慮はしたいが、理念的と言われる人たちは、信念に基づいて批判しているだろう。それでいいのだと思う。そういった多様性が保障されるから、安全な社会で、自由な言論が可能になるのであって、それすら問題視するなら、もっと深い問題には誰も関われなくなってしまう。

視点「アジア・憲法 どう向き合う」を読んだときに、紛糾しそうな表現があった。「戦争の惨禍を与えたアジア諸国との和解、さらに悲願とする戦後の平和社会を形づくってきた憲法の改正に、首相はどう向き合うつもりなのか。戦後70年間の平和の歩みに「静かな誇りを感じる」というなら、具体的な形で示してほしい。」という結び。これは読売じゃないよな朝日だよな、と疑ってしまった。

そこを自分なりに修正しないと、感情が収まらない。「戦争の惨禍を与えたアジア諸国との和解、首相の悲願とされる憲法の改正と戦後の平和社会を形づくってきた価値観との相克の問題に、首相はどう向き合うつもりなのか。戦後70年間の平和の歩みに「静かな誇りを感じる」というなら、説明が必要だ。」という風に、自分なりに読み替えないと、どうにも気持ちの収拾がつかない。

朝日新聞ですらこのような状況に、日本の未来はどうなってしまうのだろう?

再追記(直後):
朝日新聞が、安倍総理の気質に配慮して、平和主義と自民党の悲願である改憲を対立概念にしないように努力している可能性に、自分の書いた文章を読んで気付いた。あくまで可能性であって、単に朝日が官邸の圧力に配慮しただけかもしれない。ただ、平和主義を対立概念と捉えない平和主義を包摂しての改憲の方が望ましいだろうし、もし改憲が回避できないなら、毒を喰らわば皿までの対応も仕方ないということになるけれど、改憲の動きなどが今後にあるのだろうか? 情勢がどうなるかわからないが、何があろうと現行憲法と解釈だけで当面はやっていくべきだろうと思うけれど…

(補足:記者は官邸取材キャップの内田晃さん。過去にBS朝日に何度か出演されていて、メディア集ストがある僕には友達みたいな感覚がある人で、関係した人は、総理に配慮する人になったりして昇進するか、理念的になって辞めていったりする傾向があることが、朝日やNHKの過去の経緯から、最近になって分かったので、報道関係のテレビはほとんど見なくなっている。バラエティ色のつよい池上彰さんの番組などは稀にみることがあるけれど、そういった悪用が関係ない芸能人が出演している。)


再々追記:
朝日新聞の本音が何処にあるかはわからないが、もし、独立のために改憲を歓迎するような潜在的な意識があるのなら、何処かで米中が和解した場合に、日本が都合のよい仮想敵にされないためには、平和主義のままでいつか独立するというシナリオを長期的に考えるべきだし、悲願の独立のためと無理に軍事的な対応を進めると、その先に罠が待ち構えている可能性くらいは、外交安保の担当者なら十分に認識しているはずで、中国が台頭してきて、アメリカが裏で対策をしている現状で、リスクのあるようなことは避けなければいけないのは、当然のことだろう。
トランプ政権を睨んだ動きが既にあることは分かるけれど、米ロの関係の改善は、中国の孤立化の可能性であり、中国包囲網が裏で形成される状況では、日本は何も動かないでひっそりと内政の問題に励んでいた方が賢明ということになる。

(補足:真珠湾や広島への両国の首脳の訪問という平和的な動きに関しては、こころから歓迎します。)


追記(161230):
これはテクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の被害により、制限のある状況下で書いているので、不十分なものなのは理解してもらいたいけれど、上の文章を書いた後に、何気に昔やっていたように、新聞各社の社説を読み比べてみようと、社説のアプリをタブレットにインストールしたのだけれど、真珠湾に関する毎日新聞の社説にトゲという表現があって、僕が刺(棘)という言葉を何故か使っていることと重なり、もしかしたら毎日新聞に関連付けられている可能性があることを脳操作で仄めかされたかもしれない。

(補足:それに対する僕の解釈は、遠隔操作で僕に毎日新聞が使った言葉(トゲ)を使わせて、遠隔操作で毎日の社説を読ませて、そのことを記述することで、他の被害者に、毎日新聞……が創価学会の新聞を刷っていることで、裏が創価であるという、低レベルな陰謀論との関係を仄めかさせようとしている可能性がある。裏は自公の与党側に近いところのようで、しかし僕が保守系(自民系)では無いので、仕方なく与党系の公明党やそこに関連したところと一部の脳同期をさせたりするみたいだし、僕が社民系の価値観なので、僕に新聞などを読ませないようにしておいて、社民党にみせて公明党に脳同期させられた過去があるのも確かだけれど、繰り返すけれど僕が保守系ではないため、自民党に脳同期しても無理があるからそういう手法をしてきた可能性が高いと思うし、ただの引きこもりにそんなことをするのは、実は裏に国際的な戦略があったからのようで、それが何処まで実証的かはわからないけれど、HPの天の声について( akejy.html.xdomain.jp/about_the_Word_of_God.html )でも書いているような、不思議だけれど明らかに現実の状況があることは確かで、そういうことを人体実験と社会実験も絡めて裏がしているということだったのだろうと思う。妄想ではありません。僕は社民主義+イノベーションという考え方をする人間で、それはスウェーデンあたりの社会を想定することになるけれど、その一歩手前の政策で成功しているオランダやドイツなど(別にフランスでもいいのだけれど)を日本が目指せば社会は幸せになると考えていて、そういった段階的な社会の発展を政治には希望したい。
そういう意味では読む新聞は朝日でも毎日でも中日でも地方紙でもいいし、下に書いたように朝日を読むと被害を受けるので、あえて朝日を読む必要はないように思われるかもしれないけれど、僕が一時期朝日から毎日に変えたら、朝日が読売と提携して、新s(あらたにす)というサービスを始めたことがあって、その結果としての右傾化は排他的な価値観により社会を不安定にするため望ましいものではないので、当時は自分の行動が影響していた可能性すら気付かなかったけれど、結局、朝日に戻して暫くしたら、その動きも終わっていったから、僕が関連付けられただけかもしれないものの、新聞を変えるつもりはありません。
ウィキペディアには「新s(あらたにす)は、日本経済新聞社、朝日新聞社、読売新聞グループ本社の新聞社3社が共同で設立した「日経・朝日・読売インターネット事業組合」が運営していたニュースサイト。日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞の全国紙3紙の新聞記事などの一部を並べて掲載し、読み比べができることが特徴であった。2008年1月31日にサービスを開始した。2012年2月29日をもって全コンテンツの更新を終えサービスを終了した。」と書かれている。終了した後に、自民党があのトンデモナイ改憲草案を出していて、直後に僕がBSフジの報道番組をつけて批判していたら、テクノロジー犯罪の被害を露骨に受けるようになり、朝日新聞もほとんど読めなくなって、その後に朝日が僕と前の主筆を脅すような不自然な仄めかしをしていて、それは結局は脳操作か誤解によるものなのだろうけれど、嫌がらせがあるし新聞を読めないなら購読していても無駄だと9月にやめた途端に、テクノロジー犯罪の被害が激烈化した経緯があるものの、リアルタイムで僕自身がこの加害者はおそらくCIA系だろうし、原因は自民改憲案批判、脱原発批判、さらにはアーミテージ・ナイ・レポート批判をしたからだろうということが予測されたので、必ずしも朝日がしているわけではないことは理解できたし、朝日を偽旗にみせる手法が、GHQが戦後に共産党を偽旗にみせて利用したやり方にも似ていたので、その文脈で理解して共産党に一時的に逃げている。そのときに、靖国にA級戦犯が祀られている問題で、過去に天皇陛下だって参拝しなくなっていて、海外からは戦争神社と批判されているのだから、国立の追悼施設をつくるべきだと、テレビを見ながらひとりごとを呟いたら、戦没者の遺族会会長の古賀誠さんが、A級戦犯の分祀をテレビで主張されたので、それには期待したし、後に米国の主要閣僚が千鳥ヶ淵の戦没者墓苑に追悼に訪れてもいるけれど、そういう経緯が影響したのか、僕がCIAらしき電磁波攻撃から共産党に一時的に逃げたら、自民党の古賀さんその他が同期されていたらしく、赤旗に出演していたという経緯があった。その後に、読売を読めという圧力があったので、空返事をして、それなら地方紙なら別にいいだろうと岐阜新聞をとったのだけれど、岐阜新聞は朝日新聞と昔から縁があるようで、写真記者が急逝して遺稿記事が載ったり、ジャーナリストを守る国際組織の資金源があっちなのでどうしようもないということを暗に仄めかす記事が掲載されたり、とにかく全国紙のする脅し仄めかしとは逆に、悲鳴仄めかし状態だったので、仕方なく読売を3ヶ月購読したことがある。読売さんは紙面中程の下にある小さなコラム欄で仄めかしをしてきて、裏に来い、と何度も書いてくるので、嫌だ、を僕が繰り返していたら、仕方ない、ということを書かれたことがあった。その後に朝日だと怒るだろうと思って、毎日新聞を再度とって(一時株価が暴落した)、その時の話題である秘密保護法の批判を散々していたら、毎日新聞がほぼ毎日、秘密保護法に関する記事を書いていた。朝日や中日(東京)は、秘密保護法が国会に提出されてから短期間だけ批判記事を書いていて、自民党はそのひと月だけを対象に新聞を批判する文書を出していたが、毎日新聞がそれ以前に数ヶ月も批判報道をしていたことはスルーされていた。毎日新聞の影響が小さいので、BSのテレビで毎日新聞の記者が出演しているときに、朝日が提携していない方の海外左派紙と提携したらどうですか? ガーディアン(英左派紙)やリベラシオン(仏左派紙)などがあると思うけれど、と言ったら、なぜか中道右派のWSJと毎日が提携したので、それが答えなのかと感じて朝日新聞に戻した。ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が子どもみたいな純粋な声で、何も悪いことはしていないと言っているけれどトンデモナイ、みたいなバカなことを言ってきたけれど、左派系というのは平等や公平、弱者の救済をいう立場であり、そちらを勧めることが悪いということはあり得ない。一般市民としては自然なことだと思う。僕にテクノロジー犯罪の電磁波の被害がきて苦しくなったが、音声送信の声が純粋な感じがしたのは、人工知能と合成音声でそういうアベコベなことを裏がしているからだろうと考えている。ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、だから言っとるこの人の方は苦しいだけや、と言っていて、より被害が悪化するので困る。相手の方はセクハラをしているか何かなのだろうか? 何が起こっているか知らないが、テクノロジー犯罪は止めるべきだ。こんなことを改めて書いても無意味で、結局、いつもの如く脳操作で誘導されてひどい目にあっている… ここまで追加補足(161230))

上に「朝日新聞ですらこのような状況」と書いているけれど、被害で一面しか見れないときであり、開いて社説を読めば、朝日新聞が客観的でまともな論調を維持していることが分かるので、「」の自己引用は僕の誤解ということになるけれど、朝日新聞のベテラン記者によるオピニオン面の論調と、若い記者による総合面の論調には大きな差があり、時代の変化を感じざるを得ない。昔は朝日は(読売ほどではないみたいだけれど=読売はナベツネ論調で統一的と言われていた)、新聞社の論調が毎日新聞よりは統一性があったように思う。毎日新聞は社説と記者コラムで対立概念があったりして、その自由さは良かったけれど、オピニオン面は穏健で与党よりのリベラル紙という感じだった。いまはどうなっているかわからないけれど、毎日新聞は若い記者の方が理念的だった印象があった。(それは、若手にコラムを書かせていたからかもしれないし、僕が民主党時代の印象のままなだけかもしれない。)
昨日の社説に関しては、朝日が安倍総理の過去への言及の弱さをはっきりと指摘しているのに対して、毎日新聞は残念だというゆるい表現にとどめていて、論調が同じようで異なるという昔と同様の差はあるけれど、さっと読んだ限りブロック紙(中日)なども朝日に近い論調のようなので、基本的には昔と新聞の論調の違いは変わらず、左派系では毎日新聞だけゆるい状況にある。
保守系の読売を開こうとしたらアプリが落ちたので、そちらは読んでいない。朝日を読む時だけ電磁波の被害がある。昔は朝日を読む時だけ機器トラブルが発生していたが、新聞つんどくというソフトを使っていて、その製作者がビジネス系か何かで、そういう仕様にしていると誤解していた。
当時はテクノロジー犯罪などの存在を知らなかったので、現実的な理由を探していたが、いまは過去の経緯などから、裏は自民党寄りということは明らかだし、過去の経緯など参考にしなくても、安倍内閣が不祥事だらけでも安定政権を維持していることから、裏に守られていることは明らかだ。中国が台頭している状況が関係していて、右翼系なら中国に呑まれないということが背景にありそうに感じる。
保守穏健派はもともとが親中国的だし、リベラル派や左派は中国に言及しないけれど本音では親中国だろうし、アメリカですら民主党などは本来は親中国だったし、そういう状況において日本で政治をさせるには右翼系が都合がいいところが裏にいるのだろう。ただし、戦前の右翼は大アジア主義で、孫文などとは非常に友好的で資金面などでも支援をしていたので、本来的には日本が親中国の傾向がある国であり、そういう意味では中国が共産化しているままなのは、アジアを分散させておきたい側には都合がいいに違いない。
ちなみに僕は反米も反中国もしたくないし、できれば親米・親中国で日本も交えて世界が平和であることを望む。


目次へ




ここの表紙  ホームページ