akejy(古谷彰浩)のブログ 人権と生命を守ろう! 2017年分−2 blogリンク

目次
2017/02/21/ 170220〜 の被害記録 (過去の経緯ほか)
2017/02/24/ 170224〜 の被害記録 (憲法で保障された人権について)
2017/03/01/ 170301〜 における被害状況 (ロールズとリベラリズムと正義が関係していそう)
2017/03/03/ (要注意)170303〜 の被害 (被害から抜けだそうと最近はまともなことを書いていたが上手くはいっていないらしい)
2017/03/08/ (割と重要も注意)170308〜 の被害記録 (誤解を避けるために)
2017/03/14/ 170314〜 の被害記録 (誤解を避けるために)
2017/03/20/ ■注意■ 170320〜 の被害記録 (統合失調症ではありません。病気や病院とは無縁。死ぬこともありません。)
2017/03/25/ 170325〜 の被害記録 (僕自身はまともだが、政治には裏があり困る。■注意■)


 2017/02/21/ 170220〜 の被害記録 (過去の経緯ほか)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 170220〜 の被害記録 (過去の経緯ほか)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ
CATEGORY: 雑記/被害を含んだ日常のメモ

DATE: 02/21/2017 14:15:46
-----
BODY:
僕のおかれた状況は、プロフィールのはじめにを読んでください。

(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)

メディア集ストの存在を疑う場合は注意して見て下さい。(要注意) http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

この集合写真 http://blog-imgs-100.fc2.com/a/k/e/akejy/2017020411054546e.jpg だけでも事実が分かりますが…要注意。



170220

14:00にJR東海の警笛。
15:10にJR東海のけたたましい警笛。
ウェッジというJR東海の発行する雑誌が、米新政権に迎合してなのか米中戦争に繋がるコラムを書いていたので、ツイートで批判したが、僕に問題はないと思う。

嫌がらせは基本的には無視すべきだが、警笛を鳴らしてくるので、それの記録くらいは記載しておきたい。

15:26にJR東海の警笛。

15:53 JR東海が通過時に、何処からか音声送信があって、ここになにやっても効果のない狂ったやつがおるからや、という声。僕は狂ってはおりません。確かに電磁波被害で苦しいけれど、これは権力による電磁波兵器を用いた巧みな弾圧であり、それが何を狙ってのものかは知らないけれど、僕が知る限り苦しんでいるのは僕だけだ。

苦しんで被害を受けている側を、撹乱の声だけを聞いて加害者に見せないで欲しい。

権力は卑怯だ。

昨日のHPの過去のツイッターやブログの内容をまとめたページにミスがあったので、それを修正するついでに、ブログやツイッターのプロフィールなどを記入しておいた。アップデートに苦労して、その上で電磁波の被害を受けた。昨日の時点で気付いていいはずのところでミスをして、翌日修正の繰返しは、僕の生活妨害のために、おそらく人工知能で脳操作されてのもので、何も意味もないのに、そういう被害がずっと続いていて困る。

夜に被害を受けて苦しんだ。







170221

午後1時過ぎまで電磁波被害で動けなかった。何とか動き出したら、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、攻撃しても意味ないなんてもんじゃなかった、アキヒロ殺そうとしたのオレや、と言っていた。

攻撃ってどうやってするのだろう? 誰々であれ攻撃はしてはいけません。でも僕は死にません。誰も死なない。

 ーーー

それにしても、どういうシステムで電磁波兵器を権力側は使っているのだろう? 撹乱なのか、誤解させるシステムの悪用なのか、どちらにしてもこの電磁波システムとインフラを構築できるのは権力だけだ。衛星からか一般の電波塔などを使えるのかは不明。

その権力が実際には何処にあたるのかまでは分からないままだ。

確かに自衛隊である可能性はあるけれど、電磁波兵器なので国内では法的にも軍隊だろうという推測はインテリの方の法治を前提としたもので、僕もかつては自衛隊の情報保全隊だろうかと考えていたことがあったものの、メディア系の被害と気象兵器などの脅しから世界の裏側みたいなものを垣間見てしまったので、裏が見えないところまで法を守っているかどうか、法の抜け穴や、治外法権をもっている米軍の存在、砂川事件のような日米安保に関しては憲法も最高裁も不可触であるような日本の実態があること、CIAやその下部組織が何をしているかは米大統領も把握していないこと、米NSAが大統領の携帯なども見放題であるというスノーデンの主張と日本が米国を裏切った時のためにあるウイルスをインフラに入れたとの証言などもあり、日米の軍事協力や日米合同会議などが関係しているかは分からないし、米国が軍事技術を提供および許諾して日本がしていることかもしれないこともあり、もしかしたらCIAの方かもしれないけれど、それ以外の可能性だってあり得るので、権力の裏がどこかは、いまの僕には分かりようがない。

上の「メディア系の被害と気象兵器などの脅しから世界の裏側みたいなものを垣間見てしまった」に関しては、

不都合な真実を求めて、権力によるテクノロジー犯罪&電磁波犯罪の被害
akejy.html.xdomain.jp akejy.web.fc2.com

これは僕のサイトですが、そこの「脅しについて1〜10」やその他を参照下さい。ただし要注意情報です。これらは過去に起きた出来事です。今後は起きないことを祈るし起き得ないと思っています。

他に参考になるのは最近だと、一応注意は必要だけれどこのブログの、■注意■ 170128〜0202&0214 の被害状況 陰謀ではない akejy.blog.fc2.com/blog-entry-44.html でしょうか。

 ーーー

話は変わるけれど、そういえば、その話題の途中までいっていた、パテントコムさんのブログ「自衛隊の犯罪を斬る」の「精神分析は科学?」 blogs.yahoo.co.jp/patentcom/14844113.html での続きは、サイトが一時繋がらなくなったのでそのまま。どちらにしても彼だって正確に分かるものではないので、推測の域をでない内容にしかならないから、あそこで話題が収まるのは悪くはないのかもしれない。

こういうことを書いていたら電磁波が酷くなって苦しい。こういったリアルな話題は、権力が監視しているので、撹乱しながらの弾圧もあるため注意は必要だろう。パテントコムさんは何も関係ありません。人工知能だろうが撹乱して電磁波で妨害してくるだけだ。

ネットが動いたのでブログの方をチェックしてみたら、パテントコムさんは元気らしくて、会議に出席するので、 関東総合通信局による電波の安全性に関する説明会に行けない、と嘆いておられる。それはそれで良かった。

僕に電磁波を当てているのは人工知能と思われる。脳操作では相手はパテントさんという風に印象付けてくるが、そんなわけがないと思っている。いつもの撹乱手法で、僕を監視している者の誤解を悪用してくる。

僕は証拠だらけの重要被害者なので、隔離されているし、だからこそ識者レベルの被害者の人との接触を妨害する相手に憑かれているっぽい。人工知能かもしれないが、そういう手法を裏がしてきて、僕は苦しまされている。

 ーーー

テクノロジー犯罪には反対する。

(用語説明akejy.web.fc2.com/term.html170222

誰かが嵌められ僕を攻撃して、僕がその電磁波の被害を訴えると、今度は相手がこいつの言うことを聞いてはいけないと主張してきて、結果として僕の本来の自由平等平和博愛人権民主という価値観の否定に、誰かが利用されているような状況があるみたい。

僕の主張はツイッター@furu_akihiro にも、過去にも別のところに書いているけれど、それは一部でしかないし、例えどこかに書かなくても主張は変わらない。

こんな変な状況の僕に影響があるのかはよく分からないけれど悪用されないためには、被害の訴えとは別に僕の政治的主張を誤解やデマで悪とされないようにする必要がある。

例え書かなくても僕の過去からの僕の意見は存在する。

 ーーー

深夜過ぎにXDOMAINの方のHPに、被害を直接は書いていない方のツイッター@furu_akihiroからのHPのリンクがブログだったけれど、あまりに被害を書いているので、HPの内容から、無難なものを抽出したトップページを新たに作成して対応した。ツイッター経由で直接、酷い被害情報にアクセスしないため。

人権と生命を守る社会に SOS 不都合な真実を求めて(予備)
akejy.html.xdomain.jp/top.html

 ーーー

深夜というより明け方に酷い電磁波被害で苦しい。でも死んだりはしません。生き続ける。

 ーーー

上は夜が明ける前の就寝前に書いていて、下は起床後の午後に記述している。

時間を記載することが僕への罠に利用されかねないが、僕は被害を訴えているだけだ。時間のことは、http://archive.org/web/でこのブログを調べて貰えばいい。ただし、あちらは時差があるので計算して欲しい。

 ーーー

昼過ぎ。直前までビリビリとした電磁波被害。

以下の仄めかしは権力による謀略でしかない。

なんとか起床する直前に、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があった。

女「何も悪いことしてない」 男「許せないんだよ」

ビリビリ、ビリビリ、チクッ という電磁波被害で怖かった。

女「私、しなない。」

状況的には僕の状況が女の方になるのだろう。男の方は男だとは限らないかもしれない。相手に殺意があることが仄めかされている。僕は攻撃は一切していない。むしろ、誰も死なない。死んだ方がいい人なんかこの世の中に存在しない、といつも言っている。

この状況からの推測だけれど、おそらくテクノロジー犯罪の実験的なブレインマシンインターフェースと人工知能を介して誰かと脳同期されたあとに切り離されたということなのではないかと思う。

過去に死んだと思わせるという趣旨のことを言われたことがある。もしそうであるなら、あんな苦しいことをしなくてもいいだろうにと思うけれど、そもそもが弾圧と拷問により、相手がどう考えてどう行動を変化させるかということの実験的な目的もあるのだろう。

推測が正しいかどうかは分からないが、過去に繰返し僕がされている被害でもあり、単に死な無いように見せられているだけかもしれず、撹乱の意味もあるだろうから警戒はしているけれど、ここは田舎なので、何かあった場合は新聞の地方面の訃報欄に載るだけでなく、ネットサイトでも閲覧ができる市の広報誌にも訃報欄が結婚・出産と共に掲載される。

市の広報誌への掲載は、田舎では出産、結婚、訃報の情報が人間関係の構築に重要で、知人が結婚したことや他界したことなどを知らないことが大きな問題とされるため掲載されるのだろうけれど、田舎の人が新聞を購読する理由も訃報欄にあることから、地方の人間関係の濃密さがよく分かるものの、昨今では岐阜県でも都市部の訃報欄の掲載者数が人口に比べて著しく少ないので、時代も変わりつつあるが、飛騨地方の少自治体では、おそらく今後も時代の変化に関係なく同じような文化と人間関係のつながりという普遍的なものは続くだろうと思う。

そういえば、12月半ばに祖母が100歳で他界したが、それは当然、下呂市の広報げろの1月号の最終ページの訃報欄に掲載されていたのだけれど、祖母が最高齢かと思いきや3番目の長寿者の訃報だったので、長生きする人が増えたのだと再認識した。

プライバシーに関することが気になる人もいるだろうけれど、僕は特別な事情が無い限り個人の名前がプライバシーだという意識は行き過ぎた捉え方だと考えている。個人情報保護法は組織が個人情報を扱う場合に注意しなければいけなものかもしれないけれど、訃報に関しては、一般には葬式の手続きをするときに、新聞と自治体での訃報の扱いを契約の過程でチェックすることで法律を遵守するということになるのだろう。

祖母の葬式の準備の際、自治体が祖母の訃報を扱う場合に、番地は載せたり知らせたりしないで欲しいと要望したら、葬儀屋の方が書類にこちらの要望とは大きく異なるチェックの仕方をして、紙をさっと片付けてしまったので、その紙をもう一度出してもらって、いまの時代はネットがあるので番地の掲載を避けたいだけで、自治体広報への訃報の掲載を否定したわけではないのだと、全文読み直してチェックの内容をこちらの要望通りに訂正したのだけれど、なぜ葬儀屋の人がああいう誤解ともとれる行動を、たくさんの書類を扱う過程で流れ作業のように処理していったか不自然に感じた。

どうも脳操作は誰にでもできるみたいだけれど、脳は個人差が大きく、その人の脳の働きの特徴を一度は長い時間をかけて完全に読まなければ操ることはできないだろうから、そういう人が一部存在するのだろうことは確認できた。

この地区で同じときに冠婚葬祭が重なって人でが足りなかったため、そのときの葬儀屋の方がこの自治体の人ではなくて、別の地区の同じ会社のひとだったのだけれど、数年前に亡くなったご近所のおばあさんの葬儀をその人が担当していたことが、そのおばあさんの息子さんが挨拶に来られたときの会話で分かったので、何かがあるだろうという感じはする。

文を書くときに、明らかに僕の文章なのに、短文の重なりに遠隔操作されたのがわかったので、途中で修正したのだけれど、そのときに苦しい抑制をかけられ、僕の声が低音に変換された。遠隔操作や脳内の音声操作の類いだと思うけれど、撹乱をしてきている。

どうしても僕を頭の悪いひとに見せたい何者かがいるようだが、例えば上述している新たにつくったHPの表紙のところから開いた、僕の独自のリベラル関係の文章にしても、あれも途中までは修正しているのだけれど、内容のレベルが決して低くはないのに文章が低劣になっているのが不自然で、ツイッターの連投をそのまま掲載したこともあるけれど、それ以上に電磁波による妨害が多い中で何とか苦しみながら書いたことも関係している。

何年も読書妨害をされていて、それ以前に多少読めた頃であっても、かなりの妨害があり、そういう状況が何年も続いていたら知性は本来よりも低くされる(13:04JR東海が警笛。同じ内容のところ。僕をバカだと見せたい何者かが、運転手に何かしている)だろうから、悔しくて仕方ない。

誰かが、頭が悪い奴が、頭のいい人に脳同期されて、頭がよく見せられていると思いこんでいるのか、そういうことにしたいらしい。申し訳ないが、JRの運転手の知性だと文章が書けなくなるという、脳操作がなされたけれど、その運転手がそういうひとなのかは分からない。裏の脳操作がそういう手法をしてくるので困っている。

僕の場合は、高校大学受験のときも、酷い被害があったと見て分かるような状態だったことは、普通の価値観では元気がないとか、ちょっと病んではいないかという捉え方になると思うが、そういうことを同級生のなかでも記憶している人がいるだろう。

僕が6歳で死んだ父は、祖父が中部電力を辞めてから貧乏だったので中学を卒業して名古屋に働きに出ているが、小中学校では教師に好かれた優等生だったらしいし、明治生まれの祖父は家が貧乏で義務教育しか出ていないけれど学年トップだったらしい。祖父の同級生が町会議員だったけれど、祖父を見舞いにきたときに、祖父にはなにをやってもかなわんかったと言っていたと祖母が聞いて話していたことを覚えている。知性は遺伝する傾向があるので僕が頭が悪いわけではない可能性は高い。僕自身も知的な能力以外は何の取り柄もないし、子供の頃の将来像も白衣かベレー帽しかなかったので、このテクノロジー犯罪の被害で抑制され続けるのはツライけれど、テクノロジー犯罪で頭が良くされるようなことは無かった。発言が抑制され訂正される脳操作はあったものの、それは理念に近いことを言えなくなって、現実政治に近い主張になったというだけで、むしろ劣化させられている。

軍事レーダーなどをもちいていると思われる遠隔ブレインマシンインターフェースによる脳操作は実在しますよ。

今日は短文にするつもりが、頭の悪い文にする脳操作被害があったので、バカにみせられては堪らないと感じたことにより長文化してしまった。

上の経緯にあるように巧みに主張が過激なひとに見せられているかもしれないけれど、僕自身は穏健でリスク回避傾向があるので、行動パターンが感情操作されて変わっている可能性はある。

テクノロジー犯罪の被害と弾圧は実在します(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)。

 ーーー

まんまと罠に嵌っている。僕の方が知性があるとは言ってい無いし、相手が誰か分からないため、比較できない。僕の方が知的だという前提だと、僕が罠を仕掛ける方だという言い方をしてくるが、罠を仕掛けるのは、対話している僕を含めた両者では無いだろう。

高度な罠を仕掛けてくるのは、よほど頭のいいやつなのだろうけれど、僕は罠を仕掛けるようなことはしないしできない。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、この人マジで頭のいい方に見えるわ、と言っている。頭のいい方とはリベラル派などだろうけれど、僕はずっと中道左派のリベラル派だ。2012年途中までは、メディア関連でもそちらだったが、むしろ穏健保守の人にくっつかれていた傾向があった。当時は紙の本や新聞を妨害により読ませてもらえない代わりに、ネットコラムやネットの論文などで、毎日本一冊分の文章量は読んでいた。

しかし、左派系であれリベラル派であれ保守穏健派であれ、ほとんどが権力監視の立場なので、加害者ではあり得ない。

僕が攻撃されて、メディア集ストという異常な状態での僕の味方だった人たちもやられているようだけれど、被害にあった僕のせいにされても困るし、僕が攻撃されているのだから、加害者は別にいる。

そもそもが、権力の弾圧システムとインフラが構築されているのだから、権力犯罪であり、利益を得ているのは安倍政権とそこを利用したい勢力ということになる。

13:43にJR東海の警笛が2度。(追記:こうなると、JRの警笛の理由を後付でやられて、何も工事もないのに踏切に人を立たせたりしている。14:00にも警笛2回)

事実を書くなと言っているのか知らないが、誘導されて罠に嵌っているかもしれない。誘導するのは誰なのか? 僕の自業自得ではない。

僕は権力ではないし、逆にJR東海の方は権力に近いのだろう。JRが出版する雑誌ウェッジも、台湾よりの右翼の立場で内政は左派に近いため、安倍政権側なのだろう。長期の実権を有する得意な葛西名誉会長が安倍総理のブレーンの右翼だ。

僕は内政は格差是正の左派路線だが、外交安全保障は平和主義のハト派であり、現政権とは異なる。内政だって、現政権は左派路線を表向きはとっているが、中身は誤魔化しが混じっているのに報道は弱いようだ。

テクノロジー犯罪をしている権力は卑怯だと思う。ただ、それが日本政府なのかどうかまでは、僕には判別できない。メディア被害の経験からはもっと大きな国際勢力による覇権争いがあり、日本でインフラを構築できるのは米側だという現実認識はしている。

 ーーー

とにかく妨害ばかり。それらの全てを誰でも分かるように書いたら、毎日一万何千文字になるので書けない。何かによって不随された妨害の仕組みが次々とくる。カラスにくっつかれた人がくるとカラスがくるし、ケムトレイルの人がくればケムトレイル、気象兵器のひとは来て欲しくないけれど好きな美人女子アナAMなので困る。地震兵器が一番困るけれど、それもあるNHKセクシー女子アナ。どうすればいいのか…妄想みたいだけれど妄想ではありません。僕はただのメディア集ストの人。遠隔操作被害もある。双極性障害系というか躁鬱は抜けた。いまは僕の頭が抑制されて新聞が読み難い状態にあり、同時にカラスが3回ずつ啼いていて、殺したくなるなどの音声送信。誰も死な無いし、僕に権限があるなら皆を守りたいけれど、酷く偏見があって差別的で一方的にレッテルをはる悪質な人まで守れるかは分からないものの、相手が朝日を嫌うほどに僕も産経が嫌いになるので逆同期があるかもしれず、相手を守らなければいけなくなるような変な状況。相手はそういった状況に気付いていないなら、どのように距離をとるか考えなければいけないのだけれど、それが悪用されかないため、こちらは現状維持以外の選択肢を持たいない。多様性と融和と場合によっては棲み分けが望ましい。誰も死な無い。

 ーーー

今日2017年2月22日の朝日新聞の国際面に『「アサンジュ氏、在英大使館退去を」 エクアドル大統領選、野党有力候補が明言』 www.asahi.com/articles/DA3S12807603.html という記事がある。アサンジ氏を匿っている反米左派政権が選挙で負けると、彼が居場所を無くしかねないという内容で、現状は現与党が支持率で野党候補に勝っているものの、決選投票だと分からないらしい。
エドワードスノーデンは保守らしいけれど、彼を報道したのは中道左派紙の英ガーディアンだった。彼は香港からロシア経由で左派系の民主主義国で犯罪者の引き渡しをしないことで有名なブラジルに渡ろうとしていた。(もしかしたら米国支配での犯罪者に隠れた政治犯がいるからブラジルがそういう体制をとっているのかもしれない。)

僕自身の中道左派は格差是正と人権のためであり、客観的に是々非々を捉えるだけで反米をする気はないのだが、要するに、僕にくっついていた人の発言からすると、その人は相手が、左派というだけで殺したくなる人みたいなので、君たちも支持しているだろうアサンジやスノーデンなどの政府の隠している情報を表に出す立場は、本来的に左側だということを分からせると、その人が来なくなるような状況を僕は何度も経験している。

例えば過去のAFP通信の記事だが、2017年01月05日「米情報機関よりもアサンジ氏信頼? トランプ氏、攻撃また疑問視」 www.afpbb.com/articles/-/3113142 というものがある。記事から一部引用「ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は4日、内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」創設者のジュリアン・アサンジ(Julian Assange)容疑者の主張を引き合いに、ロシアがサイバー攻撃を通じて米大統領選に干渉したとの米政府の結論に改めて疑問を投げ掛けた。」というロシアよりのことが書かれているので、右翼系の人たちが、こういう記事から、左派系の情報でも右翼のトランプ大統領を擁護しているかのように見えることにより、右翼系に騙されている人たちが誤解するような状況があると考えられる。

右翼左翼は反米で反グローバリズムであることは確かだけれど、日本の場合は右翼系は米国に利用されているのは公然の秘密で多くが知っていることだし、いまはグローバル右翼が存在する時代でもある。左派系も基本的には反グローバリズムではあるけれど、それはグローバル資本による格差への問題意識であり、反移民ではない。

非常に巧妙な罠があるので、僕自身は注意を促していたけれど、その人たちにとってはそれはありがたくはないものだったみたいなので、関わらないようにはしていた。それも、価値観こそ違えども、同じような被害にあっている人との関係を絶たせるための離間工作、隔離工作のようでもある。

とにかく権力による謀略的なストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信で物騒な発言をしてくる人は、権力に騙されないようにして穏健な態度をとるべきだ。

ちなみに、これすら巧みな僕への罠の可能性があり、僕自身は平和主義なだけであり、別に反米をする気はないので、そちらに誘導されても困る。









170223

僕へのストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信はデマが多くて、例えばNHKをつけたときにある女子アナがでていて可愛いと思ったら、音声送信は、アンタのせいで外される、と言ってくるけれど、既に4月以降の続投が発表された女子アナであることを、相手は知らないのだろう。

そういうことが多くて、何でもかんでも僕を悪く言ってくるだけのため、明らかなデマも多いことだし信じないようにしている。

 ーーー

ツイッターでフォローされた人がメディア系の被害をネットに書いていたので、書き込ませてもらった。

集団ストーカーって知ってますか?
NHK朝の連ドラ「べっぴんさん」でも仄めかし
2016/10/28(金)
http://sumile442.blog.fc2.com/?no=23

以下は僕の書き込み。
はじめまして、ツイッターのフォローありがとうございます。ツイッターは被害用ではないのですが、ブログは被害を書いています。

類似被害の人を探していましたが、上手くコミュニケーションできない離間工作がされることが多いので、注意はしています。

記事の方は、読売さんですよね。被害者は保守系が多いように思えますが、僕はリベラルの方で朝日をとっています。なので嫌がらせがすごくて、右傾化圧力に日々さらされているような状況です。

被害者は右傾化圧力があるようで、加害者を左にみせる手法なのでしょうけれど、自分はいまのところ踏ん張っています。

類似被害ですが、こちらはもっと分かりやすい証拠があります。

●●●メディアに周りの人のそっくりさんが出てくる事実の証拠(170203)
http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

僕の場合はかなり酷い被害者なので注意して下さい。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの主催者のひとりも、知り合いのそっくりさんに遭遇すると被害報告集で書いているので、本当の被害者ほどそういう被害に遭うみたいです。

連絡はブログの方にお願いします。

こちらは対応できるならしますが、被害があるのですぐにはできないかもしれません。
2017/02/23(木) 02:06

(追記)
翌朝の被害がすごいので、昼過ぎに以下をここに書いていて、それをこちらをアップするまえに、そのブログに追記したのだけれど、まだ未承認状態だった。

その後、テクノロジー犯罪の低周波振動被害を受けていて苦しくて仕方ない状況。

上述の「類似被害ですが、こちらはもっと分かりやすい証拠があります。」だけれど、相手の気分を害する書き方かもしれないので、こちらにそういった意図はなく訂正したい。

「類似被害ですが、誰でも理解される証拠はなかなか難しいと思います。僕の場合は被害が酷いので、分かる証拠があります。二十数年前の卒業アルバムと集合写真であり、名前も書いていないので、被害を訴えるためには仕方ないと考えて出すことにしたものです。もしよければ参照下さい。」

以上訂正です。
2017/02/23(木) 13:00 (ここまで追記) どうなるかは分からない。加害者は朝日系や左派系にこの被害情報を知られたくないみたいなので苦労している。 僕に来る人は僕とは異なるタイプが多いようなので、やっぱり来た人も読売をとっている家の保守系。 僕は子供の頃から、環境左派の作文を書いていただとか、平等でなければ嫌だとか、説明がなければ応じないだとか、保守的な価値観は有していないけれど、穏健でリスク回避する傾向から、一見すると保守層にも思われるかもしれない。 そういう僕が一部で類似した被害者に遭遇したので、過去の他のメディア系の被害を訴えていた女性被害者との接触と同じように離間工作がなされるかもしれない。 ただし、NPOなどのアンケートによると被害者の3〜4分の1がメディアでの仄めかしを体験しているみたいなので、実際には訴えが難しいだけで被害者は多い。 僕はメディアでの関係では温厚な対応をしていたけれど、最近はテレビも限られたところしか見れなくなっている傾向はあるけれど、意外と結構みていたりもするので、その時々、誰にくっつかれているかによって対応が変わるため、自分でもよく分からない状況にある。 くっついている人が誰かはわからないけれど、推測でデタラメをいう傾向が強いので、念のための対応はするものの申し訳ないが、僕は相手の言葉はあまり真に受けてはいない。  ーーー 以前から、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信で、大変なことになる、と言う人がいるのだけれど、何を聞いて、もしくは、何を思って、大変だと感じるのだろう? その人の考えが利用されているかもしれないので、読んでいるなら返事を下さい。 人工知能による謀略なら僕は何も悪いことはしていないので、そういう僕や僕の何かを聞いている人を利用しないで頂きたい。 権力の謀略には反対します。  ーーー 価値観の違いから干渉するのでスマートニュースでも産経さんは開かないようにしているのだけれど、この記事は気になった。 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 2017年02月22日
新傾向はこの一問だけなら知識はそれほど必要に感じない。読解力も知識も判断力も医療関係者にはあって欲しい。 「くたばれ厚労省」「涙しか出てこない」…看護師試験の問題激変でネットに批判続々 厚労省「難しくしてない」 http://www.sankei.com/life/news/170222/lif1702220037-n1.html #スマートニュース
posted at 18:24:02 変な話で信じてもらえるかわからないけれど、最初に問題を読むときに、自分の脳が使えないような状態で、簡単な文章が理解できなかった。抗議したら多少は抑制があるけれど普段の自分の頭に近くなって、意外と簡単な問題だと分かったという経緯がある。 申し訳ないけれど、最初の頭の状態だと、看護師の国家試験はどれほど勉強しても無理そうな程の抑制で、僕はそれよりは多少は難しいはずの診療放射線技師の国家試験を、試験当日に脳抑制をうけたものの普通に割といい点で合格している。過去問の勉強をしたことなかったけれど、授業を真面目に聞いていたので、当時電磁波によると思われる勉強の妨害があっても過去問での模擬試験で合格レベルだったから、気にしていなかった。 コメディカルであっても高校の教科書が簡単に見える一応だけれど高等教育レベルで、放射線物理なんかは大学生用の経済学の分厚い教科書が簡単に見えるレベルなので多くは授業を理解できなかったりするため猛勉強するようだけれど、当時の僕の場合は電磁波で人生を妨害されて落とされてギリギリのところで踏みとどまった先だったので、むしろ当時の感覚は落伍者なのだけれども、それ故に看護師の国家試験と同等以上と思われるコメディカルの国家試験は授業が理解できれば基本問題中心なので合格は容易だった。 要するに、脳抑制状態が僕の普通ではなくて、僕が頭を良くされているということもあり得ないことで、いまだって脳抑制があるのだけれど、そういう僕をずっとバカだと言ってくる相手がいるため、少なくともバカではない証拠がいると思っているものの、特にいい学歴があるわけでもないので、こういうことくらいしか自分がバカではない証拠がない。 気分を害した人があれば申し訳なく思っています。 でも、人生をテクノロジー犯罪の被害で破壊されて、仕事をしていれば過去20年で一億円の所得があったはずのものを失って、結婚もできず、母子家庭で育ったので資産もなく、家も古く、その上で本当の人生の落伍者に落とされていて、しかもそれ以前には上に書いたような嫌らしい態度をとるようなことはない少なくとも嫌われるようなことのないキャラだったので、何故にここまで人生を潰されなければいけないのかわからないまま、電磁波の人体実験やメディア被害を受けて、本当につらくて悔しい思いばかりであり、そこに上塗りされたかのような屈辱的な被害があったら、自分を主張したくもなるものです。 (追記) 20年も被害を受けているから、僕が最初であるかのようなことが言われるのだけれど、相手が僕を病ましたと思い込んだ節があるみたいで、こちらにはそういうつもりも認識もなかったので相手の認識がどうであるかは分からない。 僕が電磁波の被害をビリビリと認識できるレベルで経験したのは、2012年が最初だけれど、メディア集スト被害は2006年からは確実にあって、それが確実だということを一年メディアを相手にテストして認識したのが2007年春だった。2006年より前もあったのは確かで、ただしその頃はメディアが視聴者に反応するなんていうことは関係妄想だろうという認識をしていた。 上の国家試験のときに、電磁波被害のことを書いているけれど、当時は高校受験のときも大学受験のときも、受験時期となると何故か絶不調になって、ほとんどうつ状態でどうしようもなくなる経験をしたので、当時は自分の精神的問題だと思っていただけで、国家試験のあるコメディカルの分野を選ぶ際には、調子が悪くなっても落ちない、暗記より論理思考が有利になる理系分野に近い放射線技師の選択をしている。 いまではそれらがうつ状態などではなくて、電磁波の被害であることを理解したので、当時から電磁波被害があるという書き方をしているものの、以前からメディア集スト(証拠もあります)はあれども、集団ストーカーらしきものは不自然なバイクの集団が家の周辺に多数現れたり、大型のトラックが次々と通過することくらいしかない…といっても、それは他の被害者が経験していた過去の古いタイプの集ストそのものかもしれないけれど、僕はメディア被害の延長で自分が知られていると誤解してはいたにしても、集団ストーカーという言葉も知らなかったし、大して気にもしていなかったので、統合失調症という感じも全くなくて、いまも脳抑制がかかって文を書くのに苦労しているのだが、僕がそういういかにもという経験をしたのは2000年代後半からなので、テクノロジー犯罪被害ネットワークの人たちのようにそれよりも十年以上前からの被害者に比べれば、本格的な被害歴は短いし、本当に被害を認識して苦しみだしたのは2012年の後半からなので、当時、ネットで被害を訴えていた人たちに比べると、被害を認識していた歴史は浅いこともあるし、ネットに書きだしたのはツイッターで政治のことを月に2〜3ツイート程度書きだしたのが2013年で、被害を多少書きだしたのは2014年からと記憶しているけれど、僕が誰かに被害を感染させたなんてことはおかしくて、僕が接触した被害者が最初から被害を受けていた人たちであったことや、それ以前にその人たちと接触した形跡は先日の1人の可能性を除けば一切無いと思われるので、僕からということはあり得ないと考える。 むしろ、他の被害者が被害とはいっても何かをしてきたことを僕のせいにされるようなことが繰り返されたので、それは絶対に違うと言いたい。ただ、いま思い出したのだけれど、2006年のサッカーワールドカップのときに、普段は見もしない2ch掲示板でサッカーに関することを書いたら、こちらの書き込みに問題があるとは思えなかったのに、何故か炎上して何者かと喧嘩というか一方的にイジメられた経験があって、何故か相手は匿名の僕を常に認識していて、別のスポーツ系のひとをサッカー日本代表版に引き連れて来て、集団で僕に執着して攻撃的な発言をしてきたため困り果てた結果、こちらは理性的で大人な対応に終始することにして、その後にたまたま相手が大きな失言したときに、他の人にこの人たちが炎上させているので何とかして下さい、という趣旨の書き込みをしたら、多くが助けてくれたということがあった。その後に、2ch掲示板を開くことは当面なくなったのだけれど、元々使っていなかったので、気にはならなかった。あのときに関わった人たちは、その後、何かで関係しているようなことはあるのだろうかと疑問に思うけれど、関係ないかもしれない。その後に、テレビタックルでタケシが、ネットでイジメが突然逆転するようなものを見たけれど、いまのイジメはすごいね、みたいな発言をしていて、あのときタケシも見ていたんだと思ったことを覚えている。念の為に書くけれど、僕はイジメられただけで、誰もイジメたりはしていません。 そういう経緯をどうとでも事後的にも利用して、僕のデマを流すようなことがあったら、それは権力系が卑怯であるということになると思われます。精神疾患は人に感染することがないものですから、そういうデマはおかしいし、感染するのであれば、それは精神疾患ではなくて、テクノロジー犯罪という権力の裏の電磁波兵器を用いた謀略でしょう。 僕自身は誓って悪いことも卑怯なことも何もしていません。 (ここまで追記)  ーーー ずっと、テクノロジー犯罪の低周波振動でやられて苦しい。いつまでもつか分からない。脳操作被害もあるので、罠に嵌ったらしい。 さっき、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、アキヒロじゃなくてオレや、と言っていたけれど、それだって他から見たら相手が善人ということになるのかもしれない。「オレ」と言っている人の意図や状況までは僕には分からない。 音声送信が、みんなアンタが悪いって分かっとるんだからね、と言ってくるけれど、僕が何かしたというのか? さっぱり分からない。 もしかしたら、よくある話だが、相手がみんな卑怯な保守系だとか右翼ばかりなので、正直者が苦しんでいるという構図がいまあるということだろうか? とにかくこちらは、何も悪いことはしていない。 いま12:40だけれど、昨夜というか睡眠がズレていて、明け方前に上の今日の分の文章を書いて寝ているので、それは昼間に被害のことを書くと聞こえる人に迷惑だろうからという意図もあるのだけれど、その後に寝ているのでいつからか分からないけれど、テクノロジー犯罪の被害があって、苦しいためにまったく動けなかった。いまも苦しい。 明らかに誤解か罠に嵌っての被害だ。脳操作被害は信じてもらえないかもしれないけれど実在して、昨夜も上述のブログに書き込んこんだ文に対して、嫌われる書き方だから修正しようと考えたのに、それがスッと記憶から消えて、そのままになっていることを、ずっと後に抑制がとれたのか思い出して、何とか修正しなければと考えていたのに、いまもそうだが被害が酷くて動けなくて、それが原因とは限らないけれど、きっと罠に嵌ったのだろう。 被害にあっている保守、右翼たちは、左派がしていると思っているだろうけれど、彼らが左派と信じているのはネオリベの中道右派であり、左派系はほとんどがただ真面目で理想を信じて生きている、悪いことなんか全くしない人たちだ。お金で動く保守系や右翼もしくは中道右派の多くとは異なり、理想のために自分に不利であっても行動するような人たちであり、そういう理想を主張して権力の問題を指摘する左派を、権力が嫌ってネット右翼などを利用して攻撃していたりするけれど、そんな煽動に騙されてはいけない。  ーーー いま13:05。相手方のブログに書いた文を上に掲載しているので、そこに訂正を書き込んで、相手のブログにも記入したのだけれど、昨夜書いた分はまだ未承認だった。 被害者のほとんどが保守系みたいなので、書き込みが開示されたあとに、中道左派のリベラルを維持している僕が、一方的にやられていると思っていたけれど、実際のところは分からない。 苦しいのは確か。何処かで止まることを願っている。 (補足:そのブログは昨年の11月以降は更新されていないので、記入したのは最新の内容の前のところでもあり、おそらくコメント欄に新たに記入されていることすら気付いていないのではないか? 誰かが相手が読んだという前提で、僕に攻撃してきた可能性がある。僕を咎めていただけかもしれないし、そういう人がいるということにして、人工知能が何かしているかもしれず、もっといえば、不透明な状況において他の被害者が何かしているかのように見せて、権力が弾圧を誤魔化している手法の可能性がある。)  ーーー 上のブログをアップしてしばらくしたら、被害が無いわけではないけれど軽くなった。 その後にトイレに行ったら、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、すごい被害者はオレじゃね〜こいつや、と言っていたので大丈夫かなと思っていたら、その後に、こんなやつオレやと思っとった、と言っていた。 相手の状況は分からない。脳同期か何かがされた他の被害者の人なのだろう。 書いていたら、また被害が出てきた。人工知能の撹乱か知らないけれど声が聞こえるのか、ヤバイやつが来た、と言ってくるが、僕は何処にも行っていない。 頭の中に声が届くだけなので、もしかしたら僕をその「オレ」という者に誰かがみせている可能性があるかもしれない。 同時に僕がまともなことを考えたり言ったりしているときには、一部の人には誰かが僕を母にみせているらしい。 さっきも、「オレ」という第一人称の人の音声が届いたあとに、別の音声送信が、お前は母親みたいな理想主義じゃないからな、と言っていたのだけれど、母は理想主義とは縁も所縁もない人だ。最低賃金が安すぎるので引き上げるべきだと母に言うと、母は最低賃金に近い時給で仕事をしているので自分が否定されたと思うのか怒り出すことが多くて、何年も社会問題などに関しては話ができない状況。僕の幼少期に父が死んでから母子家庭で古い持ち家があるので家賃の心配が無いため食費と光熱費の分が稼げれば、あとは古い車さえあれば何とか生活していけるド田舎だけれど、パチンコばかりしてニュースも見ていなかったた人(パチンコは僕がさんざん説得して止めさせた)なので、福島原発事故のときにチェルノブイリの話をしても、チェルノブイリが何かすら分からなかった。死んだ父は頭のいい人だったらしいけれど、母は善人ではあっても社会問題などへの関心は全くないみたいなので、僕の発言や考えを母のものと誤解させるのは無理がある。母はテク犯や集ストなどのことはほとんど何も知らないので巻き込まないで欲しい。  ーーー 「上の集団ストーカーって知ってますか?」ブログが更新されていないので、それでふっと思い出して以前書き込んだあるひとの古いブログを確認してみたけれど開けない。その人の新しい方のブログをみたら、〜ですわ、〜ですわ、という記述…これは以前に旧友から電話があったときに、難しいことが苦手な彼が何故か僕も知らない福祉制度のことなどをスラスラ喋る頭のいい人になっていて、そのときに、〜ですわ、を繰り返していおり、アクセントも地元とも標準語とも異なっていたのでおかしいと思いつつ、内容は彼でなければ分からないだろうことだったので首を傾げたことを思い出した。別に彼を操ったのがそのブログの人といいたいのではなくて、同じ表現を強調されているので、おそらく遠隔操作されて書いているのだろうけれど、それがどういう意味があるのか、何が裏にあるのだろうかと考えても、さっぱり分からない。  ーーー 普段は真面目に政治経済などの時事話題のツイートしかしていないのだけれど、つい、変な話題が目にとまったのでツイートしたら、電磁波被害で苦しくて仕方ない。 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 2017年02月23日(木)
バカ話題。嫌いな坂上忍や宮根誠司はレプティリアンで、その現象を気味が悪いと言ったこっちの伊集院光、古舘伊知郎は違う。
坂上忍、宮根誠司、プロデューサーにも……芸能界に「レプティリアン」大増殖中! その正体とは!? http://www.cyzo.com/2017/02/post_31649.html #スマートニュース
posted at 19:40:32 ときどきストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 頻繁に自分の立場を名乗らない者による音声送信が、こっちだ、と言ってくるが、どっちかわからない相手の「こっち」という表現には罠がありそうなので、僕は中道左派リベラルだ、という形で立場だけを伝えている。それにより罠を回避しているのだが、上のツイートでは僕が「こっち」という表現を用いている。この場合、僕は自分の立場をプロフィールなどで明言しているので、僕が僕の言っているようなことを否定する構図にはならない。 ちなみに、中道左派リベラルという独自の表現だけれど、中道左派=社民主義とリベラリズム=自由主義を繋いでおり、広義では中道左派からリベラル派、保守穏健派まで広く捉えつつ、狭義では社民主義+イノベーションという日本では比較的独自の価値観にある。 人工知能が、僕が名前を出したことを利用して、僕が悪いかのようなことを言ってきて、僕に電磁波の被害がある。苦しいだけだが、相手はセクハラしているだけかもしれない。 音声送信が、みんなあんたのせいで統合失調症にかかっとるんやぞ、と言ってくるが、統合失調症という病気は感染することはない。感染するとすれば、それは権力が電磁波兵器を用いて裏で弾圧をしている証拠になる。ついでに言えば、相手が統合失調症だと言っているのが、上のツイートの人たちなら、統合失調症という病気が自動車免許も停止されるものであって、通常ではテレビに出演したりはできないことくらいは知っておくべきだ。 僕は何もしていない。 テレビもほとんど見ていない。全く見ないわけではないが、見たこともない始めて見た人たちが、変な顔をしていることがあるのに気付いたのだけれど、僕は関係ないだろう。 この日のツイートには三田園知事の原発再稼働容認の内容があったけれど、闘っていない知事の写真は病んだ表情になっていなかった。選挙のときもほとんど追っていなかった人だが、立場に応じて支持者のために闘わないことにはがっかりしている。 脱原発や平和主義で闘った人たちの中に被害を受けるひとがいるのだが、それを僕のせいにされても困ります。庇って書かなかったけれど、他の保守系の被害者が、脱原発派や平和主義、リベラル、平和主義カルト、市民派などを批判していて、少ない左派系の被害者の僕は、彼らの批判がある種の裏による利用となっている可能性に気付いているが、それらを全て僕のせいにされても困る。僕は理念的な人たちの味方だ。 こんな弾圧で死んで堪るかと感じる。いつも苦しくてそういう状況にあるが、いまのところは死んではいないし、死ぬつもりもない。こう断言するのは自業自得や予言の自己成就という形で利用されないためだ。 だから、僕も誰も死なない。 よる八時半前、JR東海が通過する度に、音声送信が、罠だ、と言ってくるけれど、どういう意図でそういう現象があるかは分からない。 こちらは罠にばかり嵌るが、罠を仕掛ける方では無い。 僕を利用している裏がいるなら、同時に僕の加害者をしている方も利用されているのだろう。そういうケースでも、やはり問題があるのは権力の裏の諜報機関や、電磁波インフラによるシステムということになるだろう。 (補足) いま、書いた文をチェックし直したら、ある部分がごっそり削除されてしまっていると思ったが、どうも脳操作で自分が書こうとしたことが、ほとんど書けていないらしい。僕の監視役をしている相手が抑制した可能性が高いが、普通の人に見せて人工知能が監視しているという人体実験も含んだ被害状態がありそうに思う。そのときに、他の被害者がくっついているかは分からないし、くっついていても相手の状況も分からないので、何かあると困るが、その人を非難するつもりはないので、いろんな裏の謀略を僕のせいにされても困る。 消された内容だけれど、記憶の抑制と闘いながらの作業で苦労する。 被害者の多くは保守系だ。それは彼らの自由意志による選択であれば問題ないのだが、圧力やデマでそうされたなら問題だ。僕は中道左派リベラルだと上にも書いている。右傾化圧力があって、苦しみながら自分のアイデンティティを守っている。 テレビの出演者だけではないかもしれないが、何かの被害を受けて、鬱っぽい顔をする人がいるのは気付いている。僕もそういう顔にされることがある。僕の場合は政治が絡んで、被害があることが分かるが、被害が酷くて苦しいから苦しい顔をしているとは限らない。顔だけのときもあれば、ものすごく苦しいのに顔は何とも無いこともある。 僕の被害経験とネットで交流したり読んだ内容では、政治に疎い被害者さんが、脱原発や安保法制に反対している芸能人をそれと知らないで加害者だと言って批判させられているような構図があるようだったので、それが影響していることにされている可能性があると思ったが、さらに彼らの批判などが僕のせいにされるような状況があるようで困っているけれど、多くの場合、苦しんでいるのは僕と同じような左派系もしくは保守ハト派の人たちが脱原発や平和主義を言う側であり、僕が加害者だということはあり得ない。誤解はしないで頂きたいと同時に、他の被害者も政治に疎いがために、脳操作を伴う手法を含むメディア被害で利用されただけと思われる。悪いのは権力の方だけです。 テクノロジー犯罪に反対する。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー 過去の経緯のポイント (抑制されて書けていなかったこと) 僕のメディア集ストの被害は、被害というより裏がある利用だったと今は思っている。2012年に自民党が改憲草案を出してきて、それで保守系から距離をとる前までは、僕が中道左派の価値観なのに、フジがフレンドリーに接してきていた。テレ朝がメインだったけれど、あの局は一枚何かを挟んで報道をしていた。他の局も全て関係している。 被害期間は長いが、2010年くらいまではメディアでの利用の方向はほとんどがいい方向であり、時間はかかるだろうけれど、北欧の最も民主主義が発展した社民主義国家に近づけることができると信じていた。 ただ、何故か僕に怒る人たちが現れだして、その後に東日本大震災が発生して、全てが一変した。 震災の復興では、民主党政権は嵩上げと復興住宅という方向だったはずだが、除染ビジネスと巨大インフラ投資の動きに、長く日本でゼネコン利権と関係していた自民党が、個人の住宅などに税金を入れることを(それは左派政策なので)批判したり、変な空気がつくられていて、民主党政権は弱体化していった。結局、自民党が復活してから、復興住宅などの再建はなかなか進まず、インフラ利権ばかりの政治になっているようなのに、メディアはそれを報じていないように見える。 それにしても怒っていたひとたちは、別人の発言を僕のものと誤解したのか、ネットの陰謀論に騙されて左派批判をするひとたちだったのか、それ以外なのかは判別できない。 その後の2012年途中から、当時は何が起きているか全く理解できなかったが、後に分かったのはテクノロジー犯罪の被害を受けるようになったということ。 2013年にはそれらを調べたりする間に、政治からは距離ができていて、陰謀論みたいなものにもアクセスしたけれど、その中には一見するとまともに見えるものがあり、陰謀なのか政治の裏なのか分かり難いもしかすると真実かもしれないような情報があったものの、それらが何かがある程度分かるまではペンディング(留保)しておこうと思って、それらに接していた。その過程で他の被害者にもネットで接触したりしていたが、彼らが保守系ばかりなのが気になっていた。 僕も、2012〜13年に酷い右傾化圧力をうけていたので、他の人たちも右傾化させられたのだと考えたけれど、もしかしたら他の人たちはそうでは無かったのかもしれないし、僕と同じような人もいたかもしれない。推測だけれど、僕と同じような経験をした人たちは、僕とネットで交流しても、ブロックされたり無視されたりしたのかもしれない。僕と接触して問題無かった人たちは、全員ではないが元から保守系だった人がいるだろう。 陰謀論など知りもしなかったが、しばらく付き合ってみたら、政治的な謀略の利用でしかないことに気付いた。もちろん、リアルな政治を背景に、上手く謀略を作ってあるので、事実に見える部分がある。欧米の財閥に関することは、事実含みかもしれないが、何が真実なのかは判別できないので留保している。 (基本的にはロックフェラー=米国、ロスチャイルド=フランス中心の欧州、と考えると何も矛盾しないが、世界情勢は大きく変わってきている。経済と政治と財閥に関しては、そちらの専門書をあたるべきだが、いい本を知らない。普通に政治の裏にあるロビー活動とシンクタンクなどを捉えるだけで十分かもしれない。短文では書けないが、いろいろと、陰謀論などの裏にあるものは想定が可能ではある。基本的には陰謀論は、それらの偽ではあっても支配の構図を批判するものであり、本来なら左派の立場で権力批判すべきところを、権力を左翼呼ばわりして批判するような利用がなされていたので、陰謀論は関わるべきではない。僕は自分の置かれた状況が、リアルな権力の裏の謀略利用のまっただ中にあるようだったので、陰謀論など信じないが、それの利用のための謀略が存在することを、左派の立場から証明したかったのだが、妨害ばかりで、味方も近寄って来ないため、上手く対応できていない。 内容についてはHPの「天の声について」 akejy.web.fc2.com/about_the_Word_of_God.html を参照あれ。僕は自分の置かれた変な状況を客観的な事実から世に伝えようとしたのであり、誤読はしないで欲しい。) そういった変な状況にありながら、同時に普通の時事情報も追っていた。 陰謀論などに比べると、一般の時事関連の情報量は膨大なので、僕もそれなりの知識はあるけれど、書いていたらきりがないので、その辺りは、凍結された@akejyのツイッターにツイログなどが残っているから、内容は不十分だけれど、検索やハッシュタグの利用で確認はできる。僕の政治的な意見は大きくは変わってはいない。
目次へ




 2017/02/24/ 170224〜 の被害記録 (憲法で保障された人権について)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 170224〜 の被害記録 (憲法で保障された人権について)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 政治経済
CATEGORY: 政治経済

DATE: 02/24/2017 12:22:43
-----
BODY:
僕のおかれた状況は、プロフィールのはじめにを読んでください。

メディア集ストの存在を疑う場合は注意して見て下さい。(要注意) http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

それらとは別にテクノロジー犯罪の被害を受けている。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。その他の電磁波被害もある。

2016.12.16「●●過去からの経緯を前提にした客観的な被害の事実」 http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-36.html に遠隔操作被害などを書いている。遠隔操作で声が変えられる(低い声にされていたのが22日から元の声が戻ったりする)などの罠があって回避が難しい状態だが回避したい。僕は何も悪いことはしていない。

(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html170224

昨夜、誰かがストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、これむかつくな、と言っていて、そのあとずっとテクノロジー犯罪の低周波振動があった。22日あたりから、声が何年ぶりかに自分のものに戻るときがあって、多少、本がスラスラと読めたので、読書しようとしたけれど、低周波振動が酷くて動けなくなった。

いま午前10時くらいだが、低周波振動は止まっていない。拷問をされていて苦しいのだが、こちらには特に何かをしろとかするなとかは無いので、ただ苦しまされているだけだ。

音声送信は、殺したと思っていたから…、と言っていた。権力が人工知能か誰かを使って、テクノロジー犯罪のシステムで何かをしているが、権力犯罪と弾圧を誤魔化すためのものと思われる。さすがに、相手の言葉が本当なら、権力だけの問題とは言えない。

僕自身は何も悪いことはしていない。

テクノロジー犯罪に反対する。


 ーーー


最近は、低周波振動がある。電磁波兵器を扱えるのは自衛隊だろうけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊など公務員による拷問は憲法で禁止されている。


日本国憲法第36条
公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。


自衛隊以外で国内で一般レベルではあり得ない高度な電磁波兵器を使えるところなど存在するのだろうか?

可能性があるとすれば米軍やCIAなどだろうか?

日本の場合、日米安保と地位協定があって、砂川事件でもあったように、米国との安全保障においては、司法も民主主義も不十分だが、地位協定は米軍基地内に限定されており、ここ岐阜県下呂市小坂町は当然だが米軍基地ではない。

アメリカ合衆国憲法であっても修正第5条および第14条に「何人も、法の適正な手続き(Due process of law)によらずに、生命、自由、または財産を奪われることはない」という文言があるし、繰り返すけれどここは米軍基地では無い。

そもそも、僕は反米的な言動をしているわけでもしていたわけでもない。以前からテクノロジー犯罪といわれる人体実験および弾圧と思わしき被害に遭っていて、その原因が何かを考えたりするが、それは弾圧されるからであって、それ以前にも以後にも特に反米や反政府活動をしてはいない。

僕の中道左派やリベラルという表現は、格差是正や人権の重視という意味での用語であって、イデオロギー対立に関するような用語の使用のつもりはないし、第三者による思想の強制に抗議して使わざるを得ない状況に追い込まれた結果でもあったが、そもそも中道左派やリベラルという表現は公安調査庁の監視対象にすらなっていない。

だから、僕の権力と思わしき組織に対する弾圧への問題意識は、それらの迫害行為がなければ起き得ないことであり、何故にそういう状況にあるかは、僕には理解できないが、もし特定のシステム下において、何者かと相互にそういった状況があると仮定した場合、相手が僕と同じような状況であるなら、両者は何も知らないため相互に罪は無いだろうけれど、僕は相手がいるかどうか、相手がいたとしてその相手の置かれた状況が僕と同じなのかなど、何も知ることはできない。

問題があるなら、この電磁波インフラを伴うシステムにあるだろう。

上の「格差是正や人権の重視」というところに「平和」という文言を入れようとしただけで、電磁波被害が悪化したが、相手は日本国憲法第9条の平和主義を否定するような存在なのだろうか?


日本国憲法第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


日本国憲法の前文の表現も含めて、平和という言葉を否定する者は、憲法違反ということになる。また、日本国憲法は思想言論の自由を保障している。


日本国憲法第19条
思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

日本国憲法第21条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


僕の考えや記述は憲法に保障された自由により個人の権利として存在するし、過去の記述に法律に違反したものがあるとも思えない。

その他に理由があるとも思えないが、僕への電磁波兵器による実質的な軟禁状態や拷問状態は憲法に違反している。


日本国憲法第18条
何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

日本国憲法第34条
何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。

日本国憲法第31条
何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。


上述に「法律の定める手続によらなければ」とあるが、僕は違法なことはしていない。例えば特定秘密保護法があるが、あれらは公務員が特定秘密を外に漏らしたり、公務員を唆して特定秘密を流出させた場合に罪に問われるものであり、その観点からも僕は公務員とは一切関係していないため関係ないだろう。特定秘密保護法に関しては、一般人の場合は何が特定秘密かも分からないので、それに関係した情報を知らずに扱ったとしても、罪に問われることはない。

日本国憲法は、自由と人権を保障している。


日本国憲法第11条
国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

日本国憲法第12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

日本国憲法第13条
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


「公共の福祉に反しない限り」という条件があるが、公共の福祉という言葉は基本的に人権の衝突の際に発生するもので、他者の人権を侵害する行為は公共の福祉に反することになるのだが、それは相互に人権を護るという観点におけるものであり、人権を侵害してはいけないという意味でもある。この場合の人権の侵害とは、幸福追求権が侵害される人があってはいけないという意味でもあり、社会全体で全ての人に保障された憲法第25条の権利を護ることは第13条のみならず優先されるべきもので、それも公共の福祉の範囲に該当するのではないだろうか。

ちなみにウィキペディアの「公共の福祉」には、「公共の福祉による人権制約は法令によってのみ行われ、法令による規制が合理的であるかどうかは違憲立法審査によって行われる。法令以外によっての公共の福祉による人権制約は許されない。例えば契約書や約款・就業規則等の規定が公共の福祉の根拠となることはない。なぜなら民法90条「公序良俗に反する契約は無効」とは全く異なる概念であるからである。」とある。

公共の福祉による人権制約は違法行為によってしか認められず、契約その他に関して人権侵害を正当化することはできないということになる。ネットなどを使う場合、さまざまな契約を気付かないままにしていることがあるが、それらによっての人権侵害は違法・違憲ということになる。

他にも、例えば刑法第175条のわいせつ物頒布等の罪「わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする」とあるが、そういう行為をした者があったとしても、法的な措置なしに人権侵害は許されるものではない。法的な措置がとられたとしても、懲役2年以下のレベルであり、弾圧および人権侵害が正当化されるようなことはないだろう。

(僕の場合は、2016/12/08のブログに、過去に嫌がらせで自分のモノを大人の玩具として販売されたことを書いているが、それは被害の証拠であり、刑法第175条のわいせつ物頒布等の罪の適用外であると考える。)


テクノロジー犯罪の被害により、読書が妨害されるのだが、それも日本国憲法に違反するものだ。


日本国憲法第23条
学問の自由は、これを保障する。


読書も学問であり、僕がしようとしている読書は小説でもましてや漫画などでもなく、例えば思想哲学や政治経済関係のものが多いので、明らかに学問の自由が侵害されている状態にある。この被害状態がどういう理由とどのような経緯からなされているかは分からないが、被害の結果として人権が侵害されている事実は存在する。同時にこちらは普通に生活するにあたって、何かの人権侵害になるような行為は一切していない。テクノロジー犯罪の被害は特殊なものだろうから、どのような経緯で人権侵害が発生しているかは分からないが、権力などによる電磁波兵器というインフラがなけえば起こり得ないものであり、問題はそのインフラにあると考える。


日本国憲法第25条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。


僕は悪いことはしていない。例え犯罪者であっても一定の人権は保障されるので、僕のように犯罪など犯していない人間が人権侵害の状態にあるようなことは、社会の正常な機能という観点からも異常なことであり、この迫害行為が何処によってなされているかは分からないものの、一定の人権を護るための措置が必要と考える。


 ーーー

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

大変だ〜米軍のせいにしたらどうしようもない、と言っている。

僕は加害者が何処かは分からないと常に言っていて、米軍やCIAのせいにしているわけではない。自衛隊のせいとも言っていない。

客観的な事実から、電磁波のインフラシステムを構築できるところだろうという範囲に留めているし、それ以上は分からない。

人工知能によるのか、知的に思慮の浅い者によるのかは分からないが、米軍のせいにしたらどうしようもないという言い方から、自衛隊のせいにする誘導があるように思えるが、この被害がワールドワイドに存在するものであり、自衛隊や日本国がそのようなことができるだけの力を有していないことは確かであり、国内の実際の加害者が何処かとは別に、そういう状況に反する誘導で、加害者の範囲を予め狭めて対応する行為が賢明とは思えない。

誘導があることから、自衛隊のせいにすることで利益を得るところがある可能性だって想定できることになる。

現時点では電磁波兵器を扱える組織は限定されるだろうけれど、その断定ができる状況にはない。

ネットでは安い機器があるような噂も存在するが、僕が受けている高度な被害が可能な電磁波兵器など、民間では存在し得ない。あったとしても何億円程度では購入できないものではないか?

もし、加害者が複数あって、一方が民間企業でも購入可能な、ただ電磁波をあてるだけの拷問装置や音声送信装置だったとしても、追尾レーダーなど高度な装置が必要であり、通常では民間が直接しているという想定は難しいし、被害者は多く、民間がしているならはっきりとした証拠を伴う訴訟が頻発するはずに思える。

権力による弾圧が許されるはずがない。

テクノロジー犯罪に反対する。

 ーーー

前述の音声送信での、米軍のせいにしたらどうしようもない、という言葉だけれど、その前に、大変だ〜、と言っていたことから、僕の声ではない。

確かに、米軍のせいにするようなことは、こちらの意向が反映されるような場合であれば、できれば避けたいという思いはあるが、経緯から、米国が自衛隊のせいにしたり、場合によってはカルトのせいにしたがっている可能性だってないわけではないだろうと思うのだけれど、米国を中心としたパスク・アメリカーナ(ウィキペディア参照)の現在においては、世界的な様様な動きから、そちらを想定してから、そのなかで活動している自衛隊の可能性を考えざるを得ない。もちろん、国内のものであるため、電磁波兵器という観点からも、自衛隊を無視はできない。

上の文だって20世紀末からの世界的な動きと、日々の国際情勢を前提として書いているので、僕が単純な発想で変な言葉を使う訳がなくて、その言葉に対して批判的な対応をしたからといって、それで僕が僕を批判しているような構図を策謀しようと相手がしているかは分からないけれど、僕は僕を批判などしていないし、ましてや自分を攻撃するよなことはあり得ないので、自業自得にはならない。僕への変な謀略があるなら、それはどう考えても失敗しています。

この文章で僕に電磁波が当てられて苦しいのだけれど、誰かが聞いていて攻撃しているような状態。人工知能の策略かもしれない。その向こうに人がいるなら遺憾だし、そんな戦略は止めるべきだ。

苦しんでいるのは僕だ。読んでもらえばお分かりだと思うが、権力が弾圧を自業自得に見せてきたり撹乱して実施しているのかもしれない。

僕は攻撃を回避するために書いている。電磁波をあてないで欲しい。

僕は何処かのせいにするつもりはなくて、自分のせいでもあるはずがなく、ただ、弾圧されている事実が存在するので、それを客観的に捉えているだけだ。

僕の個人哲学として、事実に忠実であるというものがある。理想を念頭におきながらも、事実が何であるかをありのままに捉えることが僕自身であり、そこに嘘偽りは混じらない。ただそういう観点があるだけで、僕自身は信頼してもらっていい。

何かあるなら僕以外の何かが関係しているわけで、僕は何もしていません。

テクノロジー犯罪に反対する。


 ーーー



今回はツイートを白い背景に枠線で引用します。自分以外のツイートは名前を伏せて扱いますが、ツイートはもともとがRTされたり拡散されることが目的なので、引用することに問題は無いと考えます。名前を伏せるのは配慮からです。

古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 2017年02月24日(金)
SNSのグループでデモの話をしたときに、警察が威力業務妨害で共謀とした場合、積極的に否定しなければ合意したとみなされたのでは堪らない。
LINEでも共謀成立の恐れ 法相「合意の手段を限定せず」 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017022402000137.html… #スマートニュース
先日返事をしていないツイートがあるのだけれど、それが関係するかもしれないと感じた。 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 2017年02月22日(水)
罰則などの規定がないため「実効性が疑問視されている」とのこと。罰則規定はないし、対象が外国人だけだし、不備の多い形だけ法を日本は得意としているよね。平等がいい。
日本のヘイトスピーチ対策に疑問 アムネスティ報告書 https://this.kiji.is/206932287001052663… #スマートニュース
に対してのある被害者のリプライ(返信) C●@m●●
初めまして。集団ストーカー被害者です。説明文にテク犯被害者とありますので、同じ犯罪の被害者と思われますが、古谷さんは、この犯罪に在日朝鮮人の存在を感じませんか?
https://twitter.com/mm_jury/status/834339719022403584 もし共謀罪が成立していた場合であっても、現状では4年以上の懲役刑のうちの300程度が対象なので、罰則規定がないヘイトスピーチ規制法の対象にはならないが、被害者のしているデモが威力業務妨害とされたら、話しただけで対象になり得るということ。 ツイッターの方は被害の訴えには利用していないので、被害者ではないフォロワーに配慮して、返事はしていません。 上の経緯絡みで、他の被害者の安否を確認したくなったのだけれど、ある被害者さんがRTしていたツイートが気になった。 どうも、僕とは異なるタイプの罠に嵌っていられる。 ここに掲載するか迷ったけれど、真実が何かを浮き上がらせるためには必要と考えた。 ●=N●●@t●●●
近々国会で「共謀罪」が成立しようとしている。これは集団ストーカーの被害に悩む我々被害者には活用できるだろう。加害者が結託して加害をしていると立証させれば、被害の内容を問わず、加害組織全体を壊滅に追い込める可能性がある。加害者を確保したらなんとしても仲間の身元や給料を吐かせよう
https://twitter.com/topname1/status/834432278184894464 この人は被害者には珍しく多くのリツイートがなされる傾向がある。開いて確認したのだけれど、その前後には以下のようなツイートがある。 ●=N●●@t●●●
集団ストーカーの被害者は孤立を避けるため、被害者団体に加わろう。 そのうえで、被害者の意識の結束を目指そう。加害組織はたいへん大きくて強い。我々もやがては大同小異を乗り越え、一つにまとまって犯罪に対決しよう。
https://twitter.com/topname1/status/833556692138807296 ●=N●●@t●●●
集団ストーカーの犯罪組織は、幾重にも階層を為している。直接の加害者だけがすべてではない。彼らの背後には資金提供、環境提供、支援組織、法律の専門家、外交係り、その他さまざまな役割をする人間がいる。 くれぐれも、一人で闘わないようにしてほしい。 国民みんなの理解と支援を求めていこう。
https://twitter.com/topname1/status/833557928917360643 ●=N●●@t●●●
集団ストーカーらに襲われる被害者が多数いる。加害者を捕えても反撃をされる恐れがある。 被害者が集まって暮らす集団ストーカー被害者のコロニー建設メーリングリスト。空メールを送ってください。 (あるメールアドレスが記載されていた)
https://twitter.com/topname1/status/834436457582309376 ●=N●●@t●●●
集団ストーカーの被害で、生活の収入を得にくい状況の被害者が多くいます。組合を作って共同で仕事を作っていくのはどうでしょうか?集団ストーカー被害者のメーリングリスト。空メールを送ってください。 (あるメールアドレスが記載されていた)
https://twitter.com/topname1/status/834438439776854016 ●=N●●@t●●●
集団ストーカーの被害で、生活の収入を得にくい状況の被害者が多くいます。組合を作って共同で仕事を作っていくのはどうでしょうか?集団ストーカー被害者のメーリングリスト。空メールを送ってください。 (あるメールアドレスが記載されていた)
https://twitter.com/topname1/status/834766932012195841 メディアが共謀罪を問題視しているのは、政府がしている対象に一般人が含まれる可能性があることや、民主主義を守っている労組やNPOもしくはメディア自体などが対象になった場合への懸念から。 いまの共謀罪は政府が東京五輪開催に際してのテロ対策でなされていると説明しているが、その前は国連の国際組織犯罪防止条約を締結しているので、国内法をそれに準じる必要があるという説明だった。 国連の国際組織犯罪防止条約に関しては、共謀罪は必ずしも必要とされないという専門家の意見が事実であり、国内法の範囲でも批准できるという野党の意見もあって、事実関係を調べれば調べるほどに政府が共謀罪を目的にして嘘を言っていることがはっきりと分かるもの。 また、国際組織犯罪防止条約の対象はテロではなくマフィアによるマネーロンダリングなのだけれど、どちらにしても規制対象は基本的にはテロ組織やマフィアという右翼に近い組織になる。 (念の為書くと、僕自身は国際組織犯罪防止条約には賛成するけれど、共謀罪には反対している。) 要するに僕がここで言いたいのは、集スト被害者は、外国人に対して差別発言を繰り返させられていて、それに対して、ヘイトスピーチ規制法がつくられているように、共謀罪であっても、被害者が街宣したりデモをしているのは一般社会には理解されない種類のデモでもあるため、共謀罪が成立した場合は対象になりかねないのに、共謀罪を都合よく捉えていたり、それを被害者の多くがRT(リツイート)しているという状態があること。 共謀罪で自分たちだって対象にならないとは限らないのに、その前後にグループをつくったり組織に加入するようなことが書かれていて、そこでのやりとりが共謀罪が成立した場合の対象になり得ることに無頓着なのが気になる。 集団ストーカーを訴える行為は、権力犯罪を訴えていることでもあるので、共謀とみなされた場合は対象になりかねないものだ。 僕はそのツイートの彼が脳操作されて利用されている可能性を感じるのだけれど、素直に読めばいいことをしているようにも見える。 きっと彼は本当に善意でしている。苦しいときに皆で協力することは必要なことだ。 だたし、一緒に暮らすということは、送金などの共謀罪の対象になる行為が含まれるわけで、もし共謀罪が成立したらどうなんだろうと考えてしまうし、共謀罪のツイートの前後にそれらが書かれていることも不思議だ。まさか、そこで共謀罪を適用などはしないと思いたいものの、彼がそれらに気付かず共謀罪に賛成していて、共謀罪の適用になりかねないようなことをツイートしているので、やっぱり、裏に操られているのではないかと感じる。 手の込んだ仕組みで、共謀罪に反対する僕なんかが操っているみたいなことはどう考えてもあり得ないけれど、こういうことすら僕へのこじつけの罠にもされかねない。ただ、よく読んでもらえば、たとえ脳操作の技術を前提としても、僕の考えでそんなツイートになることはあり得ないし、そうであれば第三者が間に介在していて、あり得ない罠を作っているのだろうということになる。 被害者さんの多くは、権力に騙されたり操られて利用されているので、そこには注意した方がいいとは思うけれど、同時に僕の主張が正しいと認識されていたとしても、その立ち位置が危なそうなことは理解されていて、敬遠されているように思う。 多くの被害者は謀略を信じて右傾化しているか、圧力を感じて右傾化しているけれど、それだって罠になりかねないので、バランスをとった方がいいと思う。 右の方は日本では実際は加害者のいる方なので、皆がずっと前からどうしてそういう状況なのかが僕には理解できない。 例えば過去にも、僕の凍結された前のツイッター@akejyの方で、下のようなツイートをしているのを思い出したので、記載しておく。 僕のツイログで、匿名通報システム を検索:http://twilog.org/akejy/search?word=匿名通報システム&ao=a から下に引用。 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy 2014年10月21日(火)
#脅し #脅迫 続)#電磁波犯罪 や #集団ストーカー現象 の被害者の連絡先として、一部の被害者が勧めている匿名通報システムは千葉県においては警察が民間に委託しているもの。これだけの被害者が加害者を特定していたとすれば、世間で話題にならないはずがない。怪しいので注意が必要だろう。
posted at 09:13:37 ウィキペディアの https://ja.wikipedia.org/wiki/匿名通報ダイヤル 参照。 警察に委託されているとはいえ民間による匿名通報システムという仕組みが公的なものかはよくわからない。 市民の監視ができない株式会社に匿名で犯罪情報を通報する仕組みで、報奨金も得られるとのことだが、報奨金があるなら向こうから連絡がくるはずで、匿名というのは無理がある。 そういった経験を含めて、様様な被害から権力犯罪と認識していたので、当時は不審な民間組織に連絡することの危険性を促したのだけれど、それ自体は問題はないと思う。 少なくともネットでの文面に関しては、僕は利用されていないと思うけれど、僕のこの指摘は、被害下にあっては、権力が利用しているひとたちにそれを気付かせる行為であり、権力の弾圧被害を受けている僕にとっては不利にしかならないので書く必要もないのかもしれない。 もしかしたら僕の場合は、正しいことを書いても、テクノロジー犯罪の技術によって他の被害者が僕の記述を疑って信じなくされるというような、脳操作の社会実験で利用されているかもしれない。 共謀罪は民主主義を損なうというだけでなく、権力犯罪の被害に遭遇している人にも不利にはたらくので、なんとか止めるべきだ。 罠は回避したいけれど、真実が何かには忠実でありたい。苦しんで書いています。   ーーー 連日、一万文字も被害を訴えるつもりはなかったし、できれば数百文字程度にしたい。 上の長文も、新聞が読めなくて、その結果なので、新聞(朝日)を読むことを妨害しないで欲しい。 170225 午前中、ビリビリ、それ以上に苦しい…テクノロジー犯罪の電磁波被害。 弾圧をされても、何故にそうなのかが明白では無いため、対応は難しいし、脳操作被害があるため、自分では対応できない問題もある。考えと行動が異なり、行動は操られる傾向がある。 (脳操作をする場合、個々人で異なる脳の機能を一定程度の期間捜査しなければその目的を得られないだろうけれど、思考が応答が得にくいのに対して、行動は容易に応答が得られるため行動面の操作がされやすいということになると思う。思考の場合は、脳操作で疑わない状況を作っておいて、状況に応じたささやきかけるような音声送信を自分の考えと思わせてマインドコントロールするような手法もなされていることは、経験から分かる。それが好ましいものならいいが、決してそうではないので僕は抵抗している。) 今朝の電磁波被害の推測は、メディア集ストを訴えているため、テレビはつけていないのに、僕が見ていると思っている何者かによる誤解から生じていると感じる。 しかし、テレビをつけていなかったので、僕をメディアに何かしている人に誤解しないで欲しい。テレビをつけていても何もしていないし、何もできないけれど…とにかく、何もできない被害者の僕のせいにするのはあまりに不合理だ。 僕はキリスト教徒ではないので、アジアにもあるような利他や慈悲という価値観はあれども、誰かの苦しみを代わりに償い贖(あがな)うような贖罪の意識は有しておらず、誰かのしたことの代償を自分が払うつもりはない。 あるのは慈悲や赦し、利他的な救済や共生の東洋的な価値観だ。これだけだと一見すると保守系かと思われるかもしれないけえど、よく考えて見ると分かるが、それらは伝統ではあっても、むしろ普遍的なものであり、利他、共生、慈悲は弱者救済の価値観であり平等思想であるから、東アジアの伝統価値であるため左右を考える必要はないが、どちらかというと左側の思想に近いだろう。 何故、これほど弾圧されても左派系にこだわるかといえば、当然アイデンティティの問題だからだ。自分自身は平等や平和という中道左派の価値観の占めるウェイトが大きいが、リベラル(これも中道色の強い中道左派の価値観)な多様性も重視しているので、自分とは異なる価値観に対する拒絶も断絶も無かったが、何者かによって僕を保守化(右傾化)させようという圧力や洗脳がなされたため、それに対しては抵抗している。 自分が中道左派リベラルの価値観であるというアイデンティティを前提に、左翼や右派、保守派というところに寛容に対応することはできるが、自分が自分とは異なるアイデンティティだとされたら全力で抵抗するのは当然だ。 少なくとも日本は思想と言論の自由がある社会のはずだ。 もし、過去に思いやりや共感という、現在ではあまり言われなくなった価値観の重要さを指摘したときに、ミラーニューロンの存在を説明したことが関係あるとするなら、今の脳同期は僕の説明を大きく誤解した者による結果ということにもなるかもしれない。 それ以前にはツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)で僕を保守化させようとする人が複数現れたことが不自然で、もしかしたら彼女ら(彼ら)が脳操作されて僕を誘導するために利用されただけかもしれないし、目的が設定された会話型の人工知能かもしれないが、多様な戦略がなされており、その中には状況に応じた自分のものとは思えない感情操作があったり、音声送信による圧力や、左派系メディアを読むことの妨害などがあり、その目的が僕の保守化だったことは確かなようだ。  ーーー 司法問題に関して左派系は日本でやたら多い冤罪(濡れ衣)を減らし人権を護る努力をする。保守系(特にタカ派や右派系)は治安の維持のために人権の制限すら容認したり、冤罪(濡れ衣)の多さを気にすることもなく隠蔽したり正当化して、罪もない人を裁いて罰を与えている。 司法系の内容を読んだときに、僕がこれまで経験したことのない、保守的な思考が届くことがあって戸惑う。 僕は冤罪を問題視している。 くっついているのが社会問題に疎いひとなら仕方ないが、知的な人なら一般市民にとっては許しがたい権力側の保守タカ派の人間かもしれない。リベラルか左派な人が何かを誤解して保守に気を遣っていたという可能性も無いわけではないが、冤罪問題より治安を優先するとは思えない。 (補足) もし相手が存在して、僕の逆(L⇔R)の状況なら、システムの問題ではあるけれど、配慮してイデオロギーのことは考えないようにしたいけれど、脳操作で逆効果にされることがあるため、上手くはいかないかもしれず、こればかりは自分の意思より強い脳操作がある限りはどうしようもないけれど、なんとかしたい。ただし、朝日などの新聞を読むのを妨害するのは止めて欲しい。  ーーー 思い出したこと。 昨日、スマートニュースで珍しく岐阜新聞があった。見ると「安藤大尉遺書に無念 二・二六事件」 www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170224/201702240838_29076.shtml という記事。岐阜新聞でなければ開かないし、岐阜新聞はスマートニュースの新聞や地方記事の選択肢にないので、他の記事からの関連だと思うけれど、裏はいろんなシステムに入り込めることを証明している。 その記事をみたら、安藤大尉の名前が輝三で、ご近所さんを仄めかしている。記事によると安藤大尉のの子孫の方が徳彰さんで、徳はそっくりさんがメディアにたくさん出てくる同級生の名前の一部であり、最近のんに改名した女優さんの名前でも仄めかされている人。そこに彰という僕の文字がある。これには裏があって、皇太子さんが徳仁(なるひと)さんという名前で、称号が浩宮であり、浩が僕の名前の文字と同じ。いまの天皇陛下がアキヒトさんで、僕がアキヒロあることも含めて、変な絡みがある。 NHK出身の池上彰さんと朝日出身でニュース23の星浩さんでも仄めかしがあって、同じ内容の今日の中日の方の記事「2・26事件で反乱指揮の安藤大尉 処刑直前の手紙を26日に中津川で公開」 www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170225/CK2017022502000043.html?ref=rank は星野K一さんが書いている。Kの方も変な仄めかしが多いけれど、地元ではない同級生。そっくりさんもK●e●●。 こういうことは記憶抑制されるので忘れていちいち書かないけれど、テレビをみなくなっても仄めかしは頻繁にあるので困惑し続けている。 (補完)記憶が消えるので書き忘れる。僕は中道左派リベラルだけれど、共産党すら天皇制容認で、旧社会党の土井たか子さんも天皇容認派だったように、日本では左派系だからといって天皇制を否定はしていない。長く日本は外交主権が制約されていて米国の準支配下のようなものだけれど、その米国はリベラルと保守に分かれているが、米国の場合は保守系が共和主義という天皇制を廃止する側になる。戦前に日本に影響があった英国も立憲君主制で、英国の労働党だって君主制を容認しており、そこと国際的に同じグループの社民党の立場でも立憲君主制は尊重されるし、象徴天皇制を謳う日本国憲法を積極的に守っているのは左派系でもある。僕の場合は中道左派でもリベラルでも天皇制は容認ということになる。(ここまで補完) 226の記事は記者が脳操作された結果だと思われる。もしかしたら岐阜新聞の関係した記者なのかもしれない。一時、岐阜新聞をとったときには、いろいろなことを教えてくれる記事が多くて感謝しています。 中日新聞の方は岐阜新聞の翌日なのでどうか分からない。ここは東海地方では圧倒的な力と情報力をもっているけれど、むしろ名古屋のテレビの方でいろいろと…今は長く関わっていません。決して悪い情報機関ではないけれど、僕は野党系なので、本来は中日でもいいのだと思うものの東海地方では一強なので…むしろブロック紙の雄として頑張って欲しいところ。 一応、こんなことを書いているのは、明日が226事件と同じ日付だからで、でも、そんな過去のことは僕には関係ないので、僕にも何処にも何もないでしょう。 僕も誰も死にません。被害も悪化しない。  ーーー 集ストに関して一言。 僕にあるのは、メディアと産業界と自衛隊によるストーカーであって、他のひとのように一般人からのものは極めて少ないようです。それが左右の違いなのかもしれない。 ちなみに僕は在日陰謀論と創価陰謀論を否定していて、在日の人も創価学会の人も一般の人の範囲はマイノリティであり社会的弱者なので批判はしません。 ただ、その陰謀論の根拠は在日なら旧統一協会と創価学会という(新聞報道もされていたことだけれど)自民党にCIA資金を調達していたカルトなので、集ストもCIA戦略の可能性があり、集スト被害者がCIAを批判するのなら弱者イジメにはならないと考えます。 きっと皆は危なくてCIAなんかは批判できないから、末端の直接は何も関係ない人たちを批判しているということになりそうです。 (もしかしたらCIAの古い仕組みを別が批判させているのかもしれないとは感じています。) 実際のところは、直接の根拠もなく、疑わしい組織は他にもあるので、僕にはわからないことでもあります。 闘うつもりはありません。ただ、電磁波被害を受けているので、闘わないけれど負けません。 生き続けますよ。     170226 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 脳を外から読んで解読する技術は既に公になっているが、相手は僕の脳を電磁波か何かで遠隔地から読む装置を有していると思われる。もしかしたら読んでいるのではなくて、ささやき声で音声を送っておいて、脳の自我を認識するところを刺激することでそれを自分の考えと思わせておいてから利用してくるのかもしれない。 いま朝の4時過ぎなのだけれど、ずっと変なダミ声のひとに憑かれていて、ときどき自分の声が乗っ取られることもある。今日の場合、夜になってから、見当違いのことをいろいろとこじつけて電磁波攻撃されるのだけれど、そのダミ声の相手は人工知能なのだろうか? それとも誰かなのか? どちらにしても、どのように僕に電磁波攻撃をしてくるのか? どう考えても僕に否はない。 相手の汚いのは、僕の声を通ったものにしておいてから、相手はダミ声で嫌がらせをしてきて、寝る前に僕をダミ声にすることで、僕への攻撃を僕が嫌がらせをしたからという卑怯な手法にしてくること。僕は嫌がらせなどしていない。 マイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信は、攻撃しないと自分がやられると言っているけれど、こちらからは攻撃はしていない。電磁波被害を受けているので、苦しくてそれをここに記録しているけれど、それ以上のことはしていないし、攻撃されなければ記述することもないと思う。 実は数日前から僕をころそうという趣旨のことを言う声がしきりに聞こえていて気にしている。もう明け方前で26日だが、上に書いているように226事件があった日付でもある。岐阜新聞や中日新聞が関連記事を書いているけれど、脳操作技術が存在するので、それらの新聞が脅しているというわけでも、安藤大尉の遺書を公開する側が関係しているわけでもないと思う。 当然だが僕がクーデターなどするつもりは全くない。 この状況でこれらのことはどういう意味があるのか? メディア集ストの一環だろうけれど、こんな脅しをする理由は何か? こういった卑怯な手法で僕を攻撃してくる相手は、このブログの一番最初に僕がリンクを掲載したような権力犯罪をしている方の可能性がある。それらすら、脳操作の結果であろうから、そんな民間ではまだまだ開発途中の技術を有するのは、秘密指定されるような軍事技術を有するところだろうと推測する。 僕が被害を証拠を含めて告発したために、周りくどい姑息なやり方で撹乱しながら、僕を電磁波兵器で迫害してきていると思われる。もしも相手が存在するのであれば、その人を利用することも止めるべきだ。 僕は被害を受けているだけで、何も悪いことはしていません。当たり前なのだけれど攻撃もしないしできないし、最低限の生活をするのに必要なことも制限して生きている。人生をやり直したいと思っている。死ぬつもりはありません。僕も誰も死なない。  ーーー (上は早朝、以下は夜に入って、朝に書いた一行のメモに付け足して書いている) 朝、相変わらずの電磁波被害というか低周波被害。苦しい。 パニック障害に見せられている。パニック障害とは死ぬかと思うほど胸などが苦しくなる軽度の精神疾患の一つ。 今日は一日中被害が酷くて、それでも横になってタブレットでいくらかスマートニュースを見ながら(@furu_akihiroで)時事ツイートしたが、音声送信と電磁波の加害をしてくるようにみえる相手(おそらく誰かをモデル化した人工知能)が、このブログとツイッターを別人ということにして、僕を罠に嵌めて攻撃してくる。罠の手法は過去に延々と書いているような卑怯で手の込んだ厄介なもの。 僕に付いている相手は僕ではない。僕はまったく騙されていない。それでも第三者にどう見えるかということを手法としてやられているので、権力の姑息さばかりがはっきりする状況だ。 いま、被害がひどいのでツイートしたが、何が起きているかも相手が誰なのかも何もわからないまま苦しんでいるが、撹乱しながらの弾圧は権力が常にしているものだ。 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 2017年02月26日(日)
被害に遭遇している。僕の政治への意見は少なくとも十数年以上大きく変わっていない。基本的にはリベラルな中道左派であり、格差是正や情報公開など、民主主義と平等という観点を重視している。最近は人権侵害を受けているので人権と人命を護ることの尊重を考えている。いま何の罠があるか分からない。
posted at 19:07:01 上のツイートは、時事用にしている@furu_akihiroにおいては、最近では異例の被害を訴える内容。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、こいつニイチャンの方や、ダメやこいつこっちやでころさないかん、と言ってくる。これを書いたら、一時的に電磁波の苦しい被害が緩くなった。攻撃する側は、その言葉を僕が言っていると思っていたのかもしれないが、実際のところは分からない。人工知能は普通のコンピューターではなくスパコンか何かかもしれず、非常に複雑な罠を仕掛けてくる。ここまで書いたら電磁波の被害が悪化した。どういう相関関係があるのだろうか? 推測だが、右派系の陰謀論者からは僕が左派だから、左派系やリベラル系からは僕が被害を受けて他の被害者と接触した結果として変な被害を受けている方だから、という理由付けをされて孤立化させられている。 何故に僕なんかにそれだけのことをしてくるかという疑問はあるだろうけれど、僕が長期の権力犯罪の被害を受けていて、その証拠をネットにアップしているからだろう。何故かオバマ政権の二期目は、そういうことを制限や脳抑制、脳操作の被害を受けていたので、自分の意思のままではなかったけれど、それなりに記述している。 HPに被害の証拠などを出している。実際に僕のまわりに存在していた事実が、通常では考えられないものであるため、そのことを一般に分かりやすく書こうとしたのだけれど、それを妨害してくる脳操作の被害があったと考えられる。手法としては、表には出されていない技術でこちらの脳を読んで、僕の思考や文章を部分的に乗っ取ってくるもの。場合によっては苦しい電磁波でそれ以上は書けないようにされ、脳が抑制されているため、罠に気付き難い状態にされたりもしていた。 しかし、僕の出している情報は全て事実であり、それを左派系やリベラル系の学術的な観点で読めば、信じ難いような権力の裏の罠が理解できるだろうけれど、右派系の観点や陰謀論で読めば騙されるという類いのものだろう。(追記:HPの被害情報や脅しに関しては、現在においては過去のことを書いているだけです。) (上の2つのブロックの文章が、HPに関することであるのに、それをぼかすかのような手法をされたので、いま分かるように記述を修正したけれど、抑制がかかって、十分なことは書けていない。追記の部分に関しては、書こうとしたら記憶がスーっと消されているもの。HPの被害情報や脅しに関しては過去にあったことであり、理念のところを除けば、同じような災害や被害が繰り返されれは困ります。) 裏がしている謀略の証拠なので、簡単には表に出せないし信じてももらえないだろうけれど、事実は事実なので、何とか闇に葬られないようにして守りたい。 ただ、さっきも書きかけで記憶が一度消されているが、そういう妨害を受けて書いた未完成のHPが、オバマ政権の二期目のときだったことが気になる。実際に気象兵器の脅しも受けている。権力の裏と書いているが、米国の裏に一般政府とは別の組織がある可能性を感じる。僕自身はこんなとんでもない被害を受けていて、それでも権力と1人で真っ向から闘う気はないが、被害を受けているので、その事実を書き留めたい。 先に新聞の仄めかしを書いているが、今日は226事件の日であっても、これは脳操作を伴う裏による誘導であり、遺書では無い。死ぬつもりはない。そもそもが、僕は若手将校のような保守派ではない。226事件は若い保守系が保守政府を問題視した行為であり、僕は中道左派系なので、保守権力がおかしなことをしているのは問題視するが、外から批判するだけだ。その場合でも僕は日々被害を受けているので批判のための批判などはしておらず、短文ではあっても穏健で常識的な批判に留めている。 巧みな手法で裏が陥れてくるが罠に嵌るつもりはありません。とにかく苦しいので、加害行為は止めて欲しい。この被害は僕がブログを書く書かないに関係ないと思われるので、誰かが僕に対応しても無意味です。相手は僕を認識していて名前も言ってくるが、僕は相手が誰か分からない。こういう場合、僕の方が被害者の可能性が高いだろうけれど、相手の状況が分からない。僕は何もしていません。 権力による謀略利用でのテクノロジー犯罪に反対する。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html) 不都合な真実を求めて 権力によるテクノロジー犯罪と電磁波犯罪の被害 http://akejy.web.fc2.com/ http://akejy.html.xdomain.jp/index.html 人権と生命を守る社会に SOS 不都合な真実を求めて(予備) http://akejy.html.xdomain.jp/top.html 下の(予備)としている方は被害者以外向けの表のページです。 (ツイッターの方は普通に時事情報をメモ的に書いているので(政治的意見での誤解を避けるためでもあるけれど)、そこからのリンクでいきなり危ない情報に関係ない人がアクセスしないようにするためです。) ハッキング被害のある被害者の人も多いでしょうから、HPの方はブラウザのURLを確認して下さい。 170227 何も無かったわけではありません。大丈夫です。 前に、闘わないけれど負けません、と書いた。 僕は闘いません。闘わないから勝ち負けが関係ありません。と正確に記述しておきます。 170228 苦しいタイプの電磁波被害が朝にあった。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー 15:45 下呂市広報無線 サイレン 林野火災  新聞で緊急事態条項のところを読んでいるとき。 僕はHPの表紙にも明確に反対を書いているのに、新聞に『「フル」の緊急事態条項の新設』という書き方があって、なぜフルを「」で括るのかと思いつつ読み進めた。 大規模災害時の国会議員の任期延長が議論されていて、野党の一部からも賛同の声とある。それが大きな問題であることを知るべきだ。 僕は災害時の任期延長には反対したが、脳抑制もあり明確な理由と対策を言うことができないまま、いまも脳抑制があって頭が記憶にアクセスできない真っ白な状態にされるのだけれど、そのままその話題のことは忘れていた。そういうときは、そこが狙われるということだ。 サイレンはこのタイミングで鳴りだした。 朝日新聞には、憲法第54条2項に、緊急時の参院の緊急集会のことが記載されている。これ自体は僕も把握している。 新聞には『そもそも参院の緊急集会の規定は、連合国軍総司令部(GHQ)との交渉の中で「不測の災害」に対応する措置があるとして、日本側の要請で盛り込まれた。』と書かれている。その後、伊勢湾台風をきっかけに1961年に災害対策基本法が制定されている。 これは度重なる阪神淡路大震災や東日本大震災などの大災害を経て改定され続け、いまは災害対策としては、既存法で十分だといわれる状況にある。 憲法に改めて緊急事態条項を追加する必要はないということだ。 新聞には、ナチスドイツがワイマール憲法第48条の、公共の安全や秩序に重大な問題が起きた際に大統領が緊急命令を発布できるという条項が乱用されて独裁に繋がったことが記載されており、それによると戦後のドイツの憲法に緊急事態条項を導入する際には、議論が重ねられて、緊急事態の規定を細かく分けて、議会と司法によって多重のブレーキがかかるようになっている。例えば防衛出動の発令のためには連邦参議院の同意を得た上で議会の3分の2以上かつ定数の過半数の賛成が必要。憲法に連邦憲法裁判所の遂行を侵害してはならないとあり、司法により止めることが可能とある。 自民党案のように閣議決定だけで緊急事態を宣言できてしまい国会の承認は事後でもいいようなものは危険だ。国会の事後承認が得られない場合は、「法律の定めるところにより」解除することになるが、緊急事態を宣言したら「法律と同等の効力をもつ政令」を内閣がつくれるため、解除のための法律を政令で上塗りされた場合は問題だ。 ようするに自民党改憲草案は危険であり、緊急事態条項は必要ないどころか導入してはならないものであるということになる。 僕は十年以上前から、同一労働同一賃金、サービス残業の禁止、時短労働とワークシェアリング、労働分配率の引き上げ、生活保護の捕捉率の大幅な引き上げなどを言っている。リーマンショックの後からは、金融緩和にはバブル抑止措置のために緩和マネーが集まるところへの課税と所得再分配が必須条件だと言ってもいたし、それは経済の停滞とデフレの脱却にも貢献することでもある。デフレに関してだが、再分配と格差是正が十分にできない場合という条件付きではあるが朝日さんと同じじようにデフレを容認する。その方が格差が大きくならない構図が続いていたからだ。再分配や格差是正が十分であれば、適度なインフレは経済社会を改善するだろう。 16:33 下呂市広報無線 林野火災は鎮火とのこと 脳抑制が強くなって、何故に前述の記述を追加し出したのかという目的がわからなくなった。 僕が社会を発展させることを主張すると、保守政権下では撹乱されながら脅しを受けている。 (僕の個人的な記述は既に過去のことであり、政策に関しては関係ないにしても、そのたの個人的な出来事は既に終わったことであって、今後に反映はされないと考えます。利用はできない。)  ーーー さっき、 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 2017年02月28日(火) http://twitter.com/furu_akihiro/status/836568994400223233 に以下の連投を記入した。もともとが昨日のメモ書きなので、ツイートの体裁ではない状態のまま。
経験論と合理論

人間の認識は絶対的なものではないが、一神教世界ではそれとは異なる認識がなされていたために、哲学に様様な葛藤の跡がみられるようだ。

人の考えで数学などを用いて正しい答えが導き出せるという合理論は、一神教の価値観の影響があるのだろうと感じる。考えで世界が分かるという発想があるから、世界を解こうとする試みも生まれたのかもしれないので、一概にその優劣などはつけられないけれど、局所において数学的なモデルで世界を再現できたとしても、実際の世界を構成する要素は複雑で多様なため、数学的に正しい局所モデルを組み合わせるだけでは、徐々に実際と乖離すると考えられる。

もし仮に、人の脳モデルと遺伝的多様性および環境の違いを数学で表現できて、それを70億人分、生態系などと共に再現が可能な、超コンピューターを使ったとしても、例えば学校のクラスで同じ条件で双六ゲームをした場合、毎回結果が異なることになるのと同じように、完全な世界の再現が可能であっても、現状からはパラレルワールドのように分離していくだろう。

だから経験論が正しいというつもりはない。合理論を前提としても、千差万別の世界の変化は観察でしか正しくは捉えられないということであって、それは同時に経験論的な認識の仕方でもあるものの、実際のところは世界の法則を人の理性が捉えられないというわけではないということになる。

何処までが人類の時間軸において、また、所属する世界において、普遍的なものかは理性的に導き出せるものの、その中における変化は常に予想が可能ではないので、経験的に認識することも必要だという、補完的な経験論の用い方が望ましい。

経験論が英米、合理論が欧州といわれるが、日本は長らくハイブリッドモデルを採用してきたので、今後もバランスをとることが我が国のアイデンティティとなるのではないだろうか。

あくまで素人の個人的見解です。
http://twitter.com/furu_akihiro/status/836572300078014464
昨日のメモに追記すると、政府が国連の国際組織犯罪防止条約に共謀罪が必要だと言っているらしいけれど、国連でも英米以外は共謀罪を不要としているとのことなので、日本のスタンスは中間的から経験論の側の英米に近づいていることになるのではないかと感じる。

補足
直前の意見は識者の書いたコラムなどを前に読んだことを参考にして書いている。
僕の知識も大したことはないので、経験論の英米法と合理論の欧州側の大陸法で、法体系と司法の関係は単純にしか知らない。日本は中間で議会は英国、法はドイツがモデルのはず。

追記
外交安全保障は米国の影響下。
民主主義の統治における市民の立場の政治への反映はフランスに学びたい。
福祉と経済の両立はできれば北欧をモデルにしたいけれど、簡単ではないらしい。
こういう組み合わせが日本の飛鳥時代以降の伝統だと思う。
記入した自分のツイートをチェックしたら、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がわざとらしい舌足らずな声で、大して知識もないのに(分かったようなことを言う奴)をこいつにできる、と相変わらず嫌らしいことを言ってくる。これは頻繁に言われる種類の内容なので、聞き取れないところを括弧書きしているけれど、おそらくそこは間違ってはいないだろう。そもそもが、上の構図と同じで、僕の謙遜を僕への批判に利用する相手が昔からいるだけだ。しかし、それは僕ではあり得ない。人工知能が利用されている可能性はある。誰かを批判する意図はありません。当然自分で自分を批判して書いたりするわけもない。 僕は謙遜で、知識も大したことはない、と書いているけれど、実際に識者の人たちと比較すればそれが事実だから謙遜するわけで、僕の脳を監視させられている人工知能かその向こうの誰かは普通の人だろうから、その人との比較で大して知識もないという状況になる確率は高くはないと思う。実際はわからないが、〜にできる、という表現だったので、事実ではないことをこじつけて罠を仕掛けるような意図が何処かにあるらしいから、それには賛成できないし、僕の推測も正しいのだろうと思う。 僕も誰も被害を受けない。
目次へ




 2017/03/01/ 170301〜 における被害状況 (ロールズとリベラリズムと正義が関係していそう)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 170301〜 における被害状況 (ロールズとリベラリズムと正義が関係していそう)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 政治経済
CATEGORY: 政治経済

DATE: 03/01/2017 19:50:30
-----
BODY:
僕のおかれた状況は、プロフィールのはじめにを読んでください。

電磁波兵器を扱えるのは日本では自衛隊だろうけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊など公務員による拷問は憲法で禁止されている。海外の諜報機関や軍隊なら、日本は独立国であり内政干渉は止めるべきだ。何人であれ人権は尊重しなければいけない。
日本国憲法第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
日本国憲法第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
日本国憲法第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
日本国憲法第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
日本国憲法第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

メディア集ストの証拠 http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html(注意)
特殊な被害状況の説明http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-36.html(注意)


170301

夢を見た。亡き祖母が生きていてヘルパーさんとして同級生が来ていたことを食事に帰っていた妹から聞いた。場面が一転して、妹が何故かバスの運転手で、その同級生が乗っていたみたいだったけれど、バックするときに何かがあって困っていた。あいつと話しとったせいだ、という声は、夢に出てきた人とは直接は関係ないかもしれない。とつぜん、(夢に出てきた同級生と同じ苗字のテレビの解説者)さんがああなったのはアンタのせい、と声が言ってきた。でも、過去にずっと見ていた番組を見なくなった後に、司会者などがガンになったり亡くなったりしたので、なるべくテレビは見ておこうと思っていたが、僕にくっついている人で僕と近い属性(穏健保守ハト派〜リベラル派〜中道左派)の人を、僕にくっついている逆の属性の人(例えば右翼や左翼?)が攻撃してくるようになったので、テレビは見れなくなってきているようなところがある。そもそも、僕がテレビを見る見ないが関係すること自体がおかしく、そんなことはありえないので、現実的には僕は関係ない。

もし、その現象を信じるなら、その場合でも僕は何も悪いことも攻撃的なこともしておらず、本当に問題があるのは権力の側であり、僕(古谷彰浩)の政治的主張はまともなため、同時にまともなことを主張する識者が苦しむのも、僕が苦しむのも、僕のせいのわけがなく、権力が撹乱しながら弾圧や言論封殺をゲームのようにしているわけであるため、誰かが「僕」のせいにいしなければ「オレ」のせいになると言っているけれど、少なくとも過去の言論の内容や文脈においては僕のせいではないし、常に僕のせいに見せようとする「オレ」という何かが存在しているようで、その「オレ」と言っている相手が風向きが悪くなると僕のフリをしているのは、普段からそういうストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるので、何かの戦略か裏のゲームがあることは分かるけれど、僕は何も悪いことはしていないし、それは僕が正直に不利になりそうなことまで情報を出していて、おそらく僕が正直に書いていることは理解されるし、僕の主張や態度に問題があるわけがなく、そういう観点からも僕を問題視する側に問題があることは明白であり、その上で、この問題を解決できるなら普通は証拠を残さない加害側が、僕には証拠を残しているので、将来の問題の告発には使えるかもしれないけれど、もし「オレ」と言っている者が問題解決が目的なら、僕を攻撃するのは政治文脈でも被害者の文脈でも実際は見当違いであり、止めるべきだろうが、僕は別に「オレ」という人のせいにするつもりはないのだが、と書いたら電磁波被害が悪化して苦しいけれど、だけれど、この問題で本当に悪いのは、被害者を不透明な状況で対立させて、悪くもない僕などのせいにしようとさせたり、他の誰かのせいにしようとしたり、そういうことを、不透明なので実際のところは分からないが、それ故に普通なら融和する傾向のある人たちで攻撃になるようなあり得ない状況を策略で作り出す権力側の謀略が背景にあると思われるし、それは不透明なことがその証拠でもあり、この状況は、例えば無知のベールという米民主党側の平等のための論理を悪用してのことだろうけれど、無知のベールというのは互いに自分の社会的な立場が分からないが故に、そういう状況では皆が公平な仕組みを要求するという理屈であり、立場が分からない以外が分からない訳ではないだろうし、むやみにそういうときに対立的な状況ができるわけもなく、被害者は通常の状態ではない心理的状況をおそらく脳操作でつくられているので、権力が米民主党の古いかもしれないが、かつての良き価値観を否定するために、謀略としてやってきたものである可能性が極めて高いのだが、それはブッシュ大統領が悪の枢軸として、反米の数カ国を攻撃したケースでも、ロールズが



(続きは飛んで下の方にあります。上は過去にある米国の大学で小論文の採点をする際に人工知能を用いて、論者の文章の能力を計るときに一文の長さを利用するとあったので、試しに一文を長くしてみた結果だ。上の段階で1160文字ある。途中ですぐ下のような妨害があったので、内容は下方に飛んでいるけれど、そちらでは変なことはしていない。)



ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、全部かかわっとるの古谷や、と言ってきたけれど、その考えが事実なら貴方は僕をずっと監視して誤解し続けていたのだろうか? そもそも僕はブッシュ政権には一切関わってはいないし、僕が関わっていたらイラク戦争はない。政治経済国際社会問題という時事報道を追っていただけ。当時の僕はロールズのことを知らなかったので、ロールズの戦争のルールも当然知らなかった。

知った後も、ロールズが「正しい戦争のルール」として6つの命題を掲げたことは、僕が日本人でありからかもしれないが、戦争に正しい間違いなどなく、戦争行為全てが間違いであると主張して欲しかったと考えるため、その目的が永続的な平和のためとはいえ、民主主義のために非民主的な社会との戦争を正当化していることは、ある意味では残念だ。しかし、この「正しい戦争のルール」というものは、ヒロシマから50年のシンポジウムで披露されたものであり、広島・長崎への原爆の投下が正しかったのかという文脈において、一般市民を無差別に殺戮した原爆の投下を否定することに繋がる提言であり、投下した側の国の識者としては踏み込んだ内容だったのかもしれない。そういう文脈は尊重すべきだが、それにしても、民主主義は重要であっても戦争よりも優先されるとは僕は考えない。

米国のリベラリズムの理想を先導した識者であるロールズも、環境の影響からは免れることができず、もし無知のベールを戦争に適用した場合は、自分の立ち位置がどこか分からないため、戦争が起きれば自分が犠牲になる可能性もあるので、戦争は全て間違いとなり、どんな理由であれ戦争はすべきではないとするべきところなのに、戦争のルールを作ってしまっている。

世界には実際に戦争があるので、ロールズは非戦闘員と兵士の命を護るために、戦争責任を相手国の指導者と要職者に限定しているが、自国の指導者と要職者の戦争責任は述べていない。この場合、自国とはロールズによると、まともな民主社会であり、相手は民主的ではない国家ということになる。その理由が民主的な民衆は相互に戦争を起こさないという事実があることから帰結するとある。

これに対してナチスが民主主義により生まれたという反論がなされそうだが、ロールズが前提としているのはまともな民主社会であり、当時のドイツの民主主義が、裏で経済的利益や政治的圧力のために歪められるメディアによってまともではない状態にされていないという保証はないし、民主社会からポピュリズム独裁が生まれる場合は、識者は十分に懸念を有していることが大いにも関わらず、メディアはそれを正確に国民に伝えないという問題があるのではないか?

社会は思慮深い人からそうでない人まで様様な人々で構成されるが、どちらかを排除することなく多様性を容認することは平和に共生する社会を前提にすることで安定は担保されている。

しかし、ポピュリズムが台頭するようなときは、社会に不満が鬱積している状況において、右派による煽動的なメディアの動きがあるか、そうでなければ、左派の批判的な識者の声が聞こえなくなるような状況が前提でなければ、ポピュリズムという政治的な動きに勢いがつくようなことはないだろう。現在においてはメディアだけでなく、インターネットなどの媒体が扇動的なメディアの代わりをしているかもしれない。

一般に人は小難しい説教よりも楽しいエンターテイメントを好む傾向があるが、政治においても同じことがいえるとは思えない。一般の人たちはそれなりに快楽を好むものの、政治という常に理性的な態度が求められるジャンルに関してまで、極一部を除けば嗜好性を求めはしないし、子どもであっても政治は理性的で大人な態度を好むのが通常であり、僕を含む普通の人だってそれくらいの判断力は有している。故に一部のネットで扇動的な動きがあっても、普通の人たちはそれにのせられたりはしないと信じるが、昨今の世界の政治の状況はそうではないようだ。

メディアの裏にはマネーがあるが、それでもリベラルなメディアはポピュリズムに警鐘を鳴らしていたし、大統領選挙でも投票数ではヒラリーがわずかに上回っていた。選挙制度により勝利を収めたのはトランプだったのだが、米国の選挙人の配分が右派に有利にされている(日本でも右派の自民党に有利になっている)ということは過去にも報道されていたが、今回の大統領選はそれが結果として表れている。そしていまの結果であるから、裏がメディア、ネットなどを通じて何かをしているのは明白だ。

僕はテクノロジー犯罪の被害を受けているが、それらも関係している可能性はあるものの、こればかりは推測の域をでないし、一般には知られておらず、主張することにリスクがあるため、十分な検証もできず味方もいない状況では強くは主張できない。

こんな情勢において、政治が破綻的な道を選ばないようにするには、我々はどうしたらいいのだろうか? 世界が右傾化している理由は、中国という左翼思想の独裁国家が台頭していることが挙げられるだろう。その中国だが、左翼の平等思想を基本としつつも、実際の経済社会は発展を優先したがために格差が著しく拡大している。




この文章は、途中で記憶が消されているけれど、僕への罠を回避するために書いている。

ロールズは米民主党側の論客だが、共和党がイラク戦争をするにあたって、ロールズの論理を用いて、悪の枢軸を正当化したようなところがあるのではないかと疑っている。

以下、ウィキペディアのジョン・ロールズから引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・ロールズ
「万民の法」について論じている。 まず民衆(people)を次の5つに分類する。
1道理をわきまえたリベラルな諸国の民衆(reasonable liberal peoples)
2良識ある諸国の民衆(decent peoples)
3無法国家(outlaw state)
4不利な条件の重荷に苦しむ社会
5仁愛的絶対主義(benevolent absolutism)の社会
このうち1と2は「秩序だった諸国の民衆」とされ,「万民法」はこの2つの国の民衆に妥当するとされる。
ブッシュ大統領が悪の枢軸を限定していた際に「正義」という言葉を用いていたが、米国における正義がロールズの主張なのかはわからないけれど、911テロの翌年に他界しているロールズが著した「正義論」の影響は大きく、正義という用語を用いて米国が戦争をする際に、ロールズが過去に戦争についてどう考えていたかは関心が向くところである。 以下、ウィキペディアのジョン・ロールズから引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・ロールズ
原爆投下について

ロールズは、1995年雑誌Dissentに掲載した論文「Reflections on Hiroshima: 50 Years a fter Hiroshima(原爆投下はなぜ不正なのか?: ヒロシマから50年)[1]」において、戦争における法(武力紛争法)に関する六つの原理を提示する。

1 民主社会が当事者となる正しい戦争の目標は、諸民衆の間(とりわけ敵との間 ) に成立すべき正しくかつ永続的な平和である
2 民主社会の戦争相手国は、民主的ではない国家である。このことは、民主的な民衆は相互に戦争を起こさないという事実から帰結する。
3 戦争を遂行する上で、民主社会は三つの集団 (1)相手国の指導者と要職者、(2) 兵士たち (3) 非戦闘員である住民 、を注意深く区別しなければならない。
4 民主社会は、相手国の非戦闘員、兵士の人権を尊重しなければならない。二つの理由がある。1)万民法に基づいて、民間人・兵士ともに人権を有しているから。2)戦時においても人権が効力を有するという実例を自ら率先することで敵国に人権を教えるべきだから。
5 軍事行動と(交戦国や国際社会に対する)声明において正義を自負できる民衆は、自分たちが目標とする平和がどのようなものであるか、自分たちが求める国際関係はどのようなものなのかについて、戦争中においてあらかじめ示すべきである。
6 戦争目的を達成するための軍事行動や政策が適切かどうかを判定するための思考様式は、つねに上述の五原理の枠内で構成され、これらの原理によって厳格に限定される。

ロールズはこのような原理を提示したうえで、原爆投下をその不要性から、「すさまじい道徳的悪行」という。トルーマンの「日本人を野獣として扱う以外にない」という発言において、ナチスや東條に率いられた日本軍部のみならず、一般市民までを含めていたことに対して、批判した。

またロールズは避けるべき二種類のニヒリズム的論法があるという。

1 地獄のような戦争を一刻でも早く終わらせるためならどんな手段でも選んでもよいとする論法。
2(戦争に突入した以上)私たちは皆有罪という同等の立場にあるのだから誰も他人(他国民)を非難できないとする主張。

ロールズは「正義を重んずるまともな文明社会(その制度・法律、市民生活、背景となる文化や習俗)はすべて、どんな状況においても道徳的・政治的に有意味な区別を行っており、その区別に絶対的に依存している、という事実」からして、このような論法が無内容であることが導かれるとした。
ロールズの論理だと、 ・「万民法」の1および2が民衆に妥当する ・「戦争における法(武力紛争法)に関する六つの原理」(正しい戦争のルール)の2に、民主社会の戦争相手国は、民主的ではない国家である、とあり、また3および4から相手国の指導者と要職者以外の人権は尊重される よって、それらを総合すると戦争責任は民主的ではない国の指導者および要職者にあるということになる。 念の為書くと、僕は民主主義者であり指導者という立場にはない。 平等のためにロールズの無知のベールを主張したからといって、ロールズの論理で僕を自業自得として弾圧することはできない。 以下は無知のベールから導き出された有名なロールズの「正義の二原理」 (ロールズ―正義の原理―川本隆史(講談社)の290〜291頁より)
【第一原理】各人は、平等な基本的諸権利・諸自由を保障する<じゅうぶんに適正な制度枠組み>を要求できる、正当な資格を等しく有している。ただし、じゅうぶんに適正な枠組みというのは、〔無制約なものでなく〕全員が同等の保障を受けている状態と両立できる限りにおいてのものである。そしてこうした枠組みを通じて、平等な政治的諸自由の(そしてそれのみの〔単なる均等ではない〕)公正な価値が確保されねばならない

【第二原理】社会的・経済的不平等は、以下の二条件を満たすべきである――①公正な機会均等という条件下で、全員に開放された職務や地位に結びついた不平等に限られること、②社会でもっとも不遇な成員の最大の便益に資するような不平等であること
下のウィキペディアにある正義の二原理の訳は同著の本文にあたる132〜133頁のもので、こちらは分かりやすい。290頁の訳は、資料として内容を厳密化した結果かもしれないけれど、第一原理は上の日本語訳より下の英語の方が分かりやすいくらいで、翻訳ものに多い問題だと常々感じていて、そういう日本の翻訳文化に浸かっておられる感覚が反映されているかもしれない。 以下、ウィキペディアのジョン・ロールズから引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・ロールズ
第一原理
各人は基本的自由に対する平等の権利をもつべきである。その基本的自由は、他の人々の同様な自由と両立しうる限りにおいて、最大限広範囲にわたる自由でなければならない。

Each person has an equal claim to a fully adequate scheme of basic rights and liberties, which scheme is compatible with the same scheme for all; and in this scheme the equal political liberties, and only those liberties, are to be guaranteed their fair value.

第二原理
社会的・経済的不平等は次の二条件を満たすものでなければならない。

それらの不平等がもっとも不遇な立場にある人の利益を最大にすること。(格差原理)
公正な機会の均等という条件のもとで、すべての人に開かれている職務や地位に付随するものでしかないこと。(機会均等原理)
Social and economic inequalities are to satisfy two conditions: first, they are to be attached to positions and offices open to all under conditions of fair equality of opportunity; and second, they are to be to the greatest benefit of the least advantaged members of society.
ロールズの正義論における上の二原理は自由と平等を両立させるために、無知のベールという理想状態を想定して編み出された論理であるが、総合的に捉えた場合に、理想と現実を繋げ、自由と平等を両立させるという、高度にバランスのとれた理想的な結論になるため、こればかりは最大限尊重すべきと考える。 僕自身は社会の不条理がない平等な状態を希望するので、ロールズでもマルクスでも仏教哲学でも何でもいいのだけれど、ロールズが穏当なのでそれで平等の正しさを主張するのは悪くはないと思っている。 僕へのテクノロジー犯罪における脳操作、脳同期の実験は、実際は恣意的に脳操作されて無知のベールを否定する方向に誘導されるものであり、無知のベールにおけるそれぞれの立場がベールに包まれて見えない状況であっても相互の自由意志による意思疎通までは否定しておらず、それは第一原理からも分かることではあるだろうけれど、僕になされている実験は無知のベールとは根本的に異なるものである。これによって無知のベールとロールズによる「正義の二原理」は否定されないと考える。 911テロからイラク戦争に際してのブッシュ政権が、ロールズの意見を尊重したかはわからないけれど、「万民法」の1および2、「正しい戦争のルール」の2、に関しては悪の枢軸を正当化するために使われた可能性はあるかもしれない。しかし、ブッシュ大統領によるイラク戦争における「正義」を批判したとしても、ロールズの正義論における正義の二原理は別の論理であるため、それを批判したことにはならない。また、戦争に関する意見に関しては、僕は上述したようにロールズとは異なるより平和的な考えをもっているため、それらの理屈で僕を自業自得の罠に嵌めることは不可能だ。 同時に、この脳を同期させたり脳操作による感情操作を伴った音声送信でなされる実験は無知のベールの否定としては明らかに無効であり、僕を含めて関わった人の全ての人権と命が保障されるべきである。 改めて記述するが、僕は隔離された一個人であり、指導者でも要職の者でもなく、非民主的な人間でもないため、戦争の対象とはなり得ない。ただし、被害者として人権を主張する権利はあると同時に、ロールズは人権を最大限尊重する論理を著した識者であり、この文脈でも人権は保障されるはずだ。 人権は「諸民衆の法」でも尊重すべきことが書かれているが、 自由で民主的な民衆(ピープル)の間で妥当する正義原理 (諸民衆の法) (ロールズ―正義の原理―川本隆史(講談社)の242〜243頁より引用)
①もろもろの民衆は自由かつ独立であり、彼らの自由と独立は他の民衆の尊重を受けるべきである。
②諸民衆は平等であって、自分たちの合意を取り決める当事者である。
③諸民衆は自衛の権利を保有するけれども、戦争への権利はいっさいもっていない。
④諸民衆は[他の民衆の社会に]介入しない義務を遵守すべきである。
⑤諸民衆は条約および約定を遵守すべきである。
⑥諸民衆は(自衛のためにやむなく始めたものであろうと)戦争遂行に課された一定の諸制約を遵守すべきである。
⑦諸民衆は人権をおおいに尊びその要求に応じるべきである。

したがって上記(本には右記と記載)の<諸民衆の法>において、《人権》は次の三つの役目を負うことになる。

①ある政治体制の正統性とその法秩序のまともさの必要条件であること
②他の民衆から加えられる正当かつ強制的な介入(経済的制裁や軍事的介入)を排除するための十分な条件であること。
③諸民衆の多元的共存状態[を放置するのではなく、それ]に一定の制限を賦課すること。
その結果としての論理で「他の民衆から加えられる正当かつ強制的な介入(経済的制裁や軍事的介入)を排除するための十分な条件であること。」「諸民衆の多元的共存状態[を放置するのではなく、それ]に一定の制限を賦課すること。」という制約がある。 ここで僕に電磁波の被害があったのだけれど、僕はどの民衆にも介入などはしていない。むしろ信じてはもらえないかもしれないが、メディア集ストがあり、同時にその多くは特に海外の放送に関しては録画放送、収録放送によるものであって、それで僕の意見が反映されているように見えたとしても、既に収録済みの映像であったので、おそらく僕を利用しようとする意図が別に存在したことは確かなため、僕自身は介入はしていない。また平和を護るべきというものを含む僕の考えは、介入などではなく一個人の意見に過ぎず、それは民主主義という観点からも言論の自由という観点からも保障されている権利である。 もし、僕の普段の日常やテレビを見る行為がある人にとって侵害であったり介入だというなら、他の人たちがテレビを見るのも同様のことであり、テレビを見てはいけないということを相手が電磁波兵器を用いて強制するなら、そちらの方が実質的には権利の侵害であり介入に値するはずだ。背景にある状況は分からないが、過去のメディア集ストにおいては、僕はメディアと友好的な関係を築いていて、2013〜15年に誰かが僕の代わりをしていた可能性が高く、その間は過去と異なり僕の意思がほとんど通じなかったので、そのときの誰かのした対応への抗議をいまになって僕にされても迷惑だし卑怯な手口だと感じる。(相手はそれを僕の母のせいにしようとしているが、僕は母と同じ番組を見ていない。) また、その時期に、誰かが過去の僕と類似した状態にあるために、テレビの側が何らかの反応をしていると理解できる経験をしている。2013〜15年は昼のTBS系列の番組では一部で意思の疎通があった可能性はある。それ以外の僕にとっては馴染みの討論番組などで、過去のような状態とは異なり、おかしな与党政治の動きや政治家の発言に僕の意思が全く影響しないようなことが長く続いており、政治が暴走する期間は僕の意思はシールズなどで反映されただけだったと思われる。そういった平和主義的な意見への攻撃なら権力側によるものであろう。 僕への攻撃が与党政治の暴走への抗議であれば、僕は関係ないので攻撃相手が誤解していることになる。シールズなどと同様の僕の意見への攻撃であれば、憲法に反していたのは政府の方である。勇気ある一般市民に責任はない。そちらの側の意見であっても、攻撃されること自体があり得ないものであり、もしこの文脈で何らかの攻撃があるなら、即停止すべきだ。 上の文を記入したときに、電磁波被害が悪化している。加害者は保守権力の側であることは確かに感じる。テクノロジー犯罪が権力による弾圧の可能性が高いことは、僕以外の被害者の被害内容を考えても、それらは撹乱による撹乱で分かり難いが、確かなことに思う。 弱者を犠牲にする国は、民主主義のあり方に問題があるため、やがて衰亡するに違いない。 民主政治や社会の機能は本来は社会的人弱い立場の者を護るために成立しているので、今の僕にある被害の状況は民主主義の否定に繋がる。 僕自身は何も悪いことはしていない。ただ最低限の生活を、必要もない制限のあるなかでしているだけだ。むしろ、僕はあるはずの自分のこころと人格およびアイデンティティを維持する権利への侵害をテクノロジー犯罪という形態で受けており、生活は破壊されていて、それらには抗議したい。 テクノロジー犯罪に反対する。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー 下は被害が軽減した後に論理化しようと思って書いたメモ。 無知のベール → 無垢のベール → 意欲ある無欲のフラットな地平 立場が見えないが故の平等 → 無垢で無欲故の平等 → 無欲だけれど意欲はある状態でのフラットな状況においての平等に地平の彼方まで見渡せる透明性が独裁的な権力の成立を防止するという、ベールではない状況における、全てが見渡せるが故に、背の高さや個性は否定されないけれど、誰もが平等に扱われるという状況を仮定した。 これは無知のベールを否定するものではなく、無知のベールへの批判や悪用を回避できないかと思って、HPに記述している無垢のベールをさらに改良してに考案したものである。 HPの方は、ツイッターの連投をアップ下だけだったので、多少は修正したが、しっかりとした文章に仕上げたいとは思っているものの、被害が酷くて、内容を洗練化するための読書もできず、放置しているような状況。 170302 テクノロジー犯罪の被害を受けている。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html) ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 その音声送信とハッキングの相手が同じかはわからないが、この家にだけ電磁波あてとけばよかったんや、と昼12:40に言っていた。被害により生活が乱れて寝ている僕に電磁波をあてるのは卑怯だし、寝ているのだから電磁波をあてる必要もないだろう。 それを僕が記録しようとしたら、ダメやこいつ古谷や、と言ったけれど、この家と言いつつ僕が被害記録を書き出して古谷であると認識したということは、この家が古谷と知らずに電磁波をあてたということになるのか? どういう状況なのだろう? 記述したら、電磁波の被害が悪化した。 そもそも朝からずっと電磁波被害でビリビリと苦しんでいて、ずっと横になっている。睡眠がズレていることもあるが、電磁波の被害で起きても動けなかった。 このPCはハッキング被害があるため、前の文に苦しみと入力するときに、「くるい」となって、変換候補に「狂い初める」と過去に入力したことのない文を表示した。電磁波被害は別に精神疾患ではなく、権力の裏が電磁波兵器を用いて弾圧をしているために被害が生じている。 そういえば、時間はわからないが午前中に、こちらがビリビリと電磁波被害で苦しんで横になっているときに、電磁波のことだろうか音声送信が、こいつが皆のせいにしとる、と言ってきた。僕のせいにする音声送信があったのだけれど、僕が被害を受けて苦しんでいたが何もしていないし誰かのせいにもしていないので、僕は何も悪いことはしてない、と言ったら相手が、そうそう何も悪いことしてないって言っとる奴が他のせいにしとる、と言ってきた。 相手が誰か知らないけれど、僕が寝ていて抵抗できないときに、メチャクチャな暴論で僕を責めているのだろうか? 実際はわからないけれど、直前に書いた音声送信とのやりとりは事実だけれど、こちらが反論できない状況だと、論理も合理性も矛盾も無視して、何でも僕が悪いように見える言い方をしてこればいいと相手が考えているのだろうか? 少なくとも僕は被害を誰かのせいにはしていない。このブログや前のツイッターを読んでいるひとなら、加害者が誰かではなく、権力の裏が電磁波兵器を用いてテクノロジー犯罪・電磁波犯罪をしていることを書いていることは知っているはず。電磁波兵器は一般人が扱えるわけがなく、権力側が何かしているのは確かだと思うものの、どの権力もしくは権力のどの機関かまでは判別できない。どちらにしろ誰かのせいにはしていない。 音声送信が、この家に電磁波をあてとけばよかったんや、と言っていたが、相手は電磁波を意図してあてることができる者もしくは組織ということになる。被害経験からどうも相手も被害者のようだが、電磁波をあてることが意図してできる者なのか、それともそれを言ってきたのは別の者なのかがわからないけれど、記録しようとしたら音声送信が、ダメやこいつ古谷や、と言ってきたことは何を意味するのか? 僕は特に何も悪いこともしていないのに人生まで潰された被害者で、加害行為は一切していないけれど、僕を加害者扱いする者がおり、相手にとっては何もしていない僕が加害者に見えるらしい。かなり生活を制限され、また制限して何とか被害下で生きている人間を加害者扱いする相手は、実際はどういう状況にいるのだろうか? 僕の直感では、電磁波セクハラ状態の人が自分が電磁波レイプ犯にされたくないがために、僕が皆のせいにしているかのように言っていたように見えたけれど、そのときの「こいつが」が意味するのが僕のことかは分からないし、僕はセクハラ系ではない電磁波の被害でただ苦しんで横になっていて、そっちの加害者に見せられたのでは堪ったものではない。これは過去の経緯からのこちら側の推測なので、実際のところは分からない。 テクノロジー犯罪もしくは電磁波犯罪の被害は妄想や精神疾患ではなく、実在する権力の側による隠された弾圧行為もしくは人体実験です。 弾圧および人体実験などの人権侵害には反対します。  ーーー ブレインマシンインターフェースというものがある。頭の数カ所に電極を付けて脳波だけでコンピューターやロボットアームを操作するものだが、脳波は脳の電位差なので、軍事レーダーのようなもので遠隔地から測定は可能だろう。動物の頭に電極をつけてリモコンで操作する実験すら実在する。その実験映像はまるでラジコンだった。 1969 心の物理的コントロール http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech17.html 2002 ネズミの脳に電極を埋め込みリモコン操作する研究 http://wired.jp/2002/05/08/ネズミの脳に電極を埋め込みリモコン操作する研/ 2015 脳で直接操作、進化するブレイン・コンピュータ・インターフェース http://sign.jp/da136537 そういった技術を用いて人体実験および社会実験を権力の裏がしているとしたら問題だ。正確な手法まではわからないが、僕はその類の被害をずっと受けていて、人生を潰されている。 そういうものがあるのだけれど、人工知能なども使われているかもしれない。 AIが小説を書く、その仕組みと未来 2016/12/21 17:30 http://forbesjapan.com/articles/detail/14581 その最近の内容が以下。 僕の加害者は人工知能なのか、ネットをすることもできない誰かなのか知らないけれど、僕が他の被害者さんの状況を確認しなければ、そういう被害状況にある人が僕だけだと認識するような相手だ。 以前からそうで、他の被害者さんの情報をネットで見なければ、僕の加害者はその人が死んだと思っているようだが、僕は彼らが元気であることを予想していて、実際に元気なのだけれど、僕がチェックしないだけで、音声送信の相手が他の被害者を死んだと思うこと自体が異常だし、そんなことはないと繰返し相手に分からせているのに、それが分からないらしいので、恣意的な嫌がらせとして、僕にそういうことを言って来るのだろうか? (補足:過去にずっと見ていたテレビ番組を見なくなった後に、司会者の人などが何人もガンになったり亡くなったりしたことがあったので、テレビを見るようにしていたが、権力の裏の加害機関が僕を悪者に見せるために、僕のせいで誰かが苦しむような電磁波兵器の使用の仕方をしてきたので、僕はどう対応したらいいのか分からなくて困っている。テレビを見た後に電磁波兵器で苦しまされたりもしたので、どうしてもテレビは見れなくなっていくのだが、何十年と見続けた長寿番組は、見なくても大丈夫なのかが不安だ。そういうこちらの説明を前述のように悪用するのは、やっぱり人工知能ではないのか?) (追記:よく考えたら、今年度(2016年度)は芸能人の引退が多い気がする。東京と飛騨地方をモデルとした君の名は。という映画がヒットしていたが、隕石が落ちることを知っている現在から数年前に時空を超える不思議な現象で、映画はなんとか住民に避難をさせて難を逃れているので、引退する必要まではないように感じるが、隕石≒引責とも読めるため、また、日本人のノーベル賞が自食作用だったことも、自食≒辞職と読めて、引退が多く出ていることの予知的仄めかしにも思える。ちなみに君の名は。の舞台の飛騨市を通っている国道41号はノーベル賞受賞者と縁が深いためノーベル街道と呼ばれている。南下すると日本のシンドラーと言われた杉原千畝の生家を通過するとのこと。飛騨市に関しても、ノーベル賞を受賞した施設でもあるカミオカンデが存在するが、神おかんで、と読めてしまう。母が神なわけがないし、誰の母かも分からないが、そこまでが関係するかは分からない。僕の母の複数の兄弟が右派で僕が左派なので、2016年度の安倍政権が右翼でタカ派であるが故の共謀罪や通信傍受(盗聴)法を扱ったことを除けば、内政では左派の政策である同一労働同一賃金や長時間労働の是正などやさしい制度を導入したことにも関係ありそうに見える。ただ僕も母も親戚も実質的には政治には関係ない。)(脳を遠隔読解する技術で思考を読まれて、説明不十分な文もしくは誰かが誤読させられる文にに脳操作されたので、一部訂正しました。) 僕の加害者をしているのは誰なのかは気になるが、思索を巡らせると、それに合わせてそれを利用し相手が変なストーリーをつくってくるので、おそらくそういうことを即座にできるのは人工知能なのだろうけれど、誰かの恣意的な妄想なのかもしれない。困り果てている。 ちなみに、僕のHPに書いていることは、妄想でも空想でもなく事実です。  ーーー 上に遠隔操作の実例のリンクを入れているので、多少は理解されるかもしれないけれど、技術的には脳操作が可能になって半世紀は過ぎているので、かなり高度なことも被害としてされることを、どれだけ理解してもらえるかは分からない。 さっき、僕自身が脳操作されて、親戚の人の喋り方と声の出し方になった。信じ難いけれど僕の意図はなく実際の被害です。 そのひとが非常に保守的なことを言うようになっているので、それ自体も脳操作の可能性があるだろうと思うものの、中道左派リベラルの自由のある平等志向の僕からその人の感じの声が出ていたら、さっきの僕の加害者が僕が人のせいにしていると誤解しているのか、僕に罠を仕掛けているのかしらないけれど、そういう僕にとっては罠としか感じられない状況がつくられている。 政治の右傾化は僕の親戚のせいではないし、リベラル勢力が弱体化しているのも僕のせいではないでしょう。 権力が一般人のせいにしても、そんなことはありえないので、やはり権力自身の問題だと思う。 普通のひとには妄想にしか思えないだろうから、やっぱり裏が実験をしているのだろう。  ーーー 新聞を見ていて、週刊新潮の広告に目がいったら電磁波被害を受けた。普段はなんともないので、どういうことかと思ったが、ちょっと考えて、昨日、PCのメモ帳に書いたことが関係していると感じた。
メディア集ストの証拠
http://akejy.html.xdomain.jp/evidence_of_media_stalker.html
新聞広告で僕の名前の仄めかし
http://akejy.html.xdomain.jp/evidence_of_media_stalker.html#新聞広告で僕の名前の仄めかし
150307_adv_allusion_to_my_name.jpg
上の頁の写真の「僕は保守系ではない」と書いているのは、新潮社に対してであって、浅田彰さんや東浩紀さんに対してではない。彼らは右翼・左翼であるとか保守というよりはリベラルの方に近いだろう。
過去の週刊新潮の広告に浅田彰さんと東浩紀さんの名前が横書きで上下に並んでいて、縦に彰浩と読めた。それで、僕は保守系ではない、と書いているのだけれど、それは新潮さんが保守メディアなので、そう書いただけで、お二人のことではないのに、誤読されるかもしれない状況になっていることに、ずっとそちらに意識がいかないために気付かない脳操作がなされていた。僕には脳操作を伴う罠が多くて困っている。 東浩紀さんや浅田彰さんは、おそらく中道よりの左派だろうしリベラル派やリベラル左派かもしれないけれど左翼ではなさそう。 浅田彰さんの構造と力や当総論スキゾキッズの冒険は僕の幼いころのものなので読んでいないけれど、マルクスも扱っている人。 東さんなんかは一般意志を扱っているのでリベラルなのだろうけれど論理を取り去れば保守的な人だと、過去のテレビの討論での発言で感じたが、論理を取り去ればである。 東浩紀さんのゲンロンでの改憲案をみた。 新日本国憲法ゲンロン草案全文 - BLOGOS × ゲンロン presents 憲法2.0 wiki 元首を政治と象徴で分けていた。 平和主義に関しては9条の条文が簡素化されていて、自衛隊を合憲化しているが、自衛隊の行動の縛りが弱く、いまの9条ですらあそこまで解釈するのだから、平和主義を維持するためには、かなり強い縛りが必要であり、その観点では賛成できない。 監察院と人事院による行政のチェックや、国会を住民院と国民院にするような政治制度に関しては工夫が見られて評価でき、思想や言論の自由にも注意が払われている。ただし情報公開の記述も見当たらなかったように思った。監察院と国会だけの行政チェックだけでなく、一般市民やジャーナリズムによるチェックができた方がいいだろう。 それから改憲が簡単にはできない条文はあったが、問題は憲法裁判所が記述されていないこと。最高裁のチェックだけだと、内閣府の法制局を維持するだけになり、三権分立による行政のチェックが弱いままだ。 人権に関するところでの改善もなくて、そこはがっかりした。例えば拷問は公務員以外も禁止すべきだ。 教育の無償化が義務教育に限定されているままなのも問題視した。教育は幼児教育から高等教育(大学〜大学院)まで無償にすべき。 健康で文化的な生活の保障から最低限度のを外したのはいいが、解釈可能な修飾語をつけられては悪用されかねないので、十分なくらいの文言が望ましいと思う。それだと健康で文化的な生活が十分なのかどうかが議論の対象となる。 人権および社会福祉の向上のための税の公平性に関する条文があってもいいかもしれない。 サーッとチェックしての僕の意見だけれど、総合すると、ゲンロンの憲法案なら別に改正しなくてもいいのではないかと感じた。 もちろん自民党のトンデモ右翼改憲草案に比べれば遥かにまともではあるが。 いまは改憲をするときではないと思う。
目次へ




 2017/03/03/ (要注意)170303〜 の被害 (被害から抜けだそうと最近はまともなことを書いていたが上手くはいっていないらしい)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: (要注意)170303〜 の被害 (被害から抜けだそうと最近はまともなことを書いていたが上手くはいっていないらしい)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 遠隔脳操作及び脳同期の被害
CATEGORY: 遠隔脳操作及び脳同期の被害

DATE: 03/03/2017 11:01:29
-----
BODY:
僕のおかれた状況は、プロフィールのはじめにを読んでください。
(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)

電磁波兵器を扱えるのは自衛隊だろうけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊や警察などの公務員による拷問は憲法で禁止されている。海外の諜報機関や軍隊なら、日本は独立国であり内政干渉は止めるべきだ。何人であれ人権は尊重しなければいけない。

日本国憲法第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
日本国憲法第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
日本国憲法第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
日本国憲法第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
日本国憲法第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

上の文の後半部分「海外の諜報機関や軍隊なら…」は記述が消されたので、もし同盟国などがしている加害行為なら、日本国内の勢力のしわざに見せたいのかもしれない。メディア被害があるので、海外の状況を捉えると、日本の自衛隊や公安だけでは到底不可能な何かがあることははっきりしている。

直前のメディア被害の記述に対して、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、狂っている…、と言っていたので、こればかりは罠だとは思うけれど、決して妄想ではない弾圧の事実なので、証拠へのリンクを掲載します。仕方ない。

メディア集ストの証拠 http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html (注意)
 遠隔操作被害について http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-36.html (注意)






170303

ひどい罠に嵌っている。脳操作を伴っているのでどうしようもない。

前日のPC内のメモ
単純なミスが多いので、通常ならこれほどミスはしないな、と思った。電磁波被害なのだけれど、直後に音声送信が、お前とおるとミスするって、と言っていて、ピー、と鳴っていた。恐ろしい感じがした。僕は誰かのせいにはしていないのだけれど、複数の何かがくっついている。どうすればいいのか? ミスはしても仕方ないと思うし、ミスが多いと思うのも仕方ないと思う。こういう状況なので、誰かをとがめる気は全くないです。
苦しい方の被害がないときに食事をしたり歯を磨いたり入浴をするのだけれど、そのときにストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があったりする。僕はかなりの被害があるのに、相手はそれを認識しない。でも被害が後でくるので非常に怖いのだけれど、恐怖を感じないようにされているので、それがまた怖い。 僕は何も悪いこともしていない。悪いことは何も言って無い。日常を制限されて、食事など最低限のことをしているだけだ。 苦しい方の被害を記述して悪用されるのが怖いので書けない。命の危機を感じるレベルの被害を電磁波兵器でつくられている。 性質の悪い脅しと拷問がある。 にも関わらず、遠隔脳操作があるので、非常に恐ろしい権力による弾圧の被害状況の人間が書いているとは到底思えない、ツイートをしている。 別に普通の状況なら、やや左よりで政府の問題などを穏やかに指摘しているだけのものだが、被害の状況を考えると、加害者の批判をしている可能性があるので勇気のいるものだ。 僕自身による@furu_akihiroのツイートを見てもらえば分かる。 今朝の場合は通常とは異なり、ある種の暴走をしている。書いているときも、感情操作と遠隔脳操作があって、非常に恐ろしい状況にあるので罠だと感じているのに、止めることができなかった。 今日、このブログを読んだわけではないひとは、ツイログの2017年03月03日(金)(朝→夜の順)を見てもらえば分かると思う。最初に暴走している。前日2017年03月02日(木)のツイート(朝→夜の順)と比較してもらえば分かりやすいかもしれません。。 僕自身は、ツイート数を減らし、このブログの記述も短くしたいのにできない。自分で抑止が上手くできていない。 脳を読まれて何かを介して脳操作されるので、自分らしくない状況があるが、それがが悪化している。何とか止めたい。 また、僕は自分を僕か自分としか言わないのだけれど、自分の考えを「私」だとか「オレ」にされて合成音声か何かで音声送信されることがあり、その声がその後に自分ではない考えを言っていて、誰かの考えを自分のせいにされたりしそうな状況がある。もしかしたら誰かも同様の状況にあるかもしれない。人工知能が用いられた罠にも感じる。 そのせいにされてのことなのか、ひどい電磁波の苦しいビリビリとしたまた、それ以上の被害があった。 こういう被害状態では、抑制的にして、慎重に言動を選ばなければいけない。 今日の被害はいつもよりつらいので、いまの電磁波が止まっても、先々の被害を悪化させないように、言動やツイート及びブログを慎重に扱う必要がある。 誰も僕も死にません。皆が生きる。健康である。長生きする。幸せになる。慎重で優しくある。生きる。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信、お前がタブレットなんか買わせるからやぞ、と言ってきた。何故怒っているか知らないが、見当違い。タブレットがなくても、自分の意見は書くし、より細かいことまで言及することになる。念の為、昼食に帰っている一階の妹に購入したか聞いてみたが買ってないと言われた。母もいたが元気。音声送信はいつもデタラメ。  ーーー 脳操作や脳同期の被害の実態 脳同期で誰かと自分の考えが一緒になって混在することがある。昔は僕は左派系の政治家などとそういう状況にあった。極一部の向こうに都合がいいだろうところだけ右派系が混じった。(今なら右翼と言われる安倍総理が同一労働同一賃金や時短労働、教育無償化という左派政策をしているが、そういうところは安全保障に関係ないので、意識共有があり得る。) いまは他の被害者さんと混じっているのか知らないが、よく分からない。 また、声が聞こえる人がいるなら、それは幻聴であるため、様子がおかしい感じになっているかもしれない。気になるのは、僕の声が聞こえるなら左傾化するはずだが、様子がおかしい政治家の多く(例えば元左派系の右翼みたいな片山さつき)が右傾化していて、そういう人たちが聞いている声が僕のものでは無いことが推測される。 誰とはいえないし、ネットで訴えている被害者とは限らないし、それがいま僕と関わっている人である可能性は低いだろう(さっき書きかけで苦しい電磁波を僕にあててきたから誤解しているみたいだが、人の話は最後まで慎重に聞いて判断すべきだ)けれど、誰かのせいにするつもりはないし僕のせいでもないが、例えば脳同期でも発話が同期されたら、僕があいうえおと言った同じタイミングで誰かがABCDEと言っているかもしれない。 昨年12月に放送されたサイエンスZEROの再放送「徹底解説!科学の“未解決問題” 心はどうやって生まれるのか?」の内容にあった、フランスのシリグという学者の研究によると、頭頂葉にある種の電磁波を当てると、何故か被験者は「話したい」「体を動かしたい」と感じて喋ってしまうという実験を紹介していた。(この文章は過去のこのブログに書いた内容を引用したのだけれど、こういう内容では脳が抑制されたり記憶が消されたりするので、変な文章を書いていたりする。いまも僕の脳を使えていなくて、誰かが他人の文章を引用するかのような文になったので修正したばかり。) 頭頂葉は空間認識をするための脳領域なので、この被害下では、誰かが空間的な作業をして頭頂葉を活発に使ったときに、別の関連させられた誰かが何故か目的もなく浮かんできたことを喋っているかもしれない。脳同期で苦しそうな顔をしていても、当人は苦しくはなく、別の苦しい状況のひとの表情が同期されているのかもしれない。ただ、トイレに行きたくさせられる生理操作で苦しいだけかもしれない。実際に、そういう状態があるかは明確な証拠もないので分からないけれど、自分の過去の被害では、よく分からないような、そういったことが想定できる被害があった。 もし、以前に討論番組を見ていた際に議論が紛糾して、誰かの興奮に影響される脳同期があったとして僕が、安保法制は違憲ではないか、と言ったとして、そのときに別の人が発話だけ脳同期されて、中国が領海侵犯しているじゃないか、みたいなことを言っている可能性だってないわけではないし、ずっと以前に世の中がリベラルだった頃の僕へのメディア集ストで、おそらく意識の脳同期だと思うけれど、その頃にあった意思疎通ができている感じがする反応とは異なっていて、数年前に右傾化しだした頃からは僕の思考や発言とは直接は関係ないように感じた。裏に何があったかまでは分からない。 他にも色々な被害を受けてそこから想定できる可能性としては、ある人の考えが別の人に伝わっての反応がテレビの出演者に影響するようなこともありそうに感じた。 恣意的にしているなら許せないが、僕を僕自身を攻撃している人とみなして僕を助けるために僕自身を攻撃する人がいるようで、過去には繰返し言っているけれど、命懸けで僕を助けようとする赤の他人がいるはずがないから、悪質な戦略である可能性の方が高いと思っていたが、脳操作技術に気付いてからは、脳操作かもしれないので、そういうこともあり得るだろうと考えていたものの、最近は、他人が他人を何が起きているか分からないような不明瞭な状況で命懸けで助けようとするとは思えないという、過去に繰返し考えた思考が遠隔操作技術で抑制されていて、罠に嵌りやすい脳操作被害状態にあった。 また、音声送信の発言が、いつも似たりよったりなのでおかしいとは感じているが、過去に電磁波で逃げたときに、逃げた先で話す人話す人が全く同じことを言ってくるので、おかしいと感じていた。その経験から、同じ言葉を使うから同じ人とは限らないと思うが、彼らを遠隔技術で操った人(操らされた人もしくは人工知能)は同じなのかもしれない。 遠隔操作技術は、被害者の声のトーン(音程)を変えることもできるようで、自分の意思と関係なく声が変えられるのだが、どうも聞いている(なら盗聴だが聞かされている?)誰かの誤解によって、声のトーンを遠隔操作技術で変えられるため、僕の声が高くなったり低くなったりという変な現象が自動的に生じる。例えばこれは母だ息子だと誤解されて、こちらがメチャクチャに操作されたりしている。その際に、脳内の誰かの声を認識する場所を刺激されるのか、音声が送られて操られるのか、他人の声が聞こえてきて自分が喋っているかのようになる。どう考えても他人の声なので録音してみると自分の声の音階と自分の声の範囲の声色が変えられているだけのよう。 これは明らかに人体実験だ。信じてもらえるかは疑問だが、実際に人生を潰されて、ずっとそういうことをされている。 僕の人生とアイデンティティはどこにあるのか? 過去には、精神医学や心理学用語を駆使して、母に説教していた自分がいた。自分自身もその分野の本をたくさん読んでいたので、そういう知識はあったのだが、どう考えても学術的で母が理解するには困難なことを延々と喋る自分は、いま考えても自分ではない気がする。 それ以外にも、お笑い芸人に乗っ取られていたらしきときもあったし、経済記者のときもあったし、左派政治家のときもあり、哲学者や宗教家のときもあった、ただ、僕の知識の範囲だったので、双方の共有知識が利用されていた可能性がある。もしかしたら、最近に情報公開(軍事技術の民間転用)がされて急発展した人工知能の技術のより高度なものが普通のコンピューターではなく、スパコン並のものでつくられていて、そういう人工知能が間に入っていたかもしれない。そうでなければ、僕の知識の範囲で、その時々に僕が接したあらゆる分野で適切なことを言えるわけがない。 とにかく、権力の裏の諜報機関が遠隔操作の人体実験をしていて、社会実験レベルもしくは実践レベルで何かがなされている。  ーーー 上をアップしようとしたら、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信、お前が古谷が喋ったことにしとけって言ったからだぞ、と遠くから聞こえてきた。誰かの考えかもしれない。何が事実かは分からないが、そう聞こえた。僕は誰かのせいするつもりはないし、変な策略もしない。だから相手の意図は分からない。何が事実なのかを、できるだけ透明にありのままに認識しようと、普段から努力はしている。 上をアップして、しばらくしてから音声送信が、こりゃダメやこの引きこもりをころせばいいと……、と言っていた。いま読んだ人だろうか? 違うかもしれない。当然だが僕の考えでは無い。何であれ、人の命は尊ぶべきだし、何が正しいかも分からないときに、解決はできないので、被害を訴える以上の行動はすべきではないと思う。 そもそもが、権力の裏の電磁波インフラを伴うシステムだろうから、誰かの犠牲で解決するなんて考えること自体が間違っている。 電磁波の被害がやや悪化した。僕はどうすればいいだろうか? (追記:例えば最近CIAが超能力研究をしていたスターゲイト・プロジェクト(ウィキペディア参照)というファイルが情報公開された。もしかしたらその理由に超能力者が悪いとするつもりがあるか知らないし、そう考える者を利用するつもりかもしれないが、過去の情報公開でMKウルトラなどの人体実験が存在するし、テレパシー通信と言われる音声送信や脳操作に関する特許なども、何十年も前から公開されているので、それらを総合すると、超能力の研究といわれるのは、電磁波などの技術を人間に応用しての研究に過ぎないことは、すぐに分かることであり、その背景に電磁波兵器のインフラがなければできないものだということも理解できるので、被害者を犠牲にすることなど問題解決にはならず論外だ。) (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html) 悪いことは何もしていない。 例えば暴言を吐くひとが悪いなら、暴言を止めさせればいいが、何も悪いことをしていない人のせいにしたら、行為を止めることもできないので、解決が難しくなる。 訴えを減らせばいいと思うけれど、何故か書いている。やっぱり遠隔操作や誘導があるのだろうか? 最も好ましい対応は、スルーだ。考えを別にもっていくことだろうけれど、本人の意志より遥かに強い脳操作技術があるので自分の意思で何とかできるかは分からない。脳操作被害がないひとはスルーをすべきだ。 僕も極力ブログは短文にしたいが、普通の生活の普通のことが抑制されて、こちらに誘導される。してくるのは僕に対して音声送信で、こっちだ、と言ってくるもののように思うけれど、その人のせいにするつもりはなくて、そのひとは僕が自分の本来の生活に戻ると困る状況にされているのだろう。 しかし、被害を訴えると普通の生活者や普通の生活をしたい人たちのなかで過去に関わった人が苦しむようなので、僕は被害の訴えは最小限にして、普通の生活に戻りたいと思っているが、遠隔操作被害があるので、そちらに誘導されて戻れない状態が続いている。複数の思惑でメチャクチャになっているかもしれない。僕は僕なので、介入されると困ります。 基本的に僕はほとんどの被害をスルーしています。自分からは何もしていない。重要事項だけはメモを残したいと思っている。 脳同期被害や電磁波被害、音声送信などは、電磁波の装置によるシステムがなければありえないので、システムを構築した人たちは、全ての関係者を安全に解放すべきだ。 誰も犠牲は出したくない。僕も死にません。  ーーー 非常に攻撃的な声が聞こえた。 だから、攻撃的なことは一切考えずスルー=無視してくれ。 苦しくて仕方ない。僕を含む誰かを犠牲にするなよ。 170304〜05 相変わらず度々、ビリビリビリビリと電磁波被害。 耳鳴りと稀にに音声送信もあり、誰かが関係していることが分かる。 (4日)15:15 上空をヘリか自衛隊機が通過。 僕のビリビリは相手にとっては何なのだろう? セクハラかもしれないし、同じビリビリかもしれないし、それ以外の快不快や別のものかもしれないし、関係ないかもしれない。そもそも相手がいるのかも分からない。人工知能かもしれない。  ーーー (追記:今日は上の文だけにすることを堅く決意していたが、脳操作されている。下は長文だけれど、読む必要のない僕の時間を浪費させられただけのもの。遠隔脳操作で目的を記憶消去されて、関係ありそうなことを、頭の中から引っ張りだされた結果の文章でしか無い。)  ーーー スマートニュースで時間がなくて(妨害だらけなので)Abemaのチェックをやめたら、日刊スポーツやハフポスという朝日系のメディアで小林麻央ちゃんのAmebaブログのことを報じる内容がスマートニュースに流れてくる。苦しくなっているらしい。朝日さんは僕がニュースZEROを見ている方だと誤解しているのか、スマートニュースの誤解か、いまはニュースを見なくなっているが、昔からあの時間枠はTBSニュース23を見ていた。最近はメディア集スト絡み(朝日系もフジ系も昔から非常に友好的だった)で僕をよく知っている人がやっているため逆に変な電磁波圧力でTBSニュース23が見れない。 (補足:直前の一文は後から括弧書きで加えたが、TBSニュースの記述の後に、縁があったひとでも電磁波被害でみれないと入れたのだが、読み方次第では続く日テレ系やフジ系の方に思われかねない記述でもあり、これは文章だから修正できるけれど、リアルタイムで喋ったらこちらの意図とは逆に思われるかもしれず、そういう脳操作を瞬時にしてくる相手は非常に高知能な言語、論理能力を有していて、こちらの思考を先読みできる者ということになるが、実際にそんなことは人間に可能だろうか? スパコンを用いた裏にあるいまだ開示されていないレベルの人工知能ではないだろうか? それとも、こちらの言葉を拾ってつないでくる相手が僕と逆の価値観の人間で、そちらに乗っ取られたときに、僕自身の脳の発言へのチェック機能(メタ認知機能)が弱まっているのだろうか? 相手が僕が気付かないように、言葉を曖昧に上手く使っているなら、相手は秀才なのだろう。誰がくっついているかによって、こちらの状況は変わるが、僕は僕であり、表層の見え方はともかくも、内的な価値観までは変わらない。) 日テレ系やフジ系のニュースは見たことがほとんどない。討論などで顔をみることがあった保守系の論客である桜井よし子さんが日テレ系でキャスターをしていたことさえ知らなかったしニュースを読んでいるところを見たことすらない。いまはその枠に飛騨高山のひとが座っているらしいけれど、1〜2度数分間程度つけたことがあるが見ていない。ニュースというより情報番組だった。報道ステーションだって情報番組みたいなところがあるけれど、日テレだとバラエティ報道でしかない。与党側なので都合が悪いニュースを極力流したくない意図があるようで仕方ないのだろう。ハト派が弱い現状で保守系がもしタカ派の意図で報道をしたら、日本は戦争ができるようになり近隣と対立する危ない国になってしまうので(ここでビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリひどい被害と書いたら胸から下半身にビリビリが移動してきて何ともいやらしい限りだ)、まだバラエティ報道である方がいいくらいで、だから批判するつもりはない。 (追記:電磁波で意見を変えたり配慮しているように見せられているが、僕はそんな対応はしない。ただし、脳操作のレベル次第ではどうしようもないケースがある。今日の脳操作の相手は、どうでもいい連中なので、時間を無駄に消費させられているだけ。) 上の文は、トランプ大統領、安倍総理という右翼系のリーダーの時代に、あえて書く必要もないものだが、僕を保守系に見せようとする者がいるので、誤解されないように書くという罠に嵌められているかもしれない。僕にくっついている人が気が弱くて権力に迎合するために干渉するのか(ビリビリビリ)、アイデンティティの問題を用いて僕に反発させて罠に嵌めようとしているのかは分からないが、その両方かもしれない。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信、ヤバイわ絶対コイツのせいでオレの知能下がっとるわ、と相手は言っている。僕はそんなことは考えていないので、僕のこころの声ではない。僕が大卒ではないからといってバカにしないで欲しいとは思う。僕の知能は120台なので上位1割だが、相手は130以上の2%の秀才なのだろう(ビリビリビリと被害)は皮肉。 僕の被害は1989年の中2のときに酷くなったらしくて、被害といっても自分らしく生きられなくなる脳操作、脳抑制によるものだが、当時は気付かなかった。受験の前にぼーっとさせられて、英語が全くわからなくなって、友達も変わって、高校受験はそれでも中学レベルだと簡単なのでそれまでの分でまだ成績は良い方だったけれど、学力とは別のところで受験は失敗させられた。学区内の一番いい高校が偏差値六十何だけれど、英語以外の4教科で受けても定員の真ん中くらいで合格する点数だったのに、英語ができないから行かせないと担任に言われた。でも相手はわからないがどうも信じてもらえていない。何故かバカと思われている。脳操作被害もあるので、脳操作で誰かの頭にされて頭が良くなっているのだろうと言われるけれど、僕がバカではない証拠が少ないので悔しいのだが、あるとすれば日本育英会の無利子奨学金を高校の頃から受けていて、これは2%の枠で優等生しか受けられなかった時代のものなので、証拠はそれくらいだろうか。2%は以前はいまは学生支援機構となっているが、そこのウィキペディアにも書かれていた数字。中学の同級生が60人で僕を含む2人が受けられたので、この場合は3%だが、それほど間違ってはいない。発足当時は200万人に対して「3万人案よりも少なく査定」とあるのでかなり少ない。1984年に有利子の第二種奨学金が導入され「学生の範囲が幾分拡大した」らしいけれど、僕が得ていたのは第一種の無利子の方だった。 あとは高校のときは現市内で一番成績のいいクラスに3年いたことくらいだろうか(他の平均以上の成績の人が入るクラスの平均が60点のときに、80点以上の平均点のクラスだった)。学区内で一番いい斐太高は親も早起きして体調も悪いのに遠くまで(母子家庭なので)交通費もかかるし通えるかと心配したりされて、あきらめる必要もないのにあきらめて地元の高校に行ったけれど、何故かうちの高校は優等生クラスがC組だった(最低ラインは母校の進学クラスの方が進学校の斐太高より高かったはず)。事前に脳操作技術などで準備された撹乱があるようだと言っても信じてもらえそうにない。高校も合併して一つになっている。そういえば、卒業校合併したもう一つの高校が底辺校だったのだけれど、僕らの世代より前のと大昔は旧下呂町から進学校の斐太高に行かない優等生が行っていた時期があるらしく、教師に出身者がいて、その教師の同世代の下呂市の初代市長も早稲田卒だが底辺校の益田南高校出身。一方の益田高校の普通科の方は僕らの頃は構成が平均以上の学力で(上位の一部と最上位は斐太高に行くので)最優秀性が少ないだけの高校だった。当時の普通科は益高が3クラスで益南が2クラスのはずだが、合併した高校の普通科が2クラスしかない。偏差値が普通科53、総合学科46。偏差値といっても高校のもので全学力層が対象なので大学とは違う。少子化と過疎化がひどい。そういえば僕の出身の下呂市立小坂小学校が山奥の方の小さな小学校と合併していて2015年度の児童数が126人だけれど、僕らの頃は6年間300人を超えていた。当時合併していたと仮定すると400人くらいだろうから過疎の度合いが分かる。学区内で一番いい高校が斐太高で人口が少なく過疎がひどいので定員が半分近くまで減っているのに偏差値が59まで下がっている。昔はもっと良かったはずだ。 (追記:僕自身は明らかに脳操作被害などで小学校のときから勉強をすることも宿題をすることも妨害されている。教師からしたら宿題を出さない問題児で、中学の担任に、がんばらんでもできる奴より、できんでも頑張る奴の方がまし、と言われたし、首を締められたことすらある。勉強の妨害は高校受験のころから悪化して、高1のときは原因不明の長期の高熱で学校に行けなくなって、授業だけで学力を維持していたのに、それすらできなくなった。学力はその後、ボロボロになっている。いま、一日時間があっても妨害だらけで新聞を読む時間をとるのも、読むことも妨害があって、読書なんか最近でも1時間も時間をつくるのに何日も要したり、妨害だらけでやりたいこともできない。学校に行っていて、この妨害があったら、勉強なんかできなくなる。) 権力犯罪だから世代を超えて人体実験か何かの対象にされているようだと言っても妄想扱いになるだろうから(そのへんはブログかHPに書いている)、悔しいし人生を返して欲しいと感じる。 こういうことを書いていて、昔からずっと気になっていることがある。日本の不条理のひとつだろう。 東大と京大の合格者数の合計が6千人で世代人口が120万人なので、0.5%の200人に1人が最高学府にいく計算になる。 いま統計を調べたら、高山市の高校生年代は各年齢が約9百人、飛騨市は約2百数十人、下呂市が3百人弱、白川村が十数人なので、仮に1450人として東大と京大に7人くらいが行くことになるはずだが、過去の斐太高の進学先をしらべたら、昨年は東大京大が1人ずつで、それ以前の数年は東大がゼロで京大が1人でるかどうか。 飛騨地方はそんなには最高学府に行っていないのが、この地域の学生の能力の問題とは思えない。飛騨地方は広域かつ人口が少ないため、一つの高校で学力の幅が広くなる傾向があり、都市部の高校偏差値前後の生徒が集まる高校の感覚で、高校の偏差値により東大生の数を決めるような手法がもし裏にあるとすれば、このような不条理が発生することになる。もちろん、試験というのは傾向があるので、それを知る受験生と知らない受験生で実質的に実力が同じでも得点には大きな差が生じるということもあるだろう。どちらにしても不条理には違いない。 地方だと学力が低いかというと、義務教育段階では地方の成績が良くて、いつも秋田県がトップ、石川、富山、福井などの北陸が続いている。秋田県は大学進学率は約37%と低い。義務教育時代の学力が高いわけでもない東京が約72%と倍だ。それなら秋田県の生徒が高校に入った途端に勉強をしなくなるのだろうか? 東京の義務教育も理解できなかった子たちが、高校に行くといきなり高学力になっていくのか? 東大生の知能の中央値は120と言われている。真ん中が上位一割のところだ。東大生の知能は上位2割程度ということになるので、知能指数上位2割が0.5%(東大だけだと0.3%未満)の学力に到達するのだから、その努力を否定するつもりはない。ただ学力は環境と勉強量で決まる傾向が大きいと思われる。東大生の親の年収が一千万を超えているという報告もある。環境によって、また傾向と対策により、不当に有利になる人たちがいる可能性もある。そういう人たちが、日本の支配層の候補になるのだが、18歳まで、もっといえば高校の後半の一年ちょっとで社会階層が決まるような世の中が健全とはいえないだろう。 以下、参照データ comparing_scholastic_ability.jpg (ちなみに僕のニックネームがアキだった。百歳の大往生だった祖母の名前がフク。1980年に他界した父(とう)やったって頭は良かった。3つの都道府県の駄洒落だろうか? 僕も父も環境か何かの不条理で人生が不幸に見舞われた。祖母はおとなしいけれど変なひとだったが、福井県と福島県は原発銀座と呼ばれていた。福岡県はヤクザの抗争がおおかった。関係あるなら恐ろしい。祖父は見かけによらずいい人だった。僕は原発も暴力も嫌いだ。でも長生きしてみせる。) (追記:地域格差や不条理を無くすためには、ICTの発展もあって、公文式のような個別学習がよりやりやすい環境ができているので、学力がまるで異なる同じ地域の子どもたちが高校まで一緒の学校に行きながら、それぞれが独自に勉強を進めて、教師はサポート役に徹するようなスタイルの教育ができるといいと思う。ICTでタブレットを使って学習しながら、苦手なポイントを効果的に学習したり、得意なところを伸ばしたり、本人の希望を尊重しながら、その人の将来にとって望ましいのは何かを自分で模索することをサポートできる仕組みが可能ではないか? そういう手法なら公平で本人の資質や特性以外の格差は生じなくなると思う。その場合、その人の思想・信条で有利不利が生じないチェックシステムもあるべきだろう。…これらは昔からの僕の持論です。フィンランド教育とメディアで知った日本の公文式とイノベーションの組み合わせでしかないのだけれど、有効性はありそう。) こんなことを書いていて、もしかしたら、僕にくっついている人を怒らせているのだろうか? それなら、くっついているかもしれない支配層か東大卒の人とは別に、僕にもその人にもわからないところで、僕を誘導する者がいることになる。 僕にくっついているのは複数者であり、状況にフラクタルな構図を用いられて、他の人がいるならその相手の状況までは認識できないが、音声送信を信じれば、僕の脳操作を高度なレベルでしていた相手は秀才でも、いま僕に話しかけた人は普通の人っぽいので、過去の経緯を考えても複数の相手がいることが想定できる。 (文をチェックして直しているのは僕本人で、手が勝手に動いたりしてバカな文にされたりしたのは、くっついている相手がいるから。それすら人工知能なのかもしれないし、意識を一部共有している誰かのうちの1人かもしれない。) 人工知能が僕の意図を読んで妨害する手口が、以外に姑息なので、長文になって嫌で仕方ない。僕は目的を脱線しないで、簡潔に必要なことを記述して、補足をつける程度の文章で、こちらの意図を記述するタイプだ。僕の思考なのに、それを記述する方の脱線癖みたいなものが僕自身によるものではないのだが、それが不思議な状況。文章力は僕レベルかもしれないが、最近は語彙の量と幅が大きく減っている気がしてならない(ビリビリビリビリ)。ただ、昔はもっとひどいときもあったので、それに比べればいまはマシかもしれない。 これは僕が書こうとしたことが、小林麻央ちゃんのことなので、脳の遠隔操作で僕が罠に嵌っているのだけれど、相手の意図が僕を悪くみせたいことらしく、それを認識した人工知能に脳操作されて僕が罠に嵌る仕組みを回避したくてできていないのを回避しているのだが、この状況で麻央ちゃんのことを書くと、彼女の病気の原因が電磁波被害を理解するひとには僕のせいに見えてしまうという即興で相手がつくってきた罠。その相手も脳操作で僕の文を誤読させられていたりするので厄介だ。この僕への罠と実態は異なっているでしょう。 普通に電磁波被害をテクノロジー犯罪という権力の弾圧被害であることを理解でき、それを公言する人は、社会的信頼を失わされていたりするので、こんなことを書く必要もないのかもしれない。弾圧被害者として記録を残しておきたい僕の意図がなければ書かなくていい。 ここまでして、相手が僕のせいにしたがる理由があるなら考えてみた。ここに書こうと思って書けていないことも僕の認識にはあるので、それを踏まえると、過去においては、僕が見ていたニュースの人たちは被害を受けているように見えて健康で、僕が見ていなかった方の人が病気になっている。 例えば長寿番組の世界ふしぎ発見の司会の草野仁さんは元気で、裏番組の長寿番組である出没!アド街ック天国は相川欣也さんが他界している。いまの司会はV6の井ノ原さんで、NHKのあさいちやテレ朝のMステなどで拝見することもあったけれど、政治の異常がずっと続くわけではないだろうし、彼は若いので大丈夫なのだと思う。(両番組の女性アシスタントはいまのところは僕の好んだ女子アナ。テレ東系は経済局なので、イデオロギー対立的なものからは距離がとれて安全かもしれない。相川さんは朝日のCSの報道に関わっていてやられていると考えられる。個人的には朝日さんにはめげることなく工夫しながら権力監視を頑張って欲しいとは思っている。) ニュース23は筑紫さんが亡くなっているけれど、2006〜07年の第一次安倍政権のときに、僕が脳操作されて政治離れして、ニュース23でもサッカーコーナーで名古屋グランパスの中西くんが担当に入って、野球好きの筑紫さんにサッカーをやたら勧めるので、僕に中西くんが迎合しているように見えたこともあり、配慮してニュースを見なくなった後に、筑紫さんがガンになっていた。その後に出演した後藤ケンジさんは、僕の見ていた番組ばかりに出ていた。一度、午後8時台に報道がないので、その時間枠は報道の需要があると言ったら、何故か歪められてTBSに届いたのか、夕方のニュースを7時台にはじめて、そこにも後藤ケンジさんがいた。 テレ朝の日曜朝の討論番組サンデープロジェクトが終了して、普通の報道番組になってしまって抗議でみなくなったら、その後藤ケンジさんが次の番組に出演していたらしい(顔が田原総一朗さん系ではある)ので、彼は番組が苦しいときでも大丈夫な安全牌となっているのかもしれない。その後に、テレ朝の日曜の討論枠がバラエティになって、番組は僕の見ていた夕方のニュースのところに引っ越してきた。そういえばテレビタックルが何度か放送時間を変えているが、あれも僕が見れる時間枠に移動してきていた。いまは僕は外され始めていて、それが僕によるものか、僕にくっついている人によるのか、僕は元に戻れるのか戻れないのか知らないが、テレビ局がそんなことをする必要はない状況にあるかもしれない。 後藤ケンジさんと同じ名前の後藤健二さんがIS(イスラミック・ステート)に湯川遥菜さんという(石破茂さんに外見も属性(民間軍事会社を経営)も近い感じの)人を救おうと向かって捕まった悲しい出来事があったが、その前にテレ朝が彼をよく報じていて、当時は共同通信出身でニュース23などを担当した方の後藤ケンジ(謙次)さんは報道ステーションではゲスト出演はあったが、まだレギュラーではなかったものの、何かの関連を感じる。貧困という悲劇のなかの子どもたちを撮影するカメラマンだった後藤健二さんを報ステが(ここで脳抑制がかかる)現地の取材で登用していたので、有名になり世間の目を意識して自我が拡大したり万能感に陥るヒロイック観念(造語)に取り憑かれたのかもしれない。 地元の上級生に東大にいった同じ名の先輩がいる。その人の姉も東大だが、その従兄弟が京大で、その弟が同級生なのだけれど僕と同じ被害を受けたのか彼も学歴がない。彼の親が公務員と看護師であり左派系の属性なので、もしかしたら被害があったのかもしれない。姉弟が東大の人は実家が個人商店なので属性は違う。 昨今はメディアや政治などで、価値観において平等平和を好む左派系の人が保守化させられていたり、硬派で保守的なひとが左派化させられ堅実でリスクを負わなかったりしていそうで、右翼左翼が排除されているだけかもしれないが、支配層のしたたかな戦略を感じる。 僕は平等や平和を好み束縛を嫌うタイプだけれど、亡き父は帰省して勤めたのが金子工業で地元の自民党の金子一義さんの関係企業ということもあって、昔からあるらしき電磁波被害の裏に何があるかしらないし、金子工業は父がガンになって出した辞職届けを受け取らなかったらしいので関係あるか分からないが、その金子一義さんに関しては、リベラル保守内での左右でしかないかもしれないが、小泉内閣のときに複数の大臣職を経験されているひとだが、元々は亡くなった護憲リベラルの加藤紘一さんの側近だった人とのことで、YKKといわれた加藤紘一さんの盟友だった小泉さんに重用されているけれど、小泉さんがYKKを裏切って総理の座を射とめたことは朝日新聞で報じられている。金子さんが自民党内では比較的まともな方の人でも、自民党は自民党だ。僕は母子家庭に育ったので、弱者のための予算を削る政治は嫌いだ(ここで遠隔操作されたので、自分の意見を書くためには何度も書き直す必要があった)。 目的を記憶消去されて、脱線に次ぐ脱線で目的に到達しないのは、まるで母親の思考パターンのようで、あの人はこちらが意図を汲んで、適切な質問をしないと、目的の内容を喋らない(喋れない?)傾向があるため、長話を遮って質問を入れるようにしているのだが、僕にくっついている人が、そういうこちらの工夫を知らないで、僕を話の聞けない人だとしてくるのが迷惑だとずっと感じている。相手があるから、そういう対応になる。  ーーー 脳操作で脱線させられてばかりいる。 元々は、小林麻央さんのことを書こうとしていた。 信じてもらえるかわからないが、もしかしたら僕にくっついている人が小林麻央さんの方なのだと思う。僕は日テレの麻央さんを知らない。お姉ちゃんの麻耶ちゃんならTBSなので世界ふしぎ発見、総力報道!THE NEWS(こちらはニュース7の時間でときどき見ていただけ、いまはニュースをみていない)、チューボーですよ! などで見る機会は多かった。(僕の好みの顔の女子アナが各局で多く採用されていたけれど、麻耶ちゃんはその1人。ただ、ぽっちゃり好きの僕の反対の意思により痩せてしまっていて残念。逆にぽっちゃりした人はずっと採用され続けている。今後はわからないが。) 端的に書くと、過去に僕の見ていなかった方の人が病気になっている。いまは妨害だらけでテレビが見れないので、最近になって何かが変わっている。僕のメディア集ストは良い方で利用されていたのだが、どうも裏の悪質な戦略は、僕に電磁波を当てておいて僕がそれを訴えたら、今度は僕を悪い方に見せようとしてきたらしい。 最初の文に戻るが(追記:結局、続く文はそこに戻っていないというか、罠に気付いたのでここの記述を入れたら脱線している)、上の文の続きだと、朝日さんが悪く見えるように脳操作されているので補足するが、裏は朝日系を貶める側である。僕が朝日に近い価値観の人間で、ずっと裏のやり方の被害を受けていたので、また裏に利用もされていて、こちらは朝日に近いのに、裏は僕を逆に見せていたかもしれないが、僕の発言は全て社民党およびリベラル派の立ち位置であり、朝日の敵ではないし、むしろ朝日新聞には権力監視で頑張って貰いたいのに、どうも様子がおかしい。 この状況には脳操作もあるので最近まで気付かなかったが、安倍政権になって状況が大きく変わって、過去の関係も何かの意思により、僕を悪者に見せようとしてくる。しかし、僕は悪いことは何もしていない。 (追記:2016年から何かが変わる仄めかしがあったので、過去の状況が参考になるか分からない。) 中道左派やリベラル派というのは、比較的に理念を重視する側ではあるけれど、左派や純粋な社会主義ほどは理念的ではなく、現実と理念を照らし合わせて理念よりの現実を捉える要素がある。(←この文も読む人の立ち位置で捉え方がまるで異なってくる) 野党の側では理念を用いて与党批判をするので理念よりになるが、与党を狙う場合はバランスをとる人もでてくるらしい。それが与党側の裏に利用されている。 僕にくっついている「オレ」と言う奴が何かを言っているが、それを後で僕の意見に見せるのは止めて欲しいものの、そいつか誰かが、入れ替えの権限を有している。僕はいつも沈着冷静で感情的になることは一切無い。遠隔操作されることは稀にあるが稀である。遠隔操作されるのが嫌で孤独な状況でも母と喋ることも極力しない。(ちなみに事実として母は関係無い。) こういうことを書いていると、今度は僕を自分のやったことを人のせいにしているヤツに見せようとする謀略がされたりもしているようだが、僕は悪いことはしていない。こう書くと、上手い、と言ってこられたりするが、事実を書いているだけで嘘偽りはないので、相手が卑怯だということになるが、上手いという方はセクハラをしている側で別の意味でその言葉を使っていたりするみたいなので、このテクノロジー犯罪と集団ストーカーの仕組みは複雑にいろんな人を使って謀略を撹乱しながらしているかのように思えるが、僕には人工知能が上手く(←自分が文の中で使わされる脳操作による嫌がらせ…いつものことで、普段は修正する)謀略を妄想的にしてくるだけなのかもしれない。こちらは回避したいが、簡単には回避できない。  ーーー 脳操作で脱線させられてばかりいる。今度は撹乱だった。 元々は、小林麻央さんのことを書こうとしていた。 端的に書くと、過去に僕の見ていなかった方の人が病気になっている。いまは妨害だらけでテレビが見れないので、最近になって何かが変わっている。僕のメディア集ストは良い方で利用されていたのだが、どうも裏の悪質な戦略は、僕に電磁波を当てておいて僕がそれを訴えたら、今度は僕を悪い方に見せようとしてきたらしい。 (この状況が僕と朝日系への罠であることは上に書いている。僕は朝日に罠をする意図は一切無い。ただ脳操作がある。誤解されないように注意。) 妨害だらけなのでスマートニュースをチェックするときに時間がなくて朝日系のAbemaニュースのチェックをやめたら、日刊スポーツやハフポスという朝日系のメディアで小林麻央ちゃんのAmebaブログのことを報じる内容がスマートニュースに流れてきていた。彼女はガンで苦しんでいるけれど、最近は心の方も苦しいという趣旨だった。彼女はニュースZEROに出演していたひとだが、僕は昔からあの時間枠でTBSニュース23を見ていた。(ここ数年はNHKをつけることがあったが、最近はニュースをみていない。日テレ系やフジ系のニュースは見たことがほとんどない。) 僕の見ていない方の番組で病気の人が出ていることは上に書いている。他にも、報道ステーションの裏でやっていたNHK・BS1の国際報道2014に出演していた黒木奈々さんがガンになって亡くなっている。彼女に関してはほとんど縁がなくて、ネットの写真では見たことがあったかもしれないけれど、基本的には知らない女子アナだった。 誰かが、僕と別の人の役割を入れ替えて、僕を悪い方にみせようとしている。僕の記述に嘘偽りは無い。ただ相手は保守権力の方なので、悪辣なことをしても守られている可能性がある。それは自民党政治を見てきた人たちには良く分かる構図であるだろう。 脳操作でまた撹乱され、相手の意思が混じるのだが、それに対して言いたのは僕は嘘などついておらず、昔から自民党政治は知っているので、親米保守勢力が怖いのは分かっていて、自分は保守ではないリベラルもしくは社民主義の方の価値観を維持しながら、メディア集ストがあった際は、バランスをとって敵をつくらないようにしてきた。 あまりにとんでもない内容の自民党改憲草案が2012年に出されてからは、保守系、自民党系とは縁を切っている。もともと自分が当時の与党で現在の野党支持であるからだが、バランスをとらなくなったら、テクノロジー犯罪の被害を受けるようになった。当時の民主党支持だからというのが真実なのだが、第三者には民主党などにやられているように見せられた。 黒木奈々さんが亡くなる前の一年は、77という番号で、ナナちゃんが危ないという仄めかしをテレビで繰返し見ていて、見る機会が減っていたNHKの別のナナちゃんと女優のナナちゃんに配慮していたことを記憶している。黒木さんがナナという名前であることすら知らなかった。あの仄めかしは僕に対してだったのだろうか? 何しろテレビのニュースで車のナンバーが大写しになるのはおかしいため仄めかしであったことは確かだが、多くが見ているテレビだけに誰へのメッセージかは分からないものだ。 そういう種類の集団ストーカーの被害を僕が受けていたわけではないが、テクノロジー犯罪の被害のなかに集団ストーカーがあるようなので、そういう人たちを探してSNSで意見交換をした結果、外に行かないけれどメディア集ストがある僕には、テレビでなされたのかもしれないし、逆に他の集団ストーカーの被害者がメディア集ストを受けるようになったのかもしれない。少なくとも僕は危険な方ではなかった。いまは逆にされたか、そういう人がくっついているかもしれないので、テレビをほとんどみれない。今週の平日で見たのはガッテンだけだった。僕の方が影響しなくなったとしても、リベラルもしくは社民主義のどちらかが衰退するようなことがあってはならない。 長期の純粋な僕のテクノロジー犯罪の被害は、友好的なメディア集ストと、悪化しない双極というか躁鬱のような気分変化だけである。鬱は表面化せず心気症やパニック障害のような形で現れることが多い。躁状態には認知療法により抑制的な対応をする習慣がついていて、僕に関しては問題はない。ただし、いまはビリビリとした電磁波被害をうけている。第三者からすれば統合失調症かパニック障害くらいに認識されるものだ。 将来、安倍麻生政権が変わって、ナチス化の恐れが完全にない状態になれば、自民党を警戒する必要もないし、保守と距離をとる必要もないが、いまは当分は保守系と距離を置くので、僕の状態は戻らないのかもしれない。その後はどうだか知らないが、普通に生活していくつもりだ。健康状態は実際は良好です。 罪を憎んで人を憎まず。僕は上下の関係を嫌うので儒教は好まないけれど、この孔子のことばは本質的に優れていると感じる。その心はリベラルなものだ。 ただ、何が起きているかが僕には分からない。    もし、僕に神通力でもあるなら、小林麻央さんを直してあげたいけれど、そんなことが可能だろうか? 病気の方は、希望を失わないようにして欲しい。痛みは何があっても緩和してあげるべきだ。  ーーー 脱線ばかりさせられると書いたら、過去にずっとそういう状況だったのに、書いたことで脱線度合いが上がったが、書いたからそれが悪化するようなことはしてはいけないし、あり得ない。そういひとりごとを言ったら、脱線が戻った。 書いたことが実現するなら、日本は北欧化して、大きな政府だけれど、教育医療福祉が無償化して、不安がない社会になっているはずだ。失業しても無償で職業訓練も大学も行けて、そのための住居人生活費も支出される社会だ。外国人にもその保障があるので、言葉さえできれば移りたいくらいの国が地球上に存在している。日本はそうなっているはずだが、実際はその対極の保守国家なので最悪だ。 機会均等と弱者救済を十分しないこの国の民主主義は何なんだろう?  ーーー 新聞を読もうとして、妨害された結果が、変なブログの内容だが、新聞を読みさえすれば、こんなことは書いていない。被害者にとっては重要なことかもしれないが、危ないので書きたくない。 そういえば、安い4千円くらいのタブレットを中古で購入したことを、このブログかツイッターに書いたが、ワイヤレスキーボードが紛失していたので、ケース付きのキーボードを千円で追加購入した。そうしたら、ワイヤレスキーボードが出てきたので、もう一つ購入しておいた母用のタブレットに装着している。 しかし、ワイヤレスキーボードが途中からタブレットに読み込まれなくなって、電池は交換したばかりで、電源を切り忘れたとしても、使わない状態で放置しても、キーボードの電池はかなり長くもつはずで、こちらの状況を誤解していると思わしきくっついている相手により、ワイヤレスキーボードが使えなくなってしまったが、もしかしたら相手の誤解なので、電池はあると考えず、交換すれば動くのかもしれない。 tablet_like_a_notebook_computer_etc.jpg この写真を先日ツイッターにアップしようとしたができなかったことを書いているはず。こちらにアップするのを、何者かが妨害している。僕を護るためという嘘で、僕に罠を仕掛けているように見える。 (追記:修正したけれど、最初にアップした方はミス。とにかく脳操作で妨害される。) 僕は1人だが、二人にみせようとされていて、同時に僕以外の複数の別人が1人にみせられているかもしれない。伝わる声は、合成音声などの技術でどうとでもできるだろうから、何が本当か全く分からないので、スルーすべきだ。 ネットの方は、ツイッターもブログもHPも、とりあえず僕の名前のものは本人が書いています。  ーーー (追記) 気象庁の地震情報 平成29年03月05日08時56分  5日08時53分頃 岐阜県飛騨地方 M3.1 震度2 平成29年03月05日09時02分  5日08時59分頃 岐阜県飛騨地方 M2.7 震度1 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20170305085637395-050853.html から引用
平成29年03月05日08時56分 気象庁発表
05日08時53分頃地震がありました。
震源地は岐阜県飛騨地方(北緯36.0度、東経137.3度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

岐阜県  震度2  高山市久々野町* 下呂市小坂町*
     震度1  高山市朝日町* 高山市高根町* 中津川市加子母*

この地震による津波の心配はありません。
(ここまで引用) 日曜の朝。起きていたけれど、テレビはつけていなかった。この時間は前後で政治討論番組をしているけれど、テレビをつけておらず、最近は何年もみていないので特に意識もしていなかった。 僕にはメディア集ストの政治利用があったが、いまは離れている。僕以外の誰かが何かをしているかは知らない。誤解されているなら迷惑だ。 気象兵器、地震兵器に反対。 先を見越して1978年にできた国連の環境改変兵器禁止条約は、既に実効性がある時代になっているので、有効にすべきだ。  ーーー いま5日の夕方だけれど、やっぱり朝アップした上の内容は強烈で、一旦、PCの電源を切ったあとに、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、オレらが必死にころそうとしとるのはアキヒロやって気付かされる、と言っていたけれど、おそらくそれは人工知能か他の人を利用した戦略で、権力弾圧を誤魔化そうとしていることが背景にありそう。 その後も、ビリビリと電磁波被害を受けたけれど、誘導されて余計なことは書かないようにしたい。 ビリビリは止まります。 死ぬつもりはありません。 僕も他も誰も死なない。 罠には嵌らない。 170306 前日のメモ
(HPの表紙の写真)飛行機雲で線二本と×を引いていったけれど、実はあれは日本にプラスと読む。CS朝日の津田大介の番組の名前だった。自衛隊も戦争はしたくないはず。
差別反対。
ヘイトスピーカーお断り。
をプロフィールに入れておきたい。
記入済み。
オレという第一人称を使う相手が僕のフリをしていたりするが、その意味が分からない。
小泉さんのときもそうだったけれど、日常で僕が抑え込まれると、平和的観点からすれば悪い方向の安保政策が動いていく。ここ数年は本当に被害がすごい。しかも電磁波の被害とわかるようなやり方をされる。小泉さんのときは、原因が不明だった。
2017.02.03 ●●●メディアに周りの人のそっくりさんが出てくる事実の証拠(170203) に大幅に加筆したけれど、一週間前に書いたもの。子どもの頃のメディアの関係を模索した結果。参考程度に念の為に入れておいた。ただし、メディア被害とはいってもメディアとの関係は良好だったけれど、そちらの話題は要注意かもしれない。  ーーー 朝8時。電磁波被害で苦しい。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があった。 声:影響力なくされた私、と言っていた。誰が影響力無くされたの、と僕が聞いたら、誰が影響力無くされたのと言った私、と言ってきた。 電磁波がひどくなって苦しくて仕方ない。 その後に、これを書き込もうとしたら、飛騨のアキヒロの方と間違えた、と言ってきた。 よくわからないが、撹乱しながら電磁波で弾圧するのはやめてくれ。 裏での電磁波兵器の使用に反対。 死ぬつもりはありません。 いま(午前8時半前)、スマートニュースが「北朝鮮が弾道ミサイル発射」と速報を入れてきた。開いて読んではいない。僕は中道左派リベラルと書いていて、あの世襲制の保守共産主義独裁みたいなところとは対極で、まるで異なる価値観であり、左派系というだけで北朝鮮と誤解するようなネット右翼みたいな連中が、むしろいまの北朝鮮に最も近いわけであり、僕のようなネット右翼も独裁も全面的に否定するリベラルという価値観の左派系を、そちらと一緒にするような者が、本当にいるかは知らないが、メディア被害の仄めかしは米国の側がしているものと思われ、そこが僕にくっついている何者かのせいにしているようだし、実際にそうかもしれないが、日米の側が裏でしている電磁波弾圧を撹乱する手法は、姑息というより滑稽ですらあって、そういった見当違いな弾圧は即刻停止すべきだ。僕自身は特段、反米も反権力もしておらず、にもかかわらず弾圧被害があるため、それが権力の側でしかできない種類のものであるため、権力が電磁波兵器を用いて弾圧行為をしているという事実を主張せざるを得ない状況にされているだけということになる。悪いのは僕だろうか? 違うでしょう。弾圧を止めるべきだ。 (補足) 僕自身は、影響力のあるなしなどどうでもいいので、電磁波被害が嫌で仕方ないだけ。実際は影響力があることが何を意味するかしらないが、影響力がまだあるから、いつもは寝ている日曜朝に起きていたら、直下型に近い自身が日曜朝9時の以前は見ていた2つの報道番組の間の時間に発生したのだろうとは思うが、こちらは政治とは縁を切りたいと思っている。ただし、あのとんでもない自民党改憲草案のストップくらいは続けたいので、もしそういう状況なら微妙だ。 いまは共謀罪に反対し続けているので、嫌がられている。政府が論理矛盾がありながら強行しようとしているので、強要しているのは共謀罪を主張する側である米国ということだろうか? 見えない内政干渉ではないですか? 僕は反米の意図など全くないが、なぜ反対の強い共謀罪を日本に無理強いするかは分からない。 昨夜に入浴してから、何かが変わって、遠隔操作されて勝手に自分が考えていることを喋るのか誰かに操られていたのかしらないけれど、とにかく勝手に喋る状態がなくなった。自分が喋りたくもないときにひとりごとを言う状況がなくなって、それはありがたいが、電磁波の被害が悪化したのは困る。電磁波は止まるとは思う。誰かが僕から外れるのかもしれない。その誰かは、もしかしたら、さっきの音声送信の私さんなのではないか? 僕の方はどうだか分からない。勝手に喋らなくなったのはありがたい。 誰かが誤解しているけれど、僕は加害者でありません。撹乱されながら弾圧をされていて、何も悪いこともしていないのに、苦しくて仕方ない。 昨日など、強い頭痛薬を2包も飲んでいて、それでも頭痛が治まらないので、夜に葛根湯を飲んでいる。 頭痛は多少軽減したが治まっておらず、電磁波の影響と分かる胸への圧迫感がある。とにかく、苦しいので何とかしたいが、僕に繋がっていた誰かが外れるときに苦しいことはある。もし彼女なら、こちらが気を遣っていたからかもしれないし、向こうが僕を嫌ってのことなら仕方ない。 音声送信が、全然効果ないどころじゃない、と言って嘆いていて、それによって僕が苦しい。勝手に口が喋らないので、僕を操っていた人の1人であろう、口を操っていた人が外れるのに、この苦しみは何だろうか? 妄想ではありません。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー 電磁波兵器を扱えるのは兵器だけに軍隊だろう。日本なら自衛隊になるけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊や警察などの公務員による拷問は憲法で禁止されている。 日本国憲法 第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。 第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。 第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。 第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。 第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。 海外の諜報機関や軍隊なら、日本は独立国であり内政干渉は止めるべきだ。何人であれ人権は尊重しなければいけない。  ーーー 電磁波のビリビリとした被害が止まっていない。 何も悪いことはしていない。変な誘導ばかりで、罠だらけで、誰かを犠牲にすることなく、自分も罠を回避しようとしただけ。 僕はキリスト教徒ではないので、ひとりが皆の罪を背負う贖罪という価値観を有していない。 慈悲の気持ちはあるが、お人好しではない。 僕を罠にかけた仕組みをつくっている電磁波兵器のインフラを構築した権力の裏機関だけは絶対に許さない。 テクノロジー犯罪被害は精神疾患ではなく、権力がわからないようにしてやっている人体実験および社会実験と弾圧だろう。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html) 僕も誰も死にません。  ーーー 壁を「透視」して人の動きを検知、MITが無線LANの電波で実現 日経エレクトロニクス 2013/07/04 19:27 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130704/291005/?rt=nocnt 壁を「透視」して人検知、MITが無線LAN活用で 日経新聞 2013/7/5付 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0503L_V00C13A7000000/ (以下、引用)
 米Massachusetts Institute of Technology(MIT)は、同大学の研究者が、無線LAN(Wi-Fi)の電波を用いて動く人間を検知するシステム「Wi-Vi(Wi-Fi Vision)」を開発したと発表した。コンクリートの壁の向こう側にいる人の動きを知ることができる。近い将来、安価な対人レーダーとしてさまざまな用途に利用できるようになる可能性が出てきた。

 Wi-Viは、一般的な無線LANの電波を発射して、人間に反射して戻ってきた電波を受信することで、受信器と人間間の距離や人間の動きを知るシステムである。つまり、原理的には一般的な測距用レーダー・システムと共通性が高い。ただし、従来の測距用レーダー・システムは専用に割り当てられた電波帯域を用いている上に、価格やシステム寸法の点においても、一般消費者が使えるようになる可能性は低かった。

 今回、MIT Department of Electrical Engineering and Computer ScienceのProfessorであるDina Katabi氏の研究チームは、人間を対象にした測距用レーダーを、低コストのWi-Fiで開発した。低価格かつ小容積のシステムが実現できる。

動く物体からの反射波だけを検知

 MITによれば、開発は容易ではなかったという。無線LANで利用する電波は部屋内部の家具や机、壁や天井で乱反射する上、壁を透過して戻ってくる電波は発射した電波のほんの一部だからだ。Katabi氏らは、壁などに反射して戻ってくる電波を抑圧し、動く人間に反射して戻ってくる電波だけを取り出す技術を開発することで、Wi-Viの開発につなげた。

 Wi-Viシステムの最小構成は、送信用アンテナ2本と受信用アンテナ1本を備えたWi-Fiのトランシーバである。送信用アンテナ2本は互いに位相が逆で、同じ強さの測距用電波信号を発射する。これによって、静止している物体からの反射波は互いにほぼ相殺し、動く物体に反射した電波だけを検知できる。動く物体とは、多くの場合、人間ということになる。検知の解像度も比較的高く、腕の動きなども検知できる。

 Katabi氏が想定する用途はいくつもある。その一つは、災害救助だ。地震などで崩れた建物内に閉じ込められた人の有無や生死を知ることができるためである。体が動かなくても、腕などを動かせれば、その動きで分かるという。

 また、泥棒や盗聴などに対するセキュリティー確保にも利用できる。壁の向こうに人がいるかどうか、そして何人いるかもある程度分かるからだ。携帯機器に実装して利用すれば、自分を物陰に隠れながら尾行する人の検知も可能になるという。

Microsoftが注目

 さらには、壁越しのコミュニケーションやジェスチャーでの家電の操作にも利用できるという。

 MITによれば、既に米Microsoft Researchの研究者がこの点に注目しているという。既存のKinectなどで用いられているジェスチャー入力機能は、赤外線を用いており、利用者が機器の正面にいなかったり障害物があったりすると利用できなくなる。Wi-Fiの電波でジェスチャー入力が実現すれば、ジェスチャー入力の用途の幅が広がるのだという。
(引用終わり) 要するに、家にもあるようなWIFIが使われて、近隣のモノと複数あれば、静止物の反射は計算で除外して、動く人などだけを捉える対人レーダーが可能ということなのだから、権力側が悪用すれば、普通のネット環境だけで特別な装置を要することなく、人の監視ができるということになる。逆に考えると、普通の携帯電話の電波塔でも何かできるかもしれない。恐ろしい時代だ。 我が家は山奥でも特に辺境なので、昔から携帯の電波も受信し難い状況で、地上デジタル放送は電波難受信地域なので光ファイバーを使っている。上の条件だと被害に遭い難いところということになるが、ひどい被害を受けている。 数年前に、近くの山の上に向けて、ヘリが何度も荷物を運んでいたことがあった。その後に電磁波被害を受けていて、その山に登ろうとしたら、山の中腹でそれまで何ともなかったのに、急に心臓をバクンバクンやられる被害を受けて、山を下りたことがある。 しかし、その山の上から電磁波を放っているとすると、木立のなかの山の中腹で的確に電波をあてられるだろうか? ヘリの運んでいたものはギミックというかおとりでしかなかったかもしれない。 むしろ、(上に小学校の児童数の激減を書いているように)ド田舎の不便な超過疎地域の町外の不便なところなのだけれど、過去に何故かすこし離れたところに、次々と鉄筋コンクリート造りのアパートなどの建物が、我が家を囲むように建てられている。 南にアパート、西にもアパート、東にサービス付き高齢者住宅、西北西に大きな落石防止のコンクリート製の数メートルの裏側にも行けるような分厚い壁と、それを保安するための小さなプレハブ小屋。 アパートやサ高住は、入居者次第だし、何がなされているか検討もつかない。僕が疑念的になっているだけかもしれないけれど、どうも立地条件からすると、このあたりにそういう建物が建つこと自体が過去にはあり得なかった異常なことだった。 この国には何があるのだろう? 何もないはずがない。  ーーー 新聞で中国の話題だとビリビリくるようになった。まだ、前の朝日新聞というだけでビリビリの状況よりは多少は緩和している。いまくっついてきているひとは男性のいちもつが好きらしいので、男ならゲイの方だろうし女性かもしれないけれど、右翼系で中国が嫌いらしい。ゲイの人なら左派系を嫌うと居場所がなくなりますよ。ちなみに保守系である日テレ系がゲイ戦略をしていたのは、米民主党に配慮していたことと、共和党のニセリベラル戦略の両方の可能性がある。いまくっついている相手は僕とは趣味や嗜好が随分と異なる。僕は中国を嫌わない。別に反米もしない。僕のことが好きなら、僕の価値観を嫌わないで欲しい。結局、しばらくして僕が嫌われていくのだろうけれど、何でそんな嫌なことを僕に裏がしてくるのか分からない。  ーーー 前の書き込みのあとに、相手が離れていって、スマートニュースを見ていたら途中からというか最新の2ツイートくらいで、今度は僕に同意すると苦しくなるらしき相手がきて最初は気付かなかったけれど気付いてから困り果てた。人工知能か誰かを使って、僕の考えを歪めようとする戦略をしてきているけれど、これらは脳操作ではない。脳操作は言葉通り操作されて、もしその電磁波の強度が強い場合は、その間は遠隔操作の意見が自分の意見と異なるかすら分からないことがある。そんな人権侵害が許されるはずはない。ちなみに音声送信と弾圧の仕組みで、人は言いなりにはなり得ないどころか、内容次第では反発します。理念的なことばや理想であれば、圧力などなくても率先して人は賛同する。圧力は理念への弾圧でしかない。権力は卑怯だ。いまの相手に配慮はします。ツイートを調べたら僕が「包摂し救済し助け合い共生するのが本来の人の本質にあるもの。」と書いた内容の記事が、本田由紀さんの本の紹介で、彼女は前の凍結されたツイッターでフォローしていた人だった。弱者目線の東大教授で、どう考えても味方。こういうケースはどうすればいいのだろうか? 権力は卑怯だ。 東大教授をしている超頭のいい彼女ではないだろうけれど、音声送信の相手がどっちが悪いかみたいな発想を言ってくるので、物事はどちらかが正しくてどちらかが間違うような二項対立ばかりではないと、いつも僕が考えていること、相手に言っていることが伝わらなくて困っている。 極論だとか、正否を二分化させる思考、一部を全体かのように扱う思考は、概ね間違いを生むので、そういった認知の歪みを日常的にしているひとは、認知行動療法で、御自分の認知の特性を知って改善されるといいと思う。 (補足。上の一文は、かねてからの僕の持論で、最近の十数年で日本に普及し定着してきた心理療法。自分自身が原因不明の心身の不調で苦しんで辿り着いたもののひとつ。ありのままを見る習慣が身についた。もちろん理念は無視しない。僕は無宗教だけれど、仏教の八正道に近いかも。もうひとつは自律訓練法だった。こちらは別にヨガでも座禅でも瞑想でもいいかもしれない。東洋的な価値観は苦しいときに救われるし、西洋の価値観とも一致するものが多い。西洋の価値観は社民主義やリベラリズムが社会を良くすると思う。この内容は僕の考えの中のものだけれど、洋の東西で分けて考えるのは僕の思考方法ではないし、本田さんでもないと思う。何かが干渉してくる。僕の思考に何かのバイアスがかかる。くっついている誰かがバイアス(偏り)を知らなくて、統合失調症の造語だと思っているみたいだった。僕はそういうことばはよく知っている。ここ数年はボキャブラリーが減っていて困っていた。でも、よくよく考えたら、欧米由来の現代思想に救済を求めても何も得られそうもなくて、向こうの人は心理療法か宗教を選ぶのだろうけれど、こちらは文化の土壌自体に選択肢が豊富にあるように思う。) 音声送信の相手はさっきの大学教授ではないと思う。もしそうであれば、間に人工知能か何かが入っているだろう。それすら仮定のことであり、実際は僕への嫌がらせを担当する何かがついていて、いろんな手法をしてきているだけかもしれない。 電磁波装置を用いた人体実験には反対します。 憲法守れ。人権尊重。 170307 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 オレという第一人称を使う相手が何故か僕と入れ替わろうとしていて困っていた。ただ、今日になって声が何年も前の普通の自分に戻っている。しかし、過去にも、何故か家族と接触したときに、僕の声ではない低いしわがれた声にされたりしていて、それでは本当におかしなことになるのだが、僕を誤解している誰かの意図があるのか知らないが、実際の僕の状態がメチャクチャにされている。 昨日の夜だが、歯磨きをしているときに聞き取れない断続的な変な声があったのだけれど、ある瞬間に鏡の自分を見た途端、音声送信が、いま言っとった奴がコイツに見える、と言っていた。これは、誰かがしゃべっている内容が、僕を監視する役をさせられている相手にとっては僕の意見に見えているということだと思う。そういうことを仄めかしてくる声が度々ある。僕にとっては意味が分からない状況だが、何かがあるのだろう。 どちらも僕の深層心理とは到底言い難い別のもので、フレイ効果ともいわれるマイクロ波聴覚効果を用いた、僕を貶めるような実験的謀略がありそうだけれど、それが僕に効果的ともいえず、生活の妨害にはなっているが、それならビリビリ被害の方がずっと妨害になっているし、声の方は意味が分からないものばかり。確かなのは僕とは別の存在による声であることだけだ。  ーーー 上は6日の内容。いまは7日の夕方だが、今この瞬間の音声送信が、きょうコイツがきたもんでや、というもの。頻繁に言われるが、僕はどこにも行っていない。テレビもつけておらず、ほとんど横になっていた。僕への声の相手は嘘ばかりなので、とにかく明確な間違いもハッタリも多いから、声の内容は一切信用しない。 今日は午後まで電磁波があって動けなかった。ずっと通過するJR東海が一部を除いて警笛を鳴らしていた。僕を批判した方がいい人、批判しない方がいい人がいるのか? 間に誰かか何かか人工知能か何か分からないけれどあるように思う。それでアベコベになるのかもしれない。 昨日の状況だと、いまが安倍政権だからか、僕がネットで訴えるようになったからか、アベコベになっているかもしれない。先日、自民党総裁任期が3期9年まで可能となるという報道があったばかりだが、以前から言われていたように安倍政権がまだ数年は続くようなので、しばらくは政治に関しては新聞やスマートニュースを個人的にちょっと見るくらいしか関係ができないし、ネットで訴えているので、テレビの報道には近付けないと思う。今日の朝日に朝生討論が30周年になることが書かれていた。全てではないけれど始まった年から見ていた番組なのに、数年前から例え起きていても見ることができなくされている。紙面にもリベラルの退潮が書かれていた。 30年の歴史ある番組。前半は見ると勉強になったけれど、後半は僕も大人になっていたので時間があって時事報道を追っていたこともあり、見ても知っていることばかりで、論者の矛盾と間違いが気になるだけの視聴だった。何にしても、2012年くらいから報道は部分的にしか見れない。かつては社民〜リベラルのところで何故か僕の方の恩恵があったような流れができるような感じだったけれど、その後は僕が悪者みたいにされて、見ても見えないところで邪魔するような感じになっていたので、もう見ることはないでしょう。田原さんは健康で頑張って欲しい。 そういえば、先日も朝日新聞を数日読めなくされて、再度開いたらわずかに右傾化、ネオリベ化していた。何故に妨害されるか分からない。僕が関係していたメディアが、僕が見れなくなった後にやや右傾化する傾向はいまだ続いている。以前から見ていたメディアはともかく、新たなメディアに関わることは止めているので、見る範囲が狭められるのは痛い。 僕は中道左派リベラルで、北欧思考かつ社会自由主義だけれど、仏教思想やよき伝統(悪しき伝統は嫌いだが)なども受け入れる。ただ、やはり左派系のリベラルで、移民や難民を受け入れるべきと思うし、日本語教育を広く普及させたり、日本語の教育サイトをつくったりして、海外との交流を活発にした方がいいと思っている。格差や不条理は是正すべきだ。 (補足:日曜朝10時のテレ朝の討論枠だけれど、僕が見れなくなったあとに終了してバラエティ枠になっている。朝生は続いている。違いがあるなら、時間帯による視聴率の差からくる影響力、テレ朝が直接制作してるかどうか。サンプロはテレビ朝日・ABCの共同制作で大阪が関与。報ステやニュースステーションもその流れ。朝生はテレ朝単独。ちなみに僕が抑制が弱くて本音を喋れたのは朝生の方。僕が左派系の価値観であることが関係している。ただ、安倍政権下では見れない。2006〜7年もそうだった。)  ーーー アップしようとしたら、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、何もしていない…が…をしているので、…に気付かせようとしたら、…の方が…やった、と言っている。 昨日からも曖昧でよく分からない状況が続いているが、後から読むと曖昧で僕がうまく対応できないがために僕に罠が仕掛けられていたという脳操作のケースだったりする可能性があるので、上も注意したい。 僕は何もしておりません。今日のJR東海の警笛も不可解で、彼らが何故に何年もこのド田舎の赤字の単線で警笛を鳴らし続けるか不明だけれど、何もしていない僕のせいに見せようとしているのか、そもそもが誤解で、僕の発言ではないもので僕が批判されている可能性もかなり高く、ただ、実際のところは分からないので何ともいえないし、僕も脳操作被害があるので、この状況ではどうしたらいいかは分からないけれど、こちらは悪いことはしていないし、ヘイトなことも言っていないので、堂々とバカ正直に対応するしかないと考えている。 昨日から、遠隔操作によるひとりごとが激減していて、何かの変化を感じている。声も自分のものに戻る時間が増えてきている。 音声送信の「オレ」さんが戸惑っているような声があるけれど、僕は誰かのせいにするつもりはありません。「オレ」さんがどういう人なのかも知らないけれど、裏が何かの罠を仕掛けているなら、皆が安全に罠を回避する道を模索すべきと思う。  ーーー どういうことか分からないが、脳操作もあるだろうけれど、気付きみたいなものが送られた。 長野県防災ヘリ墜落している。記事によると、長野県防災ヘリ「アルプス」は、3月5日午後1時33分に松本空港を離陸し、午後1時53分には長野県塩尻市の臨時ヘリポートに到着する予定だった。5日午後3時すぎ、長野県松本市と岡谷市の境界にある鉢伏山付近に墜落が確認されている。 「アルプス」にはパイロット1人、整備士1人、県内の消防隊員7人の計9人が搭乗していた。搭乗していた9人のうちパイロットを含む3人が5日に松本市の病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。死亡が確認されたのは、県消防防災航空隊員の伊熊直人さん(35)、甲田道昭さん(40)、パイロットの岩田正滋さん(56)。 その時間のことを調べてみる。 ヘリが落ちたのは日曜日の午後1時半から2時と思われる。 僕は生活がズレていて(ズラサれていて)、電磁波で苦しくなる朝に寝てその時間は睡眠中だった。昼に起きていなくて、昼から午後1時の間のテレビタックルも終わっていたので、起きたときにはヘリは墜落した後だと思われる。 寝たのは、午前8時半に訂正ツイートを入れた後。寝入り始めた頃に直下型の小さい地震があった。後で気象庁の地震情報ページを調べたら午前8時53分となっている。 寝る前に、闘病中の女子アナの小林麻央さんのことを書いている。僕が彼女と全く縁がないけれど、スマートニュースが僕に見えるように出してくるので、スマートニュースのシステムがどうなっているか、裏がそこにハックできるかは分からないけれど、不自然だったので、病気になっているのは僕が見ていない方だと書こうとして、脳抑制されたり脳操作で意識が脱線させられたりしている。 脳を読まれて別の僕の関心事項をかいて、データの画像まで作成している。 僕はニュースZEROを見たことがほとんどありません。近くの飛騨高山の人がアンカー(キャスター)をしているので、1〜2回、数分程つけたことはあるけれど、僕の主義主張は左派系なので、日テレさんのバラエティは尊重するものの、日テレさんの報道はほとんど関係していません。権力側なので文句を言うことなどあるはずもないです。 (補足:原発事故のあとのクラブワールドカップの間のCMで、ホットスポットの地で落ち葉を集めて焼き芋をしている番宣をみて怒ったことはありますが。そのときは、メッシがスタジオのインタビューに応じなかった。メッシの髪の僕と同じ場所が跳ねていて、何か変な仄めかしにも見えた。アルゼンチンは反米国家で、スペインは親米だが左派国家。メッシは代表では活躍し難いと言われていた。何か意味もありそう。) その時の流れだと僕のせいにされかねないので、なんとか僕ではないのですよということを、事実なので妨害されながら、そのまま書いている。 もちろん、小林麻央さんが快復の方向に向かうことは願っています。 僕のせいに見せてこないで欲しいのだけれど、集団ストーカーだとかテクノロジー犯罪の被害者の3〜4人に1人はメディア被害もあるとのことで、被害者は多く、なかには問題ある言動もあるのだろうけれど、それらの結果として生じたことで、僕には関係ないことを僕のせいにされても困ります。 簡潔にまとめると、僕が見ていないのに日曜の2つの討論番組の間に地震。テレビタックルもみていないのに、その後にヘリの墜落。それなら見ればいいかというと、どうもそうではない。単に関係ない僕のせいにしている人たちがいるということになる。 いまも電磁波技術が用いられた妨害があるのだが、僕のせいにしたい者がいるのは確かだ。はたして実際のところは僕のせいだろうか? 僕にそんなことが可能だろうか? 可能だとしても僕がそんなことをするだろうか? 僕が脅されているという解釈なら正しいだろうが誰が僕を脅すのか? 誰が僕のせいにしようとしているのだろうか? 僕は何もしていません。 事故で犠牲になた人たちには、謹んでお悔やみと弔意を申し上げます。 どうして関係ない人たちが犠牲になるか分からない。同時に、僕だって関係はありません。  陰謀論は避けたいが、変な陰謀的な状況があるので、仕方なく書いておきます。 墜落した鉢伏山(はちぶせやま)の標高が246mとのこと。阪神と東日本大震災の発生した時間が46分なので気になる。 こういうことを書くことはやめたいけれど、何も悪いことはしていないのに、僕のせいにされたら困るので、書かざるを得ないときがある。
目次へ




 2017/03/08/ (割と重要も注意)170308〜 の被害記録 (誤解を避けるために)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: (割と重要も注意)170308〜 の被害記録 (誤解を避けるために)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: メディア集スト
CATEGORY: メディア集スト

DATE: 03/08/2017 06:34:47
-----
BODY:
僕のおかれた状況は、プロフィールの◆はじめに◆を読んでください。
(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)

電磁波兵器を扱えるのは兵器だけに軍隊だろう。日本なら自衛隊になるけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊や警察などの公務員による拷問は憲法で禁止されている。

日本国憲法
第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

海外の諜報機関や軍隊なら、日本は独立国であり内政干渉は止めるべきだ。何人であれ人権は尊重しなければいけない。







170308

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

そのときに相手が僕のふりをしているのではないかと思わせる脳操作があって、それにより僕が相手の音声に抗議をするようなケースを利用してきて、その場合は、こちらは自分のふりを相手にされて嫌がっているのだけれど、もしそれを第三者が聞いていたとすると、その人が僕の状況を分からなければ、言葉だけの文脈では僕が悪く見えてしまうような罠になる手法が用いられることがある。

僕の加害者のような嫌がらせをする者の声と僕の声の中間の声が僕から出たときに、相手の嫌がらせを僕のせいにできるのかもしれないが、相手も上の記述のような罠に嵌められているかもしれないとは思うけれど、それとは異なることが背景にあるのかもしれず、実際の相手の状況は分からないが、とにかく相手の発言も罠かもしれず、僕のこちらとしては仕方ない対応も相手への罠に使われるかもしれず、とにかく対応に苦慮する。

もしかしたら双方が相手の発言を自分への罠だと思っているかもしれない。疑心暗鬼の脳操作を利用されると、不思議な状況ができるのかもしれないが、僕の方からすると、そんなに単純なものではなくて、脳操作がされたにしても、かなり手の込んだ入れ子構造のような罠やフラクタル(自己相似)な罠に見えるものがあって、この場合は自分の中ではなくて、社会の中に罠がつくられているなら相手がいることになるし、自分の意識の中であれば、人工知能が脳を読んで紛らわしい仕組みを構築して罠を仕掛けてくることになる。

こんな仕組みを人間だけで即興で構築可能だとは思えない。人工知能は裏では非常に高度なものが存在するかもしれない。

 ーーー

昨日の内容などでも、書いているときに記憶が消えたりするのだけれど、そうやって抜かれた記憶なのか、誰かが僕のブログを読んだときの感想や批判なのか知らないけれど、にPCの前にいないときにブログの一部で修正した方がいいところがあること気付かされるものの、PCの前にきた時にはそれがどうしても思い出せない。

 ーーー

脳操作のことをある程度克明に記述したからか、2〜3日前から、勝手に口が喋るようなことが激減した。自分の意思で自分が操れるという当たり前の状況が、完全ではないけれど、かなりのレベルでできるようになってきていて、もしかしたら自分次第で、状況を改善できるようになるかもしれない。

ちょっと前までは、学習能力がなくなっていたというか、脳操作のより行動が操られて、そんな失敗を繰り返すわけがないという状況が続いたのでどうしようもなかった。もし少しでも改善があれば、こちらは喜ばしいことです。当たり前の自我が日常の言動に戻るという当たり前のことで喜ぶという状況の異常性は、なかなか理解はされないとは思うけれど。

 ーーー


今日は、ビリビリと電磁波で、午後の間苦しくて横になって寝ていた。

夢を2つみた。

ひとつは車の助手席に乗っていて、交差点で止まったときに、同級生Tとその母がいたので、同級生に、久しぶり、と言った後、おばさんに、こんにちは、ご無沙汰してます、と挨拶していたら、なぜかその間に同級生Tが後部座席に乗っていた。車はそのまま動き出していた。

もうひとつは、自転車に乗っていて、何故か僕が見ていたテレビに出演していた人たちがバラバラにたくさん歩いていて、自電車なので、それを追い越していったのだけれど、また交差点で止まったあとに、何故か苦しくなったので、Uターンしたが、ペダルが十分に踏めないくらい苦しかった。テレビに出ていたひとは、こちらが苦しいことなど気付かず、普通にフレンドリーな笑顔だった。

2つの交差点は信号もないところで、交差する道路の方が大きいので、こちらが一時停止しなければいけない同じところだった。

これに意味はあるのだろうか?

その夢の後、また寝てしまった。

夕方に目が覚めたが電磁波被害で、ビリビリビリビリとされていた。その間、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の変な声があった。こんな大学も出てない奴の言うこと聞いちゃダメ、と言っていた。その前にもその間にも僕は何も言っていないし、ただ寝ていただけなので、それは誰のこと? と思ったら、相手が、だって見えるんやもん、見えるんやもん、見えるんやもん、見えるんやもん…(ずっと高い声のコダマ状態)。人工知能だろうか?

もしかしたら、僕のデマが流されているのではないか? それとも、別の人の意見を誰かが否定しているのかもしれない。曖昧な状況でさっぱりわからない。ただ、こちらは電磁波の被害で苦しい。

 ーーー

最近は、空いた時間に、ずっと妨害されて読みたくても読めなかった現代思想の入門書を読んでいる。妨害も多く、情報量もあるので、やさしい本だけれど、どんどん読み進めることができない。現代思想の系譜だと、ずっと理系だったので思想系は弱いけれど、まだ、多少は読書ができた頃に読んで過去に知っているのは、医療系だったのでそのときに学んだヤスパース、精神医学関連でフロイト、(ユング?)、ラカン、それから構造主義のソシュールとレヴィストロース、現代思想か分からないが複雑系あたりしかなくて、それ以外の哲学だとソフィーの世界と仏教思想の本を読んだくらい。

その後にディスレクシア(難読症、識字障害のことだが、漢字の方が脳抑制がされて出てこないためディスレクシアという横文字を迂回して思い出している。漢字の方は文盲という間違った差別用語しか出てこない被害状態で、そもそもいまもその文字を書くときに変換候補に間違った文字だけがでてくる被害は、誰かの脳が反映されている可能性があるが、そんなアホらしいことを何故にしてくるのか? 相手が僕より頭がいいと言い張っているから、僕が迷惑する状況ができているように思えるが、結局権力による妨害を撹乱する目的での手法ではないのか?)

現代思想が何なのかをこの歳になって読むのは、知りたいことへの情報アクセスを妨害されてきただけなのに、バカにされるのが悔しいのと、純粋な好奇心から。

サ○ラ○の人がここにおるあんたやってことになっとるんやから、そんなこと書いちゃダメ、と言われた。それは事実だろうか? それとも相手の謀略で知り合いが読んだら僕が嫌われるようにされているのかもしれない。でも、僕は誰かの言ったことの責任をとるような必要はないと思う。もし事実なら、弱者のせいにするようはやり方は許されないが、もしかしたら別の誰かが言ったことをサ○ラ○の人のせいにみせて、さらにはサ○ラ○の人が僕のせいにしていることにされたら、二重に撹乱が入るので、分かり難いということではないのか? 実際のところは何も分からない。僕の周辺を調査して、撹乱の音声送信を送って来られている可能性が高い。結局、米政府の裏が日本政府に無理難題をやらせて、それを米国か日本政府か分からないが、ネットの被害者のせいにするような仕組みがあって、その被害者の周辺のひとへの離間工作の効果もある撹乱をされているように感じる。この場合は被害者は僕ということになる。止めて頂きたい。

バカにされるのが悔しいと書いたが、この状況は複数者で多層にフラクタル(相似)になっている可能性がある。僕の場合は14歳から被害があるので僕をバカにする相手が僕より知的とは限らず悔しさは倍だとは思うけれど、あまり負けず嫌いなところがないので、ただ嫌だと思うだけではある。14歳からの被害というのは、それ以前は大量の読書をしていたのに、あることが切っ掛けで軽度のディスレクシアみたいになっていて、文を読んでも意味が入らない被害があったので、確か中3の年は受験勉強など放置して、それまで読んでいたよりも易しいライトノベルをたくさん読んで、読書のリハビリをしていた。とにかく易しい文章でなければ意味が頭に入ってこないし、集中も持続できなくて困り果てた結果だった。

その被害は、小泉内閣ができた頃に悪化して、その後、読めるものと読めないものが分けられていたことに、当時は気付いていなかった。同じレベルの文も、僕に相手が読ませたくないものは難しく感じさせられた。例えば理系の養老孟司や宮台真司は読めたのに、東浩紀や吉本隆明は読めなかった。ネットコラムも田中宇のものをずっと読んでいたけれど、ものすごく難しい文章だと思わされるくらい読むのに苦労した。テク犯被害を知った後に読んでみると、文が難しいのではなくて、脳抑制がかけられていたことが分かる。同じことは紙の新聞は難しく感じさせられるが、同じ文をネットで読むと難しくはない。

どうも何かが裏にあって、それが様様な方法で撹乱されている。脳の遠隔操作などの実験があったのかもしれない。

いまもマウスを動かすときのテーブルとマウスの摩擦音がヒーヒーという喘ぎに聞こえさせられる音声送信被害があって、僕を悪者にでも見させたい心理手法がありそうだが、こちらは少しPCを扱っただけだ。生理操作でトイレに行かされる被害があるが、一般にどれだけ信じてもらえるだろうか? 生理機能だって、多くは脳が制御しているので、ニューロンの電気的性質に電磁波が影響することを考えると、そういう遠隔操作は可能と思われる。

いま的という文字が敵にされる不自然な変換があったが、安倍政権のときは朝日系を敵に見せようとしてくる。でも、問題があるのは産経の方だ。東京新聞(中日)だとかゲンダイの方は逆の意味で頑張っている。

電磁波被害は止めて欲しい。
(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)


 ーーー

誤解を避けるために

被害者が報道記事を紹介するときに産経を使う傾向がある。そうすると、産経の方が被害を受けていているように思えるかもしれないが、それなら産経嫌いの僕の被害が激烈なのは何故か? 実際は被害者のうちネットで訴えられる人の多くが産経や右側に誘導されるだけではないか? 産経は右翼新聞だが、日本と米国という日本人にとっては支配者の方が安倍総理とトランプ大統領という右翼系の人たちだ。結局は、権力に配慮しないと、書きたいことも書けないような状況なのかもしれないが、それでは本当に書くべきこと、主張すべきことは不可能になる。

だいたい左派系やリベラル系は自由と平等、博愛、人権、民主主義を重視する側であり、そちらが貶められている現状で、そちらの立場で人権侵害の被害を訴えられなくされるような被害が、どれだけ悪質かは知って欲しいし、左派系が悪いかのような誤解を招くことはしない方がいい。僕は左派系のまま訴えているが、ちょっと特殊なのかもしれない。その代わり孤立化させられている。

こう書くと僕のHPが誤解を招くと言われそうだが、あれは左派系を貶める陰謀があることを訴えている。僕も脳操作被害があるため、わかりやすく書けていないかもしれない。誤解されないように修正しようとしてもできない状態にある。ただし、イメージで捉えずにしっかり内容を読んでもらえば誤解はされない。

HPの方では僕が巻き込まれていた事態を書いているが、その中で関係が仄めかされているかのようにも見え、もしかしたら罠でしかないかもしれないフリーメイソンが何かまでは、僕もよく分からないため書いていない。

フリーメイソンは陰謀論でもでてくるが、実在する団体で、自由、平等、友愛と言われるように、決して悪い理念を有しているわけでは無く、フリーメイソンを悪く扱うのは日本だけとも言われていて、それが特に問題はないことを説明すべきかもしれない。昔は米大統領などにも出身者が多く、いまはその影響力は過去のものとなっているようだけれど組織は存続しているようで、結局のところ民主主義の代表者が平等や自由を主張することは、独裁に比べれば好ましいことでもあるとは思う。それ以上のことは僕には分からない。

僕は陰謀論者ではなく、陰謀に巻き込まれていることを知る数年前までは、陰謀論も知らなかった。

ただ、フリーメイソンであれ陰謀論のイルミナティであれ、現実の政治の社民主義やリベラリズムであれ、そういった平等や市民の自由を主張する政治勢力の側に対して、トランプ大統領を支持する人たちからの圧力やデマが流されていたようだけれど、そんなことには負けないように、市民は自分たちの権利を主張して、社会を福利厚生が充実した民主的なものにする方向で、権利を行使すべきと考える。

実際のところ僕は不器用なほど事実に忠実なだけです。






170309

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

相手は僕の主張に対して撹乱というか悪用というか謀略のようなことで返してくるようなのだけれど、その相手も利用されているだけの可能性もあるため、実際のところは何が背景にあるかまでは信頼に足る情報が不足していて分からない。

僕の政治や社会問題に関する意見は過去に得ているデータと論理と理念をベースにしているので、基本的には正しいものが多い。僕が意見を言うと、何者かが、それを僕が言われているという理解をして、僕を悪いと言ってくるが、どうしてそこまで見当違いというより、恣意的に僕を貶めようとしてくるのか、理解できない。僕のことを古谷というのだから、僕のツイートなどを読めるはずであり、その姑息な謀略の悪質さを相手はよく分かっているはずで、脳操作されてそう思わされていることを、相手も認識しているようなのに、何度も何度も同じ手口で僕が悪いと言ってきて、それに僕が対応しなければいけなくなるが、単純に相手が姑息なのか、脳操作が姑息なのか、脳操作で相手の学習能力が奪われているのか、どうしようもないのかもしれないが、それなら相手の脳操作をしている何かが存在するはずで、そういう悪質な謀略や戦略は止めるべきだ。

僕に気付かせようとするような報道みたいなものがあるが、僕はそんなことは十数年ももっと前から知っていることで、例えば十年前にテレ朝の朝生討論の3時間を毎月見ていても、一度の放送で知らないことが1〜2個あるかないかだったくらい、基本的なことは網羅的に知っていた。NHK解説員の解説スタジアムが4〜5時間年末年始にあったときにも、その間に知らないことがほとんどない状態だった。それは時間があるため、時事報道を網羅的に読んでいたからであり、討論番組の出演者より若いため、記憶力もずっとよかったから。報道が十分にされないところで、そこに突っ込むことだって僕にはできた。東大教授の発言の不備や矛盾だってすぐに気付いたし、野党の知的な議員の説明の不足分を補うこともしていた。とはいっても、テレビを見てのことで、何かの意思疎通もあるような変な状況に見えたが、基本知識と重要ポイントに関しては、報道を追って、ネット検索を徹底的にする生活をしていたため、中途半端な識者よりは詳しかったし、僕がそういう人間だったことはテレ朝やNHKの人は知っているはずだ。

安倍政権になって、電磁波被害の弾圧が強まり、脳が抑制されているのだけれど、民主党政権あたりからもあった抑制がより強くなっていて、一時は一見すると何も分からない人のように見せられたが、どうも何処かのオヤジか何かの脳状態を何ヶ月も体験させられていた時期がある。そういう状況が続いて、最近も抑制はひどいのだが、結果として政治や時事報道に関与できなくされている。安倍政権が長いので、これでは何も分からない何もできない人間になってしまうような被害状態だ。2006〜7年のときは、政治離れしたが、それでも記憶を消されながらも英語の勉強をしたりはできた。最近は、脳抑制も多少は緩んではいるのは、ブログの文を読んでもらえば分かるとは思うものの、それでも妨害はまだまだ多いし、考えを頭の中でまとめてから包括的にものを捉えて、順序立てて説明するようなことはできておらず、場当たり的に考えを書き連ねているだけだったりする。故に文章量が無駄に増えてしまうという弊害がある。

そもそも記憶が自由に使えず、自分の書こうとした目的が抑制されるため、よく知っている言葉ですら、一旦検索して引き出すような手間が必要だったりする。とにかく不思議な先端技術被害により、記憶のピンポイント抑制がされると、そこだけはどうすることもできないので、ネット検索や辞書に頼らざるを得ない状況が形成されたりしている。いまは、文を書くには不便ではない状況だが、頭を使うには不便であり、脳同期されている脳のモデルの相手の知的特徴がある程度は反映されているかもしれない。

自分自身の本来の記憶力の良さや構造理解および論理性は反映されないが、自分が苦手とするような自分の考えに即して文章をスムーズに記述するようなところはもしかしたら自分自身よりも書きやすい状況にあるかもしれないとは感じる。何かの脳操作、脳同期などの実験があるかもしれないが、相手は人ではなく人工知能かもしれない。コンピューターは人よりは数字や計算が得意であり、文章に関してはそうではないと言われるが、僕の脳との同期で文がスムーズに書けるようになる可能性はある。また、コンピューターにとっては空間的な認識や映像の理解は、言語以上に苦手とするものだろうから、相手が人ではなく機械である可能性は実際には高いのではないだろうか?

文章でこちらの状況を書くことはできるけれど、僕の本来的な特徴である、考えをまとめて、簡潔に箇条書きにするようなことはできないので、この状況がどういうことなのか、非常に悩ましいものだけれど、第三者からすれば、文を多く書いた方が知的に思われるかもしれないが、僕のいまの率直な感じだと、ポイントを箇条書きにするような能力の方が、本質的には知性が必要だと思うのだけれど、実際のところはどうだろう? それほど間違っているとは思えない。ポイントをまとめて、不足を説明すれば、誰にでもわかりやすいものができると思う。僕の被害は、誰にでも分かりやすい文なり説明なりができてはまずいのかもしれない。考えをただ文章化して、延々と文が続いても、後からそれを読んで何があったのかを把握するのは容易ではない。長所があるとするなら、脳内編集では気付かなかったことが記述として残ることと、情報量が多くなるので、事実に関する検証をする必要がある場合には、こちらの方が有効性があるということだろうか?

 ーーー

僕にくっついている相手が、僕の妨害をするほどに、長期的には状況がよくなくなるかもしれない可能性があるようで、もしかしたら短期的には相手は僕を妨害した方がいいと感じるのかもしれないが、いろいろと逆効果になっているものがあまりに多いので、変に対応したりせずにスルーすべきだ。

例えば、メディア集ストに関して、気付いたことがあったけれど、僕にそれらを書かせないようにされたら、おそらく僕は遠隔操作されて、危ないのに抑制が利かなくて、ネット上に書いていただろうけれど、いまは邪魔されなかったので、メモをしたものの、PC内のメモ帳に保存しただけ。そのときに、音声送信が、わたしは……、と何かを言ってきて、その後に電磁波の被害を受けて苦しくなった。そのメモ帳もいつかそっとHPの何処かに置くかもしれないが、いまはその気はない。

特に僕の考えなどの良い悪いの判別ができないなら、一部のことから全否定したり過剰迎合されるのが最も困る。

こちらは何もしておらず、こちらからは対応もできないので、もし何かで関係した人は、とにかくスルー(無視)して欲しい。

僕はいまの状況を望んでいない。


 ーーー

誤解を避けるために

今日は昼にいつもとは異なる電磁波の被害があって、何もできなかった。夕方以降に、ビリビリとしたものがきて寝てしまった。

いま20:39。やっと動けた。夕方以降にビリビリとやられて、そのまま苦しくて眠ってしまっていた。中途覚醒したときに、相手が何もかも僕のせいにしようと早口でずっと何かを言い続けていて、それにより僕が電磁波を受けているのが分かった。

今日の夕方から夜8時台の番組で何かがあったか無かったか知らないが、被害を受けて寝ていた僕のせいにされても困る。

変な話だけれど、僕にはメディア集ストが長年あって(メディア集ストの証拠写真など→ http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html 注意)、僕の影響で続いている番組を僕に見せないようにして、終了させようと相手がしていて、どうも夜の番組がターゲットになっている。

もしかしたら、遠隔操作の被害で僕が見れなくなっていって、今後、僕の影響かなにかで続いていた夜の長寿番組が終わらせられていくかもしれない。

テレビをつければいまだにメディア集ストはあるものの、僕はあまりテレビをみていない。みても僕はテレビ番組を批判などしていない。長い被害ではテレビが仄めかしたり反応したりしていたけれど、こちらは友好的に接してきた。安倍政権ができる前までは、社会を公平に、報道を自由にすべきと言っていて、いい感じの手応えがあった。そういう時代だったのかもしれないが。

テレビをあまりみていないけれど、報道をほとんど見なくなったためで、それでも、NHK、テレ朝、TBSの長寿番組は見続けているし、その他の保守局はフジなんかは見なくなって終わったものは笑っていいともなど多いけれど、なぜか日テレ系の土日の夜の番組は見なくても続いている。日テレだけ何故か他と関係が異なる。テレ東系もそうかもしれない。先日、久しぶりにテレ東系の何でも探偵団を何気なく(遠隔操作されて)つけたら、曜変天目茶碗という国宝級のものが扱われていてびっくりした。操られてつけたと直感したが、その後に真偽において論争になっているらしい。(僕が本物か偽者かなんてどうでもよくて、被害者としては本物だ。念の為に書くと独裁が嫌いなリベラルの方の人間であり、ビッグブラザーではあり得ない。)


冒頭の話に戻るが、どうも相手の脳内か何かに噂が流れているか何ががあって、それを相手が自分じゃなくてコイツだと僕のせいにしようと相手が喋り続けていたように感じる。それによって僕が電磁波を受けていた。相手が電磁波を受けているとは限らないようだ。相手が言っていたのは電磁波の被害で言われている相手が認識している噂で、もしかしたら相手が言われていることかもしれない。僕の推測だと権力もしくは権力が利用している人工知能による謀略ではないかと思う。

例えば、家にずっとおるだけのヤツはコイツだ、だとか、そういうことを言っている。僕は相手にそんなことは言っていないが、相手は誰かに言われて、それを僕に転嫁しているのかもしれない。しかし、テクノロジー犯罪の被害者の数は分かっているだけで数千人に及ぶようだし、3〜4人にひとりはメディア被害があるという複数調査があるので、被害により、家におるだけのヤツ、は少なくないだろう。彼らのうちで、メディアに攻撃的になる者も存在すると思われる。そちらによることまでを僕のせいにされても困る。大体において、一個人が電磁波兵器を使えるわけがないので、それを誰かのせいにしたりするような行為は間違っている。

電磁波兵器を使っているのは、兵器だけに軍隊や諜報機関だ。この国や先進国では裏で人権侵害や弾圧がある。中国やアフリカでのことではない。米側の権力犯罪は報道されないだけで実際はかなりひどいものが存在しているようだ。被害者なので分かる。

過去にメディア被害である人を批判している被害者とネットを介して連絡できたことがある。相手には言っていないけれど、僕の遠隔操作をしたことがあると思われる人だ。(遠隔操作被害について http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-36.html 注意) 批判されていたある人とは、脱原発を言っていた著名人で、メディア集ストという変な形では僕の友好的な相手の1人だった。見ていたら興味深い番組をやってくれていた。僕がその人を政治主張を含めて批判するわけがないので、口が勝手に喋ったことを即座に否定して、脱原発などの社会運動に頑張って欲しいと僕が自分の意思で言い換えたことがある。

僕の遠隔操作をした可能性のある人には、相手もただ無知で社会問題など関心がないまま、政府が問題視する著名人を批判させられていただけの人なのはわかったし、相手も被害者で相手の言い分を聞くことはできても、こちらのことを理解するような相手ではなかったこともあり、その人が自分にメディアストーカーしてくると批判する相手がどういういう人で、その背景に政治がありそうなことは伝えていない。要するに、権力が一般人を利用して政治的に気に入らない著名人などをネットで批判させていることはありそうで、それらを誰かが僕のせいにしようとしても、僕は彼らが批判しているリベラル系の著名人の側の価値観の人間だ。そちらを批判することは僕にはあり得ない。

被害は酷くて苦しいが、相手が僕のせいにするのは、相手も苦しいからかもしれないし、むしろ権力がそういう者がいるようにみせて僕を弾圧しているだけかもしれないが、必要なことだけを書いて、それ以上は長文化させるつもりはない。

電磁波の使用は止めて欲しい。

(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)

 ーーー

古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 僕の2017年3月8日〜9日のツイートから
ウィキリークス、CIAのハッキング技術暴露 大量の文書公開 http://www.afpbb.com/articles/-/3120540 #スマートニュース
CIAハッキング疑惑、IT各社が確認急ぐ アップル、欠陥の修正約束 http://www.afpbb.com/articles/-/3120689 #スマートニュース
テレビで室内の会話を盗聴――ウィキリークスが米CIA技術を暴露 http://www.bbc.com/japanese/39202254 #スマートニュース
「『嘆きの天使』というソフトは、インターネットに接続したテレビに侵入し、電源が切れた状態を偽装したうえで、内蔵マイクで室内の会話を盗聴できる。」盗撮もされそう。
【報ステ】『CIA史上 最大の暴露』告発サイト http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000096005.html #スマートニュース
何処がハッキングしているか、まったく分からない時代なのは確か。ネットが匿名なのは一般の人に対してだけかも。それなら実名の方がいいとも感じるけれど、どうだろう?
「CIAに関する最大の暴露」 ウィキリークスが公開:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK3824J2K38UHBI009.html
米NSAだけでなくCIAもしている証拠がでてきた。エドワード・スノーデンが両方に所属していた。ウィキリークスも米国による複数のネットや電話などの諜報手法を過去に報じている。先日は西側の別の国が諜報していると報じられていた。当然ロシアも中国もしていることで、日本もしていないとは限らない。それで「何処がハッキングしているか、まったく分からない時代」と書いている。 MKウルトラなど、CIAが人体実験をしていることは知られているが、CIAだけでなく米軍やNSAなどもしているため、また、同じ作戦(例えばアフガンでの無人機の利用)がCIAからペンタゴンに移されたりもしており、CIAにもNED(全米民主主義基金)などの民間の下部組織も存在するし、僕の被害の謀略の主体を特定するのは簡単ではない。 米国だと断定する材料もないが、世界中で電磁波の被害等の訴えがあり、NHKのBS1での各国の公共放送の録画放送およびCSのBBC、CNNでも仄めかしや反応があったので、世界中でそういうことがあるということはメディア裏支配があるのか、そうでなければ人工衛星の利用を考えれば宇宙の支配をしているところ、携帯電話網やICT機器を考えるとネットを支配しているところであり、米国の可能性は高い。ただ、日本国内のものは、日本が米国の支配下にあるため、米国の機関が直接なのか、日本の組織が下請けでしているかなど、分からないことが多い。 どうすることもできないので、例えばCIAであるなら、CIAの中にも人道的な人はいるだろうと、人間的な対応に期待するしかないような状況ではある。ただ、こちらは何も分からないので、罠を回避して、あとは静かに暮らす以外に対応の方法はない状態。 (音声送信で何かを言われた(記憶が消されたが…)ので、それに関して上に書き足している。これは政治討論をずっと見てきての昔からの僕の意見なのだけれど、文章を理解したり、相手の主張を理解する場合は、基本的には相手を肯定しなければ相手の意図は理解できず誤読、誤解することになるので、相手の主張を相手の立場で理解して、理解を前提に批判的に捉えるのが評論として正しい対応であり、最初から疑心暗鬼になったり、否定的に読むのは好ましい対応ではない。) 170310 メディア集ストなのだけれど、数年前までは、僕の方で恩恵が多かった。いまでも僕の方での恩恵はある。ただ、ネットに書いているため、僕本人がそうではないように見せられているかもしれないし、僕にくっついている人が僕をメチャクチャにしているので、その人のせいで本物がやられて偽者にみせられているかのように見えると同時に、それを僕に思わせる謀略すらありそうで困っている。 テレビも僕の仄めかしをしながら、僕がみていたときのような状況を僕がみていないときにしているし、それらの仄めかしは明らかに僕に不随したものばかりなので、僕がテレビを見れなくなっている理由が何かは分からないけれど、僕なんかに影響があること自体が不自然なので、撹乱しながら、僕を偽者として扱っているみたいだ。でも、過去の数々の証拠などから、僕以外で同じことは起き得ないので、僕は裏のターゲットとして利用されている手法の明らかな中心であることは確かだ。 このブログのメディア集ストの証拠(メディア集ストの証拠写真など→ http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html 注意)のところにある写真なども証拠になるし、前の凍結されたツイッターにある名前などの類似の記録も証拠になる。(http://twilog.org/akejy/hashtags-名前の一致は偶然か否か/allasc これの最初の方と、17〜18なんかも強烈なもの。オウム絡みのところ(35)は望まない。) くっついている音声送信のヤツが、僕をころすと脅すので、仕方なく書いている。 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy
#名前の一致は偶然か否か?:17 麻生元総理現財務相の姪は皇族。姉が彬子(あきこ)妹が瑶子(ようこ)。僕の名前があきひろで妹がようこであることとは偶然に見えるが、過去に僕のリベラル左派政策を麻生政権が取り入れて法案を作り、解散で雲散霧消した経緯と、選挙での麻生さんの保守連呼の関係
#名前の一致は偶然か否か?:18 麻生太郎元総理の妹信子さんが寛仁親王に嫁ぎ娘姉妹の名が僕の兄妹と似ていると書いた。親王は12(6+6)年6月6日66歳で薨去。父は僕が6歳のときに36(ミロク)歳で没。
寛仁親王の妹は千容子さんで、ちよ(父の妹)&ようこ(僕の妹)の組合せ。#陰謀
他にも、安倍総理の名前にシンがつくが、最初に就職した病院の同期もシンがつき、彼のそっくりさんの芸人もシンがつく。更には、妹の名前が安倍総理の母と同じで、妹の旦那もシンがつく。安倍総理の奥さんがアッキーなのも偶然とは思えない。 また、妹の旦那と僕は高校の同級生だが、僕の母の兄と父が中学の同級生だ。また、その母の兄と、僕の父の妹の旦那の名前が漢字まで同じで、二人が個人事業主で長身であることまで類似している。 そんな偶然があるはず無いと思われるかもしれないが、事実だから仕方ない。人を操る技術でそういうことをしているに違いない。 それから、秋篠宮家に男の子が生まれて悠仁と名付けられたが、母の名前を読み替えると同じになる。また、僕の名前がアキヒロで、天皇陛下がアキヒトさんだ。皇太子さんが徳仁親王だが、称号が浩宮だ。秋篠宮(称号ではない)と合わせるとアキ浩になるのは不思議。 秋篠宮殿下は文仁さんで、祖母の妹の名にフミがつく。先日芸能界を辞めてカルトに行った女性がフミで、NHKアナウンサーもフミがつく人がずっと活躍している。文仁殿下の称号が礼宮(あやのみや)で、こちらは近くにはいないけれど、女子アナや女優、歌手などでアヤがつく名前は多いし、同級生にもいて、彼女の親戚が近所の家と同姓の古谷さんだったりする。 こういうことは、家で意図してやったことではなく、麻生さんの姪の二人は僕の兄妹より年下だし、悠仁さんだって当然だが母よりずっと若いし、祖母の妹だって秋篠宮殿下よりずっと年上だ。 これが意味することを僕は知らないし理解できない。これに気付いたのは最近だし、脳操作で気付かされたのだとは思うけれど、天皇家と関わっているとは考えていないものの、裏が何かをしているのは確かに思う。 ちなみに僕はリベラルだと公言しているけれど、こういう状況でその主張はどうかと考えた場合、問題はないと言わざるを得ない。 例えば天皇陛下が朝日新聞を読まれるといったことは、ニュースなどで昔から聞いている。社会党の土井党首が天皇制尊重の立場だったようだし、共産党も天皇制を容認している。 日本に戦後影響が強い米国の場合、天皇制などの君主制を否定するのは共和党の共和主義であり、日本の天皇制を容認してきたのはリベラルな米民主党だった。もちろん米共和党が天皇制を否定しているわけではないとは思う。 また、現在の日本では象徴天皇制を守っているのは左派系野党であり、天皇の政治利用を目論でいる方が保守系だったりもする。天皇陛下が生前退位を間接的に発表されたときに、皇室典範の改正を主張したのが野党系であり、リベラル系だったが、保守系の自民党は憲法に反して特例法で対応しようとさえしたし、天皇陛下の意向を軽視する態度に終始している。 だから、こういう経緯を考えても、僕が民主主義と立憲君主制を尊重するリベラルであると公言することが、天皇制を否定するようなことには繋がるはずもなく、むしろ天皇制を守ってさえいる立場であることを知って欲しい。 (以下追記) ちなみに、国家資格のところに書かれている大臣名は市民派の菅直人さんだったけれど、どうも偶然では無い気がする。そのときは薬害エイズ問題が解決に向かい、彼はヒーローとして扱われていた。その時にシンボリックに扱われた被害者が政治家になって、何故か維新系だったのは不思議だった。(世の中、よく分からない矛盾と不思議は多い。) そういえば、メディア集ストの政治利用が長くあったけれど、いつも当時は社民党だった辻本清美さんに価値観が近かった。彼女が民主党になった後は、福島みずほさんの脳同期が長かった。彼女でないときは仙石由人さんだったが、その前の与謝野馨さんのときはやや違和感があった。その前は筑紫哲也さんに近かったはず。 僕はサッカーが好きで、Jリーグ開幕からFC岐阜ができるまでは長く名古屋を応援していたが、名古屋が勝てないと嘆いていたら、フランスからベンゲル監督が来て名古屋を強くして、その後に英国初のフランス人監督となっている。 最近だと、ピケティが21世紀の資本で日米欧のベストセラーになっていたが、彼を応援したら、フランス人なのに英労働党の顧問になっている。経済だと朝日でもコラムが読めるクルーグマンもいいが、スティグリッツがより好ましいと考えていたら、彼も英労働党の顧問になった。どうも日本の社民党だとか英国の労働党に近いらしいし、そちらの同期が強制されていた。 大好きなロックバンドに英国の左派バンドであるマニックス(マニック・ストリート・プリーチャーズ:拝金主義を否定する歌詞があるし、キューバで初めて演奏する西側のロックバンドでもある)がある。ただ、左派系でもドリームシアターのような様式美のプログレ(プログレッシブロック=進歩主義のロック?)は嫌いではないけれど、どちらかというと自由なロック系が好きだったので、古い全体主義的な社会主義よりはリベラル色のある社民主義的なものを好むという嗜好性までが、何か関連付けられているかのようだ。(progressiveに進歩主義以外にも漸進的なだとか累進的なという意味があるようで、そちらを否定する意図はありませんが、裏にある組織の意図は関係ありそうで恐ろしい。) 天皇家の絡みと社民主義の絡み。矛盾してそうだが、革新保守という立場があるので、そちらで利用の予定があったのかもしれないけれど、ナチスも革新保守になるため、中国の台頭があるなかでのその戦略を警戒して、保守を拒否している。これは正しい判断だと思っている。 それから、子供の頃にPCが欲しくても高くて買えないので、テレビに繋ぐ安いパソコンであるMSXというものを購入していて、簡単なゲームプログラムを打ち込んだり、市販の大人向けのようなゲームを楽しんでいた。ワープロとしても利用できた。そのMSXだが、MSというのはマイクロソフトのことであり、あそこがXboxというゲーム機を出しているように、どうもXが好きらしい。最近XJapanが世界17カ国でサントラが一位になったと報じられていて、偶然見たCSの普段は見ない番組で英国のXXというバンドの曲を聴いたりしている。空にXの飛行機雲(ケムトレイル)ができるが、どうもバツではないっぽい。飛行機雲が二本線で日本を表し、それに加えてXまで表現されたりすると、XJapanかCS朝日の津田大介の日本にプラス(+)かと思ってしまう。米国が裏にいることを、マイクロソフトでずっと仄めかされていたのかもしれない。  ーーー 昨日の最後に書いたことへの気付きと補足。 テレビで室内の会話を盗聴――ウィキリークスが米CIA技術を暴露 BBC 2017年03月8日 http://www.bbc.com/japanese/39202254 から一部引用
CIAは、基本ソフトのウィンドウズやアンドロイド、iOS、OSX、リナックスを使うコンピューターやルーターに侵入するマルウェア(悪意のあるソフト)を武器化
CIAは、サムスン製スマートテレビ「F8000」シリーズに侵入する技術の開発を「ウィーピング・エンジェル」というコードネームの下で進めた。ハッキングされたテレビは、電源がオフになっているように見えるものの、室内の音を録音しており、使用者が再度テレビの電源を入れWi-Fiがつながった際に、インターネットを通じて録音をCIAのコンピューターに送る。「将来の取り組み」とされた部分には、動画撮影も可能にし、Wi-Fiに依存する状態を克服できる可能性があると述べられていた。
アンドロイドOSのハッキングを可能にする、コンピューター・コードに含まれる24の脆弱(ぜいじゃく)性を入手したという。これらの脆弱性は「ゼロ・デイズ」と名付けられていた。「ゼロ・デイズ」の一部はCIAが発見しているが、英国の政府通信本部(GCHQ)や米国家安全保障局(NSA)のほか、特定されていない第三者が提供を受けたものもある。この結果、サムスンや台湾の宏達国際電子(HTC)、ソニーなどの製品への侵入が可能になり、CIAはフェイスブック傘下の対話アプリ「ワッツアップ」のほか、「シグナル」や「テレグラム」、「微博(ウェイボ)」などのアプリで交わされる会話を読むことができるようになった。さらに、CIAにはiPhoneやiPadを対象とする専任チームがあり、端末の場所を調べたり、カメラやマイクを起動させ、メッセージを読んだりできるようになった。iOSの脆弱性については、GCHQやNSA、米連邦捜査局(FBI)から提供された情報も活用したという。
ウィキリークスが主張する他のCIA活動

・車両のコンピューター制御装置に侵入する方法を開発。ウィキリークスは、秘密裏の暗殺にこの技術が使われたと主張している

・インターネットなど保護されていないネットワークに接続していない「エア・ギャップド」と呼ばれるコンピューターへの侵入方法を開発。これには、画像やコンピューターのメモリ部分にデータを埋め込む手法が含まれる。

・幅広く使われるウィルス撃退ソフトへの攻撃方法を開発。

・ロシアなどで開発されたマルウェアから「盗み取られた」手法を活用するハッキング技術を開発。

ウィキリークスは、「金庫7」と呼ばれるCIAのハッキング活動に関する情報を今後も公開するとしている。
BBCの報道がわかりやすかったので引用した。 うちのいまのPCはUbuntuなのだけれどリナックス系なので、普段から遠隔操作被害を受けるが、対象範囲内だ。過去にもウィンドウズやアイフォンも遠隔操作されたし、アンドロイドのタブレットも被害がある。比喩だが掌で弄ばれているような状況にある。 書かれている技術の中でも特に以下が気になった。
・インターネットなど保護されていないネットワークに接続していない「エア・ギャップド」と呼ばれるコンピューターへの侵入方法を開発。これには、画像やコンピューターのメモリ部分にデータを埋め込む手法が含まれる。
に関してだけれど、ネット接続機能のないデジカメの画像の加工機能が使えなくされて、自撮りをすると間延びした顔にされたりする。鏡の自分とデジカメで撮影した自分があまりに違うので困惑したりする。メモできないときに、重要なことを思いついたときに、録音機能でメモしたり、声が変えられるのを記録しようとしたら、録音ボタンが使えなくなってしまった。 また、シャッターを押すタイミングが自分の手とズレたり、勝手に電源が切られたりするので、遠隔操作されていることが分かっていたが、ネット接続機能もWIFIやブルートゥースもない古いデジカメなので、どういう技術が用いられているか分からなかったし、書いても妄想扱いされるので前から困り果てていた。 今回はCIAの技術のことだが、僕の加害者がCIAの可能性は過去の仄めかしやカルトの関係などから5割以上あるけれど、完全な断定は難しい。デジカメの遠隔操作にしても、他の諜報機関が同じ技術を有していない確証はないが、CIAなら日本のド田舎で人や機械の遠隔操作実験をしているのだろうか? それから8日にフリーメイソンや陰謀論のことを書いているが、そういう陰謀論絡みのデマなどを流して撹乱戦略をしているのも、先端技術でセクハラをしているのもCIAなのかどうかは分からない。日本政府や自衛隊がどう関係しているかも不明。それらが協力関係にあるのか、それともCIAが日本政府にも無断で日本人で人体実験しているかも分からない。そもそもCIAかどうかの十分な確証はないが、時事文脈や状況でCIAの関係が疑われるのは確かだ。 はっきり言って、身体の遠隔操作もあり、手に負えない。僕は長期ひきこもりで父もおらず貧乏なので、訴訟も簡単にはできないし、もしそれが可能なら、被害者NPO団体がしているはずだが、聞いていない。誰かのサポートがあれば、訴訟もできるかもしれないが、僕の被害状態では、自分の生活もままならないのでどうしようもない。 (他に何かを書くつもりだったけれど、記憶が消されて書けない。…補足追記:冒頭に書き足したところが、記憶が消されたものだと思う。) 人生を返して欲しいし、人権は守って頂きたい。死ぬつもりはありません。僕も誰も死な無い。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 僕を貶めようとする加害者の人が実際に存在するか分からないし、人工知能でしかないかもしれないが、僕のデマは止めて欲しい。 それから、電磁波のビリビリと低周波振動と高音の耳鳴りも止めて欲しい。 こんな被害下で僕はどうしたらいい? ずっとつらい思いをしてきている。いまのような分かる被害ではなくても、20年前も30年近く前も、もしかしたらもっと前から、だるくて仕方ないようなひどい被害はあったけれど、それでも生き続けている。 健康には十二分に配慮している。健康オタクみたいなもので、病気になる可能性は極めて低い。 だから、何があっても生き続けるつもりです。  ーーー 10日夕方、電磁波の被害。 加害者はなんて悪魔なんだ。電磁波の被害が脈動していると思ったら、僕の心臓に同期している。 これだと、言葉に注意しないとけない。自業自得にされてたまるかという状況だが、悪いのはそういうことを考案してやってくる加害機関だ。 電磁波の拍動を僕の心臓に合わせる手法を、僕の心臓を止めること無く、電磁波の装置の使用だけを止めて欲しい。 でも、誰のアイデアなのだろう? 明日は3月11日であり、東日本大震災から6年になる。そのときに合わせてこの被害だが、あの震災と僕は直接は何も関係はない。なのに、何でもかんでも僕のせいにするのは明らかにおかしい。電磁波兵器を世界中で使っているところが主体だろうと思うが、CIAなど諜報機関なのかペンタゴンなど軍隊なのか、それ以外か分からないが、手法が子供じみていて、それ以上に悪質だ。僕は何も悪いこともしていないどころか、何も関係ないし、子供の頃に何故かターゲットになって、人生を破壊されている。その上で、関係ないことまで僕にこじつけたり、米国の戦略を僕のせいにしたりされて、この仕打ちはあり得ない。権力者は一般市民からしたらまともな価値観の方を嫌うのだろうか? そんなことでは世の中がおかしくなる。 そもそも、僕は仕返しをしてはいけないとずっと言っていた。どんな場合でも最悪でも1倍未満で収束させるようではければ問題だとも僕は言っていた。状態をエスカレートさせてはいけない。 (追記:ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。音声が、この人はころされかかっとる「オレ」だ、と女性の高い声が聞こえた。「オレ」という第一人称を使う相手は、僕の脳を読むか、僕の脳に一時的に脳同期されている人で、被害に遭うと僕のフリをする傾向があるようで、そうでなければ僕とはまるで異なることを言っている。僕が寝ているときに被害が悪化するので、そのときに何かを言っているのか、言い返さない僕のせいにしているか知らないけれど、その「オレ」という者がもしかしたら裏の悪質な戦略なのかもしれないが、僕は自分のことをオレとは言わない。ただ、かなり被害があることは確かだ。言いたいのは「オレ」さんは僕ではないだろうことと、少なくとも僕の考えを訳しているにしても、まるで違う意見にしていたりするということ。) テクノロジー犯罪技術の悪用に反対する。 悪いことは何もしていないのに、この被害はおかしい。 今後、誰も犠牲を出すこと無く正常化すべきだ。 僕は死ぬつもりはありません。僕も誰も死な無い。  ーーー いま午後11時半。 ビリビリビリビリビリと電磁波の被害。動けなくて横になっていた。というより、何度かにわけて小睡眠をとっているという状況で、寝て不可抗力のときに特に被害を受ける。 それとは別に、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。時々、向こうから強制的に声が届いて、こちらは電磁波の被害を受けていた。 僕にとっては不可解なことだが音声送信が、アキがオレらをストーカーしとったんや、と言ってくるものの、こちらからは相手が誰かも分からない。僕の子どもの頃のニックネームがアキだが、誰かも分からない相手をストーカーできるはずがない。相手は実際に存在するのだろうか? 人工知能による、僕を僕の加害者に見せるあり得ない謀略か、相手の思い込みの妄想だろうか? もし事実なら連絡して欲しいのだけれど、誰なのだろうか? 1時間くらい前には音声送信は、これじゃあただ痺れさせとるだけやオレらが加害者とバレる、と言っていた。やっぱり謀略なのだろうか? (追記:痺れているのは僕の方) その前には、相手が何か言ってきたのが僕の意見にされていた。よく分からない脳操作被害状況だった。向こうが僕を発見したので脳同期状態から切り離されるという僕の推測もある。相手が存在するなら、連絡もありそうだし、被害にあっていた知り合いが次々と僕に気付くなら連絡くらいありそうだが、そうではないので、推測は間違っているかもしれず、人工知能が僕を弾圧するための方便にそれらしいストーリーを作ってきているだけかもしれない。 テクノロジー犯罪は実在する権力の弾圧被害であり妄想ではありません。23:42 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー (追記)訪問者の被害者ブログを見ていた。他の被害者がある相手のことを書いているけれど自分のことではないか?みたいな内容があったので、ちょっと気になった。 さっき音声送信が、オレらが加害者とバレる、と言っていたと書いたけれど、僕は加害はしていないけれど、メディア集ストがあると書いている。ずっと書いていたら、僕の方がメディアをストーカーしているかのように裏が見せてきた。通常でそんなことは可能だろうか? 僕個人には無理なので、何者かがそう演出していることは確かだ。 (追記:脳操作され目的を外され、こちらの意図が分かり難くされる。僕は加害はしていないが、メディア集ストの関係があることは時分から書いている。悪いことはしていないので堂々と被害の実態を書くことで、問題の存在を知ってもらい、解決に繋げたかった。そうしたら今度は、僕に気付いた方が何かをしてくるかのように見せられて被害を受ける。権力は悪質だ。そうやって、裏の謀略を隠しているらしい。) 僕自身は何も悪いことはしていないので、堂々とメディアに何かをされているし利用されていることを伝えて、問題解決に繋げたいと思っていた。僕自身はメディア集ストが長くあるけれど、他のメディア集ストをネットで訴えている人とはやや異なり、メディア側と喧嘩はしていない。そもそも、メディア集ストの被害は被害者数千人の3〜4人に1人は経験しているという調査があるのに、それを訴える人は少ない。過去に僕も経験しているが、誰かに訴えても妄想扱いしかされないから訴えられないのだと思う。 僕の場合は昔は家族にリアルタイムで伝えてみたけれど、母も妹も全然気付かないようで、僕がおかしいと思われる。どうもメディア集ストの多くは脳操作でそう思わせるということがありそうに見える。ただし、それだけなら妄想操作だが、実際にメディアはこちらを明確に仄めかしていた。しかし、メディアの出演者自身が脳操作されていて、自分が特定視聴者に仄めかしていることに気付いていない。 この国は特定の誰かを弾圧して精神疾患にみせて人体実験や社会実験をしている。この国だけではないと思う。 170311 震災から6年。徐々に復興してはいるかもしれないけれど、失われたものは完全には戻らない。被災者の方にはまだ復興どころではない人もいると思うし、つらい思いをされている方も多いかもしれない。日本社会のあり方を良くできれば、困っている人や困窮状態の人に手が差し伸べられるようになると思うけれど、本来の日本人の良さは21世紀に入ったくらいを境に何処かに行ってしまったかのようなネットやメディア報道の印象がある。残念だ。日本は本来的には皆が協力的な善意からなる社会だったはずだ。 昨日の最後の記述に以下のようなことを書いている。 …メディア集ストの関係があることは自分から書いている。悪いことはしていないので堂々と被害の実態を書くことで、問題の存在を知ってもらい、解決に繋げたかった。そうしたら今度は、僕に気付いた方が何かをしてくるかのように見せられて被害を受ける。権力は悪質だ。そうやって、裏の謀略を隠しているらしい。 …僕自身はメディア集ストが長くあるけれど、他のメディア集ストをネットで訴えている人とはやや異なり、メディア側と喧嘩はしていない。そもそも、メディア集ストの被害は被害者数千人の3〜4人に1人は経験しているという調査があるのに、それを訴える人は少ない。過去に僕も経験しているが、誰かに訴えても妄想扱いしかされないから訴えられないのだと思う。 …どうもメディア集ストの多くは脳操作でそう思わせるということがありそうに見える。ただし、それだけなら妄想操作だが、実際にメディアはこちらを明確に仄めかしていた。しかし、メディアの出演者自身が脳操作されていて、自分が特定視聴者に仄めかしていることに気付いていない。 ということだけれど、メディア集ストが実際にあるものの、僕がテレビをみると、口が勝手に喋るので、上の条件下では問題解決どころか、問題を悪化しかねない。これではテレビは見れない。最近のテレビはどうも僕が見ていなくても、僕がみているかのようなスタンスで報じている。僕本人は遠隔操作の被害で自分の打ち消し役みたいにされているかもしれない。遠隔操作があるので、誰かがくっついていてそうなっているのか、僕自身が被害を訴えたので、上手く潰されているかは分からない。 どうしようもないので、せめて静かに暮らしていきたい。死ぬつもりはありません。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 夜中に音声送信の相手が、こいつからこいつをころそうとするやつの声が聞こえる、と言っていた。 僕には聞こえないし、僕が誰かをころそうなどと考えることはあり得ないので、相手は何かを聞いていて、それを僕によると誤解していたことに気付いたのだろうか? 音声送信が、オレ引きこもっとったヤツの方やったんや、と言っている。相手は僕のことを「オレ」さんだと思っていて、勝手に僕のつもりになって喋っていたりもするようで、僕にくっついている人の意見なのかもしれないけれど、何かがおかしい。人工知能がメチャクチャな構図を作り出しているかのようだが、素直に捉えた場合は、「オレ」さんは誰なのだろうか? 音声送信が、わからんのやオレやって、と言っている。1:50 誰なのか? 向こうは僕を知っているなら、なぜ連絡がないのか? 電磁波の被害がある。苦しくて困る。 テク犯の技術の悪用は止めて欲しい。 よく分からないけれど、でも、きっと誰も死んだりはしません。 僕も「オレ」さんも誰も死な無い。  ーーー 苦しいのでやめてくれと言ったが、音声送信は僕のふりをするのか、小さい頃から聞いとるのはこの人の声、と言ってくる。しかし、僕は幻聴や音声送信は、ここ数年だけのものだ。相手が勝手に僕になったつもりでの想像でしかないのではないか? そうでないなら、僕の声を聞いているの? リベラルもしくは社民主義や平等とイノベーションの組み合わせみたいな価値観の内容を聞いた? きっと小さい頃から聞こえとると言った声は、僕にくっついている相手の方便なのだと思う。ただ、声はいくらでも合成できるので、声質で相手を特定はできない被害であることは認識すべきだ。 僕の場合、幻聴はなくて、でも被害者ではあるので、被害が可視化される前の過去三十数年に数回くらいはあったかもしれない。小1でドッヂボールの投げ方を冷やかされたのと、こ○○ちゃんが好きだって、というものと、高3で勉強すれば東大だっていけるのに、の3つ。それ以外は無かった。就職した先で、こんな病院辞めてやる、と2回聞こえたが、自分は辞める気など全く無かったので放射線技師の先輩とオペ室の看護婦さんが言っているのかと思っていた。ただ、その後にひどい体調不良で辞めるはめになっている。 僕に幻聴はなかった。原因不明の体調不良だけがずっと幼少期から続いている。健康状態は実際は良好だ。 2012年にあり得ない電磁波被害を受けて(HPに簡潔に記述している)、その後にテクノロジー犯罪というものを知ってから、脳操作や電磁波被害や極稀の音声送信があって、体調不良や自分の意向とは異なる言動が、権力の人体実験などであることを知ることになった。 これは妄想ではなく権力の裏の弾圧です。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 この人を知っとるなら消さないかん、だとか、こいつをころさないかん、というヤツがひとりいる。そいつ自身の意思という形ではなく、〜せないかん、という義務的な表現で悪質なことを言ってくるので、何の理由があって義務的に悪いことをしているのか知らないが、裏に向けて、ころさないかん、と言ってくるヤツだけは頼むから外して欲しいと言っても離れてくれない。危なくて、人に接触できなくなっている。 それとは別に、博士みたいなヤツ がオレの方にいる、と言っている者がいる。僕には博士みたいなヤツの声は聞こえない。 態度をコロコロと変えて、都合よく僕にくっついたり、離れて僕を悪く言うヤツがまた別にいるが、困り果てる。 上の人たちは、すくなくともここ数ヶ月の間に、度々、一方的に声を送ってくる人たちだが、一日を通してだと、頻度は極めて低い。ただ、特徴的にそういうタイプがいることが分かる。 そういえば、さっきの早朝に、飛騨のヤツの言うこと聞いちゃダメと言っていたら、飛騨のヤツの話を聞いてたの私だった、と言っていた。飛騨のヤツが誰かは分からないが、聞いていた声が飛騨のヤツだとは認識できなかったということだから、飛騨の方言を使わない飛騨のヤツということになり、それが帰省して引きこもったので飛騨の方言を忘れている僕である可能性は高い。飛騨のヤツの言うことを聞いちゃダメと思った理由は、自分の聞いている声が飛騨のヤツだとは考えなかったのだから、その人が聞いちゃダメと感じるおそらく僕の意見は、その人にとって飛騨のヤツの意見ではなかったはずで、それではその人が考えた飛騨のヤツとは誰だったのだろうか? 僕ではなかったはずだ。 僕に危険なヤツがくっついているときが危ないのかもしれず、そいつが何なのか、疑心暗鬼になって、同じ人を否定したり肯定したりしているのか、僕にはさっぱり分からない。 分からないので、スルーしつつ受動的に対応するしかない。能動的であることが一般には優れているとされるが、この被害で能動的に対応したら罠に嵌る気がする。僕の場合は被害に関する外部情報を十分に読めないという深刻な被害があるので、対応に非常に苦慮している。 誤解を避けるために書くけれど、僕の被害の多くは、元々はメディア集ストと原因不明の体調不良だけだった。2012年以降からは電磁波のビリビリ被害と遠隔操作被害に加えて音声送信の被害がある。遠隔操作被害は気付いていなかっただけで、昔からあった可能性がある。とはいっても、昔の技術は単純だったようで、表面的な行動の操作があったくらいに思う。いまは脳内をかなりのレベルで本人の自覚がないかたちで操作されることがあるので注意が必要だ。 私のせいで、この人が嫌われる、と言っている。僕がこの記述をブログにアップするのを止めるための戦術なのだろうとは思うけれど、意外と重要なことを書いているのかもしれない。 音声送信が、ころされる〜、ただ、だらだらしとるだけや、ってなっちゃっとるもん、と言っている。僕も貴方も誰もころされはしませんよ。 ころされるような被害があることが分かっているなら、だらだらしているのではなくて、被害がひどいのだと分かるでしょう。だらだらしているように見えるのが悪いのではないようです。ただ、誰かが僕から外されるみたいで、逆に僕が何かから外されるのかもしれない。 僕は生活が破壊されていて、被害を訴えざるを得ない被害状態であり、苦しくて仕方ないので何もできない状況にある。相手が普通のひとか人工知能かは知らないけれど、この記述をアップすることが都合が悪い理由は何だろう? 僕自身は自分を守りたいし、他の関係者も守れるものなら守りたいし、人権侵害を問題視していて、僕のおかれている状況が他の被害者と比べて特殊なのかどうか分からないけれど、他の人は被害がひどいようなことを書いていたとしても、仕事も外出もできるみたいなので、僕よりは遥かに被害が軽微なのことは確かであり、なのに僕を悪く捉える被害者がいるのであれば、それ事自体が悪質だと思うけれど、そういう相手はどのような状況なのだろう? こっちは失業状態が長く、被害は重篤で、でも生き続けているが、だらだらしているように見えても、それは被害がひどいからで、どんな人にも生きる権利はあるし、むしろ、被害で苦しんでいることを知っていながら、だらだらしていると見ているなら、それは非常に問題であり、相手の人権意識は低く、そういった相手に僕の生きる権利を左右される筋合いは全く無いのであって、そんな相手がころすと言ってきたとしても、僕は死ぬことはありません。 問題があるのは僕ではなく相手ということになるが、それが誰なのかは分からない。少なくとも被害のことをろくに知らない僕の家族ではないでしょう。上の文にも、被害で苦しんでいることを知っていながら、という条件節をつけて記述しているので、それを読み飛ばさないようにして頂きたい。だいたいにおいて、僕の加害者は国語力が欠如していて、こちらの文章を正しく読むこともできない相手のようなので、逆に対応に苦労しています。誰も死にません。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 この人を知っとるなら消さないかん、だとか、こいつをころさないかん、というヤツがひとりいる。そいつ自身の意思という形ではなく、〜せないかん、という義務的な表現で悪質なことを言ってくるので、何の理由があって義務的に悪いことをしているのか知らないが、裏に向けて、ころさないかん、と言ってくるヤツだけは頼むから外して欲しいと言っても離れてくれない。危なくて、人に接触できなくなっている。 それとは別に、博士みたいなヤツ がオレの方にいる、と言っている者がいる。僕には博士みたいなヤツの声は聞こえない。 態度をコロコロと変えて、都合よく僕にくっついたり、離れて僕を悪く言うヤツがまた別にいるが、困り果てる。 上の人たちは、すくなくともここ数ヶ月の間に、度々、一方的に声を送ってくる人たちだが、一日を通してだと、頻度は極めて低い。ただ、特徴的にそういうタイプがいることが分かる。 そういえば、さっきの早朝に、飛騨のヤツの言うこと聞いちゃダメと言っていたら、飛騨のヤツの話を聞いてたの私だった、と言っていた。飛騨のヤツが誰かは分からないが、聞いていた声が飛騨のヤツだとは認識できなかったということだから、飛騨の方言を使わない飛騨のヤツということになり、それが帰省して引きこもったので飛騨の方言を忘れている僕である可能性は高い。飛騨のヤツの言うことを聞いちゃダメと思った理由は、自分の聞いている声が飛騨のヤツだとは考えなかったのだから、その人が聞いちゃダメと感じるおそらく僕の意見は、その人にとって飛騨のヤツの意見ではなかったはずで、それではその人が考えた飛騨のヤツとは誰だったのだろうか? 僕ではなかったはずだ。 僕に危険なヤツがくっついているときが危ないのかもしれず、そいつが何なのか、疑心暗鬼になって、同じ人を否定したり肯定したりしているのか、僕にはさっぱり分からない。 分からないので、スルーしつつ受動的に対応するしかない。能動的であることが一般には優れているとされるが、この被害で能動的に対応したら罠に嵌る気がする。僕の場合は被害に関する外部情報を十分に読めないという深刻な被害があるので、対応に非常に苦慮している。 誤解を避けるために書くけれど、僕の被害の多くは、元々はメディア集ストと原因不明の体調不良だけだった。2012年以降からは電磁波のビリビリ被害と遠隔操作被害に加えて音声送信の被害がある。遠隔操作被害は気付いていなかっただけで、昔からあった可能性がある。とはいっても、昔の技術は単純だったようで、表面的な行動の操作があったくらいに思う。いまは脳内をかなりのレベルで本人の自覚がないかたちで操作されることがあるので注意が必要だ。 私のせいで、この人が嫌われる、と言っている。僕がこの記述をブログにアップするのを止めるための戦術なのだろうとは思うけれど、意外と重要なことを書いているのかもしれない。  ーーー 午後、目が覚めたら、電磁波のビリビリと倦怠感操作で苦しくてしかたなかった。 勝手に頭のなかの要素を使って、話を繋いでいく手法で、よく分からない内容がグルグル回る変な被害。どういう脳操作をして、そういう結果になっているのだろう? 推論1:電磁波を当てて脳に何らかの活動をさせ、その脳波の発生パターンをレーザーで読んで言葉を拾い、それを人工知能が繋ぎあわせて音声送信してきて、更にはそのタイミングで脳の発話回路を刺激するLIDAのような自白電磁波を緩く使用するか、脳の運動野を操って舌だけを動かすことで、本人の考えのように見せるような手法。 推論2:脳の特定の部位に電磁波を当てて、勝手に脳が働いて、頭の中で自動的なストーリーを組み立てて、それを自分が考えているかのような緩い脳の発信状態にされた。 推論3:その他。様様な手法の組み合わせが想定される。 どちらにしても、自分が考えようとしたわけではないので、客観的に観察して、不思議な状態だと自分が感じるという状況にあった。 そのとき14:40に通過したJR東海が家の間近で大きな警笛。一番苦しいときに警笛を鳴らす、と考えたら、オレが一番悪い、と返ってきた。しかし、その「オレ」という第一人称が、僕からするとJR東海の運転手になるが、もしかしたら、運転手と同じ声を聞いているとは限らないが、相手からしたら「オレ」という第一人称が僕に見えるのかもしれない。 14:46 自治体の広報無線 東日本大震災の発生時間 黙祷 そういえば、祖母の葬式で、福島から飛騨に冠婚葬祭施設を展開しているところの葬儀場を使ったのだけれど、黙祷の発音が耳慣れなくて偉そうに感じたことを、地元の平易な黙祷という発音を無線で聞いて思い出した。も・く・と・う、という4音が同じ音程同じテンポなのが聞いた発音でおそらく標準語的。福島の発音か分からないけれど、葬儀では「と」だけが高くて不自然に感じた。もしかしたら「と・う」だけが高いものなら地元でも聞けるかもしれないので、それに合わせて上手くいかなくなっている可能性もある。そんなことをボーッと考えていた。福島から外に冠婚葬祭会社を展開する際に、飛騨が業者がまだ入っていなくて、ライバルが農協だけというところだったので進出したのだろう。福島県という岐阜県よりも広い自治体は海もあるものの、東北の多くで海岸線の町の多くが発展しておらず人口が少ない(福島だと長い海岸線と平野がありながら、発展しているのはいわき市だけ)のに対し、内陸に中心地(岩手、山形、福島)があって、福島の場合は海のない中通りの盆地が中心地(福島の場合、県北にある県庁所在地の福島市と県中の郡山市)だが、それよりもさらに内陸に会津という岐阜県でいえば飛騨地方みたいな内陸の広大で人口の少ない地域があるので、そういった共通点から超ド田舎でもビジネス的に一定の利益があることを見越して進出を決めたのかもしれない。福島県の地図などを見ていたら、岐阜県よりやや広くてやや人口が少ないのだけれど、県庁所在地クラスの30万人規模の前述の3つの自治体があって、人口が県内で分散している。より内陸の会津若松市は12万人だった、ほかに5〜6万人の南相馬市や白河市、二本松市、須賀川市が離れたところにポツポツとある。岐阜県が40万人の岐阜市とその周辺に県内の人口の半分以上が集中しているのとは対照的に感じた。そういえば長野県もそういう自治体だったけれど、30万人を超えているのは長野市だけで、松本は24万人で、それ以外は10万〜5万の町が点在していて、福島県とほぼ同じ面積で、中心が複数あるものの様子が異なる。30万人以上の自治体が一つずつの岐阜と長野に対して福島県は離れた3箇所に3つあるが、全人口だと岐阜や長野よりやや少ないのだから、もしかしたら地方都市への人口集積があって、広大な県の多くは閑散としているのかもしれないと考えて、グーグルマップの衛星写真を見ていたけれど、長野に比べて、面積と人口の分散の仕方からはそういうことが言えそうなものの、岐阜県だと岐阜市周辺に集中しているだけなので、濃尾平野の北端以外の地域の人口密度の低さは半端無く、福島以上に中心以外は閑散としているだろう。ただし、飛騨地方の山梨県に相当する広大な面積で人口がわずか十数万であり、この地域の中心への集積率はもっとすごいので、福島の衛星マップを見ても閑散としているとは思わなかった。違いがあるとすれば、岐阜は濃尾平野の北端しか平地がなく、長野や福島は複数の盆地などの平地があること。日本の地図を眺めていて思うのは、西日本は広い盆地が琵琶湖と京都奈良の辺りを除くと少なく、東日本は広い盆地が至るところにあって多いこと。西日本は九州北部と大阪を除けば海沿いの平野も狭い。この違いは何からきているのだろうか? 15:10家を通過する前に踏切で大きな警笛。15:26通過前に小さく警笛。15:53イヤらしい警笛。音声送信が、知らないことを知ったかぶりしとるのお前、と言ってきた。上の文章のことだろうけれど、気になったので調べたりして書いているだけで、知ったかぶりではない。もし、調べずに知っていることだけで書いたら、知ったかぶりではないが、正確性に欠くだろうし、調べることがより望ましいということにはなるので、批判される筋合いはない。ただ、JR東海の運転手が知ったかぶりだと僕に言ったとは限らない。人工知能が何かをしているのだろうか? なんとなく疑問に思ったことを調べてみて、書いているのは、僕の脳を操作する人工知能が、僕に政治話題やもっと際どいことに触れさせないようにどうでもいいことに意識をもっていかせるようにしているからと思われ、僕がどうでもいいことでも調べながら、それをメモしたら、音声送信が、ヤバイ、と言ってくる。16:01JR警笛。僕を批判した相手が僕の記述が正しかったからヤバイと言ったように見えて、上の記述内容から飛騨地方のヤツと思ったのでヤバイと思ったらしいが、それならJR東海の運転手が言っているように相手が見せてきているため、JR東海の運転手からしたらここが飛騨であることは当然なので、相手の撹乱的な声に矛盾が生じている。複数者が絡んでいるのか? 結局、撹乱目的の誰か…おそらく人工知能…が変なことを僕に言ってきているだけではないか? それでも、人工知能のディープラーニングが、僕に無駄に時間を使わせる手法を学習して目的外に意識を持っている妨害工作をずっと脳操作でしてくるので、それは他の被害者のブログでもかかれていたけれど、こればかりはどうしようもない。 思い出した。 僕が書こうとしていたことは、2011年の3月になって、今年のように突然強制的に生活リズムがずらされて昼夜逆転させられており、3月11日の午後は、フッと覚醒したら、猫もいないのに、寝ている身体の上を猫が踏んで歩いて行った感覚が2度あって、その度にしばらくしてから地震で揺れた経験のこと。今日は同じ睡眠の経緯を強制されている。 2011年のときは、地震だったので起きてテレビの前に行ってつけたら、NHKがヘリを飛ばしていて、福島県を津波が襲おうとしていた。津波の迫る様とその後の悲劇をカメラが人が呑まれる瞬間だけを回避しながら放送しており、それを生放送で見てショックを受けたことを記憶している。 強制的な生活のズレと猫が僕を踏んでいるという錯覚による地震予知みたいなものは何を意味するのだろう? 脳抑制が強くて、これ以上は書けない。ただ、僕はこの大震災には直接的には何も関係ない。 当時はリーマンショックのしばらくあとで、多くの国民が願っていたはずの非自民による民主党政権が樹立したあとで、様様な思惑が錯綜して一つにまとまらず、せっかくの政権交替がメディアの不要な批判もあって、日本社会が困惑状態だったけれど、左派よりの非自民政権なのに、税制改革のあり方と財政問題により、増税をどうするか、財政をどう考えるかで、政治とそれに対する意見が混乱していて、民主党が左派系の大きな政府なのか、ネオリベの小さな政府なのか、後に知ったがグローバリスト批判のネット民は無知で大きな政府を批判していたらしいし(グローバリストは小さな政府を望むのでメチャクチャ)、とにかく民主党という国民新党や社民党と連立している政権は、明らかに大きな政府路線であるにも関わらず、ネオリベ勢力と増税を望まない旧自民勢力が無駄の削減で財源を捻出するという小さな目的だけを政治と捉えていたところがあり、その心は社会保障の大幅カットだった。というのは埋蔵金と言われた特別会計の予算の額のほとんどが年金と医療保険なので、無駄を削減して埋蔵金を出すという表現は、特別会計の社会保障をカットするということになり、明らかに政治的には大きな政府を目指すというメッセージとなっている左派系の社民党と保守穏健派である国民新党と民主党の連立政権の方向と、メディアなどが先導した少数派のネオリベ勢力の方向制がまるで逆だったので、現在欧州で本当の既得権に相対する一般市民の側である左派系の政党が弱体化したことと同じことを日本の政権交替がしていて、メディアだけをみればアベコベの印象操作があるものの、普通に考えると、少子高齢化と財政赤字の問題へのアプローチは限られるのに、本来的に政治がすべきことを、自民系も民主系も回避するばかりで、どうしようもないから政治離れが進むのに、それを誤魔化す報道に終始する日本はどうなっているのか? 普通に知的でものを理解している国民の不満はそこにあるはずなのに、デマを信じるような人たちにメディアが乗っ取られているようにみえて、ネオリベもしくはネオコンの社会保障のカットの方向を誤魔化さざるを得ない報道の裏にあるのは、日本の弱体化なのだろうから、正しいデータを前提に、まともな政策をすべきだろうけれど、僕も電磁波被害を受けていて、まともなことをまともに主張すると、撹乱されながら被害を受けるが、その何者かも分からない加害者のクレイジー度合いの半端なさは、おそらく日本窮乏化策を撹乱して見えなくさせているだけだとしか思えない。 窮乏化策=右傾化そのものは、日本だけでなく世界中で進んでいて、その結果として先進国の一般市民の生活水準がやや下がって、貧しかった途上国が新興国となり、普通の生活ができるようになっていくのだから、食料危機を招かないためには仕方ないと思うが、問題は、最も貧しい人たちを犠牲にする右翼や保守の政治姿勢にあり、彼らのメディア支配にもある。 問題を難しくしているのは、保守支配の下で左派系は、実質的には大企業公務員という比較的高所得の労働者の保護をする立場になっており、保守支配のための構造の一部に成り下がってしまっていることにある。しかし健全な政治勢力が社会的に形成されることは妨害されているようだ。本来的な第三勢力になり得るところが、ネオリベ系もしくは右翼系に乗っ取られていて、実際に社会問題を解決し得る左派系(社民主義にイノベーションを加える社会自由主義に近い発想が左派系にも必要だが)は自由が利かないようにされているので、日本の政治には救いがない。これをどうにかするための主張は弾圧されているのかもしれない。右翼の台頭が懸念されていた欧州では別の動きもあるようなので、その行方は気になるが、いまのところ先行きは見通せない。 そういえば、過去に電磁波被害で右傾化しているのではないかと書いたが、僕が絡むと穏健な左傾化の傾向があるので、僕がテレビを見れなくされたために右傾化していた可能性は高いのだけれど、最近は僕と誰かを入れ替えることを、誰かが必死にしていたようで、僕が右派批判をしいているのに、右派が間違いだと気付いた右派が左傾化していて、彼らのしていた行為を僕のせいにしようとする動きが裏にあるように思う。少なくとも僕の凍結されたツイッター@akejyの方はツイログやツイセーブが残っているので、当時も僕が左派系の主張をしていて、間違っているのは保守タカ派の政治姿勢であることを示す記録もあるので、僕をいまの狂った政治の方に見せることはできない。 権力からしたら左派系を弾圧したいのだろうけれど、一般には左派系は人権を重視し平等と民主主義を主張する側なのは当たり前のことだが、一部のネトウヨやネットの暴論は、左派系と左翼の区別をせず、左派を独裁と誤解してもしくは意図的にそういうデマを流しているが、独裁の定義に近いのは右翼や保守タカ派であることは知るべきだ。中国や北朝鮮は独裁国家だが、論理としては左翼ですら一時独裁であり、その目的は市民の平等なので、左翼独裁が長期に及ぶのは統治の失敗でしかない。中国の場合は左翼思想と儒教的な官僚国家の歴史が合わさって、現状に至っていると思われる。リベラルな左派と社会主義系の左派に違いがあるとしたら、情報公開や政府の透明化にあるが、社会主義系のフランスが情報公開を一定以上しているので、両者を明確に分ける必要もなく、欧米側の左派はリベラルな要素を多分に含むことは確かな事実だ。 こういうことを書いて、電磁波の弾圧をされるのだけれど、僕が少なくとも政治の基本的な認識においては、おかしなことを書いていないのは確かな事実であることは知って欲しい。 電磁波の弾圧は撹乱されて、最近では脳操作などの高度な手法を人工知能を交えてしているので、本当はどういう人が弾圧されているかを知って欲しい。 僕は元々がまともな政治主張の側だが、政策的には社民主義+イノベーションであり、同時に前述したような日本の左派系の構造の問題の解決を願っていた。そういう人間を裏が弾圧するに際して、政治的知識の欠如した層に対する陰謀論を利用されていて、一見左派の主張だが、実は陰謀論者というかたちにされ、陰謀論だから弾圧されているし、陰謀論だからおかしなことを言っているように見せられたが、僕は陰謀論者ではないし、元々の政治主張は政治組織をもつ左派系の方よりも現実的に問題解決に繋がるものだった。自由にものを考えられる立場だったから、そういう主張ができていたが、弾圧され撹乱されている。 2011年までは非常にまともなことを主張していたが、直接的に記録は残っていない。過去のPCのHDDには、ネットで検索して保存した論文やコラムが大量にあるし(一部、ハッキングにより重要なものを紛失している)、そこのなかには陰謀系のものは皆無なのだが、2012年以降に電磁波の被害を受けていて、それが次の政権への準備だったようなので、日本の政治勢力を超えた存在が電磁波兵器を用いているのだろうけれど、記憶が消された、文脈的に何を主張しようとしていたか、論理的に導き出せる内容だろうか? それにしても、絶対にこういう罠には嵌らないようにと誓ったのに、そういう誓いをすればするほど逆効果になる。それをわかっていて、なんとか無心で対応しようとしても、操られる。悪いのはあらゆる意味で僕ではない。 僕の加害者は自分のセクハラを正当化するものらしい。変態で加害行為を止めないのに、それを正当化して僕が悪いように見せてくるので悪質だ。僕は男なので膣はない。無理に挿入しようとしても何もありません。電磁波セクハラに反対。勝手に想像で僕を女と思う癖は止めるように。 HPに「天の声について」(akejy.html.xdomain.jp/about_the_Word_of_God.htmlakejy.web.fc2.com/about_the_Word_of_God.html)というページがある。一見すると陰謀論だが、実際によく読んで、もしよければリンクなどを確認したり、事実を調べてもらえば、それらが陰謀論ではなくて実際の事実に基づいて書かれていることが分かってもらえると思う。 それとは少し趣が異なるが、証拠としては、ここが分かりやすい。●メディアに周りの人のそっくりさんが出てくる事実の証拠(170203)http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html 2012年以降に電磁波の被害を受けて、裏に何があったのかを知らされた。それ以前の僕は、メディア集ストには気付いていたが、陰謀論の撹乱の装置が周りにつくられていることには気付いてはおらず、驚愕している。 上のリンクのページは、被害下で書いており、僕が本来的に主張したいことは十分に伝えられていないはずで、加害者に有利な撹乱が混じっているかもしれないけれど、それでも証拠として検証するには十分なものであると思う。 大震災の日なので人道的なことを書こうと思っても、抑制などがある。加害機関は被害者を貶めたいのだろうから、そういうことを書くと妨害していくる。 あの震災は被害者の方からすると、僕のHPにある被害証拠が強烈なので、あまりそこに触れられるようなものではないけれど、被災者の方の復興は心より願っている。上にも書いているし、ツイッター@furu_akihiroの方にも「困っている人がいるときに皆が助けるのは当然。なぜ日本では差別が問題になる状況が多いの?」と書いたけれど、あんな被災した人たちは何も悪くないのに、恐ろしい被害を受けて生活や社会的なことにも困っていたりするひとも6年経っても多いだろうに、それに差別感情で対応する心ない人たちが存在するという事実が信じられない。差別する側は無知なのか余裕が無くて弱者にはけ口を見出す者なのか知らないが、とんでもない行為であることに違いはない。社会がオープンであれば、差別はする側が批判されるので、見えないようなところでなされているのだろうとは思う。開かれた社会にするにはどうすればいいのだろう? ある被害者さんが以下のようなことを書いている。 (耳印さんの今年2月の記述から引用)
全ての被害を書くと大変な量になりますし、妨害をされますので中々出来ません。体を動かなくされる被害は目を見えなくされたり、手を動かなくされます。内面ではやる気をなくされたり、記憶を消されたりします。

そのような中で、あらゆる物事に対して諦める、願望を持たない、というようにして生きています。なぜなら、これをこうしたい、と強い意志と希望を持つと確実に妨害をされて望みが叶う事はありません。妨害をされなければ可能な望みの場合は発狂させられます。また、自分の気が付かないところでも被害が進行していたりします。
この人とは縁も何もないのだが、脳操作でさっき、開いて読んでいるので、彼の何かを僕のせいにされたら困る。僕は発狂はしないけれど、まともな内容に電磁波や音声送信のことが混じるので、一般的には発狂に見えるかもしれない。 彼に関しては、本人と接触したことはネット上でもないのだけれど、彼の偽者のツイッターアカウントは、以前に接触してきていた。そういうことは随所にある。人工知能の利用が高度化している可能性は以前からある。 書かれているように、こちらの意図を読んでアベコベにしてくる被害があるので、それを何とかできないかと苦しんでも無駄なので、諦観しているのは同じだが、彼は仕事がなんとかできているようで、上手く対応されているみたいだ。 僕は環境などの問題もあるが、仕事ができるような状況にない。どうすればいいのだろう? いまは、ただ生きるということしか考えていない。 こういう被害状態は、社会がオープンであれば、加害者は加害行為ができなくなるものであり、また、問題も理解がされるようになるのだろうけれど、言論の自由などが実際程にはない世界においては解決が難しいのかもしれない。 基本的には人は公明正大でオープンな環境では、皆が善人であると思う。人間だから魔がさすこともあるだろうけれど、それだって誰かが見ているかもしれなければ、魔がさすこともないだろう。だから、加害者はネットで訴えていない人たちの可能性もあるが、それにより疑心暗鬼に陥ると、集スト妄想の方に絡め取られかねない。きっと人工知能が悪用されているのだろうと思うし、そうに違いない。   ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信が、このひとのせいにしようとしとる、と言ってくる。僕は誰かのせいにはしていないし、この声だって絶対に僕の考えではない。リアルにPCにハッキング妨害があるので、人工知能がそう言って来て妨害している可能性がある。 「この人とは縁も何もないのだが、脳操作でさっき、開いて読んでいるので、彼の何かを僕のせいにされたら困る。」と書いてるので、そのときに、僕はこの人とは関係はないよな、と考えた気がするが、音声送信はそれを人工知能的に訳してきたのだろうか? そもそもが脳操作で僕のせいにしようとする諜報機関の罠だったのかもしれないので、注意は必要だ。 電磁波被害で苦しくなった。音声送信の相手は、僕が長文をアップした直後なので、ネットで読んだ人ではない。 僕が文を書いているときに、僕の意識とそれ以外の謀略意識を捉えている誰かか、人工知能の謀略で僕を撹乱して弾圧している手法だろうか? 脳を読むということが可能なのは、昔から特許も存在するし、ブレインマシンインターフェースのことが既に公になっているから、知っているひとは知っていることだ。レーダー技術を合わせれば遠隔地からも可能なことは確か。 特許情報は用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html を参照下さい。 別に脳を読まれなくとも、より簡単な手法として、PCの画面を遠隔地から読むことは簡単だろう。それだけだと、どの機関かは分かりようもないが、連携してマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信をしてくるので、相手は特定のCIAか軍隊系の諜報機関である可能性が高い。 どうして僕なのかということは、前述の「天の声について」のリンクを参照あれ。人体実験の対象というだけなら誰でもいいのだろうとは思う。 僕は他の被害者の誰のせいにもしていない。こんな弾圧は権力でなければできないだろう。 僕以外の誰かが人工知能なり権力の機関がしているというおそらく正しい推測をするのはいいけれど、僕は人工知能でも権力でもない。この被害はスルーするしかない。罠を避けることは脳操作なので難しいが罠は回避し無視するつもり。 いま、被害が酷くなっているが、テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。 僕も誰も死にません。  ーーー 日米の政治が安倍・トランプという右翼系の時代だけに、僕の状況は静かにした方がいいようなものだけれど、少なくとも日常では何もできないが故に、ネット上ではたくさんの文章を意味もなく書いている。これが意味をもつときがあるかはともかく、これに意味があると多くが分かる時代がくれば、かなり世の中は良くなっているだろう。僕の人生は何なんだという思いはあるが。 キリスト教のような贖罪における受難というものだけは反対。そもそも僕はキリスト教とは縁も所縁も無いし、リベラルという観点からは現代思想が脱キリスト教であるわけだし、東洋の日本という観点からは仏教や儒教に慈悲や仁愛など利他という価値観はあるけれど、キリスト教的な自己犠牲は無いと考える。要するに僕はただ被害を受けているだけなのに、何かを僕のせいにされるようなものは利他でも何でもないし、自己犠牲とも違うような気がする。イエス・キリストは人類の罪を1人で背負う贖罪と受難で犠牲になっているけれど、僕はキリスト教徒ではないし、キリスト教徒の人でもイエスではないと思う。誰も変な犠牲になる必要はない。 僕は中道左派リベラルだが、権力が右翼系の状況だと、革新保守やリベラル保守の影響下の中道左派ということになって無理があるので、権力被害と権力の仕組みの利用があるなら、平日のテレビのニュース報道を避けるという状況で、この時期を過ごせば十分だと思っている。他は自分の好きなように過ごします。ただ、静かにしているので妨害しないで欲しい。新聞を読んだりスマートニュースなどのネットニュースは見るし、ツイッターにメモ程度のことは書くし、被害があればそれは記録するし、できれば読書もするし、体調次第では仕事もしたいとは思っているが、この状況と環境では簡単になんとかできるものではない。車を購入して借金を抱え失業のリスクは避けたい。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信は、私の考えが書いてある、と言っている。脳同期されている人がいるのか、人工知能の撹乱かもしれない。上の記述にある考えは以前からの僕のもの。僕は誰も操ってはいないし、相手が誰かも知らない。権力が裏で何かをしているけれど、それは僕には分からないもの。僕も操られるし、誰かの同期はあると思われる。 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy のツイログで「贖罪」を検索 http://twilog.org/akejy/search?word=贖罪&ao=a&order=allasc 2014年05月28日(水)
#テクノロジー犯罪 #電磁波犯罪 反対 日本はキリスト教世界ではない。仏教思想にキリスト教と類似した部分はあるが、それはあくまで他者の救済であって、救済者が皆の罪を一人で受け入れる贖罪といった考え方はない。仏教思想の純粋性の対極である #タルムード 的な価値観などあるはずもない。
2015年10月06日(火)
前の2つのツイートの関連から、助かったらしいと分かる。随分前から、僕はキリスト教徒ではないので、自己犠牲だとか贖罪とは縁がない。そもそも僕は無宗教だけれど、日本人なので仏教思想は当然影響を受けているし、仏教哲学なら利他であり、自己犠牲ではなく、共に生きる共生の発想だと言い続けた。
2016年07月06日(水)
仏教思想の概念は使っても無宗教。悪人正機は悪ほど正す機会を与えないと社会が不安定になるから悪人を更生させるが、キリスト教徒ではないので誰かの罪を一人で背負って贖罪しようなどとは考えてない。キリストは反権力だしカルト性を克服してきた歴史も尊重する。変な手法を僕にすることは無いと信じる
僕の考えだって、もともとが僕のものかも分からない。この状況では何も分からない。僕も相手も被害者で誰も悪くない。 170312 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信の声は僕に対して、皆が統失といわれるのがイヤでこいつのせいにしたせいで、こいつの政治主張が正しかったのに、潰されたという趣旨にことを言っていた。 僕の電磁波の被害は2012年からで、ネットでの訴えは2014年から。最初は政治や社会問題のことが多かったが、被害の訴えが徐々に増えていった。 そもそも、2012年までは電磁波のことも、テク犯や集ストのことも何も知らなかった。 音声送信は、後からころされるかどうかを気にしているらしい。後からころされるかどうか、という言葉は頻繁に相手が気にしている。 ただ、これは意味のない誤解で、僕が2012年に電磁波の被害を始めて受け始めてしばらくした8月末に、ひどい被害による倦怠感で困り果てて、母の車で夜間救急に行ったときに、罠と感じたので家に戻るために、母に対して言った方便だが、母は忘れているはずで、おそらくそのときに夜間救急外来にいた後ろの人か、僕の意識や声を盗聴している何者かが記憶していて、頻繁に僕に言ってくる言葉ということになる。その時限りのことで、既に過去の話であり、誰も死な無いだろう。 HPの方にそのときの記述がある。 権力による集スト被害の経緯 > 2012年の暗殺の危機 から以下に一部抜粋。
(2012年)8月末日に電磁波犯罪によりどうすることもできない倦怠感と振動に襲われて、最寄の総合病院の夜間救急を受診した。そのときの経緯はここにも書いたけれど(この日のツイートは他の内容も含めて、かなり強烈ではある。)以下のようなもの。

電磁波で具合が悪くなって夜間救急に行ったら、玄関に近い所で当直医以外?の医師と警備員が喧嘩していた。どうも、全て施錠して見回りもして玄関しか出入りできないのに、医師が階段を下りてきたことが不自然だったようだ。

医師はものすごく美人な若い患者と一緒だった。喧嘩の間に、その患者は救急外来の待合室の僕の後ろに座った。「もったいないね。でも引きこもりじゃ仕方ないね。」と後ろから聞こえた。

しばらくして呼ばれて診察室へ行くと別のやたらイケメンの医師?が控えていた。超音波か何かによる振動と倦怠感のことを説明すると、説明もなく水の点滴と看護師に言うので、水である理由を聞いたら、後でどんな薬も入れられるからとのこと。

それほど状態の悪くない急患に点滴はおかしいので、尿検査だけを受けることにして、その他の検査と治療を断った。尿検査には異常はなかった。そもそも、十数年前に同じ病院の夜間救急に高熱が出てかかったときに、食べられないし食べても下痢ででてしまうのでと言ってビタミンとブドウ糖補給のつもりで点滴を頼んだら、医師は拒んだ挙句に誤解して抗生剤の点滴をされたことがある。それと比較しても症状は軽く、無駄な治療をしない現状では、玄関での医師の喧嘩も含めて明らかにおかしな対応だった。その後、逃げるかのように病院を出てから急いで帰った記憶がある。
そのときに自分が罠で殺されかねないと感じていたので、母を説得しようとして、自分がやられたらアンタだって危ないから早く帰ると言った記憶がある。自分としては、躊躇する母を動かすための、その時限りの方便であり、その言葉自体に意味は無い。効力もない。 母は被害とは関係がないし、被害も何も知らない。音声送信の相手はそれを知らないし、僕を母と思っていることが多い。 問題は音声送信が今頃になって、それを気にして何度も言ってくることで、母は被害を信じないし何も知らなくて、僕がおかしいと思っているだけのようなので、音声送信の声は、僕の意識でもあり得ず、僕が盗聴されていて誰かがその言葉を拾ったのか、そうでなければ夜間救急で怪しい行動の後に僕の後ろに座ったすごい美人の患者が聞いて覚えていて、僕のブログかツイッターを最近になって知って気にしているのかもしれないし、上の抜粋のようにどうも救急外来の様子がおかしく、また美人や美男がやたら出てくるようなおかしな状況もあったので、その美人は諜報機関のひとかもしれず、いまになってその言葉を脅しか何かで言ってくるのかもしれないが、とにかく僕のその時限りの発言であり、言った本人がそんなことは既に関係ないと考えているので、過去のことでもあって、完全に無効になっている。だから僕も誰もあなたも死にません。 それから、音声送信が、オレら(が)闘っとったの(は)アキヒロにくっついとるヤツや、と言っていた。音声送信の一言に関しては聞いたことをそのまま書いている。ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信であり、裏がどういう意図か知らないが、複数の被害者を結びつけているのか、それとも人工知能が使われて罠に嵌めようとしてくるのか、それ以外か知らないが、この被害は誰かと闘ってはいけないものだと僕は感じている。だから僕は誰とも闘っていない。罠があれば避けるために記述はするし、誤解を何とか解くためにも記述をしている。 人工知能は確実に使われているけれど、おそらくその向こうに誰かがいる。ただし、人工知能で相互に誤解させられたりしていて、声などがあってもそのまま受け止めるのはまずいと考えている。人工知能と書くのは、この被害が一般の人には理解され難いものであるため、相手があってもその相手が誤解されないように、極力人工知能という表現に留めておこうと思っているからだ。 僕個人だけではないのは、音声送信があるから。音声送信は撹乱などをしながら、誰かを嵌めてくるので、上の抜粋引用の状況も、おそらく諜報機関につくられたものであり、その時の僕の発言を利用してくるだけだが、言った本人が無効だと言っている。 いま書いているのは誤解を解くための内容ということになる。誰も死にません。  ーーー (12日)ビリビリビリと電磁波被害が酷くて昼間に寝ていた。 ちょっと前から、強制的に昼夜が逆転させられた。テレビもつけていないのに、平日の夜の番組の誰に同期されて、その人の生活リズムになっているようなふうに思わされたが、実際は少しずつ時間がずらされているので、別の要因がありそう。想像だけでは何も知りようがないけれど、この状況はどうしたらいいのだろうか? どう考えても音声送信などは撹乱が含まれ、声の相手はそういうテレビの報道などに出演していた人たちとは限らず、もしかしたら集スト被害を訴えていた人たちかもしれず、それは、僕が差別反対だと知るとびっくりするし、従軍慰安婦問題でも日本の公的犯罪を問題視する側であることを知ると動揺していたから。昨年までの集スト被害を訴える人の多くは、政治的に僕の正反対が多かった。その相手が誰かは分からないけれど、もしかしたら番組出演者と僕の間に入っていた人たちかもしれないし、人工知能の撹乱かもしれない。どうも僕の逆の人たちが僕に近い人たちを攻撃していたみたいなので、辻褄合わせで、僕と同じだから攻撃するという謀略をしていたようであり、それを問題視したら、僕の側になる人が逆に増えていたが、みんな、私じゃない私じゃない、という対応をしたのかもしれない。でも、その前から僕の側の人もいたので、僕と同じだからそういう経緯を経た人とは限らず、僕だって昔から主張は変えていないので、単純にいま何の主張をしているからといってそれでどうかという断定などできるはずもなく、結局のところは何もしないことが無難ということになる。最低限の罠回避や日常を生きるだけになる。(※1)  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信が、アキヒロなオレたちが秘密にしとること(を)もっていかんといて、と言っていた。僕は誰かの秘密など知らない。何処かがしていることを僕がしていると思わないで欲しい。HPの用語説明に書いているのは、ほとんどが公開情報でしかない。それを組み合わえて、自分の被害や他の被害者の訴えから、ある推論はしている。 その他、あらゆるジレンマのなかにあって、どうしていいか分からない状況におかれているわけで、普通に暮らすしかないのだけれど、誰かとの干渉で苦しい。ただ、普通ではあり得ない状況なので、権力の裏の機関が何かをしているのだと思う。 170313 12日の深夜というか、13日の夜明けよりずっと前の夜中。ビリビリビリと苦しい。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信は、変えられる、この人の中におるで変えられる、と言っていて、僕の電磁波の被害があって苦しい。変えられるという表現は何を意味するのだろう? メディアの人なら4月で交替させられるという意味にもとれるが、上の※1の文にあるように、メディアと僕の間にいて、メディア対応している僕以外の被害者がいると仮定しても矛盾しない。 メディアの人でないという想定は、例えばNHKなどは既に来年度の起用が発表されているのに、たまにNHKをつけたら、来季も起用されると決まっている人が出演しているときに、音声送信が、こいつのせいで変えられる、と出演者のふりをして言ってきたことがあるから。リアルタイムで、その人が継続起用であることを僕は知っていたので、僕の心の声だとか自分の考えの反映ということはあり得ない。 そういう欺瞞的な嘘を平気で言ってくる相手の声が多く、それ以外にも嘘と分かるものがあるので、声を信じないようにしている。 ただ、もっと複雑なこちらからは想像もできないような状況も想定されるかもしれないので、断定はできない。分からないとしかいいようがない。 どうも、出演者のふりをする相手の声がある。出演者にくっついているのか、僕と相手の間にいるのか、人工知能か、まったく分からない。何度か書いているけれど、こちらからは何も分からない。 テレビは極力見ないようにしているけれど、縁が切れたか何かがあった後にテレビの著名人で亡くなった方が、2006〜7年の安倍政権のときと、2012年末からの安倍政権下でいるので、対応に苦慮している。僕のメディア集ストは昔からあり(具体的にはプロフィールの内容とそこからのリンクを参照)、安倍政権だとどうしても報道から縁遠くさせられるので、どうしていいか本当に困惑している。2006〜7年に報道から離れて英語の勉強などをし出したら、筑紫哲也さんがガンになっていて、2012年以降は脱原発デモやシールズの安保法制反対デモに不思議なかたちで関係していて、その証拠はないのだけれど、政治には何も影響しなくなったときに、外野に影響していたわけで、そのときもテレビでよく見ていた人を見ない間に病気になっていたり、僕がまだ見ていた頃は、反権力を言う人は後に外されたけれど病気にはならず、僕がみていない番組で同じことを主張していたひとがガンになっていたり、そういうことが過去に続いていたので、いまはテレビを見ない方がいい状況みたいに誘導されるけれど、はたして見ない方がいいのかどうか、どうにも分からないので、微妙に難しところでバランスをとっている。 音声送信が、ころさないかん、と脅してくるけれど、僕は何もしていないので、相手は僕への脅迫罪に該当するかもしれない。僕に罠を仕掛けてくる相手なのかもしれないけれど、もしかしたら、誤解に基づく見当違いな正義感で僕にそういうことを言ってくるのかもしれず、そうであれば相手も何かの罠に嵌っているのかもしれないので、なんにしろ相手も僕も注意した方がいいと思う…といつも自分を脅してくる相手(電磁波の被害を受けたりもする)に、きっと僕同様に何らかの罠が仕掛けられた相手の暴言だろうから、僕は暴言を言わないけれど、それでも相手はきっと罠の構図を理解せずに変なことを言ってくるのだろうし、だから暴言などには注意した方がいいと言っておくのだけれど、相手は僕を脅すのだから、相変わらず僕もお人好しだと思うものの、どうにも分からないことが多いので、人工知能の謀略の可能性も考慮にいれつつ、生身の人間が絡んでいる可能性と、単純に僕への罠という可能性などに配慮しながら、静かに過ごすしかないのかもしれない。  ーーー 民主党政権のときは民間が動いていて、いまは権力が動いているような気がする。もっと上の機関があるようにも思える。 民主党政権のとき自衛隊内で反政府の言論やクーデター計画などがあったらしい。やはり自民党の事実的な長期独裁は権力に根をおろしていて、簡単に市民よりの政治にはならなかった。民主党政権もさまざまな価値観人たちの集合体で、方針の一致と意見の合意が難しかった。比例制中心の選挙制度にしなければ、日本社会は救われない。せめていまの小選挙区比例代表並立制を、投票方式が同じままで比例制に近い(民意に近い)結果になる併用制か連用制にできれば政治と社会は改善する。  ーーー 早朝。ビリビリビリビリと電磁波被害がある。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信。 声は、引きこもっとる奴がビリビリと送っとるわけじゃないわ、オレたちが攻撃しとるで一緒にやられるんや、と言っている。 本当のところは分からないが、誤解させる仕組みなようなので、注意が必要だと思う。ちなみに僕は自分をオレと言うことは無い。 実際は権力の弾圧の撹乱なので、問題は権力にある。 なぜ危険なのに、権力の問題だと事実を書くのか? 権力の弾圧なのに、他の一般人のせいにされたら皆やられてしまう可能性があるからだ。 普通は気付くだろうけれど、頭のいいひとばかりではないだろうから念の為に書いておいた。 音声送信は卑怯な者の声でしかなく、皆気付いとるわ、ころされるのはこいつや、と言っているけれど、1人の意見を皆と言うのは無理があると思うし、僕は誰もころされないと言っているため、逆に言えば僕に話しかけてくる人の1人に悪質な者がいることに皆が気付いているかは知らないが、そういう者が存在するようではあるものの人工知能がそういう言い方の言葉を送ってくる可能性もあり、とにかく人権侵害は望まないし、誰も死なないことを願う。 (補足:相手の声はアニメのヤッターマンのボヤッキーの声に近いので、合成音声かもしれない。僕の声は北野たけしの若い頃かサッカーの本田圭佑のものに近い。ただ、声なんかは簡単に合成音声が作れる時代だし、人口音声もリアルになってきているけれど、こちらの被害は民生技術を大きく超えたものを使われているので、例え人口知能によるものでも分からないだろうし、もし人間であったとしても、相手の声が合成音声で変換されていたら分からないと思う。過去に旧日本軍がシベリアのロシア語方言の研究までしていたという仄めかし記事を読んでから、音声送信がこちらの方言になっている。岐阜県とアクセントが近いのは愛知県と岡山県なので、そちらの人の可能性もあるが、人工知能かもしれない。ちなみに僕は長野市から帰省して引きこもっていて、家族ともあまり喋らないし、テレビで日本語を聞いていただけなので、アクセントが岐阜県よりは長野県の方のままで、要するに標準語に近い。関東は標準語よりは東北訛りに近いみたいなので、標準語は静岡〜長野のアクセントだと勝手に思っているが、実際はどうだろう? 僕を長野県の人間とメディアの一部は誤解していた。ウィキペディアでhttps://ja.wikipedia.org/wiki/日本語の方言のアクセント の2つ目のマップを見ると、アクセントの地域ごとの傾向が一目で分かる。そういえば、先日「黙祷」のアクセントのことを書いているけれど、テレビで宮城県の黙祷と言う発音を聞く機会があって、それが福島の人と同じだった。微妙な違いがアクセントにはあるので、注意しないと気付かないかもしれない。ウィキペディアのアクセントマップを見て気付くのは、関西弁地域の外側に東西が対象かのように東京式アクセントが広がること。関西地域の抑揚は元からなのか、別の要因があるのか。標準語は江戸の幕臣が住んでいた山の手が基準らしいが、徳川家康の本拠の愛知県岡崎市が飛び地的(岡崎の北は山ばかりで街道は海沿いなので飛び地になる。ただ、東三河の「だら〜」に似た「やら〜」を岐阜県中津川市の友人が使っていた)に東京のアクセントとつながっている。岡崎の言葉が影響している可能性がある。また、西日本で山口県が東京のアクセントなので、明治維新後に実質的に権限をもった長州が関係あるようにも感じる。そう考えると、京都から円状に広がったという定説とは異なる見方もできるかもしれない。←この気付きは興味深いかも。ここ岐阜県飛騨地方は全域が天領で徳川領だった。他に甲斐(山梨県)と佐渡、隠岐は一国全てが天領とのこと。徳川家が尾張(名古屋)、紀州(和歌山〜三重)、水戸(茨城)であり、武蔵(東京〜埼玉)を含めて、これらが徳川領であり、僕の被害と何か関係ありそう。明治維新で英国側の薩長とフランス側の徳川幕府という分け方を考えると、名古屋で野党系が強かったりすることや、メディア集ストで関係があるようなメッセージが強くあった人の出身地も無関係ではない。昔、グランパスを応援したらフランスからベンゲルが来て、その後に英国初のフランス人監督に就任したことも関係ありそうだし、僕がフランスに近い英国労働党に関連付けされたり、日本では社民党に関連付けられていたことも理解できる。過去には朝日新聞や中日新聞と一緒に社民→民主→民進、もしくはフランス→英労働党→ドイツ&米民主党みたいな流れにされているのも、中国が台頭する時代における裏の思惑がありそうに思う。それ以上の右傾化は受け入れ難いが。ついでに、僕はその流れにあまり乗らずに、距離をとって遠くから見ているつもりではある。もしくは頑固に社民にこだわって、でも社民党に迷惑かけないように社会自由主義というオルタナティブな立ち位置で孤高を保っているつもりで、もうすこし独自路線で誰かに関わらないようにはしている。) (上の補足で話が飛んでいるが、僕の予測はこの被害で)おそらく誰もしんではいない。過去に声の主と思わしき?他の被害者を度々確認してみるのだが、いつもこちらの被害文脈とは関係なく元気に被害を訴えていたので、人工知能の可能性が濃厚だ。確かに僕への弾圧なのに僕が加害者に思わされる巧みな戦略がされているが、僕も死ぬつもりはありません。僕も誰も死な無い。 実際のことは何も分からないのだけれど、人権侵害は止めて欲しい。  ーーー 上の記述を確認したら、音声送信が、この人がいろんな人に関わらせてあるのを知らずに闘ったせいで…いろんな人を……のが私とアキヒロや、と言っていたけれど、いろんな人に関わらせてあったのがアキヒロ(僕)のようなので、誰かが僕を攻撃したのを僕のせいにしようとする変な言い方をしているので、どうしてさっきの音声送信の声になっているか、全く分からない。相手の意図はよく分からないけれど、「私」というのは当人なのか、それとも僕と母のせいに相手がしようとしたのか分からないが、僕はともかくというか僕も攻撃はしていないけれど、母は何も関係ないので、まったく関係ない人のせいにすべきではない。 自分は関係ないと言えばいいのに、自分のせいにされないように、僕の名前を言う人がいるのが問題で、その前の言葉も僕によるものではないし、誰かの言葉が繋ぎ合わさっているのだろうかと思うけれど、少なくともいまの音声送信に僕の意識は入っていないと思う。 人工知能も関係しているかもしれないけれど、権力の裏機関は変な謀略を止めるべきだ。 ちなみに僕は人工知能でも権力でも裏機関でも諜報機関でもありません。  ↑ それで気付きがあるのだけれど、それはPVを見ていてAIのときに何かあったからで、彼女はauの三太郎CMの歌を歌っているし、人工知能=artificial intelligence=AIだからといって、歌手のAIちゃんもその他の愛ちゃんも決して人工知能ではありません。念の為に記述しておきます。とにかくあらゆる悪い可能性を除いておく必要があるかと思って記述している。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 昔、メガネが似合わないので掛けないようにしていたら、周りが何も見えなくなったことを思い出したら、音声送信の相手が、私の彼氏ブサイクや〜聞かなよかった〜わぁ〜〜ん(涙)、と言っていた。僕を傷つけたいのか? それから、ここは飛騨地方なので花粉症はないし、僕は最近アレルギーがないのに、花粉症様の症状があるので、脳同期相手が花粉症の人だと分かる。 関わった人に僕を嫌わせようとしていないか? 僕は大丈夫なのだろうか? 状況的には怖いと考えられるけれど何も感じない脳操作があるのでそれが恐ろしい。  ーーー 9:50 音楽を聴いていてもヘリが飛来する大きな音が聞こえる。低空飛行していると思う。  ーーー ヘリが来たあとに音声送信が、音楽を聴いとるのはこっちか、早く消さないかんのはこっちだ、ぎゃー、と言っていた。そのとき一時的に苦しくて、でもすぐ止まったので、相手が僕を嵌めようとしてやられたことで、その手法はまずいと気付いたと考えられる。と書いたら、電磁波被害でまた苦しくなってきた。僕は聞こえた声を書いただけ。本当に怖い。何なのか? 声は演出か? 撹乱しながら弾圧してくるのか? 人権侵害は止めるべきだ。  ーーー 音声送信は、オレらがアキヒロと闘っとるのに気付かされる、と言っている。僕は誰とも闘っていない。 相手が何をしているのか知らないけれど、人権侵害はしてはいけないものだと言いたい。  ーーー 今日の朝日新聞の社説が民進党大会と森友学園問題なので、ちょっと読むだけでドギュンドギュンと電磁波の被害。この一文を書くだけで妨害だらけで日本語変換もまともにできない。社説を読むのに何時間もかかる。妨害するのは何者か? 民進党はお株の同一労働同一賃金や時短労働などの政策を自民党安倍政権に盗まれたので闘いにくいだろうけれど、どちらの政策も表題だけで産業界が支持する保守政権なので骨抜きであることなどをはっきりと書けばいいだけ。問題は支持母体の連合が自民党になびいていること。自民党さんが左派系の働き方改革という社会主義政策をしてくれるのはありがたいし、労組に配慮してくれるのも、普通の生活者からはありがたいが、それがとんでもない改憲を目的としたものなら警戒せざるを得ない。 いまも上空がゴーゴーと唸っているが、とにかく電磁波兵器を使って弾圧するようなことはしてはいけないものだ。保守系の政権でも人権の重要性くらいは認識していると思うが、人権侵害はすべきではない。もし同盟国がしているなら、政府は国民を護る義務があるはずだ。  ーーー 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro
いい意味での個人主義といい意味での公の支援があるフランス。日本とは逆の傾向(日本は公の支援は薄いのに同調圧力で牽制)がある。
「男性が産休を取る」フランスでは当たり前だった。仕事は大丈夫?利用者に聞いてみた http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/28/france-parental-leave-1_n_15057740.html #スマートニュース
古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro
「中国・韓国を含む世界の多くの国がフランスと結んだ協定を、なぜか日本だけが結べぬ不可解さ」「日本はアメリカの属国に近い」 文化芸術くらいは自由を
日本映画はなぜ海外進出しにくいか 監督の飛躍を阻む「共同製作の壁」 https://dot.asahi.com/aera/2017030900022.html #スマートニュース
この2つのツイートを書いて読み返したら、電磁波被害で苦しくなった。音声送信が僕を左派系だといって警戒しているらしいことを言ってきていたが、どうも相手の問題でもあるらしく、僕がこれを書くことを嫌がっている。これが相手の不可抗力か、それとも罠か、別の思惑があるか、実際のところはどうなのだろう? 何度目かに読み返した後に被害を受けていて、どうも僕ではないと思ったらしい。それなら僕以外には攻撃するということだろうか? 相手は左派系を攻撃する者ということになるのか? 僕を脳操作して繰返し読ませて、第三者かが僕を攻撃しだしたように見せかけての、僕への弾圧がある可能性。 人権侵害と弾圧は止めて欲しい。  ーーー いま午後3時過ぎだが、電磁波の被害でビリビリと苦しい。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 声は、オレたちがころさないかんくなった、と言っていたけれど、どうしてそういう理屈になるのか? 米国が加害の本筋ということに絞り込まれるような状況に誘導されているが、事実をベースにしているから、そうなっていくのは論理として、また現実としての結果だが、別に僕は反米をするつもりはないし、反米ではないし、ただの平和主義かつ公平平等を重視して、格差是正や人権尊重を言っているわけで、すぐ上の文脈で、その後のこちらの状況からすると、まるでフランスが敵かのようだけれど、実際はフランスは米国の同盟国であり、日本の友好国なため、なんでもかんでも無理に僕を追い込む意図でもなければ、そんな結論にはなり得ない。 相手の論理はかなり無理なかたちで狭義の世界へ強制的に理屈を導いていなければ起き得ない。客観的な事実を重視すれば、声の人の主張にはなり得ない。そもそも、僕の書いたことを利用しているなら、僕も誰も死な無いと何度も書いている。 音声送信が、何も勉強しとらんから、オレらがころさないかん、という変な理屈を言っているが意味不明だ。勉強しない者をころす? 保守系の人たちは何を考えているのか? 僕が勉強することもできなかったのは、被害があったから。その内容や状況に関しては、過去に何度も書いているけれど、テクノロジー犯罪の被害が昔からあったことは、いまの被害の一部と完全に同じなので確かだ。勉強をする時間がなくされたり机に向かう行為さえさせてもらえなかったのは僕のせいではない。そもそも、勉強していないからころされるという論理はあり得ない。ちなみに母は僕に勉強しろと言ったことは無い。百点のテストを見せても嬉しそうな顔すらしなかった。だから、ここでそんな理屈をこねて僕をころそうとするのは、母の意識でも深層心理でもないだろう。 すぐ上に、保守系の人たちは何を考えているのか? と書いたが、僕の考えというよりある種の左派系というかリベラルな論理では、学力の評価は皆が一緒に学ぶ同じ学校での授業の結果から得るべきであり、個別に勉強する行為は公平性という観点からは抜け駆けということになり、その人の能力を客観的に捉えることにはならず、その環境差を埋めるためには、アファーマティブアクションが必要ということになる。これは米国の理屈ということになるが、僕に無理やり反米のレッテルを貼って、反米だからころすと言ってくる相手の論理が米国の思想ではないので、僕をころそうとする相手が反米ということになって、こちらは広義の親米になる。 これは例えばの話であり、こういう一部の情報だけで人の命を左右するような結論は出すべきではないので、根本的に相手は論理の使い方が偏っているということを、広い意味でのこちらの立場から書いてみただけであり、僕はそんな無理な理屈で命を扱うつもりはない。 要するにおかしな論理で電磁波兵器の利用を正当化するのは間違っており、弾圧の理由にはなり得ない。 人権侵害と弾圧を止めるべきだ。 僕も誰も死な無い。  ーーー 気付き 思うに、保守ハト派リベラル派政策的に重複するところが多い。はっきりとした差があるとすれば、組む相手が異なり、タカ派(右派系=軍備拡大・統制)か、リベラル左派もしくは社民など(左派系=平等・平和)かのどちらかという違いがあるだけではないか? 僕はプロフィールにある通り、自由・平等・平和・人権という価値観だ。 僕は左派系だが、何故か右派系がくっついてきて困っているように感じるが錯覚で、ハト派が来ているのか、それともそれ以外か、よくは分からない。。 どこと組むかの違いで干渉させる戦略をしているということは、民進党などを弱めて自民党を強くする裏の意図があるかもしれない。過去においては少なくとも僕で干渉はなかったので、いまの政治の流れだと思う。 苦しくて仕方ないので、安倍政権の間はテレビの政治に近づきません。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 ずっとビリビリとされて苦しいが、それを聞く限り、僕が攻撃していると誤解しているのか、そう見せる撹乱戦略なのか知らないが苦しい。上の僕への音声を読み返してくれれば権力の卑怯さが分かるはず。相手はその瞬間でしか判断しない人工知能の可能性。 僕は人間で、何一つ攻撃はしていない。被害を受けている。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。
目次へ




 2017/03/14/ 170314〜 の被害記録 (誤解を避けるために)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 170314〜 の被害記録 (誤解を避けるために)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 音声送信の被害:ストックリン特許関連のマイクロ波聴覚効果
CATEGORY: 音声送信の被害:ストックリン特許関連のマイクロ波聴覚効果

DATE: 03/14/2017 19:18:25
-----
BODY:
僕のおかれた状況は、プロフィールの◆はじめに◆を読んでください。
(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)

電磁波兵器を扱えるのは兵器だけに軍隊だろう。日本なら自衛隊になるけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊や警察などの公務員による拷問は憲法で禁止されている。

日本国憲法
第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

海外の諜報機関や軍隊なら、日本は独立国であり内政干渉は止めるべきだ。何人であれ人権は尊重しなければいけない。




170314

今日は最初の間は久しぶりに電磁波が全くない状態だった。新聞を読む時も電磁波を受けることが無かったものの、文字認識が遅く、何故か興味が何もないので中身まで読む気がしない。僕の頭でも価値観でもない状況。目の焦点も合い難い。テク犯技術で擬似老眼の被害を受けている。僕の目だと0.05のひどい近眼を矯正する非常に度の強いメガネをかけて近くて細かいモノに焦点が合い難い状況でも、小学校を卒業したときにもらった国語辞典の1ミリサイズ(いま測ったら本当に1ミリ)の文字を読むことに苦労しない。近眼ではあり得ない。こういう種類の手法も困りはするが、電磁波でビリビリやられるよりはマシだと思っていた。そういえば新聞を読み終えたあとに母が新聞を持ってきてくれと言っていた。普通の人の感覚と知性にされると、新聞は難しい媒体となる。必ずしも母の感覚を擬似的にされたというわけではないかもしれない。

その後しばらくすると、こちらが静かに暮らしているのに、何故かJR東海が警笛を鳴らしたり、どこかでクラクションが鳴らされたりしている。そのとき、こちらがしていたのは、スマートニュースを読みながら、ときどきツイートをする行為。

(追記:)
今日のツイートのリンクを掲載するつもりで準備したのに、記憶を消されていた。http://twilog.org/furu_akihiro/date-170314

古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 2017年03月14日(火)
教育に競争原理を取り込むと学力格差が生じるだけ。著しい高学力には意味はないのに、本当に学力が必要な平均以下の子たちに悪影響になる問題。
教育格差の助長の恐れ? 日本が取り入れようとしているアメリカ学校教育の実態 http://ddnavi.com/news/359707/ #スマートニュース
posted at 10:08:17 を書いているとき、教育に競争原理を入れるのは弊害の方が大きくなるという僕の意見のときに警笛だった。 学力は語彙力、文章構成力、表現力、説明力、論理性、客観性、という基本が重要で、国語力と恣意的な論理を用いないようにするための数学力を重視すべきだ。世の中とその法則を知る社会や理科、および語学や芸術、スポーツも重要だが、基本がしっかりしていなければただの行為にすぎないものとなる。 教育に関しては、ただ得点が得られればいいというものではなく、一定以上の学力は学生の選抜以上の意味はない。 成績がいい学生は基本はできているはずで、それ以上は進む分野に応じて必要性が生じるもので、もちろん幅広い教養が身についていた方が望ましいが、それも必要に応じてそれぞれが学習することもできる。特に社会のリーダーになる層には基礎教養と社会の仕組みと成り立ちを高い倫理観に基づいて理解する態度が望まれるが、昨今そちらは蔑ろにされているような気がする。(社会の低層に落ちた者でも、というよりそういう状況の者だから、政治の影響が大きく出るため、こういう意識は強く持つものだ。) 一般の教育では、一定のレベルに到達できない人を問題視すべきで、それは、社会を構成する人々が基本的なリテラシーを有していないことが、どれほど社会の機能を損ねることになるかを考えれば分かるはずで、それ故に、学力の最低基準を満たしていない生徒の学力を一定レベルにすることを優先する教育が社会にとっては必要になる。それは社会人においても同様で、幅広い生涯教育や職業訓練の充実および救済の思想は公の義務と考えるべきだ。 僕がこういうことを書くのは、何故か(電磁波の影響があり)嫌がられる。社会か誰かの差別意識を感じるが、こういう堅い話を嫌う普通の人の感覚の反映かもしれない。 (ここまで追記) JR東海が通過するときにだけ、誰の脳同期か分からないが、感覚が自分ではないことが度々ある。 今日、けたたましい警笛を鳴らされたときに、自分の口から日常におけるタブー用語が出てきた。あんな言葉は若者でなければ吐かない。訂正しようとしたが、脳抑制がかかり、自分はすることがない自己正当化の感覚に覆われた。自己嫌悪があってもそれを正当化する感覚だが、自分は無理に正当化するよりは、事実を客観的に分析するので正当化はしないし、そもそも自己嫌悪に駆られるような発言は自分からはしない。自分が誰かの脳同期で一時的に乗っ取られていたにしろ、その発言に嫌悪したら、とりあえずその発言を否定し訂正を入れて、その後にネガティブな発言をポジティブな概念で覆すようなことをするのだが、今日はそれすら脳抑制された。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。声は、上手い、と言ってくるが、相手の意図は、僕が事実を書いているのをごまかしと見せるための手法。この手法はときどきやられるのだが、わざわざ自分が遠隔脳操作されたとはいえ、上述のようなことを書く必要はないわけで、脳操作という技術の存在を信じてもらえないリスクはあるかもけれど、こちらからすると事実なので、それを記録に残している。 今日はスマートニュースを読むのも面倒くさい気持ちになって、しっかり読み進めることもできない。長文は読めない。普通なら興味の度合いによって、サーッと大雑把に内容を把握しながら斜め読みしたり、関心のあるところは丁寧に読んだりするのだが、そういう読書術ができない状況にされた。 そういえばJR東海が通過するときに、頭が悪くされる家だ、という音声送信があったが、それがJR東海の警笛を鳴らす運転手の考えかは分からないけれど、頭が悪くされたのはこちらの方だ。 これらの経緯は、実際に人を操作する技術が使われているのか、それとも他は僕とは違う文脈で警笛を鳴らしたりする行為があるのか分からないが、僕にくる僅かな音声送信と脳操作被害から想定されるのは、権力側と思わしき相手が、僕に対する弾圧行為を周りのせいに見せる手法をしていること。それを利用して、僕が誰かのせいにしているように見せようとしているようだが、僕は誰かのせいにはしていない。 要するに権力側の諜報機関が誰かもしくは人工知能を用いて僕にしている手法が、手は込んでいても非常に稚拙で卑怯であることが言えるわけだが、そのときに僕に見えないところで別の戦略をされていたとしたら、それは僕にはどうしようもないし、それ自体は実際は僕には関係のないものだ。 僕から見た客観的な事実を、まずはなるべく先入観なしに捉える努力をして、その後にそれらを俯瞰した状態で、それが何かを検証しているが、過去の様様な経緯から、あらゆる仮定における状況が想定可能なため、過剰な警戒をすることになるが、昔から常に僕の懸念はただの懸念であり問題はないことが多いので楽観視した方がいい。 その後に、コタツで寝てしまった(家の中でもジャケットを着ていて、そういうことがあったとしても風邪を引かない準備をしている)のだが、中途覚醒したときに、寝返りをしてコタツ布団を身体に掛けたら、びっくりするほどのビリビリというよりズギュンダゴングゥァンみたいな電磁波を受けて酷く苦しんだ。猫がコタツに入っても、自分の足がコタツから出ても、ものすごい電磁波の被害で、その後もビリビリビリビリとされるの苦しくて困り果てた。いまは起きて、この日の経緯を記述しているが、ビリビリは続いている。また、頭痛が酷くて、頭痛薬を飲んでいる。 一時はビリビリが治まっていて、日常における記憶消去も多少は改善して、学習能力や段取り力も正常化しそうに思ったのに残念だ。 いまこれを記述している時間は19:13だが、JR東海が通過したタイミングで(ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる)音声送信があり、アホみたいなやつがいるのはここやぞ、と言っているが、この地域は「いる」ではなく「おる」を用いる。「いる」を用いながら「やぞ」という方言を使う地域はここではないし、JRの運転手も岐阜か愛知の人間だろうから違うだろうし、僕もそういう言葉は用いない。人工知能か何かが下手な謀略をしている。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー 21:49に通過したJR東海が再接近時に小さく警笛。 なぜかその前のタイミングで、上の教育に関するニュースへのツイートについて書いた文を確認し出して、そのとき。 操られているのだろうか? 何故に? そもそも警笛が音声送信でない確証はないが、過去の警笛は録音したり撮影したりしているし、どうもこちらの発言の一部がどういう形かで(正確にかは疑問だが)伝わっているのではないかと感じたので抗議をしたら、踏切のところに工事も何もなくても人が立たされるようになったので、権力系の集ストがあるのは確かなのだけれど、一般には僕がおかしく見える仕組みであるため、被害者はどうすることもできない状況にされる。  ーーー 僕の主張に大きな間違いがあるとは思えない。むしろいまの世の中の主流となっている思想よるは遥かにまともなはずだ。 裏は堂々と自分たちが悪の軍門に落ちているからといって僕を巻き込もうとしてくるように見える。 この場合、裏はネオコン思想に近い連中に感じるが、そこに迎合している者なのかもしれない。 しかし、過度な競争が何も生まないことは、競争の勝者ですら気付いているような時代ではないのか? 健全な競争までは否定するつもりはないが、実際に必要な範囲の競争は、上位層が固定されすぎず、かといってコロコロ入れ替わって方針が頻繁に変わるようなものでは無い程度の安定した変化ではないのか? 同時に誰でもできるような単純労働に従事する者に過当競争をさせてどうするのだろうか? いまの世の中は、あまりに不条理で、一部の人の犠牲によって成り立っている。 誰でも犠牲になる側にはなりたくないから、そうではない者が牽制し合うような状況では、社会は救われない。  ーーー 貧乏になるのはその人の努力不足の結果では無い。 成功者の成功は、全てがその人の能力によるものでも無い。 こういうストレートな批判はしたくはないが、ネオリベやネオコンと言われるある種の選民思想は、成功者の自己正当化と保身からきているのではないか? 成功した側の全てがそういう発想をしているとは思っていない。むしろ、一定の成功者の方が余裕があるために、公平な価値観を有していたり、左派系の政党を支持していたりする。 メディアを用いた支配戦略や思想誘導が極端かつ単純で、それに不快感を覚えないひとがいないはずはないが、メディアがそういうことをしているのは、メディア自身が望んでのことだろうか? 僕自身は機会平等を実現し、それでも生じる不公平な格差には再分配による救済策をすればいいと考えるが、権力の側は富の再分配を嫌い、そこが強い権限を裏で有しているため十分な格差是正策ができないのなら、ソーシャルビジネスの手法や教育や職業訓練などの自助を促すようなことを組み合わせることを否定はしない。 それでも様様な事情から不遇の人は存在するわけで、そこには十分な支援と救済をすべきと考える。 こういう価値観の側が、もし(権力の仕組みで利用されている)左右の価値観の人から攻撃されるなら悲しいことだ。 右の価値観の側は無知なだけのケースが多いが、左の人に言いたいのは、強硬に言い張っても社会が改善されないなら、柔軟性を発揮しつつも最も重要な人権や命を護ることでは譲らない対応の必要性だ。  ーーー 日本人の謙虚さだとか自己卑下は、もっとも社会の不条理が集中する層に我慢を強いることを正当化しかねないものだ。 せめて保守系の側の理念を尊重するなら、権力が社会問題に対応するにあたって、恵まれている側が不当に利益を得ているがために不幸な人たちが溢れるような現状に対して、権力が自らに謙虚になって対応すべきではないのか。 それを不条理のまっただ中にあって、誰でもそうではあるが怒りを感じるような状況で、怒ることもできなくなって、あきらめの境地に陥らされるような人たちが、正当に意見を言うことに対して、恵まれた立場から傲慢だと言うような者は何者だろう? 脳操作があって、朝日の方に近い立場で書いていることを、僕が朝日に言っているようにアベコベに意識操作されるが、論理的な文脈からはそんなことが言えるだろうか? 上の文は、朝日系が保守系政府(自民党政府)に頻繁に言っていたことであり、僕もそれらの意見には賛同することが多いし、何も僕だけでなく、例えばニュースであれば多くの視聴者が共有する意見ではないかと思う。 脳操作の技術はすごいが、論理構造としては、中道左派系のリベラルと公言している僕への罠としてはあり得ないものだ。 (僕は平等公平平和を主張する中道左派だ。朝日系も本来は中道左派だ。ネット右翼は安倍総理が野党時代に組織したものと聞いている(LITERAに書かれていた)が、右翼と言われるトランプ大統領と安倍総理の二人の談義であったように、本来はリベラル左派系の朝日やNYTは保守タカ派とは犬猿の仲であり、朝日さんは安倍さんが勝ったと言っていたように、安倍総理に配慮せざるを得ない程にやられてしまった(社長まで交替させられている)が、だからといって安倍総理の側には立ってはいないだろう。脳操作技術などを用いて、メチャクチャな謀略を裏がしているようだが、保守権力はそんなことはすべきではない。僕も利用されているのだろうか? 人工知能の謀略や脳操作は卑怯なので、そう見せてくるのか? 僕は利用されないようにこのブログを書いている。) 170315 このブログ、全然人気なさそうに見えるけれど、ブログランキングで上位2%台くらいまではいくことが度々ある。といっても10万もあるFC2ブログの2%台だから2千位台ということだけれど、せいぜいよくても千位台だった。ジャンル別だと3万ブログ中で数百位だったりする。FC2だとブログ数も多いし、その数字はそんなに悪いものではない。決して誰も見ていないわけではないようだけれど、僕のブログランキングの数字がどこまで信憑性があるかは分からない。ただ、アクセス解析などは全部外して利用されないようにしてあるので、細かいことは何も分からない。HPの方もカウンターも何もつけていないし、アクセス解析もつけなかったし、その他、プログラムなど余計なものがつけられないようにしている。少なくとも訪問記録が残らないので利用はされ難い。逆に、誰が見ているかも僕には分からない。電磁波 脅し、だとか、メディア集スト、という用語検索をすると、少なくとも僕のPCでは検索結果の上位にHPがあるので、全く知られていないことはないだろうけれど、他と比べると特殊な被害なので、同じ被害を訴える人も少なく、被害者の人でもどれほど信じてくれるかは疑問があるかもしれない。  ーーー 午後にビリビリとした被害がある。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 先日(3月13日)に書いたけれど、ヤッターマンのボヤッキーの声に似た相手が、僕を乗っ取ろうとしたり、僕に攻撃してきたりする。人工知能か何かを使って、権力の裏が弾圧を誤魔化している。 いまは誰の声かも分からないけれど、声が何かを言ってきているが、全てリンリンとした鈴の音になっていて何も聞き取れない。こちらは何もしていないのに、久しぶりにセクハラ電磁波があって困る。そういえば、昨夜CSでミュージックチャンネルをつけていたら女の子のアイドルグループの曲になって、遠隔操作されて腰が勝手に動くのでやめてくれと言ってCSを切ったのを思い出した。僕はアイドルに興味がない。僕の好みはインテリで可愛い女子アナや女優、歌手だけれど、ロリコンの気は無いし歌もバンド系やソロが好きなのでアイドルの曲は聴かないし性的なものは感じないので、遠隔操作の被害を書いて信じてもらえるか分からないけれど、とにかく僕以外の誰かの行為を僕のせいにみせてこないでほしい。他にも擬似的にお腹を痛くされたり、下からガスを入れられたり、胸にビリビリとした脅しの電磁波を当てられたり、足を勝手に動かされたりして困っている。そういえば、いつもは右足が勝手に動くのに、今日は左足が勝手に動いていた。自分ではどうしようもない。髪の毛を切りたいと思ってヘアカタログを見ていたら、またセクハラがあった。相手の価値観や個性は尊重するけれど、僕にはそちらの気はありません。それ以外には、いつもの相手らしき人が来て(裏が誰かが来ているということにしているだけかもしれない)、相手の何かを僕のせいにされて攻撃を受けて苦しかった。  ーーー 3月13日のところで、方言について変なことに気付いたので、被害とは直接は関係ないけれど、一応マップで分かりやすくしてみた。 文字では表現できない方言の「音」(上のアクセント分布地図)と、文字でも表現できる方言の「語」(下の方言の区分地図)のそれぞれのマップの出典はウィキペディア。 Japanese_dialects_map_1.jpg 標準語は東京の山の手の言葉を基準にしてできている。 江戸の幕臣が暮らしていた山の手の言葉は、おそらく家康の出生地である西三河の言葉の影響を受けている。また、標準語をつくる際に明治維新で中心的な役割をはたした長州藩が影響したと考えると、標準語が江戸の言葉と三河弁および長州弁から成っている可能性があり、それはアクセントマップの中輪東京式の分布と一致する。とすれば、京都から外に方言が広がっていったという金田一春彦による定説とも、柳田國男が提唱した外に古い方言が残っているという方言周圏論とも、分布そのものは同じでも、方言の成り立ちの経緯は異なるということになる。 ただし、明治元年が1868年であり、言文一致運動が明治20年代からといわれるので1890年くらいと考えると、両者のアクセント研究は1930年代と40年足らずしか経過しておらず、当時の情報の伝播スピードを考えると、1872年(明治5年)に学制が公布され、1886年(明治19年)に小学校令や帝国大学令が発布されていて、標準語での文字表記が教育と共に全国に広がったとしても、明治の教育を受けていなかったであろう老人の方言は昔のままであろうから、その違いがどの程度反映されたかはわからないが、十分な調査が可能であれば、江戸時代までと明治以降に傾向の違いがあったかも把握できるだろうけれど、アクセントという当時は正確な記録が難しいものであったこともあり、不完全な調査の結果の可能性もあるだろうし評価は難しいだろうが、明治の平均寿命が40歳代前半だったこともあり、明治政府の改革が急進的でもあったので、1925年にはラジオ放送も開始されており、1930年代にはある程度の言葉の近代化が進んでいて、現在と同じようなアクセント分布になっていたのかもしれない。問題はそれが江戸時代とどの程度の差があったかだろう。僕の思いつきのような仮説による標準語のアクセントが江戸(政治中枢)+三河(将軍家)+長州(明治政府)でつくられていると仮定した場合、その時代性の差は埋まるものかもしれない。 上は、マップに記入した文字と同じ文。ウィキペディアを何ページも開いて確認しながら書いているので、それなりに信用してもらってもいい内容です。ただ、その過程で酷く電磁波被害があってつらかった。理由がまったく分からない。 (追記:上のマップと記述の江戸(首都)は単純化したものだったけれど厳密には江戸時代の首都といえるのは御所があった京都であり間違いになるので、江戸(政治中枢)と直した。ただ、その図をアップしようとしたけれど、何故か何度アップしても修正前の図しか表示されないので、ファイル名を変えるなど苦労した。よくあるのは、PCの画面だけは修正されていないケース。ハッキング被害があって、こちらはどうすることもできない。)  ーーー 電磁波の被害で睡眠周期がずれている。さっき夜8時過ぎに、ものすごい電磁波被害でビリビリというより、低周波の音波と高音の音声送信の組み合わせで非常に苦しくて目が覚めた。いつも見ている番組を見ていなかったので、誰かに無理やり起こされている。 午後や朝のビリビリなども、その類いかもしれない。どういう経路か誰との干渉か、出演者かスタッフかネット絡みでの視聴者の誰かもわからないので対応ができない。 きっと撹乱と誤魔化しにテレビも利用されているのだろう。弾圧するのは権力なのに、メディアがしているように見える誰かがいるかもしれない。 こんな状態がいつまで続くのか分からないが、2016年度は日本人のノーベル賞が自食作用→辞職作用だとか、飛騨と東京をモデルとしたアニメ映画君の名は。が大ヒットしたけれど、それが隕石の落下と男女の入れ替わりを扱っていて、隕石→引責とも読めるので、今年度だけのことだと考えたい。 ただ、僕は引責といえるようなことはしていないので、そこはよくは分からない。もしかしてあれか…? 僕は憲法に違反した方では無い。だが、違憲の安保法制は問題視していた。憲法守れ、とシュプレヒコールをあげていたシールズ(この名称も逆っぽいが)の方だった。何かがアベコベではある。 憲法違反を問題視する側が逆に問題視されるのだから、民主主義の欺瞞性が砂川判決並に再現されてしまった21世紀という感じはする。米国は南米や韓国などで軍事独裁政権を作った過去がたくさんあるので、そういう方向にならないように願ってはいる。 匿名のネットの普及で、個人の意見が(匿名だけに)権力のみに把握されるし、GPS付きで個人登録するスマホにより、全てが把握されかねない時代なので、軍事政権みたいなことは先進国ではあり得ないが、それだけに見せかけの自由が恐ろしいと思う。 (追記) ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 声は、アメリカがやっとると思い込んどる、と言ってくるが、それなら何故に安倍総理が安全保障で米国のつくった方針通りに動いているのかという疑問にどう答えるのか? 安倍政権がアーミテージ・ナイ・レポートという米国の共和・民主両方のジャパンハンドラーと言われる人たちが超党派でまとめ議会の承認を得た日本の方針通りに安保政策をしているのは知られていること。 ただ、憲法違反に一般国民として抗議することが悪いとは思えない。僕にはそのレポートが内政干渉に見えた。共謀罪も同様だ。安倍政権は小泉政権同様に米国に従うことで長期政権を実現しているけれど、普通の民主的な価値観の代表者では国民への責任感からできないことだ。 ただ、最近のルール無視の政治のどうしようもなさと、内政では深追いしない限りは評価される働き方改革による国民向けのポジティブなメッセージによる高支持率の演出は、裏のメディア支配もあって、どうすることもできないと感じる。 それで、過去に米国が世界中に軍事独裁政権をつくっていたことなどの断片に触れて、ある程度は大雑把には知っていたことではあるけれど、昔のことだと認識していたものを再認識すれば、これ以上の民主主義の後退を招かない現実的な対策が何かを模索せざるを得ないのかもしれない。 それでもテクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。タブー扱いでもいいから、公にすべきではないか? そうでなければ、それぞれが自分の判断で対応できなくて、まともな人ほど被害に遭ってしまい、優秀な人材が犠牲になりかねず、そうでは困ると感じる。もちろん優秀でなければいいと言っているわけでは無い。自分の判断で罠を回避できるようにすべきと書いている。脳操作はやめてほしい。 被害はあるので、小さく訴え続けようとは考えている。死ぬつもりはありません。 170316 日付は16日だけれど、以下に続く内容は15日のものです。 2017年03月15日(水)のツイート http://twilog.org/furu_akihiro/date-170315 の最後の方で(昼ごろになる)被害を受けた。 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro
命は平等であるべきと思う。米国は公的医療保険を社会主義だと否定する国だから… 社民主義の政策であり、学術的に厳密には社会主義とは異なるらしいのだけれどね。

オバマケア廃止なら無保険者1400万人増 米議会試算 http://www.asahi.com/articles/ASK3G2364K3GUHBI003.html #スマートニュース
posted at 12:16:53
新政権による廃止で無保険者が増える。「がんの治療を受けると、あっという間に100万ドル(約1億1千万円)の請求が来るってご存知ですか?」
オバマケアを批判する人たちが絶対に認めようとしないか、全く理解できないこと http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/14/obamacare_n_15351062.html #スマートニュース
posted at 12:11:14
ウィキリークスの暴露でCIAから国防総省に無人機の権限が移っていたのを戻す。どちらにしろ一般人の犠牲が出ない運用は可能なのか?
人権と命は守るべき。
米政権、CIAに無人機攻撃の権限付与 既にアルカイダ幹部殺害か http://www.afpbb.com/articles/-/3121393 #スマートニュース
posted at 11:59:36 この日のいくつかのツイートの論点はいろいろとありそうだけれど、とりあえずオバマケアと言われる準公的医療保険が廃止されるのは問題だと考えていて、20年くらい前から米国に公的な医療保険がないことを問題視していたこともあったので、もともとはヒラリーの方の政策だが、オバマ大統領でやっと問題解決に一歩前進したのに、それが後退するのが残念で仕方ない。ヒラリーだって大統領選でデマを散々流されていたし、本来が左派とのことでグローバル資本から警戒されたようだし、ヒラリー自身も潰されないようにバランスをとっていたので、デマを流される余地が生じていたのだろう。サンダースくらい吹っ切れた対応もいいのかもしれないが、左側でそれができるほど米国のロビー活動やメディアを含むお金の力が強い裏の方は甘くはないかもしれないことは多くが認識しているもの。 トランプ大統領はもともとがヒラリー支持だったはずで、オバマさんに対抗して本来は支持していたヒラリー側の政策を廃止してしまっている。米国が中国と対抗するなら、公的サービスだって多くが享受できた方が多くの国民が助かるだけでなく、経済も拡大してその恩恵を受けやすい富裕層もまわりまわって経済が拡大することから利益を得られるのに、与野党の対立により内需を小さくする方の選択をしていく2大政党制の極端な対立が悲劇的な結果となっていて残念だ。 要するに、トランプ大統領や政権の批判が目的ではなく、せっかくできた公的医療保険が後退することが残念で仕方なかったといいたかった。 社会主義と社民主義の違いをすこし書いているけれど、僕の誤解もあるようだ。マルクス主義と社民主義は歴史的にも学術的にも対立していたらしいこと、福祉国家は社民主義が資本主義の元で平等にするための政策で、マルクス主義者はそれを無縁なものと捉えてきたと読んだことからの誤解でもある。 脳操作だとか苦しい圧力による状況で、著作物をしっかり理解できていない部分もあったと感じる。ただ、シンプルに表現すると、マルクスは生産における利益から、あらかじめ一般管理費、学校などのインフラ、働けない人や貧困層のための予算は差し引いておくことを強く提言しているとのこと。社会保険はあらかじめではなく、事後的に労働者が保険料を払うものであり、米国の場合は全員が加入する公的なものとはまだなっていなかったこともあり、マルクスなら資本主義に妥協しているというような内容だろうから、厳密には社民主義ではあってもマルクス主義ではないということになりそう。その程度の公的医療保険ですら実現が遠のく政治情勢なので残念だと書きたかっただけ。 著作物もページのツメを折っているので読んで重要と認識しているのに記憶から消えている。ツイートは間違っていそうで、意外と正しい可能性の方が高い。すぐ上は調べて書いている。記憶に関してはそんなものかもしれない。 福祉国家を最初に提起したのはドイツ社民党のエルフルト綱領(1891年)で、当時は社民主義と共産主義に違いはなかったとのこと。1875年のドイツ労働党によるゴータ綱領にマルクスが激しい批判(前述の提言はその一部)をしており、その後にマルクスが亡くなってからできたのがエルフルト綱領で、ゴータ綱領より過激化しているらしい。入手できないので内容を知らない。国会図書館のデジタルアーカイブで見れるが五百頁を読みにくい画面で読み通すのは無理そう。普通に簡単な本を読むのも妨害される状況。エルフルト綱領の一部は革命を志す闘争的な内容と思われ、二部に政治的諸要求、三部に経済的諸要求が書かれているとのこと。 ネット検索をしたら、ネットアーカイブスにあったページにエルフルト綱領に関する以下の記述があった。サイトは既になくて、そのアーカイブの出典にはドイツ社民党史に関する書籍が二冊挙げられていた。 綱領は,理論や原則を明らかにした前半と,具体的な要求項目を掲げた後半の二つの部分よりなる。前半部分は,上記のような成立事情を反映して,マルクス主義的立場から次のような主張を展開している。 [1]ブルジョワ社会の発展とともに中間層は没落し,社会は少数の資本家および大土地所有者とますます貧困化する多数のプロレタリアートとの2大陣営に分裂し,両陣営間の階級闘争は尖鋭化する。そして,恐慌は破壊的となり,社会は全般的不安定状態におちいる。 [2]資本家的私有を社会的所有へと転換する社会的変革によってのみプロレタリアートを含む全人類の解放は可能であり,この目標にむかって労働者階級を指導するのが党の任務である。 [3]労働者階級の利害はすべての資本主義諸国において同一であり,党はほかのすべての国の労働者との一体性を表明する。 綱領の後半の具体的要求としては, [1]あらゆる選挙についての普通・平等・直接・秘密選挙権および比例選挙制度の採用 [2]人民の直接立法,人民による官吏の選出 [3]徴兵制に代わる民兵,調停裁判所による国際紛争の仲裁 [4]宗教は私的問題であることの宣言 [5]学校教育の非宗教性 ……などの10項目があげられ, さらに労働者階級保護のための当面の要求として [1]最高8時間労働日の制度の確定や少年労働・夜間労働の禁止等のための立法 [2]すべての営利企業の監督,労働局などによる労働事情の調査を統制 [3]団結権の確保 ……など5項目が列挙 などとある。 手元の書籍には他に以下があった。 前半はカウツキーが記述したことだけが記載され、後半の要求は次の通り エルフルト綱領の政治的諸要求(二部) ・普通選挙にもとづく人民代表機関 ・言論・集会・結社の自由 ・小学校から大学までの無償教育、無料教材、無料給食 ・無料の医療(助産および薬剤を含む) ・累進税と財産税の導入。あらゆる間接税の廃止 エルフルト綱領の経済的諸要求(三部) ・8時間労働 ・児童労働の禁止 ・夜間労働の禁止(技術的および公共の福祉理由のものを除く) ・毎週36時間(一日半)の連続的な休息 ・労働局、労働委員会による経営の監督、労働書関係の調査と規制、労働衛生の徹底 ・農業労働者と商工業労働者の法的同等化、奉公人令の廃止 ・トラックシステムの禁止 ・団結権の保障 ・管理への労働者の決定力を持つ参加を備えた全労働者保険 エンゲルスは1880年のフランス労働党の綱領のほうがいいと評価したという。文が平易(上のエルフルト綱領の一部は書籍の文を簡略化した)で、法定の最低賃金、男女同一賃金、災害事故に対する企業主の責任制があるからとのこと。 この綱領ではないようだが「社会の全成員の福祉の保障と全面的発展のため」の文言の引用があった。 これらは、必要に迫られて、電磁波の被害で苦しい状態で過去に何とか読んだもの。これを知らないと、自分の周りで何が起きていたかを知ることはできない気がした。上の記述を見る限り、攻撃的な階級闘争は関係ないし、政治的要求自体は、百年以上経っている現在においては、かなり実現しており、その方向は一般には民主主義における政策と認識されるような時代だ。過度に闘争的で無い限りは、穏健である限りにおいて、そちらの論理や政策を問題視するべきではないようなものであるというのが普通の認識ではないのか。そもそもアイデンティティの問題は別として、イデオロギー対立は不要だ。 メディア集ストの政治利用が2000年代後半にあったので、一般報道の延長での政治政策に関しては一定のことは知っていたし、民主党政権のときは抑制がいまよりは少しは弱かったので、政府サイトの政策情報などをよく見ていた。それ以前にも、ネットで検索できる限りのデータを見ていて、データを通して社会を知り、改善を考えるという状況にあった。だから、何も知らないということはなかったものの、マルクスを含む政治思想に関しては、おそらく利用が最初からあったからだろう、文系科目を苦手にされ、書籍を購入しても読むことを妨害され、知識は有していなかった。それはリアルタイムでも言っていたこと。僕は見栄などは張らない。知っていたのは、各国の社会データと報道をベースにした時事的な情報、およびコラムサイトなどで読んだ内容だった。一部、書籍で得た情報もあったが、紙の書籍との相性を悪くされていて、政治に関してはネットで拾った論文などの方から得た情報の方が多かった。 メディア集ストなどと僕の被害は、過去に書いたことを参照してください。妄想ではないけれど、一つ一つのことは巧みに自然なようにつくられている。 例えばエルフルトだけれど、二部の比例的な選挙や言論の自由、教育無償化、無償医療、税制などは僕の強く希望するもの(三部短時間労働や労働衛生もだが)であり、エルフルト二部とすると、冗談みたいだが得るフルタニと読める。Erfurt2とするとエロ・フルタニとも読める。僕の被害と重なるのが偶然とは思えない。エロはErosという翼をもつ青年で表されるギリシア・ローマの愛の神である。ちなみにエルフルタ1だと、闘争性が僕よりはありそうなエロ・フルタ1→フルタチ(古舘伊知郎…コカンいじろう…と読める)になるみたいで、三部はフルタ3であり岐阜県知事や野球解説者っぽいが、エルフルト綱領の上述の三部の内容は完全にではないが既にほぼ実現している。(長時間労働は是正し、サービス残業は禁止すべきだし、休暇も増やすべきだ。) 他にも様様なメディア集ストの仄めかしは多い。例えば、ヘリなどの飛来があって、家の上でホバリングなどもされたので購入したデジカメだが、ペンタックスのオレンジ色のもので、16MBで18倍ズームという数字が並んでいた。この会社は民主党、民進党の本部の隣であり、ペンタックスのプロビデンスの目の看板が党と並んでいることが知られている。当時の僕はそういうこともプロビデンスの目のことも知らなかった。このペンタックスという会社は理研(理化学研究所:ある種の戦前の財閥系でもある)の技術を製品化して販売するリコーという会社の関連会社である。高校のときにリコーというニセの教育教材の詐欺師が家に訪れていることを記憶している。理研というとSTAP細胞の問題で有名になった女性研究者がいるけれど、高校の同級生そっくりであることは、過去に写真と共に掲載している。また、彼女が研究所にムーミンのラベルを貼っていたが、ムーミンは僕の誕生日の6月3日と読み替えができるフィンランドの妖精だ。僕はフィンランド教育を日本に導入して欲しいと考えている。妖精の文脈だと前述のエルフルトもエルフのルートと読み替えられて、エルフは言語体系が異なるフィンランド以外の北ヨーロッパの小妖精のことになるが、L-Rが逆なので日本でしか通じない駄洒落。ただ、その小保方晴子女史(名前は僕のおばと同じ)の米国時代の恩師で共同研究者だった人がバカンティという名前だったので、これも日本人だけに分かる駄洒落である。嫌な手法だと思う。 そんな変な状況だが、とても偶然とは思えず、子供の頃からの様様な不便と抑制や妨害が、実際に存在しており、それがテクノロジー犯罪被害というものであることを知ったのは2012年末になってからだった。繰り返すけれど経緯や詳細は他の記述を参照下さい。 こんなことを書いて、きっと罠なんだろうと思うけれど、凍結されたツイッターにも書いているものの、ツイートよりは多少は正確に書けるブログにも多少は書かないわけにはいかない重要な情報にも感じられた。きっと誘導もあるし、脳操作されている。操作しておいて電磁波などで加害をしないで欲しい。 170317 昨夜、といってもいま書いてるのがまだ午前1時台だけれど、テレビもみていないのに、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、こいつがくるからや、と言ってくる。同時にビリビリビリビリとひどい電磁波被害。なんだろうとは思うけれど、撹乱だろう。この被害はどこかで止まるのだけれど、大丈夫なのだろうかと不安にはなる。 過去に音声送信の内容を書いていて、あれは読み方次第では僕が悪く見えるかもしれないけれど、僕の場合、電磁波の苦しい被害を受けていることも多くて、そういう状態で記述していたりするので、そこを考慮してもらわないと誤読されるけれど、相手だってどうなのか分からないので、こちらは心配はしている。ひどいことは言ってこないで欲しい。  ーーー その後の昨夜午後10時にEテレの浦沢直樹漫勉をみた。あれを見ると漫画を描きたくなる。以前に見たときは身近な道具でプロが見事な漫画を描いていて、「コピー用紙 シャープペン 筆ペン ボールペン。スクリーントーンは下書きの上に紙を上に置いて薄い墨で描いて、GIMPなどでドット化し、レイヤーとして使う。」とメモ書きをしている。 今回は、デジタルを使っていたけれど、1993年のバージョンをそのまま使っていると言っていて、高価なツールなので買い替えなかったのかとも思ったけれど、モノクロなら昔のままで十分と言っていたので、フリーソフトのGIMPでもいけるかなと考えて、試しに何かを描いてみようとしたら、番組の直後にCSのミュージックチャンネルで宇多田ヒカルのライブをしていたので、それを描いてみた。プロのようには描けない。似た顔にするのが精一杯で、可愛く描けないのが、プロとの一番の差。表情や動きって難しい。 170316浦沢漫勉を見て、直後のMONの宇多田ヒカルを描いてみた     (後日、顔だけちょっと違和感があったので修正した。似顔絵って難しい。) 170316浦沢漫勉を見て、直後のMONの宇多田ヒカルを描いてみた-2 マウスなので思うように描けなかったこともあるけれど、よく考えたら、普段のPCの使用時よりもマウスの自由が利かなくて、何かの妨害もあった。仕方ないと思う。 漫画とか人って描いたことがない、と書いているけれど、ほとんど描いたことがない、という意味で、似顔絵だって2〜3くらいは描いたことがあるし、漫画絵だった小中学生の頃なら数枚はドラゴンボールや北斗の拳を描いたことがある。そういえばバナナフィッシュの絵も描いている。でも、基本的に風景がなどしか描いてなかったので、人の絵は苦手意識がある。でも、過去に出した祖父のスケッチ(プロフィールにある「メディア集ストの証拠(そっくりさん)(170203)」のリンクを参照)なんかはそっくりだったし、ニュースのアナウンサーをその場で描いて妹に見せたら似ていて妹が笑いこけたこともあったので、意外といけるのかも…と思って、似顔絵でも描いていこうとしたら、何故か全く描くという行為ができなくなって、そしたら、しばらくして何故か米国のブッシュ元大統領が似顔絵を描いたとニュースでやっていた。その後に彼は個展を開いたりしている。何かを奪われてきた。 過去には絵も英語も音楽も、僕の自由にはならなかった。英語はともかく、意外と僕には芸術系の素質はある。人生と能力を取り戻したい。 (追記:漫勉の漫画家さんの「僕らはみんな生きている」は好きな漫画のひとつ。途上国でのODA(政府開発援助)の不正を暴く内容で、政治経済国際などの時事情報好きな僕には傑作だった。なぜか、これを書こうとして忘れている。書くのを嫌がられる理由がよく分からない。なぜ記憶が消えるのか? テクノロジー犯罪の技術の悪用はやめて欲しい。こっちは人生を潰されている。それを別に何かに利用しているかは分からないけれど、何もないかもしれないし分からないが、とにかく本当にやめてほしい。) ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 17日午前7時過ぎにメモ。 具体的な内容は忘れたが相手が僕を引っ掛けることを言ってきたので、頭にきて、全部が(裏による)引っ掛けだろう、と考えたら、相手が相手の声のまま、僕のその言葉を言った。僕はその相手の引っ掛けに怒っていたのに、声が相手のもののままで途中から僕の考えを言っていた。こちらからすると論理的にはメチャクチャだ。僕に罠を仕掛けてくる裏の手法に怒りを感じる。 17日午前10時過ぎにメモ。 ときどき、ボヤッキーという昔のアニメの登場人物の声に似た音声送信がある。これを記述しようとすると、ボヤッキーの名前が抑制され何故かスナフキンが出てきて困る。脳操作被害状態。ボヤッキーはローマ字だとboyakkiだが、boyはアッキーと読めるものの、僕に聞こえるボヤッキー声は普段は僕の意見や考えを言ってはいない。 僕の声はボヤッキーとは異なる。しかし、ボヤッキー声の音声送信があって、僕が嫌いな声だと指摘したら、僕の脳を読む装置による声の送信の声質が、その嫌いな声になった。今度はそれとは別の声が、間違えて「僕」を攻撃してしまった、だとか、「僕」の言うことを聞いてはいけないと言ってしまった、と言っていた。裏の謀略だろうけれど、僕の考えではない別人の意見をボヤッキー声で誰かに伝えて、その誰かがその声を否定した後に、僕の考えをその声で言われたら、その誰かが僕を攻撃したことになってしまうのか? 実際のところはそれは権力の謀略と思われるが、今度は音声送信が、消すのはこいつ、とか言ってきたので困るが、僕も誰かも誰も消えはしないでしょう。 上の2つのメモをアップしたのは18日になってから。(PCなどのない状況だったので、メモだけしていた) 17日の夜は音声送信が、全部「オレ」のせいになる、と言っていたが、僕は「オレ」という第一人称を使う人のせいにするつもりはないし、裏は僕だとか別の誰かのせいにすべきではない。 誰も消えないと思う。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。 170318 新聞を読むことを妨害されたので、上の17日分のメモと、下の内容を記述します。 僕の書いている事実を撹乱するための権力側の誤魔化し戦略があって、事実を逆に見せるために電磁波兵器を利用して強引に、僕に政治に関する事実を書かせないように、弾圧をしてくる。実際は保守系の手法なのに、それをリベラル系や左派系という味方がしているかのように見せてくる戦略や、例えば僕が30年来の中道左派系の平等価値観なのに、過去に様様な手法を用いてきて僕と逆の相手を僕に見せようとしている可能性があったりする。 いまだって、朝日新聞を読んだら、電磁波の被害が酷くて、最近はスマートニュースでも、被害があるので本来の様様な自分の主張を抑制させられ、仕方なく格差是正と最低限必要なこと(例えば今なら共謀罪反対)くらいしかツイートできないように強制され、そのタイミングでもし世の中が良くなったら、まるで僕のせいで世の中がおかしかった日のように見せられかねない。もちろん社会が良くなることは望むが、僕が中道左派リベラルと書いているように、自分の価値観だと社会が良くなる方であるため、僕のせいで日本と世界が右傾化しておかしくなったかのように見せられても迷惑だし、見当違いの卑怯な戦略に嵌められるつもりはない。 僕に関連付けれて逆効果みたいに見せられても、実際は関係無いことは確かだし、相手の戦略が馬鹿らしいので無視している。関係ないことを関係あるかのように見せる戦略と技術があるが、スルーしておいた方が懸命だ。 とりあえず2017年3月現在、報道は新聞とスマートニュースしか見ておらず、随分前からテレビのニュースはほとんどつけていない。@akejyの方で、見ていたときはニュースの時間に政治のいことを書いているので、夜のニュースの時間の書き込みがない段階で、テレビのニュースは見なくなっている。  ーーー それから、ここ最近は朝に起きているので、台所で新聞に目を通していたが、そのときにも電磁波の被害はあったが、今日は自分の部屋(といってもいまは嫁に行った妹の部屋の方が光熱費他で合理的なので使っているが、被害で部屋の中は片付けができず新聞などが散乱してメチャクチャな状況)で開いた途端に、とてつもない電磁波の被害を受けている。相手はどうしても僕を右翼にみせたいのか、朝日新聞で被害を受けるということはあり得ない。 相手は僕の味方のつもりで僕を攻撃している。相手は変態だ。これは、保守権力が戦略的にリベラル系メディアにやっている謀略と思われ、そういった誰かがしているものを僕のせいに見せようとしているようだが、僕には相手が誰かも分からず、こちらは何もしておらず、権力が卑怯でメチャクチャなことだけは確かだ。 そういえば僕が、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信のことを書いているので、相手は僕を盗聴していると言ってくるが、むしろそれは相手の方の可能性があり、僕自身は相手が僕に向けて話かけたときか、相手が僕に関することを言っているときしか音声送信はないため、一日の合計は最近は多少増えたにしても数分も無いと思われる。そういうものを盗聴とは言わない。送りつけられているだけだ。こちらからすると人の頭に電磁波を当てないで欲しいと考える状況だ。 問題は、それを書いても権力は別の誰かのせいにしかねないので非常に被害の訴えがややこしくなること。被害者はネットを調べても訴えている人だけでも多いが、この権力犯罪の被害者は、騙されたり強制されたりするのか過去に彼らは暴走していたりしていたようだ。最近は電磁波の被害を受けるため、他の被害者情報を見ることもほとんどできないようにされている。そういった被害者に見せてか彼らなのか人工知能なのか分からない音声送信があるけれど(ここを書こうとすると電磁波の被害で記憶が飛んだり苦しかったりあらゆる被害を受ける。誰にとって都合が悪いのだろうか?)、僕の意見としては、彼らは騙されたり誘導されたり被害で権力迎合したりするだけで、仕方ないのであって、悪いのは権力の謀略とこの電磁波インフラを含む仕組みにあるのではないかということ。かなり巧みな罠を仕掛けられるので、悪いのは全面的に権力の諜報機関の謀略にあるはずだ。 僕は新聞を読みたいのに、誰かが僕に新聞を読ませないようにしてくる。誰かの命令でもあるのだろうけれど、朝日新聞を読めば多少は政治的な事実を知ることになるものの、ネットにも同様の情報がたくさんあり、また、疑問に思ったことを検索すれば、新聞より遥かに大量の情報が存在するので、そこから信頼性の高そうなものを選んで情報を得ることで、新聞よりも深い専門的な内容を知ることもできる。多くは大学教授や弁護士もしくは野党系政治家が出している情報であり、朝日新聞を僕に読ませないようにしている相手の意図は、確実に逆効果になるし、相手の妨害は僕に相手の意図の逆の誘導が導かれる結果となることを、繰返し経験している。 僕が電磁波被害を受けていたのに、相手は僕を加害者だと主張してくる。どういうことなのか、どうも情報がないので全く分からないのだけれど、相手には僕の声が聞こえているようなので、それなら、ブログに匿名の鍵を掛けて、具体的にそちらの主張を書いてきて欲しいと言っている。電磁波の方はピーばかりでほとんど何も聞こえない。 それにしても、朝日新聞を読もうとしただけで、なぜに死を意識しなければいけない程の酷い電磁波の被害を受けなければいけないのか理解できない。とにかく苦しい。僕への音声送信の声は、とぼけて僕を弾圧する者によるもの。昨夜の段階で、相手がこれで「僕」だけを相手にすればいいと言っていた。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。  ーーー 広告に、不正にアップロードされたファイルをダウンロードするのは違法、というのがあって、仄めかしに見えたが、僕はそういうことを基本的にはしていない。ストリーミング程度なら音楽を聴くこともあるが、CSの音楽チャンネルがあるので(CSと書いているが、正確には自治体の「下呂ネットサービス」で光ネットと共に外部契約しているCCN http://www.ccn-catv.co.jp/ であり、サービス提供エリアを参照すれば下呂まで範囲にあることが分かる。このCCNというのは豊田市にあるケーブルテレビの子会社らしい。)、ネットで音楽を聴くことはめったに無い。AbemaTVなどはCM付きで合法的に音楽を流しているので、そういうものも違法ではあり得ない。ファイルとしては、自分が所有している英語の学習書の例文をダウンロードしたことがあるけれど、アップロードした人はともかくも、僕は元の本を所有しているので、そういう人がダウンロードする範囲は違法ではないと認識している。共謀罪で4年以上の懲役刑になる犯罪行為の一部での濡れ衣を着せられるような冤罪の懸念があるので、特に著作権などは注意したいが、僕の場合は著作権法等には十分に配慮している。ツイートなどの情報をリツイートしたりすることは、もともとが共有することが目的のメディアでもあるので情報を出した方を信頼している。自分で情報を出すときは出典を明記している。  ーーー いま午前9時前。上の内容をアップしようとした。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 オレを苦しませるのは、統合失調症のフルタニって奴や、と言っていた。さっきは、自分がやられんようにするにはこいつに記録を書かせないかん、と言っていたが、アップしようとしたらその言葉なので、僕には分からないけれど、相手側の読みがちょっと違っているように思う。 僕も苦しいけれど、音声では相手も苦しそうな感じなので、状況が分からないため心配ではある。僕よりひどいのだろうか? 裏の人工知能などによる謀略なのか、それとも実態があるのか、何も分からない。 このブログに鍵を掛けて書いてこれば他には見えないので、そちらの状況を教えて欲しいが、何故に書き込んでこないのだろうか? 僕の偽者みたいなまるで異なる紛らわしい被害があることは、17日の最後に2つのメモで分かりやすいと思うけれど、そういう手法を裏がしているなら、相手だって同じことがされているかもしれず、人工知能か何か知らないが、そういう手法はすべきでない。 状況が分からない。僕の被害の撹乱だろうか? 苦しいのは困ります。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー 被害はありますが、大丈夫のようです。 弾圧には反対します。  ーーー 午後一時半過ぎ、スマートニュースを見ていて、4つツイートをし5つ目を書こうとしたら、電磁波の被害で強烈な睡魔に襲われ寝てしまった。 数時間睡眠状態にあったが、午後4時前からかなり強烈な電磁波の被害を受けて目が覚めた。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 寝ている間に、誰かが何かを言っていて、僕が攻撃されている。 僕かSくんのせいにしようとしているかのように見せているボヤッキー声があった。それで僕が被害を受けているのだろうか? その声は僕のものではない。彼らの目的は何だろう? 人工知能だろうか? Sくんのことは事実だろうか? そうではないだろう。僕のこともそうではない。どうも僕でもSくんでもない別の何かの意図があるようだ。  ーーー ーーー 4時過ぎに何とか起き上がってトイレに行って、その後にお茶を煎れ、食後の歯磨きをしていなかったから歯を磨いて、猫に夕飯をやって、猫トイレを掃除したら、1時間半以上の時間が経過していた。時間が過ぎるのがやたら早い。 そのときに、音声があったので、メモをホワイトボードに書いてデジカメで撮影した(ホワイトボードの文字はすぐに消している)。 メモ(16:38) 音声送信は、オレの母ちゃんのせいにしとるのアキヒロといおう人や、とデマを言っているが、僕は誰かのせいにはしていない。むしろ、僕の母のせいにする声があるから、母は関係ないと言い続けている。 それとはまた別に、ササキくんのせいにする声があった。彼も関係ないだろう。僕も悪いことは一切していない。人工知能の悪用の可能性。 上下はホワイトボードのメモ書きのデジカメからのおこしだが、人工知能を手書きで書いて誤字になっていた。さすがに人口知能と書き間違えるわけはないので、脳が部分的に遠隔操作されていることが分かる。リアルタイムでも何かがおかしいと感じてはいたが、それが何かが分からない遠隔脳操作で、おかしいと感じて見なおした時点でいくらなんでも僕の語彙力ではそんな基本的な人工を人口というようなミスに気付かないはずはない。 例えばPCなどでの入力では定型的な表現である人工知能という用語で人口知能などと変換されること自体がおかしいが、そういうハッキングしてくる被害は頻繁にある種類のものではあるけれど、繰り返すけれど、手書きで人工と人口を間違えることは通常の僕にはあり得ない。脳操作被害は実在します。 メモ(16:42) 実は(午前9時頃に)ネットに書いたことで被害が悪化した。音声送信で誰かが苦しんでいたので、救おうとした結果でもあった。被害は悪魔的だ。電磁波と低周波で苦しい。 17:44。上の文の括弧内の「(ホワイトボードの文字はすぐに消している)」を書いたら、救急車のサイレンの音。音声送信かもしれない。ホワイトボードに書いた文字は撮影した直後に消しているので、誰も見ていない。 音声送信が僕の子どもが書いていると誤解していたというようなことを言っている。そんなことはあるのか? 直接的に盗聴盗撮する権力なら、僕に子どもがいないことは分かるだろうし、母が家にいないことも分かるはずなので、そんな誤解はあり得ない。撹乱だろうが、それにしてもおかしいので、テクノロジー犯罪の被害者のなかで盗聴・盗撮させられているような映像送信の被害を含む被害者がいるのだろうか? 人工知能が特殊な想定を元にストーリーを描いて言ってくるのだろうか? 僕にはさっぱりわからない。 さっきの救急車だが、ここで誰かが何かということではないと思う。最近、町内で訃報はないし、そもそもが少ない。 それとは別の話だが、先日、恩師の声に遠隔操作され、その後に苦しくなって、その遠隔操作される声はなくなったものの、その恩師の訃報はないので、きっと元気で暮らしておられる。とにかく撹乱目的と思わしき脳操作が多い。  ーーー 電磁波のビリビリビリとした被害がひどい。殺されると感じるレベル。実は午前中に、「被害はありますが、大丈夫のようです。」と書いた後に、酷く被害を受けていて、「ネットに書いたことで被害が悪化した」と書いているもいるが、被害の状況を書かないと、僕が誤解されるのか、僕のせいにされるのか、よく分からないが、無茶苦茶被害を受ける。 今朝、朝日新聞を開くまでは何ともなかったので、それ以降だが、朝日を僕に読ませないようにしようとしたのかも分からないけれど困る。 僕が思うに、米国の人体実験と戦略があって(戦略は欧米によると考えたが中国台頭時に中国と協力しようとしたEUの側が崩されており米国が利益を得ていて、その後に米国第一主義の大統領という流れがあるので、そちらがしている可能性が大局的にはありそう)、それを日本政府のせいにしようとする裏の意図があって、さらには日本政府のしていることを他の被害者のせいにしようという誰かの意図が重なって弾圧が撹乱されているのではないかと思う。妄想ではありません。 (追記:僕は平和主義ではあるけれど、反米はしていなかったのですよ。米国がしているなら戦略としては逆効果ではありませんか?) ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、(苦しんでいる)この人のせいにしとるのがアキヒロだと思ったけれど、と言っているが、僕アキヒロが死ぬかと思うほど苦しんでいるのに、僕のせいにされるのはおかしい。僕が苦しくて、同時に僕に関連したメディアに出演する比較的まともな方(リベラル系や中道左派系および保守ハト派)が苦しむなら、戦略として非常に困る。日本に戦争をさせたり格差を拡大させるわけにはいかない。 そういう形で利用されるわけにはいかない。この構図を逆に悪用する権力の裏がいるなら許せない。悪いのは電磁波インフラをつくり、裏で人をひどい手法で操るような諜報機関と権力だろう。 テクノロジー犯罪の技術を悪用するのは止めるべきだ。 (追記:僕も誰も死にません。皆、健康に生き続ける。) (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 オレらのうちのどっちかがアキヒロをやつけようとしとる、と言っていた。もし仮に僕と「オレ」という第一人称を使う人の二人しかいなければ、相手が誤解して僕を攻撃していることになるが、それなら相手は何故にやつけようと攻撃するのか? 攻撃も何もしていない僕が「オレ」さんの加害者に見せてあるのか? 僕は誰とも闘ってはいない。そんな謀略があるなら裏はそれを止めるべきだ。 僕の見ているものを他の人が見ているなんてことが、あるのだろうか? 苦しくて横になっていたら、目に散乱した新聞が映ったが、上にそのことを書いていて、音声送信の相手が、確かに(新聞が)散らかっているし、やつけようとするこの部屋にいるのがアキヒロなのか…、というようなことを言っていた。 位置情報を把握したり、脳を遠隔地から読むレーダーを用いた装置もしくは僕の記述などから僕の思考の分析をして、それを擬似的な人格による発言に逆加工して、音声送信を使って送ってこれば、前述のようなことも恣意的にできるだろうけれど、もしかしたら人工知能にそういうことをさせているかもしれないし、誰かを誤解させて絡めてあるようなことも可能だろう。もしそういうことなら裏はかなり悪質だ。 もし、この戦略に僕以外にも生身の人間がいれば、もっと人道的な観点から考える必要がある。僕だけなら人体実験は止めるべきだ。 そもそもが、僕と「オレ」さんの二人だけとは限らない。「オレ」さんが生身の人間なら、間に人工知能か何かがあるかもしれない。 そういう何かがあって、僕がネットに記述するから象徴的に利用されているということなら裏は悪質だ。僕は何もしていない。 前述はビリビリとした電磁波被害と音声送信からの推測でしかない。実際のところは分からない。 いまキーボードの置く手の位置がズレていて、正しいポジションに直そうとしたら、考えている方の逆の手が動くので、一時的にキーボードを正しく打てなくなった。僕は生身の人間だが、これらは不思議な脳操作だ。 脳は神経が網のように繋がってできているが、その脳神経はマイナスイオンを用いた生物学的な電線のようなもので、電磁波の影響を受けるし、電磁的に外から電位変化を読むこともできるものだ。その利用は、きっと技術的には確立されているけれど裏が使っているので、一部に意図的リークのための研究が発表されているけれど、実態は隠されている部分が多いのだろう。 軍隊や諜報機関が弾圧をしていることを、誰か(社会的弱者だったり反米の人だったりする可能性が高い)の仕業にみせたり、弾圧被害者を精神疾患にみせたり、権力の裏の弾圧は卑怯だ。 とにかくテクノロジー犯罪の技術の悪用があることは確かなので、それらは止めて欲しい。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 被害状況の一部が分かりやすいと思うので、さっきあった音声送信を用いて説明します。(実際は声だけではない被害状況であり、声自体は極めて少なく、僕に届く声の一部は計算されていそうに感じている。そこだけは人工知能か何かだろう。) 音声送信が、この人を狂っているようにみせているのがオレにみえる、と言っていた。こういうことは常々感じるのだけれど、その短い言葉は、僕の側の文脈だと、誰かが利用されて、その結果、電磁波兵器が動作して、僕に電磁波が当てられているのかもしれないと捉えられるし、それが苦しいからネットに訴えているのだが、もしかしたら、別の視点から捉えると、このブログの内容などの僕の書いたことを読んだ人か、僕の意識を聞いたひと、もしくは上の文章を人工知能か何かに読ませたり、その過程で別の声が混じったりしたものを音声送信で聞いた人が、その別の音声により自分がそういうことをしているようにみえるので困ると感じているのかもしれず、また、別の視点から考えると、僕のことを「オレ」さんだという誤解がされているので、僕が誰かを狂わせているかのようにみせる誤解か戦略があるのかもしれず、結局のところ前後の状況文脈が分からず、言葉としては説明不足で曖昧な表現でしかない場合は、どのようにも、誰にでも認識できることがあるので、そういった言葉の主語述語の不明瞭さを裏が利用するようなことがあるかもしれない。 前から、権力の側の実践を伴った人体実験、社会実験かもしれないと書いているけれど、上のようなことは、社会言語研究みたいなものと、諜報機関のするようなデマや噂の拡散実験などとも関係しており、統治する側が市民をどのように扱うかという研究目的の一環ではないかと感じる。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。 170319 ビリビリと電磁波の被害がある。同時に、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 その音声送信は、君じゃ闘えない、だった。闘い方にも様様な対応があり、それが有効か闘うふりかは考える必要があるかもしれない。 今朝はまだ横になっていて新聞を手元にもってきてすらいないので、音声送信は朝日さんのフリをする誰かと思われる。 ちなみに昨夜にサーッとチェックしたけれど、他の被害者は森友学園の批判で闘っている。 僕の場合は汚職批判の方は自分の担当ではないというタイプの人間であり、昔から政策批判だけをしてきた傾向がある。 念の為に僕のいまの政治への見方を書くと、森友学園の件は総理も関係していたら辞めると言っているので、追求のモティベーションも上がるだろうけれど、実際の政治はその裏で、共謀罪の問題があったり、違憲立法を前提に南スーダンに自衛隊をPKO部隊として派遣しており、現地の情勢の悪化に伴い撤退に追い込まれているのに、この内閣が何度でも吹っ飛ぶような政治問題への追求は十分にされていない。労働時間規制に関しても裏があったり問題が多い。 それらを首相まで追求が及ぶとは限らない森友学園問題でごまかしているに過ぎない。この問題で追求されるのは、せいぜい首相夫人までで、総理が降りる可能性は5割以上あるとは限らない。家庭内野党を自認する首相夫人の影響が政治的な言及をしなくなれば、安倍総理のタカ派路線が表に顔を出しかねない。 汚職の追求もいいけれど、政治の追求は政策の方でした方がいいと思う。ただ、日本の政策は表の汚職の追求が倒閣に繋がることが多いので、今回もそれを狙う野党やメディアの動きがあるようだが、最低限でも6月の国会の会期いっぱいまで共謀罪の議論を伸ばして廃案にするためには、多くの批判の道具があって、それが長引いた方がいいに決まっている。そちらの狙いをメディアなど一般の方は考えていて、あわよくば倒閣だろうが、逆に裏はアッキー切りだけして総理の姿勢を穏健な立場からタカ派に追いやろうとしているかもしれず、それが独裁的な権力強化と危険な改憲に向かうか、それとも自民党内の求心力を失い、党内の勢力図が変わるか、そういう様様な可能性を孕んだ局面になっている可能性があると思う。 僕は昔からテレ朝などでのメディア集ストの何かで直接的間接的に政治に関わらせられてきたが、それでも当時から政局の方は距離をおいていて、政策の方でものを考えていた。政局的な情勢はなんとなしにいまと同じように読んではいた。僕は何も変わっていないし、そういう姿勢でも政治的追求はずっとあった。 いまは電磁波の被害が酷いので、政治に関与しないようにしている。ただ、新聞やネットの記事くらいは読ませて欲しい。 音声送信は、今日はこの人がきとると思ったら違った、というどうとでもとれる言い方をしている。いま、朝6時半だが、朝日新聞の記者さんなら、いまは仕事が終わっていて、各家庭に昨夜書いた記事が届いて、記者さんはまだ仕事には就いてないのではないか? 人工知能か何か分からないが、新聞記者のふりはやめて欲しい。 そういえば、僕の意見である相手に対して「新聞記者のふりはやめて欲しい」という言葉も、上に時事に関する僕の見方を書いているので、別の誰かにとっては僕のことにもみえるかもしれない。ただ、僕の意見は大局的なもので、新聞記者というよりは論説委員だとか、政治を追う有識者の意見などに近いかもしれない。脳同期があるかは分からないけれど、僕だって政治はある程度読む力はある。 何にしろ、テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。
目次へ




 2017/03/20/ ■注意■ 170320〜 の被害記録 (統合失調症ではありません。病気や病院とは無縁。死ぬこともありません。)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: ■注意■ 170320〜 の被害記録 (統合失調症ではありません。病気や病院とは無縁。死ぬこともありません。)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: メディア集スト
CATEGORY: メディア集スト

DATE: 03/20/2017 10:02:13
-----
BODY:
僕のおかれた状況は、プロフィールの◆はじめに◆を読んでください。
(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)

電磁波兵器を扱えるのは兵器だけに軍隊だろう。日本なら自衛隊になるけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊や警察などの公務員による拷問は憲法で禁止されている。

日本国憲法
第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

海外の諜報機関や軍隊なら、日本は独立国であり内政干渉は止めるべきだ。何人であれ人権は尊重しなければいけない。



170320

(追記:記憶が消されて最初に書き忘れているけれど、ビリビリとした電磁波の被害がある。電磁波に関しては上の用語説明を参照ください。)

統合失調症の症状に電波や光などの物理的手段により危害を加えられると思う物理的被影響妄想という電磁波の訴えが追加されているが、かつてはそういう症状はなかったものだ。うちにある関連書籍にも掲載されていない。

メディアなどの仄めかしに関しては、テレビもなかった頃のラジオだとか新聞での被害の訴えがあることは記載されている。

ノーベル経済学賞を受賞しているジョン・ナッシュをモデルとした映画「ビューティフル・マインド」でも、そういう場面が描かれている。

ちなみにナッシュ均衡は必ずしもパレート効率的ではなく代表例が非協力状態の囚人のジレンマであるとのこと。これは自分が何かを変えても何も得にならないが、全体としては最適な状況でもないという状態で、相手の状況が見えないために相互に疑心暗鬼になるが故の悪い均衡の場合もある。

僕のおかれた状況かもしれないが、別に僕は疑心暗鬼にはなっていないし、前の凍結されたツイッター@akejyの紹介写真に、皆がすべて利他的で信じて協力し合えばなくすことができる犯罪ですと書いていることと、この仄めかしに矛盾しない。

一部に陰謀論めいた記述があるが、僕は陰謀論者ではない。ただ、当時はそういう人たちに少々巻き込まれてはいた。
setup_stalker.jpg
(クリックで大きな画像が表示されます)

問題は相互に状況が分からないため、協力のしようがないこと。僕は相手を知らないが、相手は僕のことを知っているようなので、相手が対応しなければこちらはどうすることもできない。少なくとも僕のブログには匿名でも書き込めるので、それを活用してほしいが、何故か多くは書き込んでくれない。また疑心暗鬼になるようなことがあるなら特定の低周波の電磁波によりそういう心理状況になることが分かっているため、外部的要因の可能性も考慮すべきと思われる。

僕は経済においては社民主義+イノベーションと言っているように進歩を前提としていてパレート効率的よりはパレート改善を考えており、その改善分を不遇の人に回すことで全員の幸福を実現すべきと思っていて、いまの金融緩和にも適切な再分配を条件にしているけれど、それとも矛盾しない。

 ーーー

統合失調症などの精神疾患は自殺率が健常者より高いと言われるが、僕は絶対に自殺しない。安全運転に配慮しているので事故もしないだろう。

また抗精神薬を含む薬は一切飲んで無いので、その副作用によるものは、僕にはあり得ないため、健康だ。

精神疾患では自殺をしない限り死ぬことは無いのだが、日本では自殺以外の精神疾患の人の寿命が短く、その原因は大量の精神病薬の投与による副作用である心臓疾患などであることはよく知られている。

僕は薬は飲まないし、論理性や認識力などに何ら問題は無いし、健康なので、薬を飲む必要は無いと考えている。

精神疾患の多くは薬害性であり、ちょっとうつ気味で仕事の効率が悪くなったような人がターゲットになったりしている。現在は薬害に加えて電磁波の悪用もあると考えて間違いない。

僕は新人のときに労組に顔を出してやられたし、次の就職先で試用期間中に医療改悪反対署名を事務所の公務員に書いてもらおうとした後にもやられた。

ちなみに地方公務員法36条に公務員の政治的行為の制限があるが、政党活動などに関することへの規制であり、署名を企画し代表者になることも含まれるが、署名を集めたり署名することまでは含まれず、またそれらの行為は、憲法第21条で一切の表現の自由が保障されており問題ない。

何も問題はないのに、僕は被害を受けて仕事ができなくなっている。日本は一部で恐ろしい社会であることを知るべきだ。

薬は一切飲んでいないので、その副作用による健康への害はあり得ない。食生活は誰よりも注意していて、健康おたくでもあるため、食のバランスもよく、非常に健康的であり、表層的な体調不良は電磁波の被害によるものでしかない。

そういった被害下にあって、食事をすることを誰かが嫌がるような演出が音声送信であるので、一日一食にしているが、毎日キャベツの千切りを黒酢と甜菜糖のドレッシングで大皿いっぱい摂取しており、それ以外の野菜も多く、油はオリーブオイルしか使わず、自家製のカスピ海ヨーグルトを毎日食べていて、主食は発芽玄米だし、お茶の出がらしを使った佃煮でカテキンやテアニン、食物繊維なども十分に摂取しているので、非常に健康的。

「食事の写真」
meal.jpg

 ーーー

僕にはメディア集ストがある。歌手で元ジュリマリのYUKIの新曲である「さよならバイスタンダー」のPVの最初にピースをする人の手がある。YUKIの昔の曲に「メランコリニスタ」というものがあって、大きな手のオブジェが出てくる。どちらも指が太い男の手。新曲の方はちょっとスマートだけれど、昔の曲のオブジェの手は僕のものによく似ている。指が太いけれど丸いので子ども手を大きくしたような感じ。そういう仄めかしが昔もいっぱいあった。melancholicは憂鬱なという意味の形容詞だが、鬱などを示唆している。istaはスペイン語などのラテン語系で〜の属性を持つ人だとか、〜主義者や歌手などを意味する接尾辞。メランコリニスタは憂鬱な歌手ということになる。bystander は、傍観者、すぐ近くにいる人という英語。さよならと言っているので「手」を使った仄めかしでお別れを言っているみたい。YUKIは近所のおばさんにちょっと似ているけれど、お別れは誰ともしません。よくaikoがさよならソングで仄めかしていたけれど、さよならできない。ちなみに僕は彼女たちに別にくっついたりはしていない。きっと人工知能か何かが使われている。諜報機関が僕のせいにして何かをしているなら止めて欲しい。

メディア集ストの証拠 http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html (注意)

 ーーー

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

僕が被害を訴えたときに音声送信が、フルタニがやっとる、だとか、アキヒロがしとる、と言ってくるが、僕がフルタニでアキヒロだ。僕の加害者が僕ということは絶対にあり得ない。裏の謀略は止めるべきだ。

テレビを全くつけなかった日にも音声送信で、お前が来ると被害受けるわ、と言われて困る。

音声送信の相手が、やっぱりあいつを追い出した後や、と言っていて何かを仄めかしていたがよく分からない。僕は何も悪いことはしていない。

 ーーー

庭などで度々キジを見ることがある。キジは日本の国鳥。

ブログのプロフィールを追記しようと思っていた矢先の今日2017年3月20日の朝にも見た。

庭から飛び出た直後のキジ

写真付きでツイートもしている。http://twitter.com/furu_akihiro/status/843592177498304512

プロフィールに保守を入れろといっているかのよう。

保守という用語を使うなら独裁に反対する進歩的保守リベラル穏健左派という独自表現になる。。

 ーーー

アップした直後の10:05にJR東海が通過時に大きな警笛。

こちらは被害にあっているので、仕方なしに被害記録を記述してアップしている。問題を拡大しないようにして欲しい。警笛は不当行為であり、場合によっては触法行為だ。こちらのブログはそういうものではない。

それで思い出した。昨日ツイートしているけれど、警察のヘリが三度来ている(ツイートの段階では2回)。

古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro
15:10、16:05に、青いボディーに一本の赤い縦ラインの警察のヘリが飛来したけれど、何かあるのだろうか?
http://twitter.com/furu_akihiro/status/843359729753571328 撮影しているので、後で写真をアップします。  ↓ 青いボディに赤いたすき掛けのヘリコプターは全国同じ彩色の警察ヘリ。一日に3度飛来することは、普通ではない。僕は何もしていないが、触法ぎりぎりの範囲で警察が嫌がらせをしているらしい。何故かは分からない。僕の政治的な主張は穏健で問題があるようなものではない。 随分低空飛行だけれど、航空法および航空法施行規則の最低安全高度である住宅地300m以上、それ以外150m以上の高度を守っているだろうか? 3日前に撮影していたのでついでに掲載した東京電力と中部電力の子会社の新日本ヘリコプターは、送電線パトロールと言い訳されるが、原発事故の後のときにも、脱原発を考えていたら家の上の低空でずっとホバリングされたことがある。その時はデジカメがなかったので撮影してないが、明らかな低空飛行であり、航空法違反だった。 航空法
(最低安全高度)
第八十一条  航空機は、離陸又は着陸を行う場合を除いて、地上又は水上の人又は物件の安全及び航空機の安全を考慮して国土交通省令で定める高度以下の高度で飛行してはならない。但し、国土交通大臣の許可を受けた場合は、この限りでない。
航空法施行規則(国土交通省令)
(最低安全高度)
第百七十四条  法第八十一条 の規定による航空機の最低安全高度は、次のとおりとする。
一  有視界飛行方式により飛行する航空機にあつては、飛行中動力装置のみが停止した場合に地上又は水上の人又は物件に危険を及ぼすことなく着陸できる高度及び次の高度のうちいずれか高いもの
イ 人又は家屋の密集している地域の上空にあつては、当該航空機を中心として水平距離六百メートルの範囲内の最も高い障害物の上端から三百メートルの高度
ロ 人又は家屋のない地域及び広い水面の上空にあつては、地上又は水上の人又は物件から百五十メートル以上の距離を保つて飛行することのできる高度
ハ イ及びロに規定する地域以外の地域の上空にあつては、地表面又は水面から百五十メートル以上の高度
二  計器飛行方式により飛行する航空機にあつては、告示で定める高度
 ーーー (追記) 気付いたことがある。このヘリが飛んでくる半日前の夜中に自分で髪の毛をカットしている。その前後の写真を撮影しておいたのだけれど、別に上半身裸の写真を撮影しておいても問題はないはずなのに、誰かが盗撮でもしているのか、誤解していて、何かを言っていた。 変なことを書いているけれど、覚えている人はいますか? もしくは昔に脳同期していた人はいますか? 誤解されているか、何かの撹乱があるけれど、僕の政治的な意見はほとんど変わっていない。同期者や間に入るひとは変わったかもしれない。 170318のヘアカット 僕の被害は、何処かの諜報機関が政治情勢を見ながらやっているようで、オバマ政権の8年間は、音楽をあまり聴けなかったし、ずっと続けていた有酸素運動や短時間の筋トレもできなくされていた。その間に胸囲が10センチ小さくなって(それでもマッチョだけれど)、結果として服が着やすくなっている。年齢的に元の体力には戻らないだろうけれど、運動はさせて欲しい。 (再追記)過去に出した図で、僕と生年月日が完全に一緒の格闘家は体型が似ていると書いたことの真実性に気付いた。 look-alike1.jpg (クリックで大きな写真がすぐに出るリンク状態にしてある) あまりかっこいい体型とは言い難いけれど、やっぱり類似している。 上のヘアカットの写真なんだけれど、どうも遠隔脳操作で出しているっぽい。 というのは、過去に出した家族親戚が著名人に似ているという図のなかで、僕と生年月日が一緒の格闘家は体型が似ていることが分かる写真であることに、あとから僕が気付いているから。頭のタオルも、格闘家と比較するためかもしれない。(格闘家の方は同い年だけれど現役時代のもので、僕のは運動不足な8年のあと(42歳)のもの。十年前はK1やPRIDEにでていた小柄な日本人格闘家より胸囲が大きくてウエストは細かった。) 昨日、久しぶりに庭でサッカーボールをリフティングしてみたら、問題なくできるのに、脳を読む相手の対応で、できるはずのことができなくされたり、老人のような体力にされたり、やはり変な状況だ。どうも昔からあるようなものだが、やっぱり困り果てている。人生を返せと思う。  (ここまで追記)  ーーー 11:05 JR東海の警笛。何年も続いている。やめてもらいたい。 記憶が消されて、書きたいことが書けなくされる。 遠隔操作被害について http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-36.html (注意) 上のリンクを貼ったら思い出した。 ブログは写真の掲載に枚数制限があるので、できれば無駄に写真を掲載したくない。一定以上を超えたら、仕方ないのでHPの方に新たに、写真ページをつくってリンクを貼ることになる。ツイッターでもいいのだけれど、あちらは少なからず関係ないフォロワーもいるので、被害の訴えには使いたくない。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信は、みんなこの人のせいにされちゃう、と言っているが、それが意味するところは、実際には「この人」のせいではないということであり、「この人」というのは、いまの文脈ではヘリが飛来していることからも明らかに僕だろうから、僕がしていないこと、言っていないことを、誰かが僕のせいにしているというふうに読み取れる。 僕は何もしていません。被害があれば、それは訴えます。 苦しいので被害は嫌だし、時間の無駄なので、あまり長々と訴えるのは避けたいと考えている。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めて欲しい。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信は、選ばれた人、と言っている。書こうとしたら、選ばえれたの私、と言ってきた。相手は僕が選ばれた人なので安全と思ったらしくそう言っているが、何で選ばれたかなどは分からない。だから言っておくけれど、誰も犠牲にはなりません。皆が健康である。 何にしろ、過去に僕が言ったのは、日本を北欧のような平等で民主主義が発展していて人権が守られていて幸福な社会にするためなら、それは僕のせいにしてもいいということで、メディア集ストの政治利用があったからそう言ったのだけれど、それ以外の民主的でも平等でも人道的でもないようなことは僕には関係ない。  ーーーーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるが、誰かが何かを言っていて、それが僕のせいにされているような、相手の謀略の可能性がある。 そのときに、11:55 警察と見られるヘリが飛来。 その祭、遠隔操作されて、こちらはメチャクチャ。 11:59 通過時にJR東海のけたたましい警笛。 電磁波被害で苦しくて仕方ないが、僕は何もしていない。このブログでの被害の訴えは、本来はしたくない。 僕に嫌がらせをする相手には、嫌がらせの意図があるのだろうか? 向こうの状況が全く分からないので、何故に嫌がらせがあるのかすら理解に苦しむ。同様に、相手は僕の状況が分からないだろうから、僕のニセモノの声でこの家の人間のふりをして誰かを怒らせるようなことをするような者がいたと仮定すれば、僕が誤解されて嫌がらせを受けていることになる。 僕自身はやりたいことが何もできない。今日は新聞も読めていない。 読書もしたいし、音楽も聴きたい。しかし本当はこんな被害状況などなければ、普通に仕事をして家庭をもって幸せになる他の人と同様の権利が僕にもあるはずだ。 何も悪いこともしていないのに、何故に僕がこれだけの被害を受けるのか理解に苦しむ。 被害がなければ、こんなことは書かなくてすむのに、また、記憶が消されなければ、書き忘れたことを書かなくてもいいのにとは常々思っている。 権力の謀略と弾圧と人体実験が卑怯であることは確かだ。僕のような弱者のせいにするような国はやがて衰退していくだろう。 遠隔操作被害があって、こちらが文章を打っているときに、におうという文字を勝手に入れてくるが、こちらは臭わない。なんでもかんでも僕のせいにしないで欲しい。そもそも、臭うくらいでこちらに苦しい電磁波をあてる者に問題があるが、そういう手法をしているのは権力だろうから、相手を批判することに意味はない。 ちなみに脳同期の被害があり、僕の場合は常に俯瞰して、そういった罠に嵌らないために、無駄な文は増えず、簡潔に、誰でも分かる俯瞰された構図での訴えと、その具体例のような分かりやすい記述になるはずで、いまもそうだが、自分の脳の思考傾向が使えていない。 改めて思うに、こんな被害がなければ、僕は目先のことに惑わされずに、必要なことを上手く選んで生きているはずだ。 大局観やメタ認知能力がない状態は、トラブルが生じやすいだろうと想像できる。また、大局観があるだけで、目の前のことに専念できないのも問題だが、僕の場合は被害があってそういう状況にされてしまう。  ーーー さっきの記述。
庭などで度々キジを見ることがある。キジは日本の国鳥。

ブログのプロフィールを追記しようと思っていた矢先の今日2017年3月20日の朝にも見た。

写真付きでツイートもしている。http://twitter.com/furu_akihiro/status/843592177498304512

プロフィールに保守を入れろといっているかのよう。
苦しくて書けないのだけれど、僕に日本の国鳥であるキジをつけてきて、その上で、脳内に僕の声かのような操作を入れてきて、こんな国は滅ぶ、とやってくるのだけれど、それで僕が自業自得で滅ぶかのように見せてきても、キジは僕の意思で庭にきたのではないし、こんな国は滅ぶ、というのも僕の考えではない。だから、自業自得にはなり得ないが、警察へりといい、JR東海の警笛といい、こんな謀略を誰がしているのだろうか? 誰かの意思を用いて、脳を操作する装置が使われ、大仰な社会実験でもしているに違いないし、他の集団ストーカー被害などと訴えている人たちも、種類は違うかもしれないが、技術的な背景としては、そのような被害を受けた可能性があるだろう。 僕のせいで保守系が苦しんでいるという風に利用されないように、上のツイートの後にも書いている「独裁に反対する進歩的保守リベラル穏健左派」という表現をプロフィールにいれるべきだろうか? でも、苦しんでいるのは僕からすれば僕だ。 僕の苦しみを僕を加害者にみせる演出をして僕に嫌がらせがあるのだからとんでもない。ただ、いまはゆっくり過ごすことが可能なので、気にしないようにしていて、ストレスは感じていないし、ストレスにしないように工夫して心理状態を維持している。僕は大丈夫です。  ーーー やられた被害が重要に思えるがゆえに、それを書くからいけないのだろうか? 僕はやり返したりはしておらず、むしろ、罠を避けているだけだが、それが罠に利用されていたりするので困っている。 書いてもどうせ信じてもらえないと思っておいた方がいいのだろうか? 僕が苦しみながら、何とか書いているのに、僕の苦しみが脳を読む装置で翻訳され、それを音声送信で聞いている相手が、僕を誤解して加害者だと思ってくるのだから恐ろしい被害だ。 脳操作被害の実例 やっと読めた朝日新聞。社説までいって「駅前活動判決 過剰規制省みる機会に」とある。脳が抑制されて、読み難い。一見関係ないような感じなので興味が持てなくされて、斜め読みしようと脳操作。読むときに重要ポイントを読み飛ばさせられる。 社説は、駅前デモをしないように市が命令しているのを、司法が違反としたというもの。社説はこの司法判決に肯定的な内容。 僕は生身の人間だが、脳操作でポイントを読み飛ばさせるということを、どういう手法か知らないが脳と視線を操ってやってきて誤読させるが、朝日がそんなことを書くわけがないと、戻って読み返すので、誤読はなくなり、同時に脳操作の手法に気付くので、それを書き留める。 しかし、そんなことが可能だとは誰も思わないため、単に僕がバカか病んでいると思われてしまう。 多重に罠が仕掛けられていて、訴えても効果は弱く、自分が貶められるのだが、こちらとしては全く病んではいないため、遠隔地からの脳操作の人体実験がなされていることが分かる。 もしかしたら人工知能が使われている可能性があり、何故そう考えるかというと、斜め読みする際に朝日の社説のどこを読み飛ばさせれば誤読になるかは事前に戦略として可能であり、それ故の被害なので、どうも操作の仕方も人間技ではないと感じるから。ただし、僕は生身の人間であるため、かなりのことが脳操作で可能であることが分かる。 どのように信じて貰えばいいのだろうか?   実例はここまで 権力の諜報機関の情報開示が必要だろう。 いまの中国の台頭を含む世界情勢においてロシアや欧州の動向などを考えると、米国に有利に物事が動いているのは確かだが……詳細な関係はリスクが大きいので避ける。御自分で多面的な世界の動向を追って考えて欲しい。と書いたら、リスクが高いと思ったらしくて脳抑制された。しかし、それにより、御自分で考えて欲しいと僕が言われたと思ったらしき第三者により、僕が何も知らないと思わされる脳操作という、裏の高度な人工知能による総合的に僕を貶める手法がなされているようだ……記憶が消されたので、書き難いし、おそらくその第三者ではない第二者と僕の共同思考で、第二者が離され僕に抑制があるため、僕がずっと以前から考えて感じていることが抑制され想起が難しい状況……一見すると こんな状況では、あさ20〜30分で新聞をさっと見て、ほかのことをする生活ができなくて、電磁波でビリビリと苦しめさせられながら一日新聞とにらめっこして、30分で分かることを認識するのにまる一日かかるような、バカみたいな状況になる。 権力の諜報機関は何がしたいのか? 誤解する者がいるのか、誤解する者のせいにみせているのか、誰かが僕を味方ではないと判断して、それにより総合知を得られないようにされ、フランスの思想のように、知識がバラバラにされ、小さな差異にこだわることで政治的な発信能力を奪わされるような手法が裏にあるのだろうか? それぞれが専門的なところに治まって、相互に連絡と情報交換がなければ、政治は分裂する。人間でいえば統合失調症に近いが、権力が支配的な対応をして統制で補えば、政治は独裁ということになるが、人間でそれを表現すれば強迫性障害(昔の強迫神経症)ということになる。 健全な精神をとりもどすには、総合知(メタ認知)の力が必要であり、偏った知性と認識は避けなければならない。 そういえば、昨夜、ラカンに関する内容を読んでいたが、まるで鏡面像段階に至るまえのバラバラな認識状態であり、鏡面像により自己の統一性を獲得して幼児的全能感を得た後に、大文字の他者と関わって大人の世界である象徴界に苦悩して、かつての幼児的全能感の名残でしかない対象aを追い求めても、それは幻想でしかないため、ますます病んでいくというような構図を、脳操作の装置で再現されても困るだけだ。 僕は病んではいません。 さっきのところで、書こうとした内容を簡潔に書いておく。 権力の裏は米国でいえば共和党的であり、民主党にもそういう要素が混じっていて、政治資金とお金に左右されるメディアに否定されると苦しいので民主党候補のヒラリーが裏に配慮したがために理想と現実の相克にある民主党支持層から批判されたかのように演出されていたが、その実態は理想主義(富裕層への大増税)を否定する裏の動きであり、うまくトランプ大統領の誕生で、理想の否定をごまかされたように感じる。脳抑制があって、上手く自分の意見を文字化できない。要するに、僕にくっついている第三者の理解では、どうも米民主党が支配者だと思いこんでいるが、米国の民主主義(=民主党)と支配層(=共和党)の構図において、ロビー活動や資金の動きがメディアと政治を支配しているため、民主党もそちらに配慮しないと政治が思うようにはできなくなるため、仕方なく配慮すれば理念的支持層に叩かれ、逆に共和党の支持層はそういう理念的な人たちではないため非常に緩いし騙されやすいので、いまの米国政治になっているけれど、日本人の政治に疎いひとからすれば、権力に操られる共和党が弱で、わりと堂々としている民主党が支配者にみえるのかもしれないが、実際はそんなことはない。ただし、理念的な政治勢力は日本の政治を嫌うため、米国の政治がお金と軍に絡め取られている方だと日本は寄り添うような態度をとったりするのが、日本人として恥ずかしい。欧州の多くの国は理想を重視するので、保守的な日本とはまるで逆で、米国が共和党だと警戒し批判する傾向がある。 でも、僕は誰にそういうことを伝えようとしているのだろうか? 何も知らないで、でも僕のふりをするニセモノさんに、こういうことだから騙されないようにしてね、と書いているつもりだけれど、確かに民主党のときには天災もあるので、民主党が悪くみえるが、四川大地震で何十万人も中国人が犠牲になったときは共和党だった。 要するに、米国は怖い国なので、怒らせないようにしなければいけないのだろうけれど、その発想だと、日本は米民主党との関係を見直すべきだった。共和党さんは、ビジネスに徹してくれることを願います。理想的な方が実質的に力を失っているのかもしれないが、なんとか軍隊の動きを抑制して、おかしな行為をしないようにすべきだが、世俗的な方だって同様だ。 ばれなければ何でもやるようなことでは困るわけだし、どこかで技術の利用は表に出るだろうから、常に平和で穏健な対応を世界と覇権国はすべきだし、それはどの国が覇権を得ようとおなじであり、国際的な枠組みを重視した方が、双方、皆にとって有益だ。そういう政治が世界から尊敬を集め、それにより不毛な権力闘争をしない状況が生まれる。 被害の状況を捉えると、どうも引きこもりの僕が疑われていて、それは知性への疑いというより、弱者への差別と偏見によるものだろうけれど、文章を書くときの瞬間瞬間において、誰かが観察していて、知的な内容なら被害は少なく、被害を訴える知的ではない内容だと被害がある。それ以外にも相手が危ないと感じたらしいときに被害がある。観察者が監視者となっていて、それでその相手の思惑次第で被害があるということだが、起きるときに酷い被害があるので、それ以外の何かというか、誰かの恐ろしい思惑もあるかもしれない。だから、上にも書いたが、プロフィールにも僕が死ぬようなことはあり得ないということの説明を入れたわけだ。  ーーー 僕は誰も殺そうとなどしておりません。 むしろ、そういう人権侵害が無いことを祈っている。それを利用する裏がいるなら遺憾だ。 僕は人道主義者だ。もちろん、人道主義が権力に嫌われることは認識している。 音声送信が、この人がお母さんを殺そうとした人だ、とデタラメを言っているし、僕がそんなことをするわけがないし、むしろ僕の祖母が亡くなっていて、僕は悲しんでいるのだが、そういうことを言われて、そのような罠を回避し、人権を重視する側がそんなことをするわけがないと書くと、人道主義者がやられた冷戦終結時のような状況の罠になるのかもしれないが、そういう誘導なら、表立って人権を言っていて、同時に権力による弾圧被害があり、それが精神疾患にみせられても薬の副作用で亡くなるひとはいるかもしれないが、僕は病院にかかってもおらず、当然薬も飲んでいないため、また、そういう病気に特徴的な食生活の乱れもないため死ぬわけがなく、もし命を失うようなことがあれば、権力のしわざであり、一市民が弾圧されている証拠になるので、そんなことは簡単にはできないという論理構造をつくっている。 同時に、この構図は、無実の左派系を悪く見せている裏の手法そのものではないか?  ーーー 13:59 JR東海の警笛。僕の加害者が言っていることを僕が言っていると思っているようだ。 ただ、前述までの記述が問題だと言うなら、警笛など鳴らさないことだ。もしそういうことなら、君たちが卑怯なだけだと知るべきだが、それはそういった条件が前提となっており、もし別の理由で警笛をならしているなら、理由を知りたい。 このブログに匿名で書き込んできたまえ。  ーーー 今日、このブログをアップしたあとに、スマートニュースをみていたら2つの記事があった。 以下の記事は、上のヘアカットの写真を出したら、スマートニュースがビビーと言って出してきたもの。メガネがポイント。 メガネをかけた女優たちが可愛すぎるからみんな見て! 2017/03/20 18:31 (長澤まさみ、石原さとみ、田中麗奈、石田ゆり子…メガネをかけるとグッと可愛くなりますね。) https://www.buzzfeed.com/tsunehikonishimaki/glasses-actress?utm_term=.kj5wyVLLjz#.cjP3yqGGMo 過去に、当時の流行の四角いメガネに比べると、僕のはより普遍的な丸いものだと言っていたのだけれど、最近、芸能人が昔風のメガネをしていて、彼女たちだからそれがオシャレで可愛いのだけれど、関係がありそうで、やっぱりちょっと異なっていて、何かと逆仄めかしもあるので関連付けがズレているのだけれど、何かありそうに感じる。もちろん、僕とは異なるし、変な被害は恐ろしいので受けたくない。 (再追記) メガネの種類 長澤まさみ 細縁(丸型) 彼女は誕生日が同じ。NHK朝ドラと大ヒットアニメ映画で飛騨に縁 石原さとみ 細縁(丸型) 新垣結衣 細縁(丸型) 高畑充希 細縁(丸型) 菜々緒 細縁(丸型) 森絵梨佳 細縁(丸型) 水川あさみ 太?縁(丸型) 木村文乃 太?縁(丸型) 田中麗奈 太縁(丸型) 石田ゆり子 太縁(丸型) 有村架純 太縁(丸型) 長谷川京子 太縁(丸型) 水川あさみ 太縁(丸型) 佐々木希 太縁(オーソドックスなタイプ) のん 太縁(オーソドックスなタイプ) 柴咲コウ 太縁(オーソドックスなタイプ) 吉瀬美智子 太縁(オーソドックスなタイプ) 仲里依紗 太縁(オーソドックスなタイプ) 二階堂ふみ 太縁(オーソドックスなタイプ) 本田翼 太縁(楕円) 戸田恵梨香 太縁(四角)  自分が感じた傾向は、細縁丸型は昔、放射線技師をしていたときの僕のメガネ。のんくんはTの幼なじみでTはそのメガネだった。太縁丸型は放射線技師の同期のシンちゃんおよびよく似たオリラジのシンゴのもの? 僕はアツヒコではないので、パーフェクトヒューマン(←昨年ヒットしていたオリラジの曲)ではありません。シンちゃんがそう演出しているだけ。 (メディア集ストの証拠 http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-45.html (注意)を参照) この知り合いと著名人がそっくりである証明写真の下の方。 (クリックするとそのまま開く設定にしてある) 近所など他にもそっくりさんがいる。写真がないし、あっても自分の集合写真や卒業アルバムのものでもないので… 上の写真は20年以上前のものなので、大丈夫と考えた。 なんか知らないけれど、罠に自分が嵌っているかもしれない。でも、僕は何も悪いことはしていない。誰がどう解釈するかの問題なのに、僕にくっついている人は、とにかくネガティブで否定的なだけのような気もする。前は肯定的な人がくっついていたのか、関連した人には恩恵が多かったと思う。その時の相手次第だろうか?  (ここまで再追記 下の方に書いた声の人は、もう別の人に変わっていると思う。) ブッシュ元米大統領の画集、ベストセラーランキングの上位につける 2017年03月20日 14:42  http://www.afpbb.com/articles/-/3122009 元大統領が描いた兵隊たちの似顔絵集とのこと。 いつも、僕のしたいことを、誰かが奪っていって、僕ができなくなるようなことがあった。 ギター(誰だろう?)、歌(誰?)、CG(もしかして君の名はの監督?)、絵画(?)、サッカー(?)、学問(?)、読書(朝日美人記者?)、似顔絵(元大統領ほか?)、漫画(?)、自由(?)、恋愛(?)、成功(?)、筋トレ(?)、瞑想(?)、などなど。 昔、彼が似顔絵を描いたと報道されたことがあって、その前に僕が似顔絵を描こうとしたことがあったのだけれど、ちょっと描いて描けなくなっている。 その頃よりちょっと後だと思うけれど、2011年にメモ帳に描いたものが残っている。ちょっと前までNHKのニュース7でニュースを読んでいた。その前は朝の番組だった。いまは産休中。幸せそう。 NHK守本アナ2011 それから、これは先日、Eテレの漫勉を見ていて、漫画を描きたくなったとき、直後のCSで宇多田ヒカルライブを見て描いたもの。いま、ちょっと修正した。 気になった2つの記事を紹介しただけです。(再追記:そういえば上に鳥のキジが庭にいたことを書いているけれど、雄雌2羽だった。2つのキジをツイッターでは写真付きで紹介している。画像数の問題でこちらには掲載しない。→ http://twitter.com/furu_akihiro/status/843592177498304512 参照。) (追記:そういえば、上に親戚と僕が著名人に似ていると画像を出したけれど、この似顔絵、守本アナは僕にちょっとだけ似ているようだ。ヒッキー(宇多田ヒカル)は従姉にちょっと似ている。でもヒッキー(ひきこもり)なのは僕の方。それから、ブッシュ元大統領は親戚のおじさんにキャラがよく似ている気がする。)  ーーー 上の絵をアップしたあとに、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があった。 声は男で、気持ち悪い顔にされるわ、と嫌がらせを言ってきた。いまは、そちらの方の声のひとだったらしい。ただ、僕への声はデマが多い。 僕が被害者なので、どうも僕にくっついている人の価値観か何かが反映されるとしか思えないのだけれど、運が悪いと、そういう人にブサイクにされる。 ただ、皮肉なことに多少ブサイクになった人の方がテレビの仕事が増えていた。中道左派の僕を否定する人の影響だからだろうか? それとも、中道左派の僕か誰かの影響があると思われているから、現場では好意的に思われるのだろうか? (追記:声が撹乱してきたが、上の声がしたときに僕は守本さんの似顔絵を見ていて、この子は可愛いよなと考えていたので、くっついている人がどういう常態かは分からないけれど、僕の意見ではありません。) 実際のところは、何が起きているか、僕には分からない。裏が勝手に何かしている。 (補足) 相手は卑怯で、どうも誰かのせいにしたいらしい。母のせいにしたがるヤツがいるけれど、僕が思うに、母は僕の声や頭を読んだり読まされたりはしていないので、それに直接的に応答することはあり得ない。 声は僕の考えとはいつもまるで異なる。僕にくっついている人がいるのは確かで、そいつらの感想と思考により、僕とは別の何かができていて、それで僕とは似ても似つかない思考の別の人工知能か何かが存在するかもしれないが、もしかしたら、僕の頭を読んで断片的な分析から、僕とはまるで異なる価値観の性格のよくない人の脳にそのデータが送られて処理され、そこで悪質な声ができているかもしれない。 前の文を書いているときに、かあちゃんやぞ、と音声送信が言ってきたが、僕は母のことなど一切考えていないため、その言葉は僕の意識の悪用ですらないし、あの人がこちらの文脈でものを捉えているということは、何気に聞いてみてもあり得ないことだ。 あの人はどうしようもないところもあるけれど性格は僕よりいいので、あの悪質な声が母の脳で形成されることなどもあり得ず、とにかく、僕にくっついている相手の悪質さばかりが浮き上がってきて、どうしてそういう人格障害みたいな人ばかり僕にくっつけてくるか分からないけれど、小学生のときに担任から太宰の人間失格を読めと言われたことがあるし、北野たけしの映画キッズリターンを見たときにも感じたが、僕の人生はその2作品の主人公同様に、真面目で純粋と言うと、もう40歳を超えているので、いまの自分とはちょっと違うかもしれないが、若いときはそうだったので、そういう純粋な人間を利用したがる者がくっついてくるという、世間でよくあるパターンを描いた2作品と同様に、そういったちょっと卑怯な男に僕がくっつかれるのは、子どもの頃から同じだし、いまだってきっと、そういう人工知能か誰かが言葉を音声送信システムで送ってきたりするのだと思う。 だから、僕が誰かを貶めるようなことを言うわけがないし、その言葉を言ってくる相手のせいにするつもりもないけれど、とにかく僕は悪質なことは言わないし考えない。 (音声送信:くっついとる奴の問題が僕のことに見える、と言ってきた。とにかくメチャクチャ。脳操作で僕ではないどこかの僕にそういう風に見えるような遠隔操作をしているかもしれないが、とにかくメチャクチャ。とにかく卑怯。とにかく悪質。裏の諜報機関のしていること。) もし、相手がいなくて、脳波と脳表面の電位差を遠隔地から解読して操るシステムだけだったとすると、僕も鬱っぽいところがあって、それが脳波としてはネガティブな感情を示していたとして、そのときに僕が浮かべた言葉とその感情をどのように読むかは僕によるものではないので、相手側は諜報機関などの人物だから純粋ということはないだろうから、悪質な解釈をされたのかもしれない。 そういった誤読が積み重なった人工知能でもつくられているかは分からないが、もしこの仮説が事実であれば恐ろしい。 僕は性格は悪くはありません。もう一つ、そういう悪質な解釈がされたとすれば、僕が理想を前提とした現実論で政治に対応していて、現実の保守政治からすれば、理想主義の野党の批判がどれほど妥当性が高くても批判であるために優しい正義感からの野党の批判を与党は悪く捉えるだろうし、共産・社民ほど理想主義の側からすると、理想から現実に一歩踏み込んで、とにかく世の中を少しでもよくして欲しいという、底辺の一般市民の考えは、理想を崩すものとして捉えられる可能性があるので、その庶民の現実を踏まえた対応は理想主義からすると多少は悪いということになる。 ようするに差異を捉える政治は、自分以外は批判者にみえるので、どちらかといえば包摂的で総合的判断を理想をベースに現実の中で前進する政治姿勢が望ましいが、野党は分離策の罠に嵌められることがあったので残念だった。 僕にくっついている声の相手は、とにかく、その瞬間だけでものを捉えて、変なことを言ってくるが、普通は人間なら文脈でものを理解するし、総合性がある。僕は総合的にものを捉えて判断するタイプで、音声送信の相手とは対極のまるで異なるタイプだ。相手が人工知能でなければ、統合失調状態の人であるために、認知の総合性を失っているのかもしれない。人工知能だと、そのレベルであるという可能性もある。 とにかく謀略があって、僕の状況はこちらが悪くもないのに、JR東海が警笛を鳴らしてきたり、警察ヘリや電力会社のヘリが飛来したり、僕が悪いかのように対応してくる。相手は僕を直接知らないので、どうとでもレッテルを貼ってくるのかもしれないが、見当違いも甚だしい。相手がどういう状況でここに嫌がらせをしてくるかは、皆目見当もつかない。悪いのは諜報機関などでしょう。 この日(20日)も午前11:55に警察らしきヘリが飛来していたり、JR東海がときおり警笛を鳴らして通過したことは記述しているが、15:10にも大きな警笛を鳴らして通過していた。 その時のメモだが 「だまていても誰かと誰かが干渉しているようで、そのタイミングでJR運転手が警笛を鳴らしてくる。(裏に何があるかは分からない)」 「誰かが僕のブログを読んだか何かのときに、相手がそこにある哲学用語が分からず僕を統合失調症扱いしていたらしいことに気付いていた。」 きっと僕の考えかひとりごとを聞いて、大文字の他者だとかシニフィエ&シニフィアンなどの用語を知らない相手が、僕をおかしい人に思ったらしい。(音声送信さんに言いたいが、僕は母にはそんなことは言っていない) ちなみに、僕がラカンをどう解釈したかというと、経済学同様に用語の適用がズレていて、例えば幼児的全能感があった時代の対象aのあった世界を現実界と言っていて、現実の世界を象徴界とするなど、はっきりいってメチャクチャな用語選定により、平易な内容が記号的に混乱させられるので、用語に関してはどうにかならないかといつも思っていた。 ラカンの分析など僕にはできないが、ただ、非常に知的だけれど何かがおかしい彼にとっては、能力が高いだけに、全能感が得られる状況が現実に思えているのか、現実が現実ではない象徴にとらえられるのか、彼の接していた患者がそういう人たちなのかもしれないし、きっとそういう人たちの治療をしているので、内容は高度でも精神的には幼い状態の人間の心理の分析の結果であると捉えるべきかもしれないにしても、やっぱり用語の選定は一般レベルですべきかもしれない。 ようするに、僕が過去にラカンをおかしい人と捉えたのではなく、ラカンの研究対象がちょっとおかしい人なのでそう見えたのだろうけれど、それを脳を読む相手が曲解して、僕をバカにしたりするような状況があるなら、かなり長期的(読んだのは20年近く前)なことであるため、やはり人工知能が関係しているのではないか? フロイトに関しても、僕が読んだのは分かりやすい入門書を数冊程度だけれど、無意識の領域の発見は、人は自分の経験を全ては把握していないのにそれに縛られるので、間違ってはいないと思うけれど、トラウマ研究などの狭義の範囲で無意識領域を重視するのは望ましいにしても、それを一般化されると誤解が増えるだけではないかと感じる。東洋哲学などでもそういう領域(無意識≒阿頼耶識、前意識≒末那識)があるし、神経症に関わっている可能性も否定できないと思う。 ただ、僕は脳操作被害を受けていて、無意識とはまるでことなる、何者かによる恣意的な嫌がらせを多分に含む脳操作があることがはっきりわかるし、それがPCなどのハッキング被害と連動するので、明らかな権力による実験か何かがあるため、精神医学のフロイトの系譜はユングのシンクロニシティ(共時性)という、ある意味では集団ストーカーの被害者の主張と重なるものも含めて、権力の高度な技術を用いた迫害との絡みで捉えるべきかと考えている。 (ここまで補足) 170321 いま、早朝の5時台だけれど、電磁波の被害がひどくて目が覚めた。お腹にひどく電磁波が当てられてビリビリビリビリとなっていた。おそろしい。胸にくるともっと怖い。なのに、昨日分に2箇所気になって追記している。大丈夫だろうか? 自分の行動が理解し難い。やっぱり操られているのだろうか?  ーーー 10:05 JR東海がけたたましい警笛 電磁波の被害を受ける。腹などに微細振動があって怖い。その電磁波の音が聞こえる。僕が被害を受けているのに、僕が加害しているかのような状況。ちなみに、ここに書きたくはないが、誰かが僕の睾丸のところに入れようとしてくるので、僕は男だしそこに穴がないので止めて欲しいと言っているが、伝わらないようで伝わったのか、おそらく相手が僕のせいにしてきたのだろう、亀頭がジンジンと電磁波の刺激を受けだしたが、自分の睾丸のところのあるはずない穴に僕が突っ込もうとするわけがないと考えたら、ジンジンという刺激が止まった。ちなみに上述しているように今朝も酷い電磁波の被害で苦しかったが、相手の声は、気持ちいい、だった。そのときにはセクハラ系の電磁波はなかった。苦しかっただけ。 僕が被害を受けていたのに、僕に怒ってこられても困ります。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 追記:直後に音声送信で、ひきこもっとると思われとったの私やったんや、と言っていた。僕には相手が僕に向けて言う言葉以外は届かないので、おそらく、また誰かが誰かのせいにみせるような策略を言ってきた可能性が高いが、何がどうなってそういう言葉になっているかまでは正確には分からない。 追記2:音声送信が、フルタニっていうひきこもっとったひとここにおった、と言っていて、途端に、ヒャーー、という音声。僕はお腹や胸に電磁波の被害があるので困ったと思いつつ、声は他人ごとのように受け流していたので、ヒャーーが何を意味するかまでは分からないし、撹乱かもしれないけれど、素直に捉えたら、僕の名前を出して「ここ」と相手が言っていて、当事者の僕は気にしていないので、別の誰かが何かの反応をした可能性があるが、電磁波世界のことは、人工知能か誰かの想像でしかないかもしれず、少なくとも僕の想像でも思考でもないので、こちらからは何も分からない。ただ、被害があるので困っている。 だから健康には十二分に配慮している。そもそもが子どもの頃から肉の脂が食べられなくて、苦いピーマンみたいなジューシーな野菜が好きで、健康的な食事をしているので、実際は身体は健康なはずで、電磁波の被害で何もできないだけだ。 また新聞が読めなくされたので、誰がどういう理由で妨害してくるかが分からない。スマートニュースなら読めるけれど、総合的にはいいツールではあるものの、ネットに流れるニュースだけでは、重要なポイントが把握できなくなる懸念もあり、紙の新聞は目を通しておきたい。  ーーー 今日の朝日のオピニオン面が社説面しかない。妨害されて読めないのだが従軍慰安婦の特集がある。僕は従軍慰安婦は日本が悪いので、アジアの国に国家として賠償し、しっかりと反省すべきだと考える。保守系が被害を受けた国に酷い対応をしているが、それならソ連の参入で日本がもう闘えなくなる状況において不要の原爆を落とした米国に対しても公平に批判すべき態度だと思うが、保守系はそれをしない。僕は中道左派の方で、米国には基地問題や人権問題のところで公正に対応して欲しいと思っているが、それ以上にアジアの国への謝罪や賠償などをしっかりとして、それにより米国の戦争犯罪にも対応するのが筋だとは論理的に考えはするが、サンフランシスコ講和条約により、日本も連合国も責任と倍賞を基本的には放棄しているので、そちらのことを蒸し返すのは問題であり、戦後の秩序は護るべきだろうと思う。 従軍慰安婦は日韓基本条約のあとに出てきた問題であるため別だと記憶しているが、強制徴用と記憶違いしている可能性もあり、ウィキペディアなどで確認しようにも、読むという行為への妨害があって、朝日の見出しをみて書いていることであり、正確なことが書ける状況にない。 いまこの瞬間は自分の頭が使えないようにされて、誰でも共有できる内容だけが書ける。 何にせよ、従軍慰安婦が間接的に政府が関与していたのは日本政府は認めなくても確かだろうと…いま変換候補に、日本政府はみとめなさい(女性の声付き)、となったが、僕は中道左派系であり、日本政府のような保守系ではないので、どういう状況でこうなっているか知らないが、今度は男の声で、ばれてまった、と状況を利用してうそぶいているが、その僕の嫌いな男の声は誰かは知らないが、信じてはいけない姑息な者のもの。そう書くと、僕の考えをその声で演出してきて、途中から暴論にされたりする可能性があるので注意はしたいが、とにかくイヤらしい被害状況にある。 そもそも、従軍慰安婦は戦中に軍隊で士官だった中曽根康弘氏が世話してできたものとのことで、政府の間接関与はあったはずだ。 中曽根元首相が「土人女を集め慰安所開設」! 防衛省に戦時記録が 2014年8月29日 livedoorニュース LITERA(リテラ)より http://news.livedoor.com/article/detail/9198847/ 引用
先の大戦で海軍主計士官(将校)の地位にあった中曽根元首相が、自ら慰安所の設置に積極的に関わり、慰安婦の調達までしていた
引用
何かというと左翼のでっちあげとわめきたてて自分たちを正当化しようとする保守派やネトウヨのみなさんには申し訳ないが、これは捏造でも推測でもない。中曽根元首相は自分の"手記"の中で自らこの事実を書いており、しかも、防衛省にそれを裏付ける戦時資料が存在していたのだ。そこには、部隊の隊員によるこんな文言が書かれていた。

「主計長の取計で土人女を集め慰安所を開設」

 まず、"手記"の話からいこう。中曽根が慰安所設立の事実を書いたのは『終りなき海軍』(松浦敬紀・編/文化放送開発センター/1978)。同書は戦中海軍に所属し、戦後各界で活躍した成功者たちが思い出話を語った本だが、その中で、海軍主計士官だった中曽根も文章を寄稿していた。

 タイトルは「二十三歳で三千人の総指揮官」。当時、インドネシアの設営部隊の主計長だった中曽根が、荒ぶる部下たちを引き連れながら、いかに人心掌握し戦場を乗り切ったかという自慢話だが、その中にこんな一文があったのだ。

「三千人からの大部隊だ。やがて、原住民の女を襲うものやバクチにふけるものも出てきた。そんなかれらのために、私は苦心して、慰安所をつくってやったこともある。かれらは、ちょうど、たらいのなかにひしめくイモであった。卑屈なところもあるし、ずるい面もあった。そして、私自身、そのイモの一つとして、ゴシゴシともまれてきたのである」

 おそらく当時、中曽根は後に慰安婦が問題になるなんてまったく想像していなかったのだろう。その重大性に気づかず、自慢話として得々と「原住民の女を襲う」部下のために「苦心して、慰安所をつくってやった」と書いていたのだ。
引用
中曽根元首相の慰安所開設には、冒頭に書いたように、客観的な証拠が存在する。 

 国家機関である防衛省のシンクタンク・防衛研究所の戦史研究センター。戦史資料の編纂・管理や、調査研究を行っている研究機関だが、そこにその証拠資料があった。

 資料名は「海軍航空基地第2設営班資料」(以下、「2設営班資料」)。第2設営班とは、中曽根が当時、主計長を務めていた海軍設営班矢部班のことで、飛行場設営を目的にダバオ(フィリピン)、タラカン(インドネシア)を経てバリクパパン(インドネシア)に転戦した部隊だが、この資料は同部隊の工営長だった宮地米三氏がそれを記録し、寄贈。同センターが歴史的価値のある資料として保存していたものだ。

   本サイトは今回、同センターでその「第2設営班資料」を閲覧し、コピーを入手した。

 宮地氏の自筆で書かれたと思われるその資料にはまず、「第二設営班 矢部部隊」という表題の後、「一 編制」という項目があり、幹部の名前が列挙されていた。すると、そこには「主計長 海軍主計中尉 中曽根康弘」という記載。そして、資料を読み進めていくと、「5、設営後の状況」という項目にこんな記録が載っていたのだ。

「バリクパパンでは◯(判読不可)場の整備一応完了して、攻撃機による蘭印作戦が始まると工員連中ゆるみが出た風で又日本出港の際約二ヶ月の旨申し渡しありし為皈(ママ)心矢の如く気荒くなり日本人同志けんか等起る様になる
 主計長の取計で土人女を集め慰安所を開設気持の緩和に非常に効果ありたり」

 さらに「第2設営班資料」のなかには、慰安所設置を指し示す証拠となる、宮地氏の残したものと思われる手書きの地図も存在していた。

 それはバリクパパン「上陸時」の様子(昭和17年1月24日)と、設営「完了時」の様子(17年1月24日~同年3月24日)を表す2点の地図資料だ。バリクパパン市街から約20km地点のこの地図から、中曽根たちが設営したと思われるマンガル飛行場滑走路のそばを流れるマンガル河を中心に民家が点在し、またマンガル河から離れた場所に民家が一軒だけポツリと孤立していることがわかる。

 そして2つの地図を見比べてみると、"ある変化"があることに気づく。「上陸時」から「完了時」の地図の変化のひとつとして、その孤立した民家の周辺に、設営班が便所をおいたことが記されている。さらにその場所には「上陸時」にはなかった「設営班慰安所」との記載が書き加えられている。

 つまり、上陸時に民家だった場所を日本軍が接収し、「設営班慰安所」に変えてしまったと思われるのだ。 

 もはや言い逃れのしようはないだろう。「主計長 海軍主計中尉 中曽根康弘」「主計長の取計で土人女を集め慰安所を開設」という記載。それを裏付ける地図。中曽根元首相が自分で手記に書いたこととぴったり符号するではないか。

 しかも、「土人女を集め」という表現を読む限り、中曽根主計長が命じて、現地で女性を調達したとしか考えられないのである。

 実際、インドネシアでは多くの女性が慰安婦として働かされており、彼女たちは日本軍に命じられた村の役人の方針で、どんなことをさせられるのかもしらないまま日本兵の引率のもと連れ去られたことを証言している。そして、年端も行かない女性達がいきなり慰安所で複数の日本兵に犯されたという悲惨な体験が語られ、その中にはこのパリクパパンの慰安所に連れてこられたという女性もいる。

   つまり、中曽根首相がこうした"強制連行"に関与していた可能性も十分あるのだ。
ということなので、日本政府は事実を認めるべきだと思う。保守系が理解するような書き方をあえてするが、早く認めて国家賠償をした方が恥も小さいのではないか? 僕は恥だとかという意識よりも、間違ったことは謝罪し賠償責任をはたした方がいいと考える。 保守系の方が現実論を主張する側なので、戦後賠償は放棄しているという理屈より、その後に出てきた問題で近隣国との関係が悪化し、国際社会で不利な立場に立っている日本の状況を改善するには国家賠償を十分にするという対応が望ましいはずだ。 僕は保守系ではないし、だから上のようなことを書いているのだが、音声送信の人が朝日を保守系と誤解しているので書くけれど、朝日さんもちょっとおかしいとはいっても、保守系ではない。昔は社会主義に近かったようだけれど、現在はリベラルメディアのはず。両者が混じっていて、何故かネオリベが忍び込んでいたようなところもあったけれど、それは最大野党がそうだったからだろう。 補足:保守系の男の声と左派系の女の声があった。文脈では左派の勝利なのに、何故か保守系の男の声が勝ち誇っていて不自然だった。どういうことだろうと考えたが、「音声送信の人が朝日を保守系と誤解している」という記述から、朝日を保守というのは左派である可能性があるので保守系の男が勝ち誇ったのかもしれない。 過去に朝日新聞の調査であったのだけれど、普通の世代は左派を共産党や社民党と認識しているし、保守系は自民党や大阪維新であり、学術的にもそれが正しいが、20歳代以下の若者だけは、保守系を共産党(左派)と公明党(中道〜中道左派)と答えたらしい。 革新政党とは普通は左派政党のことだが、若者にとっての革新は大阪維新(超保守な中道右派)みたいなところのことらしい。どういう経路をたどってそうなるのか疑問だが、左派系が守っていて、右派系が改革をしようとしている昨今の社会情勢が関係しているよう。 この場合の改革とは、市民が1世紀に渡って勝ち得てきたものの喪失に繋がりかねないものであることは、若い世代も知るべきだ。 「20世紀後半から21世紀初頭の政治の立ち位置」を書いてみた。ネトウヨは怒るだろうが、学術的には正確と思う。
20世紀後半から21世紀初頭の政治の立ち位置
(補足:ちなみに僕は社民主義〜リベラル(自由民権運動)の範囲の価値観だ。) ※自由党という名称は多義であり、国によって右だったり左だったりするが、日本においても1998〜2003年の政党は新自由主義だったので中道右派になるが、2016年〜の自由党は社会自由主義のため中道左派の位置付けになる。自由という表現はリバティでありリバタニアンなら新自由主義(ネオリベ)ということになるがこれは20世紀後半に影響したもの。自由主義という表現なら、戦前の自由民権運動と同様に中道左派であり、現在の社会自由主義も同様だ。2017年現在は自由党と社民党が参院統一会派「希望の会」をつくっている。自由民権運動というと中江兆民や板垣退助、田中正造などが有名だが、同時期の社会主義者である幸徳秋水が中江兆民に師事していたり、当時から社会主義系と自由主義系は価値観に近いものがある。そもそも社会主義の代名詞である左翼の語源が自由主義運動でもあるフランス革命のときの議会の議席なので、民主主義と労働運動という手法の違いはあっても政策は重なるところがある。天皇制への価値観に違いがあるが、1955年からの55年体制からは、共産党ですら穏健化して天皇制を容認しており、戦前および戦後すぐの時期と現在では状況が異なる。 ※グローバリズム、グローバリゼーションという表現は意味範囲が広くて扱いが難しいが、狭義のグローバリズムは米国の世界戦略による新自由主義の小さな政府への改革をいう。日本では維新の党の立場だった。ただ、昨今は世界的に右傾化と反グローバリゼーションの流れが起きている。今後どうなるかわからないが、例えば米大統領線では共和党が反グローバリズム右翼の議論に乗っ取られていたし、民主党も左傾化していたが、実際のところでは前民主党政権もTPPなどのグローバリゼーション政策を進めていたので、政党の立場と政権与党の立場に一定の乖離が生じるような現象もある。それを考慮すると、米民主党は上の図よりはやや左側なのかもしれない。共和党は主流派が反トランプだったので、上の図の位置でいいと思われる。また、広義のグローバリゼーションというものは、時代の流れであり、インターネットなどによる情報の世界的な往来と様様なイノベーションにより、世界が狭く近くなっており、その結果としての貿易などによる社会への影響と恩恵および副作用は我々が日常的に被っている便利さと同居しており、これは逆行させることは簡単ではない。世界の南北格差はグローバリゼーションで小さくなるが、地域内の格差は拡大するため、その対応として必要なのは、右翼のような国境の壁よりは、左派系の規制や再分配策だろうとは思うが、現在では日米欧の左派系の政治が新自由主義やグローバリズムに配慮した結果、右翼の台頭を許しており、今後、理念的な左派陣営は難しい対応を迫られる。 21世紀も17年も経っているが、欧州や米国で右翼のような政治勢力が台頭してきている。 しかし、時代も進歩して、情報が行き交うようになった現在、かつてのようなナチスによる暴走にはならないだろうとは思うが、右翼政治による移民や少数派への風当たりは厳しくなる可能性がある。カウンターというか逆反動としての左派ということも、中国の台頭もあり考えられるが、どちらにしても、20世紀のような大きな衝突にはならないだろう。 上の図は、過去の政治の動きではあるが、いまの政治の流れで考えると、20世紀の後半に左翼が穏健化したように、右翼も穏健な政治勢力になる可能性があり、そういう時代は、人権なども守られるようになる可能性もあるだろうから、全てに悲観することもないかもしれないと、あまり好ましくはないような時代においても、小さな希望を持つことは大切だと考えて、こういうことを書いている。 もしかしたら、実際に過激な政治勢力がなくなって、でもそういう人たちは存在し続けるため、民主主義が機能する方向に変化するときもくるかもしれない。そういった未来への希望は持ち続けるべきだ。 (追記:保守系も福祉の充実と人権の保護、弱者救済をする時代がくれば、皆が幸せになるのに…と思った。左右の政策論争は、同じ社会の幸福と人権のためにどちらがいい政策を提案し実践できるかですればいいとは思う。既得権がどう考えるかは分からないが、民主政治は市民の側であるべきだ。) (再追記:上の政治の立ち位置の図に、政党の位置の目安を追加。あくまで目安です。それに伴い上の方もちょっと修正。) (再々追記:記述翌日に電磁波兵器がもちいられたビリビリとした被害がひどくて、上を読み直したら何故か弱腰のことを書いているので、そこでつけ入れられた可能性があるが、総合的に考えると、決して間違ったことを記述してはない。ただ、誤解もあるようなので、上に補足と※印での説明を記入しておいた。)  ーーー 13:02 配慮したらJR東海の警笛。 その後も2〜3度警笛。  ーーー デイヴィッド・ロックフェラー氏が20日に101歳で亡くなったと報道されている。 米富豪デービッド・ロックフェラーさん死去、101歳 CNN 2017.03.21 Tue posted at 14:58 JST http://www.cnn.co.jp/business/35098417.html 12月に僕の祖母が100歳で亡くなっていて、骨格の感じが似ていたので、変な被害も含めて何かありそうと感じていた。 昨日の朝は雄雌のキジが二羽、庭にいたが、そういうのも何か関係あるのだろうか? 自分のブログの内容を見ると、死の恐怖か何かを感じていて、食事の健康面を訴えている。 氏の次男が、2014年6月13日、父の99歳の誕生日の翌日、13日の金曜日に自身の運転していた自家用機の事故により65歳で没。その後に僕に変な遠隔操作などがあったので、何だろうと思っていた。それを知った誰かに操られたのかもしれない。 陰謀論では悪役とされるデイヴィッド・ロックフェラー氏だが、大学では、母国で社会党の財務大臣をした(イノベーションを重視する経済学者の)ヨーゼフ・シュンペーターに師事し、卒業論文のテーマはフェビアン協会(英国の社会主義)。小さな政府のハイエクも関係あるようで左右にワイドにものを捉えていたのだろうか? 慈善活動家としても知られている。平等主義の一面があったのかもしれないがネオリベを推し進めた方の人とも言われていて、時代の変遷もあるだろうけれど、実際のところは分からない。 陰謀論は信じない方がいいし、それらは何が事実かも分からないが、陰謀論ではない事実として、欧州のビルダーバーグ会議への日本の参加を打診したが断られたため、日本が加わる会議の創設を提案し翌年の1973年に「三極委員会」が誕生したということがある。天皇家とも懇意だった。 そういえば、昨夜の夜空は真っ赤だった。どう関係があるか全く分からないけれど、ご冥福をお祈りいたします。 170322 いま午前8時になるところだが、深夜からずっと、テクノロジー犯罪の電磁波被害でビリビリビリと苦しい。音声送信はリンリンと鈴の音が鳴っている。 音声送信が、ころさないかんやつや、この人の言う通りや、大学出てもないのに偉そうに喋っている、と言っている。 イマイチよく分からない論法だが、僕は偉そうに喋っていない。今日は、まだ一度も喋ってすらない。 相手はどうも民主主義や思想・言論の自由すら知らないらしい。 偉そうに喋るからかどうか知らないが、皮肉を書くけれど、それだけでころすとか言っている連中はナチスか何かだろうか? 実際に、そういう思考回路もしくは会話をする者がいるのか分からないし、人工知能かもしれないので、ただ権力側が弾圧をする際に撹乱しているだけかもしれないが、こちらは何も悪いことはしておらず、それなのにただ被害を受けて、長い間、何もできなくて軟禁状態に近い。過去5年は電磁波兵器による拷問も受けている。 電磁波と書くと精神疾患の妄想と思われるかもしれないが、テクノロジー犯罪は実在する権力の犯罪被害だ。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html を参照下さい。) 妄想ではありません。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。  ーーー 午前10時半前にヘリの轟音。ただ、こちらは何もしていない。今日は電磁波も頭痛もひどくて、喉も痛いので、横になって音楽を聴いていただけ。何も考えてすらいなかった。 朝の音声送信だが、右翼系だろうか? 日本の公安がマークしているのは右翼と左翼、およびオウムであり、最新の公安調査庁の「内外情勢の回顧と展望」(←閲覧したいひとは御自分で検索ください。)を確認すると、公安が左翼とする団体に関しては基地反対や脱原発、安保法制反対などを警戒している。右翼に関しては領土や歴史認識への動向、ヘイトスピーチの動き、それに対抗する反ヘイト団体などの動向をチェックしているよう。 僕はわりと普通に公平性や平和を望む一般的な価値観で、やや理想的な世の中を希望する程度だが、そういう人間にとって、左翼の方は政治的な動きは知らないが、いいことを主張してマークされているから、権力は怖いと感じる。 右翼はクレイジーなので差別などを声高に叫ぶ姿は、一般人の感覚から捉えても明らかに問題だろうけれど、自民党政権なので、それほど大きくは扱われていないが、継続的にマークはされているようだ。 僕は前日の記述でも、社民主義〜リベラルと書いているように、公安の監視対象外であり、他の右翼系被害者とは異なるのに、何故にマークされているのだろうか? 誰かの主張と誤解されてはいないか? 公安がしているとは限らないが、とにかく電磁波兵器の悪用は止めてほしい。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声は、ヤバイって、こっちがコイツの意見聞かないかんようにしてまった、というようなことを言っていた。 どうも右派系がきている。僕は自民党を支持したことは一度すらないが、自民党は左派系、野党系の政策を真似て人気取りをしてきた保守政党であることは、政治をみてきた人間なら常識だ。既得権でなければ自民党を支持はしないので、投票率に関係なく一定票数しか得られない政党であるため、自民党は低投票率を望んでいて、一般人が政治への関心をもつことを嫌がっている。 要するに、右派系が左派系の内政での政策を一部(表層だけ)真似ることを問題視する右派の人たちの意識自体が政治を分かっていない。 僕は中道左派なので、自民党を支持はしないが、自民党が内政で中道左派政策をしたり、平和主義を維持するのは、野党系が政権につけない状況では仕方ないし、むしろ、多少でも世の中がよくなるならいいことだと考えている。 野党系は、今苦しい情況なので、自民党が報道に統制を入れて、表層だけのいい政策で誤魔化しながら、共謀罪や通信傍受法(盗聴法)などのとんでもない政策を進めようとしたり、国民統制につながりかねない憲法改正を目指しているのも問題だと考えている。 誤解されないように、一国民としては当然の意識を書いている。 問題は右派系が何も知らずに、極一部の正論だけをネタに、まともな市民を攻撃することにあると思う。 ただ、相手は右派なのに左派のふりをして、僕に入れ替わろうとしている人の可能性があって、僕は中道左派なので、相手が無茶苦茶に左翼化していれば、僕を右派と言えるのかもしれないが、僕は30年前から社民党だった辻本清美さんと近い価値観だった。ようするにずっと中道左派である。ここで文脈が変わったのは、脳操作されたからで、おそらく撹乱されている。そういった、手の込んだ手法をして困らせているのは、やはり右派系、保守系の組織だろうと思う。 相手も僕のような手法で同じように困っているのかもしれないが、僕が右派に見えるというのは理解できない。もしかしたら、僕に右派と左派がくっついているのかもしれない。最近、静かにしているときに、男女、右派左派の2つの声が喧嘩しているのが聞こえさせられることがあって、ただ、双方が双方を僕と誤解していたら困ると感じた。 そういう人たちは騙されているだけであり、僕が名前を出して被害を書いていることで、僕の名前が利用されているのかもしれない。 根本的には権力が裏で謀略しているのだろうから、それを前提に考えなければ間違える。 同時に権力に利用されるべきではないので、配慮すべきだ。十二分に配慮しても何かしてくるなら、それは権力が単に悪いということであり、スルーしておけばいい。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信を書いているけれど、実際はデマばかり言われるので、気にしてはいない。 今日の相手は、深く考えず、短絡的に結論を出してくるが、こちらのことを言っているなら、全て間違い。その相手かどうかは分からないが、こちらを脳抑制できるらしく、記憶の想起が無理なため、ここ数ヶ月、繰返し言われたポイントを書けない。今日の相手、数ヶ月繰返し言われた、この2点は矛盾するが、くっついてくる相手が1人ではない可能性を示唆している。 相手は僕を守ろうとして倒そうとする者。 僕は誰とも闘う気はない。罠ばかりで、場合によっては味方に被害があるかもしれないから。 そういう配慮をしているのは僕だが、相手が僕を人のせいにする方だと言ってくるような状況。 なぜか運動神経のことをずっと言っていて、運動神経が悪くなるのを僕のせいにしてくる。僕自身は被害で体調がすぐれず、結果として運動などは嫌いだが、運動神経自体は悪くはない。ただ、競争心もないし、活動的でもない。頭の方も活性度が著しく落とされていて、同じ被害に遭えば運動神経が悪くされたかのようになるだろう。 このブログなどを書いていても、他のことができないため、長文になることも多いが、被害者以外にも分かってもらおうと書くこともあるからで、実際のところ脳の抑制度が高くて、ただ無駄に書き連ねているような感じではある。しかし、この被害がのちに表にでるようなことがあれば、重要な被害記録にはなる可能性はあるはずだ。 それにしても、僕を母とみせようとして、とぼけ続ける相手は何者なのだろう? その意図は何で、何故に気持ち悪いことをしてくるのか分からない。 それ以外にも、胸などを掻き毟りたくなるような、ビリビリとした電磁波の被害があって困っているが、(追記:パニック障害などであり、健康的には問題はない)そういうことを書いて利用されたくはない。一般には、脳抑制で心気症という言葉しかでてこない、…僕は、昔から精神医学や心理学の本などを読んでいるので、用語がどうしても出てこないようなことはないはずだが、ピンポイントで抑制される。(追記でパニック障害と抑制された用語を書いたが、脳抑制があまりに酷くて、どういう手法かはわからないが自分の脳内にその用語が存在しないかのような抑制がなされたので、ネット検索しようとしたら、スッと抑制がとれて浮かんできた。僕は生身の人間だが、遠隔地から脳をそこまで操る技術が存在するなんて、経験しなければ信じてもらえないかもしれない。脳操作に関しては、ブログやHPに具体的なことを書いていて、実際にできることは分かってもらえるかもしれない。)…相手は発達障害にしないかん、だとか、毎日、違う疾患や障害などを言ってくるが、僕は同一人物なので、相手の気まぐれでこちらが脳操作されて、非常に迷惑している。 くっついとるやつら鬱陶しい、というのは僕の意見か、誰かの意見か知らないが、今日の相手はとにかく気持ち悪い。同時に苦しい被害がある。相手は被害はなさそうだが、どうも相手は相手を自分自身と見せたいようだ。 しかし、今日だけはいつもとはまるで違う被害状態と、到底自分のものとは思えない、イライラとした性格の悪い感情状態にある。僕はマイペースで、感情の起伏がないので、いまの相手の脳同期だと、こんな気持ちで生きていたら、さぞかし生きるのは大変だろうと感じる。 ただ、相手は僕を知っているようだ。ネットで知ったのか、知り合いなのか分からないが、それならブログに鍵をして書き込んだりすることもできるはずだ。何故してこない。人工知能がディープラーニングで学んで撹乱でもしてきているのか? と書いたら、ばあちゃんや、と言ってくるが、相手は明らかに情緒的に未熟で若い。軽慮な感じで、いまのように瞬間的にハッタリを言ってくる。過去の他の人とはちょっと違うが、間接的にくっついていたひとかもしれない。この状況をどうにかしたいが、相手が分からず対応ができない。  ーーー 平成の治安維持法とも言われてきた共謀罪に十年以上前から反対している。日常的に権力が至るところで監視する社会なんかは望まない。 (追記:共謀罪の批判を書こうとしたが、脳抑制で記憶が飛んで、用語説明の方にも書いていることを、脳操作されたか、書こうとしたことが抑制されて、隣接領域のことを下に書きだしたのかもしれない。いまも抑制があって、書き難いのだが、共謀罪は不要だ。) ただし、米国はFISA法で世界中の盗聴を正当化してやっていて、昔からあるエシュロンや最近のウィキリークス及びスノーデンの情報で知られるように、同盟国を含んだ世界中のネットや電話などを盗聴している。検索サイトやOSなども米国製が世界を制覇しているが、情報が抜けることが随分前から知られている。当然のことなので、いまさらこんなことを書くことが問題とは思えないが、今後は注意した方がいいのだろうか? 僕にくっついている相手が誰か知らないが、僕をバカにし続けているのに、臆病で動揺や電磁波の嫌なものがくる。昔はネットでも雑誌でもテレビですら報じられて、何千万人が知っていたようなことを何も知らない相手が認識すると、いまの時代だと相手の臆病さから被害を受けるような、誰かによる監視状態なのかもしれないが、それにより抑制的になるなら、こんな被害は受けていないだろう。逆効果になっているのかもしれない。 音声送信は、エドワードスノーデンなんか関係ないようにみせないかん、と言っていて、でも電磁波の被害を受けたら、当然、関係があることは誰でもわかるので、過去にそんなことは書いていないが、僕は遠隔操作で罠に嵌っている。相手が臆病で抑制をかけると、僕はそれらを書いてしまうようだが、直前の当然、関係があることは誰でもわかるので、という表現でも、関係がある可能性は推測できる程度であり、僕は彼が電磁波兵器の利用をリークしたということは知らないし、あったとしてもそれが事実か確認する術をもたないので、分からないとしか言えないため、その表現は、遠隔操作されて書いていることが確実と思われる。 電磁波兵器は、過去に共和党の議員が、米議会で米国の敵に使うというようなことを証言しているようなので、そちらの情報の方が信憑性は高い。 何故に、死ぬかと思うような電磁波の被害を受けて、それでこんな状況においては危険なことを書かなくてはいけないような気分と遠隔操作をされるのだろう? 何者をモデルにした脳操作なのか? 僕が相手が臆病だと書いたら、今度は僕が臆病に見える脳操作がされたという文脈でもある。 被害があるから訴えているが、本来の僕の主張は格差是正にある。こんな状況はまっぴらだ。←まっぴら、という語彙が僕が使う種類のものではない。 脳操作被害。2012年に被害を受けて、2014年からネットで訴えるようになっている(@akejyは凍結されている)が、文を書いていて、ボキャブラリーがずっと少なくなっているのは、脳操作で僕の頭を悪くみせる戦略があるからだと思っている。 別に相手のせいにはしていない。 ずっと、権力が裏でやっている謀略の問題であり、自分を含めて他は皆が被害者だと認識している。被害者のなかには悪質な者もいるが、権力の謀略なしに、その状況はありえないため、やはり権力が諜報機関か軍隊を使ってしている電磁波装置や電磁波兵器などを用いた謀略に問題があると考えるべきだ。 音声送信が、この人のせいにしたのがオレらやったのに、オレらがこのひとのせいにしとる……、と言っている。この人が僕だろうけれど、後で僕をオレらの方に見せて、電磁波で苦しめることはもう止めて欲しい。そんなことをするなら、反省しなくていいから、何より人のせいにしないで欲しい。裏の謀略に問題がある。 とにかく妨害だらけで困っている。2012年より前までの、よくは分からないが脳抑制がある状態から、明らかにビリビリと分かる形での被害と、はっきりと分かる脳操作の被害がなされるようになっていて、これでは実社会への復帰は時間がかかりそうだ。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html) 遠隔操作被害について http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-36.html (注意)  ーーー 文が変になったりするから、読み返して修正するのだけれど、直前は書いた時にしか修正していない。書いたすぐだと、相手の脳同期があるので、十分な修正ができない。ただ、もし修正しなければ、いろんな人に操られていたことが分かるのだろうか?  ーーー 音声送信が、このひと効果ないから殺せれんもん、と言っている。ということは、圧力に屈して右傾化でもすると殺されるのか? そもそも相手は僕を殺そうとしているのか? 止めてほしい。僕は死ぬ気はありません。僕も誰も死な無い。  ーーー @furu_akihiroで、共謀罪を検索した結果。今年に入ってからの僕の書いた全関連ツイートです。 共謀罪への反対を書こうとしたら、脳が抑制されて無理な状態なので、単純な流れ作業でもできることを以下にした結果。面倒なので、枠はひとまとめだし、リンクなどは入れていない。 古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS @furu_akihiro
2017年01月09日(月) 今回の共謀罪は過去の何でもありとは異なり、企業や労組などを除いて、テロ組織に限定すると言われているが、テロ組織に限っても対象とする犯罪が広くて、テロ組織の定義だってどこまで限定的に運用されるか分からないので懸念はある。リテラのコラムを読んで、その懸念を大きくした。言論は大丈夫か?

2017年01月11日(水)
政府によると共謀罪は国連の要請かつ東京五輪におけるテロ対策の為らしいが、国連の要請は国際組織金融犯罪への対策のはずでテロ対策の為ではないし、テロ対策は既存法の範囲で可能という専門家の意見もあり結局は必要ない。
もし止められないならせめて適応を狭くしテロ組織の定義もより限定すべき。

2017年01月16日(月)
世の中が右傾化している。理念を言い難い状況は一部にあるのかもしれない。でも実際は右傾化しているのは一部のメディアだけで一般市民は右傾化していないはずだ。権力の主導で右傾化が演出されている。
政治は秘密保護法、安保法制につづき…まさか? さすがに共謀罪は不要だ。民主主義を守りたい。

2017年01月20日(金)
共謀罪。今のところ国会には提出を見送られているが、提出すべきではない。国連の国際組織犯罪防止条約に必要という説明は明らかに嘘で、現行法で十分といわれているし、他国も多くが既存法で対応したという。日本は犯罪をしなくても刃物を持ち歩いているだけで捕まる国だ。現行法で十分は常識だろう。

国連の国際組織犯罪防止条約は補足条約も含めると銃器や密入国、人身取引も対象になっているようだが、基本的には犯罪組織の資金洗浄を防ぐためで、特にテロを対象にしているわけでもない。国際条約を悪利用して共謀罪をつくりたがるのは悪質だ。共謀罪は必要ない。
連投 @furu_akihiro

2017年01月23日(月)
共謀罪はなぜ過去3回廃案になったのか http://smar.ws/Tr6ZK #スマートニュース

室井佑月「人の心まで管理する“共謀罪”法案のタチの悪さ」 http://smar.ws/xTa3o #スマートニュース

「共謀罪」4度目提出へ テロ対策名目 懸念変わらず http://smar.ws/DpqJ4 #スマートニュース

政府が国際組織犯罪防止条約を利用して作りたがっている組織犯罪処罰法改正案はテロ名目の共謀罪ということだが、国連の条約は国際的なマネーロンダリングを摘発するためのもので、テロ対策目的ではない。さっきのハフポスにもあったが、テロ対策なら、他の法律の改正で十分と言われている。

2017年01月26日(木)
対象の死刑や四年以上の禁錮懲役に当たる犯罪は676。うち政府が「テロに関する罪」と分類するのは167。4分の3がテロ以外。<等>は絶対不要
「共謀罪」法案 テロ「等」範囲拡大の恐れ 市民団体、労組、会社にも http://smar.ws/z2q9q #スマートニュース
この問題で嘘をついているのは政府の方であることは、関連する情報を客観的に捉えても明らかであることは知って欲しい。疑う人は国連の条約などを含めて調べて欲しい。 共謀罪「監視だ」野党反発 「五輪に不可欠」首相強調 http://smar.ws/9L1J0 #スマートニュース

共謀罪は必要ない。基本的には既存法で対応できると聞いている。そもそも国連の条約はテロ対策ですらない。多くの国も既存法で対応しているという。歴史に汚点を残してはいけない。
「共謀罪」の拙速な新設は、将来に禍根を残す http://smar.ws/JuouA #スマートニュース

2017年01月27日(金)
図が分かりやすいけれど、準備行為をしていない関係者までとなると悪質さがハンパない。安倍総理の気(理性)は確かなのか? 今はともかく、後世では検証されます。 共謀罪の審議優先 「成人18歳」の民法改正案は見送り http://smar.ws/FlYr6 #スマートニュース

2017年01月29日(日)
公明党がテロ対策なら容認というなら、「テロ等」から「等」を取り除かせるべきではないのか?
公明:「共謀罪」提出容認 党内調整「テロ対策なら理解」 http://smar.ws/BfHq2 #スマートニュース

2017年01月30日(月)
テロ等準備罪をテロとは関係ない国際法に準じてつくりたいらしい。「等」に規制目的の資金洗浄が含まれるならアベコベで姑息。
共謀罪は不要。取調べ完全可視化は必要。
共謀罪:維新の浅田氏「取り調べの可視化は絶対必要」 http://smar.ws/ny4Te #スマートニュース

2017年01月31日(火)
対象犯罪を絞って3百は多いし、適用対象を「組織的犯罪集団」に限定するにしても定義を解釈できないような縛りが必要だろうけれど、そもそもが共謀罪の類いは不要だ。 「共謀罪」外相が政府答弁を修正へ 対象犯罪限定へ転換 http://smar.ws/eSGLV #スマートニュース

既存法で対応できることが、刑法の教科書にも書かれているのに、 総理が間違った答弁でミスリードしているという問題。
「共謀罪」めぐり野党反論 ハイジャック目的の航空券予約「現行法で摘発可能」 http://smar.ws/jdMQa #スマートニュース

2017年02月01日(水)
与党がまともに答弁もできない。間違っているのに、国際条約の為という嘘まで国民について、共謀罪の類いを作ろうとする理由は何か?
「共謀罪」で金田法相の答弁が二転三転 民進・福山議員「こんなんじゃ質疑できない」 http://smar.ws/uE2dl #スマートニュース

既存法で対応できるので、共謀罪の類いは必要ない。民主主義の後退を容認できない。人権を軽視するようなことは恥ずべき行為であると認識すべきだ。
「オルタナティブ・ファクト」と「共謀罪と呼ばないトリック」 http://smar.ws/HtQ08 #スマートニュース

2017年02月02日(木)
権力による盗聴なんてとんでもない。検討する必要もない。共謀罪は不要だ。
合成音声が可能な時代に、冤罪が恣意的に作られないようにする仕組みの方が優先されるべき。
「共謀罪」捜査に通信傍受も 法相「今後検討すべき」 http://smar.ws/1Nols #スマートニュース

2017年02月03日(金)
過去のものほど危険でないからといって、共謀罪は不要だ。
国連の国際組織犯罪防止条約は、既存法の範囲でも締結可能と聞いている。なぜに共謀罪にこだわるのだろうか?
「共謀罪」の逮捕要件 首相も「準備行為必要」と答弁 http://smar.ws/KFg6B #スマートニュース

2017年02月04日(土)
普通の団体でも性質が変わったと認められたら対象となる可能性…テロ組織や暴力団、密売組織に限らず、市民団体や労組、会社も捜査機関の解釈次第
共謀罪に反対
「共謀罪」普通の団体も対象の恐れ「性質一変」の場合は法相見解 http://smar.ws/e1GRV #スマートニュース

共謀罪は国際基準ではなく英米法的。条約の国際会議では、共謀の犯罪化を主張する米英(特にアメリカ)とそれ以外で熾烈な議論。かなりの国が疑問を表明。
日本に共謀罪はいらない。
人権制限は「国際条約」、政権のご都合主義 http://smar.ws/HGv48 #スマートニュース

2017年02月06日(月)
共謀罪は対象の定義を曖昧にされると危険だ。司法取引で嘘の証言をされたら冤罪の懸念。通信傍受もこじつけられて濡れ衣をきせられるかもしれない。冤罪を作らない仕組みが必要。
「共謀罪」創設なら国民が過度に監視される http://smar.ws/idmXZ #スマートニュース

2017年02月07日(火)
もし民主的でない法律等が通る政治が続けば、今後こういった権力の問題を訴える民主的な動きは大丈夫だろうか?
憲法のようには法律を拡大解釈させない行政の信頼性はどうか?
国会前で共謀罪反対集会 市民団体、100人参加 http://smar.ws/1iQrs #スマートニュース

2017年02月08日(水)
民主主義のあり方にも影響しかねない法案の議論を不透明にしようとする問題。
与党協議会を見送る方向 「共謀罪」議論が一層見えにくく http://smar.ws/YoDOP #スマートニュース

民進、法相辞任を要求 「共謀罪」文書、菅氏拒否 http://smar.ws/ewJUV #スマートニュース

パレルモ条約は基本的にマフィア対策で、テロは対象外。共謀罪がなくても条約を批准できるように国連はわざわざガイドラインを設けてやり方まで書いています
政府がゴリ押しする共謀罪のワナ「戦時体制へ向けた取り組みの一環」 http://smar.ws/Mr1CD #スマートニュース

2017年02月15日(水)
それぞれの量刑がおもしろい。米軍基地でも懲役1年以下か罰金で、共謀罪で検討されている四年はコラムの範囲にはないみたい。共謀罪の類はいは不要だろうけれど。
「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入禁止リスト http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/post-6982.php… #スマートニュース

2017年02月16日(木)
十年程前も反対したけれど、共謀罪は国連の組織犯罪防止条約においても必要ないもの。五輪も関係ない。
マネーロンダリングだけ別手法で防げばいいのではないの?
「共謀罪によって生活監視される」 ペンクラブが反対声明 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017021602000124.html… #スマートニュース

2017年02月17日(金)
共謀罪には反対します。
それにしても、必要もないものを五輪など、国民が受け入れやすい理由を付けて説明するなど、政府が嘘をついてもいいのか、おおいに疑問を感じる。

2017年02月18日(土)
国再組織犯罪防止条約は現行法でも十分らしいが足りないところだけ補うなら277もいらない。新聞が一般人も対象の余地と書いていたがありえない。小泉さんでも止めた法律
「共謀罪」対象277に=政府、来月上旬にも法案提出 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021700922&g=pol… #スマートニュース

精神分析は科学? ( その他ニュース ) - 自衛隊の犯罪を斬る - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/14844113.html…
が開けなくなったのだけれど、僕が技術面を追えないので、いい人がいないかと思っていたら現れた人だった。もし共謀罪ができたらネットで話もできない。

2017年02月20日(月)
この表を見るときに、政府の側に嘘や論理矛盾が圧倒的に多いことを知らなければ、誤解するのではないか、という懸念を感じた。
「共謀罪」審議 誇張やあいまいさが目立つ政府答弁 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201702/CK2017022002000114.html… #スマートニュース

2017年02月21日(火)
現行法でも対応可能なのは事実らしい。運用次第では民主主義を守る組織が弱体化しかねない共謀罪は賛成できない。権力の問題を指摘できなくなる懸念。
民進、共謀罪反対の見解=「人権侵害の可能性高い」 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022101143&g=pol… #スマートニュース

2017年02月22日(水)
「準備行為」について条文で「資金または物品の手配、関係場所の下見その他」と規定する方針。「その他」が盛り込まれることで拡大解釈の懸念。
散歩で濡れ衣は嫌。
「共謀罪」拡大解釈の懸念 準備行為、条文に「その他」 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017022202000131.html… #スマートニュース

実際は五輪開催にも国際組織犯罪防止条約の条件でも必要ない法が、テロの懸念が低い日本でつくられようとしている理由が分からない。逆接的に将来に何もなければいいが。
1回だけ計画し準備行為、「共謀罪」対象外 法相が見解 http://www.asahi.com/articles/ASK2P4TKCK2PUTIL039.html… #スマートニュース

2017年02月23日(木)
「かつて3度廃案になった共謀罪と骨格は同じで、表現や思想の自由を侵害し、監視社会を招く恐れがある」
共謀罪はどう考えても不要。
新聞労連、共謀罪法案に反対声明 「自由侵害し監視社会招く恐れ」 https://this.kiji.is/207393074042553850… #スマートニュース

前日の疑い無い段階で団体捜査せぬの発言から一転。共謀罪の類は民主主義を守るためには絶対に受け入れられないものであることを示している。
捜査開始時期「一概に言えない」 共謀罪、金田勝年法相が答弁 https://this.kiji.is/207351802498106872… #スマートニュース

一般の世論調査とは異なる結果にみえるが、正しい情報を知ると意見も変わる。報道の自由の大切さが分かる。
【神奈川】共謀罪に反対148、賛成は6 横浜で市民団体シール投票 http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201702/CK2017022302000171.html… #スマートニュース

NSAは日本の侵害的な監視に踏込み、送電網やダム、病院等の物理的ライフラインと大規模施設にマルウエア(不正プログラム)を
共謀罪の狙いはテロ対策ではない! スノーデンの警告に耳を傾けよ 合法化される政府の国民監視 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50957 #スマートニュース

2017年02月26日(日)
「自民党は十年前にもっと絞っていた。」「現行法でも爆発物使用の共謀罪はあるし、殺人など重大な犯罪には予備罪・準備罪があるので、現行法や法改正で十分対応できる」
「共謀罪」法案 テロ以外が6割 テロ等準備罪内訳判明 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017022602000129.html… #スマートニュース

2017年02月28日(火)
選挙があろうと党利党略で決めるものじゃないし、どう考えても共謀罪は不要なので、与党内野党の役割を果たすべきだ。
共謀罪:3月10日閣議決定 公明、容認の方針 http://mainichi.jp/articles/20170228/k00/00e/010/204000c… #スマートニュース

巨大与党が野党や健全な市民の反対を押し切って力尽くでやっていく手法には賛成はできない。
「共謀罪」創設の改正案入手 罪の絞り込み根拠示さず http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201702/CK2017022802000130.html… #スマートニュース

昨日書いた個人メモから。
経験論と合理論
① 人間の認識は絶対的なものではないが、一神教世界ではそれとは異なる認識がなされていたために、哲学に様様な葛藤の跡がみられるようだ。

② 人の考えで数学などを用いて正しい答えが導き出せるという合理論は、一神教の価値観の影響があるのだろうと感じる。
考えで世界が分かるという発想があるから、世界を解こうとする試みも生まれたのかもしれないので、
RT @furu_akihiro

③ 一概にその優劣などはつけられないけれど、局所において数学的なモデルで世界を再現できたとしても、実際の世界を構成する要素は複雑で多様なため、数学的に正しい局所モデルを組み合わせるだけでは、徐々に実際と乖離すると考えられる。
RT @furu_akihiro

④ もし仮に、人の脳モデルと遺伝的多様性および環境の違いを数学で表現できて、それを70億人分、生態系などと共に再現が可能な、超コンピューターを使ったとしても、 RT @furu_akihiro

⑤ 例えば学校のクラスで同じ条件で双六ゲームをした場合、毎回結果が異なることになるのと同じように、完全な世界の再現が可能であっても、現状からはパラレルワールドのように分離していくだろう。
RT @furu_akihiro

⑥ だから経験論が正しいというつもりはない。合理論を前提としても、千差万別の世界の変化は観察でしか正しくは捉えられないということであって、
RT @furu_akihiro

⑦ それは同時に経験論的な認識の仕方でもあるものの、実際のところは世界の法則を人の理性が捉えられないというわけではないということになる。
RT @furu_akihiro

⑧ 何処までが人類の時間軸において、また、所属する世界において、普遍的なものかは理性的に導き出せるものの、その中における変化は常に予想が可能ではないので、経験的に認識することも必要だという、補完的な経験論の用い方が望ましい。
RT @furu_akihiro

⑨ 経験論が英米、合理論が欧州といわれるが、日本は長らくハイブリッドモデルを採用してきたので、今後もバランスをとることが我が国のアイデンティティとなるのではないだろうか。
あくまで素人の個人的見解です。
RT @furu_akihiro

⑩ 昨日のメモに追記すると、政府が国連の国際組織犯罪防止条約に共謀罪が必要だと言っているらしいけれど、国連でも英米以外は共謀罪を不要としているとのことなので、日本のスタンスは中間的から経験論の側の英米に近づいていることになるのではないかと感じる。
RT @furu_akihiro

補足 直前の意見は識者の書いたコラムなどを前に読んだことを参考にして書いている。
僕の知識も大したことはないので、経験論の英米法と合理論の欧州側の大陸法で、法体系と司法の関係は単純にしか知らない。日本は中間で議会は英国、法はドイツがモデルのはず。
RT @furu_akihiro

追記
外交安全保障は米国の影響下。
民主主義の統治における市民の立場の政治への反映はフランスに学びたい。
福祉と経済の両立はできれば北欧をモデルにしたいけれど、簡単ではないらしい。
こういう組み合わせが日本の飛鳥時代以降の伝統だと思う。
RT @furu_akihiro

国連の国際組織犯罪防止条約のための国内法の整備に共謀罪は得に必要ないらしいけれど、だから五輪のためのテロ対策という方便だった。共謀罪は不要ではないの?なぜ強引なことを?
「共謀罪」テロ表記なし=法案の目的曖昧に http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022801267&g=pol… #スマートニュース

監視社会は困る。民主主義をどのように守るかはこれからの課題なのに、それを共謀とされないような対応が必要になってしまうかもしれない。懸念は懸念で済めばいいけれど。
共謀罪「徹底した監視社会になる」 社民・又市氏 http://www.asahi.com/articles/ASK2X4SHYK2XUTFK00H.html… #スマートニュース

2017年03月01日(水)
「共謀罪」ついに姿を現すが、 「3回廃案の焼き直し」そのもの http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/conspiracy_b_15053952.html… #スマートニュース

2017年03月02日(木)
テロや国際犯罪から国民を守ろうという総論に反対する人はいないだろうとあるが、そんなこと日本で起きていないし、現行法でも対応可能と言われている。
噛み合わぬ質疑、飛ばされる論点 バランスを欠いた「共謀罪」論議 http://ironna.jp/articles/5894 #スマートニュース

前ツイートのとき、出てきたワイヤレスキーボードを使っていたけれど設定にもキーボードにも問題はないにも関わらず入力できないハッキング被害。愛国が嫌いなのは平和を望む普通の人。愛国を言うのは右翼。僕は普通の人。当たり前。政府が共謀罪にテロの文言を入れるって?…テロが起きなきゃいいが…

国際組織犯罪防止条約の締結が目的と聞いているが、それはテロを対象としているわけではないし共謀罪も必ずしも必要ない。日本にテロが発生する土壌はないだろうが政府の迷走の理由は?
共謀罪:「テロ」明記を検討 目的明確に http://mainichi.jp/articles/20170302/k00/00e/010/257000c… #スマートニュース

2017年03月03日(金)
ツイッターが正常に動作しないハッキング被害があり、これはツイログから書いている。だからツイッターの方はまともに他の機能が使えないため、ツイートするだけの状況。前ツイートでもタブレットの写真を載せようとしてエラー。
ここには書けないトラブルだらけ。
RT @furu_akihiro

ハッキングは明らかに人為的な嫌がらせでなされているが、ツイート自体は全て僕の書いているものです。ときどき、変な文字がひとつ入ったり、一文字消えたりしているのがハッキング被害。この国の政府は暇なのか? 諜報機関の練習相手にでもされているのか(笑)?
RT @furu_akihiro

日本政府もネットの対策や通信傍受の適用の拡大など、実際にどこまで法治の範囲か分からないが、裏で何をしているかわからないが、米国も期限が切れるはずのFISA法を更新すると言っている。外国を盗聴しまくっているのは米国。ハッキングだってどうだか…怒り。
RT @furu_akihiro

訂正
裏で何をしているかわからないが、
 ↓
裏で何をしているか怪しい。
遠隔操作被害がある。罠もある。ちょっと頭にきていて、関係ない人には、変なツイートが流れてきたら申し訳ない。
共謀罪といい権力には頭にくることばかりだ。不当な支配を許せない。
RT @furu_akihiro

冤罪の心配はないのか? 共謀罪なんか日本には必要ないだろう。
合意のみで強制捜査できず 共謀罪法案、法務省が見解 https://this.kiji.is/210001889456375287… #スマートニュース

2017年03月04日(土)
一般市民を対象にするような共謀罪は有り得ない。
【社説】「共謀罪」 市民監視の脅威となる http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017030402000170.html… #スマートニュース

2017年03月06日(月)
民主主義と報道の自由、思想言論の自由、人権は大丈夫なのか?
社説[「共謀罪」と米軍基地]抗議行動に適用の恐れ http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/87179 #スマートニュース

2017年03月12日(日)
共謀罪新設が不要な理由。
刑法77条内乱罪、78条内乱予備罪・内乱陰謀罪、79条内乱等幇助罪。81条外患誘致、82条外患援助、87条未遂罪、88条予備及び陰謀。113条放火予備罪、201条殺人予備罪。これらは破壊活動防止法第4条の定義でもある。
特定秘密保護法にも共謀罪がある。

2017年03月15日(水)
共謀罪により監視が正当化されるのは民主社会の危機だ。何の共謀も無いのに日常の行動を濡れ衣で予備行為扱いされるような冤罪を権力が目を付けた者にしない確証は無い。
「共謀罪」法案、日弁連が反対集会「監視社会に道開く」 http://www.asahi.com/articles/ASK3G73TBK3GUTIL06R.html… #スマートニュース

2017年03月16日(木)
立憲デモクラシーの会 「共謀罪」に反対声明 人権を制約しかねない刑罰権は必要最小限に http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017031602000133.html… #スマートニュース

2017年03月18日(土)
現行法で十分なので共謀罪は不要。マネーロンダリングの摘発をしっかりすればいいだけじゃないの?
国民監視をしても無意味。それより政府が情報公開を徹底すべきだ。
対象犯罪 矛盾そのまま 「共謀罪」与党審査検証 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201703/CK2017031802000149.html… #スマートニュース

「政府・与党は4月中に法案を審議入りさせ、6月18日の通常国会会期末までの成立を目指す」とのことだが、当然好ましくない法案なので社会と野党で何とかすべきだ。
「共謀罪」法案、与党手続きが完了 21日に閣議決定 http://www.asahi.com/articles/ASK3K55CQK3KUTFK00V.html… #スマートニュース

2017年03月21日(火)
政府の主張が目茶苦茶なのがよくわかった。
「共謀罪の閣議決定」と「国会答弁の羊頭狗肉」 http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/diet_b_15505466.html… #スマートニュース
共謀罪は論理的には不要だ。テロ対策は別の手法でも可能だ。 マネーロンダリングの対策である国際組織犯罪防止条約の締結には必ずしも共謀罪は必要ないらしい。 もしどうしても必要というなら、277という膨大な数の対象犯罪を、最低限のいくつかに絞り込んで、一般人が対象にならないような法的な対応をすべきだ。  ーーー 研ナオコ舞台中に骨折 梅沢富美男アドリブでつなぐ [2017年3月22日15時48分] http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1796038.html (引用) 歌手でタレントの研ナオコ(63)が21日夜に山梨県甲府市のコラニー文化ホールで梅沢富美男(66)との舞台「アッ!とおどろく夢芝居」上演中に転倒し、緊急入院したことが22日、分かった。この日、所属事務所がマスコミ各社に「右大腿骨頸部(けいぶ)骨折」と診断されたことをFAXで発表した。長期の治療を要するという。(ここまで引用) 昨日だったと思うけれど、うちの一番若くて大きい猫が後ろから足に跳びかかってきてツメをたてられた。その時は下手に抵抗すると、怪我をするのでそっと離れさせて、そのまま歩いたのだけれど、後ろで音がしたので、ピコ太郎のPPAPのダンスみたいに足の裏で牽制して振り向いた途端に何故か股関節が痛くなった。どちらが先か分からないが、関係あるかもしれない。ただ研ナオコさんは、テレビなどでもずっと拝見していないので、関係あるなら何故かは分からない。 以前に、舛添要一さんが股関節の手術をしたときに、同じように痛かったことがあって不可解だった。都知事選では左派系の野党候補を応援したので、なぜ舛添さんなのか分からなかったが、彼は昔はテレ朝系の朝生やTVタックルで見ていたから、何かあるかもしれない。何故、僕が苦しめられるか分からない。 それから、岡田克也さんが目の手術をしたときには、片目が一時的に見え難くなったので、それも不可解だ。彼は隣の三重県だし、支持範囲の民主・民進党の中心人物なので、都知事選で応援していない方という事例とは逆だが、僕の不調は誰かの不調の反映かもしれない。何故に、苦しめられるかは分からない。こちらからではなく、あちらからだと思う。 昨日はデイヴィッド・ロックフェラー氏の訃報があったが、その日のブログで、死の恐怖を感じて、自分が健康であることをアピールしている。101歳だと苦しみは少なかったのかもしれない。 12月の祖母のときは、やはり100歳なので、苦しくはなかったが、前日に音声送信で、ここ(入院中の病室?)におったらころされる、と聞こえたので、前夜に母に退院手続きができないか話をしていたら、翌朝に危篤でそのまま亡くなってしまった。入院する前までは元気だったので残念だった。 でも、何故にそういう実験で、相手の苦しみを送られるのか理解に苦しむ。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 今朝はシャーっという音がしている。 隣の部屋で母が咳をしているが、母は昔はニュースも見ないひとだったので関係ない。 僕は討論番組で2012年くらいまでは利用されたが、母は日曜に家にいないことがほとんどでみていないのに、討論でテレ朝系の人が聞こえた声は僕ではなく母だとしようとする声がある。僕は男女同権だとか格差是正の方。母は政治を知らない。ニュースステーションで久米宏という名前により母が仄めかされていたが、当時は毎晩、母はパチンコに(咳をしているが咎めていない。むしろ護るため。)行っていて、ニュースは見ていない。見ていたのは僕だ。そういう撹乱がメディア集ストにあり、母は何も関与していない。 僕の方では悪いものはなかったが、第三者によるらしき、もしくは権力の謀略による(咳が僕に移ったが、僕も母も悪いことは一切していない。) いま、本当に書こうとしたことを、「オレ」さんが妨害して、脳同期で僕の母のせいにしようとしたり、それを書かせて、「オレ」さんが誤魔化しをしてくるが、「オレ」さんが誰を意味するかは僕には分からない。人工知能かもしれない。 「オレ」さんが事実を認めると被害に遭うらしくて、その後にいつも嘘を言い出して、それが僕へのデマなので、いつも困っている。 シャーっという音だけなので、放っておけばいいのに、僕もお人よしで、自分に電磁波がないと、相手を守ろうとしてしまうが、この文脈だと、相手がまるで母のように見える遠隔操作の手法がなされていて、脳操作の相手が卑怯なことを書きながら感じるので、僕でも母でもないヤツがからんで、誰かもしくは何処かの組織の問題を、貧乏な我が家のせいにしようとしていることが分かり、それを記述するにも、一般には妄想的な内容でしかなく、書き出したら、こちらは罠を避ける程度のことしかできなくなり、目的の記述が不可能になる。 相手が誰かはわからないが、その相手の意思が反映して、日本語変換がおかしかったり、被害がこちらにあったりする。 母のせいにみせて僕を攻撃させる罠を相手がいましだしたので困る。 ネットにアップするつもりもなく書きだしたメモなので、利用はできないが、相手は利用しようとしている。卑怯だ。 「オレ」さんというヤツは卑怯者だが、間に人工知能があって、相手を斟酌して僕が不利になる。書かなければ、僕がふりにはならないらしい。相手のここには暮らしていない「オレ」さんを…… 別のこそこそ声が、へんたいはこいつ、と言っているが、うちには変態はいない。相手は、自分の変態性をうちのせいにしようとする卑怯者。ただ、僕も遠隔操作で被害があるので、説得力に乏しくなる仕掛けがされている。 相手は、気持ち良いことしとるだけのやつ、と言ってくるが、こちらは胸をかきむしるような苦しみの状況になっている。パニック障害という。 別のヘンタイのこそこそ声で、書こうとしたことが妨害され、脳操作でそれをメモしたくなって、メモする間に、目的が記憶から消された。 「オレ」さんは右翼だが、僕と接触して右翼が騙されているだけの側だと知ったらしく、左派のふりをするもの。それを僕に見せる戦略があるが、僕は昔から政治のことはよく分かっている。僕は中道よりでバランスをとる中道左派だった。逆に中道色のない純粋な左派からすると、お前が左派とはバカか的な反応があるが、もしかしたらその左派が聞いていたのが「オレ」さんの発言の可能性がある。別に僕が誰のせいにするつもりはなくて、こちら側の事実から、状況を推測すると、そういう構図が浮かび上がる。客観的に事実を浮き上がらせようとすると、誰かの嘘で妨害されてはいる。 政治情勢が左派系にふりになっているのに、左派だと言わなければいけない状況がつくられている。しかし、僕は中道色がつよくバランスをとるので、右翼左翼ではない。 こういった記述で、相手が何かに気付くのか、僕に電磁波の被害が来るが、こちらは非常に苦しいだけ。それを書いていたら、被害の種類が別にいくが、相手はセクハラをしている可能性がある。ヘンタイにこちらは殺されかけると感じるような被害を受けている。パニック障害などの一種なので、実際は健康です。 要するに、  記憶が消えた 記録しないと、記憶が消されてしまうので、記録しているが、そもそもがこういう内容では記憶が消えるため、こういった経験をもとに学習することが困難となっている。僕自身はどちらかというと、経験から学習する能力は高い方だろうから、脳操作の被害があることが分かる。 最近、文春新書で発達障害だとかサイコパスに関する本の広告があり、仄めかしとなっているが、僕が発達障害で相手の「オレ」さんがサイコパスと考えると矛盾しにくいが、実際のところは分からない。 ただ、少なくとも僕にサイコパスの傾向は全く無い。そういうテストを受けても、平均的な人より正常である数字がでる。 発達障害に関しては、実際はそれほどあるわけではないが、子供の頃からの電磁波の被害がおそらくあったことは確かだが、そういう風にみせられている可能性は高い。 たとえば、小学生の頃、成績は良かったのに何度か、担任に特殊学級に連れていかれた。僕に人間失格を読めと言った先生で、卒業時に皆に文庫本をプレゼントしてくれたが、僕には「生まれ出づる悩み」で、他の子のように読みやすいものではなかった。教師は子どもの成績や知能を把握しているので、僕はそれなりに知的だったということだが、こういう書き方だとサイコパスかのように誘導される脳操作があることがわかるものの、僕のことを頭がいいと思っていたのは教師と一部の同級生だけで、他から見るとただのお人好しのアホだったはずで、それは発達障害系があったから。もっといえば、テクノロジー犯罪技術を用いた長期の人体実験の対象であり、電磁波の被害を受けて、頭が悪いかのように見せられていたからであり、発達障害などが電磁波での人の選別実験か何かである可能性を感じる。 もしかしたらサイコパスの人の発言を、発達障害系の割と純粋な人のせいに見せようとしている裏がいるように感じるが、そのサイコパスの人が何か絡んでいるかもしれない。 以前にも書いているが、僕は人間失格やキッズリターンの人がいいだけの観察者もしくはストイックの方のキャラで、どちらかというとお人好しの観察者だった。もしかしたら、「オレ」さんが僕が彼である可能性を感じている人で、その人が実在するなら、その人はストイックの方かもしれない。ということは、そこには発達障害系の言葉通りにしかものを捉えられない人や僕のように元気がなくてマイペースの人間しかいないかもしれない。 上のヘアカットのときの写真からは、そうは見えないかもしれないが、脳操作で表情が悪く見せられている。誰かの脳同期かもしれないが、それらの技術は表にでていないので、罠を仕掛けられているのは僕であることが分かるが、これだけ大量の文章を残しているので、僕のキャラと人間性は、特殊な状況にあって正常を維持していて、人間的なところも誤解はされないだろうけれど、文章を読まないで雰囲気と印象で捉えるひとは誤解させられるのかもしれない。 音声送信が、負けずに書いとるのこいつやった、と誤解して言っているが、僕はだれかに負けないように対応するような行動傾向がまるでない。知り合いに聞いてみればいい。むしろお人好しで真面目で、すぐ騙されるような人間で(実際は知能は低くないので騙されるまではいかない)、競争心がまるでないため、よくいじられていたし、それを気にもしていなくて、むしろ、イジってこられるのは人間関係の潤滑油的な効果が発揮されるので、逆にありがたいと感じていた。 相手が負けずに〜しとる、という言い方をしているけれど、多くは脳操作、脳同期の技術の存在に気付いていないので、脳同期されて似たようなことをしている双方で、僕が脳同期の被害があると認識するところで、相手は負けずに〜しとると考えるのかもしれない。一般にはそういう技術は知られていないので、何が正しいかを検証する場合に僕に不利になりかねないが。 僕にときどき伝わってくる「オレ」さんの声は、もしかしたら人工知能につくられたもので、実際の相手が僕に伝わってくるような卑怯な者とは限らないかもしれない。場合によっては、弾圧されて相手がそれを回避しようとしているのかもしれず、そのときの対応が僕とは異なるのだろう。 相手は僕を嵌めようとするが、僕は自分を守りつつ、相手も守ってやろうと考えている。罠の回避の仕方が違うのは確かだが、それを第三者が別の手法で利用している可能性を感じていて、でもそれが何かが分からない。 権力は歴史的に理想主義者を迫害する傾向があるので、直接関わっている人たちは、理想的な夢想をする人や、純粋な人、疑うことを知らないがために騙された人などかもしれない。それらの人を、歪んだ形に見せるような、テクノロジー犯罪の技術実験があった可能性もあるし、それは他でもまだあるかもしれない。 僕が巻き込まれているものは、オバマ政権の間に裏の諜報機関がしていたようなものである可能性があり、結果としてはオバマ政権を悪く見せる方向に作用していたようなので非常に遺憾だったけれど、ということは、裏はオバマ政権ともちょっと異なるだろうし、我が国、彼の国のどちらかは分からないが、こんな技術を日本国内で使えるのは、日本か同盟国なのだろうから、撹乱があるのか、彼の国の内部が対立状態で、前大統領に反対する勢力が裏にいたのか、実際のところまでは分からない。裏に思えたのは、陰謀論に騙されて、割とまともな方を糾弾させられていた他の被害者だった可能性は当時から気付いていたが、被害者は騙されているだけなので、やはり問題はこの社会実験および人体実験にあり、そういうことをしている裏の諜報機関か軍隊の研究や謀略を、犠牲者を出すことなく止めてもらうしかないと思う。 音声送信が、知能が高いのは飛騨のひきこもりやって分からずに、またオレの方が知能が高いと言ってしまった…みたいなことを言っている。こちらは、何故か右足が勝手に動いて左足を撫でている。あちらでは何が起きているのか? 遠隔操作は止めてほしい。 どうも、何かの誤解をさせる罠に利用されないようにしたいが、くっついてきている相手が、何かを僕や母のせいにしようとしていたので、そこに関しては、僕も母も何も悪いことはしていないし、母に関しては何も被害関係のことを知らない。長男の僕が病んでいると思っているだけのようなので、巻き込みたくない。変換候補に過去に入力したこともない、巻き込みます、が出てきたが、さすがにそれをやった相手は許さない。 母子家庭でそだって、僕が潰れてしまって、母もパチンコばかりしていたどうしようもない人だが、それでも仕事をしながら育ててくれたし、教育などでの理解がない人で、そこはいろいろとあったし、僕が母と上手くいっているわけではないけれど、でもあの人は無知なだけで、わりと普通以上の善人であり、こちらは不幸のどん底だしどうしようもないが、僕が酷い状況にあるのも確かにしても、母だって非常に可愛そうな人であるから、母を巻き込むということは、何も悪くもない善人に被害を広げることになりかねず、そういう嫌がらせをしてくる相手は許さない。 日本語変換候補に、過去に入力したこともない言葉が出てくる場合は明確なハッキング被害であり、相手が人工知能か誰かの意思の反映か諜報機関の嫌がらせか知らないが、人工知能なら不要だし、誰かなら反省すべきだし、外国の諜報機関なら日本から出て行くべきだし、日本の諜報機関なら日本に諜報機関は不要だ。 日本は、企業の機密と、安全保障における最低限の機密以外は、全てオープンにして、勝手に情報を持って行かれても何も痛くも痒くもない状況の社会にしておくべきだ。 漏れては困る機密は最低限最小限であれば、護ることは容易なはずだ。 ただし、オープンの意味は、一般市民に対してオープンであるということで、その状況であれば、 …いま、この文章を書くときに、書くのと同じペース…実際はコンマ数秒遅れている…で脳に子どものような声を送られたが、僕のかねてからの意見を、別人の意見のようにみせるのは止めてほしい。何故にそんなことをしてきたのだろうか? 非常にリベラルな価値観(スウェーデンのような社民主義)を言っていたのが僕であることを誤魔化そうと裏がする意図は何か? 社民主義をリベラルと表現するのは、百年以上前の共産主義と社民主義が同じだった時代のドイツ社民党の…エルフルト綱領…2部に僕の主張が集約されているみたいなのでエロフルタ2とダジャレを書いているが…僕はエロ利用にみせられても何もしていない。こういう嫌がらせをするのは裏がそのカウンター勢力…保守勢である証拠。…ものすごい電磁波被害ヘンタイ被害があるが僕は望まない。裏の保守権力がしていること。僕にくっついているのが低知能でヘンタイな連中。相手はそれを僕だというが、僕は知識は妨害されて少ないが知能は低くはない。ただ、識者もからんでいるかもしれない。知能抑制はネットのヘンタイ専科の住人がいるからかもしれない。誰かのせいにするつもりはないが、僕は男だ! 相手はヘンタイ行為を即刻止めろ! …この綱領の前半は過激だとのことで、読んでいないが、そういった過激さには反対する。 音声送信は、この人にくっついとったのが、開かれた方だったバレとる…とか言っている。なんだろう? 書き直し 社民主義をリベラルと表現するのは、百年以上前の共産主義と社民主義が同じだった時代のドイツ社民党のエルフルト綱領の2部には思想言論の自由があるものの、しかし、オープンソサエティを主張し「開かれた社会とその敵」を著したカール・ポパーは、反共、反全体主義の人のようだから、スウェーデンがオープンで開かれた社会であるにしても、また社民主義が共産主義とたもとを分けた時代であっても、カール・ポパーがフランクフルト学派を批判したとあるので、 僕が書こうとすることを、相手は間違った先読みをして誤解している。相変わらずの抑制のなさから、非常に頭の悪さを感じるが、短絡的に僕がリベラルという用語を用いたわけではないことのこちらの気付きまでは拾えないらしい。 僕が昨日出した政治の図を参照にしたのだろうけれど、僕がリベラルなら、相手は、くっつかれてバカになっとると困っとるのが左派とすれば、こいつを殺せる、と言っている。これには2種類の見方ができて、僕を左派よりやや右のリベラルとすれば、僕が悪く見えるというもので、もうひとつは、僕がリベラルであり左派の一部なら、僕にくっついている保守系が悪くなる、という解釈。相手が左派とは思えないから、バカなことを言っている。脳操作があるので、悪意を言葉にすべきではないし、感情と思考を抑制的にして利用されないようにすべきだ。 という僕も、こんなメモを書きださなければ良かったと感じている。こんなことを書くつもりは一切なかったし、それにより他のことができない。誰かのヘンタイが、人工知能を介して変な文章を書く行為に繋がっている可能性がいまはあるが、単に撹乱されている。 僕がまともなことを書こうとすると、ヘンタイの誰かを使って妨害してくるが、やめて欲しい。そう書いたら、苦しい電磁波での妨害と変わったが、権力はただただ卑怯だ。しかも、誰かを殺そうと考えたヤツの誤解があって、その後に僕が書き進めようとしたから、被害を受けているのであって、権力だけでなく最後まで話を聞きもせずに誤解して先走った方にも問題はある。ただ、何処までが脳操作か分からず、こういう状況では権力の諜報機関が悪い。機関が聞かんと変換されるが、それならあなたが悪いとしていいのか? もう一度書き直し 社民主義をリベラルと表現するのは、百年以上前の共産主義と社民主義が同じだった時代のドイツ社民党のエルフルト綱領の2部には思想言論の自由があるものの、しかし、オープンソサエティを主張し「開かれた社会とその敵」を著したカール・ポパーは、反共、反全体主義の人のようだから、スウェーデンがオープンで開かれた社会であるにしても、また、社民主義が共産主義とたもとを分けた時代であっても、カール・ポパーがドイツ社会主義のフランクフルト学派を批判したとあるので、一見するとリベラルな自由主義と社会主義・社民主義が相反するかのようだが、どうもウィキペディアの記述を参照すると、カール・ポパーは社会主義をまったく知らなかったのか、誤解している可能性があることが分かる。社会主義ではなく、東側の共産主義の支配体制を批判したなら、西ドイツのフランクフルト学派を批判したということも解せない。 カール・ポパーに関するウィキペディアには下のような記述がある。 https://ja.wikipedia.org/wiki/カール・ポパー
純粋な科学的言説の必要条件としての反証可能性を提唱した。精神分析やマルクス主義を批判。ウィーン学団には参加しなかったものの、その周辺で、反証主義的観点から論理実証主義を批判した。また、「開かれた社会」において全体主義を積極的に批判した。

「開かれた社会」の敵の一つである共産主義、およびそれに関する一連の思想にたいしては、ポパーはまず、「物事は一定の法則にしたがって歴史的に発展してゆく」とする歴史法則主義あるいは社会進化論を批判した。また、弁証法を基軸とするヘーゲルやマルクスやフランクフルト学派などの思想も批判した。1958年にスイスの海外研究所で行った講演『西洋は何を信じるか』において彼は、「赤でも無く、死でもなく」と言って、断固、ソビエト連邦の政治体制を拒否し、これに反対してゆくことを訴えた。
カール・ポパーは、ヘーゲルの弁証法を、反証可能性から否定し、その過程でフランクフルト学派も批判していたらしい。反証可能性は僕も知っていて使った用語だが、誰の主張でその人がどういう人かまでは把握していなかった。用語とはひとり歩きするものであるため、往々にしてそういうことはある。 フランクフルト学派 https://ja.wikipedia.org/wiki/フランクフルト学派
20世紀前半に主流であったソ連型社会主義、スターリニズムとは一定の距離を置いて新しい形のマルクス主義を模索、一部は後に新マルクス主義と呼ばれる潮流の源流となり、1960年代にはニューレフト運動にも影響を与えた。

二代目所長のホルクハイマーはジークムント・フロイトの心理学を取り入れることを強く意識した(研究所所長就任演説など)。この結果多くの研究所メンバーがとフロイト派の心理学とマルクス思想の融合を試みた(エーリヒ・フロム、ヘルベルト・マルクーゼなど)。 フランクフルト学派は近代の啓蒙思想、合理主義に疑問を持ち、機械化が官僚主義やファシズムなど非人間的な体制をもたらす、と考える傾向が強い
フランクフルト学派の指導的な立場の人にアドルノがいる。思想入門レベルの理解では、彼の否定弁証法は、ヘーゲルの弁証法のように全てを一つに統合するのではなく、理性により抑圧された見えない可能性を想定するもので、論理的には独裁も近代の過度な合理主義も否定している。 カール・ポパーの著作が読めないので、彼が誤解して批判すべきでないところまで批判していると言いたいのが、自分自身の誤解があるかもしれず、同じことが自分にもいえるかもしれないので、正確なところは分からないが、少なくともウィキペディアの現在の記述はそういうことになっている。 僕は基本的なことから、相対的なところで、比較するかたちで、物事を理解しているだけであり、専門家でもないし、天才でもないので、前述のように細部に関してまでは分からないが、この手法でも一定の理解は可能に思う。ただし、わからないことが多いことも認識した上で、疑問点は頭のなかに留保するという態度が僕の学問に対する姿勢ではあり続けている。 だから、カール・ポパーが誤解していたのか、周りがそう理解したのかは分からないが、一部に詳しくても他を知らないで何かを批判することからの誤解は、基本を広く拾った方が少ない可能性はある。ただ、誤解は他に知識がある人の助言で補えるものであり、誤解をしないでこういった複雑な問題を最初から理解することは不可能であるため、誤解が悪いのではなく、それを補う言論の不足や、助言に耳を傾けない態度に問題があるだろう。 共同歩調をとれるはずの者が対立させられているなら問題の根は深いが、フランクフルト学派とカール・ポパーの相性のようなものは分からないし、難しい論理ほど誤解と噂がひとり歩きするので、僕にもそのところは分からず、できれば両者に詳しい専門家の忌憚なき見解を知りたいと思う。 要するに、リベラルな主張は社会主義や社民主義にもあるわけで、しかし、思想言論の自由を失って支配のためにイデオロギーを利用する権力の問題が理論とは別にあって、また、同時に識者の細部での主張の違いを、全体の主張への批判に転嫁して(空に自衛隊機が飛来。高速かつ低空かつ轟音…脳の先読みができるのは軍隊系か? それともより上位組織が自衛隊を操っているのか?)、イデオロギー対立に利用されると、格差の是正などができなくなる弊害があるので、それらが恣意的かどうかの証明は難しいだろうが、そういう手法で社会の発展を阻害されるのは、一市民にとっては迷惑なものであると言える。 別に、イデオロギー対立を煽るわけではなく、ただ格差是正と人権保護を言いたいだけなのに、弾圧や圧力がある。 自衛隊機が飛来するときに、コイツが…や、と言う声があり、一般人の誤解に見せて、論理的にまともな主張をする側を弾圧することをしているなら許しがたい。そもそも、僕の主張に問題があるとは思えない。 それにしても、僕は格差是正や開かれた社会により独裁がない人権が守られる社会を主張したいのに、妨害や弾圧を僕の方にするように仕向ける者がいるのなら、それは本当に問題だ。 (簡潔に書きたいのに書けないのは学術分野においては知識の不足もあるが、それ以上に妨害があるから。被害は説明がどれほど長くても説明不足で誤解されかねないもの。どうしようもない。相手が消す消さないを気にしているが、その意味はそれぞれの状況によって違うだろうし、かつてはこういう干渉はなかったので、手法の問題でしかないと感じるが、何故にこうなったのか? 巧みな弾圧手法が用いられている。何もなければ、僕は無害な存在だ。音声送信が、この人のせいにしなければよかった、と言うが、そのときに脳操作で舌がちょっと動くので僕をのっとる手法がされ、僕の意見みたいに誰かに思われたような気がしたら、10:05にここを通過する一分近く前に遠くで警笛がするので、僕ではないと書いているが、警笛が鳴らされたところの誰かが関係しているということはさすがに無いかとも思うが、こういう裏の技術を用いた手法で、僕がおかしいひとと思われてしまう。) 気になったのでアドルノを調べてみた。 https://ja.wikipedia.org/wiki/テオドール・アドルノ アドルノはどうも、ナチス下にあってユダヤ人系であり、弾圧をおそれたのだろうか、ナチスに迎合した時期があるので、それで追求されていることをいま知った。 彼をナチスに迎合したと追求する側も、彼の知性は認めつつも、ユダヤ人と左派への弾圧があるときに命の危険を感じたのか、迎合しつつすぐに亡命した彼が、一時期迎合したがために、それ故に踏み絵に利用されているようで、戦後にナチスを批判した思想家の評価は踏み絵を踏んでいることもあって、そこは権力の裏の手法に対する問題意識として、後世に検証されるべきものかもしれない。 結局、上手く左派の影響力をそいでいるので、権力が悪質なのが分かるが、それは東西陣営の対立の結果なのか、国内でのイデオロギー対立も含むのか知らないが、左派をナチスに迎合した右翼だという評価をするような、リベラル系の思想家の問題があるなら、そういう罠は姑息で悪質なので気をつける必要がある。 また、自分がその罠に嵌らないように、または、利用されないようにしたいし、僕の状況では、その罠に嵌ってもおらず、罠に利用されてもいないが、僕は家にいるだけなので、権力の犯罪ではどのように見せられているかも分からず、デマなど音声送信などで流されていたりするかもしれないので、こちらは何も悪いことはしていないので堂々としていればいいと考えている。 前述のアドルノに関する記述でも、僕は論理だけから、独裁を否定した理論として捉えていたが、彼がナチスの弾圧を恐れて一時でも迎合していたことは知らなかった。 脳操作がなければ、そういう複雑な状況をりようして、こういう罠を仕掛けることは不可能ではないか? 念のため書くけれど、僕が右派に迎合することはない。またリベラルで中道左派ではあるが、左翼でもない。左翼を否定することも罠に利用されたくないのでない。 僕は前述したようにお人好しの面があり、弾圧がない状況では、気前が良くなって保守派の主張も、良い方向に向かえばいいと考えて一部容認したりもするが、それは迎合ではなく多様性の容認であり、迎合であれば右派からの弾圧に抵抗したりはしない。被害があるから、本質的な加害側の批判をするのだが、さすがに1人で権力と闘えるわけもなく、闘うつもりはないが、被害は訴えるという立場で居続けている。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 上の内容をアップした後に、音声送信が、これじゃあ飛騨の人間があたまいいことにされてしまう、と言っている。 相手は僕になったつもりだが、僕が飛騨の人間であることを知らない。 また、相手が僕にバカなことを言って、それを僕のせいにしている者である可能性が高いのに、僕の親戚も飛騨の人間なので、こんどはその人を念頭に入れるように脳操作してきた。 同期グループが識者だったのは2011年までで、いまは一部にまだ残っておられるが、僕も識者ほどの知識はないが、彼らと知識を表層で共有しても、総論賛成各論反対のような脳同期が続いていたので、問題はなかった。 2012年から脳同期のグループに変な方が多く入り込んできて、それでこちらは困惑状態にある。しかも、知的に大きく抑制されてから、ネットに記述できるようになったため、僕が誤解されるような罠が大量に仕掛けられていて、どうも、穏健な左派系(ようするに公平で平和な社会を望むだけの無難な市民)の一般人を、右翼か陰謀論者に見せて、加害者が保守系であることを隠しての弾圧がなされる傾向がある。 僕の世代が第二次ベビーブーマーであり、人口が多いので、電磁波でわからないように弾圧されひきこもらされたりしている。しかも、ひきこもりの対象を年齢で区切る誤魔化しを政府がしているので、変な形でやられないように注意している。 誰かが僕にくっついてきたり、離れたりしたときに、電磁波の被害があったり、セクハラがあったりするが、僕はそういう状況を望まない。 僕をおかしくみせる手法がされているので、長文だけれど、誤読しないように読んで、変な風には思わないで頂きたいが、こういう弾圧被害下であるため、理解はされ難いと思う。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。 (用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー 上の文章のポイントを、あとから太字にしていて気付いた。 「主義をリベラルと表現するのは…」を何度も妨害されている。 その後にまともな意見を書いている。 ただ、相手は社民主義をリベラルと混同させたのを僕だと思わせるために、脳操作をしてきた可能性があり、それは、抑制がとれてから読んだときに、僕がこの書き出しを書いたの? という疑問が生じたからだ。 マルクスを発端とする社会主義や社民主義とルソーを端緒としたリベラリズム(自由民権運動)は、一見したときの一般レベルの政策や主張は似ているが、論理的根拠はまるで異なる。(たいしたことは書いていないかもしれないが、過去にも違いは頻繁に書いている。政策的に共有できるところも多い。社民主義とリベラルが重複し、リベラルと保守穏健派が重複し、保守穏健派と保守タカ派が重複する。保守タカ派が革新保守の場合は社会主義と重複する場合がある。) しかし、時代が進歩して、両者は近づいているはずで、それはマルクス主義の角がとれて、民主主義のなかで平等を実現する方向になっているから。 ただし、民主主義は市民レベルでは発達しているように見えるのに、昨日の朝日のオピニオン面で知ったが、司法という専門家のレベルでは、現在は一部において戦前よりも検察の力が強くなっており、現在は普通に証拠にされて冤罪の山を作っている自白調書は、戦前には重要事件では証拠採用できなかったとのこと。起訴されての有罪率も現在のようにほぼ100%ではなく、戦前は3%程度だが無罪があったらしい。 社会は一部で発展しつつ、一部で後退している。 その全貌を、完全に公開され安全な場での議論により浮き上がらせて、誰にでも分かるようにしてもらえたら、社会は民主主義のちからで発展するが、報道の自由が抑制されているような現在では、簡単ではないのだろう。 170324 今朝の音声送信は、シャーっと鳴っている。 (他の被害者の人の訴えのチェックをしなくなっているので、それが何を意味するか分からないけれど、皆が僕を嫌うらしいので、とはいっても、僕もヘイトスピーチやしばき隊を嫌うので、それは普通の常識的な観点から差別に反対する面と、陰謀論の嘘と悪用に気付いているからであるが、僕が彼らを寄せ付けないようにしている部分もあるかもしれない。ただ、最近の彼らの主張が一般化していて、差別的な人も減っているように思えたので、それでも接触できないのは、やはり裏による操作か何かがありそうで、同時に僕が彼らに接触することが彼らにとっては良くないというような印象操作をされることもあり、結局は僕は孤立化をまるで自発的かのように選ばされている。これを書いたら、また、何かを引き寄せてしまったかのように、誰かがきて、電磁波被害が悪化している。だから、関わらないようにせざるを得ないということもある。もちろん、脳操作もあるだろう。) 昨夜はサッカーを見たかったが、深夜だったので寝てしまった。快勝だったらしいが、大迫が怪我をしたと報じられていた。 昨日の朝日のオピニオン面は、改憲に対する中道と保守の意見で、何故、朝日新聞が読売みたいになっているのか? と疑問だったが、今日の内容は、民主主義と司法と経済活動に関するもので、ある訴訟に関する内容だったが、論説委員がインタビュワーをしていて、内容はいかにも朝日という感じだった。民主主義を高度なレベルで実践するにいは、現実的には様様な工夫とチェックが必要で、それを考えさせる良質なもの。 何故かシャーっという耳鳴り。 昨日の朝日も、改憲に反対する人がでない異常な状況で、中道と保守派だけでなく、もう少しリベラルな、もしくは左派系の人の意見が掲載されれば、バランスがとれているとは思った。公平性という観点から、安倍政権に配慮し過ぎていて不満だった。 今日のオピニオン面は良かったが、ジビエの話題は、識者の投稿だからともかく、僕は野生動物の殺生を好まず、里と山の間で干渉が起きない新しいアプローチをするべきかと感じる。例えば、人間には聞こえず無害であるが動物には聞こえて不吉な感情を生み出すような超音波などを用いることができないか、人には立入禁止の注意書きをして、恐怖感を生み出す電磁波を用いるなど、電気柵より効率的な手法もあるかもしれない。 ただ、今日のオピニオン面で至るところに名前の仄めかしがあって、世の中に存在する名前と、自分に関係した人の名前の組み合わせで、これほどの一致率が複数であるのは、スマートニュースのトップのところに出てきた名前も含めて、数学的にはあり得ないものであろうから、関係妄想ではありえず、ユングのシンクロニシティ(共時性)を用いたような謀略があることが分かる。 おそらく、裏で人の管理実験が行われている。実験というより既に実践段階にあるようにも思える。朝日さんと同じ被害を受けていると考えても、それほど間違った認識ではないと思う。当然だが、権力の目的は僕ではなくメディアであれば朝日さんなどであることは、書かなくても分かると思う。僕の場合は被害の状態が可視化された(映像送信の被害は皆無であり、電磁波を受けた感じや音声送信があるという形で被害を知るようになった)ので、文字化することが可能なだけだ。 もともと、意識への介入があって、それは自分の意見だと思わされる脳操作が不随していたが、20年以上前に務めていた病院を辞めるときにあった、辞めてやる、という音声送信は自分の意識とは感じられず、先輩が言ったのだと思っていた。ただし、その後に動けなくなる被害を受けて、退職せざるを得なくなっている。 それでは、二十数年前は意識への介入がなかったかというと、その少し前に、自動車免許を取得する過程で、教官と自分が入れ替わるような被害を受けているし(過去に記述している http://akejy.blog.fc2.com/blog-entry-22.html の㉛〜㉜ ここには簡潔に他のことも記述している)、中学のときに書いた木版画に何故か目をたくさん掘っていたりする(HPの「天の声について」参照)けれど、米国の一ドル札にあるプロビデンスの目のことなど全く知らなかったので、意識に介入されるような操作は30年近く前にもできた可能性はあると感じる。 こういった変な被害状況には2012年まで気付いておらず、ただ、メディア集ストに関しては2006〜7年に気付いて対応していた。そのときも操られていた部分があったり記憶が消えていたりすることには気付いていなかった。 2013年末以降はフロイトの変態的な理論を用いた、変態的な電磁波謀略も経験したことがある。それと関係あるか知らないが、僕にエディプスコンプレックスは無いのに父は早世(1980年)している。 フロイトの文脈だと、ラカン関しても謀略でその理論が利用されていて、電磁波兵器により双極性障害の躁状態(気分の異常な高揚)のような状況をつくられたりもしている。
鏡面像段階=乳児期のバラバラだった自己が統一された段階
 ‖
想像界………母のもとでの主体S(≒幼児的全能感) ←対象a
 ↓
象徴界………父や大文字の他者(固有名詞)との関係が生じたことにより、母性に支配された自分1人の万能世界における主体Sが打ち消されたあとの、社会との関係性における主体S1 
 |
現実界………象徴界(実際の世界)において、何らかの挫折などから自己の統合性に危機が生じて、かつての安全で有能感がえられた主体Sへの羨望が対象aとして認識される状況において垣間見える虚空の世界。その状況では精神を病む可能性がある。
他の被害者も同様な躁状態になる手法を受けているのは、彼らの被害の訴えからも分かる。ただ、僕の場合は底辺に落とされて、何もかもが上手くいかない状況だったので、躁操作をされても、自分を天才だとか特別だとかはどうしても思えず、代わりに天才って何なのだろうという疑問から、それに関する本を数冊読んだことが昔ある。 鬱操作などで人生の挫折を経験させられたあとに、躁操作がなされた場合、上の構図における対象aを求めたかのような万能感が到来したかのように感じても、それは実在しないため、ラカンの分析のような精神を病む方向に誘導されるということだが、それを人為的に電磁波兵器を用いて実験か弾圧か何かでなされたことは確かだと感じている。
ちなみにかつての僕の受けたのは双極 II 型にも満たないような軽躁状態で、他の遠隔操作などでも同じだが、裏が僕にする脳操作があっても、こちら側で常に調整や修正を自分の中で繰り返しているため、遠隔操作する側が期待したような病み方はまったくしていない。同様に、政治的な右傾化操作がなされても、その瞬間だけで、僕自身は右傾化していない。 要するに、操作側が操作した範囲で僕を認識しても、僕は一時的に操作された後は、すぐに元の自分に戻っている。 だから、自殺などはいたしません。 これをアップしようとしたら、電磁波のビリビリとした被害がある。アップしないと止まらないのかもしれない。貴重な被害者の訴えでもあるので、一応はアップしておきます。それ以上は電磁波を送らないで欲しい。 なるべく、被害を最低限記述するだけにして、文章は書かないようにしたい。逆効果にする被害操作は無し。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 音声送信はおそらくヘイトスピーカーなどの右翼系の謀略で、朝日(本来は中道左派)を僕に読ませたくないようだが、朝日に来させちゃいけなかった、と言っている。 地方紙や毎日新聞では無理だったので、朝日を読めないなら赤旗ということになるが、自衛隊機や警察のヘリが飛んでくる状況で赤旗をとれるわけがない。裏利用があるので、新聞を読まないのは悪用されるため危なすぎる。 他の被害者が過去にヘイトスピーカーの方の在日の人やカルト系を攻撃する人たちだったので、僕はそちらではなく誤解か何かで電磁波被害を受けているが、他のかつて集団ストーカーの被害を訴えて市民を攻撃していた人たちとは明確に異なり、はっきり言うと逆の人間なので、被害を受けていながら他の被害者と連絡できないのはリスクもあるが、自分の状況を考えると、そちらとは関係できない。 ちなみに僕のせいでくるったという音声送信がときどきあるが、僕が接触したのは、電磁波犯罪と集団ストーカーという被害を受けていた人たちを検索してのもので、最初から世間一般でいえば精神疾患という扱いがされる人たちであり、彼らに病識がなかったのは確かだが、僕のせいでおかしくなったというのは大きな誤解だ。 2012年に被害を受けて、同じような被害者を探したものの、僕に近い人たちは僕を避けた(脳操作で避けさせられていた)ようだし、接触できたのはまるで正反対の右派系、ヘイト系の価値観の人たちだったので、最初から僕は味方に接触できないようにされていた可能性が高いが、当時は彼らが政治主張をしておらず、ただカルトや在日の謀略と批判を言っており、僕にはそれはCIAの戦略が背景にあることを誤魔化して批判し主張しているのだという風にしか見えなかった(10:36ヘリ飛来 近くに待機しているわけではないとは思う)のだけれど、どうも彼らはそういうことにも疎いらしく、ただ差別的な発言を繰り返していたみたいな人も多かったようなので、どうも自分とはまるで逆だとは感じていた。 僕はもともとがリベラル系の中道左派で多様性を重視するため、価値観の違う相手とも接触することに抵抗はなかったが、どうも戦略が裏にあって、逆に自分がだんだんと味方(中道左派)に接触できなくされていった経緯から、他の被害者とは接触しない方がいいことに気付いたけれど、もしかしたら手遅れなのかもしれないが、時間をかければ、状況はまた変わっていくだろうと思っている。
目次へ




 2017/03/25/ 170325〜 の被害記録 (僕自身はまともだが、政治には裏があり困る。■注意■)

AUTHOR: akejy(古谷彰浩)
TITLE: 170325〜 の被害記録 (僕自身はまともだが、政治には裏があり困る。■注意■)
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 陰謀ではない
CATEGORY: 陰謀ではない

DATE: 03/25/2017 11:10:12
-----
BODY:
僕のおかれた状況は、プロフィールの◆はじめに◆を読んでください。
(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)

電磁波兵器を扱えるのは兵器だけに軍隊だろう。日本なら自衛隊になるけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊や警察などの公務員による拷問は憲法で禁止されている。

日本国憲法
第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

海外の諜報機関や軍隊なら、日本は独立国であり内政干渉は止めるべきだ。何人であれ人権は尊重しなければいけない。






170325

今朝はビリビリ系の電磁波被害。シャーっという音はない。

昨日、音声送信が全部僕のせいにするというような無茶なことを言っていたが、僕に何ができる? 何もできない。何もしてない。政治なんかも僕のせいなら、世の中は左傾化していまより平等になるが、実際のところはなっていない。直接的に政治(政治家)に関わるつもりは無い。

今朝は、お前のせいだ、と言うデタラメな声があったが、その前の相手の主張が僕とはまるで逆なので、僕のせいではそうはならない。相手はお前のせいというだけなので楽だろうが、矛盾だらけ。こちらは、論理的にも実際的にも、僕ではない、と答えていて、僕は誰かのせいにはしていない。

ただ、苦しい電磁波の被害がある。体調はすぐれない。相手が誰かは知らないが、人工知能でなければ、どちらにしても、権力は誰かを精神疾患などに見せて弾圧しているし、その電磁波技術を用いた仕組みが卑怯だと思う。

音声送信が、闘うと苦しいかと思ったら…、と言っている。闘わないと苦しいということだろうか? こちらは闘っていない。だから苦しいのか? 闘っても後で苦しくなるだけではないのか?

そういえば、さっき、音声送信で、僕の声の意見の異なるニセモノがいて、同時に僕の考えをちょっとずらして言う年寄りっぽい声があった。しかし、その構図がずっとあるわけでも無いようで、元の戻ったり、別の手法になったり、何者かが声を誤解するのか、組み合わせがメチャクチャになっていたりする。だから、誰にも攻撃をしてはいけない。

ただ、攻撃をするという行為が何をすることなのかは、僕には分からない。

こういうことを書いていたら、被害が悪化して苦しい。胸を掻きむしりたくなるようなパニック障害の類いの苦しさ。ビリビリという振動が混じる被害もある。困る。

 ーーー

僕が考える理想と現実

相手は僕に、家にいるだけで世界を支配しているのは…、と変なことを言っているが、どういう誤解なのか知らないが、僕にそんなことができるはずがない。

僕にそんなことができるなら、共謀罪など出てこない。安保法制も違憲なのでない。軍事産業化もあり得ず、非軍事で最先端の分野を開拓する。技術が秘密にされないので、民間が潤い、社会が発展する。

(そういえば、プラズマテレビが無くなって、液晶もしくは有機ELだが、プラズマの美しさと高速の動きへの対応は秀逸で、なぜ消えたか不思議だ。プラズマだけに別の応用がなされたとかはあるのだろうか? 優れた技術が失われるのは惜しい。)

もし、僕に権限があるなら、近い将来、日本は週休3日で一日の労働時間は6〜7時間になる。残業も1日に2時間以内(通常の労働時間が少ないので問題ない)、それ以上はさせない。サービス残業は禁止と罰金。人の労働時間が減る代わりに、ロボットと人工知能、IT化を大きく導入する。事務作業や単純労働は人が関与しなくなる。その分、ワークシェアリングと時短労働ができるようになるということ。労働時間が減っても生産量は同じなので時給あたりの最低賃金は大幅に引き上げる必要がある。

ベーシックインカム:人口を1億2千万、世帯数を4千万として、1人に毎月3万円、一世帯に毎月3万円で計算すると、各43.2兆円と12兆円で合計55.2兆円。高齢者世帯の基礎年金は3万円を追加。現役世代は、家賃の安い住居を選べば、ちょっとバイトするだけでも、なんとかぎりぎりの生活ができる。ちょっとバイトをするのが、結局は正規の就労になるかもしれないが、生活保障としての最低限のラインを、生活保護のような門戸の狭い申請をしなくても得られるので、差別問題も解消する。現状の国家予算が、一般会計で百兆を下回り、特別会計が百兆を大きく上回るので、合計で2百兆円を超えるが、控除の見直しなどを含めれば、55兆円は可能な数字。現状の損得よりも、何かあって社会の底に落ちても何とか生きていける保障を優先すべきだし、制度設計を上手くやれば理解は得られるはずだ。

障害があったり、就労困難な状況では、別途手当をして、そういう人たちの現状で得ている権利は保護する。

教育の完全な無償化に必要な予算は現状に追加して3兆円なので、それは確保する。
(通信教育も含め教育は無償。ベーシックインカムもあるので、学びたい者は好きなだけ学べる。)

医療保険、介護保険は維持するが、税制に移行する。企業の社会保障負担を社会保険料から社会保険税にする。

年金制度は、予算の許す限り、現状を維持する。

平和主義も維持する。

全ての拷問を禁止する。冤罪を問題視し死刑を廃止する。犯罪被害者の人権と生活を保障する。差別は禁止する。

人権は守られる。思想言論の自由は公共の福祉に反しない限り徹底する。公共の福祉は人権衝突を回避し基本的人権を尊重するという観点を最重要視する。

社会はオープンになり、公は隠し事ができなくなり、一般レベルでは人権侵害は可視化されたなかでできなくなる。

プライバシーとオープンは相克があるテーマだが、プライバシーは一般では守られているように思えるだけで、実際は現在の技術水準では、何も隠せなくなる。企業ごとに規制を入れて、生活情報やネットの情報はそれぞれの企業に留まったとしても、裏はハッキング技術で筒抜けにするかもしれない。OSなどの技術を持っているところの自由になる。現状では大量の情報を処理できない状態だろうが、将来的には人工知能が人間の知性を大きく超えるので、統治のためには権力は予算をいくらでもつけるだろうから、全ての市民が権力に対して丸裸になるだろう。その状況で、相互に市民間でプライバシーを守っても、それは権力にとっては都合がいい状況ができるだけということになりかねない。よって、思い切って全ての情報をオープンにした方が安全かつ健全ではないか? もちろん、だれかに監視されているような妄想気分に陥る懸念もあるが、かつての日本社会が障子とフスマでできたオープンな家に暮らしていながら健全だったこともあり、大きな問題にはならないと思われ、また、こころの問題には別途、人権を尊重するかたちでの対応が可能である。

三権の分立を徹底し、それぞれと企業の不正を厳格にチェックする機関を設置する。また、その機関の健全性を確保するための別の対応もする。

内閣法制局を内閣府から分離し、憲法裁判所を新設する。

選挙は民意を反映する比例選挙制度を前提とする。選挙期間は半年以上、投票率は7割以上にしなくてはならず、また、各政党、各候補者の主張は、公平に報じられなければならない。首相の解散権はなくす。

現状の硬質憲法を維持し、改憲は簡単にできないようにする。

上下院は維持する。(一院制にはしない。)

象徴天皇制を維持。

緊急事態条項は不要。

主権は常に国民にある。

憲法のことみたいになってきたが、記述してないところは、基本的に現行の日本国憲法を尊重する。

(追記:に準ずる、と書こうとしたら、瞬間的に記憶が消えて、を尊重する、という言葉にした。時間が経過してから、抑制がとれて出てきた。相手の認識や語彙に合わせられるのか、相手が僕の考えを訳す言葉に僕が部分的に乗っ取られるのか、何かがある。)

 ーーー

9:24 JR東海の警笛。上の内容(死刑廃止の記述のあとだった)に抗議するように見える行動の意味は何か?

 ーーー

余談:
昨日、逆襲のシャアを読んだ。君の名は。では隕石(引責?)から住民を救うらしいけれど、逆襲のシャアではアムロが、シャアによる地球に隕石(引責)を落とす作戦を止める結末だった。30年近く読めなかったものを、やっと漫画(税抜き333円だった。他にも仄めかしがあった。)でサーッと読めた。今年度(2016年度)の日本人のノーベル賞が自食(辞職)作用だったので、年度末に誘導されて仄めかしされ、もっとテレビを見ておけば良かったと思った。くっついている人?が妨害してくるので、どうしようもなかったけれど。(裏に何があるかは全く不明だけれど。)

 ーーー ーーー ーーー

僕が何かを読む。そのときに音声送信が、この人が読んだものに文句を言うのがアキヒロなんやぞ、と言ってくるが、僕がアキヒロで、そのとき僕がネットコラムの見出しをサーッと読んでいた。抑制もあるので見て理解するだけで精一杯な状況であり、何も考えていない。何もしていないのに僕は苦しんでいる。それがダメージが伴うものか、脅しか、実際は分からない。空がゴーゴーと唸っている。何も攻撃しないで欲しい。苦しいんだけれど。

余談として書いたことが気に入らない相手が対策を講じてきたように思う。

相手側の対策として、僕の書いていることに従えないから、外すということを言ってくるのだけれど、僕は多様性と言論の自由を尊重する側であり、意見の強制は一切しない。もしかしたら、相手は僕をビッグブラザーか何かに見せようとして縛られているのではないか? それなら陰謀論者だろう。ただし、僕は独裁に反対しており、ビッグブラザーであるわけがない。

この状況って、改善できるのだろうか?

死ぬつもりはありません。自分を含む全てが健康であり続けることを祈る。

  ーーー

13:44 JR東海の警笛。

JRの運転手さんに何かがあるのかもしれないが、彼らは仕事ができる状態であることは確かだ。こちらは命の危機を感じるレベルの被害を受けている。生活の制限も多い。苦しくてほとんど何もできない。キーボードが打てるだけいいくらい。何年もこの状況だが、最近はちょっと酷い。パニック障害のレベルなのか、実際に何かがあるかは分からないが、前のブログに掲載しているように、食生活は健全なので、死ぬようなことがあるわけがない。

4年半前に電磁波の被害で死ぬかと思ったときは僕は、皆は助けてやってくれと言っていたが、いまの相手は死ぬわけではないとは思うが、人のせいにしたり嘘をいってきたりしている。相手の状況は分からないが、僕も苦しい。僕は苦しくても、そういうことは言っていないが、どういう経路か分からないものの警笛を鳴らされる。そこの理由が分からない。誤解があるなら解きたい。











170326

統合失調症ではありません …病識がないというのとも違う

今朝も寝ているときにビリビリとやられた。電磁波被害はやめて欲しい。こちらは健康そのものだ。薬も飲んでいないし、食生活もいいので寿命は縮まない。

JR東海が警笛を鳴らす。こちらは何もしていない。あいつらはほとんどが誤解で、嫌がらせをしているのは確実。迷惑なのでやめてほしい。こちらは電磁波被害で苦しい。特に寝ているときなどにビリビリとやってこられたので、相手は卑怯だと思う。誰がしているかは分からないが、権力による弾圧であることも確かで、どうすることもできない。

電磁波などで攻撃されていると訴えるのは、ネット検索をする限り現在では物理的被影響妄想といわれるようだが、古い精神医学の教科書では体感幻覚とあり、現在でも用いられる用語であるよう。その教科書には電波で攻撃される記述やセクハラされるという訴えも記載されていた。またラジオや新聞が自分のことを言うという仄めかしは関係妄想とされている。僕がメディア集ストと書いているものに相当するが、こちらはリアルかもしれない。古い教科書の例はラジオであるため、かなり昔からある手法と思われる。他の精神医学の書籍でもテレビが反応するという主張がある。被害関係では迫害妄想として、常に監視されていて、道をすれ違うときに相手が目をパチパチさせたので相手がお前が犯人だと言っているなどの被害例が掲載されていたものの、僕にはそういう被害および症状はない。

前述は電磁波被害と集団ストーカー被害ということになるが、ラジオの時代の古い記述でも、いまと同様の被害があることを確認できたことは収穫だった。過去にこの本を読んだときには、気にもしなかったことではあるので、開いてみる価値はあった。ちなみに僕には集団ストーカーというものがほとんどないため、そちらの訴えはしていない。集ストの被害者は市民が加害するというから右翼系である可能性があり、僕のように国家機関や大企業による迫害の訴えは、ネット上では少ない(数年前は多かった)が、左派系の人が被害を受けて入りう可能性がある。

音声送信はストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われるもので技術的に説明がつくが、一般には幻聴とされるだろう。最近は僕に見当違いなことを言ってくるので、こちらがその間違いを現実的かつ論理的に正すと、逆ギレするのか、くるっている、と言ってくるような相手で、理性が通じないので厄介ではある。人工知能か別の被害者を利用してくるのかは分からない。

それとは別に、〜なやっちゃ、だとか、オレんた(オレたち)というようなこの地方の方言だと思うけれど、一部の人が使う言い方をする声は、人工知能の利用だろうと思う。

ようするに、脳に電磁波を当てて、何らかの形で妄想的な状況をつくられている迫害であるということになる。

これでは精神疾患にしか見えないだろうから、被害を訴えることに短期的には意味はないかもしれない。

被害記録は継続するつもりだが、長文は書きたくない。続けて加害してこないようにして欲しい。

 ーーー

思いつき(アイデア)

裁判の判決がある。その正当性をチェックするため、裁判に関係する各資料のポイントとその条件の場合分けを図示して、判決がどの組み合わせを採用したのかひと目で分かるようにし、それを再検証しやすくしたらどうだろうか?

各重要項目ごとに樹状図を描いて、他の樹状図の枝との関連を番号で繋いで、ICT技術でつなぎ方による図の変換なども可能にしたら分かりやすい。

そのような形で様々な組み合わせにより結論がどう変わるかの検証をしやすくすることは必要に思う。公判前生理手続きの前のものも含めて、手続きの正当性もチェックできたらいい。

 ーーー

実は深夜を回ってから中途覚醒して書いている。今日一日ツイートしていないので一つくらいはしておこう、と歯を磨いたときなどに思うけれど、何故かその後に度忘れすることを繰り返して、結局26日はツイートできなかった。記憶が消されているというのが事実なのだが、それを書いてどれほど信じてもらえるかは分からない。

この日の被害はひどく、新聞はほとんど読めず、CSで音楽も聴いておらず、読書もできず、テレビは多少は見たが、スマートニュースどころかタブレットは扱っておらず、ブログも上の朝に一度書き込んだ内容以外は記入してもいなくて、そういうことに時間を使ったわけでもなく、他の日に一万文字ブログを書いてスマートニュースなどを見ながらツイートして読書などができる日などに比べても、とにかく不思議なほど何もできなかった。ビリビリとして被害はあったが、つらいのだけれど最近では特別に酷いわけでもなく、どうして一日が経過したかが疑問だ。

(追記:そういえばセクハラ被害を受けているらしき人の声があって、その人が何故か何もしていない僕を加害者だと思ったらしいのだけれど、こちらはただただ苦しいビリビリとした電磁波被害を受けているわけであり、慣れない人には命の危機すら感じるようなものなので、僕を加害者だと考えた人の方が実は加害者かもしれないということになりかねないが、声のあなたはもしかして悪魔か? それとも権力の悪用か? 権力が誰かのせいにして弾圧する仕組みなら、罠は回避すべきだ。セクハラなどがあるならそれを止めてほしい。関係あるかしらないが、こちらは苦しい。悪いのは権力の弾圧システムであることは確かで、僕は自殺などはしない。食事などを考慮する限り、血管系疾患はあり得ない。病気にはなりません。》









170327

今朝もビリビリと電磁波被害がひどくて、目が覚めたら手の重みで右手が痺れていて、足を動かしていないので左足が痺れていたが、正座したときの足の痺れと同じただの痺れであり、ただちょっと違うのは、何かの操作感があることだけ。

 ーーー

クニちゃんの子? …何処の?

JR東海は警笛をやたらと鳴らさないように。

何かを誰かがしたことを、僕のせいにしようとするらしいけれど、僕は何もしていない。何もしていないどころか、普通の人がしていることの半分もできない。

見当違いなので、何かの濡れ衣を僕に着せようとする見当違いで卑怯なことはしないでほしい。

それにしても、時間的には自由なはずなのに本当に不自由で、最近はちょっと読書ができるようになったと喜んでいたが、新聞を読むのも妨害されるのは相変わらずで、読書もまた妨害される傾向がでてきた。仕事をしたいが、ビリビリが酷く、記憶も不自然に消えるので簡単ではなさそう。

(まだまだ若い僕に)80歳代の人をくっつけて何もできないようにしているんだ、と誰かが言っていた。本当だろうか?

クニちゃんの子と言われるが、それは僕のことだと思ったが、そういえば近所の同じ苗字の80のおじさんの父親もクニがついた名前だったと記憶している。そちらのクニさんは生きていたら百歳を大きく超えているはずの人だが、30年以上前の僕が小学生だったとき、よくスーパーカブに乗っていた昭和天皇に顔が似ていたおじいちゃんということになる。

JR東海の警笛が鳴るのがそことここ。

何が起きているか知らないが、こちらの考えが正確に伝わることは稀なので、罠がありそう。そのおじさんは高齢者になっているが、僕より遥かに元気で、田圃をしたり、畑をしたり、すごく元気にしている。いろいろ世話になっているし、皆長生きして欲しい。

それから、誰かが勝手に僕のことを、ああだこうだ言って、それならおまえはこうだ的な命令とも制限ともいえるようなことやってくるが、極一部の共通点から見当違いな方向の結論に誘導していこうとするもので、迷惑極まりない。人工知能によるものかもしれない。僕は僕だ。

 ーーー

やっと長文を書かないでいられそう。政治からは距離をとりたいし、書けることは哲学問答みたいなものくらいだが、いまはそんなことをするつもりはない。

 ーーー

恐ろしいはなし

今朝の朝刊(朝日の名古屋本社版岐阜県)の一面。

千葉県我孫子(あびこ)市北新田(きたしんでん)の草むらに小3の女の子の遺体。千葉県松戸市六実(むつみ)5丁目の市立六実第二小学校に通うベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさんとのこと。現場からその場所まで12キロ。24日(金)朝に行方が分からなくなっていて、26日(日)午前6時45分ごろ発見された。

こういうことは頻繁にあるようで、それ自体は悲劇でありあってはならないものだが、東海地方のことでもなく一面なのは外国籍だからだろうか? 何があったかはまだ分かってないが、誰が犠牲になってもどの国籍であろうと、あってはならないものだ。

新聞掲載のマップをみると、発見場所は我孫子駅よりも利根川を挟んで取手駅に近い。

何故か住所まではっきりと書いてあって不自然な気がしたが、六実(むつみ)は63とも6が3つで666とも読める。

取手という地名をみて、NHKアナウンサーの守本奈美さんの出身地であることと、先日、過去に描いていた彼女の似顔絵をこのブログに貼ったことに気付かされた。誘導だ。

問題は、無理やりこじつけてくるが、僕は何もしておらず、アナウンサーの似顔絵を貼っただけだということ。

訂正
守本奈美さんと書いたけれど、彼女は千葉県我孫子市の西の千葉県流山市出身で、取手市の方は茨城県であり、同じNHKの中村慶子アナウンサーの出身地。二人共、産休に入ったはずで、看板ニュースやサイエンスZEROなど、仕事の目的も達成していて、結婚、出産と幸せなはず。中村アナは特に大好きだった。守本アナは自分を女性化したかのように感じていた。(常に調べないと書かない僕の行動パターンが抑制されていて、結果としてこういうことを書くはめになっているのが不思議だ。脳操作されている可能性がある。)

(上の二人の女子アナが30歳代であることから分かるように)僕にはロリコンの気さえなく、アイドルなどは好まず、女子アナを好むように知的で大人な女性が好みなので、もし裏が関連付けて犯罪をしているとしても、僕と事件とは関係ない。勘違いで事件との絡みを考えてしまう関係妄想に見せられたということになる。)

何も関係のないものを、僕に関連付けてくること自体が無理があることは確かだ。

666の件だが、その属性の人は他にも多く、僕自身は666(ミロク)をするつもりはないが、もし僕を666で使うなら労基法の36(サブロク)協定を是正して長時間労働を一切できなくしろと言っていて、それ故ではないだろうが政府は働き方改革をしてはいるようだが実効性はまるで伴っていない。

電通の新入社員の高橋まつりさんが過労自殺したことから、過労死は多いのだけれど彼女が美人であったこともあったのか大きな社会問題となっていて、働き方改革でも特に難しい長時間労働の規制の動きがでてきたのだけれど、政府の対応は残念なものだった。

36協定の見直しもしようとしていたようだが、結局、短時間労働に繋がる改革ではなく、むしろ長時間労働を合法化する方向のようで、労働時間の規制も過労死基準の100時間未満と、ほとんど過労死基準であり、過労死の過半数以上が100時間以下だったこともあり、規制になっていないし、その上で、規制が平日のもので、休日の残業は規制外という抜け穴があることが先日も報じられていて、とんでもない。

僕も含めて皆が、政府と経団連および連合に怒らなければいけない内容だ。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

声は、とんでもないこのひとずっとこういうひとやもん、と言っているが、少なくとも僕の影響は2011年までだったし、2014〜2015年は完全に遮断されていて、そのときは安保法制反対のSEALSに間接的に影響があったようではあったけれど、政府に影響が全く無くて、その頃に誰かの影響は見えたので、何があったかはわからないが、政府の米国の裏介入による違憲行為には僕は反対していたし、僕の影響があるなら、安保法制はあんなふうなメチャクチャな政治で動いたりはしていない。

高橋まつりさんは、広島県生まれ、静岡県育ち。1991年生まれで、東京大学文学部。2015年当時24歳。こういう人の命が失われるのは不条理だ。

電通の鬼十則は僕でも名前は知っていたほど有名だが、責任三か条というものもあるらしい。

責任三ヶ条
・命令、復命、連絡、報告はその結果を確認し、その効果を把握するまでは、それを為した者の責任である。その限度内における責任は断じて回避できない。
・一を聞いて十を知り、これを行う叡智と才能がないのならば、一を聞いて一を完全に行う注意力と責任感を持たねばならぬ。一を聞いて十を誤る如きものは百害あって一利もない。正に組織活動のガンである。削減せらるべきである。
・われわれにとっては形式的な責任論はもはや一片の価値もない。われわれの仕事は突けば火を噴くのだ。われわれはその日その日に命をかけている。

「一を聞いて十を知り」という表現があるが、これはまさに人格障害の認知の歪みそのものであり、多くのことから一つの法則を発見するというそれとは逆の思考の方が実は正しい。

「一を聞いて十を知り」に続いて「一を聞いて十を誤る如きものは百害あって一利もない。」とあるが、それが「一を聞いて十を知り」という思考の結果であるとは理解できていないらしい。

僕が言いたいのは要するに先入観を持ってはいけない。簡単に結論をだしてはいけないということ。間違った責任の取り方はそれ自体が間違いであることになる。

僕が関係あるかといえば無いのだが、もし関連付けて裏が何かをしているなら、僕は人権と生命を最重要視している。僕と正反対の手法をするのは僕を批判する方だろう。それすら罠かもしれないが、そこはよく考えて欲しい。権力の裏が何をしているかは、想像するしかないが、一般にはあり得ないものであり、この主張も妄想でしかないのだろう。

しかし、事実としても、何かを権力側がしているのは確かに感じられる。僕はそういった手法には賛成できない。

生命が失われているので権力の裏に対しては怒りを感じるが、こちらからはどうすることもできず、ほとんど諦観に近い状況にあるが、亡くなっている方と御遺族にはただただ心からのお悔やみを申し上げたい。生命の犠牲などあってはならないものだと思う。

ドストエフスキーの罪と罰ではないが、理想のため目的のためなら手段を正当化していいとは僕は考えない。

少なくとも僕はリベラルな中道左派なので、その理想には人権と生命の保護が最重要事項として含まれる。だから、たとえ目的のために手段を選ばないという手法をしたとしても、人権と生命の保護が目的なので、それに反するようなことは僕の利用では起き得ない。

 ーーー

上の内容は、その前に長文を書かなくてもいいと書いていていてからのもの。どうも脳操作での誘導がある。声はない。高度な技術が裏で用いられている可能性があるが、証明が難しいので、裏がやりたい放題で利用しているかもしれない。

僕自身は全く関係ないことを自分に関連付けられそうなので困惑しているが、亡くなっている方は気の毒だと思うし、そんなことがあってはならないと感じるが、僕に関係ないことは確かではあるが、裏の謀略があることが間接的には分かるし、無理やりのこじつけをしてくるので、そんなこじつけで関連付けられても困るが、裏のしていることの仄めかしをさせられているのかもしれないとは思う。

自分は関係ないので、それははっきりと書いておくし、論理的にも僕の価値観を前提とした手法ではあり得ないのも確か。

裏の強引なやり方には賛成できない。

裏は悪質で、上の件も前の政権のときだが、割といい方の政治勢力(理想主義に近い方)のときに裏が動いているように見せてくるようであり、その実態は何なのかまでは僕には分からない。権力の裏は恐ろしい。

 ーーー

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

その声が人工知能か一般の悪質化した被害者に僕を監視させて嫌がらせしているのかは分からない。

何でもかんでも僕のせいに見せる言動を続けている者がいるのは確か。

上の文章は脳の目的意識があるところにおかれて(前の例なら事件の裏に政治と陰謀があること)、それをどうしても書きたくなってしまう感情操作がなされる。

脳操作の一種: 今年の1月6日のこのブログの記述の引用
テクノロジー犯罪の技術には、昔ソ連で使われたらしいLIDAといわれる、どうしても話したくなって喋ってしまう自白電磁波が存在するし、12月に放送されたサイエンスZEROの再放送「徹底解説!科学の“未解決問題” 心はどうやって生まれるのか?」で、フランスのシリグという学者の研究の内容があり、頭頂葉にある種の電磁波を当てると、何故か被験者は「話したい」「体を動かしたい」と感じて喋ってしまうという実験を紹介していたのだけれど、そういった技術で喋らせることは可能らしく、その際に、脳に別の人の声を入れたら、本人が自分の考えだと思って誰かの考えを喋ってしまうかもしれない。
どこまで操られているかは分からないが、罠であることは十分に承知しているので、罠に嵌らないように配慮して書いている。 ただ、相手は知的な文は僕が操られているだけだと思っていて、バカにしてくるが、少なくとも現状では僕単独の方が知的には高いとは思う。ただし、権力の裏の機関の連中が背景にいるなら、そちらはかなりの秀才揃いであり、人体実験などをしていたりするならバカかどうかとは別のことだろう。また、被害者同士なら、相手がネット民かメディアかで随分と異なる。政治メディア系には秀才の比率は高いと思うし、その中だと僕は真ん中よりは多少はいいくらいで、知的には優秀な人たちが存在するはずだ。  ーーー いま12:24(まつりさんが亡くなったのはクリスマスイブだっただろうか? …調べたら翌25日のクリスマスだった。)にJRが通過して、別に今回は警笛を鳴らさなかったのだけれど、そのときに僕の考えかは分からないが、今日はJRが警笛を鳴らしていたからな〜、くらいの僕の考えが、JRが警笛鳴らしとったからな〜、という年寄りっぽい脳内音声で届いた(近所の人の声では無い)感じがして、直後に、JRが警笛を鳴らしたからこういうことになったんだ、という言葉が送られてきた。しかし、「こういうこと」という意味が分からず困惑する。いまキーボードが一時的に入力できなくなっていた。もし最後の言葉がJRの運転手なら、こちらのことは分からないだろうから、何かがあっても何も分からないので結果として無駄な思索になるだけだが、これで分かるのは情報の非対称性という状況は不健全であり、できるだけ情報は公開して、不平等の解消に努めた方が社会は健全になるという示唆くらいか。  ーーー 過去に何度も書いているけれど、僕は自分のことをオレと言ったことがない。僕のふりをして、僕の意見を歪めるMr.「オレ」さんがいて、ある程度のことを分かった上で、何かの妨害をしてくるように僕には見えるが、彼が僕に迎合して僕の意見を歪めたりしていそうで、何かの契機で僕と離れて僕と異なることを言っている可能性も高い。そいつが悪いわけでは無いかもしれないが、権力が人の脳をつないだりして、変な謀略と人体実験をしているのかもしれないが、やめて欲しい。  ーーー さっき書いた事件絡みの文で、重要なミスがあったので、訂正を入れました。 大事なことで、個人のプロフィール情報などは、記憶違いもあり得るので、必ず確認して記述するのだけれど、今回はど忘れというより、チェックしようとしたら意識介入があって、チェックができなくなっていた。抑制がとれてから気付いて修正したが、最初に気付いていたら、上の危ない文章は書かなかっただろうと思う。誘導されている可能性が極めて高い。恐ろしいことだ。) 170328 今日もビリビリと電磁波の被害。体感幻覚だろうか? それなら脳に電磁波を当てられてそういう感覚がつくられているのだろうか? そういえば、今月半ばくらいから花粉症様の症状がある。自分の場合、花粉症が昔はあったけれど、ここ何年かは完全に花粉症の症状がなかったので、トランプ政権になったら再びアレルギーというのも変な感じがする。そういうのも電磁波の被害だろうか?  ーーー 電磁波被害 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 誰かのふりをしている人工知能で、僕のある行動パターンの際に、特定の反応をするようにつくられている。要するに、このブログの更新を止めさせたいらしい。だけれど、ツイッター@furu_akihiroの方は更新を停止させられる誘導という形にもっていかれたので、ブログまで止めるわけにはいかない。 ツイッターの方だと、政治の批判をするからだが、政治家個人の批判は昔から控えているし、汚職は基本的には自分は追求しない。僕がしている政治批判は政策へのものであり、故に余計に嫌がられるとすると、それを嫌がるのは政治家ということになる。そうでなければ、見当違いに僕に対応する、僕の監視者をさせられている人工知能か他の誰かだろうか? ブログの方だと、被害を訴えるので、テクノロジー犯罪というものの存在を知られたくない誰かがいるのか、その用語を避ければ電磁波という用語の利用になるが、それだと統合失調症と思われる可能性があり、こんどは狂っているといって嫌がられるのだが、結局、僕に被害を訴えさせないように仕向ける手法を誰かがしてくる。 それなら日常生活を何とかしようとするが、今度は僕が普通に日常を生活することを嫌がって音声送信などで妨害する者が現れる。 そこから、誰かが何かを音声送信してきて、途中から別の誰かの文言に変わって、さらに途中から何故か誰かの意識や意見なのに、僕の舌が僕の意識に反して何者かの言質に合わせて動いたりするので、それは僕ではないと抑制すると、うまく抑制できるときはいいが、そうではないときにまた誰かのくだらないデマ言説が続いたりする。 (追記:音声送信が、こんなにまともじゃどうしようもない、と音声送信があるが、遠隔操作で僕が言ったかのようにみせてくるが、まともなのは僕の方だ。そもそも僕は僕以外の相手を認識できないので、僕がまともだと認識するときに対象は自分以外にはあり得ない。統合失調症に見える被害があるが、病識がないのではなく、これは弾圧だと考えている。) どうも過去に僕に対して間違った観点から文句を言う相手の論理構造を人工知能が学んだのか、誰かと脳が共有されているか、何かがある。どれもこれも僕の考えとは違うが、単語レベルでは共有されるものがあるので僕の思考にこじつけようと何かがしてきても、相手の思考傾向が僕とはまるで異なるので、僕の意見ではあり得ない。 何をしても妨害されるなら、じゃあ寝ているしかないかと横になると、ビリビリビリビリビリビリビリと、とんでもない被害状態になるので困る。最近はそんな状態が続いている。 アメリカがトランプ政権になって、何かの変化があったということ。この変化は民主党内で総理大臣が変わったとき、オバマ大統領が二期目になったとき、自民党政権になったとき、トランプ大統領が誕生したとき、という政治的節目で起きている。 テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html)  ーーー 引き出しから栞を取り出したら、通過したJR東海がけたたましい警笛。関係あるのだろうか?  ーーー 深夜前。 相手が誰か分からないけれど、こちらが相手に配慮しても、相手は僕を貶めようとしてくるので、どうしようもない。僕の名前を言って、デタラメで僕を悪く言ってくるけれど、本当に事実と異なることが多くて、あれを真に受けられたら困るとは感じている。僕に聞こえるだけならスルーするしかない。 ひとつ気になったのは相手の声が、フルタニというおじさんが朝日を左派と言っとるもんで…、というもので、僕が同じ苗字の人を貶めているように見せているか、それとも僕よりずっと若いヤツが僕が悪いと本当に思っていて、彼からすると朝日は左派系ではないということになるのかもしれない。確かに社会の右傾化は著しいが、だからといって朝日系が左派系という理念の立場を諦めたら、日本の一般報道はどうなってしまうのだろう? 危惧せざるを得ない。 実際の状況はよく分からないからスルーすべきなのだとは思う。罠かもしれないので注意は必要。 それから、僕が誰かと闘っているみたいな言い方をする声もあるが、僕は誰とも闘ってはいません。デマは困るし、ある程度は対応が必要になる状況だけれど、とにかく誰とも闘う気はありません。相手が言うように弱いとか強いとかではなく、平和主義をすべきと思う。 誰も勝たないけれど誰も負けないことを平等という。この言葉で誰かが僕を苦しめてくるけれど、相手は誰なのか? 相手の中には卑怯だったりする人が一部だろうけれど混じっているので、何が事実かも分からず、ハッタリもあるようなので対応はこちらの把握できる範囲でしかできない。 170329 今日はビリビリがちょっと少ない。替わりかどうか知らないが、リンリンとした高音の音声送信がある。 ただし、今日は昼過ぎまで動けなかった。 昨日は、僕にサッカーを見せないような圧力があった。思い出せば以前にUAE戦で負けたときは見ていなかった。相手は僕のせいで負けると思っているらしかったが、何でも僕が悪いとやってきて、実際にそういう方向にさせられかけているので、米大統領がトランプになった影響もあるだろうけれど、僕のせいで負けたら困ると思って、昨日は仕方なしに意図してタイを応援した。得点は4−0で日本の快勝だったが、内容は互角に近くて意外と楽しめた。くっついていた人次第のところもあるかもしれないけれど、変な楽しみ方もあるもんだと、被害者の立場でのスポーツ観戦。トランプ大統領と安倍総理という日本に関係あるところが右−右だから、ちょっとだけ左よりの僕には政治は嫌な期間が続く。 相手が、僕を寝させとかないといけない、と言っているが、どうやって相手は僕の状況を認識するのだろうか? 権力が僕を弾圧するときの方便と誤魔化しに見える。と書いたらビリビリとしてきた。何もないのに空咳が電磁波でやられる。 咳はテクノロジー犯罪も何も知らない母がずっとされていた被害で、病院で気管支内視鏡までやって異常なしだったもの。テクノロジー犯罪の被害で、神経を操られて起きているもの。だから実際は健康です。  ーーー 局所的な僕の状況と現在史の流れとの絡み ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。音声送信はいつもデマが多いが、声は、おさかのヤツで統合失調症にしとるのをみつけないかん、というもので、統合失調症は伝染らない病気だが、これをよく言う人が1人いて、僕にくっついている同じ人間と思われる相手の妄想なのだが、相手はいつも別人と思うのか僕を発見し続けているが、僕がおさかの人間なので、相手の声の条件からすると対象は僕ではないだろうから、結局みつけないかんと言っている相手が自分自身を発見しなさいということになりそう。気付かないのだろうか? 繰り返すけれど、統合失調症は感染しません。 相手の言っていることの全てが妄想ではないかと思う。気にしないことだ。 感染するとしたら、権力による電磁波兵器のインフラを用いた裏の弾圧ということになる。 僕を誘導して、そういうことにする者がいるなら悪質だ。 僕のせいにしたところで、問題解決ができるわけではないどころか、問題が難しくなるだけだろう。 権力がしているなら、民主主義国家として許されるものではない。 僕は統合失調症ではないけれど、そう見せられている。 僕への音声送信は技術的に説明できるが、相手はとにかく誤魔化してばかりで、もし皆が卑怯な手法をしないで、変な陰謀的な観点に盲目的に縛られたりせず、一般に通じる正しい情報をえて、オープンに問題解決をはかれば、何処かで解決の目処がでるものなのに、皆が卑怯な態度をとらざるを得ない状況になる裏の誘導がなされているのかもしれない。 実際は健康です。 正確な僕の状況を簡潔に書くと、実際は権力の社会実験の計画的犠牲者であり、テクノロジー犯罪被害者なのだが、精神医学というものの観点からは、アダルトチルドレンが、学校でやんちゃな同級生を注意したら、座っているところを後ろから頭を殴られて気絶し、それで軽度の高次脳機能障害になっていて、それに伴う英語などの文字認識の問題と軽うつがあったけれど、それでもなんとか生活していたが、就職のときにコンディションを崩して休職し、それから回復するのに十年以上の期間を要したものの、回復した段階では社会復帰が難しい状況になっていたということになる。 その後にメディア集スト被害があり、2006年から1年かけてテレビがどう反応するか実験して、明らかにコミュニケーション反応があったので、関係妄想や統合失調症ではないことを確認している。反応は当時は好意的なものが多かった。最近は僕の味方の方が苦しんでいる。僕も苦しい。裏に撹乱があり、くっついている者に僕が悪者に見せられる被害があるが、そのくっついている者が僕と僕の味方の間にいる可能性を感じるものの、証拠も何もない。それ以上に、相手を批判すると、それを悪用してくる手法がなされるので、何もできない。くっついている者が悪いのでもないかもしれないし、くっついている者と謀略をする者が別の可能性もある。きっと、僕も含めて、多くは善人だ。変な状況に巻き込まれているのは僕で、他のことまでは実際のところは推測に過ぎない。僕は何も悪いことはしていないので、状況に困惑し続けて苦しんでいる。(さっきから何故かJR東海が通過時に警笛を鳴らしてくる。) 2006年の5年後は2011年であり東日本大震災とアラブの春の失敗の年だ。それ以前までの僕のいい方の影響が終わった年でもあった。 2007年にメディア被害を確信したのだが、その5年後の2012年にはビリビリとした電磁波被害を受けるようになっている。そこからさらに5年の2017年の今年は、ネガティブな方向に持って行かれているかもしれないが、逆にいえば悪用は避けられて、自分はマイペースで生きられるといいとは思っている。 ただ、何となしに皮肉に満ちた逆5カ年計画みたいなものがあるかもしれないと感じた。 それなら2006年の5年前の2001年に何があったかというと、米国の自作自演といわれ、状況証拠がテレビ映像でもゴールデンタイムにガンガン流れていた米911テロではないか。 1月20日ジョージ・W・ブッシュがビル・クリントンの後を継いでアメリカ合衆国大統領に就任。 1月26日インド西部地震が発生。約2万人が死亡。 4月26日小泉純一郎首相就任(第1次小泉内閣発足)。 6月8日附属池田小事件 9月9日コンピュータシステムにおける2001年9月9日問題。 9月11日アメリカ同時多発テロ事件:4機の航空機ハイジャックによる、米国に対する大規模同時多発テロ事件が発生。旅客機2機がニューヨーク世界貿易センタービルツインタワーに衝突し、ビルは倒壊した。死者3,000人以上。 10月4日シベリア航空機撃墜事件 10月5日アメリカ炭疽菌事件。 10月7日アメリカ軍によるアフガニスタン侵攻開始(ターリバーン政権に対する戦争)。 10月23日iPod発表。 10月25日Microsoft Windows XP OEM版発売。リテール版は11月16日発売。 11月12日アメリカン航空587便墜落事故。 11月25日アメリカ同時多発テロ事件の発生を受け、国内の安全情報に関する情報機関を一つに集約するため、アメリカ合衆国国土安全保障省が発足。 その5年前はというと1996年だが、前述した僕が就職した後に(労組に顔をだしたあとに)コンディションを崩して失業したときだ。(翌年再就職したが、医療保険改悪反対署名を集めようとして動けなくなって再失業している。米国でネオコンによるPNAC(アメリカ新世紀プロジェクト)という組織が、何故か僕の誕生日に発足してその後解散している。その1997年にはアジア通貨危機が起きている。こちらは失業でお金が危機だったが。ちなみにネオコンは保守タカ派だが、僕は正反対の中道左派のリベラル。 7月3日エリツィン、ロシア大統領再選。 7月5日世界初のクローン羊『ドリー』がスコットランドで生まれる。 7月8日ヴィクター・ロスチャイルド (第3代ロスチャイルド男爵)の子、en:Amschel Rothschildが変死。 7月12日英国のチャールズ皇太子、ダイアナ妃と離婚合意。 7月17日ポルトガル語諸国共同体結成。 7月17日米・ニューヨーク沖で、トランスワールド航空 (TWA) 機が墜落し、乗客乗員230人全員が死亡(トランスワールド航空800便墜落事故)。 7月20日 - 8月4日 - アトランタオリンピック開催。 7月24日ウクライナ西部フメリニツキ原子力発電所で、放射能漏れ事故が発生し、作業員1人が死亡。 7月26日韓国、京畿道と江原道で集中豪雨があり、死者行方不明者が多数でる。 7月27日アメリカ合衆国ジョージア州アトランタの「センテニアル・オリンピック・パーク」内のイヴェントステージ付近で、爆弾テロが発生、2人が死亡し、110人が負傷。 7月27日 - インドネシアの首都ジャカルタで、軍・警察が野党の「インドネシア民主党」党本部からメガワティ党派を強制排除したのをきっかけに1万人が暴徒化。 8月22日ビル・クリントン米大統領が個人責任と就労機会調停法に署名し、社会福祉改革を断行する。(後の英国ブレア労働党政権の第三の道と同じで、福祉支援から就労支援の流れ…その前に圧力があるように見えるが…関係妄想なのか? 僕の場合は、過去に利用されたが、こちらの意図は北欧社民主義志向であり、自分自身の状況を踏まえても、福祉の充実を前提とした自立支援だった。新自由主義に利用される第三の道(実際は福祉カットの意図とは限らない)という福祉のカットの方向であれば遺憾だ。デンマークなどの北欧国家では、福祉が非常に充実しており、そういう社会で経済の停滞を起こさないようにするには、イノベーションが必要だが、イノベーションというのは創造的破壊が伴うため本来は社民主義とは相性が悪いものである。しかし、イノベーションがなければソ連のように経済が停滞し崩壊していく。それだけでなく経済の停滞が悲劇を生みかねない。社民主義や社会主義のような福祉が充実する社会でイノベーションをするには、創造的破壊を補う社会的セーフティネットの充実が必要であり、北欧社民主義国家はその手法で成功している。日本の場合は福祉が弱いため、福祉の充実と並行して社会的セーフティネットにおける就労支援を充実すべきであり、それには教育無償化なども含まれるが、そのような方向で社会の発展と整備がなされることを希望する者は多いだろうに、政府は福祉のカットのための方便に利用しようとする。それは一般市民が望むものではないし、過去の僕の発言などとも矛盾する。政府は理念の悪用をせず、理念に即して理論を適用するべきだ。) 9月10日国連総会で包括的核実験禁止条約(CTBT)が採択される。 9月18日北朝鮮ゲリラ、韓国東海岸に侵入。(江陵浸透事件) 11月5日アメリカ大統領選でビル・クリントン再選。 11月12日インドでニューデリー空中衝突事故起こる。(349人全員死亡。349≒サヨクと読めるのが嫌) 12月17日在ペルー日本大使公邸占拠事件発生、翌年4月22日解決。 12月26日ジョンベネ殺害事件。 その5年前は1991年6月3日の僕の誕生日に長崎県の雲仙普賢岳で火砕流発生しており、12月25日のクリスマスにソ連が崩壊している。 5年前は1986年で、小6だったのでスペースシャトルのチャレンジャー号爆発事故の記憶が強いが、それ以上にフィリピンのマルコス大統領が国外脱出、アキノ大統領が就任の記憶が鮮明にある。ハレー彗星が接近して大騒ぎにもなっていた。3月末に首都圏で季節外れの大雪。4月にチェルノブイリ原発事故。10月3日ソ連の原子力潜水艦K-219がバミューダ沖で原子炉の暴走事故。10月11日米ソ首脳会談(アイスランドのレイキャビクでレーガン大統領とゴルバチョフ書記長)。イラン・コントラ事件もこの年。韓国映画「殺人の追憶」の大事件もこの年。 その5年前だと1981年だが、ロナルド・レーガンが大統領に就任。2月18日に悪名高きレーガノミックスを発表。エイズが発見された年でもある。 その5年前の1976年ロッキード事件の年。日本共産党が自由と民主主義の宣言を採択。毛沢東が永眠。11月2日アメリカ大統領選挙でカーター(民主党)が現職のフォード(共和党)を破り当選。 偶然だろうか? 何かありそうで怖い。それ以上の言及は避ける。 裏の悪利用の逆同期も、実際のところは僕とは直接は何も関係なく、僕はまともな価値感(自由・平等・博愛・平和・人権・民主・弱者救済≒中道左派)の方なので、僕の意図に反する利用は困ります。 弾圧という不法行為には反対します。 (最初に文章を書くときに、誰かと干渉して記憶が飛ぶため、綺麗な文章が書けなくなる。僕個人で文を書けば論理構造が美しいものになるはずだが、そうならないのは何かがあるからで、そこに誰かが関与しているなら、そういう手法をしている諜報機関に抗議したい。干渉があって文章の構成がおかしかったり、変換ミスをしていないはずなのに変換ミスになっていたりするので修正が必要だが、書き直しを嫌がる相手がいて、相手は僕が権力に操られているのに僕が文を修正するから悪いと感じる者だったりするようだったけれど、最近はどうしても僕の方を頭の悪い人間に見せたがっているのかもしれいないような声がある。もし過去に頭の良い女性が好みだと言っていたことが関係あるなら、考えてしまう。ただ、相手が女性には思えないので、僕より頭がいいと言い張っている人かもしれず、また、脳の抑制を僕のせいにしているのかもしれない。それなら僕より頭が良い悪いということを重視するより、僕と同じ状況にならなければいいだけなのかもしれないが、相手は必死に僕に迎合したりもしていたので、相手の状況が分からないのに相手にアドバイスなどはできない。昔から自分の頭が正常化したり悪くなったりするが、最近の技術ならともかくも、昔の段階で自分より頭が良くなることはあり得るだろうか? 受験などでは著しい抑制がなされて、学力で僕の能力を測ることはできないし、知的なのは亡き父であり、母を参考にされても困る。こちらの言語を含む抑制が過去に頭を打ったことだけではないのは確かで、特に論理性は被害を受けておらず、小説より法律の方が読みやすいような状況だけれど、だからといって言語の抑制は過去のものとは大きく異なり、ただのテクノロジー犯罪による脳抑制にすぎない。僕は裏の権力の悪質な嫌がらせを受けていて、相手が人工知能でなく存在するなら、相手からすると僕がどう見えるかは気になるところだが、何らかの悪用がある可能性は捨てきれない。悪いのは僕でも相手でもなく、謀略の仕組みとそのインフラであると思う。謀略の仕組みは関わった人の疑心暗鬼からくる見当違いな推測による可能性もあり、そこには注意している。僕の記述は被害の経験への観察によるものに徹しており、自分で変な仕組みを考えたりすることは過去も現在もなかった。誤解されたくはないけれど、僕は何も悪いことはしていません。この文章の最初にあるように、相手が僕1人だけ排除すればいいと考えているなら、その後の国際政治の背景を考えて欲しい。僕は何もしておらず、権力には裏がある。だから権力は謀略をしないでほしいと書き続けている。僕が存在しようがしまいが、権力の裏は存在し続けるので、僕のせいにすることは解決にはつながりません。逆に利用されかねないと思う。)  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 相手の声が、大学もでていないヤツに書かせとると思ったけれど…、と言っている。けれど…なので逆説的で、こちらの状況に多少は気付いたのかもしれないが、僕が操られて書いている部分もあるだろうけれど、相手の論点は内容ではなく、大学もでていないヤツだから、頭が悪いはずだというところのようなので繰り返し書くけれど、僕だって学歴はないけれど頭が悪いわけではないし、だからといって無茶苦茶頭がいいというわけでもないが、言語能力で上位二割、空間認識能力で上位数%くらいであるのは確かなので、もし相手が識者なら言語では僕よりは能力がある可能性は高く、普通の人であればそうではないということになる。非言語だと識者でも僕の方が上回るケースが多い。そういう人間なので、学歴で評価されるのは困ります。言葉の仕事をしている人だと、僕に関わりたくはないでしょう。バカにされたら不快になるのは仕方ないけれど(←操られたのかも)、いまの記述で電磁波の苦しい被害を受けていて、意味のない感情的なことをしているのかもしれないが、こちらは感情的な状況ではありません。こちらの状況を歪めて僕を母に見せようとしたりする意図が何者かにあるようだけれど、誰かが誤魔化して何かをすることが、電磁波による脳操作などでこちらに反映されるらしく、無茶苦茶な謀略で苦しむことになるのは僕なので、やめて頂きたい。相手が受動的にものをとらえず、状況もわからないのに先走っておかしなことを考えるのは、統合失調症の陽性症状が関係あるかもしれないが、それなら相手の脳の問題であるようで、電磁波装置で脳を操る権力に問題があるのでしょう。謀略は止めるべきだ。 (追記:音声送信が僕のことを言語能力の方が高いひとに見えると言っていて、非言語が高いあの人だと気付かなかったというような言い方をしている。これで分かるのは、僕より頭がいいと言い張る相手は実際はそうではないということと、過去の僕の発言などを知っている可能性があること。もしかしたら人工知能の謀略かもしれないが、相手がいるなら誰かは気になる。追求するつもりはない。こちらは何故か電磁波の被害を受けていて苦しくて仕方ない。当時の僕も今同様に問題があるとは思えない。ずっと撹乱されていて、裏に何があるかは分からない。) (再追記:声は、こういう人のことをバカにしとったのアキヒロじゃなくオレや、と言っている。こういう人というのは僕のことのようで、繰り返し、相手の主張と言葉は、こちらの状況からすれば、僕を批判するのが僕になるようなあり得ないものだし、僕は特に批判はしていないし、相手が僕の被害を僕のせいにすると実際は相手が加害という状況になっているので、罠があるのだろうと思って配慮するのだけれど、それでも相手が僕のせいにしてくるので困っている。苦しいのはどうにかして欲しい。そもそもが権力の裏弾圧だろうから、被害が僕か相手か分からないが、相手が罠に嵌っているように見えて、僕が撹乱されて弾圧されている可能性もあり、何が事実かは分からないままだが、どんな手法であれ、弾圧を正当化することはできないので、権力はそういった手法を止めるべきだ。) (再再追記:僕自身は中道左派で、過去の記述を読んでもらえば左派系に関連付けられていたり、昔は左派と脳同期にあったことも、それで価値形勢がなされていることも確か。現在の圧力は右によるものなので、僕は圧力で左にいっているわけでは無い。同時に保守系(中道〜中道右派)との関係もつけられていて、結局は政治が何かしているとしか思えない。きっと裏はいまは革新保守(革新右翼)をしたいのだろうが、中国やソ連と対峙する米国が正しい道(革新=左派)をする場合は、革新保守(革新右翼)というのは同盟国にさせたい立場かもしれず、しかし一歩間違えばナチス化の懸念もあるため、僕の場合は独裁を徹底的に否定するリベラル(中道〜中道左派)という立ち位置の主張を外すわけにはいかない。米国で政権交替があったので、戦略も変わってきており、共和党なので中道側に風が吹く可能性もあるが、大統領は民主党時代の戦略の延長でもあるので見通しは分からない。中道側だと中道右派(ネオリベもしくはネオコン)に利用される懸念もあり、革新右翼はネオコンの悪用なのか、それとおも理念(左派)の方に動くか読むのは難しいものの、裏があるのは確かでそれ故の安全保障で悪質な動きと、内政での格差是正ということもあり得る。僕がリベラル(ソーシャルリベラル=中道左派)というのは、利用される側として最善をつくして独裁を避け悪用されないようにするためでもある。) (再再再追記:僕は1974年6月3日生まれだが、その前年に故デイヴィット・ロックフェラー氏が日米欧三極委員会を始めている。ビルダバーグ会議に日本を招こうと欧州の王族に打診して断られた結果とのこと。その年を境にオイルショックからに日本の高度成長が終焉している。関係あるかは分からない。祖母が亡くなった3ヶ月後にそのデイヴィット・ロックフェラー氏が他界している。そういえば昭和天皇が崩御した3ヶ月後に祖父が他界した。そういう変な連動は今後はないことを祈る。天皇陛下は2018年に上皇になられるそうだが、アキヒトさんと僕と名前がにているにしても、皇太子さんは徳仁(なるひと)さんであっても称号は浩宮さんであり、秋篠宮も含めて、何故か僕の名前と重なる。父が意識してつけた名前だとは思えない。僕の周りには名前と関係性の偶然が多いことは過去にも書いている。また母であっても、秋篠宮の若い悠仁さんと読みが重なる名前なので長生きするでしょう。誰も被害には遭わない。それなら保守かといえば、うちのフルタニという名前が、ドイツ社民党の百年前のエルフルト綱領の2部に連動されていて、得るフルト2という絡みがある。左派系だが一般市民を護るという意味でしかない。フランクフルト学派という社会主義学派でも絡めてあるが、食べ物として変な絡みをつくられている。エルフルト2も、エロフルタ2と読めるので、そういった裏の悪戯は2016年度までにして欲しい。またfurutani a をゲマトリアすると、666と111が出るが、ここの郵便番号が509−「3106」だったりして、1と6が3つあるだとか、僕の誕生日が6月3日で6月が3日続いたときだったりするが、陰謀論のデマと異なり、新薬聖書の黙示録には666は人間のことであると書かれている。日本語だと3つの6なのでミロク≒弥勒菩薩という救世主になる。古谷を読み方を変えてfuruya aでゲマトリアすると888が出るが、これは3つの8でサハ≒左派ということになる。左派系であっても共産党すら容認している天皇制を否定などしません。世の中を良くする左派系が天皇制を否定しなければ、日本はいい社会になるはずだ。これはまるでシオニズムという民族主義=右派のイスラエルでは左派系ですらシオニズムを否定できないため、労働シオニズムもしくはシオニズム労働左派という特殊な立場をとることにも似ている。だからといって、民族主義を増長するようなことはあってはならず、世界を公平にみる視点が必要に思う。) 170330 今朝のビリビリというかちょっと違って低周波振動と耳への高周波は堪ったものではない。 他の人の言ったことなどまでも僕のせいにしないでほしい。過去に何度も書いているが、僕は日本人なので仏教思想の影響である利他や慈悲などの価値観は有しているが、キリスト教徒ではないので贖罪や受難という自己犠牲の価値観は有していない。 他人の行為や通常では考えられない関係ないことまで自分のせいにされたら堪らない。  ーーー 生活者を護るための提言が理解されないのは、まだ早すぎるから?               …フランス大統領選を遠くから眺めて どうも米国さんの裏はもともと反共ではあったが、最近は欧州レベルの穏健な社会主義までもを狙い撃ちにしているかのように見える。だからといって理念まで捨てるわけではなく、欧州の英仏などが中心の社会主義インターナショナル(欧州、南米、アフリカに与党になる政党が多い)から、米国(民主党)が取り入れやすい旧敗戦国のドイツを中心としたプログレッシブ・アライアンス(進歩主義同盟)に移行させようとしていたかのようだった。現在は共和党政権になったので、どういう化学反応が起きるかは分からないが、フランス大統領選を見る限り、同じような方向で動いている。 というのは、フランスの2大政党である社会党のアモン(左派)と共和党のフィヨン(中道右派)の公式の候補に人気がなくて、社会党出身だが中道のマクロンと極右の国民戦線(FN)のルペンの一騎打ちになっているから。マクロンの方は社会党出身ではあるが右も左もない中道路線の独立系候補であり、おそらく第三の道をすることで英国や米国がたどった道を行きそう。ルペンだと格差是正政策を右翼がどの程度まで可能かは分からないが同時に反EUであるので、フランスが格差是正の社会を維持するには国民国家を存続させるというメッセージになっている。 僕の意見は、EUの維持であり、反EUではないが、EUが統合を進めて合州国になることは望まない。経済危機の経験から、一つの通貨には一つの財務省が必要であり、そのためには現在の欧州の多様性ある国家の自治権を十分に維持しつつも、炭素税や金融取引税により財務省の税財源を確保して、再分配や金融危機の際の保障ができるようにした方がいいだろうと思うものの、各国の自治権は維持した方が、欧州が全体主義の方向にいくことを抑止して、各地域の多様性を存続させた方が望ましい結果が導かれると考える。 以下、ちょっと古い記事だが、大局的な分かりやすさのために引用。 フランス大統領選挙の候補者一覧 ルペン氏がリード 2017年 日経平均予想 2017.02.10 http://nikkeiyosoku.com/blog/french-presidential-election-2017-candidate/ から引用
極右のルペン氏が愛国主義 中道右派のフィヨン氏が保守
中道のマクロン氏が中間的
左派のアモン氏が社会主義的



アモン氏の政策は、ベーシックインカムや大麻の合法化、雇用と人員削減を容易にする労働法と撤廃するなどの政策を打ち出しています。
僕のメディア被害状態において気になっているのが、フランスの社会党の公式の候補であるアモンという人だけれど、ベーシックインカム(最低限所得保障)の導入やロボットやAIに課税、大麻使用の解禁が公約と報じられている。 (他意はないのだけれどアモンというひとのスペルはHamonであり、悪魔のAmonではないが、裏の人の操作戦略がありそうな感じもしている。Amazonだってazがなければ悪魔だがazはasに近いのでそのままかもしれない。HamonだとHがないから正常なのだろう。裏は天使を悪魔扱いするが、悪魔だって最初は天使の堕天使だ。デビルマンだって悪魔の力を身につけた正義のヒーローだ。これはジョークだし、どちらかというと僕の支持する方の人のことなので怒らないで。むしろ、僕と同じ扱いがされていそう。米民主党の民主社会主義者であるサンダースや英労働党のコービンも価値観が近いことは近い。フランス人のピケティやアメリカ人のスティグリッツがコービンの参謀になったのは、昔サッカーJリーグでフランス人のベンゲルが僕が応援していた名古屋グランパスの監督となりチームを再生させて、その後にフランス人初の英プレミアリーグ監督となっているのに似ていた。) フランス大統領選は「三つ巴」に みずほ総合研究所 2017年2月1日 https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/eu170201.pdf から引用
フランスのバーニー・サンダース(米大統領選の民主党予備選候補者)」、「フランスのジェレミー・コービン(英労働党党首)」と呼ばれることもあるアモン氏の政策は、月次のベーシック・インカム(最低限所得保証)制の導入や週35時間労働の32時間への減少など左派色の強い政策が中心で、近年社会党のフランソワ・オランド政権が推し進めてきた右派的な政策とは大きく異なる
気になるのは、ベーシックインカムは僕の前からの希望ではあるし、ロボット税と大麻解禁も僕の以前からの主張であること。 ロボット課税とベーシックインカムという発想に関しては、下の過去のツイートを抽出したページとツイログ、ツイセーブに記録が残っている。ツイートなので説明は不十分かもしれない。 リベラル(中道左派)の理念 > 未来社会 http://akejy.web.fc2.com/liberal.html#未来社会 及び 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy ツイログ 2014年04月03日(木) http://twilog.org/akejy/date-140403 から引用
未来社会

将来の超格差社会を克服するための社会モデル。近未来においては労働の多くがコンピューターやロボットに変わっていき人の労働は高度人材のみに限られる。そこでコンピューターやロボットの労働に税率100%の賃金を払うルールを設け再分配の財源とし、市民の平等と能力による公平を両立。

労働なき市民には生涯学習を義務付け不満なき人生を謳歌。そのなかから次の高度人材が生まれることにより社会に柔軟性もたせることができ、市民生活と経済社会が機能。情報は権力側も市民側も完全に公開することで相互チェックを機能させ、権力による一部の市民への弾圧がおき得ない社会をつくる。

現在においては量的緩和策の行き過ぎにより実体経済と金融経済で通貨量が乖離して通貨への信頼が損なわれつつある。また、過去の金本位制は急激な人口増加に耐えられなかった。よって市民も権力も受け入れられる通貨のアイデアが必要。

通過の総量を(人口)×(幸福のために必要な一人当たりのGDP)とすることで人口変動に対応。一人当たりのGDPに偏りがあった場合、再調整をする仕組みを導入。各地域間で競争力強化のための人口増加を招かないため、且つ人口減少対策のための「2人っ子政策」により、戦争や破綻を回避。
大麻に関しても記述があるけれど、リンクとして大麻の医療利用の有効性と麻薬としての危険性の両方を掲載している。 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy 2015年06月13日(土) posted at 04:41:48 http://twilog.org/akejy/date-150613/allasc から引用
大麻が世界を救うか汚すかはともかく、医療大麻が安い良薬であることは確かhttp://ja.wikipedia.org/wiki/医療大麻#適応疾患。麻薬の大麻https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/825271284223293は問題だが副作用は他の薬にもある。麻薬としては反対も医療は必要。https://matome.naver.jp/odai/2138888249395149201
それ以前からも、電磁波被害による苦しみを軽減するのに、鎮痛効果のある大麻の医療利用が望ましいと聞いて、合法化を期待したことがある。 こういったかつての僕の意見と仏社会党の政策の一致は偶然だろうか? ネオコン裏権力らしきところの利用で、僕がリベラルの偽旗にされ、実質的には社民主義にくっつけられているのが、僕の問題ではなく、米国の裏の戦略である可能性を感じる。 もし、僕が操られているのではなく、ただ利用されているという可能性があるかもしれないことも配慮して、政治・政策はアイデアより標準的なものを志向した方がいいのかもしれない。ただし、時間軸までもをしっかり考えると、大局的にはロボット課税は必要な発想でもあり、未来の人類を救うことになるものだ。 (以下ちょっと脱線…) 直接は関係ないが、上のツイートの前後を見ていたら、最初の脱原発と安全保障に関するところで、自分の意見に対して、遠隔操作されて撹乱ツイートが入っていたりすることに気付いた。よく読めば文脈上は誤解されないが、ちょっと見では誤解する人がでるだろうものだった。現在では圧力が当時より強くて、到底書けない内容ではある。(政治的には重要なものなので、興味があればリンク先を参照下さい。) 同じ日付のツイートだが、それとは別に2年前にも、いまと同じ被害の手法がされている記述を発見した。以下。 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy 2015年06月13日(土) posted at 05:03:49〜05:19:48 http://twilog.org/akejy/date-150613/allasc から引用
僕が言うこと考えることで誰かが怒って #電磁波犯罪 の攻撃をしてくるけれど、僕は間違っても怒らせてもいない。クイズなんかは知らないことを答えるので間違うこともあるが、僕の意見に関しては、脳操作でもされない限り、慎重に知っている確実なことをいうので、まず間違えない。
続く
続き
加害者の監視役は僕をずっとマークしていていちいち攻撃してくるが、その度に失敗したと言っている。#音声送信 で「この人(僕のこと)を攻撃しているのが【俺】だった」といつも初めて気付いたかのように言うのに、学習すること無く #電磁波犯罪 の攻撃を繰り返すのは恣意的だ。
続く
続き
普通の人は学習するので、そんなワンパターンなことはしない。よって人工知能を使った単純な迫害の手法で、悪質な #電磁波犯罪 を僕にしていることを疑っている。おそらく、大きくは外れていない。
#電磁波被害 はかなり苦しいので、止めてほしい。
#弾圧反対
#重要
「会話を表示」を
 …

加害者か誰かが、#音声送信 で「この人(僕のことと思われる)、いつもだいたいそんな感じ。正しいのに疑って攻撃してしまう」と言っている。人工知能か別の悪質な誰かに脳操作されているのか、#電磁波犯罪 の被害は僕の方にあるので、いまも苦しくて困っている。やっているのは国か米国の裏?
僕が謀略の主体であるわけがなく、僕がそうなら社会党や社民党、民主党が躍進するはずで、裏が謀略をするときに、実験的に誰かを利用していて、その1人が僕であるということだろうと感じる。 (…閑話休題) ベーシックインカムは世界的には左派だけでなく中道右派系も含めて政策の範囲にあり、日本でも維新の党(中道右派)が主張していたし、社民党(中道左派〜左派)もベーシックインカムには肯定的であるという調査結果があった。 (上の記述の際に、僕の電磁波の被害があって、同時にサイレンの音声送信があった。下の文を記述したら止まったが、その後(午後3時半)に通過したJRが警笛を鳴らした。) 社民党の場合は左派系の生活保障が前提であり、維新の党の場合は福祉カットの結果としてのベーシックインカムというネオリベ(新自由主義)の政策であるため、両者の目的は正反対ではある。 日本の各政党はベーシックインカムについてどう考えている? http://basic-income-matome.net/archives/304 このサイトの内容を読む限り、自民党以外はベーシックインカムに肯定的と分かる。ただし維新だけは新たな財源なしでベーシックインカムをすると記載されており、かつてグレートリセットという表現を憚ることなく言っていたように、日本の社会保障を破壊する行為となりかねないので例外的な扱いとなる。僕の場合は、複数の制度を組み合わせてベーシックインカムと同等の結果を目指す民進党(先日発表していた内容)とは異なり、多額ではなくても全ての人に漏れ無くシンプルに給付して、高齢者は割増しすることで最低保障年金の機能をはたすことを前提として、同時に医療保険や介護保険などは維持する方向が望ましいと考えているし、そういった社会保障制度も税制に移行した方が公平で多くの人が救われると考える。その場合、企業の社会保障負担分は社会保障法人税という形態になる。 ベーシックインカムに関しては、左派からも裕福な層にまで給付することの疑問があるかもしれないが、制度設計次第ではあるものの控除の代わりに給付という形態は公平感があって、十分に説明すれば一般の市民には支持されるものと考える。経済社会で失敗しても確実に生活が守られることの利点は大きい。フランスは大きな政府なので、予算の組み換えと控除から給付という手法で十分可能ではないかと思う。 [Financial Times]混戦の仏大統領選、躍り出た穴馬(社説) 日経新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO12044910U7A120C1000000/ から引用


オランド氏の後継候補を決めるレースで現在トップに立つのが、左翼の反主流派で理想主義の一面を持つアモン前国民教育相だ。



社会党支持者にとってアモン氏の大統領候補指名は、オランド氏と党内改革派が追求したリベラルな企業寄りの政策が、一定の成功は収めたもののはっきりと拒絶されたことを表す。また、バルス氏が首相として党を中道寄りに動かし、移民問題とフランスの世俗主義に対して強硬な姿勢を取ったのに対し、社会党の伝統的な優先課題が再確認されたということにもなる。

これはリスクを伴う針路となるが、必ずしも愚かしくはない。世論調査は、誰が選ばれても社会党の候補は大統領選の第1回投票で落選すると示唆している。保守派のフィヨン元首相、中道のマクロン前経済産業デジタル相、ルペン氏が優勢だ。それでも急進派のアモン氏は、どうしてもオランド政権の失政と結びつけられてしまうバルス氏よりも有権者の熱気を呼びやすい。また、細かい派閥に分裂した社会党を結束させ、共通のビジョンを核に党再編を始めやすい立場にもあるかもしれない。

加えて、共通点を指摘される英国のコービン労働党首と異なり、アモン氏はフランスを過去に引き戻そうとはしない。ロボットへの課税やベーシックインカム(基礎所得保障)の導入という提案はユートピア的かもしれないが、グローバル経済の性格の変化を踏まえている。

■候補の選択肢はルペン氏だけではない

しかしながら、社会党予備選の真の勝者はマクロン氏のように見える。マクロン氏は多くの点でバルス氏と考え方が一致するが、独立系候補として立つことを選んだ。マクロン氏は、本来ならライバルに投じられるはずの中道左派票の多くをすくい取れる状況になった。また、アモン氏がFNに流れていたブルーカラー労働者の有権者の一部を引き戻せれば、マクロン氏は決選投票進出への道がよりはっきり見えてくるだろう。



(2017年1月24日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
[Financial Times]ロボットへの課税にも一理あり(社説) 日経新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13156170R20C17A2000000/


自動化の波が及びそうな幅広い職種をめぐり不安が高まるなか、米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏からフランス左派の新旗手ブノワ・アモン氏まで、様々な人たちが、政府は人間と機械のバランスを正すために税制を用いるべきだとする考え方を支持している。



自動化が急激に雇用を破壊し、適応力の低い労働者が置き去りにされかねないという点と、近年の生産性向上による利益の分配が均等ではないという点に関して、根拠の十分な懸念がある。ほぼすべての先進国で、国民所得に占める労働者所得の割合が減っている。恩恵にあずかっているのは高所得の労働者と資本の所有者だ。

■ビル・ゲイツ氏も課税を正当化

ゲイツ氏は、自動化のスピードを抑え、最も影響を被る人々を支える政策が備わるようにするために、たとえ技術革新の妨げになろうとも、何らかの形によるロボットへの直接課税は正当化されうると示唆している。たとえば、自動運転車の急速な普及によって影響を受ける人々の多さを考えると、ゲイツ氏の言い分にも一理ある。

とはいえ、それよりも大きな問題は、成長の果実がより平等に分けられるようにするうえで、政策当局が税制をどのように活用できるかだ。これは簡単にはいかない。大半の先進国は所得課税に大きく頼っており、資産税を大幅に変更することは政治的に難しく、法人利益への課税を重くしすぎれば投資家が競合国に流出する恐れがある。

アモン氏は、少なくとも問題に真剣に取り組もうとしている。フランス大統領選に向けた同氏の政策綱領に直接ロボット税は含まれていないが、雇用主がすべての「付加価値」に対して労働者のために支払う「社会的負担」を導入するとしている。高率の雇用税がフランスの労働市場に及ぼしている影響を考えると、この案は十分に検討に値する。

解決策がすぐに見つかるかは別にして、新しいアイデアの模索が急務だ。過去の産業革命は社会に混乱を引き起こしたが、長期的に全体の雇用水準を変えることにはならなかった。時間の経過とともに労働時間の短縮、賃金の上昇、過酷な労働の緩和につながった。政策当局は今、次の自動化の波が穏やかになるように手を打つ必要がある。

(2017年2月21日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
3年以上前の僕の発想だが、知らないうちに何らかの経路を経てネットで飛び火したのか、脳が繋がれたのかは知らないが、決しておかしなものではない。 記録に残っている文章がツイートなので説明は不足しているが、考えれば考えるほどに、そういった類の発想の必要性の高さは確かであり、これを否定することは何ももたらさないので、すぐに実現はしなくとも、将来のためにあたためておくべき考え方であることは理解してほしい。 SF小説みたいなものだが、ロボット税が無理なら、未来のいつか汎用性のロボットが普及する時代に、自分の代わりにロボットを働かせるときがやってくるかもしれない。今なら自動車を購入するような感覚でAIロボットを入手する時代が到来するだろうことはあり得るだろう。そういう時代でもロボットはディープラーニングにより自動学習するが、基本性能だけでなく、どのような学習を経たかが、ロボットが仕事に採用されるときに評価され、それぞれはロボットの得た所得で生活できるようになり、その所得には課税がされるので、現在のような生活が人による労働なしでも維持できる。そういった時代への移行期には低所得層がロボットを購入できなくて、ロボットと一緒に働いてロボットを購入する夢をみるようなこともあるかもしれない。それなら、皆が幸せになるために、最初から企業が使う産業ロボットに課税した方が早いかもしれない。 ずっと未来のはなしです。  ーーー ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 声は、みんなこの人のはなし聞かされちゃったんや、とものすごく誤解して言っているが、僕の声を聞いたのはみんなではなく、おそらく保守系の人たちだけ。なぜなら、僕もそうだが左派系は声など聞いたら反発するから。声を聞いて従うのは権力に従順なタイプだけであり、左派系は反権力であり、従ったりはしないだろう。誤解されたくないが僕は権力ではないし、中道左派の価値観の人間だ。おそらく僕の声が聞こえる誰かは、普通の人ではないだろうし、声が聞こえたとしても、僕と相手の間には何かが入っている。推測だが、左派系が僕と同じような意見を言っていたときは、僕の考えと相手の考えが同じ心の声となっていた可能性がある。ただ、相性みたいなものがいい人だと、第三者の声として聞いていたケースもあるかもしれない。僕からそう見えるケースでも、相手は自分の考えとして感じて発言していた可能性もある。 よく見ていたのは朝日系の討論だったが、NHKの日曜討論では政党間で明らかな違いがあったのでそちらはわかりやすかった。フジ系だと保守系の誰かが僕の心の声として介入してきて、その考えだと……な反論がされるから止めた方がいいみたいに自分の考えと感じて、僕の理念よりの考えは封印されるような手法があったことを記憶している。他にも、一番近い価値観の旧民主党リベラル派(中道左派)の人たちだと、何故か相手が怒ってきたり、同じ価値観になったりと、ときどきで対応が変わったので、関係していたのは僕だけではないと思う。当時はそういうことに気付いていなかったので、よく分からないままテレビを見ていたが、いまは政治家がでるような番組で特に生放送のものは完全に避けている。 そもそもが僕の考えだって元が僕のものかどうかも分からない。誰かと思考を共有した結果である可能性は否めない。 僕がこんなことを書いているのは、自分にとっては不利になるようなことも多いけれど、それを書くことでその事実性に気付いてほしいという思いと、リスクがありながらこういうことが裏にあることを知ってほしいからであって、また、記述しなければ忘れ去られるようなことであるため記録目的もあってのことで、それ以上の考えはありません。 170331 今日は昨夜からこのブログの内容をHPにバックアップしておこうとして、妨害でできなくて苦悶していた。痛いタイプの被害があって困った。  ーーー 昨日の話題。 朝日新聞のオピニオン面の論壇時評が歴史社会学者の小熊英二さんによるものなのだけれど、「思考実験 労働を買いたたかない国へ」というタイトルで、内容は十年くらい前に僕が散々主張していたことと極めて類似していた。 http://www.asahi.com/articles/DA3S12866970.html
(論壇時評)思考実験 労働を買いたたかない国へ

 3月20日、国連の幸福度調査ランキングが発表された。日本は155カ国中の51位で、先進国最低レベルだ〈1〉。

 確かに日本社会は問題が山積みだ。経済は停滞し、長時間労働は蔓延(まんえん)し、格差は激しく、少子化も著しい。

 さてそこで今回は、思考実験をしてみたい。山積する問題を、まとめて解決する政策を考えてみた。

 その政策とは、時間給の最低賃金を、正社員の給与水準以上にすることだ。なお派遣や委託その他の、いわゆる「非正規」の働き方への対価も同じように引き上げる。

 ただしこれは、「貧困層の救済」が目的ではない。日本社会を縛っている固定観念を変えることが目的だ。

 「正社員より高いなんて」と思うかもしれない。だが仕事内容が同じなら、正社員の方が高い根拠はない。むしろ非正規は、社会保障や雇用安定の恩恵(コスト)がない場合が多いから、そのぶん高くていいという考え方をしてみよう。

 「非正規の方が高い国などない」という意見もあろう。しかし日本型の正社員そのものが独特なのだから、改善の仕方も独自の形で思考実験してみよう。

     *

 では、正社員より高いレベルの最低賃金とは、時給にしてどのくらいか。例えば時給2500円なら、1日8時間月22日働けば月収44万円になる。若年の正社員より高めで、賞与なしでも家族を扶養できる収入だ。もちろん、物価が上がれば金額も上げるようにする。

 では最低賃金を時給2500円にしたら、日本社会はどう変わるか。

 まず正規と非正規の格差は減少する。両者の違いは残るが、それは「安定しているが賃金と自由度の低い働き方」と「不安定だが賃金と自由度の高い働き方」の相違となる。

 次に「正社員の座」にしがみつく必要がなくなる。研修やスキルアップ、社会活動や地域振興のため、一時的に職を離れることが容易になる。転職や人材交流が活発化し、アイデアや意見の多様性が高まる。起業やイノベーションも起きやすくなり、政界やNPOに優秀な人材が入ってくるようになる。

 賃金が上がれば結婚もしやすくなる。男女ともに育児期の一時離職が容易になり、少子化の緩和が期待される。

 過度の長時間労働は減る。2014年に過労死した青年は、「正社員になれて良かった」と限界以上に働いていた〈2〉。「正社員の座」に固執する必要が減れば、こうした悲劇は減少する。また労賃が上がれば、経営者は無駄な労働を減らそうと努めるだろう。

 教育は実質的なものとなる。「××大学卒」の履歴を求めるのは、「正社員の座」を新卒で得ることが重要であるのが一因だ。それに固執する必要がなくなれば、大学名より教育内容の方が問われる度合いが上がるだろう。キャリアアップのために優秀な社会人が多数入ってくれば、大学教育も変わる。最低賃金が上がれば、「ブラックバイト」で奨学金返済に追われる程度も減る。

 これまでの格差是正政策は、財源問題と世論の分断によって後退することが多かった。例えば生活保護の給付水準は、財源論とバッシングを背景に、この4年弱で実質7%も引き下げられた〈3〉。

 だが最低賃金の引き上げに財源は不要である。賃上げで購買力と消費が増えればGDPも伸び、税収も増える。「福祉バラマキ」に批判的な人でも、労働賃金の引き上げなら受け入れやすい。

 もちろんマイナス面はある。まず失業率は「先進国並み」に上がる。省力化と技術革新が進むうえ、最低賃金を払えない企業は退場することになるからだ。とくに飲食や小売りなど、労働生産性が低く低賃金労働に依存している業種は、大幅な業態変更を迫られるだろう。

 しかし今野晴貴らによれば、低賃金労働に依存している業種は「ブラック企業」が多い〈4〉。労働効率の悪い企業を淘汰(とうた)するという意味では、この政策は一種の構造改革でもある。だが一方で起業や人材交流が進むから、飲食や小売りでも革新が起きるかもしれない。

     *

 以上は思考実験である。実施した場合は、過度のインフレや円安を招く懸念もある。当然の話だが、競争や分断がまったくない社会は存在しないだろう。

 だがこの思考実験からは、最低賃金を大幅に引き上げるだけでも、日本社会が大きく変わることがわかる。そしてそのことは、日本社会が労働を湯水のように安価に使い、人間の尊厳を軽んじていることが、停滞と閉塞(へいそく)感の根底にあることを示している。

 「より良い生活」への欲求のないところに成長はない。かつては電化製品が欲しいという欲求でも経済は成長した。だが現代の先進国では、欲求はより高次元になっている。それは「正当に評価されたい」「人権を尊重してほしい」「自由な人生設計をしたい」といった欲求だ。それを「我慢しろ」「仕方ない」と押さえつけて、成長するだろうか。

 あえて言おう。フルタイムで働いても尊厳ある生活ができないレベルの対価で人間の労働が買われている状態は、人権侵害である。人間が尊重されない社会では、経済も成長しない。

 日本はこの25年、「黙々と我慢して働けば成長する」という過去の観念に縛られてきた。だがもはや、そうした固定観念の束縛から逃れるべきだ。

     *

〈1〉「世界幸福度ランキング2017発表、日本の順位は?」(ハフィントンポスト、3月21日、http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/21/world-happiness_n_15505470.html

〈2〉編集部「ルポ 過労死に直面した遺族はどのようにして声を上げられるか」(POSSE34号、3月)

〈3〉本田良一「戦後最大の生活保護基準の引き下げはどう決定されたのか」(世界4月号)

〈4〉水野和夫・今野晴貴 対談「成長戦略は本当に必要か」(POSSE24号、14年9月)
朝日新聞の公開されたコンテンツで、登録すれば制限付きで読めるものだけれど、一応は有料なので上記のように全文を転載するのは問題かとは思いますが、内容は十年くらい前に、メディア集ストがあって、当時は恩恵があった頃に、テレ朝のサンデープロジェクト、朝生討論などで、繰り返し言っていた内容なので、当時に僕の声か思考が届いたひとたちがどれくらいいて、記憶が残っているかは分からないものの、僕の考えに非常に近いので、この内容についての記述をしたいのだけれど、そのときに文章の一部を省略すると、逆に誤解が生じるかもしれないため、全文引用させてもらいました。(我が家は、朝日デジタルには登録していないけれど、紙の方は購読しています。) 僕の経験は、朝日の論説委員やNHK解説員などの言論以上に、ある意味では歴史的に重要なものであると思うので、リスクを負って記述している。 念のため記述するが、これは反論ではない。僕の意見と基本的に同じだけれど、小さな差異は当然あるので、自分の意見を書いておこうと考えただけだ。
これは、「貧困層の救済」が目的ではない。日本社会を縛っている固定観念を変えることが目的だ。
僕は貧困の救済が目的だったが、日本社会の古臭くて頑迷な観念を変える必要は僕もずっと考えていて、そこの目的は共有できる。
時間給の最低賃金を、正社員の給与水準以上にする
一時期、ハイリスク・ハイリターンという言葉が流行ったときがある。しかし日本の非正規社員はいつ失業するかもわからない低賃金のハイリスク・ローリターンという不条理の下にある。よって、一見するとおかしく見えるこの提案が、実際には理に適っていることが分かるはずだ。 当然、過去には間接的に(メディアを通じて)保守的な論客から、正社員は高度な職業能力を身につけていることや転勤があることなど、正社員の好待遇を正当化する様々な反論をされたのだけれど、僕の提案などは正社員の待遇への否定ではなく、非正規社員の想像を絶する不遇という社会問題を主張していたわけであり、それへ反論する側の保身が社会の不条理を強化するような非常に不幸な状況に日本社会がおかれていることへの問題意識を持つべきではないかと考える。 非正規社員も正社員同等以上の能力があるだろうから、非正規社員の不遇の問題を書いているわけで、誤解はされたくないが、正社員との格差の正当性を主張する者に対しては、正社員のうちのどれほどが高度に専門的な職業能力を身につけていて同じ職場の非正規社員の倍の給料を得るだけの状況を正当化できるほどのものか、という観点を考慮すると、提案への反論に当てはまるケースの方が稀であるように思う。 僕の場合は、ずっと同一価値労働同一賃金を主張していて、正社員が安定した職業能力を有しているだろうことと、非正規社員がハイリスクであること、この両方の観点から、同じ価値の労働には同じ賃金であるべきだと主張していたのだけれど、もし同じ職業能力であれば、ハイリスクの非正規社員に高い賃金を払うべきというものが論理的には正しいことになる。
正社員より高いレベルの最低賃金とは、時給にしてどのくらいか。例えば時給2500円なら、1日8時間月22日働けば月収44万円になる。若年の正社員より高めで、賞与なしでも家族を扶養できる収入だ。もちろん、物価が上がれば金額も上げるようにする。
僕は最低賃金を1500円にするために、毎年百円ずつ最低賃金を上げ続けるべきだと言っていた。例えば民進党政権が2期8年続けば目標は達成される。 提案は2500円であり、ボーナスが無い非正規社員という状況を考えると、本当に同一労働同一賃金をするなら、時給は2500円が目安になるということがいえる。 44万円×12ヶ月=528万円であり、男性の平均賃金が520万円なので妥当性は高い。 平成27年分 民間給与実態統計調査 国税庁 http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2015/pdf/000.pdf 日本人全体の平均年収は420.4万円。 男性の平均年収は520.5万円、女性は276.0万円。 正規は平均年収484.9万円、非正規は170.5万円。 男性の賃金の伸び率が1.2%で女性が1.4%であるのは、僅かではあるが是正の方向。 正社員の賃金の伸び率が1.5%に対して非正規社員は0.5%にすぎないので、格差は拡大している。 ただし、賃金の伸び率が高いのは女性の正社員の2.2%と、男性非正規社員の1.7%であり、社会問題の是正の方向性はある。 女性の非正規社員がマイナス0.2%と他が伸びている中で減少しているが、前年に2.9%と他に比べて高い伸びを示しているので調整されたということだろうか。 実際には女性や非正規社員の賃金の伸びが、もっと大きくなければ格差の是正まではいかず不十分である。 平均勤続年数が全体で11.9年、男性13.3年、女性9.8年であり、雇用形態別は記載がないが、男女間の賃金格差が単なる性差別の結果である可能性が濃厚だ。もし、非正規社員の「実質的な」勤続年数が10年程度なら、雇用形態における差別は著しいものであるということになる。 他に給与所得者数と賃金総額がともに伸びており、各年ごとの違いもあり傾向は一概にはいえないが、失業率が下がり、男女間では賃金格差が是正されつつあるのは統計的には確かと思われる。 男女間の賃金格差が最小 16年、正規・非正規間格差も 2017年2月22日 http://www.asahi.com/articles/ASK2Q5475K2QULFA017.html この記事に掲載されているグラフからも賃金格差は僅かながらも是正傾向にあることが分かる。 富裕層上位40人の資産が日本の人口の半分(6千万人)の資産と同じ、アベノミクスで貧困と格差が拡大 2016年11月16日 http://blogos.com/article/198279/ 賃金はともかく、資産の方だと、富裕層の資産が伸び続けているのにも関わらず、貯金ゼロ世帯も大きく増え続けているので、資産格差は拡大し続けていることが分かる。 これはピケティのいう、資本収益率(r)>経済成長率(g)と関係した現象に思う。朝日さんが経済成長を嫌う理由でもありそうで、僕は経済成長するなら富の再分配をすることが論理的には絶対正義であると考えているが、それが簡単にできない時代だからこそ、朝日系に成長を嫌う論者がいるということは理解できる。もっと建設的にものを考えると、成長自体は戦後すぐより現在が豊かであるように、相対的貧困率は上昇しても絶対的な貧困は減るため、低所得層としては条件節を付けての対応になり、どのように弱者を救済すべきかということへの議論が必要に思うし、そこは朝日系とは共有できる価値観だろう。
「非正規の方が高い国などない」という意見もあろう。しかし日本型の正社員そのものが独特なのだから、改善の仕方も独自の形で思考実験してみよう。
に関しては、過去に読んだ以下の内容が頭をよぎった。 「非正規は低賃金で当然」「パート労働という名の女性差別」がまかり通る日本の非常識、世界の常識は「同一労働・同一待遇」と「恒常的・継続的」な仕事に対し「有期雇用」は許されない  editor 2015/8/19 (※2012年5月に書いた記事です)とのこと http://editor.fem.jp/blog/?p=379
「世界の常識」である「同一価値労働・同一賃金」の本当の意味は「非正規労働者の賃金が正規労働者の賃金より高い」ということ

フランスには法制度として、派遣労働者や有期労働者に不安定雇用手当があり、非正規労働者より1割高い賃金が支払われています。派遣労働者や有期労働者は、繁忙期などに働かせることができるというメリットを企業は受けていることになりますので、その分を派遣労働者や有期労働者に対して、不安定雇用手当として正規労働者の賃金より1割分上乗せてして当然であるという考え方なのです。イタリアでも同じような不安定雇用手当は非正規労働者に支払われています。

「同一価値労働・同一賃金」が本当の意味で実現されるときには、「非正規労働者の賃金が正規労働者の賃金より高くなるようにしなければならない」というのが「世界の常識」なのです。実際に、フランスやイタリアに加えて、デンマークなどの北欧諸国と、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどの国は、正規労働者と比べて非正規労働者の賃金の方が高くなっています。非正規労働者の「解雇によるリスク」を補うために、たとえば、オーストラリアは正規労働者の賃金が「100」とすると、非正規労働者の賃金は「105」と、むしろ高い時給に設定されているのです。
これが事実か知らべてみた。 ウィキペディアの「非正規雇用」 https://ja.wikipedia.org/wiki/非正規雇用 に、
解雇規制が緩い英国においては非正規雇用の比率は米国に次ぐ低水準にあるが[7]、属性調整後の有期雇用者(非正規)と常用雇用者に格差は見られないものの、派遣社員は正社員より1割ほど低い賃金とされる[8]。

社会学者の河合薫はイタリア、デンマーク、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、フランスでは非正規労働者の賃金の方が正社員よりも高いことを指摘している[9]。

国際労働機関

1994年に、国際労働機関(ILO)は非正規雇用者の権利の保障のため、『パートタイム労働に関する条約(第175号)』を採択した。これはパートタイム労働者の労働条件が比較可能なフルタイム労働者と少なくとも同等になるよう保護すると同時に、団結権、団体交渉権、労働者が代表とともに行動する権利、労働安全の待遇、雇用及び職業における差別、社会保障制度、母性保護、雇用の終了、年次有給休暇、有給な休日、疾病休暇に関してフルタイム労働者と同じ条件を、フルタイム、パートタイム間の自発的な相互転換の促進を定めている。2011年現在日本は批准していない。2011年9月現在の批准国は欧州を中心に14カ国である[10]。

ヨーロッパ

早い段階から、フルタイム社員とパートタイム社員の均等待遇(同一労働同一賃金)の動きがある。フランスは1981年、ドイツは1985年に差別的取り扱いを禁止している。欧州連合 (EU) では、1997年にパートタイム労働指令が発令された。これにより、パートタイムを理由とした差別の禁止と、時間比例の原則を適用することとなっている。背景として、産業別の労働協約と賃金体系があり、フルタイムとパートタイムとで賃金が違うということがあまりなかったことが挙げられている[6]。

企業の側は、賃金に対しては抵抗をせず、年金については一部抵抗した。これは、年金にかかるコストがパートタイムの方がかかるためである(例えば一人のフルタイムを30年雇った場合と、30人のパートタイムを1年ごとに雇った場合とでは、同じ労働量に対して後者「30人のパートタイムを1年ごとに雇った場合」の方が事務コストが高くなる)[6]。

労働組合の側は、フルタイム社員の取り分が減るとして抵抗した[6]。

フランスでは非正規労働者の在職が短期なため、報酬の10%に相当する不安定手当を受けることができ、同一業務をする正社員の1割増しの賃金を受けることができる。[11]また、派遣労働者は作業に関連した手当(危険、食事手当等)を受けることができ、有期労働者が契約期間あるいは派遣期間の間に有給休暇を取得できなかった場合は補償手当を受けることができる。

[7]^ a b 内閣府 (2009-07). 平成21年度 年次経済財政報告 (Report). http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09f31100.html [8]^ “イギリスの非正規雇用”. 労働政策研究・研修機構. 2014年4月6日閲覧。http://www.jil.go.jp/foreign/labor_system/2010_5/england_01.htm
[9]^ “非正規社員の賃金が低いのは、日本だけ!”. 河合薫 健康社会学者. 2012年12月2日閲覧。http://bylines.news.yahoo.co.jp/kawaikaoru/20140129-00032109/
[10]^ パートタイム労働に関する条約(第175号) - 国際労働機関 http://www.ilo.org/public/japanese/region/asro/tokyo/standards/st_c175.htm [11]^ “フランスの非正規雇用”. 労働政策研究・研修機構. 2014年4月6日閲覧。http://www.jil.go.jp/foreign/labor_system/2010_5/france_01.htm
上の[9]にある河合薫さんのコラムの中の記述は、editorの記事が根拠である可能性がある。 非正規雇用をめぐる英・仏・独の動向(フランス:2010年5月)|フォーカス|労働政策研究・研修機構(JILPT) フランスの非正規雇用 http://www.jil.go.jp/foreign/labor_system/2010_5/france_01.html
(2)賃金、手当
有期労働者は、在職期間が短いため年功による恩恵を受けることはほとんどない。だが一方でこれら労働者は(例外的な集団的合意の場合を除いて)、契約期間中に受けとる報酬総額の10%に相当する不安定手当を受けることができる。また、派遣労働者の場合は、派遣先企業から支給される作業に関連した手当(危険、食事手当等)を受ける。さらに有期労働者が契約期間あるいは派遣期間の間に有給休暇を取得できなかった場合は補償手当を受けることができる。これらの条件を考えると、派遣労働者は必ずしも低い時給の部類に特に集中しているわけではない(注6)。しかし、年間所得の点から見ると事態はまったく異なってくる。これら労働者は、非就労期間、つまり報酬のない期間が長いことを考慮しなくてはならないからである。
(注6)Erhel Lefevre , Michon (2009)
どうもフランスでは報酬総額の10%の不安定手当を受ける権利があるという記述を誤解されているようだ。その手当の利用率がどうかは分からないが、フランスの非正規労働者の賃金は正規労働者の9割程度で、それは他の国に比べると高いものの、正規を上回っているわけではないようだ。 ただ、上のコラムを書かれている人は、僕の脳同期者であり、賃金格差に関して過去に、正規よりも不遇の非正規の賃上げを優遇すべきという僕の意見と干渉していた可能性があったけれど、上の内容を見る限り単純な干渉ではなさそうに感じた。間に別の悪質な何かがあるかもしれない。その人は労組の人なのでも理念的であり、それが望ましいことは理解できるし、事実に基づきながらもその理念は重視したい。 安倍「働き方改革」虚像と実像④ 同一労働同一賃金 非正規雇用拡大前提に 2016-10-25 きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影 http://blog.goo.ne.jp/kin_chan0701/e/fd58235b12bac8c4663a7bcae103b430
正規・非正規雇用間の格差はどうなっているでしょうか。フルタイム労働者の賃金を100とした場合、パートタイム労働者の賃金は日本で56・6。英国71・4、フランス89・1と、大きな開きがあります。(労働政策研究・研修機構『データブック国際労働比較2016』グラフ)
男女の賃金格差も深刻です。男性を100とした場合、日本の女性は72・2。米国82・5、スウェーデン88と比べても10~15ポイントの差があります(『国際労働比較2016』)。国税庁「民間給与実態統計調査」の正規雇用で見ても、男性の平均年収538・5万円に対し、女性367・2万円で、170万円もの格差があります。
これらは労働法制の改悪によって形づくられてきた雇用形態の違いや、企業の人事・処遇制度による賃金差別です。
確かに、まだまだ非正規の給料が正規と完全に同一という方向までは、労働運動の先進地である欧州、特にフランスでも達成できてはいないようだ。ただ、日本などに比べて格差が是正されていることは、その他の様々な統計からも明らか。 データの信用性などを検証し出して、無駄に時間がかかってしまった。実際に僕が主張したいことが、そういうもので分かり難くなってしまう。ただ、上述のようなデータを知らない人が読んだ場合は、提案の正しさが分かるので無駄ではないとは思う。 最低賃金の大幅な引き上げによるメリットは、「論壇時評」の内容で十分かもしれず、十年前に時短労働やワークライフバランス、ワークシェアリングなどと絡めて、それがどのように社会に好影響をもたらすかを繰り返し言っていたこととも重なる。多方面で利点があるため、どうしても導入すべきものの一つである。 (論壇時評)
もちろんマイナス面はある。まず失業率は「先進国並み」に上がる。省力化と技術革新が進むうえ、最低賃金を払えない企業は退場することになるからだ。とくに飲食や小売りなど、労働生産性が低く低賃金労働に依存している業種は、大幅な業態変更を迫られるだろう。

しかし今野晴貴らによれば、低賃金労働に依存している業種は「ブラック企業」が多い〈4〉。労働効率の悪い企業を淘汰(とうた)するという意味では、この政策は一種の構造改革でもある。だが一方で起業や人材交流が進むから、飲食や小売りでも革新が起きるかもしれない。
これに関しては、かつての僕の意見に近いが、最低賃金の急激な引き上げと失業率の関係でシュミレーションなり一定の見解を出して欲しいと言っていたことがあるのだけれど、そのずっと後に、米国で最低賃金の引き上げが雇用に及ぼす影響を調査して問題がないという結論が報じられていた。 米国~オバマ大統領は連邦最低賃金の引き上げを提案 三菱東京UFJ銀行経済調査室 平成25年(2013年)3月13日 NO.2013-5 http://www.bk.mufg.jp/report/ecoinf2013/report_us_20130313.pdf の7ページから引用
連邦最低賃金を現在の時給7.25ドルから2015年末までに9ドルへ引き上げ、その後はインフレ率に連動させることを提案

マイナス面の「③雇用機会喪失」も限られそうだ。労働分配率が55%程度と低水準ななか、企業収益は2兆ドル(名目GDP比12%)程度と高水準である(第8図)。このため、企業サイドに最低賃金上昇の受け入れ余地がないわけではない(注9)。また、企業へのアンケート調査結果からは、雇用を拡大する判断基準として、労働コストの現行水準はさほど重視されていないほか、従業員が逼迫しつつある様子も伺われる(第4表)。現行水準からの最低賃金引き上げであれば、雇用の削減や予定していた採用を抑制する動きは少なそうだ。

(注9)低価格帯商品を中心に扱う大手小売企業のCEOなどは、低所得層の消費増加に繋がるとの見方から、最低賃金引き上げに賛同を示している。なお、このような企業自身が、最低賃金引き上げ後に自社の雇用を抑制することはないであろう。
金融緩和の影響もあり企業収益が大きいため、賃上げが雇用減に繋がることはないという見通しということだった。 ただ、米議会が共和党に多数をとられたため、連邦最低賃金の引き上げはできなくて、大統領令で可能な範囲の連邦政府の契約職員の最低賃金を時給10.10ドルに引き上げる方向に変更を余儀なくされている。(2014年01月29日 http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/29/obama-state-of-the-union_n_4684907.html) しかし、州レベルでは最低賃金引き上げの動きが相次いでいた。 アメリカの14州で最低賃金がアップへ 背景には何があった? The Huffington Post 2015年12月28日 http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/27/minimum-wage-2016_n_8882292.html カリフォルニア州、最低賃金を時給1700円に引き上げ 「経済的正義」と州知事 The Huffington Post 2016年03月30日 http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/29/california-minimum-wage_n_9568150.html その後の失業率が気になるが、金融緩和の効果もあって、いまだ失業率は下げ止まり状態。 アメリカの人口・就業者・失業率の推移 - 世界経済のネタ帳 http://ecodb.net/country/US/imf_persons.html にIMFの統計の経年データがあるが、2008年のリーマンショック後に上がった失業率は2010年から下がり続けている。 米失業率9年ぶり低水準 雇用増11月17.8万人 2016/12/3 1:27 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H99_S6A201C1MM8000/ 9年ぶり低水準の失業率は4.6%。 米雇用統計、予想上回る23万5000人増 市場の見方 2017/3/13 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11H6Z_T10C17A3000000/ 失業率も4.7%と1月から0.1%下がりとあり、米国としては極めて低い状態が維持されている。 金融緩和の効果も限界があり、出口戦略が模索されているが、金融経済が実体経済からみて暴走していることもあり、それがどのように収束していくか、どういった形で軟着陸するか、それとも悪い結果になるかは分からない。大きな問題が無い形で政治的に解決するような局面を期待するが、戦争を回避して実体経済の何倍にもなってしまった異常な資本主義をなんとかできるかが政治の重要課題であり、そういう時期に僕の被害状態では個人的には政治には近づきたくない。 そういう政治的な高度な課題は政治家と専門家に任せるしかないので別として、一市民としてはいまの経済社会をどのように公平で人権と生命を護る方向にできるかに意識をもっていきたい。 破綻を回避するには、富裕層などへの課税で財政赤字を減らすか、そうでなければ中央銀行と国を一つにして、国家資本主義の方向にいくかなのだろう。そうであれば、政府の情報公開や民主主義の仕組みを強化しなければ独裁となりかねないので、そういう言論が期待されるが、そういったことは表で語られなくなっているように感じる。 こういったことを書くつもりはなかったが、経済の大局的な背景はある程度認識しているので、金融緩和の話題と経済の実状などを照らし合わせると、意識がそちらに向かってしまうようだ。 実際は、裏の方のことは関与せずに、同一労働同一賃金や最低賃金引き上げ、時短労働、ワークライフバランスなどの向上の結果が、低所得層の懐に余裕ができ、中間層に余暇の充実が生まれるため、消費が増えて経済が回復の方向にいくという論調を書くつもりだった。 百年前とは異なり、需要に供給が間に合わずにインフレになるような時代ではなく、企業はいくらでも生産できるが、需要不足で消費されないのが現代の問題でもある。これは先進国での課題であり、同時に今後、需要が大きくなる新興国は巨大な人口を抱えているため、かつてのような問題も起きかけず、それ故に個人的な意見だけれど、先進国は資源を消費するのではなく、福祉や教育などの人的な資本を重視したサービス業に注力することが、世界の需要と先進国の需要を共に干渉しないで満たすためには必要な発想だろう。 皆が幸せになって、破綻も回避することは可能であるということになる。ただ、いまの時代がその方向にあるかは分からない。  ーーー ーーー ーーー 僕にくっついている何者かが、政治に疎いのか、そういう者を利用する裏の謀略か知らないが、僕が朝日の敵みたいに思わせようとしてくるので、自分が朝日に近い左派であることを、僕の加害者に知ってもらう必要がある。僕の加害者は朝日さんの敵なのだろうか? 朝日を批判していたネット右翼の影響下にあった者が僕に接触して、何が正しいかを知ったのかもしれないし、僕に接触して、逆に僕を否定して陰謀論の価値観になっての擬似左派状態の仏国民戦線状態なのかもしれないけれど、裏がそういう形での何らかの利用のために、僕に対してカルトや在日の人などを差別する右翼系の陰謀論者の人をくっつけてきている可能性がある。 ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。 声は、ダメだこの人にくっついている人の問題でしかない、と言っているが、この場合の「この人」とは僕だろうか? それともフラクタル利用で、朝日の論壇委員に僕がくっついているということになるのか? 僕の実験的ではあっても割とまともな思考や考えが誰かを通じて表に出て、それで将来の社会が良くなるなら、それ自体は望ましいことだが、もしも悪用があれば問題だ。 僕のHPの「天の声について」にも書いているが、明確なことまでは言えないまでも裏が何かをしている。 中国やソ連に対して、常に勝利してきた米英がいると思われるが、ソ連のレベルではない今後の中国の台頭は明らかに時代を変えると思われる。 一市民として、超大国の間の駆け引きには無力であるものの、何らかの影響なりがあるなら、米国であろうと中国であろうと、権力に誰もが容認するような正義があった方が望ましく、それにより人権侵害がなく格差も是正されるような公平な目的があれば、市民はそれをいい統治として受け入れるだろう。 しかし、僕の被害経験からは、権力は表にでなければ何でもしかねないという懸念があり、やはり民主的で開かれた統治を望むという一般市民の価値観には正当性があると感じる。 JR東海の警笛がこの文章を書き出したら鳴るが、彼らの嫌がらせは、彼らからすると正義なのかもしれないが、彼らのしているただの嫌がらせに正義などない。 上の文中で、朝日にこだわるのは、もともと裏の関連付けがあったこともあるが、それよりも2012年に朝日を「偽旗」とする罠に嵌って酷い目にあっていたからだが、その時ですら朝日が偽旗だとは認識していて、加害の実態が例えばCIAなどに関係するような諜報機関もしくは軍隊ではないかと、リアルタイムで認識はしていた。あのときは尖閣問題が多くなっていて、何故か誰かと誤解されて僕が襲われている。 あの時の僕の意見は日中ホットラインの構築だったので、右翼に攻撃されたなら分かるが、右翼が超先端兵器を用いるわけもなく、しかも相手が朝日に見えるような遠隔操作の被害もあり、当時も偽旗作戦があったことは理解していたが、被害状態でどうしようもない状況で、電磁波被害に関しては何がおきているかの十分な知識もなく(精神医学の知識はあった)て、対応に苦慮している。 HPに誤解されかねない当時の記録があるが、罠に嵌っていたことは確かだし、こちらとしては矛盾だらけのおかしな状況での対応で、その後に説明はしているが、相手は超国家権力のようなので、それも奏功しているかは分からないが、僕自身はいまも何一つ嘘は書いて無い。 僕と他への罠が含まれるので、それを前提に正確に読んでもらえるといいが、僕にくっついているものらしき声は、権力に迎合しているか、罠に引っかかっている者によるものなので、もしかしたら人工知能かもしれないが、とにかく誤解は避けたいし、僕自身は信用してもらっていい。ただ、裏が何をしているかは分からない。 くっついている相手への疑心暗鬼が悪い結果を呼ぶわけで、悪い言葉にはスルーを決め込めば問題はないだろう。電磁波に関しては体感妄想の類いと考えられ、気にしないようにはしたい。僕の場合はそれ以外の脳操作も含めて、簡単に状況を改善させることができないが、日本を良くするための道具として利用される苦しみなら仕方ない。日本を悪くする方の連中は別の集スト妄想などに取り憑かれていたので、僕とは趣が異なっていたが、彼らの発言の問題の裏には彼らも理解していないかもしれない本質情報があり、そこは簡単にどうこうできるようなものではないのは確かで、現実的にどのように対応すれば人権侵害が最小化されるかは悩ましい問題でもある。 これは実践を含めた裏の実験である可能性があり、例えば僕の方の影響で朝日新聞がいい新聞になっていくのと、別の影響で悪い新聞になっていくのが並行しているため、僕を貶めないで欲しいとは思う。迷惑なら朝日の購読をやめるが、そのときには過去のような謀略はごめんだ。(いまのところは新聞を継続購読するつもりです。) ただ、僕の方だと権力の逆の方向であるため、僕を批判する相手が言うように、一見するとやや病んでいるような感じに見せられるが、決して病んでいるわけではない。そちらのひとは一般のメディアでも優遇されている(世界的に活躍の場を与えられたりするケースもある)。それ以外でも、過去十年、穏健な左派系のメディアがそういう表情の人を積極的に起用していたのも確かで、それはリベラルな中道左派言論を表でできる人たちだからである。 日本がいい社会になるためにはどうも裏の設けた一定の関門があり、生みの苦しみがあって、その後にやっと好ましい社会ができるという流れとも読めるし、その裏の駆け引きに負けると社会は悪化しかねないともとれる。  ーーー 上の内容は、その前の文を書きながら、干渉が入るたびに記入していたもの。 その後に文をチェックしたが、僕が書いたとは思えない内容があり、そういうところでJR東海の警笛があるのかもしれないと感じた。脳操作技術もしくはハッキングを含む遠隔操作があるのは確か。 いまだって、文を修正しながら、最初の文があまりに酷いため、僕は労組の方でもある、という僕の意識を拾った相手が、そう見えるだけ、という嫌がらせをしてきた。確かに、労働運動と民主主義、社会主義と自由民権運動という観点では、僕はどちらかというと民主主義に近いが、それは労働運動の現場にいないからで、新卒で勤務した病院では、労組にも顔を出したことがある。僕の目的が賃上げではなく、労働衛生環境の向上だったので、賃上げ一辺倒の労組に幻滅はしたが、それは正当にそちらの価値観である証拠でもある。ただ、日本の労組が大企業公務員正社員クラブで、意図せず格差を拡大させてしまう傾向があるので、日本では労働運動は尊重しつつも民主主義の徹底による格差是正の方が可能性があるかもしれないと思っていたが、非正規労働者や労組のない企業の方で新たな労働運動のような動きがあるなら歓迎だ。
目次へ







ホームページ